千葉県野田市。 千葉県野田市の銀行/信金/ATM一覧

野田市

千葉県野田市

概要 [ ] 古くは江戸川の河岸を中心に水運で発展した。 鉄道開通後は駅を中心にののとして住宅開発が進む。 (東武アーバンパークライン)「」周辺はの創業地であり、本社を置くとしても知られる。 ここから毎日、全国にが出荷されている。 豪商のお屋敷や醤油蔵など「野田市の醸造関連遺産」として数多く現存している。 「野田市からの富士」に選定されている。 野田という地名の由来は諸説あり、有力な説に「野田右馬助という武将が館を構えたことに由来する」というものがあるが、「野田の地名を取って野田右馬助を名乗った」とする説も存在するため定かではない。 地理 [ ] 千葉県最北端の市であり、が通る。 であるから約40キロメートルの距離である。 のから30 - 40キロメートル圏内である。 におけるに含まれ、部への通勤率は13. のほぼ中央に位置しており、市の中心部は、市の東を、西を、南をによって、三方を河川に囲まれている。 利根川を挟んで対岸が、江戸川をはさんで対岸がである。 河川 [ ] D (平成15年) 野田市と旧は合併したが、互いに異なったを持ち、違った発展を遂げている。 そのため、ここでは野田市と旧関宿町を別々に分けて説明する。 野田市 [ ] 先史・古代・中世 野田は以前の記録に乏しいが、小規模なが点在しており、古くから開かれていたであることがわかる。 古代の遺跡としては野田、などが残っており、中規模のがあったとみられている。 の遺跡としては、で活躍したの居城や、の重臣・野田右馬助の居城があったと伝えられている。 ただし遺構は発見されていない。 また尾崎には、の有力なだったの城館と伝えられる、比較的規模の大きい跡も残っている。 木野崎には、のの城館跡が残っており、の派遣した軍との戦いがあったと伝えられている。 「」および「」も参照 の入府後には、(18年)にの居城がに築かれ、のちに堤台に移ったと伝えられている。 これらの遺構やはある程度残っているものの、記録が少ないため中世の情報はわからないことが多い。 野田は江戸時代に入るとやや記録が増える。 これは、大消費地となった江戸に出荷する醤油産業が興り、恵まれたを利用して、の一大地として栄えていったためとされる。 陸上交通として、が通されたため、・中里宿などの宿場も興った。 近代以後• (明治22年)• 野田町・清水村・上花輪村・中野台村・堤台村・桜台村の飛地・今上村の飛地が合併してが置かれる。 大殿井村・目吹村・鶴奉村(明治7年、鶴嶋新田と奉目新田が合併)・柳沢新田・宮崎新田・中根新田・横内村・花井新田の飛地が合併してが置かれる。 山崎村(明治初期、亀山新田を編入)・今上村・桜台村・花井新田・堤根新田・宮崎新田の飛地・清水村の飛地・上花輪村の飛び地が合併してが置かれる。 谷津村・吉春村・蕃昌新田・五木村・五木新田・岩名村・座生新田・尾崎村の飛地が合併してが置かれる。 東金野井村・中里村・船形村・尾崎村が合併してが置かれる• 木野崎村・三ツ堀村・瀬戸村・二ツ塚村・上三ケ尾村・西三ケ尾村・下三ケ尾村・大青田村の一部(の北側)が合併してが置かれる。 (明治28年)• 梅郷村のうち江戸川右岸(今上の一部)を埼玉県北葛飾郡旭村に編入。 旭村が埼玉県中葛飾郡金杉村大字金杉の飛地を編入し大字金杉を設置。 (明治32年) - 川間村が茨城県猿島郡中川村の一部(利根川以南)を編入し大字小山・筵内・長谷を設置。 (大正6年) - 高梨家・茂木家など在郷醤油醸造家が合同して設立されていた野田醤油醸造組合が株式会社となる。 (大正10年) - が勃発。 全国から労働運動家が来訪。 (大正12年) - が起こる。 ウィキソースに の原文があります。 (昭和25年) - 野田町・旭村・梅郷村・七福村が合併し、 野田市となる。 (昭和26年) - 川間村の一部を野田市に編入する。 1951年(昭和26年)七福地区に大字七光台を設置。 ウィキソースに の原文があります。 (昭和32年) - 川間村・福田村を合併。 (昭和36年) - 関宿町との境界を変更する。 (昭和40年) - 川間地区に日の出町を設置。 (昭和40年) - 野田校舎(現在の野田キャンパス)が竣工。 (昭和46年) - 野田地区に中野台鹿島町を設置。 (昭和48年) - 野田地区に上花輪新町を設置。 (昭和53年) - 七福地区に春日町・五木新町を設置。 (昭和55年) - 七福地区にを設置。 (昭和57年) - 造成完了。 (昭和58年) - 南部地区にを設置。 (昭和63年) - 七福地区に大字谷吉を設置。 (平成元年) - 南部地区に大字山崎梅の台を設置。 (平成7年) - 川間地区に大字尾崎台を設置。 梅郷地区に花井一丁目を設置。 (平成11年) - 関宿町との境界を変更する• (平成14年) - 南部地区に一丁目・みずき二丁目・みずき三丁目・みずき四丁目を設置。 ウィキソースに の原文があります。 (平成15年) - を編入合併し、現在の野田市となる。 (平成18年)• 9月 - 野田地区に清水公園東一丁目・清水公園東二丁目を設置。 10月 - 野田地区に桜の里一丁目・桜の里二丁目・桜の里三丁目を設置。 以降、国道16号沿線に工場や物流施設が多数移転し、を通勤路線として東京の化が進む。 しかし、以降現象の影響を受け、青年男子層が進学・就職を機会に市外に流出、高齢化の進展を見ている。 近年が市南部(旧)地区に開発を進めているや、の開業により東京都心へのアクセスが早くなった事から、人口は再び増加に転じている。 旧関宿町 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2007年6月) の回想録によるととの間に特筆すべき差がないとされているが、茨城県南西部や埼玉県南東部とともにを構成していたためか、中・高年齢者には(千葉県・埼玉県の他地域など)と(茨城県など)が混合したような方言の話者が多い。 この場合、も茨城弁ほどでないにせよ曖昧化・崩壊が見られ、とはほど遠い。 同様の方言は、隣接する流山市や埼玉県吉川市・三郷市などでも聞かれ()、北へ行くほど東京式アクセントとの乖離が大きい傾向がある。 野田市や隣接する流山市・茨城県南西部などで話される言葉で他の地域ではあまり通じない言葉を以下に記す。 うら(標準語での(うしろ)の意。 ) 人口 [ ] 平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、1. 23%減の153,583人であり、増減率は千葉県下54市町村中18位、60行政区域中24位。 野田市と全国の年齢別人口分布(2005年) 野田市の年齢・男女別人口分布(2005年) 野田市消防本部 国の機関• 国土交通省• 野田自動車検査登録事務所• 関東地方整備局江戸川河川事務所(本部)• 国土交通省利根川上流河川事務所目吹出張所• 厚生労働省• 松戸公共職業安定所野田出張所「ハローワークのだ」 県の機関• 千葉県野田健康福祉センター(野田保健所)• 東葛飾地域整備センター野田出張所• 市の主要施設 市独自の防犯対策にも力を入れていて、全国初の市営交番「まめばん」を南部地区に開設した。 さらに(平成21年)には北部地区に2つ目のまめばんが開設された。 野田市役所• 野田市立図書館• 野田市文化会館• 野田市総合公園• 野田市関宿総合公園• (旧関宿町役場庁舎)• 北コミュニティセンター• 南コミュニティセンター• 野田市市民会館(国の)• 野田市文化センター 立法 [ ] 市議会 [ ] 2009年9月29日、野田市議会において案が可決された。 これは、市発注のを受注した業者に対して、市が定めた最低賃金以上を労働者に支払うよう義務づけるものであり、全国初の条例となる。 低価格競争による賃金低下が指摘される中、一定額の賃金を確保することで労働者の質の低下を防ぎ、業務の質を確保するのが狙いである。 定数:28名• 任期:2018年(平成30年)5月31日 - 2022年(令和4年)5月30日• 議長:鶴岡潔(政清会、4期)• 野田市選挙区• 定数:2名• 国政 [ ]• 選挙区:• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照 議員名 党派名 当選回数 備考 4 選挙区• 選挙区:に属する。 ナンバープレート [ ] (平成9年)に習志野自動車検査登録事務所より分割される形で野田自動車検査登録事務所が業務を開始し「野田」が生まれた。 野田ナンバー管轄区域:、、、、野田市(このうち、柏市と我孫子市にはである「柏ナンバー」が与えられる)。 経済 [ ] 産業 [ ] 農業• 全国有数のの生産地• 千葉県内最大のの作付面積 農業協同組合• (JAちば東葛)• 工業 醤油業界最大手の株式会社と白醤油部門では業界最大手の株式会社があるため、国内3分の1程度のシェアで生産する日本最大の醤油生産地。 南部工業団地内にある、新野田は、総出力794万kVA((平成18年)現在)であり世界最大級の変電所として(平成11年)にに認定された。 