夜 の 口 パク ヒット スタジオ。 たまたま昔の夜のヒットスタジオというテレビ番組を見ました...

夜のヒットスタジオ

夜 の 口 パク ヒット スタジオ

ここ数年、音楽業界の不況が叫ばれています。 CDが売れない、単独ライブに集客できない…。 特に洋楽を聴かない若者が増えているとか。 しかし最近では朝の情報番組にレディ・ガガやミューズなどの大物アーティストが生出演するなど、洋楽を盛り上げようという動きもあります。 そういえば昔は「夜のヒットスタジオ」などの音楽番組に洋楽アーティストが良く出ていたものです。 スポンサーリンク 「夜ヒット」で観た本物のロックの数々が人格形成に間違いなく作用しているはず! 現在では音楽番組が少ない日本のテレビ界ですが、かつてはザ・ベストテン、ザ・トップテンをはじめとして、一週間のうち必ず観る音楽番組が存在していました。 中でも洋楽アーティストに触れる一番のきっかけになっていたのが、「夜のヒットスタジオ」です。 「夜のヒットスタジオ」は、週に1回の放送(その後は生番組の放送はありましたが)の中で、来日したミュージシャンや海外からの中継でさまざまな洋楽に触れることができました。 今はゴールデン・タイムでそんな経験なかなかできないですよね。 個人的に一番インパクトがあり、影響されたのが当時大流行していたLAメタルの人気バンド、ラットです。 全世界で3000万枚以上のアルバムのセールスを記録したという売れっ子でした。 いかにも実に華やかなビジュアルで、曲もキャッチーな彼らは日本でも大人気。 そんな中での来日時のテレビ出演です。 ラット最高!ウォーレン最高!テレビの前にかぶりつき、録画して何度も観ちゃいました。 特にリードギターのウォーレン・デ・マルティーニのカッコよさといったら!今でも憧れのギタリストです。 ラットについてはまた改めて書こうと思います。 ボン・ジョヴィはアルバム『ニュージャージー』発売時に出演したのを観ました。 曲は「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」この時にジョンが緑色のアコギを弾きながら歌っていたんです。 それをめちゃくちゃカッコよく感じた僕は、お小遣いを貯めて楽器屋にアコギを買いに行きました。 「ジョン・ボン・ジョヴィが弾いてたアコギ下さい!」と店員のお姉さんに言った所、「はあ?」というリアクションでしたが(笑)。 ちょうど緑色のエレアコが売っていたのでそれを購入しました。 後にそれはプリンセス・プリンセスの奥居香モデルだったことに気付くんですが(笑)。 3人組デジタルポップグループ、トンプソン・ツインズも「夜のヒットスタジオ」で初めて観ました。 いわゆるポストパンク・ニューウェイブの流れから出てきた彼らですが、マクセルのカセットテープのCMに起用される等、日本で大ブレイクしていました。 何回か番組には出演していたと思いますが、CMでも使われていた「キング・フォー・ア・デイ」を披露した際に目撃しました。 その後レコード屋さんで12インチシングルかアルバムを手に入れたのを覚えています。 レコードを買うのにテレビの影響力は多大だったんですよね。 シンディ・ローパーが日本通になった理由が明らかになったのもこの番組に出演した時のこと。 売れない時代、ニューヨークの『ミホ』という日本料理を出すレストランでウェイトレスとして働いていたことがあり、その際に日本語を覚えたのだそうです。 その後シンディは紅白歌合戦にも出演していますね。 プライベートでも日本を訪れているそうなので、どこかで遭遇しても驚かないようにしましょう(笑)。 スポンサーリンク 社会問題をテーマに歌う人がいることを洋楽から学びました。 もう一人女性歌手で記憶に残ったのがニューヨークのシンガーソングライター、スザンヌ・ヴェガ。 彼女の最大のヒット曲「ルカ」は幼児虐待について歌った名曲です。 番組ではギターを弾いて歌う彼女を中継すると共に「僕の名前はルカ 2階に住んでいるんだ」という訳詩がテロップで放送されました。 曲の内容を伝えようとする制作側の意思が伝わってきて感動しました。 こうして「夜のヒットスタジオ」は売れている外国人アーティストを紹介してくれたのですが、ひとつ問題がありました。 それは「口パク」だったこと!たぶんほぼすべてがそうだったんじゃないでしょうか? バンドの演奏をしているのに、何故かギターのジャックにシールドが入っていない…なんていうこともありました。 一番驚いたのがスティング登場回。 大ヒット曲「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」を中継で歌ったんですが、それがどこかのコロシアム。 コートのポケットに手をつっこみ場内をあるきながら歌う姿を観て、どう考えても生で歌ってないじゃん!と子供ながらに憤慨しました(笑)。 まあテレビではよくあることですけど。 最近の番組では意外と生演奏、生歌の場合もあるようですね。 情報化社会とはいえ、海外の音楽に触れる機会は沢山あった方が良いですよね。 今年は大物アーティストが多数来日しますから、テレビ局の方々には頑張って是非彼らを地上波に登場させてほしいものです。 文・岡本貴之 スポンサーリンク.

次の

カラオケ爆笑ものまね優勝者は誰に?夜の口パクヒットスタジオ【ガキの使い】

夜 の 口 パク ヒット スタジオ

ここ数年、音楽業界の不況が叫ばれています。 CDが売れない、単独ライブに集客できない…。 特に洋楽を聴かない若者が増えているとか。 しかし最近では朝の情報番組にレディ・ガガやミューズなどの大物アーティストが生出演するなど、洋楽を盛り上げようという動きもあります。 そういえば昔は「夜のヒットスタジオ」などの音楽番組に洋楽アーティストが良く出ていたものです。 スポンサーリンク 「夜ヒット」で観た本物のロックの数々が人格形成に間違いなく作用しているはず! 現在では音楽番組が少ない日本のテレビ界ですが、かつてはザ・ベストテン、ザ・トップテンをはじめとして、一週間のうち必ず観る音楽番組が存在していました。 中でも洋楽アーティストに触れる一番のきっかけになっていたのが、「夜のヒットスタジオ」です。 「夜のヒットスタジオ」は、週に1回の放送(その後は生番組の放送はありましたが)の中で、来日したミュージシャンや海外からの中継でさまざまな洋楽に触れることができました。 今はゴールデン・タイムでそんな経験なかなかできないですよね。 個人的に一番インパクトがあり、影響されたのが当時大流行していたLAメタルの人気バンド、ラットです。 全世界で3000万枚以上のアルバムのセールスを記録したという売れっ子でした。 いかにも実に華やかなビジュアルで、曲もキャッチーな彼らは日本でも大人気。 そんな中での来日時のテレビ出演です。 ラット最高!ウォーレン最高!テレビの前にかぶりつき、録画して何度も観ちゃいました。 特にリードギターのウォーレン・デ・マルティーニのカッコよさといったら!今でも憧れのギタリストです。 ラットについてはまた改めて書こうと思います。 ボン・ジョヴィはアルバム『ニュージャージー』発売時に出演したのを観ました。 曲は「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」この時にジョンが緑色のアコギを弾きながら歌っていたんです。 それをめちゃくちゃカッコよく感じた僕は、お小遣いを貯めて楽器屋にアコギを買いに行きました。 「ジョン・ボン・ジョヴィが弾いてたアコギ下さい!」と店員のお姉さんに言った所、「はあ?」というリアクションでしたが(笑)。 ちょうど緑色のエレアコが売っていたのでそれを購入しました。 後にそれはプリンセス・プリンセスの奥居香モデルだったことに気付くんですが(笑)。 3人組デジタルポップグループ、トンプソン・ツインズも「夜のヒットスタジオ」で初めて観ました。 いわゆるポストパンク・ニューウェイブの流れから出てきた彼らですが、マクセルのカセットテープのCMに起用される等、日本で大ブレイクしていました。 何回か番組には出演していたと思いますが、CMでも使われていた「キング・フォー・ア・デイ」を披露した際に目撃しました。 その後レコード屋さんで12インチシングルかアルバムを手に入れたのを覚えています。 レコードを買うのにテレビの影響力は多大だったんですよね。 シンディ・ローパーが日本通になった理由が明らかになったのもこの番組に出演した時のこと。 売れない時代、ニューヨークの『ミホ』という日本料理を出すレストランでウェイトレスとして働いていたことがあり、その際に日本語を覚えたのだそうです。 その後シンディは紅白歌合戦にも出演していますね。 プライベートでも日本を訪れているそうなので、どこかで遭遇しても驚かないようにしましょう(笑)。 スポンサーリンク 社会問題をテーマに歌う人がいることを洋楽から学びました。 もう一人女性歌手で記憶に残ったのがニューヨークのシンガーソングライター、スザンヌ・ヴェガ。 彼女の最大のヒット曲「ルカ」は幼児虐待について歌った名曲です。 番組ではギターを弾いて歌う彼女を中継すると共に「僕の名前はルカ 2階に住んでいるんだ」という訳詩がテロップで放送されました。 曲の内容を伝えようとする制作側の意思が伝わってきて感動しました。 こうして「夜のヒットスタジオ」は売れている外国人アーティストを紹介してくれたのですが、ひとつ問題がありました。 それは「口パク」だったこと!たぶんほぼすべてがそうだったんじゃないでしょうか? バンドの演奏をしているのに、何故かギターのジャックにシールドが入っていない…なんていうこともありました。 一番驚いたのがスティング登場回。 大ヒット曲「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」を中継で歌ったんですが、それがどこかのコロシアム。 コートのポケットに手をつっこみ場内をあるきながら歌う姿を観て、どう考えても生で歌ってないじゃん!と子供ながらに憤慨しました(笑)。 まあテレビではよくあることですけど。 最近の番組では意外と生演奏、生歌の場合もあるようですね。 情報化社会とはいえ、海外の音楽に触れる機会は沢山あった方が良いですよね。 今年は大物アーティストが多数来日しますから、テレビ局の方々には頑張って是非彼らを地上波に登場させてほしいものです。 文・岡本貴之 スポンサーリンク.

