枚挙 に いと ま が ない 意味。 【枚挙にいとまがない】意味と使い方を例文でわかりやすく解説!

枚挙にいとまがないの意味とは?例文や使い方・類語も解説

枚挙 に いと ま が ない 意味

同じようなミスでビジネスチャンスを逃した事例は、 枚挙にいとまがない。 注意して取り組もう。 彼女がこの会社で成し遂げた功績は、 枚挙にいとまがない。 近頃、芸能界におけるスキャンダルの数々は 枚挙にいとまがない。 「枚挙にいとまがない」は、良い意味でも悪い意味でも使うことができます。 3つの例文のように、「例を挙げるときりがない」というニュアンスの文章で使われることが一般的です。 「枚挙にいとまがない」の類義語 「枚挙にいとまがない」には以下のような類義語があります。 まとめ 以上、この記事では「枚挙にいとまがない」について解説しました。 読み方 枚挙にいとまがない まいきょにいとまがない 意味 該当する事例があまりにも多すぎて、いちいち数えきれないこと 類義語 十指に余る、星の数ほど 英語訳 too many to count 数えるには多すぎる、枚挙にいとまがない 「枚挙にいとまがない」は、聞き馴染みのあることわざではないでしょうか。 よく知っているようでも、時に間違った解釈をしてることがあります。 身近な言葉だからこそ、使われる場面やその言葉が持つニュアンスをきちんと理解しておきたいですね。 「枚挙にいとまがない」の意味や使い方を覚え、正しく使えるようにしましょう。

次の

枚挙にいとまがないの意味とは?例文や使い方・類語も解説

枚挙 に いと ま が ない 意味

「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の読み方• 「枚挙にいとまがない」の英語 解釈• 「枚挙にいとまがない」の語源• 「枚挙にいとまがない」の言葉の使い方• 「枚挙にいとまがない」を使った例文や短文 解釈• 「枚挙にいとまがない」の類語や類義表現 「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の意味は 「数が多過ぎて数えられない」 「数が多すぎてきりがない」ということです。 ものごとを引き合いを出して述べる時に、幾つか例を挙げてみたけれども数が多くていちいち説明しているときりがない状態の時に使います。 日常会話だけではなく会議の場やプレゼンでも使える言葉で、ユーモアのセンスを感じさせて尚且つ的確に状況を伝える言葉です。 「いとまがない」 「いとま」とは、先に紹介しましたが 「遑」 「暇」の両方の漢字が使われます。 但し、 「遑」は常用漢字ではないので、敢えて漢字にする時には 「暇」が使われます。 「いとま」の語源は 「いと」は非常に意味が多く、 「やることのない様子」 「ひま」の他にも 「一時的に休むこと」 「離婚・離縁」 「別れて去ること」などがあります。 よく人の家を訪問して帰り際に 「そろそろおいとまします」というのはここから由来しています。 また、お店の使用人が雇い主に対して休暇を願い出ることを 「いとま乞い」と言うのも同じです。 「ま」は 「間」を意味していて、 「いとま」で 「開いている時間」という意味です。 上記の言葉が組み合わさり 「枚挙にいとまがない」は、 「一つずつ数えることにかかりっきりになり手の空く時間がない」から転じて 「数が多すぎてきりがない」という意味で使われる様になりました。

次の

「枚挙にいとまがない」の意味や使い方、漢字、由来、類語

枚挙 に いと ま が ない 意味

「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の読み方• 「枚挙にいとまがない」の英語 解釈• 「枚挙にいとまがない」の語源• 「枚挙にいとまがない」の言葉の使い方• 「枚挙にいとまがない」を使った例文や短文 解釈• 「枚挙にいとまがない」の類語や類義表現 「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の意味は 「数が多過ぎて数えられない」 「数が多すぎてきりがない」ということです。 ものごとを引き合いを出して述べる時に、幾つか例を挙げてみたけれども数が多くていちいち説明しているときりがない状態の時に使います。 日常会話だけではなく会議の場やプレゼンでも使える言葉で、ユーモアのセンスを感じさせて尚且つ的確に状況を伝える言葉です。 「いとまがない」 「いとま」とは、先に紹介しましたが 「遑」 「暇」の両方の漢字が使われます。 但し、 「遑」は常用漢字ではないので、敢えて漢字にする時には 「暇」が使われます。 「いとま」の語源は 「いと」は非常に意味が多く、 「やることのない様子」 「ひま」の他にも 「一時的に休むこと」 「離婚・離縁」 「別れて去ること」などがあります。 よく人の家を訪問して帰り際に 「そろそろおいとまします」というのはここから由来しています。 また、お店の使用人が雇い主に対して休暇を願い出ることを 「いとま乞い」と言うのも同じです。 「ま」は 「間」を意味していて、 「いとま」で 「開いている時間」という意味です。 上記の言葉が組み合わさり 「枚挙にいとまがない」は、 「一つずつ数えることにかかりっきりになり手の空く時間がない」から転じて 「数が多すぎてきりがない」という意味で使われる様になりました。

次の