工業団地• 野田工業団地(主な企業 大黒ヂーゼル工業所、坂自動車など)• 南部工業団地(主な企業 、、、日鉄ステンレス鋼管、トオカツフーズ、梅郷電子など)• 北部工業団地(主な企業 、など)• 中里工業団地(主な企業 、 パスコ 、など)• 関宿はやま工業団地(主な企業 物流、セキノ興産など)• 泉船形工業団地(主な企業 、ロジパートナーズなど) 本社・本店を置く企業 [ ] ホワイト餃子本店 事業所がある主な企業 [ ]• (野田工場)• (野田事業所、旧ミヤチテクノス)• (千葉工場、千葉配送センター)• 食品(野田工場、研究本部、東東京支店)• (野田第1PDセンター、イオン北関東RDCセンター、野田第2PDセンター)• (新野田変電所)• (千葉工場)• (東京会場)• (旧雪印乳業野田工場)• (総合技術研究所、七光台工場) 商業施設 [ ]• 野田ショッピングセンター・ノア - (元年)開店。 「もりのゆうえんち」を併設。 (、、、等)• みずきショッピングセンター(、、、他全13店舗)• (、、、他多数店舗あり)• イオンタウン野田七光台(、、七光台温泉、、、他多数店舗あり)• 桜の里ショッピングセンター(、)• ステーションモール七光台(スーパー、、等)• 野田店(まで野田店が同じ場所で営業していた。 その後更地となり、に同じのザ・プライスが新規建設された。 野田船形ショッピングセンター(、、) 他に市内には、野田地域()があるほか、旧日光街道沿い、周辺に商店が集中する。 宿泊施設 [ ]• ホテルグランボワ(旧野田東武ホテル)• 野田(2020年8月開業予定) ゴルフ場 [ ]• 野田市パブリックゴルフ場(ひばりコース・けやきコース)• 千葉カントリークラブ(野田コース・川間コース・梅郷コース)1954年 - 日本初の株主正会員制ゴルフクラブ・初の林間コース• 紫カントリークラブ(すみれコース・あやめコース)1961年 -• クリアビューゴルフクラブ• この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 住民の自治会加入率が非常に高く、市が発行する広報誌(市報)の配布やごみの収集などは自治会を通じて行われる。 野田市報のほとんどが朝刊に織り込まれて配布されている。 (平成19年)付けで、野田市報の発行が1000号になった。 特集として今までの市報や市報の移り変わりなどを掲載した。 合併によって誕生した、などが合併のモデルケースとしてによって全国に紹介された。 時代に緊急経済対策とした実施されたの交付開始が、他4市町村と共に全国2番目であった。 ((平成11年):、2月1日:、、千葉県野田市、、) (平成21年)、野田市初の男性が誕生した。 西武台千葉高等学校 近代以前の教育 江戸時代、野田(旧野田町地域 は天領や旗本の知行地で野田には支配者としての武士階級の者が住むことはほとんどなかった。 したがって江戸時代の教育を支えた藩校といった教育機関もなく、幕末を別にすれば寺子屋といったものもあまりなかったとみられる。 著名な学者を生んだとか学者が住んだというような歴史もなくごく平凡な農村地域であった。 江戸時代の旧野田町地域は、教育が進んだ地域ではなく、読み書きができたのは村役人や僧侶、医者、浪人など限られていたとみられる。 幕末には全国の傾向と同じく野田にも庶民に教える寺子屋が多くできたが、その大半は僧侶や医者が教えるもので、何を教えたのかについては不詳であるものの、わかっているものでは基本的な読み書きやそろばん算術など、女子には裁縫などを教えていたものとみられる。 それに対して関宿地域は関宿藩の領地で武士も住み、武士の子弟の教育のため藩校も開かれ、それを教えるために学者も招かれていた。 関宿では旧野田地域とは違い、武士ばかりではなく優秀であれば百姓町民も学ぶことができたようである。 明治5年明治政府は学校制度の整備を始め、全国を8大学区256中学区53760小学校区にわけそれぞれに小学校を設けることにした。 野田では明治6年の愛光小学校(これはすぐに野田小学校と改名し、さらに大口寄付者の名により茂木小学校と改名する)が開校するなど明治5年から8年にかけて小学校が次々と開校していった。 しかし初期の教育制度は未整備で学校制度は様々な試行錯誤を重ねていく。 近代の教育 学校教育先進都市でもあり、全国に先駆け「土曜日対策」としてサタデースクール、オープンサタデークラブなどを開始した。 また、マイステップ(算数、数学)など独自の副教本の作成や少人数授業、導入などさまざまなを行っている。 2014年にはサタデースクールにかわり、県内唯一となる隔週の「土曜授業」が開始された。 上記以外にに力をいれ、中学2年生には野田市統一で3日間の職場体験学習を行っている。 受け入れ先は野田市内外で300を越え、学校別に見ても大規模なところでは100近くにもなる。 中学1年生で職場見学を行っているところも多い。 また小学6年生はキャリア教育の一環として職場見学を行っているところもある。 大学 は事務局を東京理科大学理工学部川村幸夫研究室内に置く。 野田キャンパス• (主に運動用のグラウンドのみ)2014年に太陽光発電施設となった。 専修学校• 専門学校野田鎌田学園• 正心実業専門学校 高等学校• (とが統合)• 宮崎幼稚園 特別支援学校• 千葉県立野田特別支援学校 電話番号の市外局番 [ ] 野田市のは全域で「04」である。 元は我孫子市、柏市、流山市、野田市を対象とした市外局番は0471であったが、市内局番の不足に伴い、(平成14年)よりこれまでの「0471」の市外局番のうち、「71」を市内局番にまわし、市外局番を「04」に変更した。 桁を2つずらした理由には、市内局番の初めを「1」から始めてはいけない決まりによるもので、桁ずれによる市外局番2桁化はこれが初例となった。 などの「042-9」(その前は「0429」)、千葉県などの「0470」のうち市内局番の先頭が9の地域の市外局番も「04」に変更されており、これらの市外局番04地域に電話をかける場合は04を最初に回すことになる。 ただし、天気予報は従来と同じく「0471-177」である。 現在も電話番号の部分が「0471」のままの等も多く残っている。 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] 南栗橋車両管区七光台支所 市内を走る鉄道は東武野田線の1路線のみ。 都心へ鉄道でアクセスするには野田線と接続する各路線の駅を経由する形となる。 かつてはが敷設されていた。 野田線は衛星都市間をつなぐ環状の路線であること、単線運行区間が存在することに加えて、市内では快速運転を一切行っておらず、都心から30キロメートル圏の自治体としては都心への所要時間が比較的長い。 これに対して、東京直結鉄道(後述)の誘致に向けた活動を行っているが、実現のめどは立っていない。 また、が常磐線の輸送改善や新線建設の促進を働きかけている。 市の中心駅:野田市駅• 市役所最寄り駅:愛宕駅• (アーバンパークライン)• - - - - - また、南部地区では隣のにあるを利用する客も多い。 (旧七光台検修区、の) 計画された路線• かつては、から野田市駅を経由してまで延伸される計画があった。 また、併せてからまで延伸される計画もあったがどちらも白紙となった。 埼玉県久喜市から関宿町までの間に計画された路線。 計画中の路線• (構想) (平成12年)のにおいて、8号線()のから先の延伸区間が野田市とされ、目標年次((平成27年))までに整備着手することが適当である路線に位置付けられた。 経路は豊洲 - 東陽町 - 住吉 - 押上 - 四ツ木 - 亀有 - 野田市を計画している。 しかし、延伸構想は具体化されておらず、他の関係各市の自治体からは市民に対しての公式発表はされていない。 市は早期事業化のために、八潮 - 野田市間を先行的に整備し、八潮でと相互乗り入れすることを目指している。 この場合、八潮から草加市、を通り、越谷市で武蔵野線のと接続し、吉川市、松伏町を経由して野田市駅に至るルート(9駅設定:延長18. 2キロメートル)を計画している。 路線バス [ ] 下総利根大橋 高速道路 [ ] 市内に高速道路は通っていないが、の()、及びの(同)を利用すれば、5~10分程で野田市街へ向かう事が可能である。 有料道路 [ ] 2020年の下総利根大橋有料道路をもって、市内の有料道路すべてが無料化となった。 ((昭和52年)10月1日から(平成19年)9月30日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2007年10月1日より無料開放となった。 ((平成2年)1月11日から(令和2年)1月10日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2020年1月11日より無料解放もなった。 一般国道 [ ]• 主要地方道• 一般県道• 自転車道• 橋梁 [ ]• (利根川、結城野田線)• (利根川、岩井関宿野田線)• (利根川、つくば野田線)• 野田橋(江戸川、越谷野田線)• 宝珠花橋(江戸川、次木杉戸線) 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 国土交通省関東地方整備局が募集したに、市内4ヶ所が「野田市からの富士」1景として選定されており、と髙梨氏庭園などはに選定されている。 名所・旧跡 [ ] 「」も参照 国・県指定および国一覧。 