年金 ネット アクセス キー。 ねんきんネットで年金見込額や加入履歴を確認しよう [年金] All About

サラリーマンの年金はいくらもらえるの?ねんきんネットに登録して将来もらえる年金額を試算してみよう

年金 ネット アクセス キー

ねんきんネットのユーザビリティが本当にひどかったので、その格闘記録を残しておきます。 少しでもみなさまの参考になれば幸いです。 サービス開発では、0. ねんきんネットもその一つといえるでしょう。 ねんきんネットはぱっと見期待できる 掃除をしているとたまたま年金手帳を発掘したので、いい機会なので年金の納付状況を調べようと思い立ちました。 そこで少し調べてみると、ねんきんネットというシステムを使って納付状況を調べられることがわかりました。 おお、政府が電子行政を進めているのか、素晴らしいことだなぁと思いながらサイトにアクセスすることにしました。 今思えば、これが悲劇の始まりでした…。 まず、郵便で届いた年金定期便には、アクセスキーを用いることでねんきんネットに 簡単に登録ができると書いてありました。 簡単ならと、愛用のnexus7で作業をしてみることにしました。 サイトにアクセスしてみると、 しっかりとデザインされたトップページが表示されて、とても期待できました。 新規登録の方はこちらと誘導されたのでリンクをクリックしました。 ここまでの体験はなかなかよかったのです。 ここで下手に期待値をあげてしまうのが、逆によくないかもしれません。 問題1:年金番号があるのに新規IDを取得する必要がある 新規登録には新規IDの取得が必要になるとのことでした。 年金番号は固有のはずなのに新しくIDを登録する必要がある、というのは疑問だったのですが、仕方がないと思いながら先に進むことにしました。 先に進むと、 アクセスキーの他に、氏名、生年月日、性別、ひみつのパスワード、メールアドレスの入力まで求められました。 ここで特に困ったのは、メールアドレスがフリーメールでは登録できないことです。 自分はnexus7を使うためにメインアドレスはGmailなので拒否されてしまいました。 次に、iCloudのアドレス( me. com)なら良いかなと思って登録をしてみたのですが、これもまた拒否されてしまいました。 なぜこういうことになってしまうのでしょう…。 問題2:新規IDはランダムな英数字を勝手に割り振られる メールアドレス問題でだいぶ疲れてしまったので少しクールダウンをしてから、ほとんど使わないキャリアメールのアドレスを登録することにしました。 確認画面が終わり無事登録が済むと、無事にケータイに新規IDが到着しました。 しかし驚いたことに、新規IDは年金番号とまったく関係のないランダムな英数字が割り当てられるので、この上なく覚えにくいです。 しかも、このメールが送られてきたのはケータイなので、nexus7に一字一字打ち込む作業が必要となってしまい大変面倒でした。 問題3:ログインできたのにサイトを自由に閲覧できない!? それでも諦めずに、nexus7にランダムIDと設定したパスワードとを入力してねんきんネットにログインしました。 無事ログインできた!と思ったら、今度は画面トップのナビゲーションメニューがクリックできない状態に陥りました。 ここまで手間と時間を掛けて、まだ自分の年金納付状況をチェックができない絶望感は半端のないものでした。 さすがに続けられないと思って休憩し、しょうがないのでここでPCを起動しました(最初からPCでやれば良かった)。 改めてランダムなIDとパスワードを入力してログインしたのですが、またも荒波が私を襲います。 「先ほどまでお使いだった端末と違う端末からログインされたので、秘密の質問を入力してください」 たかだか年金の未納状況を調べたいだけなのに、ユーザビリティ度外視の過剰なセキュリティを見せつけてきます。 こんなシステムに血税が大量につぎ込まれている思うとうんざりです。 ここまでくると、怒りよりも専門家として最後まで見届けようという気持ちが出てきました。 負けじと問われた秘密の答えを入力してログインします。 これによって、先ほどnexus7で見たログイン画面に入れたのですが、やはりメニューバーが動きません。 問題4:質問に答えなければ(答えても大して)サイトは使えません 何が起きているのか?と思ってよくよく見回してみると、謎の質問に答えなければ先に進めないそうです。 モーダルな質問項目を通常画面と同じように作っていて気付きませんでした…。 