吉井 和哉 若い 頃。 吉井和哉の出身(静岡)や身長など。魅力はファンブログの多さ

担任がイエモンの吉井和哉と知り合いだったらしいんだけどさ・・・・・・

吉井 和哉 若い 頃

その先生は嫌われていた 自分が中学3年生の頃の担任は、驚くほどクラスのみんなに嫌われていた。 何故嫌われていたかというと、まず見た目が悪かった。 ハゲてる。 青ひげが目立つ。 申し訳ないが、顔もかなりブサイク。 思春期の中学生には中年でその見た目だと、それだけで嫌われる。 あと生徒に対して厳しかったことも嫌われていた理由。 制服を少しでも着崩していれば呼び出され、遅刻をすれば怒鳴られた。 もちろん、生徒が悪いことなのだが、思春期の中学生だ。 反抗したい年頃の生徒たちは、厳しい教師を嫌わざるを得ない。 でも、自分はその担任が嫌いではなかった。 好きというわけでは無かったけど、そこまで嫌な奴でもないだろうなと思う程度だけれど。 それは、担任が音楽の教師で音楽の話をよくしてくれたからだ。 しょっちゅう音楽の話をする担任 放課後のホームルームでは担任が話をする事が多かった。 音楽の教師だった担任。 音楽の教師というより、体育の教師って見た目だよなとは思ったりしたけど、音楽を心から好きなんだなと思えるような先生だった。 コンサートに行った話とか、最近聴いたCDの話とか、少し難しい音楽理論の話とか。 学校の事や勉強の事には関係ないようか話が多く話も長かったから、クラスのみんなはうざがっていたようだ。 でも、自分は担任の音楽の話を密かに楽しみにしていた。 自分は音楽が大好きだ。 だから、担任のする音楽の話は興味深かった。 中二病で、周りと同じ音楽を聴きたくないと思っていた。 小学校の頃にハマった椎名林檎から始まり、椎名林檎が良いと言った音楽、影響をうけたと言った音楽を掘り下げて聴いていった。 その割にはロッキングオンジャパンを毎月読んだりする中二病だった。 吉井和哉をディスっていた担任 担任はよく、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉と知り合いということを自慢していた。 大学の頃、バイト先が同じで某ハンバーガーショップで一緒に働いていたらしい。 しかし、クラスのみんなは吉井和哉の事をよく知らない。 当時イエモンは活動休止していたし、知っていても名前ぐらいというクラスメイトが多かったと思う。 だから担任の話を聞いても何も響いてないようだったし、退屈に思っていたようだ。 でも自分は吉井和哉を知っていたし、イエモンも大好きだ。 だって、音楽番組で椎名林檎が吉井和哉の音楽がずっと大好きだって言っていたから。 それからTHE YELLOW MONKEYの音楽を自分は聴いていたからだ。 担任と一緒にバイトをしていた時から、吉井和哉は音楽をやっていたらしい。 バイト先では仕事ができる方だったらしいが、音楽は酷いものだったと担任はディスっていた。 ちなみに担任は大学で音楽の勉強をしつつ、趣味でもバンドをやっていたらしい。 本人から誘われて吉井和哉のライブに行ったこともあるらしいが、自分のバンドの方が演奏も上手かったと言っていた。 しかし当時からそれなりに人気があったらしく、いつの間にかバイトも辞めて東京へ行ったので才能はあったんだろうなと語っていた。 自分は担任がそんなこと言っても、まず見た目から吉井和哉に敵わないし、吉井和哉の方が歌上手いだろと思っていた。 