番号 指定・登録 類別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 備考 1 国指定 重要文化財(建造物) 旧花野井家住宅 野田市清水馬作902 野田市 昭和44年6月20日 1棟 2 記念物(史跡) 山崎貝塚 野田市山崎貝塚町26-4他 野田市他 昭和51年12月23日 3 記念物(名勝) 髙梨氏庭園 野田市上花輪字西光野486-3他 髙梨本家 平成13年8月13日 4 県指定 有形文化財(建造物) 愛宕神社本殿 野田市野田725-1他 愛宕神社 平成16年3月30日 1棟 5 有形文化財(絵画) 絹本著色釈迦涅槃図 野田市下三ケ尾545 普門寺 昭和57年4月6日 1幅 6 有形文化財(彫刻) 木造伝親鸞聖人坐像 野田市中戸379 常敬寺 昭和52年3月8日 1躯 7 木造阿弥陀如来坐像 野田市中戸379 常敬寺 昭和53年2月28日 1躯 8 有形文化財(工芸品) 刺繍釈迦涅槃図 野田市東金野井1192-1 清泰寺 平成21年3月17日 1幅 9 無形民俗文化財 野田のばっぱか獅子舞 八幡神社 バッパカ獅子舞保存会 昭和41年12月2日 10 三ツ堀のどろ祭 香取神社 三ツ堀どろ祭保存会 昭和61年2月28日 11 野田のつく舞 野田市野田 野田津久舞保存会 平成5年2月26日 12 記念物(史跡) 野田貝塚 野田市清水551-1 株式会社千秋社 昭和11年7月17日 13 国登録 登録有形文化財(建造物) 野田市市民会館(旧茂木佐平治家住宅)主屋ほか 野田市野田370 野田市 平成9年5月7日 2件 14 興風会館 野田市野田250 興風会 平成9年7月15日 1件 15 桝田家住宅主屋ほか 野田市今上字浅間下2574-1 個人 平成19年10月2日・平成25年6月21日 5件 16 戸邉五右衞門家住宅主屋ほか 野田市中野台字川岸699-3他 個人 平成19年10月2日 4件 17 懐石あた后店舗(旧茂木房五郎家住宅居住棟)ほか 野田市野田字愛宕裏740-2 有限会社小室 平成20年3月7日 2件 18 茂木本家住宅主屋ほか 野田市清水字谷端1087-1他 個人 平成22年1月15日 13件 19 茂木七郎右衛門家住宅主屋ほか 野田市野田339 個人 平成30年3月27日 18件 20 登録記念物(名勝地) 野田市市民会館(旧茂木佐平治氏)庭園 野田市野田字谷端370-8 野田市 平成20年7月28日 1件 著名な出身者 [ ] この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 政治・経済• (戦国武将)• (実業家)• (大名・)• (実業家・(すしざんまい経営)社長)• (・関宿藩)• 大名、徳川幕府閣僚• (元市長、元)• (、終戦時)• (、鈴木貫太郎の弟)• (実業家)• (実業家・元野田醤油(現)社長 、野田市名誉市民 )• (鎌倉武将)• (戦国武将) 学者• 考古学者• 1907-1991 歴史学者・興風図書館長• (研究者・) 映画・映像• (、母の疎開先で戦後1945年-1952年に在住)• (映画監督、テレビ演出家)• (映像作家) 文学・美術• (俳人、俳論家)• (、)(俳人・日野百草)• (俳人・野田市立中央小学校)• (・野田市立第二中学校)• (、)• () 漫画家• (漫画家)(小説家・)• (、)• 漫画家、アニメーション作家• (漫画家)• 漫画家)• (漫画家)• (、漫画家) 医師• (いびき研究所)• () 芸能人 落語家・芸人• (落語家)• 五代目()• (落語家)• (・)(・) 音楽• (歌手)• (ミュージシャン)• ( )(ミュージシャン)• (女優)• (元)()• ()(ラッパー)• ()(ミュージシャン)• (上々颱風)(ミュージシャン)• (ジャズ・サックス奏者) アイドル• (元)()• (元、グラビアアイドル)• (元)• (グラビアアイドル)• () 俳優• (俳優)• (俳優)• (女優)• () アナウンサー• フリーアナウンサー• () スポーツ• (元)• (元)• (・走高跳日本歴代3位)• (競輪選手)• (忍術家)• 新体操選手 その他• (すしざんまい社長)• (囲碁棋士)• (将棋棋士、13世名人)• (侠客) 野田市にゆかりのある人物 [ ]• プロゴルファーのは、小学生の頃から野田市内のゴルフ練習場に通って練習をしていた。 野田市を舞台・ロケ地とした作品 [ ]• 童謡『』は野田市が発祥地といわれており、東武野田線の清水公園駅の前に「かごめ唄の碑」が建立されている。 関東運輸局千葉運輸支局野田自動車検査登録事務所が建設される以前に、当該用地が(平成3年)度の「」のロケ撮影地として利用された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• japanchapter. alliance-healthycities. com. 2019年5月18日閲覧。 粟長醤油. 2015年2月26日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 29. 1989年3月26日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 29. 1989年7月9日• 千葉県. 2019年6月14日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月14日閲覧。 佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、120 - 125ページ• 佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、157 - 162ページ• 2018年8月7日閲覧。 茨城県道路公社 2019年11月29日. 2019年12月14日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月20日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月20日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 31. 1988年7月11日 告示 [ ].

次の

野球用品は体験型野球専門店 BA

千葉県野田市

概要 [ ] 古くは江戸川の河岸を中心に水運で発展した。 鉄道開通後は駅を中心にののとして住宅開発が進む。 (東武アーバンパークライン)「」周辺はの創業地であり、本社を置くとしても知られる。 ここから毎日、全国にが出荷されている。 豪商のお屋敷や醤油蔵など「野田市の醸造関連遺産」として数多く現存している。 「野田市からの富士」に選定されている。 野田という地名の由来は諸説あり、有力な説に「野田右馬助という武将が館を構えたことに由来する」というものがあるが、「野田の地名を取って野田右馬助を名乗った」とする説も存在するため定かではない。 地理 [ ] 千葉県最北端の市であり、が通る。 であるから約40キロメートルの距離である。 のから30 - 40キロメートル圏内である。 におけるに含まれ、部への通勤率は13. のほぼ中央に位置しており、市の中心部は、市の東を、西を、南をによって、三方を河川に囲まれている。 利根川を挟んで対岸が、江戸川をはさんで対岸がである。 河川 [ ] D (平成15年) 野田市と旧は合併したが、互いに異なったを持ち、違った発展を遂げている。 そのため、ここでは野田市と旧関宿町を別々に分けて説明する。 野田市 [ ] 先史・古代・中世 野田は以前の記録に乏しいが、小規模なが点在しており、古くから開かれていたであることがわかる。 古代の遺跡としては野田、などが残っており、中規模のがあったとみられている。 の遺跡としては、で活躍したの居城や、の重臣・野田右馬助の居城があったと伝えられている。 ただし遺構は発見されていない。 また尾崎には、の有力なだったの城館と伝えられる、比較的規模の大きい跡も残っている。 木野崎には、のの城館跡が残っており、の派遣した軍との戦いがあったと伝えられている。 「」および「」も参照 の入府後には、(18年)にの居城がに築かれ、のちに堤台に移ったと伝えられている。 これらの遺構やはある程度残っているものの、記録が少ないため中世の情報はわからないことが多い。 野田は江戸時代に入るとやや記録が増える。 これは、大消費地となった江戸に出荷する醤油産業が興り、恵まれたを利用して、の一大地として栄えていったためとされる。 陸上交通として、が通されたため、・中里宿などの宿場も興った。 近代以後• (明治22年)• 野田町・清水村・上花輪村・中野台村・堤台村・桜台村の飛地・今上村の飛地が合併してが置かれる。 大殿井村・目吹村・鶴奉村(明治7年、鶴嶋新田と奉目新田が合併)・柳沢新田・宮崎新田・中根新田・横内村・花井新田の飛地が合併してが置かれる。 山崎村(明治初期、亀山新田を編入)・今上村・桜台村・花井新田・堤根新田・宮崎新田の飛地・清水村の飛地・上花輪村の飛び地が合併してが置かれる。 谷津村・吉春村・蕃昌新田・五木村・五木新田・岩名村・座生新田・尾崎村の飛地が合併してが置かれる。 