ご 確認 の 程 よろしく お願い いたし ます。 「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

「ご確認のほど」の意味と使い方・類語|ビジネスメール/上司

ご 確認 の 程 よろしく お願い いたし ます

ほど(程) 程度 婉曲表現 ある一定の間の時間 大体の時刻 大体の距離 大体の面積 特定の場所をおおざっぱに指す表現 「検討のほど」の「のほど」とは、漢字では 「の程」と書きます。 「ほど(程)」には沢山の意味がありますが、ここでは 婉曲表現の言葉です。 婉曲表現とは 「断定の表現を和らげるために使う言葉」で、読み方は「えんきょくひょうげん」となります。 どういうことかというと、 単純に「ご検討ください」も敬語ですが、「検討しろ」という命令形の圧力があります。 実際お願いをしているとしても、言われた人は「立場もわきまえず上から目線だ」と思うでしょう。 ビジネスでこのようなストレートすぎる言葉は、特に社内・社外問わず目上の人や社外の人、お客様には使わないのです。 とはいえ、ビジネスシーンでは社内であっても目上の人に何かしらお願いをしなければならないことはあります。 そんな時に「のほど」を使えば、相手が受ける圧力を減らして失礼のない言い方ができるというわけです。 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、漢字で書くと 「ご検討の程宜しくお願い致します」と書くことが出来ます。 「ご検討の程よろしくお願いいたします」とも書けるでしょう。 口で言う場合はあまり関係ありませんが、ビジネスメールや手紙では漢字を使うか使わないかで大きく印象が変化するでしょう。 ひらがなが多い「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は柔らかくて優しい印象があります。 一方漢字で書く 「ご検討の程宜しくお願い致します」はしっかりしていて固い印象でしょう。 このような違いはありますが、どちらを使わなければならないという決まりはありません。 メールや手紙で使う場合、ビジネスらしい固さが欲しいなら漢字で書き、優しい雰囲気を出したいならひらがなを使うと良いでしょう。 【例文】 「詳しいご案内はこちらとなりますので、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます」 「ご検討のほどお願い申し上げます」は、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と使い方も意味も殆ど同じです。 こちらも「ご検討の程」と書くことも出来、「ご検討の程お願い申し上げます」「ご検討をお願い申し上げます」とも言えます。 「お願い申し上げます」は固い表現のため、メールや手紙の方が良く使われるでしょう。 ただし、 「お願い申し上げます」よりは「お願い致します」の方が丁寧です。 また 「お願い申し上げます」は定着した言葉ですが、本来文法的に正しくありません。 不快感を覚える人もいるため使い方には注意しましょう。 【例文】 「ご査収のほどよろしくお願いいたします。 」 「ご査収」の「査収」とは「よく確認して受け取る」という意味の言葉を丁寧にした表現です。 「ご検討」とはニュアンスが違うためそのまま言い換えや同じ使い方は出来ませんが、「検討」は「良いかどうかを考える」という意味なので類語として紹介します。 「ご査収」は目上の人に資料や企画書等を渡す際に使われます。 ビジネスではよく使われますが、日常ではあまり聞かない言葉です。 例文にあるような「ご査収お願いします」といった依頼の表現で使うことが出来ます。 「ご査収」と似た言葉に「ご検収」というのもありますが、これはデータや納品物を受け取る言葉です。 「ご査収」と「ご検収」は相手に渡すものが違うという点に注意しましょう。 役割 動作をする人 例 尊敬語 相手を上に上げる 相手(目上) 召し上がる、お越しになる 謙譲語 自分を下げる(へりくだる) 自分 いただく、参る 丁寧語 丁寧になるようにつける語尾 です、ます、ございます 敬語には 尊敬語、 謙譲語、 丁寧語の三種類があり、それぞれ役割が違っています。 尊敬語は相手を立てる言葉、謙譲語は自分がへりくだる言葉、丁寧語は口調を丁寧にする語尾です。 尊敬語が指す言葉は相手がする動作で、謙譲語は自分がする動作となります。 例えば「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の場合、「検討」するのは相手で、「お願い」するのは自分の筈です。 よってここでの「ご検討」は尊敬語、「お願い致します」は謙譲語になります。 「ご(御)」は尊敬語にも謙譲語にもあるので、周りの文脈から見極めるほかなく、「ご思案」も「ご査収」も文によっては尊敬語にも謙譲語にもなります。

次の

ご確認お願い致しますの非常に丁寧な英語表現は、覚えてしまおう!