そもそもそれらの質問が必要なのかも不明であり、もはや答える意味がわからない状態です。 それでも親切心で質問に答えると、ようやく自由にウェブサイトを閲覧できるようになり、自分の年金未納状況を調べることができました。 実は私には80万近い金額が(学生の頃の支払い猶予によって)未納であることが分かり、さらにどれぐらい年金の年額が引かれるのかも見えてきました。 これだけ年金支給額が引かれるのは微妙かなぁと思い、振り込んでも良いかなと思いました。 そこで、どうすれば振り込めるかを調べたところ「各地域の年金の相談窓口にお問い合わせください」というメッセージが表示されます。 ここまで過剰にセキュリティを求めているにも関わらず、システムからはほとんど何の依頼もできないとのことです。 要するに、未納かどうかを調べられて、窓口に提出できる書類のフォーマットだけが入手できるシステムにこんな面倒を掛けられたわけです。 なんというムダでしょうか。 ほとほとあきれ果ててしまいます。 教訓:ただ電子化すれば良いというものではない 電子化は、うまく取り組めば驚異的な効率化を図れる手段です。 ですので、行政の電子化を進めることはとても重要なことだと思います。 しかし、あくまで電子化は手段です。 適切な目的をもって電子化をしないと、むしろ電子化前よりも不便になってしまいます。 例えば、デンマークではという素晴らしい電子政府が国民に愛用されています。 Borger. dkを見ると日本の電子政府戦略がいかに労力の無駄遣いをしているかが分かると思います。 こうした実例があるのだから、できないはずはないのです。 ついさっき、同じようなことを経験した30代後半の男性です。 ねんきん定期便を見ると「60歳まで収めた場合の見込額がねんきんネットで試算できます」とあったので、アクセスしたわけです。 試算には「新規登録」が必要で、それには「年金番号」が必要だそうです。 でも、葉書を見なおしても載っていません。 年金手帳を探さないといけないんですね。 それ以外にも色々と入力しないといけない項目が多くて、私はもうここで面倒くさくなって投げ出しました。 なんで年金の試算ごときで、面倒な想いをしてIDを取得しないといけないんですかね。 それで、「ねんきんネット 面倒くさい」で検索してここに辿り着いたというわけです。 いやぁ、参考になりました。 面倒どころじゃないです。 登録しないで正解でした 笑 検索し直したら国民年金の計算方法というサイトが引っかかったので、それを参考に計算したら、ものの2分で自分の予想額が分かりました。 本当に何のためにあるんですかね、ねんきんネット。 こんなゴミクズみたいなサイトに何年も払った年金が使われてると思うと、二度と払いたくなくなります。 管理人様 ねんきんネットについて、思うことがあり、幾つかのサイトを回って、こちらの記事も拝見しました。 ねんきんネットの使い勝手やあり方などの批評はとても共感できます。 また、私もiPadとGmailの組み合わせでのネット利用なので、アカウント作成からのイライラは同じですね(笑) 同じく、普段使ってない携帯アドレスで登録しました。 冒頭に記した「思うところ」というのは、登録に使ったドコモのメールアドレスなのですが、先月 2014. 3月 にドコモと契約したばかりのものなのに、迷惑メールがすでにきているのです。 前述したようにこのドコモアドレスはメイン使いするつもりないので、友人などにも公開してないし、たまたま、ねんきんネットの登録メールに制約があるから使った程度なのです。 どこから、流出したんだろうという気持ちがあり、すこし検索などしてここを拝見した感じです。 もちろん、他の民間サービスが原因かもしれないし 登録した覚えもあまりないけど 、無関係かもしれませんが、公的サービスだからと言って、無条件に安心はできない。 そんなもやもやがあります。 ねんきんネットから脱線したことを長々と記してしまい、すみません。 ねんきんネットの酷さは皆さんの言われるとおりです。 ネットで自分の年金がどれくらいになるのかを知りたかったのですが、数字が出てきません。 時間がかかるらしいのですが一ヶ月以上経っても出てこないのです。 面倒だったのですが年金事務所へ電話しました。 その時の回答ですが、ごちゃごちゃ言っていましたが、ネットのことは知らないので、事務所まで来てくれということでした。 仕方なく都合を付けて行きました。 