素直に褒めないのは、ただの嫉妬だと思っていた。 だって、ディスるわりにはイエモンの曲の話もするし、CDは全部持ってるって言うし、売れてからもライブ行ったって話とか、初めての武道館も活動休止の東京ドームのライブも行ったって話していたし。 もう、大ファンじゃないかと。 授業中にイエモンを歌った担任 中学3年の冬学期。 もう卒業も間近という頃り 自分のクラスでは最後の音楽の授業があった。 授業が終わる15分程前に、担任が少し早いけども卒業する君たちに伝えたい事があると言った。 君たちは若くて、これからやりたいこと、叶えたい夢、目指している 目標がたくさんあるかもしれない。 でも、どれだけ努力しても、全てが上手くはいかないかもしれない。 人生で一番苦しいと思うことや、つらいと思うこと、挫折、失敗、沢山あるかもしれない。 先生もそういう事が沢山あった。 教師の仕事に誇りは持っているけど、本当はミュージシャンになりたかった。 そのために音楽の勉強もして音楽をやる大学に行った。 でも、ミュージシャンにはなれなかった。 それなのに自分の身近に才能があって、自分ほど勉強をしていないのに、プロのミュージシャンになって大成功した吉井和哉がいた。 それが悔しくて、音楽が嫌いになりそうな時もあった。 でも、それでは駄目だと思って他の道を探して教師になれた。 そして、今はやりがいも感じているし、幸せだ。 挫折したり悔しい思いをすることも沢山あるかもしれないけど、思っていた姿とは違う大人になるかもしれないけど、最後はきっと、バラ色の日々か待っているんだよ。 そう言って、ピアノの弾き語りでTHE YELLOW MONKEYのバラ色の日々を歌い始めた。 THE YELLOW MONKEY• J-Pop• provided courtesy of iTunes 一部のクラスメイトには笑いを堪えるように下を向いたり、口を抑えている奴もいた。 突然歌い始めたからね。 気持ちはわからなくはない。 でも、自分は笑わなかった。 笑えなかった。 歌は下手だった。 吉井和哉の方がずっと良い声だし歌も上手い。 でも、 そんな担任の歌は、エモくて、とても素晴らしかった。 ハゲで青ひげでブサイクな担任の顔も、かっこよく見えた。 笑うどころか、感動してしまった。 授業が終わってから「マジウケたんだけど」「ギャグかと思った」と話している奴もいた。 黙れと思った。 お前らがカラオケでカッコつけて歌うORANGE RANGEよりも、お前らがかわいこぶって歌う大塚愛よりも、ずっと魂がこもっていたぞと思った。 でも、そんな奴らのことも含めて担任は生徒達のバラ色の日々を願っているのだとしたら、これ程良い教師はいないのではと思った。 自分も含め、クラスメイト全員がいつか挫けそうになった時に、担任の話や担任の歌ったバラ色の日々を思い出して、頑張ろうと思えたら最高じゃないかと思った。 それから 公立の学校だったし、教師の移動も多かったので、その担任が今はどこで教師をやっているのかも教師を続けているのかも知らない。 でも、どこかで教師をやっているのならば、今も生徒達のバラ色の日々を願っているのかなと思う。 自分も高校、大学を卒業し、社会人になり、それなりに失敗や挫折もした。 自分の思い描いていた姿とは少し違うかもしれないけども、なんだかんだで幸せで、バラ色の日々かなと思う。 2016年、THE YELLOW MONKEYが再結成した。 ライブツアーもやった。 全曲新録のセルフカバーベストも発売する。