次の

ガキ使「口パク企画」好評!大みそか特番にも期待の声

夜 の 口 パク ヒット スタジオ

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 夜のヒットスタジオ ジャンル 出演者 ほか 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 (10月 - 放送終了) 放送国・地域 夜のヒットスタジオ 放送期間 - 放送時間 22:00 - 22:54 放送分 54分 夜のヒットスタジオDELUXE 放送期間 1985年 - 放送時間 21:02 - 22:52 夜のヒットスタジオSUPER 放送期間 1989年 - 放送時間 水曜日 22:00 - 22:54 放送分 54分 特記事項: 放送回数:全1131回。 『 夜のヒットスタジオ』(よるのヒットスタジオ)は、1968年11月から1990年10月まで22年に渡り系列 で放送されたのシリーズである。 通称で『 夜ヒット』『 ヒットスタジオ』とも呼ばれた。 本項では、『 夜のヒットスタジオ』(第1作)から『 夜のヒットスタジオSUPER』に至るまでのレギュラーシリーズ全般について述べるほか、以下についても取り扱うこととする。 『ヒットスタジオ演歌』• 概要 [ ] 1968年11月4日から1990年10月3日まで、約22年間されたの1つ。 1970年代前半までは「歌謡バラエティ」番組として、1976年4月からは、アイドル歌手・演歌歌手からテレビ出演に消極的であったニューミュージック・ロック系アーティスト、人気俳優、海外のアーティスト、歌なしのバンドなどを出演させた。 生演奏・フルコーラスを番組制作の基本とした。 、、らによる自然体のMCスタイルが印象的。 22年間で紹介された楽曲は概ね13,000曲、出演アーティストは1,000組。 本番組は基本的に一つのスタジオから放送され、大きなセットは組まれなかったが、凝ったカメラワークと大量のスモークや照明などの多彩な演出による評判が高かった。 前述の番組と比較し「オケ」と「セット」のベストテン、「カメラ」と「演出」の夜ヒットと呼ばれた [ ]。 番組は、当時の河田町本社奥手のグランドスタジオ棟にあった第6スタジオから放送された。 ただし、別スタジオ使用を前提した場合やスタジオライブを行った際には、主に第4スタジオで放送された。 歴史 [ ] 司会者 [ ] 第1000回までは基本的にを軸に男性パートナーが交代し、第1002回目からはを軸にパートナーが交代する形で司会者が変遷した。 『夜ヒット』4分割後の『SUPER』以外の司会者についてはを参照。 期間 女性メイン 男性メイン 1968. 4 1973. 24 1973. 1 1974. 25 (出演ゲストによる輪番司会制) 1974. 1 1975. 31 芳村真理 1975. 7 1976. 29 芳村真理 1976. 5 1985. 25 1985. 2 1988. 10 1988. 24 1989. 27 (不在) 古舘伊知郎 1989. 18 1990. 3 2 古舘伊知郎• 1 1988年2月17日の1001回放送は、古舘単独司会。 2 実際は、1990年9月19日のレギュラー放送最終回まで。 10月3日放送は、最終回SP扱い。 芳村・三波コンビでの司会の第1回目は前田降板の次の回に当たるとの記録があるが、当時の新聞の番組表には「さよなら・」とある。 また、司会者として初回となる1974年4月1日放送分では体調不良により電話のみの出演となった。 近年、局側の記録に間違いがあったことが現存するVTR、スチール、当時の視聴者の証言から判明(1クールのみの司会と誤記/1年間の司会が正当)。 これが正式な歴代司会者扱いされなかったことの理由のひとつに挙げられる。 最長司会では芳村が、番組開始から1988年2月10日まで19年3ヶ月、コンビでの最長司会では芳村・井上が、1976年4月5日から1985年9月25日まで9年6ヶ月担当した。 三波はてんぷくトリオとして、朝丘・井上は歌手として、それぞれ司会就任前にゲスト出演の経歴がある(後述)。 代役司会 [ ] 尚、月曜放送時代には、毎年1〜2回程度の"定期休業日"が設定されており、その場合はゲスト歌手が代理、もしくは残ったもう一人の司会者が単独で進行を行う形で対処されていた。 また、これ以外に司会者のスケジュール(海外への取材、舞台出演等)や体調によって出演が見合わせとなることも数度あった。 いずれも不在日は、確認された日付のみ記載。 不在だった当時の司会者 代役司会(太字部分) 不在理由 不在日 当時の番組名 1、 夏季休暇のため 夜のヒットスタジオ 芳村真理、 不明 不明 数週間、家族旅行でスタジオを欠席し、旅行先からの電話で番組に参加 夏頃 2 (芳村・で進行) 担当初日であったが、体調不良により欠席。 冒頭に電話で挨拶。 夜のヒットスタジオ 不明 1974年 不明 1974年 芳村真理 (前田と出演歌手が輪番制で進行) 海外取材中のため 夜のヒットスタジオ (朝丘・三波で進行) 不明 不明 海外取材中のため 井上順、 海外取材中のため 1976年 (井上が単独進行) 海外取材中のため (井上と出演歌手が輪番制で進行) による体調不良 井上順、 夏季休暇のため (井上が単独進行) 不明 井上順、 4 風邪による体調不良 (井上が単独進行) 不明 1982年 井上順、 竹下景子 4 夏季休暇のため 1982年 井上順、 夏季休暇のため 井上順、 夏季休暇のため 不明 体調不良のため 1984年 (古舘が単独進行) 不明 夜のヒットスタジオDELUXE 、 不明 (古舘が単独進行) 芳村勇退後、次期司会者 後の柴俊夫 未決定のため 井上順 (芳村が単独進行) 海外取材中のため 1976年 夜のヒットスタジオ 芳村真理、 不明 1978年 (芳村が単独進行) 夏季休暇のため 1979年 芳村真理、 不明 1980年 芳村真理、 4 不明 1981年 芳村真理、 5 不明 1981年 芳村真理、 へ渡米中につき 1983年 芳村真理、 飛行機のエンジントラブルにより、ニューヨークから帰国できないため 1983年 (芳村が単独進行) 不明 古舘伊知郎 芳村真理、 5 へ渡米中につき 夜のヒットスタジオDELUXE 芳村真理、 5 海外取材中のため 1986年 、 露木茂 5 不明 夜のヒットスタジオSUPER (古舘が単独進行) 番組放送中にの乗車レポートを行うため 1988年 夜のヒットスタジオDELUXE• 1 番組レギュラーと構成作家兼任。 2 確認される3回以外にも、舞台公演の兼ね合いで不在。 3 メンバーの一人として。 4 司会のみの出演。 5 フジテレビアナウンサー(当時)。 スタッフ [ ] 構成作家 [ ]• 初代プロデューサーの伊藤昭、ディレクターの藤森吉之らと共に番組初期の基本フォーマットを作り上げると同時に、番組前期には自ら「出たがり構成作家」を標榜して、コメディリリーフ的な役割で演者の一人としてレギュラー出演。 総合音楽番組路線が定着した1980年代以降は現場で直接指揮を執る形ではなく、総合監修的な役割で番組に参加しており、実際の現場指揮は小林久枝を筆頭とするスタッフ東京(後述)のメンバーが当たっていた。 SUPER時代の1回目は「監修」として2回目からは、エンディングのスタッフクレジットからは塚田の名前が消えている。 (構成) 1970年代より「スタッフ東京」の一員として構成に参加。 1980年代に入り総合監修的な立場で番組に参加するようになり、スタジオに顔を出すことが少なくなった塚田に代わって、番組構成面での陣頭指揮に当たるようになり、1981年以降はエンディング時の作・構成部分にも塚田と並行して、かつスタッフ東京からは独立した形で単独クレジットが載るようになった。 1989年のDELUXE終了を機に降板。 (構成) 1987年から番組終了まで担当。 1987年からしばらくは塚田・小林と並行して、木崎も、エンディングの作・構成部分のスタッフクレジットとして表示されていた。 SUPERからは、単独で担当。 構成兼務でフロアディレクターも担当。 ロック・ニューミュージック界と付き合いが深かったこともあり、・・・らのアーティストを紹介し、出演するきっかけとなった。 また、のオフィシャルライターを担当していたこともあったためか 、1987年12月23日・1988年11月16日・1989年4月26日などの放送分では、らディズニーのキャラクターやのキャストが総出演したこともあった。 プロデューサー・ディレクター [ ]• (初代プロデューサー) 1968年から1973年まで担当。 平日朝のワイドショー番組『』との兼務の形で制作・演出を担当。 作・構成担当の塚田とともに番組開始当初の基本フォーマットを作り上げた。 その後、伊藤の後任として1973年から1978年までプロデューサーを担当。 プロデューサー担当中期のころより部下の疋田拓(後述)とともに大幅な番組路線の転換に向けての取り組みに着手。 後の総合音楽番組としての「ヒットスタジオ」の定評を確立する先鞭をつける役割を果たした。 その後、ディレクターを経て1977年から1987年6月 24日までプロデューサー兼プログラムディレクター(演出)を担当。 派手な電飾やセット、などの舞台効果や、独特のカメラワークとスピード感のある 、や明治大学・早稲田大学のグリークラブ・東京混声合唱団などの名門合唱団などをコーラス・バックダンサーとして積極的に採用し、生放送の常識を打ち破る斬新な演出手法を多用。 「DELUXE」以降直後の1985年4月には、とを同時に番組に招聘し(シナトラは来日中だったため、東京のフジテレビのスタジオ、ティナは衛星生中継でそれぞれ出演)、海外アーティストの出演を増やすな当番組の一時代を築いた。 その一方で、生放送を前提とした演出だったために、綿密なリハーサル(特に疋田担当の時代は独特なカメラワークが番組の名物となっていたため、カメラリハーサルには相当な時間が費やされており、各回の台本の決定稿にも秒単位での詳細なカメラ割りが記されていた)が疋田を始めとする制作首脳陣の怒号と鉄拳制裁が行われ、常にスタジオ内は戦場さながらであった。 歌謡界との繋がりが綿密で、特にに至っては関係が特に深かったとされ、やがデビューから数日で夜ヒットに初出演させた。 また、に至っては、歌唱時に派手なセットや演出が提供された。 一方で、若手スタッフの意見を番組の出演アーティストのブッキングに反映させており、新進気鋭のバンド・ニューミュージック系アーティストの登用にも積極的な姿勢を採っていた(特に1986年に通算3度、番組に出演をしたに関しては「DELUXE」期のADを担当したの推薦をそのまま汲む形で出演決定のを裁断を下している )。 「ご対面」のコーナーで、担当ディレクターとして出演していたこともあった(1976年放送など)。 (チーフディレクター) 1978年から1987年まで番組制作に参加。 疋田とともに演出を担当し、主にチーフディレクターとしてスタジオ内の陣頭指揮を取っていた。 そのため、時折画面に見切れることがあった。 元メンバーだった「夕日のいじわる」の特典DVDに渡辺麻友が夜ヒットに出演して歌唱するシーンがあり、同時にフロアディレクターとして出演している。 また「ドリフ大爆笑」記念DVD発売イベントにスタッフとして戸上浩Dらと紹介されている模様がドリフ大爆笑! で復活! のDVDに収められている。 現在はの専務取締役。 (4代目プロデューサー兼総合演出担当) 1987年7月1日から番組終了までプロデューサー兼プログラムディレクター担当。 疋田直属の部下であり、人事異動 により疋田から番組を引き継いだ。 疋田の元で行われた演出のノウハウを踏襲するも、斬新的な演出は後退し、スタジオ内に出演者やオーケストラが待機するひな壇を覆うような大きいセットを設置したり、カラフルで多彩なバリライトといった照明やセットを多用した。 在任中は、(放送)・(1988年放送)・(放送)・(放送)といった海外主要都市からの完全衛星生中継を実現させた。 司会の古舘や出演者からは、 「渡邉プロデューサー」「ナベさん」と主に呼ばれた。 番組終了後のスペシャル版ではプロジェクトプロデューサーのクレジット肩書きであった。 1996年にニューヨーク支局へ異動。 その年のクリスマスに放送したスペシャル版をニューヨークから完全衛星生中継で放送させた。 2000年に帰国・本社に戻って事業局へ移動したのち、2008年9月で退職・独立し、現在は「株式会社渡邉光男計画」のCEO。 (4代目プロデューサー) 1987年から番組終了まで担当。 渡邉と共に疋田の後任を務めた。 森班は本来「」担当の演出であるため、演出は渡邉が主に担当した。 演歌・民謡歌手の元夫である。 鈴木清親(ディレクター) DELUXEからのフロア担当、疋田Pが離れたと同時に番組移動、後に疋田の独立に参加することになりフジテレビを退社した。 平野友孝(ディレクター) 元々は森班所属でドリフ大爆笑などを担当、DELUXEからフロアディレクターを担当。 SUPERでは演出も担当。 スタジオでの演出スタッフとしても関わり、ミュージシャン時代の人脈から、出演歌手のブッキングも担当していた。 