年金事務所で対応した人は電話にに出た人ではありませんが、やはりネットのことを批判していました。 自分たちには何も知らされていない・・・云々。 一応、自分の受け取れる年金予想額はプリントしてもらいました。 しばらくしてネットにログインすると、自分の年金予想額がアップされていました。 時間はかかるが、出ていることほぼ同じ内容が出ていました。 もしかするとネットの方が正確かもしれないと思う箇所がありました。 私が最初に年金事務所に電話した時に対応した人が、「まだアップされていない可能性がある。 必ずアップされるのでもう少し待って。 」ということを伝えてくれればわざわざ時間を作り、年金事務所まで交通費を使って行くことはなかった。 何故そんな簡単なことが答えられなかったのだろうか?? 年金事務所に初めて行きましたが、沢山の人がいます。 はっきり言ってこれだけ人がいるならば、もう少しましな運営が出来る。 民間会社では考えられない。 要はねんきんネットはこの人たちと競合するシステムなのですね。 だから年金事務所の事務員たちはネットに批判的なのです。 あのぬるま湯に浸かっている事務員をリストラして、その分システムを強化し、年金事務所はネットを活用できない人へのサービスだけに特化したほうがよい。 社会保険労務士でなくてもよい。 パートでも十分こなせる内容と思います。 日本年金機構よ!!良く聞け! ねんきんネットは未熟なシステムですが、ここの皆さんの声を良く聞き、改善に取り組んでもらいたい。 そしてムダな経費を削減し、年金運営の効率化を図ることをもっと真剣に考えなさい。 私も怒り爆発なので報告させていただきます(笑) パスワード管理ソフトがおかしくなってしまい、ねんきんネットのパスワードが分からなくなりました。 自宅住所は間違ってないので、仕方なくサポートダイアルに電話して何が違うか確認したところ、個人確認といって、名前・誕生日・妻の名前と誕生日・過去の住所(以前単身赴任してた時に登録してた住所だったようで思い出すのに四苦八苦)・会社の住所まで聞かれます。 (そんなの覚えてないわ!) でやっとこさ本人確認が住んだら、どうやら登録されている住所が会社の住所とのこと。 厚生年金なので会社から申し込んでいるからですね。 で、このまま申し込むと会社(本社)に届いてしまうので、転送のロスもあるから自宅に届けてくれと言うと、できないの一点張り。 なんとか短時間で解決する方法がないかと聞くと、ねんきん事務所へ言って再度アクセスキーを発行してもらえ との回答。 ふ・ざ・け・る・な! と言いたい。 不正アクセスされた時にリスクが高いわけでもないのにここまで厳重なセキュリティ(本人確認も含めて)。 もう嫌がらせでやっているのか、それともサポート窓口の仕事を作りたくてやっているのか、何がなんだかわからない仕組みで驚きました。 こんな面倒なシステムなら本当に必要無いです。 なんとか解決方法が無いかというと、窓口担当者から上司へ電話をチェンジ。 「銀行でもパスワードぐらいすぐにリセット出来るシステムですよ」と嫌味を言ったら、「民間と公的基幹の違いがありますから・・・」 そ・れ・が・い・か・ん・の・だ!!! こんな回答を平気でする神経が「民間人」にはわかりません。 本当に税金の無駄遣いです。 こんなシステムならもう使わん! といって電話切りましたが、未だに怒りが収まりません。 お役所仕事って、何とかならないですかね?最近は市役所など、とても効率的に改善されてきて関心している部分もあったのですが、国の公的機関になるとまだこんなものなのでしょうか。 こんにちは。 同じく体験して、その使えなさを検索してたどり着きました。 私の場合はmacのためかSafariでもGoogle Chromeでも、いずれもクリックが全くできませんでした。 「見にくい・分かりにくい」だけでなく、クリックすらできない… ログイン後のメインページがアドレス変更ページとはどういうことなんだろうか… お役所内でも、同じく疑問や不満を感じている方もいるとは思うのですが、色々なしがらみがあるのでしょう… 私は、こういうことに直面するからこそ、日本の仕組みを変えていきたいと強く思うようになりました。 だから、逆にこういう環境には感謝すべきなのかも知れません。 ここの方と同じように、「日本の公的機関や、そのホームページの不便さ、分かりづらさを改革する必要がある」ということに、賛同する人が増えることを願ってます! なんかすいません、つい熱くなって書き込ませて頂きました。

