コロナ なんて読む。 コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

「コロナ禍」ってなんて読む?読み方と意味を調べてみたら…|筋肉カメレオン

コロナ なんて読む

コロナ禍ってなんて読む? ネットで「コロナ禍」の読み方というのが話題になっていました。 コロナ鍋、と書いている人がいて、まぁ似てますけどちょっと違いますね。 コロナ禍の禍というのは「か」と読みます。 つまり「ころなか」が正解です。 禍、というのは辞書で調べると 「 よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 」 とあります。 ちなみに「まがまがしい」という言葉はみなさんもどこかで耳にするかと思いますが、漢字では「禍々しい」と書きます。 ことわざである「災い転じて福となす」とありますが、あれは実は 禍を転じて福と為す が正解のようです。 これは自分も知りませんでした。 例えば東日本大震災のような出来事は、禍より「災」のほうを使いますよね。 「禍」と「災」にはどういった使い分けをするのでしょうか? 少し調べてみると、こういった話がありました。 「災」 は自然発生的に生まれた災害のことを、その一方で 「禍」 は人為的な災害のことを指す言葉、という使い分けです。 地震などは「災」ですが、今回のコロナウイルスは人から人へ伝染するということで、人為的という意味です。 (人為的なウイルスという意味ではないです) うーん、なるほど。 「コロナ渦」は誤記か新語か その一方で、現在は「コロナ渦」と表記する人もいるそうです。 渦と禍は似ていますけど、これも「渦中」という言葉もありますので、「ころなか」と読むことができますね。 大手新聞社も使っている言葉で「コロナが渦巻いている世の中」ということで、これが誤記なのか、新語なのか、なんともよくわからないですが。 しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