また、海外アーティストの衛星中継を担当し、それが後に1989年10月に始まったロンドンのスタジオと衛星中継で結んだ生放送番組『ヒットスタジオInternational』や英国法人立ち上げへ繋がった。 放送においてがロンドンのスタジオから衛星生中継で放送された際は、キューサインを振るなどの姿が映った。 新井義春(ディレクター) 月曜60分番組時のフロア担当、退社後は制作会社「D3カンパニー」を設立し「」の制作、演出となる。 戸上浩(ディレクター) 月曜60分時、DELUXE時代にもフロア担当であったが疋田Pが番組を離れたと同時に退社、疋田Pの協力の下で制作会社「エクシーズ」を設立し冠番組「」、シリーズ等を担当している。 尚、エクシーズの所在地は疋田Pの制作会社と同じビルにある。 西村英二郎(ディレクター) 上記、戸上ディレクターと同様である。 赤沢幸弘(フロアディレクター) 月曜60分時、DELUXE時代のフロア担当、疋田P番組を離れた時期にスポーツ番組班となり主に「」担当などとなった。 相沢雅浩(ディレクター)• 月曜60分時、DELUXE時代のフロアディレクター、後に一時期制作から離れるが番組終了後のスペシャル番組で渡邉Pとともに演出に携わる。 2016年にFCC(ニューヨーク支局)担当となる。 (ディレクター) SUPERから担当。 (AD) DELUXE時代のみ。 1985年の入社直後から担当。 1989年9月のDELUXE終了を機に、担当の『』のディレクターとして異動。 このほか、1969年より塚田が立ち上げた構成作家グループ「スタッフ東京」も構成に参加。 若き日の、、らも制作に参加していた。 また、『DELUXE』以降には現在フジテレビの音楽番組制作を一手に引き受けている「」のらもADとして制作に関わっており、現在の「音組」の基礎を築いた番組でもあった。 同局の『』や『』もこれらのスタッフが主要ブレーンとして制作の陣頭指揮を執っていた。 1980年代までは、夜のヒットスタジオを含め、フジテレビプロデューサーのパワハラは激しく、新人からベテラン歌手、更には現場スタッフに至るまでプロデューサーの思い通りにいかない場合、鉄拳制裁が恒常的に行われていた。 1987年まで『DELUXE』時代のエンディングのスタッフクレジットには「演出スタッフ」が表記されており、掲載されていたスタッフは次の通り。 井上信悟、前川尚史、上原徹、平野友孝、赤沢幸弘、山岸弘子、大前一彦ほか 技術スタッフ [ ]• カメラ:佐藤正直、加藤文也、金久保達郎、福田満之、下田誠、森田修、斎藤浩太郎、馬場直幸、大嶋隆、小張豊、伊佐憲一、他• 音声:島村勇、横塚和幸、他• AUD :郷間攻、柴田賢司、井出修三、松永英一、荒井洋一、他• 照明:小宮俊彦、大和田恵人、浅香強、他• 映像:青木一夫、橋本和司、他• VE :鈴木正義、若月博光、西野健二、他• PA :共立音響• 音響効果:川島明則、他 美術スタッフ [ ]• 美術制作:堀切清、石鍋伸一郎• デザイン:馬場文衛、• 美術進行:海江田多加士、石鍋伸一郎、塩入隆史、藤野栄治、井上幸夫、他• 大道具;竹島正夫、比嘉亘、他• 電飾:竹江秀雄、小林義秋、上床卓史、他• 植木装飾:森慶申• 生花装飾:佐伯孝夫• アクリル装飾:橘信満、太田浩、他• 視覚効果:渡部宏一(東京特殊効果)• メーク:山田屋、藤崎圭子、山口千鶴、他• タイトル:藤井苑子• 楽器:池田宏一、佐野武史、他• 衣裳:海州弘二• ヘア&メイク:常盤ヒトシ 制作タイムキーパー [ ]• 伊佐次千恵子、横田幸子、白川洋子、山岸弘子、他 スタイリスト [ ]• 梅原久沙永 振付・ステージング・コレオグラファー [ ]• 竹部薫、 、、 演奏 [ ] 本番組のオーケストラによる伴奏はオリジナルから大幅に編曲される場合が多かった。 デラックスにリニューアル後はメンバーが削減されたため、出演者がバンドを引き連れたり、カラオケを使用する歌手が増えた。 オーケストラには必ずがプラスされた編成であった。 (指揮:有馬徹)・高橋達也と東京ユニオン(指揮:) 1968年11月4日 - 1969年3月24日• モノクロ放送時代のみ担当。 この当時はオケピットの配置が後年知られている並びとは大幅に異なっており、吹奏楽器(トランペットなど)演奏者と弦楽器(バイオリン)演奏者の配置は全く逆となっていた(弦楽器担当者のほうが歌手たちが座っているひな壇に近い位置に陣取っていた)。 ダン池田とニューブリード(指揮:) 1969年3月31日 - 1985年3月25日• カラー放送開始と同時に番組に参加し、月曜日の放送終了までの16年間活動。 バンドマスターのダン池田は、番組前期の頃は指揮だけでなく「歌謡ドラマ」にも頻繁に客演するなどコメディリリーフとしても活躍した。 ダン池田は、たまにラテンパーカッション・クラシックパーカッションなどを担当する事もあった。 歌謡ドラマ出演などで指揮ができない場合はニューブリードのピアノ担当のが代理指揮を担当した。 ニューブリードの起用と同時にオケピットの配置も(ひな壇に近い順番から)吹奏楽器・ドラム及びギター・弦楽器(及び1978年からのシンセサイザーなどの演奏補助)という並びに変更された。 ザ・ニューブリードスペシャル(指揮:)1985年4月3日 - 1986年3月26日• 番組リニューアルとダン池田の降板を機に、「ダン池田とニューブリード」の一部メンバーを入れ替え・整理。 三原は郷ひろみの誘いを受けてバンドマスターの仕事を引き受けた。 三原は指揮をせずギターを弾いていることも多々あった。 THE HIT SOUND SPECIAL(指揮:新井英治) 1986年4月2日 - 1989年9月27日• 三原綱木が脱退した以外メンバーの変更はなし。 指揮の新井は、トロンボーンを演奏する事が対リスト多々あった。 時期によって、黒い服装を着用していた。 THE HIT SOUND SPECIAL(指揮:) 1989年10月18日 - 1990年9月19日• 服部は指揮者のほか、番組の音楽監修として一部歌手の歌の編曲も担当した(それより前は(月曜時代のオープニング・エンディング音楽は広瀬の手によるもの)やらが音楽監修を担当していた)。 2001年の復活版(但し純然たる復活版ではない)担当。 それ以外の復活版では、1991年4月3日放送分で若干オケピットの並び方が違うが、楽譜を置く台などは当時のデザイン。 ちなみに、オーケストラを配置しなかったのは1988年3月30日、1989年9月27日の『DELUXE』最終回、1990年10月3日、1987年・1988年・1989年の年末のスペシャル、あるいは全編総集編の回のみであり、それ以外の回は演奏時間に関係なく設置されていた。 コーラス [ ]• コール・アカシア、WIZ、フィーリングフリー、ピュア レギュラー陣 [ ]• 塚田茂 - 構成作家兼任。 前田武彦からは 「ドンドンクジラ」のニックネームが付けられた。 番組初期(1976年4月まで)の頃に「出たがり放送作家」という名目で「歌謡ドラマ」等に客演。 1988年11月23日放送では久方ぶりに出演した。 - 1974年10月までレギュラー出演。 - 1968年〜1973年9月までレギュラー出演。 「コンピュータ恋人選び」コーナー担当。 前田武彦が命名した 「もぐらのお兄さん」のニックネームで親しまれた。 1978年4月3日放送では、が解散コンサート前日にからの出演した際、中継リポーターも担当した。 - 1973年10月〜1975年3月31日までレギュラー出演。 「コンピュータ恋人選び」コーナー・番組ナレーション担当。 - 1980年〜1989年まで外国タレントスタジオ出演時の通訳としてほぼ毎週スタジオで通訳を担当。 「ヒットスタジオInternational」では、司会兼通訳を担当。 - 1985年〜1989年まで衛星中継コーナーのレポーター兼通訳としてイレギュラー出演。 - 1985年〜1990年までバッグダンサーとしてレギュラー出演。 当初は 「B・G・M」というグループ名であったが、翌年にレコードデビューしたのを機に 「Dee-Dee」に改名。 オープニングメドレー時はトリの歌手のバックに登場していた。 - 1972年〜1990年までバックダンサーで出演。 特に80年代放送時はアイドルのバックには欠かせない存在であった。 コーナー [ ] この節のが望まれています。 オープニングメドレー [ ] 番組のオープニングを飾る定番コーナー。 童謡と共に司会者登場の後(『DELUXE』まで) 、司会者から最初に紹介された歌手が「他歌手の持ち歌」のワンフレーズを歌い、次に「さっき歌われた歌の持ち主」にマイクを手渡しその歌手が「他歌手の持ち歌」を歌う。 バトンリレーの様に他人の歌をワンフレーズずつメドレー形式で歌っていき、最後はトリの歌手が「トリ前の歌手が歌った自分の歌」のサビを歌い(1975年 - 1980年頃まではバンドセット近くに待機した他の出演者の元に歌手が向かい、1980年以降は歌手の元に他の出演者が集合する)集まった出演者と共にフィニッシュとなる。 クリスマス時前後の放送ではメドレーの曲目がクリスマスソングに変更される事があった。 なお、海外からのゲストや「サヨナラ企画」の主役などはこのメドレーに参加せず終了後に司会者から口頭で紹介、大階段セットから専用BGMとともに登場する形をとり、海外からのゲストの場合はこの際に芳村やゲストなどが歓迎の花束を渡す演出があった。 なお、童謡演奏時(『SUPER』ではメドレー終了後)には、放送日時点でのネット局を紹介するロールスーパーが表示されていた。 季節の風物詩 [ ] オープニングで司会者が、巷で話題になっている出来事や実物の品物を紹介するコーナー。 司会だった井上は、「季節の風物」と発言していることが多かった。 殆どの場合メドレー終了後に行っていた。 これとは別に『DELUXE』時代までは司会者が階段から登場する際に、その放送時期に咲く植物などを持って登場することもあった。 歌謡ドラマ(1968年末頃〜1976年4月まで) [ ] スタジオ内のセットでコントを行い、歌に関するオチから歌につなげるコーナー。 後述の「コンピューター恋人選び」と並び、歌謡バラエティー路線を採っていた番組前期を代表する名物企画として知られたが、実は第1回放送時点ではまだ存在しておらず、開始3か月ほどを過ぎたころに正式に番組中盤、主に番組初出演、あるいは若手・新人の歌手の歌を盛り上げるためのコーナーとして定着、前田・芳村の両司会者、歌手のみならず、構成作家の塚田、バンドマスターのダン、コーナー進行役の小林アナ(のちにも加わる)もコメディリリーフとして活躍、タレントとしても知名度を上げるきっかけとなった。 尚、前田・芳村司会時代の中期〜芳村・朝丘・三波司会時代の頃は2本放送していたが、朝丘が司会陣から離脱してからは1本のみとなった。 また、三波・朝丘加入後は、芳村は基本的に冒頭のコントの合間に歌う歌手の紹介のみを行い、コント本編には不参加の形を採っていた。 井上司会時代のごく初期の段階で正式に廃止されたが、のちに1988年11月23日、番組が20周年を迎えた際の特別編成時の企画として一夜限りながら企画が復活。 この際には、同回の特別ゲストとして迎えられた初代司会者の前田・芳村、そして構成の塚田もコントに参加した。 コンピューター恋人選び [ ] 1974年6月頃まで。 その後1976年4月〜6月、1988年11月〜1989年9月(不定期コーナーとして)まで一時復活。 出演歌手の恋愛相性をコンピュータで計算、理想の相手を選出・紹介する(と言う設定だが、山口百恵が行った時が選出される等 、事前の「仕込み」があったと思われる)コーナー。 歌謡ドラマ同様に、番組初期を代表する人気コーナーであったが、三波伸介の司会抜擢直後に一時廃止(同コーナーに割り当てられていた時間を歌謡ドラマに充当しバラエティー色の強化を図った)。 その後、1976年4月の井上順司会抜擢直後に歌謡ドラマが廃止されたことに伴い、心理学者の浅野八郎を監修に迎える形で趣向を新たにして復活したが、同年7月を放送400回を迎えたのを機に再び廃止(ここから歌謡バラエティー路線から正統の音楽番組路線への転換の機運が本格化した)。 その後、『DELUXE』時代の1988年11月に放送20周年を迎えた際の特別企画として復刻版を行ったところ好評だったことから、その後、1989年まで不定期のコーナーとして一時復活した。 ラッキーテレフォンプレゼント(番組開始〜1987年) [ ] エンディングに行われた視聴者参加型コーナー。 ただし、放送時間が押して放送できず、来週に向けて下4桁の電話番号だけ告知する場合があった。 1975年3月まで• 乱数表から下4桁の電話番号の数字を抽出し、野沢らが予めコンピューターに登録された応募者のデータから当該数字に該当する応募者を検索、その中からさらに無作為に1人の応募者に絞って、その応募者が電話に出ることを条件に現金を贈呈する内容。 なお、番組開始当初の賞金金額は5万円だったが、のちに10万円に増額された。 1976年4月から1985年3月まで• 5桁のスロットマシーンで下4桁の電話番号を抽出し、その番号に該当する視聴者に対して応募を告知、翌週にその番号に該当する応募者から送られたハガキの中から司会者・歌手が無作為に選んだ一人に対して、スロットではじき出された数字に相当する額の現金をプレゼントするというもの。 