南あわじ市 移住。 兵庫県南あわじ市への移住【メリットやデメリット】|移住マップ

神戸新聞NEXT|淡路|福良移住の若者3人組 会社設立の夢目指し奮闘中

南あわじ市 移住

兵庫県淡路市は、移住や定住に関する質問に人工知能(AI)が答える「チャットボット」サービスを始めた。 無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、淡路市の公式アカウントを友達追加することで利用できる。 定住・移住の促進を図ろうと企画。 民間事業者が提供するサービス「移住・定住エディア」と連携する。 利用者はラインのトーク画面で「空き家バンクは」「転入手続きは」などと質問を入力。 市のマスコットキャラクター「あわ神」が登場し、関連情報や案内サイトなどを紹介する。 自動回答のため365日24時間の利用が可能。 外国語にも対応する。 市担当者は「現在は試験運用のため移住の回答が中心だが、今後はさまざまな情報発信に活用していきたい」と話す。 市まちづくり政策課TEL0799・64・2506 (内田世紀).

次の

南あわじ市・洋風創作うどん「KEKKOI(けっこい)」は美味しいよー😁ランチは総合点高いっす👌

南あわじ市 移住

南あわじ市の空き家に関する補助金制度 南あわじ市空き家改修費補助金 南あわじ市内にある空き家の有効活用と、市内への定住促進を図るため、「南あわじ市空き家バンク制度」に登録された空き家で、賃貸借契約した借主が実施する改修工事費用の一部(1/3、最大30万円)について、補助金を交付します。 また、南あわじ市外から転入者された方には、10万円を加算します。 対象となる空き家• 補助対象者• 補助の対象者は、空き家利用者(空き家を賃借する者に限る)であって、自己が居住するために空き家の改修工事を実施するものが対象です。 ただし、次の各号に掲げる者を除きます。 改修工事の実施について、所有者等の承諾を得ていない者• 南あわじ市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員• 南あわじ市税条例第3条に規定する市税の滞納がある者 対象とする経費• 対象となる空き家を、住宅の機能回復又は設備改善のための改修工事に要する経費が対象です。 補助対象工事費が30万円以上のものに限ります。 ただし、次の各号に掲げる経費を除きます。 外構工事及び附属建物の工事に要する経費• 店舗等併用住宅である場合、店舗等の用に供する部分の工事に要する経費• 浄化槽の設置に係る工事について、南あわじ市合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付要綱(平成17年南あわじ市告示第17号)第7条第2項に規定する交付決定を受けているものに要する経費• 太陽光発電システムの設置に係る工事について、南あわじ市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱(平成24年南あわじ市告示第45号)第7条に規定する承認決定を受けているものに要する経費• 屋根工事について、南あわじ市淡路瓦屋根工事奨励金交付要綱(平成17年南あわじ市告示第150号)第6条第1項に規定する交付決定を受けているものに要する経費• 南あわじ市マイホーム取得事業補助金 南あわじ市では、市外からの転入人口の増加と定住を促進し、市の人口増加を図るために、個人が居住を目的として住宅の建築、購入をする方へ、住宅取得費用の一部を補助します。 補助対象者• 平成28年4月1日以降に南あわじ市に転入し、かつ、転入前3年間において市の住民基本台帳に記録がない個人• 南あわじ市にて住宅を建築又は購入し、その住宅に居住して10年以上定住する方• その住宅の所有者(所有者が複数のときは、代表1人)• その住宅に住む人全員が市町村税を未納でないこと• その住宅に住む人全員が南あわじ市暴力団員排除条例第2条第2号に規定する暴力団員でないこと• 過去にこの補助金を受けたことがないこと 補助対象住宅• 工事請負契約又は売買契約の締結日が平成28年4月1日以降であり、転入日から1年以内であること• 取得日(所有権登記が完了)が、平成28年4月1日以降であり、契約締結日から1年以内であること• (1,000円未満切り捨て) 詳しくは、 にお問い合わせください。 南あわじ市の空き家に関する制度 南あわじ市空き家バンク 南あわじ市空き家バンク制度は、市内にある空き家の売却または賃貸を希望する所有者等からの申し込みを受けて、本市の空き家バンクに登録した空き家情報を、市のホームページや市役所の窓口等で公開していくことで、移住、定住等を目的として空き家を利用する希望者に対して、情報を提供していくものです。 空き家バンクの登録は、無料です。 詳しくは、 にお問い合わせください。

