監査法人 アドバイザリー 激務。 EYアドバイザリー (eyacc)の真実 〜コンサル転職・激務情報〜

【平均年収760万】あずさ監査法人の年収や中途採用条件

監査法人 アドバイザリー 激務

【スポンサードリンク】 アドバイザリーは激務だが花形業務 「会計監査」は会計士の業務やキャリアアップのための基礎として位置づけられると個人的には思っています。 そのため、新卒の若い会計士たちが監査を経験せずに最初からFASとかTASなどのアドバイザリー業務を選ぶことは現在では普通とも言っていいでしょう。 でも、もちろん監査をやってからバリュエーションとかトランザクションサポートの業務に移って監査の経験を活かしてやっている人も多いです。 みんなやはり、Big4のグループ企業内で転職活動してたりするんですよね。 Big4内のアドバイザリー部門だから、多少は面接の時などは優遇してもらえる場合もあるそうですね(口では言わないが)。 まあ、監査からバリュエーションとかにいくと投資銀行並みに報酬と勤務時間が大幅アップするので上昇志向が強い人向けですね。 また、一旦バリュエーションなどの仕事をゲットできればその経験を武器に今度はさらに高報酬の投資銀行に転職しやすくなる。 なので、監査からそのまま投資銀行ではなく一旦グループ内のアドバイザリー部門を経験してからIBDにいく方が採用確率としては上がるわけですよ。 当然、Big4内でもアドバイザリーというのは花形なので監査からそこへキャリアチェンジをもくろんでいる人もいるので競争率もそれなりに高いです。 でも、いきなり投資銀行にアプライするよりはまだ現実的かなと。 顧客のためになるという実感を味わえる 監査を長くやっていると、クライアントから煙たがられて当たり前というのが意識に染み付いてしまうんですよね。 世の中の色んな仕事って、直接顧客のためになることが多いものですが監査のような一部の仕事は顧客から疎まれるようなこと多いんですよ。 もちろん、日々業務をしていてクライアントから直接的にウザがられることはないんですけど内心は結構面倒だと思っている人もいるでしょう。 とくに、自分たちの場合は資料を徴求したりヒアリングをしたりすることが多いのでクライアントの通常業務を邪魔することになってしまうんですよね。 もちろん、監査を受けるということは企業にとって大事なことなので長い目でみるとクライアントのためになっているとは思うのですが・・。 で、やっぱりそういう仕事をしているともっと目に見える形でクライアントに貢献したいと思うようになったりします。 監査からアドバイザリーへの転身はまさにその一例でしょう。 アドバイザリーに回ると、監査とは一転して顧客に尽くすことになります。 クライアントのために、コンサルティングをすることになるので二人三脚というべきでしょうか。 なので、アドバイザリーへ行く人は最初はこの感覚が新鮮なのでは。 【スポンサードリンク】 投資銀行ほどではないが高報酬 で、アドバイザリーで待っているのは顧客のために仕事をしているというやりがい・・・ということよりもさらにもっと魅力的な部分があります。 それこそ、「高額な給料」です。 これは、外資の投資銀行ほどではないですがそれに準ずるような基本給とボーナスを支給されることになります。 もちろん、激務な中で残業代という概念が皆無な状態での高報酬なのでアドバイザリーにいた上司に話を聞くと「年棒はいいんだけどね、時給換算するとね・・・」的な感じです。 その代わり、監査がまったりしていたと思えるくらいかなり厳しい成果やスピードを要求されることになりますが。 アドバイザリーを経験すれば、もう経理財務だけに留まらず金融機関からも相当な高評価を得られますからね。 監査にちょっとマンネリを感じた人は、一旦考えてみるといいかもしれないですね。 会計士の転職支援サービス(無料)は以下の公式サイトから確認できます。