スロットの数字がすべて0となった場合にのみ最高額の10万円が送られる。 1985年4月から1987年まで• 5桁のスロットマシーンで下4桁の電話番号を抽出し、該当する応募者のデータがインプットされたにその番号を入力し、該当する応募者全員に、スロットではじき出された数字に相当する額の現金をプレゼントするもの。 パソコン自体には応募者の電話番号が事前にインプットされており、電話を掛ける芳村が画面を見るか、井上あるいは古舘がペンで電話番号を芳村に伝えていた。 なお、スロットマシーン自体もDELUXE開始に合わせて新しいものに変わった。 尚、一時休止期間中には「スターびっくり箱」コーナー(1975年4月より。 数回で終了 )、「愛のスターテレフォンプレゼント」コーナー(1975年11月〜1976年3月まで )がエンディング企画として行われた。 夜ヒットテレカ(1987年から番組終了まで) [ ] ラッキーテレフォンプレゼントの後継コーナー。 番組放送中に撮影された写真をにして、応募した視聴者にプレゼントするもの。 同企画開始後、生放送内で(特に演奏披露前)に幾度か信号音が鳴っていたが、これは夜ヒットテレカの撮影準備を告げる合図によるものである。 ご対面企画 [ ] スタジオにゲスト歌手ゆかりの人物を招き直接歌手・司会者とともに会話を交わすコーナー。 前田・芳村司会時代より不定期コーナーとして開始され、三波が司会陣に加わってからは正式にレギュラー企画に昇格(スタジオでの「ご対面」とは別に、開始初期のころにはゲストゆかりの人物に 直接電話を繋ぎ、前田のリードで歌手の知られざる過去の思い出話や隠れたエピソードを聞き出す内容のコーナーも存在していた)。 以後、番組終了時まで周年企画・記念回企画・「サヨナラ」企画・中継回など通常編成とは異なる構成が採られた回を除いて、ほぼ毎回、最低1組は同コーナーの時間が設けられた。 サヨナラ企画 [ ] 歌手の引退・音楽グループの解散時に放送された特別企画。 ほとんどの場合は番組の一部で 「サヨナラ」歌手の特集コーナーを行ったが 、山口百恵の引退時(1980年10月6日放送回)のみ番組全編がサヨナラ企画に充てられた。 なお、1988年10月26日の解散時が最後のサヨナラ企画となった。 この沢田・萩原・井上バンドの久々の生放送音楽番組での競演が話題を集めたことを受けて、芳村・三波司会時代の後期より不定期の企画として徐々に定着。 バラエティ色の強いコーナーを排した芳村・井上司会時代以降は「サヨナラ」企画と合わせての名物企画として親しまれた。 なお、一応は 「対決! 」という正式コーナー名があったものの、番組内で司会者がこのコーナー名を用いることはほとんどなく、1980年代に入る頃には単に 「共演」、古舘が司会に起用されて以降は 「ジョイント」という呼称が用いられる事が多かった。 月曜放送時代の後期から不定期で行われていた。 「DELUXE」前期(芳村降板時まで)には、ハーフタイムコーナーとして放送。 1985年10月16日放送分では、 優勝の瞬間を番組の放送時間およそ半分を費やして放送した影響を受け、歌唱するはずだった五木ひろしの演出で登場するはずだった着物モデルを紹介するため、エンディングにて行われた。 スター家庭訪問(1976年) [ ] 司会の井上が、放送当日の出演歌手のうち数組の自宅を井上が訪問し、歌手本人やその家族・関係者にインタビューを行う。 1976年末には、番組自体の構成の変化により、自然消滅。 タイムトンネル(1985年) [ ] ゲスト歌手の過去の出演シーンと現在の姿・歌声とを対比するDELUXE開始当初のコーナー。 当初は、1番のパートは過去の放送回での映像を流した後、、、らのアレンジによる生演奏・歌唱による2番以降のパートへとつなげる構成を採っていたが、のちに過去の出演回をダイジェストで振り返る構成に変更。 古舘司会起用当初のには「百恵Again」と題し、の過去の出演回のうち、5回分をピックアップして司会パートも含めフル放送、更にはも、「はるみAgain」と題して、同様の構成で(都は末に一旦歌手業を引退していた)の過去の出演回4回分の司会・歌唱部分を再放送した。 その後、「タイムトンネル」の名称はなかったが、同趣旨の企画は何度か放送された(特に1987年7月にチーフプロデューサーが疋田から渡邊に交代して以降、ゲスト歌手の過去出演パートをほぼすべてダイジェスト方式で振り返る形での回顧コーナーが頻繁に企画されるようになった)。 想い出の歌コーナー(開始初期のみ) [ ] ゲスト歌手一組が過去の自身のヒット曲、または人生の中で転機となった他の歌手のヒット曲や海外のスタンダードナンバー等を披露するコーナー。 カラー放送への移行直後に廃止された。 みんなで歌おう(開始初期のみ) [ ] 童謡などを各回の出演歌手数組(回によっては初代司会の前田武彦が参加する場合もあった)がその歌の内容にちなんだ扮装や茶化しを交えながら合唱するコーナー。 カラー放送移行後もしばらくは続けられたが、スタート1年後の時点では既に廃止されていた模様(具体的なコーナー終了時期は不明)。 ニュースコーナー(1985年4月 - 9月) [ ] DELUXE開始当初のコーナー。 『』のキャスターを務めていたが「ミスター・ニュース」の肩書で、夜ヒットのスタジオに赴いてニュースを伝えていた。 1985年8月7日放送では、逸見政孝 が代理を務めた。 ニュースコーナーではないが、1987年4月1日放送では、で若王子信行が開放された際、報道センターと繋いで露木茂 がニュースを伝えたことがあった。 ビデオレター・電送写真電話(1985年4月 - 終了時期不明) [ ] いずれもDELUXE開始当初のコーナー。 節目・記念の回 [ ]• 第1回 - 1968年11月4日• 第100回 - 1970年9月28日(2時間スペシャル)• 第200回 - 1972年8月28日• 第300回 - 1974年8月5日• 第400回 - 1976年7月5日( - 26日まで記念月間)• 10周年(突入) - 1977年10月3日(2時間スペシャル、実際には11月7日放送から10年目突入)• 第500回 - 1978年6月5日(前週の5月29日に繰り上げて500回記念放送)• 第600回 - 1980年5月12日(5月5日 - 26日まで記念月間)• 第700回 - 1982年4月12日(4月5日 - 26日まで記念月間、26日に特別編成(前述参照))• 15周年(突入) - 1982年10月4日(2時間スペシャル、実際には11月1日放送から15年目突入)• 第800回 - 1984年3月26日• 第900回 - 1986年3月12日(26日に900回突破記念の特別編成を組む)• 第1000回 - 1988年2月10日(3時間特番・勇退)• 20周年 - 1988年11月23日-12月7日(1週目は今昔特別編、2週目は全編海外衛星中継、3週目は総集編企画。 実際には11月2日放送から21年目突入)• 第1100回 - 1990年2月7日• 第1131回(最終回) - 1990年10月3日(3時間特番)• 一部資料では通算放送回数を「1133回」とするものがあるが、1990年3月28日及び4月4日の放送はなかったことから実際の通算放送回数は「 1131回」である。 なお、第500回以降の回数計算はなぜか実際上は1回欠落した状態で放送されていた模様であり、特別編成もその関係でその節目の回を含む月の1週目もしくは4週目、場合によってはその月全体を特別月間として編成することが多かったが、特別企画「世界紅白歌合戦」として放送された1986年12月31日も放送回数に通算されており、1988年2月10日の第1000回放送は誤りはない。 10周年・15周年記念特別番組については10年目・15年目に入った時点で行われていたが、20周年に関しては満20年に到達した時点で行われた。 12年目突入のには、17年目突入のにはにそれぞれ2時間の記念編成が組まれ、通常プログラムと異なる趣向が採られた。 年表 [ ] 出演歌手の詳細については「」を参照 年度・期間 番組タイトル ・放送時間 司会者 事項・初出演等 男性 女性 (昭和43年) 夜のヒットスタジオ 毎週月曜夜10時 - 10時54分 前田武彦 1968年11月4日 - 1973年9月24日 第1回 - 256回 芳村真理 1968年11月4日 - 1973年9月24日 第1回 - 256回 11月4日、放送開始。 当初はモノクロ放送 ・初代司会: 前田武彦・芳村真理 ・レギュラー: (1974年10月まで)、アナウンサー(恋人選び担当)、 ・演奏: ・高橋達也と東京ユニオン(1968年11月 - 1969年3月、隔週で担当) ・第1回出演者:・・・ほか ・ コンピューター恋人選び 、 他人の歌OPメドレー、 歌謡ドラマ、 ラッキーテレフォンプレゼント(乱数表方式)、 みんなで歌おう、 想い出の歌 11月11日、男優での第1号歌ゲスト・初登場、・・らも初登場 11月25日、・初登場 12月16日、・初登場 12月23日、・初登場 (昭和44年) 「恋人選び」コーナーなどで中村晃子(1月27日)、いしだあゆみ、小川知子(2月24日)が突然放送中に号泣。 泣きの夜ヒットとして話題に 1月6日、初登場「」。 女優の歌ゲスト第1号としてが出演 1月27日、・初登場 2月24日、初登場「好きになった人」 3月17日、最高42. また、当日からは同番組に続く生番組として「」がスタート。 同番組の月曜日は「ヒットスタジオ延長戦」として位置づけられ、司会の前田・芳村、構成の塚田ら主要スタッフがそのまま連投(〜1970年9月) 3月31日、が歌手として初登場 4月21日、初登場 5月19日、初登場「」 6月9日、初登場「」 6月23日、初登場「ギターのような女の子」 7月7日、・初登場 7月14日、同番組構成のが前田武彦の代理司会を担当。 、初登場 8月4日、・初登場 8月25日、コント55号出演 9月8日、初登場、当時米国に長期滞在中だった親友・と国際電話で久々に会話し号泣 9月15日、が歌手として初登場「」 9月29日、、歌手として登場 10月6日、スポーツ界からの初のゲストとして大相撲のが出演 10月13日、初登場「ギターと旅びと」 10月20日、、のヴォーカルとして初登場。 番組方針によりキャスティングが見合わせられていた・バンドの番組出演がこの回を機に解禁される。 10月27日、が初登場 11月17日、元選手・が現役引退からほどなく特別出演 11月24日、の人気者・が歌手として番組初登場「いかす街だぜ」 12月1日、・初登場 12月8日、初登場「ひとり寝の子守唄」 12月15日、・初登場、を特別ゲストとして迎える 12月22日、海外(日本国外)から初のゲストとして出演 12月29日、年末特別版として「御対面」の特別ゲストとして金田正一、「恋人選び」の特別ゲストとしてを迎えて放送。 (昭和45年) 1月5日、・、の一員として番組に初登場 1月12日、が歌手として登場、が一家総出で初出演 1月26日、初登場「若者は旅をつづける」 2月2日、初登場 2月16日、、歌手として登場 3月30日、司会者・が歌手として登場「ラブレター」 4月27日、、歌手として登場 6月8日、がヒット曲「」をひっさげ番組初登場 6月29日、司会者・が自前のバンド「ザ・サラブレッツ」を引き連れて歌手として登場 7月20日、、のボーカルとして番組初登場 8月17日、丸山明宏(現・)初出演「むらさき小唄」 9月7日、藤純子(現・)、歌手として登場 9月14日、・が歌手として登場 9月28日、放送100回達成。 番組史上最年少での初出演歌手・が出演「」 12月14日、が歌手として番組初登場「矢は放たれた」 12月28日、歌謡界の女王・初登場「愁い酒」 この年、夫婦での出演多数(井上順・青木エミ、和田浩治・梓みちよ、松山英太郎夫妻、長沢純・川口晶など) (昭和46年) 2月8日、元・タイガースの沢田研二、元の萩原健一をツインボーカルに据えて新たに結成されたバンド「」が番組初登場。 のナンバーから「」を演奏 2月8日、が特別出演 2月22日、が初登場「ついてくるかい」 3月15日、初登場「」 5月24日、「」の先陣を切り、初登場「」 5月31日、初登場「」 6月21日、夜ヒット最多出演記録を誇るが初登場「」 6月21日、、「」のボーカルとして番組初登場「ひとり寝のかぐや姫」 7月5日、初登場 9月27日、が特別ゲストとして番組初登場。 また、「」の先陣を切り、が初登場「」 10月25日、初登場「雨の御堂筋」 11月1日、・初登場 11月15日、第2回特集を組み、ら各賞受賞者が受賞曲を披露 11月22日、坂本九が前田武彦の代理司会を担当 (昭和47年) 5月1日、初登場「さようならの紅いバラ」 5月29日、・夫妻(当時)が特別出演。 