むずむず 脚 症候群 治し 方 サプリ。 むずむず脚症候群でよくみられる症状や経験

むずむず脚症候群に効果的な漢方

むずむず 脚 症候群 治し 方 サプリ

1.足がむずむずするとはどんな状態か? まずは、主な症状やむずむず脚症候群の特徴などをご紹介します。 1-1.「足がむずむずして眠れない」とは? 「足がむずむずする」という症状は、夜布団に入ると起こる人が多くなっています。 症状の感じ方は「むずむずする」「ジンジンする」「虫が這(は)っているような感じがする」など、人それぞれです。 はっきりと伝えるのは難しいけれど、足の不快感や違和感に悩まされ、「じっとしていられない」「足を動かしたくなる」などの衝動に苦しんでいる人はたくさんいます。 1-2.症状をチェックしよう 具体的な症状をチェックしてみましょう。 当てはまるものが多いほど、むずむず脚症候群の可能性が高くなります。 夕方から夜にかけて足の不快感が現れることが多い• 何かに集中しているときや足を動かしているときは不快感がない• じっと座っているときや横になっているときに「足を動かしたい」という衝動が起こる• 足の不快感が原因で眠れないことがある• じっとしていると眠れず、寝返りを打つことが多い 1-3.むずむず脚症候群はどんな病気なのか? むずむず脚症候群は、正式名称を「レストレスレッグス症候群」といいます。 足の表面ではなく内部で起こる不快感や違和感が特徴で、特に40~70代の女性や妊婦に多い症状です。 就寝時など安静にしているときに足のむずむずが起こり、活発に動いているときは症状が軽減することが多いでしょう。 日本人の20~50人に1人の割合で発症しているということから、決して珍しい病気ではありません。 関連記事 2.足がむずむずする原因 むずむず脚症候群の原因はまだはっきりとわかっていませんが、考えられるものは以下のとおりです。 2-1.神経異常 外部から受けた刺激を脳に伝える「ドーパミン」に機能異常が起こり、足の刺激を必要以上に脳に伝達してしまっていることが考えられます。 特にドーパミンは夜になると機能が低下するため、症状が夕方から夜にかけて現れやすくなるのです。 2-2.鉄分の欠乏 ドーパミンを作る原料である鉄分が不足することも、原因の一つと考えられています。 鉄分が不足するとドーパミンが正常に機能しなくなるため、脳への伝達に異常が起こってしまうのです。 2-3.遺伝 詳細は明らかではありませんが、むずむず脚症候群には遺伝性があるといわれています。 「じっとしていられない」「足を動かしたくなる」というような症状に悩む人が家族にいる場合は、注意が必要です。 3.足がむずむずするときの対処法 足がむずむずするときの対処法としておすすめのものをまとめました。 3-1.睡眠の質を改善する むずむず脚症候群の人は睡眠の質が悪化することが多いため、眠れないストレスによってうつ病を発症してしまう例も少なくありません。 できるだけ質のよい睡眠をとれるよう、寝室の環境や寝具の見直しも必要です。 たとえば、強い光や大きな騒音が入ってこないように寝室の環境を整える、眠りやすい温度や湿度に調整するなど、改善方法を考えてみてください。 また、肌触りのよいパジャマや、自分に合った高さの枕などを選ぶことも大切です。 3-2.食生活を見直す 鉄分不足が原因になっている可能性もあるため、食生活の見直しも必要です。 鉄分を豊富に含むレバーや卵・煮干し・海藻類・魚介類などを積極的に食べるようにしましょう。 3-3.適度な運動をする 足に軽い刺激を与えることは、症状の軽減につながります。 日中の適度な運動を取り入れ、ある程度の刺激を与えましょう。 激しい運動をすると逆効果なので、ウォーキングなど無理のない程度にできる運動を取り入れてみてください。 関連記事 4.むずむず脚症候群の治療法 むずむず脚症候群で病院を受診すべき症状や、病院での主な治療法などをまとめました。 4-1.病院へ行くべき症状とは? むずむず脚症候群は病院で適切な治療を受けることで症状が改善する可能性があります。 「眠れない日が続いている」「精神的にもつらく、日常生活に支障をきたしている」というようなときは、早めに受診しましょう。 4-2.病院での検査・診断方法 むずむず脚症候群は睡眠障害の一種なので、睡眠外来や精神内科・精神科などを受診することになります。 こうした医療機関では、まず問診を行い、むずむず脚症候群が疑われる場合は、血液検査によって鉄分が不足していないか確認する検査が行われることになるでしょう。 さらに、症状によっては以下のような検査が行われることもあります。 下肢静止検査:足を静止していられるかを調べる• 終夜睡眠ポリグラフ検査:病院に1泊して脳波や心電図検査を行い、睡眠の質を調べる• アクチグラフ:起きているときと寝ているときの周期性四肢運動を調べる 4-3.薬を使わない治療法もある 症状や程度によっては、薬を使わずに治療が行われる場合もあります。 症状が軽ければ生活習慣や食生活の見直しで改善する可能性もあるのです。 たとえば、睡眠の質を高めるために夕方以降のアルコールやカフェインなど刺激物を控える、適度な運動や足のマッサージを取り入れるなど、生活指導が行われます。 4-4.生活習慣の改善と並行して薬物療法が行われる場合も 生活習慣の改善だけで症状が軽減されない場合は、並行して薬物療法が行われます。 ドーパミン作動薬をはじめ、鉄剤や漢方薬などが処方されるのが一般的です。 薬物療法によって症状の改善が期待できますが、症状が軽くなったからといって自己判断で薬をやめるようなことはしないでください。 必ず医師の指示どおりに服用しましょう。 4-5.病院選びのポイント むずむず脚症候群が疑われる場合の病院選びは、以下のポイントを参考にして行うとよいでしょう。 睡眠障害を診ている病院か• 豊富な実績があるか• 親身に相談に乗ってくれるか 5.むずむず脚症候群に関するよくある質問 「むずむず脚症候群について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。 Q.むずむず脚症候群の症状が足以外の場所にも現れることはあるのでしょうか? A.最初はふくらはぎやふとももなど足に症状が現れることがほとんどですが、症状が進行すると腕や胸・顔面などに症状が出ることもあります。 Q.妊娠中はむずむず脚症候群になりやすいというのは本当でしょうか? A.妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するため、足の不快感が現れや現れやすいといわれています。 この場合は、出産後、ホルモンバランスが正常に戻れば症状も改善されるはずです。 Q.もともと持っている病気が原因でむずむず脚症候群を発症することもあるのでしょうか? A.鉄欠乏症や腎機能障害・末梢(まっしょう)神経障害・パーキンソン病などが原因でむずむず脚症候群を引き起こすことがあります。 Q.むずむず脚症候群の症状は夏に出やすいと聞きましたが、なぜでしょうか? A.夏は体温調節を激しく行うため、血管が拡張して症状が出やすくなるといわれています。