東金野井村・中里村・船形村・尾崎村が合併してが置かれる• 木野崎村・三ツ堀村・瀬戸村・二ツ塚村・上三ケ尾村・西三ケ尾村・下三ケ尾村・大青田村の一部(の北側)が合併してが置かれる。 (明治28年)• 梅郷村のうち江戸川右岸(今上の一部)を埼玉県北葛飾郡旭村に編入。 旭村が埼玉県中葛飾郡金杉村大字金杉の飛地を編入し大字金杉を設置。 (明治32年) - 川間村が茨城県猿島郡中川村の一部(利根川以南)を編入し大字小山・筵内・長谷を設置。 (大正6年) - 高梨家・茂木家など在郷醤油醸造家が合同して設立されていた野田醤油醸造組合が株式会社となる。 (大正10年) - が勃発。 全国から労働運動家が来訪。 (大正12年) - が起こる。 ウィキソースに の原文があります。 (昭和25年) - 野田町・旭村・梅郷村・七福村が合併し、 野田市となる。 (昭和26年) - 川間村の一部を野田市に編入する。 1951年(昭和26年)七福地区に大字七光台を設置。 ウィキソースに の原文があります。 (昭和32年) - 川間村・福田村を合併。 (昭和36年) - 関宿町との境界を変更する。 (昭和40年) - 川間地区に日の出町を設置。 (昭和40年) - 野田校舎(現在の野田キャンパス)が竣工。 (昭和46年) - 野田地区に中野台鹿島町を設置。 (昭和48年) - 野田地区に上花輪新町を設置。 (昭和53年) - 七福地区に春日町・五木新町を設置。 (昭和55年) - 七福地区にを設置。 (昭和57年) - 造成完了。 (昭和58年) - 南部地区にを設置。 (昭和63年) - 七福地区に大字谷吉を設置。 (平成元年) - 南部地区に大字山崎梅の台を設置。 (平成7年) - 川間地区に大字尾崎台を設置。 梅郷地区に花井一丁目を設置。 (平成11年) - 関宿町との境界を変更する• (平成14年) - 南部地区に一丁目・みずき二丁目・みずき三丁目・みずき四丁目を設置。 ウィキソースに の原文があります。 (平成15年) - を編入合併し、現在の野田市となる。 (平成18年)• 9月 - 野田地区に清水公園東一丁目・清水公園東二丁目を設置。 10月 - 野田地区に桜の里一丁目・桜の里二丁目・桜の里三丁目を設置。 以降、国道16号沿線に工場や物流施設が多数移転し、を通勤路線として東京の化が進む。 しかし、以降現象の影響を受け、青年男子層が進学・就職を機会に市外に流出、高齢化の進展を見ている。 近年が市南部(旧)地区に開発を進めているや、の開業により東京都心へのアクセスが早くなった事から、人口は再び増加に転じている。 旧関宿町 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2007年6月) の回想録によるととの間に特筆すべき差がないとされているが、茨城県南西部や埼玉県南東部とともにを構成していたためか、中・高年齢者には(千葉県・埼玉県の他地域など)と(茨城県など)が混合したような方言の話者が多い。 この場合、も茨城弁ほどでないにせよ曖昧化・崩壊が見られ、とはほど遠い。 同様の方言は、隣接する流山市や埼玉県吉川市・三郷市などでも聞かれ()、北へ行くほど東京式アクセントとの乖離が大きい傾向がある。 野田市や隣接する流山市・茨城県南西部などで話される言葉で他の地域ではあまり通じない言葉を以下に記す。 うら(標準語での(うしろ)の意。 ) 人口 [ ] 平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、1. 23%減の153,583人であり、増減率は千葉県下54市町村中18位、60行政区域中24位。 野田市と全国の年齢別人口分布(2005年) 野田市の年齢・男女別人口分布(2005年) 野田市消防本部 国の機関• 国土交通省• 野田自動車検査登録事務所• 関東地方整備局江戸川河川事務所(本部)• 国土交通省利根川上流河川事務所目吹出張所• 厚生労働省• 松戸公共職業安定所野田出張所「ハローワークのだ」 県の機関• 千葉県野田健康福祉センター(野田保健所)• 東葛飾地域整備センター野田出張所• 市の主要施設 市独自の防犯対策にも力を入れていて、全国初の市営交番「まめばん」を南部地区に開設した。 さらに(平成21年)には北部地区に2つ目のまめばんが開設された。 野田市役所• 野田市立図書館• 野田市文化会館• 野田市総合公園• 野田市関宿総合公園• (旧関宿町役場庁舎)• 北コミュニティセンター• 南コミュニティセンター• 野田市市民会館(国の)• 野田市文化センター 立法 [ ] 市議会 [ ] 2009年9月29日、野田市議会において案が可決された。 これは、市発注のを受注した業者に対して、市が定めた最低賃金以上を労働者に支払うよう義務づけるものであり、全国初の条例となる。 低価格競争による賃金低下が指摘される中、一定額の賃金を確保することで労働者の質の低下を防ぎ、業務の質を確保するのが狙いである。 定数:28名• 任期:2018年(平成30年)5月31日 - 2022年(令和4年)5月30日• 議長:鶴岡潔(政清会、4期)• 野田市選挙区• 定数:2名• 国政 [ ]• 選挙区:• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照 議員名 党派名 当選回数 備考 4 選挙区• 選挙区:に属する。 ナンバープレート [ ] (平成9年)に習志野自動車検査登録事務所より分割される形で野田自動車検査登録事務所が業務を開始し「野田」が生まれた。 野田ナンバー管轄区域:、、、、野田市(このうち、柏市と我孫子市にはである「柏ナンバー」が与えられる)。 経済 [ ] 産業 [ ] 農業• 全国有数のの生産地• 千葉県内最大のの作付面積 農業協同組合• (JAちば東葛)• 工業 醤油業界最大手の株式会社と白醤油部門では業界最大手の株式会社があるため、国内3分の1程度のシェアで生産する日本最大の醤油生産地。 南部工業団地内にある、新野田は、総出力794万kVA((平成18年)現在)であり世界最大級の変電所として(平成11年)にに認定された。 工業団地• 野田工業団地(主な企業 大黒ヂーゼル工業所、坂自動車など)• 南部工業団地(主な企業 、、、日鉄ステンレス鋼管、トオカツフーズ、梅郷電子など)• 北部工業団地(主な企業 、など)• 中里工業団地(主な企業 、 パスコ 、など)• 関宿はやま工業団地(主な企業 物流、セキノ興産など)• 泉船形工業団地(主な企業 、ロジパートナーズなど) 本社・本店を置く企業 [ ] ホワイト餃子本店 事業所がある主な企業 [ ]• (野田工場)• (野田事業所、旧ミヤチテクノス)• (千葉工場、千葉配送センター)• 食品(野田工場、研究本部、東東京支店)• (野田第1PDセンター、イオン北関東RDCセンター、野田第2PDセンター)• (新野田変電所)• (千葉工場)• (東京会場)• (旧雪印乳業野田工場)• (総合技術研究所、七光台工場) 商業施設 [ ]• 野田ショッピングセンター・ノア - (元年)開店。 「もりのゆうえんち」を併設。 (、、、等)• みずきショッピングセンター(、、、他全13店舗)• (、、、他多数店舗あり)• イオンタウン野田七光台(、、七光台温泉、、、他多数店舗あり)• 桜の里ショッピングセンター(、)• ステーションモール七光台(スーパー、、等)• 野田店(まで野田店が同じ場所で営業していた。 その後更地となり、に同じのザ・プライスが新規建設された。 野田船形ショッピングセンター(、、) 他に市内には、野田地域()があるほか、旧日光街道沿い、周辺に商店が集中する。 宿泊施設 [ ]• ホテルグランボワ(旧野田東武ホテル)• 野田(2020年8月開業予定) ゴルフ場 [ ]• 野田市パブリックゴルフ場(ひばりコース・けやきコース)• 千葉カントリークラブ(野田コース・川間コース・梅郷コース)1954年 - 日本初の株主正会員制ゴルフクラブ・初の林間コース• 紫カントリークラブ(すみれコース・あやめコース)1961年 -• クリアビューゴルフクラブ• この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 住民の自治会加入率が非常に高く、市が発行する広報誌(市報)の配布やごみの収集などは自治会を通じて行われる。 野田市報のほとんどが朝刊に織り込まれて配布されている。 (平成19年)付けで、野田市報の発行が1000号になった。 特集として今までの市報や市報の移り変わりなどを掲載した。 合併によって誕生した、などが合併のモデルケースとしてによって全国に紹介された。 時代に緊急経済対策とした実施されたの交付開始が、他4市町村と共に全国2番目であった。 ((平成11年):、2月1日:、、千葉県野田市、、) (平成21年)、野田市初の男性が誕生した。 西武台千葉高等学校 近代以前の教育 江戸時代、野田(旧野田町地域 は天領や旗本の知行地で野田には支配者としての武士階級の者が住むことはほとんどなかった。 したがって江戸時代の教育を支えた藩校といった教育機関もなく、幕末を別にすれば寺子屋といったものもあまりなかったとみられる。 著名な学者を生んだとか学者が住んだというような歴史もなくごく平凡な農村地域であった。 江戸時代の旧野田町地域は、教育が進んだ地域ではなく、読み書きができたのは村役人や僧侶、医者、浪人など限られていたとみられる。 