これに因み、当日ゲストの一組であったが石坂作詞の「」を番組初披露 7月24日、初登場「赤色エレジー」 7月31日、初登場「」 8月14日、「」の先陣を切り、が初登場「」 8月21日、初登場「」 10月2日、・初登場 10月23日、、歌手として初登場 12月4日、初登場「」 12月25日、初登場「」 (昭和48年) ( - 9月まで) 1月1日、初登場「」 5月28日、初登場「」 6月4日、・初登場 6月4日、、「」の新ボーカルとして番組に初出演 7月30日、初登場「」 8月6日、開局15周年記念特別番組として福岡より中継放送、初登場「」 8月13日、初登場「北の宿」 9月10日、初登場「」 6月18日、前田武彦の「共産党バンザイ発言」事件起きる。 9月24日に司会降板、芳村真理も同時に一時番組を離れることに。 同時に「コンピューター恋人選び」担当の小林大輔アナも当日放送分をもって降板。 1973年11月5日、、歌手として番組初出演「やどかり」 1974年2月11日、初登場「しのび恋」 1974年2月18日、初登場「おもいで」 1974年3月4日、、初登場 (昭和49年) (1974年4月 - 1975年3月) 三波伸介 1974年4月1日 - 1976年3月29日 第282回 - 386回 芳村真理 朝丘雪路 1974年4月1日 - 1975年3月31日 第282回 - 334回 芳村真理が司会復帰。 三波伸介、朝丘雪路が加わりトリオ司会体制に このころよりスタジオに観客を入れての公開番組形式となる(1976年3月まで) ご対面 4月1日、布施明、ちあきなおみ「ドッキリ虚偽結婚発表」 5月27日、沢田研二・萩原健一・バンドが久々に「PYG」名義で生演奏を披露(曲は「初めての涙」) 8月5日、放送300回達成・中継 8月19日、五木ひろし、ご対面コーナーで2人の恩人との対面に涙の歌唱 10月21日、約1年の休養を経て、が再起作「旅路」で番組に久々の登場 11月4日、、、が初登場 11月18日、山口百恵の応援ゲストとして、映画で共演したのちの夫・が出演 12月9日・16日、同年制定された『FNS歌謡祭』特集を組む。 (同年度の年間グランプリを「みれん」で受賞)・(上期の最優秀歌唱賞を「積木の部屋」で受賞)・(下期の優秀歌謡音楽賞を「傷だらけのローラ」で受賞)・(下期の優秀歌謡音楽賞を「よろしく哀愁」で受賞)・グレープ(下期の特別賞を「精霊流し」で受賞)ら、上期・下期の部門賞(グランプリ候補)を受賞した面々が出演、受賞曲を披露 12月9日、初登場「雨だれ」 12月、騎手・が「」で歌手として出演 1月27日、が特別ゲストとして出演。 2月17日、初出演「スモーキン・ブギ」 2月24日、初出演「にがい涙」「荒野のならず者」。 これを契機に海外アーティストの出演機会が増え始める 3月31日、ザ・ピーナッツ「サヨナラ」企画(初の「サヨナラ」企画) 司会の朝丘雪路、レギュラーの野沢那智が番組を降板。 放送開始当初からのエンディングコーナー「ラッキーテレフォンプレゼント」が一旦終了 (昭和50年) (4月- 1976年3月まで) 芳村真理 1974年4月1日 - 1988年2月10日 第282回 - 1000回 4月、「ラッキーテレフォン」に代わるエンディングコーナーとして「スターびっくり箱」開始(但し不評につきわずか数回で自然消滅) 5月5日、初登場「」 6月16日、初登場「」 7月7日、千昌夫VS委員長(当時)の「東北弁おしゃべり」対決 7月21日、沢田研二、放送前日に行われた「比叡山フリーコンサート」での元ザ・ピーナッツ・との結婚報告の模様を撮影したフィルムを独占放送 8月11日、会場から台風直撃のなかで中継。 準備していた特設ステージが使用できず、スタッフ専用の手狭なブースから放送する事態に(但し、当日ゲスト歌手のうち、井上順のみ半ば強行で暴風雨に打たれながら特設ステージで歌を披露)。 10月20日、開局記念番組としてより公開放送、初出演「」 11月17日、作詞者・作曲者名のクレジットが曲名・歌手名とともに併記されるようになる 11月24日、同日開催された第6回を組み、ら各賞受賞者が受賞曲を披露。 布施はひさびさに実父と感動の「ご対面」 11月、エンディングの新コーナーとして「愛のスターテレフォンプレゼント」スタート(〜76年3月まで) 12月1日、初の「4スタライブ」実施(初登場「ひとり暮し」) 12月8日、戦前派の大物・が特別出演(歴代出演歌手中最高齢での出演) 1976年2月16日、が歌手として登場 1976年3月1日、当日のゲスト歌手の一組、のリードボーカル・ラン()の病欠に伴い、当日披露予定となっていた新曲「」の歌唱が見合わせる措置が採られる (昭和51年) 井上順 1976年4月5日 - 1985年9月25日 第387回 - 877回 井上順が司会に参加 このころから、原則として全曲フルコーラスで歌われるようになる。 特別ゲストにの選手(当時)登場 12月20日、初登場「」 (昭和52年) 1月24日、初出演、「古城」「津軽じょんがら節」を披露。 番組に7年ぶりに登場の作曲者・との共演で「雨上がりのダウンタウン」を披露 8月22日、初登場「わがまま土曜日」 9月19日、が特別出演 10月3日、放送10周年突入を記念して放送枠を2時間に拡大、番組10年の足跡を、ゲスト歌手の過去のヒット曲を通じて振り返る(和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」、沢田研二「危険なふたり」、野口五郎「私鉄沿線」、森昌子「せんせい」、西城秀樹「傷だらけのローラ」など)。 オープニングでは久々登場のザ・ドリフターズのが芳村真理役、が井上順役にそれぞれ扮して登場。 応援に駆け付けたクレイジーキャッツの面々と共に久々の新曲「これで日本も安心だ!」を披露。 放送枠を2時間に拡大して総集編企画を放送。 「BOY」をピアノ弾き語りで披露。 3月10日、庄野真代「サヨナラ」企画(長期の歌手活動休止) 4月21日、・夫妻(当時)が共演。 4月28日、・初登場「」 5月5日、、歌手として初登場「あす陽炎」 5月12日、放送600回達成 6月2日、初登場「」「」 6月23日、畔・庭園より中継。 ところが濃霧がかかってしまう 6月30日、初登場「いつか夜の雨が」「あの娘といい気分」の2曲を披露。 また、・も初登場 8月11日、美空ひばり、1970年12月28日以来10年ぶりの出演。 以後、1984年まで美空の夏季(もしくは年内最終放送回)の特別出演が恒例化。 が歌手として初出演。 8月24日、が歌手として初登場「青春の嵐(ハリケーン)」 8月24日、が当時公開中の主演映画「」の主題歌「花一色」を披露。 が歌手として初登場 4月5日、初出演「潮風の少女」 4月12日、番組放送700回達成。 特別ゲストとしてが初登場。 、らロック仲間をコーラスに従え、「さらば愛しき女たち」ほか2曲を披露 4月26日、放送700回記念企画として新婚夫婦300組を招待してのディナーショー形式の記念番組を放送(より) 5月3日、・(「」)初登場。 三田の歌唱中、マイク故障のトラブルが発生し、急遽再度歌い直しの措置が採られる 5月10日、初登場「妖精時代」 5月17日、初登場「急いで!初恋」 6月14日、RCサクセション「ガム吐き捨て」事件 6月28日、が未レコードデビューながらソロのアーティストとして番組に初登場。 同放送回のトップバッターとして所属事務所の先輩・のヒット曲「ブルドッグ」を披露 7月12日、美空ひばり、作者のを目の前に「」を熱唱 8月2日、が歌手として初登場(「煙草」)。 同放送回のラストでは学生時代からのファンであるの相手役を務める(「」) 8月16日、初登場「」 8月30日、もんたよしのりの結婚祝福企画を放送 9月20日、初登場「」 10月4日、15周年突入を記念して放送枠を2時間に拡大、番組を彩った多数の歌手をスタジオに招き総集編企画を放送。 特別ゲストとしてを迎える。 11月1日、、当時公開中の主演映画「」の主題曲を共演者の・・・をコーラスに従えて披露 12月13日、、衛星中継で初出演 12月20日、「サヨナラ」企画、が初登場「別れの律動(リズム)」 (昭和58年) 1月10日、歌舞伎俳優・先代が特別出演 1月31日、初登場 2月28日、井上順の代理として田原俊彦が芳村真理の相手役を務める。 映画「」で主演を務めるが特別出演。 同じく同映画に出演する・・、音楽監督を務めるとともに同映画の主題歌を披露。 翌年4月には歌手として出演を果たす 7月4日、が井上順の代理司会を担当。 が作者・とのジョイントで異色作「笑ってよムーンライト」を披露 8月8日、が歌手として番組初登場「心が・・・」(芳村真理の代理司会も担当)。 ドラマ共演で親交を深めたが応援ゲストとして登場 8月22日、が歌手として番組初登場「夏も泣いている」 10月10日、より公開生放送を実施。 初登場ながら、セット中央の大階段から登場。 9月3日、初登場「泣かないで」 辻久子、前橋汀子ら、クラシック界からの出演者が登場 9月24日、・、当時公開中の映画「上海スパンキング」での一コマを番組で再現、主題歌「ウェルカム上海」を披露 10月1日、映画『』の主題歌を歌う五木ひろしの応援ゲストとして同作品の原作者・と主演のが出演 10月8日、17周年突入を記念して2時間スペシャルを放送。 牧原俊幸、本間淳子〈のちに永真理〉各アナウンサーが担当)、 タイムトンネル、このほかDX初期にはビデオレター、ニュースコーナーなども存在 4月3日、DELUXE第1回。 マンスリーゲストの小柳ルミ子が加山雄三の歌声に号泣。 当日放送でのマニロウからのリクエストに従い、来日初出演時(同年6月12日)には全国から募集した100人の現役芸者が彼を出迎える 6月5日、高田みづえ「サヨナラ」企画、引退前最後のテレビ出演 6月19日、世界的奏者・がマンスリー・田原俊彦とのセッションで番組初登場 7月3日、の人気キャラクター、・が登場 7月17日、・初登場 7月24日、・初登場。 大関・が特別出演 8月7日、谷村新司・佐藤隆が「12番街のキャロル」で「対決」 8月14日、が喉の不調のため、当日歌唱予定だった新曲「」の披露を見合わせ、ライブの様子を撮影したビデオを放送する処置が採られる。 初登場。 8月21日、森進一、坂本九を追悼して「」絶唱 、、の当時のを代表する俳優3人が特別ユニット「BIRD」として登場 9月4日、競輪選手・が特別出演 9月18日、おニャン子初のソロデビュー組としてが初登場。 以後、(85年10月9日)、(86年1月8日)、(同2月5日)、(同3月19日)、(同5月28日)、(同7月16日)、(同11月5日)、(87年1月28日)らが続々ソロ歌手として番組に登場、1987年初頭にかけて番組にも「おニャン子旋風」が吹き荒れる 9月25日、9年半にわたって司会を務めた井上順が番組を降板。 、ら当日出演の予定のなかった歌手が井上のラスト司会を見送るために駆けつけエンディングでは「」を歌唱。 相方の芳村真理は号泣しながら井上の10年に及ぶ労を労った。 (昭和60年) (10月 - ) 古舘伊知郎 1985年10月2日 - 1990年10月3日 第878回 - 1131回 10月2日、元・アナウンサーの古舘伊知郎が4代目の男性司会者として登場。 応援ゲストに、また、角界から横綱・が出演。 10月2日、アン・ルイス・吉川晃司が「六本木心中」で過激なライブパフォーマンスを展開、物議を醸す 10月2日、が大勢の地元の後援会の面々が駆けつける中、「千恵っ子よされ」をスタジオ狭しに駆け回りながらの熱唱。 多数のファンがスタジオに駆けつける中で「」を熱唱、曲の途中で当日の出演者の一人、サザンオールスターズのが飛び入りでジョイント。 10月16日、優勝の瞬間を生中継。 放送時間のおよそ半分を生中継に費やしたため、当日のみしか空いていないスケジュールの歌手のみを優先させて歌わせ、エンディングでオープニングメドレーを行った。 急遽、後半(22時台)の曲順・構成を入れ替え、再演奏する措置が採られる。 (昭和61年) 1月29日、大関・夫妻が特別ゲストとして登場 2月5日、露木茂、古館の代理司会を担当(芳村・露木は、1986年まで『FNS歌謡祭』司会を務めていた) 2月12日、初登場「」 3月5日、初登場「」 3月26日、放送900回突破を記念して、歴代の出演歌手を集めての2時間の総集編企画を組む。 番組中盤にはおニャン子クラブからの卒業を発表した・の送迎企画を放送 4月2日、オーケストラがTHE HIT SOUND SPECIALになり、バンドマスターも三原綱木から新井英治に交代(1989年9月まで) 4月2日、ハリー・ベラフォンテ出演。 ゲスト歌手全員での「」大合唱 4月9日、初登場「」 4月16日、初登場「」 5月7日、初登場「」 5月21日、が衛星生中継で初出演。 7月29日、「」、初登場 8月5日、が芳村真理の代理司会を担当 8月19日、初登場「Something In My House」 8月26日、第4スタジオからTHE ALFEE「4スタライブ」決行、初登場「」、おニャン子クラブ「サヨナラ」企画 9月9日、お笑いタレント・初出演「ムーンライト・シィンギィング」 9月16日、、初登場 10月7日、久保田利伸が新人ながらマンスリーゲストとして1ヶ月間出演。 