次の

むずむず脚症候群に効く漢方薬

むずむず 脚 症候群 治し 方 サプリ

Contents• このような症状のため、熟睡できず、睡眠不足や睡眠障害になってしまう人が多いのです。 このため、病院での治療は、ドーパミンの機能低下を改善する薬「ビ・シフロール」や「レキップ」などが使われます。 この薬はパーキンソン病治療にも使われ、精神疾患に関係する薬なので、 副作用が発症する場合もあり効果も個人差があります。 1)食生活でドーパミンの低下を改善 貧血の原因である 鉄分を補給する。 ドーパミン低下の原因は、ドーパミンを生成するために必要な栄養素である「鉄」が不足していると考えられています。 むずむず症候群に悩む女性は生理の時に貧血になりやすいことも、この鉄不足が関係しているようです。 また、鉄分だけでなく、 タンパク質やビタミンB群の補給もドーパミンの合成に必要です。 普段からこれらの栄養素を含む食事を心がけることが、とても大切です。 どうしても食事からだけでは補えない場合にはサプリメントを利用することもいいでしょう。 特にダイエット中の人、子宮内膜症など婦人科系の疾患を持つ女性にははむずむず脚症候群になりやすいので気をつけてください。 2)適度な運動 運動不足の人はむずむず脚症候群になりやすいのだそうです。 症状の1つで、じっとしていられない、動かしたくてたまらなくなる感覚は運動で改善されます。 特に 脚をしっかり使って動かすことで、血流がよくなり筋肉の感覚が一体化されるのではないかと考えられています。 日ごろ運動不足の人も、ウォーキングなどから初めてみるといいかもしれませんね。 むずむず脚症候群の症状を良くするモチベーションがあれば、続けられやすいものです。 貧血の人も、赤血球が少ないため、酸素を十分に運べず、エネルギー不足に陥りやすく、息切れや身体が重く、継続しての運動が苦手になります。 無理をしない程度に脚を使って運動しましょう。 例えば、スローウォーキングはどうでしょうか?早いスピードで歩く必要はありません。 散歩のつもりで歩いてみましょう。 ヒールや先のとがった靴をよく履く人は、脚の先の血流が悪くなりがちです。 スニーカーを履き、スローウォーキングで脚全体をよく動かしましょう。 3)カフェイン、タバコ、アルコールなど刺激を減らす カフェインやタバコは交換神経を刺激します。 コーヒーを飲んだら夜なかなか寝られないというのは交感神経を刺激しているからです。 ドーパミンは、この交感神経系で働いています。 交感神経は、精神を興奮させ、活動している・緊張している・ストレスを感じている場合にはたらき、鼓動を早め血管を収縮させたりします。 カフェインやアルコール、タバコなどは、交換神経を刺激することでドーパミンへ影響を与えるのです。 交感神経を刺激すると、神経が高ぶり睡眠の妨害となり、途中で目が覚めて、睡眠の質も低くなります。 投薬による治療は、むずむず脚症候群の改善に対処療法として効果はありますが、薬を飲み続けなくてはいけません。 食生活、運動など、生活習慣などの見直しをすることにより、体質改善を心がけることが根本的治療といえるかもしれません。 病院の治療の前に、生活習慣見直しを考えてみていきましょう。