次の

イエモンの吉井和哉さんは釣り好き?釣り姿がかっこよすぎると話題に!吉井和哉さんの釣りまとめ!

吉井 和哉 若い 頃

吉井和哉の若い頃が美しすぎる かっこいい最強イケメン画像 90年代を代表するグラムロックバンドとして、 イエモンは不動の人気を誇り、 今でもなお「伝説のバンド」と形容されています。 そんなイエモンの魅力は、 ただ楽曲がセクシーなだけでなく、 ボーカルの吉井和哉さんが、 ガチにイケメンであったことも含まれます。 今、冷静に振り返ってみても、 過去にこんなかっこいいボーカルがいたバンドがあったなんて・・・。 吉井和哉さんは顔だけでなく、 身長も180センチを超えており、 スタイルの良さも評判でした。 顔もスタイルも良いという意味で、 バクチクの櫻井さんと良い勝負ですが、 しなやかさ、セクシーさで言えば、 断然、当時の吉井和哉さんの圧勝だったことでしょう。 歴代の日本のバンドマンの中でも、 ハイドさんなどと並んで最強レベルのイケメンには間違いなしです。 そして、個人的に好きなのは、 年の重ね方ですね。 過去の執着して昔に戻りたがるような感じではなくて、 自分の小じわも受け入れて、自然に歳を重ねてることです。 吉井和哉さんはアラファイブになっても、 無茶なメイクもせずに、顔をいじるわけでもなしに、 等身大の自分で勝負してる点が素晴らしいです! アーティストとしても作詞作曲の才能も発揮し、 プレーヤー以外の道でも活躍されてます。 今後、吉井和哉さんほど完璧なロックボーカルはそうそう出てこないことでしょう・・・。 吉井和哉の元嫁の名前は不明 顔・FB。 加古川や河口湖はいわくつきの噂 吉井和哉さんはデビューと同時の時期に、 一般人の女性と結婚していたことは有名です。 現在は別れてしまいましたが、 その元嫁との間には4人の子供がいます。 その後に娘を想った楽曲を発表したり、 結婚生活の中で感じたことを反映させてました。 その元嫁さんと出会えたことは、 イエモンのその後の進展にとってプラスでした、 しかし、気になるのは、 その元嫁さんが具体的にどのような方なのか? 小麦色の肌をした、当時ではトレンディな方だったようで、 やはり、吉井さんが惚れるクラスの美人さんだったと憶測されてます。 デビュー当時の吉井さんの月給は、 わずか10万円しかなく、 当時の嫁さんはくじけずに支え続けていました。 イエモンが売れた後も長く結婚生活が続き、 2008年頃に離婚するまでに、良き夫婦だったのです。 当時の吉井和哉さんのイクメンぶりはファンに有名で、 その後に離婚して、眞鍋さんと再婚することが考えられないぐらいでした。 離婚する直前には山梨の河口湖を見渡せる豪邸を購入していたそうで、 その豪邸は離婚後に嫁さんにあげたようです。 互いに憎しみ合ってるわけでもなく、 幸せを願い合っているようなので、 その部分でも吉井さんとその方の性格の良さが伺えます。

次の

吉井和哉はハーフ?父親・母親、生い立ちは?実家は北区?静岡?兄弟?

吉井 和哉 若い 頃

吉井和哉さんは中学生時代からバンドを始め、当初はベースを担当していたようです。 しかし、デビット・ボウイへの憧れから、1988年に自身がボーカルとなってバンドを結成。 これがTHE YELLOW MONKEYとなります。 THE YELLOW MONKEYはデビュー当初こそあまりヒット曲に恵まれませんでしたが、1995年にリリースされた「Love Communication」がスマッシュヒット。 その後、「追憶のマーメイド」や「太陽が燃えている」などのヒット作が続き、ブレイクを果たしました。 しかし、THE YELLOW MONKEYは2004年に解散。 その後の吉井和哉さんはソロとして活動し、さまざまなアーティストとのコラボも実現しました。 THE YELLOW MONKEYは2016年に再結成され、現在もシングルのリリースやコンサートの開催などの活躍を行っています。 吉井和哉さんは釣り好き? ロッカーのお休み。 吉井和哉さんが長年趣味としてきたバス釣りは、河口湖畔のボートハウスハワイにて。 その日の最大級サイズを釣り上げた方をHPに載せていました。 これは彼があちらへ家を建てる前、まだ都内から通っていた頃の雄姿です。 — ロックな着物 kimonorock 吉井和哉さんといえば、インドアなイメージを持つ人も多いかもしれません。 しかし、無類の釣り好きということで芸能界では有名なのだそうです。 吉井和哉さんが主にバスフィッシングをされているのだとか。 このバスフィッシングは小学校5年生の時から始めたとのことですので、かなり年季が入っています。 ちなみに、吉井和哉さんのオフィシャルモバイルサイトでは、「私をツアーに釣れてって」というゲームが公開されていたことがあるそうです。 このゲームをクリアすると、オリジナルのデジタルコンテンツのプレゼントもありました。 吉井和哉さんはそれほどバラエティ番組に頻繁に出演することはありませんが、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の芸能人釣り選手権には2度も出演しています。 また、同じく釣り好きのアーティストとして知られる奥田民生さんとともにCSの釣り番組に出演したこともありました。 奥田民生さんと釣り番組に出演した際には、吉井和哉さんは釣り好きのあまり、北海道に別荘を買う願望を口にしていたそうです。 実際に別荘を購入されたのかどうかは不明ですが、釣りのこととなると、まるで子供のようにはしゃぐ吉井和哉さんがかわいいと話題になりました。 吉井和哉さんの釣り好きは音楽にも反映されているようで、2005年にリリースされたソロのアルバム「WHITE ROOM」は、「釣りたての魚をすぐに料理して出す」ような感じで曲を作って録音をしたとその制作過程について表現しています。 吉井和哉さんの釣り画像.

次の