幕末には全国の傾向と同じく野田にも庶民に教える寺子屋が多くできたが、その大半は僧侶や医者が教えるもので、何を教えたのかについては不詳であるものの、わかっているものでは基本的な読み書きやそろばん算術など、女子には裁縫などを教えていたものとみられる。 それに対して関宿地域は関宿藩の領地で武士も住み、武士の子弟の教育のため藩校も開かれ、それを教えるために学者も招かれていた。 関宿では旧野田地域とは違い、武士ばかりではなく優秀であれば百姓町民も学ぶことができたようである。 明治5年明治政府は学校制度の整備を始め、全国を8大学区256中学区53760小学校区にわけそれぞれに小学校を設けることにした。 野田では明治6年の愛光小学校(これはすぐに野田小学校と改名し、さらに大口寄付者の名により茂木小学校と改名する)が開校するなど明治5年から8年にかけて小学校が次々と開校していった。 しかし初期の教育制度は未整備で学校制度は様々な試行錯誤を重ねていく。 近代の教育 学校教育先進都市でもあり、全国に先駆け「土曜日対策」としてサタデースクール、オープンサタデークラブなどを開始した。 また、マイステップ(算数、数学)など独自の副教本の作成や少人数授業、導入などさまざまなを行っている。 2014年にはサタデースクールにかわり、県内唯一となる隔週の「土曜授業」が開始された。 上記以外にに力をいれ、中学2年生には野田市統一で3日間の職場体験学習を行っている。 受け入れ先は野田市内外で300を越え、学校別に見ても大規模なところでは100近くにもなる。 中学1年生で職場見学を行っているところも多い。 また小学6年生はキャリア教育の一環として職場見学を行っているところもある。 大学 は事務局を東京理科大学理工学部川村幸夫研究室内に置く。 野田キャンパス• (主に運動用のグラウンドのみ)2014年に太陽光発電施設となった。 専修学校• 専門学校野田鎌田学園• 正心実業専門学校 高等学校• (とが統合)• 宮崎幼稚園 特別支援学校• 千葉県立野田特別支援学校 電話番号の市外局番 [ ] 野田市のは全域で「04」である。 元は我孫子市、柏市、流山市、野田市を対象とした市外局番は0471であったが、市内局番の不足に伴い、(平成14年)よりこれまでの「0471」の市外局番のうち、「71」を市内局番にまわし、市外局番を「04」に変更した。 桁を2つずらした理由には、市内局番の初めを「1」から始めてはいけない決まりによるもので、桁ずれによる市外局番2桁化はこれが初例となった。 などの「042-9」(その前は「0429」)、千葉県などの「0470」のうち市内局番の先頭が9の地域の市外局番も「04」に変更されており、これらの市外局番04地域に電話をかける場合は04を最初に回すことになる。 ただし、天気予報は従来と同じく「0471-177」である。 現在も電話番号の部分が「0471」のままの等も多く残っている。 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] 南栗橋車両管区七光台支所 市内を走る鉄道は東武野田線の1路線のみ。 都心へ鉄道でアクセスするには野田線と接続する各路線の駅を経由する形となる。 かつてはが敷設されていた。 野田線は衛星都市間をつなぐ環状の路線であること、単線運行区間が存在することに加えて、市内では快速運転を一切行っておらず、都心から30キロメートル圏の自治体としては都心への所要時間が比較的長い。 これに対して、東京直結鉄道(後述)の誘致に向けた活動を行っているが、実現のめどは立っていない。 また、が常磐線の輸送改善や新線建設の促進を働きかけている。 市の中心駅:野田市駅• 市役所最寄り駅:愛宕駅• (アーバンパークライン)• - - - - - また、南部地区では隣のにあるを利用する客も多い。 (旧七光台検修区、の) 計画された路線• かつては、から野田市駅を経由してまで延伸される計画があった。 また、併せてからまで延伸される計画もあったがどちらも白紙となった。 埼玉県久喜市から関宿町までの間に計画された路線。 計画中の路線• (構想) (平成12年)のにおいて、8号線()のから先の延伸区間が野田市とされ、目標年次((平成27年))までに整備着手することが適当である路線に位置付けられた。 経路は豊洲 - 東陽町 - 住吉 - 押上 - 四ツ木 - 亀有 - 野田市を計画している。 しかし、延伸構想は具体化されておらず、他の関係各市の自治体からは市民に対しての公式発表はされていない。 市は早期事業化のために、八潮 - 野田市間を先行的に整備し、八潮でと相互乗り入れすることを目指している。 この場合、八潮から草加市、を通り、越谷市で武蔵野線のと接続し、吉川市、松伏町を経由して野田市駅に至るルート(9駅設定:延長18. 2キロメートル)を計画している。 路線バス [ ] 下総利根大橋 高速道路 [ ] 市内に高速道路は通っていないが、の()、及びの(同)を利用すれば、5~10分程で野田市街へ向かう事が可能である。 有料道路 [ ] 2020年の下総利根大橋有料道路をもって、市内の有料道路すべてが無料化となった。 ((昭和52年)10月1日から(平成19年)9月30日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2007年10月1日より無料開放となった。 ((平成2年)1月11日から(令和2年)1月10日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2020年1月11日より無料解放もなった。 一般国道 [ ]• 主要地方道• 一般県道• 自転車道• 橋梁 [ ]• (利根川、結城野田線)• (利根川、岩井関宿野田線)• (利根川、つくば野田線)• 野田橋(江戸川、越谷野田線)• 宝珠花橋(江戸川、次木杉戸線) 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 国土交通省関東地方整備局が募集したに、市内4ヶ所が「野田市からの富士」1景として選定されており、と髙梨氏庭園などはに選定されている。 名所・旧跡 [ ] 「」も参照 国・県指定および国一覧。 番号 指定・登録 類別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 備考 1 国指定 重要文化財(建造物) 旧花野井家住宅 野田市清水馬作902 野田市 昭和44年6月20日 1棟 2 記念物(史跡) 山崎貝塚 野田市山崎貝塚町26-4他 野田市他 昭和51年12月23日 3 記念物(名勝) 髙梨氏庭園 野田市上花輪字西光野486-3他 髙梨本家 平成13年8月13日 4 県指定 有形文化財(建造物) 愛宕神社本殿 野田市野田725-1他 愛宕神社 平成16年3月30日 1棟 5 有形文化財(絵画) 絹本著色釈迦涅槃図 野田市下三ケ尾545 普門寺 昭和57年4月6日 1幅 6 有形文化財(彫刻) 木造伝親鸞聖人坐像 野田市中戸379 常敬寺 昭和52年3月8日 1躯 7 木造阿弥陀如来坐像 野田市中戸379 常敬寺 昭和53年2月28日 1躯 8 有形文化財(工芸品) 刺繍釈迦涅槃図 野田市東金野井1192-1 清泰寺 平成21年3月17日 1幅 9 無形民俗文化財 野田のばっぱか獅子舞 八幡神社 バッパカ獅子舞保存会 昭和41年12月2日 10 三ツ堀のどろ祭 香取神社 三ツ堀どろ祭保存会 昭和61年2月28日 11 野田のつく舞 野田市野田 野田津久舞保存会 平成5年2月26日 12 記念物(史跡) 野田貝塚 野田市清水551-1 株式会社千秋社 昭和11年7月17日 13 国登録 登録有形文化財(建造物) 野田市市民会館(旧茂木佐平治家住宅)主屋ほか 野田市野田370 野田市 平成9年5月7日 2件 14 興風会館 野田市野田250 興風会 平成9年7月15日 1件 15 桝田家住宅主屋ほか 野田市今上字浅間下2574-1 個人 平成19年10月2日・平成25年6月21日 5件 16 戸邉五右衞門家住宅主屋ほか 野田市中野台字川岸699-3他 個人 平成19年10月2日 4件 17 懐石あた后店舗(旧茂木房五郎家住宅居住棟)ほか 野田市野田字愛宕裏740-2 有限会社小室 平成20年3月7日 2件 18 茂木本家住宅主屋ほか 野田市清水字谷端1087-1他 個人 平成22年1月15日 13件 19 茂木七郎右衛門家住宅主屋ほか 野田市野田339 個人 平成30年3月27日 18件 20 登録記念物(名勝地) 野田市市民会館(旧茂木佐平治氏)庭園 野田市野田字谷端370-8 野田市 平成20年7月28日 1件 著名な出身者 [ ] この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 政治・経済• (戦国武将)• (実業家)• (大名・)• (実業家・(すしざんまい経営)社長)• (・関宿藩)• 大名、徳川幕府閣僚• (元市長、元)• (、終戦時)• (、鈴木貫太郎の弟)• (実業家)• (実業家・元野田醤油(現)社長 、野田市名誉市民 )• (鎌倉武将)• (戦国武将) 学者• 考古学者• 1907-1991 歴史学者・興風図書館長• (研究者・) 映画・映像• (、母の疎開先で戦後1945年-1952年に在住)• (映画監督、テレビ演出家)• (映像作家) 文学・美術• (俳人、俳論家)• (、)(俳人・日野百草)• (俳人・野田市立中央小学校)• (・野田市立第二中学校)• (、)• () 漫画家• (漫画家)(小説家・)• (、)• 漫画家、アニメーション作家• (漫画家)• 漫画家)• (漫画家)• (、漫画家) 医師• (いびき研究所)• () 芸能人 落語家・芸人• (落語家)• 五代目()• (落語家)• (・)(・) 音楽• (歌手)• (ミュージシャン)• ( )(ミュージシャン)• (女優)• (元)()• ()(ラッパー)• ()(ミュージシャン)• (上々颱風)(ミュージシャン)• (ジャズ・サックス奏者) アイドル• (元)()• (元、グラビアアイドル)• (元)• (グラビアアイドル)• () 俳優• (俳優)• (俳優)• (女優)• () アナウンサー• フリーアナウンサー• () スポーツ• (元)• (元)• (・走高跳日本歴代3位)• (競輪選手)• (忍術家)• 新体操選手 その他• (すしざんまい社長)• (囲碁棋士)• (将棋棋士、13世名人)• (侠客) 野田市にゆかりのある人物 [ ]• プロゴルファーのは、小学生の頃から野田市内のゴルフ練習場に通って練習をしていた。 