初登場「泣いたままでListen to me」 10月14日、初登場「」 大物海外アーティストの出演相次ぐ(11月18日:、12月16日:ほか) 11月25日、「ダウン・タウン・ブギウギバンド」再結成・8年ぶりの出演 12月、がマンスリーゲストとして1か月連続出演 12月23日、クリスマス特別企画としての人気キャラクターがスタジオに勢揃い。 番組中盤では大勢のダンサーを交えた大規模なレビューショーを展開。 谷村新司・堀内孝雄、「アリス」再結成・同バンド名義では7年ぶりの登場。 初登場「MY WILL」 1988年1月27日、長渕剛が第4スタジオから「」を披露。 3月30日、舘ひろしがメドレーにて中山美穂「」が歌えなくなり、再度歌唱の処置に。 4月20日、初登場「褐色のセールスマン」 5月25日、柴がへの現地からリポートを行い、東京のスタジオからは古舘が単独司会。 海外からジャッキー・チェンが出演 6月、1985年秋から活動を休止していたサザンオールスターズがマンスリーゲストとして復活。 初日にあたる6月1日放送では2年半ぶりの新曲「」を熱唱 6月22日、、テレビ生番組初出演「」 7月20日、初登場「」 7月、マンスリー・小泉今日子が10分近い大作「」を前後編に分けて披露 8月、マンスリーゲスト制を休止し、特別企画として毎週異なるアーティストによる第4スタジオでの公開ライブ企画を実施(翌1989年8月期にも実施) 8月24日、活動休止を発表したのボーカル、が報告をかねて単独で番組に出演。 休止前最後のシングル曲「微笑みに乾杯」をソロで披露(但し、クレジット上はグループとしての出演として取り扱われる) 9月7日、、歌手として登場「故郷」 9月28日、ジョイント - ・「旅人よ」 10月19日、志村けんが『』ファミリーを率いて「」を披露。 志村及び事務所内の先輩格であり、元々TBS系列の番組『』にて「ウンジャラゲ」を披露していたが応援ゲストとして出演 11月9日、一家が特別出演。 列車にちなんだ歌をメドレー形式で披露。 11月、番組放送20周年 マンスリー・スタジオLIVE、 恋人選びコーナー12年ぶりに復活 ・11月23日、初代司会の前田武彦・芳村真理を迎え20周年特別版放送 ・11月30日、より衛星中継。 東京の第6スタジオからは、中井美穂・田原俊彦・Dee-Dee、からは服部まこが出演 4月、さだまさし、マンスリー出演 ・4月5日、「」ノーカット披露 ・4月12日、13年ぶりにとして再結成。 1989年10月 - (平成2年) 夜のヒットスタジオ SUPER 毎週水曜夜10時 - 10時54分 古舘伊知郎 加賀まりこ 1989年10月18日 - 1990年10月3日 第1085回 - 1131回 2時間から1時間へと放送時間短縮(番組4分割) バンドマスターが服部隆之に交替 1989年11月8日、2日前(11月6日)に逝去した松田優作を追悼するコーナーを特別に設定、松田が出演した1980年4月28日放送分のVTRを放映 1989年11月15日、が歌手として登場 1990年3月7日、初登場 1990年4月25日、(グランドハイアット香港前ほか)から全編中継 1990年5月16日以降、テコ入れ策の一環として、オープニング後の最初の曲に往年のヒット曲を据える構成が採られるようになる(郷ひろみ「」、「」、CHAGE and ASKA「」、長渕剛「」など) 1990年5月30日、が歌手として登場 1990年8月29日、番組史上最後の初出演アーティストとしてが登場 1990年9月、22年ありがとう月間として放送 ・マンスリーに松山千春再登場 ・22年の最後を締めくくる歌は若手最多出演者・田原俊彦「ジャングル Jungle」 1990年10月3日、22年間にわたる歴史に幕 夜のヒットスタジオ(第1作) [ ]• 放送期間:1968年11月4日 - 1985年3月25日• 放送時間:月曜日 22時 - 23時(1972年4月からは22時56分まで、1972年10月からは22時55分まで、1975年10月からは22時54分まで) 新種の歌謡バラエティ番組として(1968 - 1973) [ ] 従前、の月曜22時台は枠であったが、1960年代における22時台は当時の放送業界の認識では深夜に近い時間帯であり、視聴率は苦戦を強いられていた。 1968年11月、『夜のヒットスタジオ』は3ヶ月〜半年程度の繋ぎ番組としてスタートした。 第1回のゲストは、、、ほか計8組。 ネット局はフジテレビ・・・の4局で、当時クロス局であった・・はネットしていない。 構成は当時多くの人気番組を抱えていた、プロデューサーはフジテレビ朝のワイドショー番組『』のスタッフであった。 司会には塚田が構成を務めた『』の司会として人気タレントとなっていた 、その相手役には『小川宏ショー』のホステス役を務めた経験から伊藤とも面識のあった。 このほかムードコーラスグループの(1974年10月まで出演)と、当時フジの看板アナウンサーであったもレギュラー出演者として名を連ねた。 前田・芳村の司会者への起用は、当番組開始の前年にで放送された前田がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組『』で芳村がゲストパートナーとして出演した際の二人のやりとりを偶然聴取した塚田が、伊藤に「新番組の司会はこの二人でいきたい」と強く推薦して決まったものであるという。 それまで視聴者にとって雲の上の存在だったスター歌手の人間性を引き出すことを当初のコンセプトとし、終了時まで続いた「ご対面」や「他人の歌オープニングメドレー」、エンディングで視聴者に電話をしスロットで表示された額(最高10万円)をプレゼントする「ラッキーテレフォンプレゼント」のほか、その回のゲストが歌う曲をモチーフとしたコント形式の「歌謡ドラマ」、ゲスト歌手の性格・嗜好を電子計算機にインプットし相性の合うタレントをはじき出す「コンピュータ恋人選び」といったバラエティ色の強い企画が用意された。 当時等で夜遅くまで働いている若者たちが丁度落ち着いてテレビを見られる時間帯に歌を聴かせる番組、楽しませる番組が一つぐらいあってもいいのではという点もあり、その時折に沿ったをBGMに司会者が登場するシーンや「ご対面」などはその点を強く意識したものであると言われている(伊藤昭談)。 司会者が歌手たちと自然体でやり取りするというスタイルも異色であった。 前田自らも「カワウソおじさん」と称した)。 当時「フリートークの天才」として持て囃された前田と丁々発止のやり取りを繰り広げた芳村の司会振りはそれまでのテレビ番組の世界では置物的色彩の強かった女性司会者の概念を覆し、この番組をきっかけにこの後、1980年代にかけて『』『』(何れもフジテレビ系)、『』(系)など多数の人気番組の司会を担当、テレビ司会者としての地位を確立した。 スターが一人の人間として涙を流しながら必死で歌うシーンが話題となり、これを機にが急上昇し、1969年3月17日の放送では最高視聴率 42. 『ヒットスタジオ』は当時高視聴率番組が少なかったフジテレビにあって貴重な「ドル箱」番組となった。 1969年3月31日、モノクロ放送からカラー放送に移行と同時に、番組専属の演奏バンドとして結成間もない「とニューブリード」を抜擢。 この頃から当初は出演を拒否していた歌手・タレントも番組の評判を聞きつけ続々と出演するようになり、時には出演したいのに出演できない歌手も出るほど(前田武彦談)であったという。 『夜ヒット』の出演者人選の特色の一つに「男優・女優を歌手としてゲスト出演させた」点が挙げられるが、この時期には、、、、ら当時のスター俳優が多数出演した。 1969年末には海外ゲスト第1号として、当時日本でもアイドル的存在として人気急上昇中であった が出演するなど、「バラエティに富んだ出演者陣を網羅する」という番組の特色の土壌がこの時期に築かれた。 当時の歌謡番組は『』()等に象徴される純然たる歌謡ショー形式の番組が大半であったが、1969年10月にスタートした『』で「ウソ発見器」などのコーナーで歌手の人間性を重視する構成がなされたり、歌手が自然体でMCを行う歌謡番組が多く登場するなど、当初異色の扱いだった『ヒットスタジオ』は、他局の歌謡番組の制作方針にも大きな影響をもたらした。 番組の挫折とバラエティ色の強化(1973 - 1976) [ ] 1973年6月、前田武彦が大阪選挙区に立候補したの候補の応援演説の際に「生放送中に候補者が当選した際にはを必ずやりますから見ていてください」という旨の約束をし、その候補者が当選したことから1973年6月18日放送分の『夜ヒット』のエンディング時にバンザイのポーズをしたところ、このことが「」を掲げていた議長の逆鱗に触れ、これが引き金となり、最終的に前田は同年9月をもって当番組の司会を解任、他局の大半のレギュラーもこれと時同じくして降板の憂き目に遭った( 「共産党バンザイ事件」)。 この騒動は『夜ヒット』に大きなダメージを与えた。 番組自体は続けられることとなったが、「反共」という番組についてしまった負のイメージの早期払拭を図るべく、前田の解任と同時に芳村真理も一旦降板させ、1973年10月からはあえて正規の司会者を置かずに、ゲスト歌手の中から男女1名ずつ司会を起用。 ・・・など司会者としての実力もある歌手から・・・など司会経験がほとんどない歌手に至るまで、意外性のある人選で注目度を維持し続けることを狙いとしたが、このスタイルはあくまでも暫定的なもので、実際には早い段階で芳村を番組の軸としての仕切り直しが検討されていた。 半年間のレギュラー司会者なし、歌手による司会者輪番制による放送を経て、1974年4月から芳村真理が再び司会者に復帰。 芳村を軸として、塚田とは旧知の仲であり、当時『』(系)や『』()などで幅広い年代層に人気司会者の地位を確立していた 、そして、前田時代からの常連歌手の一人であり、またかつてごく短期間ながら同局系の歌謡番組『』の司会を務めた経験のある を新たにパートナーに起用してのトリオ司会体制に移行。 この体制が採られた当初は芳村と朝丘の二人が番組進行の全般を行い、その間に的な役割として三波が茶化しを入れに割り込むという当時のテレビ番組としては異例ともいえるMCスタイルが採られた。 が、1974年7月以降、舞台公演との兼ね合いから朝丘が度々番組出演を見合わせるようになったために、三波も朝丘の代役として番組進行に本格的に参加する機会が多くなり、最終的に1975年3月末で朝丘は起用からわずか1年で司会を降板。 同4月以降は芳村・三波の男女ペアによる司会体制に完全移行した。 三波にとってはこの番組が初めての本格的な歌謡番組での司会であった。 『ヒットスタジオ』は前田司会の時代から「歌謡番組」を軸としてバラエティ色を盛り込む構成がとられていたが、三波登板の時期にはその回で歌われる曲を題材としたコーナー「歌謡ドラマ」がメイン企画となり、東北弁で・扮するホステスを口説く中年男性や、はげ頭のをつけて新婦役のの父親の役などをふんだんにアドリブを交えながら演じるなど、芸人としての三波の魅力が最大限発揮された。 また、毎回冒頭では三波が時期や場所を使った「」を言うのが毎回のパターンとなった。 この他三波の芸人ならではの軽妙洒脱な司会ぶりも、番組カラーの明朗化をアピールする上で効果を発揮した。 その一方でバラエティ色が極端に強くなったことへの批判に対応すべく、1975年に入ってからは実力派の黒人女性コーラスグループ・や戦前派の大物・を出演させたり、や、といった新人の・にもいち早く出演交渉を行い、放送スタートから満7年を迎えた同年11月からはそれまでは省略していた作詞・作曲者のを曲名・歌手名との併記で表示するようになるなど、キャスティング・演出面でのテコ入れが頻繁に行われるようになった。 これらの強化策を講じていく中で、特に当時のディレクター・を中心とする中堅スタッフを中心に製作サイドの間で総合音楽番組への方向転換への機運が次第に本格化、当初はバラエティ要素の要として司会に起用された三波と番組の路線との間にも次第に齟齬が目立ち始めるようになった(実際、司会後期の頃には、ポップス・フォーク系歌手の司会の場面で前提知識の疎さを露呈してしまい、一言、二言冒頭に発言をするだけで、細部の進行はすべて相手役の芳村に任せてしまうという場面も度々見られた)。 そして1976年春、製作陣は放送スタート以来の看板企画であった『歌謡ドラマ』の打切りを柱として、段階的ながら大幅な番組構成の刷新を断行する方針を決定。 同時に三波は2年で番組を離れることとなり、ここで歌謡バラエティ番組としての『ヒットスタジオ』は一応の区切りが付けられる事となった。 三波司会時代の最大のハプニングといえば、1975年8月のからの生中継である。 中継当日に台風が沖縄全土を襲来し、特設ステージを設置したにもかかわらずほとんど使用できず、スタッフ用の手狭なブースの中で放送を行う事態に陥った。 これ以降、からの中継(1979年10月8日放送)では強風、からの2回目の中継時(1977年7月11日放送)では大雨のために途中からニューブリードによる生演奏が不可能となり、カラオケ演奏に切り替えるハプニングに見舞われるなど、「ヒットスタジオが野外会場から放送するときは悪天候に見舞われる」とのジンクスを生むきっかけとなった出来事であった。 総合音楽番組への変容(1976 - 1985) [ ] 1976年4月、三波伸介に代わる男性司会者として を起用。 