次の

ねんきんネット登録で苦労したことメモ(アクセスキー有りの場合)

年金 ネット アクセス キー

ねんきんネットを使うためには会員登録が必要です。 アクセスキーがある人とない人では登録方法が違います。 ・アクセスキーあり アクセスキーは先述した「ねんきん定期便」に記載されています。 「20歳に到達した方等へのねんきんネットアクセスキー通知書」でも確認可能。 年金事務所で発行してもらうこともできます。 ねんきんネットの「ご利用登録」からアクセスキーと年金基礎番号、氏名、生年月日、性別、メールアドレス、電話番号、パスワードと秘密の質問の答えを記入。 送られてきたメールからアクセスして、パスワードを入力すれば登録が完了します。 ・アクセスキーなし こちらもアクセスキーありの場合と同様、年金基礎番号、氏名、生年月日、性別、メールアドレス、電話番号、パスワードと秘密の質問と答えを入力。 ただしこの場合はすぐに使い始めることができず、ユーザIDが郵送されるのを待つ必要があります。 だいたい申請から5営業日で届くでしょう。 ・自分の年金記録の確認 ねんきんネットではこれまでの年金記録を確認できます。 たとえば第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者、公務員共済などの種別や、月ごとの保険料納付状況、付加保険料の有無などが確認可能。 払っていない月や、免除されている月がわかります。 ・年金見込み額の試算 これまでの保険料をもとに、将来もらえる年金の見込み額が試算できます。 実際の年金額は賃金・物価の水準に応じて変更される可能性があるため、あくまで見込み額です。 老齢年金を受給するためには120ヶ月以上の年金加入期間が必要ですが、それに満たない場合も試算が行われます。 ・持ち主不明記録検索 持ち主が不明の年金記録から、自分のものがないか検索できます。 具体的には基礎年金番号に統合されていない国民年金、厚生年金、船員保険の記録や、平成8年以前に退職した公社共済組合(JR、JT、NTT)、公務員共済などが挙げられるでしょう。 心当たりのある人は一度検索してみてください。 ・ねんきん定期便、通知書の確認 ねんきんネットでは電子版のねんきん定期便をいつでも確認できます。 pdfでダウンロードできるため、データで保存することもできますし、プリントアウトも可能です。 ねんきん定期便の郵送をストップすることもできるので、毎年届いて煩わしいと感じている人は郵送を「希望しない」に切り替えておくと良いでしょう。 ほかには年金支払に関する通知書も照会できます。 ・届書の作成 ねんきんネットは現在のところ電子申請に対応していません。 ねんきんネットでできるのは届書の作成までです。 これをプリントアウトして郵送するか、年金事務所の窓口に提出する必要があります。 ねんきんネットで作成できる書類は以下のとおりです。 ・国民年金保険料学生納付特例申請書 ・国民年金保険料免除・納付猶予申請書 ・国民年金保険料追納申込書 ・国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書 ・国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書 なお、住所変更は年金事務所に届け出るものではありません。 第1号被保険者は市区町村役場の国民年金担当課に届けます。 第2号被保険者は自身の、第3号被保険者は配偶者の勤務先へ届け出が必要です。 ・通知書再交付申請 通知書を紛失してしまった場合に再交付が申請できます。 対象となる通知書は以下のとおりです。 ・社会保険料(国民年金保険料)控除証明書 ・公的年金等の源泉徴収票 ・年金額改定通知書 ・年金振込通知書 ・支給額変更通知書 このうち、まだ年金を受給していない人にも関係あるのが「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」。 年末調整や確定申告の際に添付が求められます。 これがないと社会保険料控除が受けられず、税金が高くなってしまうので、紛失に気付いたら早めに申請しておくのが賢明です。

