かもがしら 嫌い。 カミングアウトしまちゃいます!!追いつめられている鴨頭嘉人…夜も眠れません。

鴨頭嘉人 宗教? その疑問、スッキリとした答え 倫理法人会の説明も

かもがしら 嫌い

「転」というがとてもっているらしい ので何らかのに巻き込て死んだが、その時のを持ったままで生変わり別人としてのを送る、の事をそう言うんだと思っている というでも非常に人気があるらしく、そこや化もされた「」と「」というのを僕は見た事があるしまで楽せてもらった 「物」というもあってらは別人としてで生変わるのではなく人がにされるのの事を指すのかな? 一昔前のだと「」なんかがそうだろうしだと「」がそうかな。 がのなら「」はがで公開される程の気作だった。 をしているにそのの設定と似たに呼び出されるのもあって「」「魔王と少女の奴隷魔術」「」なんかがそうなんだと思う 気「」などがで死んだ後にでされてそのままの姿で暮らす転生とののようなの物もあるそうな ここ5年ほど毎年のように何らかの物がヒットしてこれ先もその人気は続くと思う。 僕は近頃とてもっているこの「転」があ好きではない。 気になるは見る嫌いでもないと思う。 物はそこまで気にならないので、どちらかというと転生要素が気になっているのかもしれない。 別人として生変わったのにやはの地続きで、そこが転の楽しみ所なんだろうとも思うけど。 転のは周囲のと比べて非常に高いを持っていたり優秀ながあるのでする。 同のと比べるとの頃非常に魅力的で、頼れるとして周囲に集まってきた人々を助ける。 それは良い。 だするのはな流れだと思う。 ただ、その非常に優れた達と戦う事になる達には同情する。 に登場した「ウデク」はの属する「フレメヴィー国」に哀れなくらいににされてったし、物だけどでズ様の率いる「ナザ地下大墳墓」とした現地のは、にされあにな末路を迎える事が多く悲しくなる。 これは正確には物というよりあに敵味方の強さに差がある事生じるの要素が僕は苦手なだけだと思う。 達のが見たいとはなら誰もが思うだろう事だ、そこに突っ込むのはだとも分かる。 ここまで書いて言うのも何だけど、僕は物の事は嫌いではない。 の好みではないので予め見ないようにする、という事が多いだけで「嫌い」だと強烈に思う所までは行かない。 んだで興味のあるは見るし。 「」がのやだ、に転生やした人が主役だ、というでその手のを反射的にするも居る。 そういう人を見ると一昔にやが「」「」と叩かれていた事を思い出す。 めっきり見なくなったけど、そういうを僕は好きでなかったし今も好ゃない。 が昔こういう事を言っているを見て嫌だっら、はそういうと同じ事を言いたくない。 初めは「好きでない」だったが何度もその好みではない物に触れている内にやがて「嫌い」に変わっていくのかもしれない、と思う。 僕はこれも物を嫌いにならないよう、好きでない程度の適切なで付き合っていたい。 【】 とは言っても、僕にはどうしてもに手を取りたくないのはあるし、恐らくやなでよく知りもしないに悪意を持っているんだろうな…と思う事もある。 これじゃに何かを言って良い訳がない。 僕はが好きなのはあ読まないようにしている。 の考えとそのを書いている人の考え方が違ったら嫌だな…と思うし、その事でを嫌いになったりが嫌な思いをする事が嫌だ避けている。 、憑依、逆行、、ざまあ系などのは問苦手で深く知れば多分嫌いになってうだろうな、と思ってら手に取らないようにしているし、そういう要素があるかもというだけで警戒してう。 「今は嫌いというを持っていないけど関わると嫌ってうだろ避ける」というのはもうほぼ嫌いの前段階ではなという気もする。 一度何かを嫌ってうと猛烈にその嫌いな物について考えてう事もあるし、その嫌いな物が視界に入っただけでを奪われるくらい夢中になってう事もある。 だ「はきっとこれの事を好きではない」と思った時は本当に嫌ってう前にある程度を取るのがお互いのため…なんじゃななぁ、と僕は思っている。