井上の司会起用後程なくして、バラエティ色の強い人気コーナー や公開放送方式も廃止した。 1回あたりの出演者数を9 - 10組から7 - 8組程度まで絞り込み、原則としてフルコーラスを披露する構成を採った。 この時期には「楽曲・歌手を中心に」という番組の趣旨から、それまでは軽視されていた歌唱・演奏中の演出(特に舞台装飾)についても様々な試みがなされた。 例えば、スタジオ一面に敷きつめた畳の上で歌ったの「」、当時まだ珍しかった生放送での合成映像により海の上で歌っているという演出効果を行ったの「」、の「」や山口百恵の「」などでのとの融合、の「」におけるスタジオ全体の電飾装置の配置などである。 オーケストラの配置についても、開始に対応してか、1978年からはや補助のギター演奏者を配置するブースが設けられ、の配置人数も1980年3月からは6名から8名に増員される等、音のクオリティの向上も頻繁に図られた。 当時を務めた(「DELUXE」時代全期にわたってADを担当)によれば、『ヒットスタジオ』は当時局内でも一番制作現場が厳しい番組として恐れられていたという。 当時の看板プロデューサー・の総合演出のもと、リハーサルは毎回10時間以上に及び、若手スタッフは怒号の入り混じった制作首脳陣の指示に従い、本番中も数十秒の間にセット・舞台装置のチェンジを完了させるなど、相当の労力が一つ一つの演出・構成に対して注がれていた。 その緊迫感は、、郷ひろみら当時の出演歌手や関係者の多くから後年「夜ヒットの現場は"戦場"そのものだった」と形容されるほどであった。 は後年「バンドの人もカメラマンの人もみんな厳しかった」と当時の現場スタッフたちの様子を回顧している。 他方、この時期の司会進行は、それまでのパターンを踏襲しながらも、ボケ(井上)とツッコミ(芳村)の役割が明確化されたスタイルでなされた。 井上は当時「芳村家・井上家でホームパーティーをやる」、芳村も「歌手・出演者・スタッフ全てとお祭りをする」というコンセプトでスタッフや歌手たちに接していたと後年回顧している。 上述のスタジオ全体を覆う厳格さ・緊迫感の中で萎縮している歌手たちの気持ちを解きほぐし、最大限の力を発揮してもらいたいとの思いがあってのことであったという。 この司会コンビによって『ヒットスタジオ』は大人向けからファミリー向けの番組へと変質していった。 なお、両者の細かな役割分担は時期によって微妙に異なり、1980年ごろまでは細部進行を芳村が行い、井上は茶化しや盛り上げ役を担当するパターンが一般的だったが、その後は井上も細部進行を行いつつ茶化しを入れ、所々で芳村が軌道修正やフォローのための要所を締めるコメントや掛け合いをして歌手を送りだすことが多くなった。 また、海外アーティストの来日時等に用意されたいわゆる「4スタライブ」の進行については、芳村と井上が各回で交互に担当する形となっていた。 芳村真理の派手な服装と奇抜なヘアスタイルもこの時期に顕著となった。 芳村は、など自身と交友の深い国内のデザイナーのもの以外にも、専属スタイリストを数名雇い、彼らの助力のもと、クリッツア、デュエリー・ミュグレー、、など当時日本ではまだ浸透していなかった海外のデザイナーの服をいち早く現地調達し、番組内で多数披露した。 女性歌手にあっては、芳村に負けじと当番組限定の特注衣装を何着も用意し、また服飾関係の知識に精通した関係者の助力を借りてその衣装に似合うスタイリングを行うケースも多く見られた。 この慣習がのちにという職業が脚光を浴びる契機を作ったとも伝えられている。 芳村に対しては当時、一部の視聴者や業界関係者から「司会者の方が歌手よりも派手なのは如何なものか」といった批判も向けられてることもあったが、この番組特有の華やかさのベースとして不可欠の要素となっていた。 この時期には、1977年に(10月)、・(12月)、1979年には(8月)、1980年には・(6月)、(12月)、1983年には(5月)などこれまでテレビ出演に消極的姿勢を採ってきたフォーク系・系の一流ミュージシャンが次々と初出演した。 また、、、、、、、、など多くの人気俳優も頻繁に新譜発売時に歌手として出演し、、、などの海外でも活躍する歌手以外のアーティストも出演。 1980年代に入ってからは、、、、、、、、、、などの海外アーティストを登場させる一方で、、、、、、といった異色・新手のバンド・ミュージシャンに対しても門戸を広げるなど、「広いジャンルの歌を楽しめる番組」「普段テレビで見ることができないアーティストを見られる番組」という番組イメージを確立していった。 また、人気歌手同士による "ジョイント"企画 (芳村・井上司会時代には""の・山口百恵・とによる『夏にご用心』、とによるヒットメドレー、とによる『いま生きているということ』、とによる『星空のエンジェル・クイーン』、と・による『大阪で生まれた女』、とによる『リンダ』、とによる『みちのくひとり旅』、と・を初めとするロック歌手同志による『さらば愛しき女よ』『プレイ・バック』、・を筆頭とする競作歌手勢ぞろいによる『釜山港へ帰れ』などのジョイント企画を実現させた。 特にジョイント企画は現在も『』等のフジテレビ系音楽番組で頻繁に行われており、名物企画として定着している。 当時の音楽業界において『夜ヒット』でトリで歌を披露することは歌手にとっての一つのステータスと認識されており、森進一、五木ひろし、沢田研二、山口百恵、西城秀樹、郷ひろみ、松田聖子、中森明菜らが抜擢された。 また『夜ヒット』への出演が曲の売り上げやアーティスト自体の人気に好影響をもたらすことも少なくなく(がこの番組で「みちのくひとり旅」を話題曲として披露したのを契機にスター歌手の仲間入りを果たしたエピソードがある)、新曲発表の際には各事務所・レコード会社が同番組への出演枠を奪い合った。 他の歌謡番組では時間的制約などから歌詞の2番や3番にあたる部分を省略した短縮バージョンで歌われることが多かったが、『ヒットスタジオ』ではフルコーラスの完全版が披露されることも売りであった。 しかし、1981年春より同じく月曜に放送していた『』が完全ランキング方式の『』にリニューアルしたのを機に、と関係のある事務所(など)の所属歌手や、日本テレビの関連会社が版権を有する曲を歌う歌手の中には同番組出演に制約を受けるケースが生じたり、同番組のスポンサーの同業他社のCMソングを歌っている という理由で『ヒットスタジオ』に出演できないアーティストが現れ始めた(但し「B面またはアルバムの曲を披露する」という形で『夜ヒット』出演を優先させた歌手も多かった)。 また、1978年の『』(TBS)の登場により、歌番組のトレンドが本格志向な音楽番組から情報番組的な色彩を加味したものへと移行してゆく中で、上記の制約等により必ずしも「最新のヒット曲を手広くカバーする番組」と言い切れなくなった事情が災いして1984年頃から長年安定していた視聴率がやや下降線を辿り始めた。 そのような歌謡番組全体を取り巻く環境の変化の中で、1985年4月、放送曜日の変更と2時間枠への拡大という刷新が図られることになった。 夜のヒットスタジオDELUXE [ ]• 放送期間:1985年4月3日 - 1989年9月27日• 放送時間:水曜日 21時2分 - 22時54分(1986年4月以降は22時52分まで)• 21時0分から21時2分まで予告番組『今夜の夜のヒットスタジオDX』を放送。 ・・各アナウンサーが出演。 当番組の移動に伴い、関西テレビの放送枠であった水曜22時枠は『夜ヒット』を放送していた月曜22時枠に入替となった(『』)。 ワールドワイドな音楽情報番組として刷新(1985) [ ] 1985年4月3日、『ヒットスタジオ』は「ワールドワイドな音楽番組として国際色をより強くし、フルコーラスの原則を徹底してより歌を楽しんでもらう」との方針から、『DELUXE』として水曜21時・22時台の 2時間枠の大型番組にリニューアルされた。 放送曜日移動の理由は、フジテレビが水曜19・20時台にをする機会が稀であり、その後に出演者の拘束時間などの面で何かと縛りのきつい生放送の番組を持って来ても特に支障なしとの判断が働いたためと伝えられる。 司会は月曜時代に引き続いて・のコンビが続投。 「ビッグウエンズデー開幕」と題打ってこれまで「夜の」「ヒット」「スタジオ」と三行だった番組ロゴに「DELUXE」のロゴを加えて「夜の」「ヒットスタジオ」と二行の番組ロゴの下に小さく「DELLUXE」の文字を付けたした物に変更をした。 尚、番組タイトルロゴは番組セットの美術デザイナーでもある馬場文衛のデザインである。 またオープニング映像を、それまでのスタジオ風景を背景とした白色テロップによる簡素なものから、宇宙空間をサーキットで走っていきスタジオ風景にワープする様を描いたに変更(制作費は数千万と言われる)。 また、それまではスタジオ内の吊るされたスタンドマイク(ショットガンマイク)から司会者の声を拾い上げていたが、リニューアルを機にを持たせるようになった。 演奏は引き続きニューブリードが務めることとなったが、に代わりグループ・サウンズ出身者のをバンドマスターに引き入れ、「ザ・ニューブリードスペシャル」としてメンバーを再編成した(1986年3月まで担当。 その後はいわゆる"仕込屋"と言われるオーケストラ編成、「THE HIT SOUND SPECIAL」に交替)。 多様な音楽に更に深く対応していくとの方針であったため、オーケストラの人員配置についても大幅な変更がなされ、吹奏楽部門担当は計13名を7名に削減、トランペット担当の演奏者が座っていた場所に木琴・鉄琴・クラシックパーカッションなどの担当者の席が配置された(1988年3月23日をもって撤廃)。 また席も設置され、オーケストラが演奏を行わない際に指揮者はその席に座位するようになった。 またメインセットについても、階段状のセットに電飾が施され、ひし形の飾りが立体化されるなどの変更が行われた。 照明装置にも、色彩や光線が自由自在にコントロールできるが当時のスタジオに本格的に導入された(バリライトアジア協力)。 またハンドマイクに書かれている「8」のマークはに変わっても変更されていない(ちなみに司会者用のハンドマイクについては縦書きに「8フジテレビ」と書かれていた)。 新生『ヒットスタジオ』を象徴する企画が、一組のゲストに1ヶ月連続で出演してもらい、毎回異なる趣向のステージングでそのアーティストの多面的な魅力を引き出すというコンセプトで設置された 「マンスリーゲスト」制である。 最初のマンスリーゲスト(1985年4月)は、最多出場マンスリーゲストはとの各3回である。 この企画の中で、等が三味線やフルートなどの楽器演奏に挑戦したり、他歌手とのジョイント、が歌舞伎の扮装で登場したり、がボーカルに特殊加工を施し黒装束で妖艶に舞い踊る派手なパフォーマンスを展開した。 また、・のを起用し、番組で生バンド「ザ・ニューブリードスペシャル」が演奏するメドレーや楽曲のアレンジを担当した(後に降板、「DELUXE」時代のオープニング映像のテーマ曲も手掛けた)。 また、ワールドワイドな番組を目指すというコンセプトを反映し、話題の海外アーティストを生出演させるセクションを設置した。 特に大物のアーティストについては主要スタッフが海外へ赴き、直接出演交渉することもあったという。 リニューアル直後の1985年4月17日には、アメリカのみならず世界のショービジネス界の大御所で、すでに伝説的な存在であった(スタジオ生出演)と、世界的な人気を誇っていた(衛星生中継)が出演した際には5000万円は下らない制作費が投じられたといい、この2人が生番組で会すること自体海外の番組でもほとんどないことであったために当時の海外の音楽業界でも話題となり、これを契機に出演交渉がスムーズにいくようになったとも言われている。 その後、本番組には、、、、、、といったアーティストが出演した。 このほか、バックダンサー要員として、のの弟子で番組独自の女性ユニット「B・G・M」を結成(のち「Dee-Dee」に改名)させ、エンディングテーマ曲「YOU'VE GOTTA NAME」でレコードデビューさせた。 また、ゲスト歌手の過去の出演シーンと現在の姿・歌声とを対比させる「タイムトンネル」、月曜日時代から不定期に行っていた司会の芳村のプロデュース企画「ファッションショー」をレギュラー化するなど新企画も立ち上げられた。 ランキング番組主流の中で、ランキングに入らなくとも恒常的な人気のあるアーティストの曲が締め出されているという『ザ・ベストテン』などへの批判を汲み、『DELUXE』へのリニューアル当初にあった「ヒットスタジオはこれ(曜日変更・時間枠拡大)で終わった」という局内外での批判を跳ね除けてみせた。 新旧交替〜井上順と芳村真理の降板、若手の積極的起用(1985 - 1988) [ ] 1985年9月25日、井上順が「自らの可能性をより広める」ためとして司会を降板。 代わってから独立して間もない が起用される。 古舘は局アナ時代のに、スケジュール多忙のためにコーナー別撮りになったの後任として、と共に『』の司会になって 以来の音楽番組担当となった。 古舘の司会第1回目の放送(1985年10月2日)で芳村真理は「時間が経てば終わるのよ」とフォローの言葉をかけ、古舘の緊張をほぐしたという。 