次の

ねんきんネットのユーザビリティがひどい

年金 ネット アクセス キー

1.自分の年金記録をいつでも確認できる「ねんきんネット」 私たちの老後の生活を支える大切な年金。 老後に支給される年金額は、加入していた年金が厚生年金か国民年金か、また、それぞれの加入期間や納めた保険料などによって決定されます。 年金の加入記録に「もれ」や「誤り」があると、加入者が将来受け取る年金額にも影響を及ぼしてしまいます。 将来、年金の加入実績に応じた年金額を受け取るためには、年金の加入記録が正確に管理されていなければなりません。 自分の年金加入記録が正確かどうかは、日本年金機構から毎年誕生月に送付される「ねんきん定期便」や、「ねんきんネット」(2で紹介する、24時間いつでもパソコンやスマートフォンで年金記録を確認できる日本年金機構のサービス)で確認することができます。 これらは、年金加入期間や年金見込額、保険料の納付状況などを確認することもできます。 記載されている年金記録に「もれ」や「誤り」の疑いがある場合には、申し出により日本年金機構によって正確な年金加入記録の調査・確認が行われます。 その結果、自分の基礎年金番号に統合されていない記録等が判明した場合は、年金記録の訂正が行われます。 公的年金制度(国民年金・厚生年金保険・船員保険)の加入履歴(加入していた制度やその期間、加入あるいは資格喪失年月など)• 国民年金保険料の納付状況• 厚生年金保険に加入時の会社名、標準報酬月額、標準賞与額• 船員保険に加入時の船舶所有者名、標準報酬月額、標準賞与額 「ねんきんネット」では、いつでもパソコンやスマートフォンで最新の年金記録情報を確認することができます。 また、年金に加入していない期間や標準報酬月額の大きな変動など、確認したい記録が分かりやすく表示されており、記録の「もれ」や「誤り」の発見も容易です。 実際に沖縄県に住む60代女性の方が、息子さんの手を借りて、「ねんきんネット」を利用してみたところ、赤字で「未加」(=「未加入」のこと)となっている表示に疑問を持ち、年金事務所へ相談した結果、旧姓の頃の2つの厚生年金の記録を発見されたという事例も報告されています。 年金加入者に年に一度郵送されている「ねんきん定期便」や「年金振込通知書」などの年金の支払いに関する通知書も画面上で確認できます。 加入者御自身がいつでも確認でき、また、紙資源の削減による地球環境保全への取り組みにもつながることから、ねんきんネットで確認できる電子版「ねんきん定期便」を推奨しています。 「ねんきんネット」をご登録いただいた方は、平成30年度から順次、電子版に切り替え、紙の「ねんきん定期便」の郵送は原則行わない予定です。 ご理解とご協力をお願いします。 基礎年金番号や氏名など「ねんきんネット」で保有する情報を入力画面に予め自動表示することにより利用者の入力の手間を省くとともに、入力項目のエラーチェックを行うことで入力誤りを防止します。 なお、届書の作成機能は、電子申請ではないため、作成した届書を印刷の上、年金事務所などに持参又は郵送する必要があります。 対象となる届書は、以下のとおりです。 また、「年金記録の一覧表示」や「年金記録照会」の画面もスマートフォンで見やすく表示しています。 初めて「ねんきんネット」を利用するときは、にアクセスし、「新規ご利用登録」を選びます。 アクセスキーが記載された「ねんきん定期便」をお持ちの方は、続いて「ご利用登録(アクセスキーをお持ちの方)」を選びます。 画面に従い、「ねんきん定期便」に記載されている17桁の「アクセスキー」、基礎年金番号、氏名、生年月日、パスワードなどの情報を入力して、登録を行いましょう。 ユーザIDが即座に発行され、ただちに「ねんきんネット」を利用することができます。 お手元に「年金手帳」「ねんきん特別便」などがなく、基礎年金番号がご不明の方は、ねんきん定期便に記載されている照会番号または個人番号をご準備のうえ、「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」(ナビダイヤル 0570-058-555)にお電話いただければ、後日、基礎年金番号が記載された書類をお送りします。 有効期限後は、以下の「アクセスキーがない場合」をご覧ください。 4.ユーザIDとパスワードは大切に保管を 日本年金機構では、年金加入者の皆さんが安心して「ねんきんネット」サービスを利用することができるよう、インターネット通信時に EVSSL という暗号化技術を採用し、皆さんの大切な情報が盗まれたり、故意に書き換えられたりしないように保護しています。 また、複数のファイアウォールを設け、外部からの不正なアクセスを防止するなどの対策を行っています。 利用される皆さんは、ユーザID・パスワードを大切に保管してください。 ユーザID・パスワードを忘れた場合は、再度、利用登録が必要になります。 ユーザID・パスワードは他人に知られることのないように厳重に管理しましょう。 また、なりすましなどの不正利用を防ぐため、パスワードは定期的に変更してください。 「ねんきんネット」に関する詳しい情報は下記をご覧ください。 また、日本年金機構では、「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」(ナビダイヤル0570-058-555)を設置し、「ねんきんネット」の登録手続きなどに関するお問い合わせに応じています。 お問い合わせの際は、基礎年金番号、個人番号もしくは「ねんきん定期便」に記載されている照会番号をお知らせください。 ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル ナビダイヤル 0570-058-555 *050から始まる電話からは、03-6700-1144におかけください。 受付時間: 月曜日 8:30~19:00 火~金曜日 8:30~17:15 第2土曜日 9:30~16:00 月曜日が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日に19:00まで相談をお受けします。 祝日(第2土曜日を除く)、12月29日~1月3日はご利用いただけません。 ただし、一般の固定電話以外(携帯電話など)の場合は、通常の通話料金がかかります。 <取材協力:厚生労働省 文責:政府広報オンライン> Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の