野田市を舞台・ロケ地とした作品 [ ]• 童謡『』は野田市が発祥地といわれており、東武野田線の清水公園駅の前に「かごめ唄の碑」が建立されている。 関東運輸局千葉運輸支局野田自動車検査登録事務所が建設される以前に、当該用地が(平成3年)度の「」のロケ撮影地として利用された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• japanchapter. alliance-healthycities. com. 2019年5月18日閲覧。 粟長醤油. 2015年2月26日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 29. 1989年3月26日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 29. 1989年7月9日• 千葉県. 2019年6月14日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月14日閲覧。 佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、120 - 125ページ• 佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、157 - 162ページ• 2018年8月7日閲覧。 茨城県道路公社 2019年11月29日. 2019年12月14日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月20日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月20日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 31. 1988年7月11日 告示 [ ].

次の

ハローワーク野田

千葉県野田市

概要 [ ] 古くは江戸川の河岸を中心に水運で発展した。 鉄道開通後は駅を中心にののとして住宅開発が進む。 (東武アーバンパークライン)「」周辺はの創業地であり、本社を置くとしても知られる。 ここから毎日、全国にが出荷されている。 豪商のお屋敷や醤油蔵など「野田市の醸造関連遺産」として数多く現存している。 「野田市からの富士」に選定されている。 野田という地名の由来は諸説あり、有力な説に「野田右馬助という武将が館を構えたことに由来する」というものがあるが、「野田の地名を取って野田右馬助を名乗った」とする説も存在するため定かではない。 地理 [ ] 千葉県最北端の市であり、が通る。 であるから約40キロメートルの距離である。 のから30 - 40キロメートル圏内である。 におけるに含まれ、部への通勤率は13. のほぼ中央に位置しており、市の中心部は、市の東を、西を、南をによって、三方を河川に囲まれている。 利根川を挟んで対岸が、江戸川をはさんで対岸がである。 河川 [ ] D (平成15年) 野田市と旧は合併したが、互いに異なったを持ち、違った発展を遂げている。 そのため、ここでは野田市と旧関宿町を別々に分けて説明する。 野田市 [ ] 先史・古代・中世 野田は以前の記録に乏しいが、小規模なが点在しており、古くから開かれていたであることがわかる。 古代の遺跡としては野田、などが残っており、中規模のがあったとみられている。 の遺跡としては、で活躍したの居城や、の重臣・野田右馬助の居城があったと伝えられている。 ただし遺構は発見されていない。 また尾崎には、の有力なだったの城館と伝えられる、比較的規模の大きい跡も残っている。 木野崎には、のの城館跡が残っており、の派遣した軍との戦いがあったと伝えられている。 「」および「」も参照 の入府後には、(18年)にの居城がに築かれ、のちに堤台に移ったと伝えられている。 これらの遺構やはある程度残っているものの、記録が少ないため中世の情報はわからないことが多い。 野田は江戸時代に入るとやや記録が増える。 これは、大消費地となった江戸に出荷する醤油産業が興り、恵まれたを利用して、の一大地として栄えていったためとされる。 陸上交通として、が通されたため、・中里宿などの宿場も興った。 近代以後• (明治22年)• 野田町・清水村・上花輪村・中野台村・堤台村・桜台村の飛地・今上村の飛地が合併してが置かれる。 大殿井村・目吹村・鶴奉村(明治7年、鶴嶋新田と奉目新田が合併)・柳沢新田・宮崎新田・中根新田・横内村・花井新田の飛地が合併してが置かれる。 山崎村(明治初期、亀山新田を編入)・今上村・桜台村・花井新田・堤根新田・宮崎新田の飛地・清水村の飛地・上花輪村の飛び地が合併してが置かれる。 谷津村・吉春村・蕃昌新田・五木村・五木新田・岩名村・座生新田・尾崎村の飛地が合併してが置かれる。 東金野井村・中里村・船形村・尾崎村が合併してが置かれる• 木野崎村・三ツ堀村・瀬戸村・二ツ塚村・上三ケ尾村・西三ケ尾村・下三ケ尾村・大青田村の一部(の北側)が合併してが置かれる。 (明治28年)• 梅郷村のうち江戸川右岸(今上の一部)を埼玉県北葛飾郡旭村に編入。 旭村が埼玉県中葛飾郡金杉村大字金杉の飛地を編入し大字金杉を設置。 (明治32年) - 川間村が茨城県猿島郡中川村の一部(利根川以南)を編入し大字小山・筵内・長谷を設置。 (大正6年) - 高梨家・茂木家など在郷醤油醸造家が合同して設立されていた野田醤油醸造組合が株式会社となる。 (大正10年) - が勃発。 全国から労働運動家が来訪。 (大正12年) - が起こる。 ウィキソースに の原文があります。 (昭和25年) - 野田町・旭村・梅郷村・七福村が合併し、 野田市となる。 (昭和26年) - 川間村の一部を野田市に編入する。 1951年(昭和26年)七福地区に大字七光台を設置。 ウィキソースに の原文があります。 (昭和32年) - 川間村・福田村を合併。 (昭和36年) - 関宿町との境界を変更する。 (昭和40年) - 川間地区に日の出町を設置。 (昭和40年) - 野田校舎(現在の野田キャンパス)が竣工。 (昭和46年) - 野田地区に中野台鹿島町を設置。 (昭和48年) - 野田地区に上花輪新町を設置。 (昭和53年) - 七福地区に春日町・五木新町を設置。 (昭和55年) - 七福地区にを設置。 (昭和57年) - 造成完了。 (昭和58年) - 南部地区にを設置。 (昭和63年) - 七福地区に大字谷吉を設置。 (平成元年) - 南部地区に大字山崎梅の台を設置。 (平成7年) - 川間地区に大字尾崎台を設置。 梅郷地区に花井一丁目を設置。 (平成11年) - 関宿町との境界を変更する• (平成14年) - 南部地区に一丁目・みずき二丁目・みずき三丁目・みずき四丁目を設置。 ウィキソースに の原文があります。 (平成15年) - を編入合併し、現在の野田市となる。 (平成18年)• 9月 - 野田地区に清水公園東一丁目・清水公園東二丁目を設置。 10月 - 野田地区に桜の里一丁目・桜の里二丁目・桜の里三丁目を設置。 以降、国道16号沿線に工場や物流施設が多数移転し、を通勤路線として東京の化が進む。 しかし、以降現象の影響を受け、青年男子層が進学・就職を機会に市外に流出、高齢化の進展を見ている。 近年が市南部(旧)地区に開発を進めているや、の開業により東京都心へのアクセスが早くなった事から、人口は再び増加に転じている。 旧関宿町 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2007年6月) の回想録によるととの間に特筆すべき差がないとされているが、茨城県南西部や埼玉県南東部とともにを構成していたためか、中・高年齢者には(千葉県・埼玉県の他地域など)と(茨城県など)が混合したような方言の話者が多い。 この場合、も茨城弁ほどでないにせよ曖昧化・崩壊が見られ、とはほど遠い。 