次の

南あわじ市・洋風創作うどん「KEKKOI(けっこい)」は美味しいよー😁ランチは総合点高いっす👌

南あわじ市 移住

南あわじ市の空き家に関する補助金制度 南あわじ市空き家改修費補助金 南あわじ市内にある空き家の有効活用と、市内への定住促進を図るため、「南あわじ市空き家バンク制度」に登録された空き家で、賃貸借契約した借主が実施する改修工事費用の一部(1/3、最大30万円)について、補助金を交付します。 また、南あわじ市外から転入者された方には、10万円を加算します。 対象となる空き家• 補助対象者• 補助の対象者は、空き家利用者(空き家を賃借する者に限る)であって、自己が居住するために空き家の改修工事を実施するものが対象です。 ただし、次の各号に掲げる者を除きます。 改修工事の実施について、所有者等の承諾を得ていない者• 南あわじ市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員• 南あわじ市税条例第3条に規定する市税の滞納がある者 対象とする経費• 対象となる空き家を、住宅の機能回復又は設備改善のための改修工事に要する経費が対象です。 補助対象工事費が30万円以上のものに限ります。 ただし、次の各号に掲げる経費を除きます。 外構工事及び附属建物の工事に要する経費• 店舗等併用住宅である場合、店舗等の用に供する部分の工事に要する経費• 浄化槽の設置に係る工事について、南あわじ市合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付要綱(平成17年南あわじ市告示第17号)第7条第2項に規定する交付決定を受けているものに要する経費• 太陽光発電システムの設置に係る工事について、南あわじ市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱(平成24年南あわじ市告示第45号)第7条に規定する承認決定を受けているものに要する経費• 屋根工事について、南あわじ市淡路瓦屋根工事奨励金交付要綱(平成17年南あわじ市告示第150号)第6条第1項に規定する交付決定を受けているものに要する経費• 南あわじ市マイホーム取得事業補助金 南あわじ市では、市外からの転入人口の増加と定住を促進し、市の人口増加を図るために、個人が居住を目的として住宅の建築、購入をする方へ、住宅取得費用の一部を補助します。 補助対象者• 平成28年4月1日以降に南あわじ市に転入し、かつ、転入前3年間において市の住民基本台帳に記録がない個人• 南あわじ市にて住宅を建築又は購入し、その住宅に居住して10年以上定住する方• その住宅の所有者(所有者が複数のときは、代表1人)• その住宅に住む人全員が市町村税を未納でないこと• その住宅に住む人全員が南あわじ市暴力団員排除条例第2条第2号に規定する暴力団員でないこと• 過去にこの補助金を受けたことがないこと 補助対象住宅• 工事請負契約又は売買契約の締結日が平成28年4月1日以降であり、転入日から1年以内であること• 取得日(所有権登記が完了)が、平成28年4月1日以降であり、契約締結日から1年以内であること• (1,000円未満切り捨て) 詳しくは、 にお問い合わせください。 南あわじ市の空き家に関する制度 南あわじ市空き家バンク 南あわじ市空き家バンク制度は、市内にある空き家の売却または賃貸を希望する所有者等からの申し込みを受けて、本市の空き家バンクに登録した空き家情報を、市のホームページや市役所の窓口等で公開していくことで、移住、定住等を目的として空き家を利用する希望者に対して、情報を提供していくものです。 空き家バンクの登録は、無料です。 詳しくは、 にお問い合わせください。

次の