次の

コロナ禍ってなんて読む?「禍」と「災」の違いや、新語「コロナ渦」の話│アヤノ.メ

コロナ なんて読む

厚生労働省より新型コロナに罹患した患者さんの後遺症についての調査を行うという発表がありました。 新型コロナは一般的にどれくらいの期間をかけて回復するのでしょうか。 そしてでは、持病や年齢によってばらつきはあるものの、軽症では約2週間、中等症・重症では約3~6週間くらいで回復していくとも言われていました。 しかし、では、診断後14から21日までに元の健康状態に戻った人は軽症患者の64%と入院(中等症以上)患者の39%であったとされ、中国で言われていたよりも回復には時間がかかるようです。 どうやら新型コロナ患者では一定の割合で完全には回復せず、症状が続くことも分かってきました。 新型コロナでも後遺症がみられることがある? 新型コロナから回復された方を外来でフォローアップしていると、ときどき慢性症状に悩まされている患者さんがいらっしゃいます。 「体がだるい」「胸が痛い」「息苦しい」「動悸がする」などといった症状を訴えられる患者さんが多い印象です。 しかし、検査を行っても特に異常は見られず、新型コロナ後のいわゆる「コロナ後症候群(post-COVID-19 syndrome)」ではないかと仮診断し経過観察を行っていました。 そんな中、2月下旬から3月にかけて大規模な流行がみられたが出ました。 急性期と亜急性期~慢性期の新型コロナ患者の症状の頻度(doi:10. 2020. 12603)日本語は筆者 これによると、新型コロナから回復した後(発症から平均2ヶ月後)も87. これは私の外来での実感と一致します。 その他、関節痛、胸痛、咳、嗅覚障害、目や口の乾燥、鼻炎、結膜充血、味覚障害、頭痛、痰、食欲不振、ノドの痛み、めまい、筋肉痛、下痢など様々な症状がみられるようです。 4割の人が生活の質が低下していると答えており、新型コロナから回復した後も苦しんでいる方が多いことが分かります。 コロナに罹るだけでもぴえんなのに、後遺症まであるなんて、ぴえん超えてぱおんです。 ただし、この報告はイタリアの1施設からの報告であり、すでに症状がなくなっている人よりも、なんらかの症状が残っていて長く外来に通院し続ける理由のある人の方が多く研究に参加しているために、後遺症の頻度が多く見積もられている可能性があります。 加えて、どれくらいの期間こうした症状が続くのかも明らかではありません(例えばライム病やデング熱では慢性症状が数ヶ月~数年くらい続くことがあります)。 また研究参加人数も143人と少ないため、より大規模な研究の結果が待たれるところです。 半数以上が退院1ヶ月後も呼吸機能が戻らない この他にも新型コロナから回復した後も後遺症が残っている事例が報告されています。 では、新型コロナウイルス感染症で入院していた患者57人が退院した1ヶ月後も、半分以上が呼吸機能に何らかの異常が残っているとされます。 呼吸機能に関する後遺症はこれ以外にも多く出ており、特に重症であった患者さんでは、退院1ヶ月時点で肺機能低下がみられる頻度が高いようです。 この報告は重症度の高い症例が多いため「新型コロナになったら半分が呼吸機能が戻らない」というわけではなく、「重症例では半数以上に退院1ヶ月後も呼吸機能の後遺症がみられる」ということかと思います。 1割の患者で嗅覚・味覚異常が戻らない 嗅覚・味覚異常は2020年3月以降に注目され始めた新型コロナに特徴的な症状ですが、この嗅覚・味覚異常も回復後少なくともしばらくの間続くようです。 では、発症から 4 週間後の時点で 48. 7%の患者が嗅覚・味覚異常が完全に回復し、40. 7%が完全には良くなっていないものの改善しており、10. 6%は嗅覚・味覚異常が続いているまたは悪化していると回答しました。 つまり1割の患者では1ヶ月後も嗅覚・味覚異常が続いているということです。 ちなみに私は鼻茸があるため10年以上嗅覚がありません。 だからどうということはないんですが。 回復後に脱毛がみられる患者も この他にも筆者は多彩な症状を訴えられる新型コロナから回復した患者さんを経験しています。 中には「毛が薄くなってきた」と訴えられる患者さんもいらっしゃいます。 まだ論文化はされていないようですが、海外でのいくつかの記事ではすでに紹介されているようです。 脱毛はエボラ出血熱やSFTS(重症熱性血小板減少症候群)などの感染症の後遺症としてみられることがありますが、新型コロナでも稀にみられるようです。 新型コロナの後遺症を防ぐためには新型コロナに罹らないことが一番 新型コロナは感染したときだけでなく、回復した後も私たちを悩ませる恐ろしい感染症です。 新型コロナの後遺症を患わないためには、新型コロナに罹らないことが一番です。 東京都をはじめ都市部では感染者が増加していますが、「手洗い」「咳エチケット」「屋内でのマスク着用」「3密を避ける」といった感染対策を今一度徹底しましょう。 羽海野チカ先生作 手洗い啓発ポスター.

次の

へずまりゅうコロナ感染、逮捕直前の動画でも「異変」が 知事も怒らせた迷惑系ユーチューバーの「行状」: J

コロナ なんて読む

落語家の笑福亭鶴瓶(68)が12日放送のニッポン放送「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(日曜後4・00)に出演。 新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)を悼んだ。 鶴瓶は「こんなコロナで死ぬなんて最低やで。 絶対死んだらあかん。 死んだら終わりやもん。 どないかして生き延びて、みんなにおもろいこと提供していかなあかん。 笑えるような世の中にしないとね」と無念さをにじませた。 志村さんとは、テレビ朝日系の正月恒例特番「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」などで共演。 同番組については「もう一回やりたいわ」と切実な思いを口にした。 「ザ・ドリフターズ」で志村さんと共に活躍した加藤茶(77)には「絶対に死なんといてほしい」と電話で伝えたことも明かし「寿命はしゃーないけど、そんなことで死なんといてやと。 俺も頑張るし、加藤さんもそうやでと。 あんな人たちが1人ずつ死んでいくのは、つらーてしゃーない」としみじみ話していた。

次の