次の

そろそろ監査法人を辞めたいと思う方へ

監査法人 アドバイザリー 激務

こんにちは。 転職手帳編集部 公認会計士のユウジ(大手監査法人に7年勤務、Big4系FASに勤務)です。 会計士の転職やキャリアは私とアヤカから御紹介します。 私も数年前に転職しましたが、監査法人にはいつでも戻れますし、30代前半で転職してチャレンジができ、自ら企業に提言する機会を経験できたことには満足しています。 ただ、のちほど御紹介しますが、残業時間も長く、頭の使い方もまったく違うので、辛い時もあります。 FAS(フィナンシャル・アドバイザリー・サービス) 2. 事業再生系のコンサルティング会社 3. 戦略系のコンサルティング会社 どの分野の企業も公開情報が少なく、忙しい会計士の方は情報収集をして整理するのが大変だと思いますので、以下、参考にしてください。 FAS(フィナンシャル・アドバイザリー・サービス) 監査法人に勤める会計士の次のキャリアとして真っ先に挙がるのが、Big4系および独立系FASだと思います。 特に 財務デューデリジェンスは監査と共通する部分が多いため、30歳前後までであれば監査経験のみでも採用される可能性が高いです。 また、転職後も大きくカルチャーや業務内容のギャップを感じずに従事することが出来ます。 応募時点では、実際にビジネスで英語を使ったことがなくてもTOEICなどの指標で一定のレベルをクリアしていれば問題ありません。 ただし、入社後に評価されるには早期のキャッチアップが必要です。 監査法人内アドバイザリーとの違いは、非監査業務の多いDeloitteを整理したコチラを参考にしてください。 経営状態に問題を抱える企業を支援し再生へと導くコンサルティングファームも、公認会計士の知見を活かすことの出来るフィールドです。 また先ほど御紹介した大手FASの内部にも、リストラクチャリング部門といった形で同様の機能を果たす部署が存在します。 将来的にCFOなどの企業経営を目指す会計士には魅力的だと思います。 しかし、地方への頻繁な出張や常駐、危機的状況にあるクライアント企業内の刺々しい空気、等、総じて厳しい職務環境ではります。 私も以前、買収後の企業の経営再建フェーズでプロジェクトに入ったことがありますが、毎週のように経営サイドに重い意思決定をしてもらわないといけません。 その為の準備も相応の緻密さが求められ、かなりストレスフルでしたが、そこで得られた経験で一回りも二回りも成長できたと思います。 特に 最も採用したい30歳前後のポテンシャル採用は依然として積極的で、30代後半の専門性高い人材も積極的に採用する方針と聞いています。 戦略ファーム以外のコンサルティングファームでも戦略プロジェクトを扱っていますが、比較的専門知識のある方が評価される傾向にあります。 転職を検討される際には、全く新しい分野に挑戦するぐらいの気持ちで、挑戦する必要があるでしょう。 また、マッキンゼーやベインは採用プロセスに英語でのケース面接がありますので、英語力も当然必要になります。 特に 最も採用したい30歳前後のポテンシャル採用は依然として積極的で、30代後半の専門性高い人材も積極的に採用する方針と聞いています。 戦略ファーム以外のコンサルティングファームでも戦略プロジェクトを扱っていますが、比較的専門知識のある方が評価される傾向にあります。 転職を検討される際には、全く新しい分野に挑戦するぐらいの気持ちで、挑戦する必要があるでしょう。 また、マッキンゼーやベインは採用プロセスに英語でのケース面接がありますので、英語力も当然必要になります。 コロナの影響はありますが、積極的な採用姿勢は変わっておらず、コンサルティング業界も人不足ですので、年収は上がりやすくなっています。 また、監査法人と違い、賞与による年収の上がり幅も大きいので、いきなりは難しくても、次年度以降の評価が良ければ、数百万円単位で年収が上がります。 また、既存のプロジェクトから企業の課題を特定し、次のプロジェクトの提案をする等、企業の成長に直接的に貢献できます。 これは、監査の同じような手続きを繰り返すより、やりがいにつながりやすいと思われている方が多いように思います。 また、資格職ですので、また戻りたいと思えば戻れるという前提は会計士の皆さんの特権でもあります。 その中で20代~30代で一定の経験を積んだ時に、全く違う立場でのキャリアは様々な考え方を変える機会になると思います。 特にFAS、戦略、事業再生の領域は、特に忙しい領域ですので、言わずもがなですが、検討する前に心しておきましょう。 *そりゃそうですよね。 一方で、コンサルティング会社の場合は、アサインされるプロジェクトの都合が全てです。 プロジェクトの都合で、今すぐ忙しくなりますし、アサインされないor比較的緩いプロジェクトの場合は、数か月単位で自由に過ごせます。 コンサル業界への転職を成功させる為に いかがでしたか。 FAS(フィナンシャル・アドバイザリー・サービス) 2. 事業再生系のコンサルティング会社 3. 皆さんの転職活動に何かしらお役に立てれば嬉しく思います。 swiper-button-next', prevEl: '. swiper-button-next', prevEl: '.