ご 確認 の 程 よろしく お願い いたし ます

「ご確認お願いします」という言葉は、職場でよく使うフレーズの一つです。 「ご確認お願いします」は、正しい表現で、上司など目上の人に使っても良い表現なのでしょうか。 ここでは、「ご確認お願いします」というフレーズについてみていきます。 「ご確認お願いします」普段使ってOK? 仕事ではメールなどの連絡でも、相手に失礼がないかと気を使います。 また、意識していなくても同じような表現を使いがちです。 特に、会社の上司や先輩、取引先などとの連絡に便利でつい多用しがちになってしまうのが「ご確認お願いします」という言葉です。 みなさんは、この「ご確認お願いします」という言葉の成り立ちや使ってよい相手、使用する場面、目上の人に使って良いのか、また適切な言いかえ方法などわかりますか?ここでは、多くの人に身近な、この「ご確認お願いします」という言葉について詳しく説明していきますのでご参照ください。 「なるべく早く」を正しく使っていますか? 「ご確認お願いします」の成り立ちは? 「ご確認お願いします。 」という言葉の成り立ちは、「確認」という言葉と「願う」という言葉、それぞれの言葉を丁寧語にしたもので成り立っています。 つまり「確認」に丁寧語である接頭語の「ご」をつけて「ご確認」と表現し、「願う」という言葉に、こちらも丁寧語の「お」をつけて、「する」という言葉を丁寧に「します」として、「お願いします」としています。 「ご確認お願いします」という言葉は、「確認願う」という言葉を丁寧に表現したものです。 目上の人に使ってOK? 「ご確認お願いします」というフレーズは、上司など目上の人に対して使ってよいのでしょうか。 結論から申しますと、本来自分より目上の人に対しては、相手に敬意を表す「尊敬語」や自分の行動に対してへりくだって言うことで相手を立てる「謙譲語」などを使って表現するべきでしょう。 しかし、前述のように、この「ご確認お願いします」という言葉は「確認」と「願う」という言葉をそれぞれ丁寧語に言い換えてできたものです。 つまり、この「ご確認お願いします」という言葉は丁寧語ではあるものの、この言葉自体には「尊敬」や「謙譲」の意味は含まれていません。 従って、正確には目上の人に使うのには正しくない言葉であると言えます。 会社内では「ご確認お願いします」は目上の人に使っても良い 「ご確認お願いします」というフレーズは、目上の人に使うにはふさわしくないというご説明をしましたが、一方でこの「ご確認お願いします」という表現は、現在では多くの人に浸透した言い方です。 会社内の連絡や、ビジネスシーンにおけるやり取りでもある程度フランクな関係にある相手になら使っても差し支えないでしょう。 ただし、取引先などとりわけ改まった相手に対してはより適切な言葉に言い換える必要があります。 その場合の言い換え方については次の項目でご説明します。 「ご確認お願いします。 」の目上の人への使い方は? 前の見出で説明したように、「ご確認お願いします」という言葉は、ある程度連絡し慣れた相手になら使うことができますが、改まった表現としては適切ではありません。 取引先や普段連絡を取らない上司などに対しての「ご確認お願いします」という言葉の使い方について説明します。 「ご確認の程、お願いいたします。 」や、「ご確認の程、よろしくお願いいたします。 」という言い方はより丁寧で目上の人に対して使うのにふさわしい表現であると言えます。 「程」という語を加えることで、相手にお願いする内容でありながら行動を促すニュアンスを和らげることができるとともに、「いたします」という表現で、相手に対して自分をへりくだる「謙譲」の意味も含みます。 「ご確認お願いします」のしてはいけない言い換えは? 前の見出しでは、目上の人に対する「ご確認お願いします」の使い方を説明しました。 ここでは次に、「ご確認お願いします」のしてはいけない言い換えについて説明します。 「ご確認願います」という言い方は相手への失礼にあたるため、適切ではありません。 そもそも「確認」と「願う」を敬語にした「ご確認お願いします」という言葉は最低限の敬語です。 その「ご確認お願いします」という言葉からさらに敬語を省いた「ご確認願います」という言葉は敬語として不正確で不十分であると言えます。 また、「ご確認してください」という言葉も適切ではありません。 「~してください」という言葉は日本語としては理論上おかしい言葉遣いではありませんが、実際に文章として使う敬語としては正しくありません。 正しく言い換えるなら「ご確認お願いします」と同じく最低限の敬語にはなりますが、「ご確認ください」という言葉を使うべきです。 「ご確認お願いします」と言われたら? 添付資料の確認をお願いしたいときは? 「ご確認お願いします」という言葉は、主にメールなどの添付資料の確認を相手に求めるときに使われます。 そこで、添付資料の確認をお願いしたい時の「ご確認お願いします」という言葉の使い方について説明します。 まず、添付資料について何を確認してほしいのかを明記する必要があります。 「~について、添付資料をご確認ください」、またはさらに丁寧な言い方をするなら、「~について添付資料をご確認の程、よろしくお願いいたします」と表現します。 特に添付資料のページを指定したい場合は、「~について、添付資料の〇枚目をご確認ください」と加えてもよいです。 「ご確認お願いします」の丁寧語は?.

次の

「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

ご 確認 の 程 よろしく お願い いたし ます

今さっき言いましたように、私と日本銀行総裁の連名で、この関係金融機関に対して、被災者の便宜を考慮した適時適切な措置を講ずるように、金融上の措置を要請したわけでござい ますけれども、こうした要請も踏まえて、各金融機関においては、この前の日曜日、休日営業等に積極的に取り組んでいただきたいと お願いをしたら、9割弱の営業店がやっていただいたという話をしたわけでござい ます。 そして、また今申し上げましたように、繰り返しになり ますけれども、預金証書、通帳等を消失した場合でも、預金者であることを 確認して、預金の支払いに応じていただいたわけでござい ます。 またさらに、被災された顧客からの新規融資や既存の借入金等に関する相談に柔軟に対応している等、被災者の便宜を考慮した対応がなされているものと承知を いたしており ます。 また金融機関におきましては、金曜日に(地震が)起きたわけでござい ますが、中小企業金融円滑化法案も出しましたし、それこそ1000年に一遍の津波でござい ますから、色々な地域の方々や与野党ともその辺は合意をして頂いたやには聞いており ます。 こういった被害の復興に対して、また色々な適時適切な金融上の措置を、きちんと地域の声も聞きながら、また都道府県知事、あるいは市町村、それから特にこういうときは中小企業団体だとか、そういった声をしっかり聞きながら、各金融機関にも本当にご努力いただいており ますし、ご協力いただいており ますけれども、引き続き金融庁としても、しっかり適切な対応に努めてまいりたいというふうに思っており ます。 , I, the 's , have that the manner. our , were Sunday. , where have their and other. they other that the , ' for about and loans. , have the for , this was a once-in-a , and the and have agreement. the , are and are , , , and and enterprises. The will measures. - 金融庁.

次の