次の

鴨頭嘉人(かもがしら よしひと) という男について|ドリーKUNI|note

かもがしら 嫌い

いま日本って、働き方改革、働き方改革と言っているじゃないですか。 はっきり言っていいですか、 あんなの働き方改革じゃないですよ。 政府は休日を増やそう、残業を減らそうって言ってるじゃないですか。 あんなの働き方改革になってませんから。 何がよくなってるんですか? 問題を増やしているだけじゃないですか。 そもそも、前提がずれてますよ。 政府は「働く時間を減らせば、日本人は幸せになる」って言ってるんですよ。 たとえば、自分が寝ている時間以外で、1日の労働時間が65%だったとしましょう。 それを65%から63%に減らせば、2%幸せになるということを前提に、残業を減らし、休日を増やそうって言ってるんですよ。 ふざけるな。 そんなことで日本人は幸せにならない。 本当の働き方改革とは、「 65%の時間、超楽しいんですけど !」ってなることじゃないの? 違いますか? それが働き方改革でしょ。 じゃあなんで政府は、こんなまったく無意味な活動をしているかわかりますか? それは、 今働いている65%を充実させる力が政府にはないからですよ。 今働いている65%を超楽しい!って変えられるのは誰ですか? あなたです。 あなた以外にはできないんですよ。 国のリーダーシップでは、絶対に働き方改革なんてできません。 1人ひとりが 自分で働き方改革をやるんだと思った瞬間、もう改革は起きています。 めちゃめちゃ楽しそうに働いている人。 働くのがつらいと言っている人。 その違いに、 政府は関係ありません。 政党が変わったら、働いている気分が変わりますか? 関係ないですよね。 つまり、政府が何と言おうが、会社が何と言おうが、どうせ聞いちゃいないんです。 じゃあ誰の言うことを聞いて働いているんですか。 そう、 自分なんですよ。 誰かの役に立ちたいと思って働いてもいいですし、稼ぎたいと思って働いてもいいんですよ。 そんなの最初から 自由なんです。 だから本当は、毎日毎時間毎分毎秒、働き方改革を起こせるはずなんです。 そのことを知っているかいないかで、 働いているときの気分が変わります。 それが 本当の改革なんです。 どのように豊かに生きるかは、全部自分次第ですよ。 私たちは、刺激がなければ、変化を起こそうとしないようになっています。 だから、変化したければ、 刺激をインプットするしかないんです。 だから、いつもと同じ通勤時間、いつもと同じ通勤路、いつもと同じ業務、いつもと同じ人との飲み会、いつもと同じ生活習慣では、アウトプットに変化は起きません。 これは ごくごく自然な現象です。 じゃあどうすればいいか。 アウトプットだけ変えようと思うから、苦しいんです。 変えるのはインプット。 刺激を変えます。 会う人を変えればいい。 住む場所を変えればいい。 仕事を変えればいいんです。 「今の環境、そんなに嫌いじゃない」「そんなに今の現状、変えたくない」っていう人もいますよね。 そんな人は、通勤路を変えてください。 今まで電車だったら、車でいい。 歩いてみてもいいし、自転車に変えてみてもいいです。 会う人も変えられるはずです。 いつもと違う人と飲みに行く。 変えるんです、インプットを。 刺激を。 読む本を変えたり、新しい勉強会に行ったりすれば、インプットだけでなく、 出会う人までセットで変わります。 自分の生活パターンを変えれば、絶対に会う人が変わるんです。 一番大きな刺激が、いとも簡単にゲットできます。 GAFAとは、今最も世界に影響を与えている4社のことを言います。 Google、Amazon、Facebook、Apple。 頭文字をとってGAFAと呼びます。 この4社の支配力があまりにも強すぎて、「 GAFAの脅威」というメッセージを発信する人が増えました。 この「GAFA」という言葉は、あの4社が立ちどころにマーケットを支配したことに嫉妬や恐怖を感じている人がつくった言葉です。 でも僕は、それを恐怖の対象だと思ったことは一度もないです。 むしろワクワクします。 私たちに 希望や豊かさを与えてくれている存在だと認識しているからです。 僕はこう思うんです。 それらの新しいテクノロジー、概念、マーケットを、 楽しもうって。 それがこの豊かな時代に生まれた私たちの人生の楽しみ方だと思います。