次の

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)を治した経緯2

むずむず 脚 症候群 治し 方 サプリ

脚がむずむずして眠れないときは 眠ろうとすると、からだが落ち着かない 夜になって眠いはずなのに、眠ろうとしてベッドに入ると、 からだが落ち着かない。 脚がむずむずして動かしたくてたまらなくなり、 「もう眠れない!」と思ってあきらめて、 起きてトイレに行ったりすると治る。 「治ったみたい。 なんだったのだろう」と思って、 再びベッドに入ると、また脚が落ち着かなくなる・・・。 こんな様子があったら、むずむず脚症候群 (レストレスレッグス症候群)かもしれません。 むずむず脚症候群は、夕方から夜にかけて、 からだを横たえたりして休んでいると、 脚がむずむずしたり、動かしたくなります。 女性が経験することが多く、 睡眠中に周期的に手足がピクッピクッと動く 周期性四肢運動障害を伴うこともあります。 まずは眠る前のストレッチを トイレに行こうとしてベッドを降りたら治るというように、 脚が動いていれば、むずむず脚は起こりにくいのです。 そこで、むずむず脚の予防策として、 しっかりと脚の筋肉をストレッチしておきましょう。 前屈をして、太ももの裏やアキレス腱を伸ばすストレッチを入念にしたり、 入浴中にマッサージすることで、就寝前のむずむず脚を防ぐことができます。 根本的には鉄分の補給が大切 むずむず脚症候群の治療には、 脳内の神経伝達物質であるドーパミンの働きを促進させる ドーパミン作動薬が使われることがあります。 ここに、むずむず脚症候群を予防するヒントがあります。 ドーパミンという物質はチロシンという物質が原料になっていて、 ドーパミンが作られるためには鉄が必要です。 鉄が不足するとドーパミンが作られにくくなるので、 その結果、むずむず脚を体験するのです。 ということは、普段の生活で鉄分の補給を意識することが、 むずむず脚症候群の予防になります。 むずむず脚症候群は妊娠している時期に 経験することがとても多いです。 また、健康診断などで鉄欠乏性貧血を指摘されたことがある人が、 経験することも多くみられます。 鉄不足になると、むずむず脚が起こるということです。 鉄分は、からだの外から補給しなければ、 自分のからだの中では生成できない物質です。 食品やサプリメントで鉄分の補給をしておきましょう。 菅原洋平 作業療法士。 ユークロニア株式会社代表。 アクティブスリープ指導士養成講座主宰。 国際医療福祉大学卒。 国立病院機構にて脳のリハビリテーションに従事したのち、現在は、ベスリクリニック(東京都千代田区)で薬に頼らない睡眠外来を担当する傍ら、生体リズムや脳の仕組みを活用した企業研修を全国で行う。 その活動は、テレビや雑誌などでも注目を集める。 主な著書に、13万部を超えるベストセラー『あなたの人生を変える睡眠の法則』、10万部突破の『すぐやる!行動力を高める科学的な方法』など多数。

次の