同様の方言は、隣接する流山市や埼玉県吉川市・三郷市などでも聞かれ()、北へ行くほど東京式アクセントとの乖離が大きい傾向がある。 野田市や隣接する流山市・茨城県南西部などで話される言葉で他の地域ではあまり通じない言葉を以下に記す。 うら(標準語での(うしろ)の意。 ) 人口 [ ] 平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、1. 23%減の153,583人であり、増減率は千葉県下54市町村中18位、60行政区域中24位。 野田市と全国の年齢別人口分布(2005年) 野田市の年齢・男女別人口分布(2005年) 野田市消防本部 国の機関• 国土交通省• 野田自動車検査登録事務所• 関東地方整備局江戸川河川事務所(本部)• 国土交通省利根川上流河川事務所目吹出張所• 厚生労働省• 松戸公共職業安定所野田出張所「ハローワークのだ」 県の機関• 千葉県野田健康福祉センター(野田保健所)• 東葛飾地域整備センター野田出張所• 市の主要施設 市独自の防犯対策にも力を入れていて、全国初の市営交番「まめばん」を南部地区に開設した。 さらに(平成21年)には北部地区に2つ目のまめばんが開設された。 野田市役所• 野田市立図書館• 野田市文化会館• 野田市総合公園• 野田市関宿総合公園• (旧関宿町役場庁舎)• 北コミュニティセンター• 南コミュニティセンター• 野田市市民会館(国の)• 野田市文化センター 立法 [ ] 市議会 [ ] 2009年9月29日、野田市議会において案が可決された。 これは、市発注のを受注した業者に対して、市が定めた最低賃金以上を労働者に支払うよう義務づけるものであり、全国初の条例となる。 低価格競争による賃金低下が指摘される中、一定額の賃金を確保することで労働者の質の低下を防ぎ、業務の質を確保するのが狙いである。 定数:28名• 任期:2018年(平成30年)5月31日 - 2022年(令和4年)5月30日• 議長:鶴岡潔(政清会、4期)• 野田市選挙区• 定数:2名• 国政 [ ]• 選挙区:• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照 議員名 党派名 当選回数 備考 4 選挙区• 選挙区:に属する。 ナンバープレート [ ] (平成9年)に習志野自動車検査登録事務所より分割される形で野田自動車検査登録事務所が業務を開始し「野田」が生まれた。 野田ナンバー管轄区域:、、、、野田市(このうち、柏市と我孫子市にはである「柏ナンバー」が与えられる)。 経済 [ ] 産業 [ ] 農業• 全国有数のの生産地• 千葉県内最大のの作付面積 農業協同組合• (JAちば東葛)• 工業 醤油業界最大手の株式会社と白醤油部門では業界最大手の株式会社があるため、国内3分の1程度のシェアで生産する日本最大の醤油生産地。 南部工業団地内にある、新野田は、総出力794万kVA((平成18年)現在)であり世界最大級の変電所として(平成11年)にに認定された。 工業団地• 野田工業団地(主な企業 大黒ヂーゼル工業所、坂自動車など)• 南部工業団地(主な企業 、、、日鉄ステンレス鋼管、トオカツフーズ、梅郷電子など)• 北部工業団地(主な企業 、など)• 中里工業団地(主な企業 、 パスコ 、など)• 関宿はやま工業団地(主な企業 物流、セキノ興産など)• 泉船形工業団地(主な企業 、ロジパートナーズなど) 本社・本店を置く企業 [ ] ホワイト餃子本店 事業所がある主な企業 [ ]• (野田工場)• (野田事業所、旧ミヤチテクノス)• (千葉工場、千葉配送センター)• 食品(野田工場、研究本部、東東京支店)• (野田第1PDセンター、イオン北関東RDCセンター、野田第2PDセンター)• (新野田変電所)• (千葉工場)• (東京会場)• (旧雪印乳業野田工場)• (総合技術研究所、七光台工場) 商業施設 [ ]• 野田ショッピングセンター・ノア - (元年)開店。 「もりのゆうえんち」を併設。 (、、、等)• みずきショッピングセンター(、、、他全13店舗)• (、、、他多数店舗あり)• イオンタウン野田七光台(、、七光台温泉、、、他多数店舗あり)• 桜の里ショッピングセンター(、)• ステーションモール七光台(スーパー、、等)• 野田店(まで野田店が同じ場所で営業していた。 その後更地となり、に同じのザ・プライスが新規建設された。 野田船形ショッピングセンター(、、) 他に市内には、野田地域()があるほか、旧日光街道沿い、周辺に商店が集中する。 宿泊施設 [ ]• ホテルグランボワ(旧野田東武ホテル)• 野田(2020年8月開業予定) ゴルフ場 [ ]• 野田市パブリックゴルフ場(ひばりコース・けやきコース)• 千葉カントリークラブ(野田コース・川間コース・梅郷コース)1954年 - 日本初の株主正会員制ゴルフクラブ・初の林間コース• 紫カントリークラブ(すみれコース・あやめコース)1961年 -• クリアビューゴルフクラブ• この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 住民の自治会加入率が非常に高く、市が発行する広報誌(市報)の配布やごみの収集などは自治会を通じて行われる。 野田市報のほとんどが朝刊に織り込まれて配布されている。 (平成19年)付けで、野田市報の発行が1000号になった。 特集として今までの市報や市報の移り変わりなどを掲載した。 合併によって誕生した、などが合併のモデルケースとしてによって全国に紹介された。 時代に緊急経済対策とした実施されたの交付開始が、他4市町村と共に全国2番目であった。 ((平成11年):、2月1日:、、千葉県野田市、、) (平成21年)、野田市初の男性が誕生した。 西武台千葉高等学校 近代以前の教育 江戸時代、野田(旧野田町地域 は天領や旗本の知行地で野田には支配者としての武士階級の者が住むことはほとんどなかった。 したがって江戸時代の教育を支えた藩校といった教育機関もなく、幕末を別にすれば寺子屋といったものもあまりなかったとみられる。 著名な学者を生んだとか学者が住んだというような歴史もなくごく平凡な農村地域であった。 江戸時代の旧野田町地域は、教育が進んだ地域ではなく、読み書きができたのは村役人や僧侶、医者、浪人など限られていたとみられる。 幕末には全国の傾向と同じく野田にも庶民に教える寺子屋が多くできたが、その大半は僧侶や医者が教えるもので、何を教えたのかについては不詳であるものの、わかっているものでは基本的な読み書きやそろばん算術など、女子には裁縫などを教えていたものとみられる。 それに対して関宿地域は関宿藩の領地で武士も住み、武士の子弟の教育のため藩校も開かれ、それを教えるために学者も招かれていた。 関宿では旧野田地域とは違い、武士ばかりではなく優秀であれば百姓町民も学ぶことができたようである。 明治5年明治政府は学校制度の整備を始め、全国を8大学区256中学区53760小学校区にわけそれぞれに小学校を設けることにした。 野田では明治6年の愛光小学校(これはすぐに野田小学校と改名し、さらに大口寄付者の名により茂木小学校と改名する)が開校するなど明治5年から8年にかけて小学校が次々と開校していった。 しかし初期の教育制度は未整備で学校制度は様々な試行錯誤を重ねていく。 近代の教育 学校教育先進都市でもあり、全国に先駆け「土曜日対策」としてサタデースクール、オープンサタデークラブなどを開始した。 また、マイステップ(算数、数学)など独自の副教本の作成や少人数授業、導入などさまざまなを行っている。 2014年にはサタデースクールにかわり、県内唯一となる隔週の「土曜授業」が開始された。 上記以外にに力をいれ、中学2年生には野田市統一で3日間の職場体験学習を行っている。 受け入れ先は野田市内外で300を越え、学校別に見ても大規模なところでは100近くにもなる。 中学1年生で職場見学を行っているところも多い。 また小学6年生はキャリア教育の一環として職場見学を行っているところもある。 大学 は事務局を東京理科大学理工学部川村幸夫研究室内に置く。 野田キャンパス• (主に運動用のグラウンドのみ)2014年に太陽光発電施設となった。 専修学校• 専門学校野田鎌田学園• 正心実業専門学校 高等学校• (とが統合)• 宮崎幼稚園 特別支援学校• 千葉県立野田特別支援学校 電話番号の市外局番 [ ] 野田市のは全域で「04」である。 元は我孫子市、柏市、流山市、野田市を対象とした市外局番は0471であったが、市内局番の不足に伴い、(平成14年)よりこれまでの「0471」の市外局番のうち、「71」を市内局番にまわし、市外局番を「04」に変更した。 桁を2つずらした理由には、市内局番の初めを「1」から始めてはいけない決まりによるもので、桁ずれによる市外局番2桁化はこれが初例となった。 などの「042-9」(その前は「0429」)、千葉県などの「0470」のうち市内局番の先頭が9の地域の市外局番も「04」に変更されており、これらの市外局番04地域に電話をかける場合は04を最初に回すことになる。 ただし、天気予報は従来と同じく「0471-177」である。 現在も電話番号の部分が「0471」のままの等も多く残っている。 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] 南栗橋車両管区七光台支所 市内を走る鉄道は東武野田線の1路線のみ。 