次の

監査法人のアドバイザリー、コンサルティング業務に興味をもったら|【マイナビ会計士】公認会計士の転職・求人

監査法人 アドバイザリー 激務

Contents• デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー DTFA について まずDTFAの事業領域を大きく2つ簡単にご紹介いたします。 M&Aアドバイザリー 買収スキームの検討、財務デューデリジェンス(財務DD 、企業価値評価(バリュエーション)等を行います。 基本的にはデロイトトーマツコンサルティングも同様の業務を担うようですが、最大売上3,000億円くらいまでのミドルレンジの企業をDTFAは対象としているようです。 また財務DDと企業価値評価でクロスアサインされることは少なく、財務DD担当者はひたすら財務DDを行うイメージです。 多いときで月残業100時間越えとなり、激務な環境なようです。 また財務DD等は監査経験のある日本の会計士が得意とする領域ですので、監査未経験のUSCPAの方については入社難易度は極めて高いです。 事業再生アドバイザリー 経営改善計画策定だけではなく営業、生産、物流支援といった実行まで行い、売上及び利益向上を図っていきます。 またそれに加えて、お客さんの将来の経営を担うミドルマネジメントの育成も行うようです。 なお、2018年6月から「地域産業振興支援室」という組織が誕生し、日本の地域の課題解決や地域振興を行っています。 直近では福島県の復興支援が盛んであり、コンサルタントは福島県に常駐しながら、地場の企業の事業支援を行っているようです。 競合他社 DTFAは「FAS系コンサル」というジャンルのコンサルティング会社であり、同業他社はBig4の以下企業となります。 ・PwCアドバイザリー ・EYトランザクション・アドバイザリー・サービス ・KPMG FAS この中でも事業規模が一番大きいのはDTFAとなります。 DTFA1日選考会について 会社の事業紹介から始まり、その後一次面接、二次面接を経て内定まで行われる中途採用イベントなります。 当日のスケジュール 09:00~09:15 受付 09:15~09:55 説明会 10:00~ 一次面接 14:30~ 二次面接(17:40終了目安) 一次面接をパスした方のみが二次面接に進むことができます。 当日の参加者 合計で19名ほどが参加していました。 たまたま近くの参加者と話をしましたが、 戦略コンサルのベイン&カンパニーの人がいました。 (笑) やはり戦略コンサルは課題解決の絵を描くだけなので、自分で顧客の実行支援まで行いたく転職を検討しているとのことです。 一次面接について 面接官と1対1の面接で所要時間は30分間でした。 1度に4組の面接が行われますので、1番開始が遅い場合、2時間ほど待つことになります。 自分は不幸にも1番遅い組で12時から面接開始でしたので、外に出てマクドで時間を潰しました。 面接では以下質問が聞かれました。 ・他はどのような業界を見ているのか。 ・なぜFAS系コンサルなのか。 ・DTFAでどのようなポジションに興味があるのか。 ・パワーポイントは業務上良く使うのか。 ・財務分析等の経験はあるのか。 ・経営のフレームワーク等は勉強しているのか。 今まで中途採用の面接を受けてきましたが、 「ポテンシャルではなく即戦力になるのか」を見られている感じでした。 コンサル未経験で29歳という私ですが、相当キャッチアップする必要があるともアドバイスを受けました。 何となくですが、不合格だなという感覚でした。 一次面接の結果 面接終了後、10分ほど控室で待った後、人事担当者から呼ばれました。 『本日の1日選考会は以上となります。 本日はどうもありがとうございました』 とのことでした。 (笑) FAS系コンサルは、監査経験有の日本の公認会計士や、戦略&総合コンサル経験者等がボリュームゾーンであり、その他事業会社出身も一部採用している感じですので、未経験の30前後の場合は中々ハードルは高いなと感じました。 USCPA取得者の方はFAS系コンサルも転職先候補として考えられているかと思いますが、ここに未経験で入るのは難しいので、一度監査法人の会計監査や財務会計アドバイザリー、別のコンサルファームで経験を積んでから挑戦するのが良いかと思いました。 (財務DD希望の方は監査経験は絶対あった方がいいと思います) 現場からは以上です。

次の