次の

鴨頭嘉人(かもがしらよしひと) の講演依頼/現地同行可能

かもがしら 嫌い

「転」というがとてもっているらしい ので何らかのに巻き込て死んだが、その時のを持ったままで生変わり別人としてのを送る、の事をそう言うんだと思っている というでも非常に人気があるらしく、そこや化もされた「」と「」というのを僕は見た事があるしまで楽せてもらった 「物」というもあってらは別人としてで生変わるのではなく人がにされるのの事を指すのかな? 一昔前のだと「」なんかがそうだろうしだと「」がそうかな。 がのなら「」はがで公開される程の気作だった。 をしているにそのの設定と似たに呼び出されるのもあって「」「魔王と少女の奴隷魔術」「」なんかがそうなんだと思う 気「」などがで死んだ後にでされてそのままの姿で暮らす転生とののようなの物もあるそうな ここ5年ほど毎年のように何らかの物がヒットしてこれ先もその人気は続くと思う。 僕は近頃とてもっているこの「転」があ好きではない。 気になるは見る嫌いでもないと思う。 物はそこまで気にならないので、どちらかというと転生要素が気になっているのかもしれない。 別人として生変わったのにやはの地続きで、そこが転の楽しみ所なんだろうとも思うけど。 転のは周囲のと比べて非常に高いを持っていたり優秀ながあるのでする。 同のと比べるとの頃非常に魅力的で、頼れるとして周囲に集まってきた人々を助ける。 それは良い。 だするのはな流れだと思う。 ただ、その非常に優れた達と戦う事になる達には同情する。 に登場した「ウデク」はの属する「フレメヴィー国」に哀れなくらいににされてったし、物だけどでズ様の率いる「ナザ地下大墳墓」とした現地のは、にされあにな末路を迎える事が多く悲しくなる。 これは正確には物というよりあに敵味方の強さに差がある事生じるの要素が僕は苦手なだけだと思う。 達のが見たいとはなら誰もが思うだろう事だ、そこに突っ込むのはだとも分かる。 ここまで書いて言うのも何だけど、僕は物の事は嫌いではない。 の好みではないので予め見ないようにする、という事が多いだけで「嫌い」だと強烈に思う所までは行かない。 んだで興味のあるは見るし。 「」がのやだ、に転生やした人が主役だ、というでその手のを反射的にするも居る。 そういう人を見ると一昔にやが「」「」と叩かれていた事を思い出す。 めっきり見なくなったけど、そういうを僕は好きでなかったし今も好ゃない。 が昔こういう事を言っているを見て嫌だっら、はそういうと同じ事を言いたくない。 初めは「好きでない」だったが何度もその好みではない物に触れている内にやがて「嫌い」に変わっていくのかもしれない、と思う。 僕はこれも物を嫌いにならないよう、好きでない程度の適切なで付き合っていたい。 【】 とは言っても、僕にはどうしてもに手を取りたくないのはあるし、恐らくやなでよく知りもしないに悪意を持っているんだろうな…と思う事もある。 これじゃに何かを言って良い訳がない。 僕はが好きなのはあ読まないようにしている。 の考えとそのを書いている人の考え方が違ったら嫌だな…と思うし、その事でを嫌いになったりが嫌な思いをする事が嫌だ避けている。 、憑依、逆行、、ざまあ系などのは問苦手で深く知れば多分嫌いになってうだろうな、と思ってら手に取らないようにしているし、そういう要素があるかもというだけで警戒してう。 「今は嫌いというを持っていないけど関わると嫌ってうだろ避ける」というのはもうほぼ嫌いの前段階ではなという気もする。 一度何かを嫌ってうと猛烈にその嫌いな物について考えてう事もあるし、その嫌いな物が視界に入っただけでを奪われるくらい夢中になってう事もある。 だ「はきっとこれの事を好きではない」と思った時は本当に嫌ってう前にある程度を取るのがお互いのため…なんじゃななぁ、と僕は思っている。

次の