都心へ鉄道でアクセスするには野田線と接続する各路線の駅を経由する形となる。 かつてはが敷設されていた。 野田線は衛星都市間をつなぐ環状の路線であること、単線運行区間が存在することに加えて、市内では快速運転を一切行っておらず、都心から30キロメートル圏の自治体としては都心への所要時間が比較的長い。 これに対して、東京直結鉄道(後述)の誘致に向けた活動を行っているが、実現のめどは立っていない。 また、が常磐線の輸送改善や新線建設の促進を働きかけている。 市の中心駅:野田市駅• 市役所最寄り駅:愛宕駅• (アーバンパークライン)• - - - - - また、南部地区では隣のにあるを利用する客も多い。 (旧七光台検修区、の) 計画された路線• かつては、から野田市駅を経由してまで延伸される計画があった。 また、併せてからまで延伸される計画もあったがどちらも白紙となった。 埼玉県久喜市から関宿町までの間に計画された路線。 計画中の路線• (構想) (平成12年)のにおいて、8号線()のから先の延伸区間が野田市とされ、目標年次((平成27年))までに整備着手することが適当である路線に位置付けられた。 経路は豊洲 - 東陽町 - 住吉 - 押上 - 四ツ木 - 亀有 - 野田市を計画している。 しかし、延伸構想は具体化されておらず、他の関係各市の自治体からは市民に対しての公式発表はされていない。 市は早期事業化のために、八潮 - 野田市間を先行的に整備し、八潮でと相互乗り入れすることを目指している。 この場合、八潮から草加市、を通り、越谷市で武蔵野線のと接続し、吉川市、松伏町を経由して野田市駅に至るルート(9駅設定:延長18. 2キロメートル)を計画している。 路線バス [ ] 下総利根大橋 高速道路 [ ] 市内に高速道路は通っていないが、の()、及びの(同)を利用すれば、5~10分程で野田市街へ向かう事が可能である。 有料道路 [ ] 2020年の下総利根大橋有料道路をもって、市内の有料道路すべてが無料化となった。 ((昭和52年)10月1日から(平成19年)9月30日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2007年10月1日より無料開放となった。 ((平成2年)1月11日から(令和2年)1月10日まで有料だったが、料金徴収期間満了に伴い、2020年1月11日より無料解放もなった。 一般国道 [ ]• 主要地方道• 一般県道• 自転車道• 橋梁 [ ]• (利根川、結城野田線)• (利根川、岩井関宿野田線)• (利根川、つくば野田線)• 野田橋(江戸川、越谷野田線)• 宝珠花橋(江戸川、次木杉戸線) 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 国土交通省関東地方整備局が募集したに、市内4ヶ所が「野田市からの富士」1景として選定されており、と髙梨氏庭園などはに選定されている。 名所・旧跡 [ ] 「」も参照 国・県指定および国一覧。 番号 指定・登録 類別 名称 所在地 所有者または管理者 指定年月日 備考 1 国指定 重要文化財(建造物) 旧花野井家住宅 野田市清水馬作902 野田市 昭和44年6月20日 1棟 2 記念物(史跡) 山崎貝塚 野田市山崎貝塚町26-4他 野田市他 昭和51年12月23日 3 記念物(名勝) 髙梨氏庭園 野田市上花輪字西光野486-3他 髙梨本家 平成13年8月13日 4 県指定 有形文化財(建造物) 愛宕神社本殿 野田市野田725-1他 愛宕神社 平成16年3月30日 1棟 5 有形文化財(絵画) 絹本著色釈迦涅槃図 野田市下三ケ尾545 普門寺 昭和57年4月6日 1幅 6 有形文化財(彫刻) 木造伝親鸞聖人坐像 野田市中戸379 常敬寺 昭和52年3月8日 1躯 7 木造阿弥陀如来坐像 野田市中戸379 常敬寺 昭和53年2月28日 1躯 8 有形文化財(工芸品) 刺繍釈迦涅槃図 野田市東金野井1192-1 清泰寺 平成21年3月17日 1幅 9 無形民俗文化財 野田のばっぱか獅子舞 八幡神社 バッパカ獅子舞保存会 昭和41年12月2日 10 三ツ堀のどろ祭 香取神社 三ツ堀どろ祭保存会 昭和61年2月28日 11 野田のつく舞 野田市野田 野田津久舞保存会 平成5年2月26日 12 記念物(史跡) 野田貝塚 野田市清水551-1 株式会社千秋社 昭和11年7月17日 13 国登録 登録有形文化財(建造物) 野田市市民会館(旧茂木佐平治家住宅)主屋ほか 野田市野田370 野田市 平成9年5月7日 2件 14 興風会館 野田市野田250 興風会 平成9年7月15日 1件 15 桝田家住宅主屋ほか 野田市今上字浅間下2574-1 個人 平成19年10月2日・平成25年6月21日 5件 16 戸邉五右衞門家住宅主屋ほか 野田市中野台字川岸699-3他 個人 平成19年10月2日 4件 17 懐石あた后店舗(旧茂木房五郎家住宅居住棟)ほか 野田市野田字愛宕裏740-2 有限会社小室 平成20年3月7日 2件 18 茂木本家住宅主屋ほか 野田市清水字谷端1087-1他 個人 平成22年1月15日 13件 19 茂木七郎右衛門家住宅主屋ほか 野田市野田339 個人 平成30年3月27日 18件 20 登録記念物(名勝地) 野田市市民会館(旧茂木佐平治氏)庭園 野田市野田字谷端370-8 野田市 平成20年7月28日 1件 著名な出身者 [ ] この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年6月) 政治・経済• (戦国武将)• (実業家)• (大名・)• (実業家・(すしざんまい経営)社長)• (・関宿藩)• 大名、徳川幕府閣僚• (元市長、元)• (、終戦時)• (、鈴木貫太郎の弟)• (実業家)• (実業家・元野田醤油(現)社長 、野田市名誉市民 )• (鎌倉武将)• (戦国武将) 学者• 考古学者• 1907-1991 歴史学者・興風図書館長• (研究者・) 映画・映像• (、母の疎開先で戦後1945年-1952年に在住)• (映画監督、テレビ演出家)• (映像作家) 文学・美術• (俳人、俳論家)• (、)(俳人・日野百草)• (俳人・野田市立中央小学校)• (・野田市立第二中学校)• (、)• () 漫画家• (漫画家)(小説家・)• (、)• 漫画家、アニメーション作家• (漫画家)• 漫画家)• (漫画家)• (、漫画家) 医師• (いびき研究所)• () 芸能人 落語家・芸人• (落語家)• 五代目()• (落語家)• (・)(・) 音楽• (歌手)• (ミュージシャン)• ( )(ミュージシャン)• (女優)• (元)()• ()(ラッパー)• ()(ミュージシャン)• (上々颱風)(ミュージシャン)• (ジャズ・サックス奏者) アイドル• (元)()• (元、グラビアアイドル)• (元)• (グラビアアイドル)• () 俳優• (俳優)• (俳優)• (女優)• () アナウンサー• フリーアナウンサー• () スポーツ• (元)• (元)• (・走高跳日本歴代3位)• (競輪選手)• (忍術家)• 新体操選手 その他• (すしざんまい社長)• (囲碁棋士)• (将棋棋士、13世名人)• (侠客) 野田市にゆかりのある人物 [ ]• プロゴルファーのは、小学生の頃から野田市内のゴルフ練習場に通って練習をしていた。 野田市を舞台・ロケ地とした作品 [ ]• 童謡『』は野田市が発祥地といわれており、東武野田線の清水公園駅の前に「かごめ唄の碑」が建立されている。 関東運輸局千葉運輸支局野田自動車検査登録事務所が建設される以前に、当該用地が(平成3年)度の「」のロケ撮影地として利用された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• japanchapter. alliance-healthycities. com. 2019年5月18日閲覧。 粟長醤油. 2015年2月26日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 29. 1989年3月26日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 29. 1989年7月9日• 千葉県. 2019年6月14日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月14日閲覧。 佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、120 - 125ページ• 佐藤真著『のだしー歴史の中の野田ー』1981年聚海書林、157 - 162ページ• 2018年8月7日閲覧。 茨城県道路公社 2019年11月29日. 2019年12月14日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月20日閲覧。 千葉県. 千葉県. 2019年6月20日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 31. 1988年7月11日 告示 [ ].

次の