当時「ストロボする言葉マシーン」を自称していた古舘は・の実況中継の時と同様に巧みな話術を展開し、それまで井上と芳村が交互に担当していた「4スタライブ」の進行も一手に引き受けることとなった。 後に芳村は、古舘と最初に組んだ『ヒットスタジオ』の放送の時に若手司会者らしからぬ堂々の進行ぶりに圧倒され「自分の中で(司会勇退に向けて)心の整理を始めていた」「この人なら、後を任せられると思った」と著書の中で回顧している。 この時期には新進気鋭のアーティストの存在に注目し、、、、、、、らを他に先駆けて出演させた。 また、ミュージカルの1シーンの再現や、・ら人気俳優の「マンスリーゲスト」への起用のほか、アルバム収録曲が頻繁に披露されるなど、クオリティの高い番組制作が試みられた。 松坂慶子が銀粉まみれの男性ダンサーと入り乱れながらの「桃色吐息」(1986年5月28日放送)、とのジョイントによる「」(1985年12月4日放送)、THE ALFEEをバックコーラスに従えてのによる「アジアの片隅で」(1987年12月30日放送)、とによる「六本木心中」での過激なパフォーマンス(1985年10月2日放送)、・・らロック仲間総出での「ロックンロール・ウィドウ」(1987年3月4日放送) などのシーンが生まれた。 古舘起用後も、制作の中心的役割を担ってきたとらが引き続き担当したものの、のフジテレビ社内の人事異動で7月に疋田が降板したことを契機に 、監修に回った塚田を除き制作の一線を外れ、代わって出身で古舘とは学生時代より面識があったという、プロデューサー・ディレクターには疋田の部下であったなど若手作家・スタッフ陣が起用された。 当時の「サンデー毎日」の記事によれば、当時フジサンケイグループ議長だったが推し進めた若返り政策の一環で、それまで率いてきた制作首脳陣の世代交代が一気に進められたとされる。 その影響で、それまで番組出演回数や貢献度などを主たる選定基準としていた「マンスリーゲスト」に出演2回目であった若手・久保田利伸を抜擢(1987年10月)するなど、制作者や出演者の顔ぶれに新旧交替の傾向が強くなった。 そして、放送開始当初より司会を続けてきた芳村真理も、遂に1987年晩夏の頃に、翌年初冬に控えた第1000回放送を区切りとして同番組の司会降板の意思を固める。 これについては当初、1988年の新春が明けてから公表する予定となっていたが、1987年12月頃に一部スポーツ紙がこの話題をスクープ記事として取り上げる事態に発展したため、急遽この報道を受けての緊急記者会見という形で正式に明るみにされることになった。 この席上、芳村は「しばらく家庭の時間を持ちたい」との意向が同番組降板の最大の理由であると説明 、降板と同時に以後の芸能活動の大幅縮小(事実上のセミリタイヤ)を示唆する格好となった(この芳村の『ヒットスタジオ』勇退は、第1回放送から出演してきた番組の象徴の番組降板という事情もあってか、スポーツ紙のみならずの社会面にもトピックス的な扱いながら取り上げられた)。 そして、この記者会見以降、第1000回放送に向けての企画準備が急ピッチで進められ、年が明けた1988年1月の放送分はマンスリーゲストを廃して、芳村の勇退記念企画を編成。 そして同2月3日の第999回記念「全編衛星生中継」企画(これは長年芳村とともに番組を支えてきたスタッフや当時の同番組の常連歌手たちの慰労旅行を兼ねた企画であった)を経て、同2月10日の第1000回放送「芳村真理サヨナラ特番」では、第1回放送時のゲストであった・を筆頭に総勢300名以上の歴代出演歌手と歴代の男性司会者(故人の三波伸介を除く )が出演し、芳村の最後の司会を見守った。 芳村は放送の最後に一列に並んだ彼らから薔薇の花を一輪ずつ受け取り、「テレビの向こうにたくさんの顔が見えます」と、既に業界の一線を離れている過去の番組関係者や出演歌手らに向けたメッセージを残して番組を去っていった。 この放送時のは以降に放送された日本のレギュラー音楽番組で歴代2位となる36. なお、月曜日時代から続いていた「ラッキーテレフォンプレゼント」は1987年に「夜ヒットテレカ」プレゼント企画スタートのため終了。 また、現在同番組を表す略称として使われる事の多い『夜ヒット』の呼称は古舘が司会に起用されてから頻繁に使用されるようになった。 若手・中堅主導に(1988 - 1989) [ ] 1987年春以降、番組スタッフは芳村に代わる古舘の新パートナー役のキャスティングに着手。 当初は女性タレントを軸に選考が行われ、その中で番組初期からの常連歌手であり、またかつて同局系にて放送されていた『』を始めとして、司会者としての実績も豊富なが芳村の後任司会者に浮上。 しかし、このキャスティング作業が進められていた最中の同年7月に疋田拓が異動 (その後フジテレビを退職し、へ移籍)。 新しいプロデューサーとしてが起用された事により、この後任人事は白紙に戻された。 同時期に塚田茂に代わり、番組構成の現場指揮に当たることになったの、「これまでの歌謡番組としてのヒットスタジオのイメージを破壊したい」との意図 も考慮しながらキャスティングが進められた結果、俳優の を芳村の後任として抜擢。 第1002回放送分(1988年2月24日)より古舘・柴の男性司会コンビにより番組の進行が行われることになった。 同時にエンディング時に使用されていた円形のテーブルも通常の平面的なものへと変わり、オープニング時の司会者登場のシーンも、最初から両司会者がいわゆる「板付き」で既にスタンバイしている状態で番組本編が始まる、などといった具合にマイナーチェンジが加えられた。 1988年11月、放送開始20周年を契機にそれまでテレビ出演に消極的であったをマンスリーゲストに起用。 同月第4週から12月第1週までの3回は特別企画を組み、様々な形で20年間の足跡を回顧した。 11月23日の『20周年前夜祭』では、初代司会者の前田武彦と芳村真理を迎え、今昔の番組内容を対比するというコンセプトから新旧の歌手が登場し、かつてのヒット曲に今のアイドル歌手らが挑んだり、「歌謡ドラマ」を復活させるなどの企画を組んだ。 この際に行われた企画モノは、芳村降板後、徐々に下降線を辿っていた視聴率の(一時的にではあるが)向上に一役買い、この放送を契機に「恋人選び」コーナーを正式に復活させたり、総集編企画の多用や公開レコーディングの実施、マンスリーゲスト以外の歌手でもメドレー形式で歌を披露させる機会を増やすなど様々な企画がテコ入れとして投入された。 一方で、1988年夏ごろから行われるようになったマンスリーゲストによる別スタジオでのファン限定ライブ企画に関しては、基本的に番組内では一部しか放映されず、アーティスト側の意向によっては非公開で行われるケースもあった。 この頃の出演歌手の顔ぶれは俳優や海外アーティストの出演機会が減り、他方では歌手や系タレントが複数名出演する回があった。 それまで『夜ヒット』の常連組の出演サイクルは、原則として3 - 4回に1回というペースが長らく堅持されていたが、この時期になるとマンスリーゲストではないにもかかわらず2週連続で出演するケースも目立っていた。 疋田・芳村・塚田が相次いで番組制作の一線を離れて以降、渡邉・古舘・木崎を中心とする若手・中堅スタッフ主導により、かつての人気企画の復活、実験的な新たな試みの導入など、番組像の模索を図り続け、一時的には視聴率は回復傾向を示したものの1989年の春以降は深刻な視聴率低迷に悩まされ、この頃より1回の放送で費やされる莫大な製作費に対して視聴率が追いついていない現状を前年から就任した会長などの経営陣やスポンサー側が問題視。 結局同年9月末をもって『DELUXE』は4年半で打切りとなり、同時に柴も番組を降板。 同年10月からは番組をジャンルにより4分割化、総合番組としての『夜ヒット』は1時間番組の『SUPER』として仕切り直し(実質上の番組規模の縮小)が図られることになった。 スペシャル版・特別番組 [ ] 「IN LONDON」 [ ]• 放送999回(DELUXEとしては通算147回)• 放送日時 1988年2月3日• 番組開始から担当してきた芳村の勇退と999回を記念して、の郊外にある古城ブロケット・ホールに番組のメインセットを組んで放送。 これまで国内各地から全編生中継してきたが、海外から全編衛星生中継するのは初であった。 <司会者等> [ ]• 芳村真理、古舘伊知郎、服部まこ(中継リポーター兼通訳) - ロンドン <出演者> [ ]• 「20周年記念 SALTBURG ザルツブルク 」 [ ]• 放送1042回(DELUXEとしては通算190回)• 放送日時 1988年11月30日、21:02 ~ 22:54• 放送20周年を記念してのから全編衛星生中継された。 フジテレビ第6スタジオには、万が一衛星中継が切れた時の事故の為に、と、ダンサーのDEE-DEEがスタンバイしており、緊急時にはVTR紹介などでつなぐ態勢が敷かれていた。 また現地ではオープニング曲には、「」がザルツブルクドーム少年合唱団の歌声と披露でザルツブルクドームより行われた。 メイン会場はレジデンツ広場に番組のモノトーンのメインセットを組み、更に有名観光地からも生中継を取り入れた。 エンディングには、「ラッキーテレフォンプレゼント」の復活企画をザルツブルクからで行った。 <司会者等> [ ]• 古舘伊知郎、柴俊夫、服部まこ(中継リポーター兼通訳) - ザルツブルク• 中井美穂(当時フジテレビアナウンサー)、松山千春、服部克久(指揮担当) - フジテレビ河田町本社社屋第6スタジオ• (当時フジテレビアナウンサー) - の前からの中継リポート <出演者> [ ]• MINAKO with WILD CATS• 松山千春(東京のスタジオから) <スタッフ> [ ]• 監修:塚田茂• 構成:木崎徹、小林久枝、スタッフ東京• 取材:デイリープラネッツ• 音楽:広瀬健次郎、• 総合演出:• プロデューサー:渡邉光男、森正行• 現地ディレクター:DAI-HIROSE、 「IN PARIS」 [ ]• 放送1058回(DELUXEとしては通算206回)• 放送日1989年3月29日、21:02 ~ 23:15• エッフェル塔が100周年を迎え、市長から直々の招待を受け、パリのの前にある内の広場にスタジオメインセットを組み、オーケストラにはが指揮、演奏はが入るという豪華な全編衛星生中継であった。 の現場中継レポーターには、海外での中継と通訳を担当している服部まこが、東京タワー中継担当として出演した。 またフジテレビ第6スタジオには中井美穂と、それに専属ダンサーのDEE-DEEが待機。 オープニングメドレーはレギュラーとは異なり、自分の持ち歌ヒット曲を歌いながら繋いで行くという演出であった。 特別ゲストには芳村真理と服部克久が招かれ、芳村真理にはパリに関連した思い出や1989年3月当時のパリのファッション情報、また服部克久にもトークとゲスト歌唱時のピアノ演奏にと参加した。 <司会者等> [ ]• 古舘伊知郎、柴俊夫 - パリ• 芳村真理、服部克久 - 特別ゲスト• 中井美穂(当時フジテレビアナウンサー)、田原俊彦 - フジテレビ河田町本社社屋第6スタジオ• 服部まこ - 東京タワー中継リポーター <出演者> [ ]• 田原俊彦(東京のスタジオから) <スタッフ> [ ]• 監修 :塚田茂• 構成:木崎徹、小林久枝、スタッフ東京• 取材:デイリープラネッツ• 音楽:広瀬健次郎、服部克久• 総合演出:渡邉光男• プロデューサー:渡邉光男、森正行• 現地ディレクター:DAI-HIROSE、上原徹 「特別企画 夜のヒットスタジオDELUXEスペシャルライブ in 横浜アリーナ」 [ ]• 放送日1989年5月3日• 当時、開場したばかりのから番組のメインセットを設置し、観客を動員し全編生中継を行った。 <司会者等> [ ]• 古舘伊知郎、柴俊夫• (当時フジテレビアナウンサー) - リポーター <出演者> [ ]• (マンスリーゲスト)• 竜童組• 夜のヒットスタジオSUPER [ ]• 放送期間:1989年10月18日 - 1990年10月3日• 司会は『DELUXE』から続投のと新たに参加した。 オープニングは司会者登場のシーンおよびトークが省略され、1968年の開始以来続いていた童謡の演奏がなくなり、司会者のトークを1分間にし、CMをはさんでオープニングメドレーに入る形式となった。 1回の放送につきゲストとして出演するアーティスト数は初回(7組)をのぞいて5 - 6組という少数に絞り、指揮者も新井英治から服部隆之(音楽監修兼任)になった。 新司会者の加賀は当時、バラエティー番組などでの歯に衣着せぬ毒舌ぶりや奔放なキャラクターが注目されていた時期であり、同番組でもその毒舌を遺憾なく発揮したが、のや、、の、、のなどの若手アーティストらに対して、音楽番組の司会者としては不適切と思われる問題発言を度々起こし 、本番中にの頬にキスをして、吉がキスマークをつけたまま歌ったこともあった(放送)。 失速・そして夜のヒットスタジオシリーズの終了(1990年) [ ] この時期から歌番組に対するニーズの変化もあり 、放送時間の短縮を機に予算が大幅に削減されたことも影響し、大物アーティストの出演頻度が下がった。 ・・・・らは『SUPER』には一度も出演せず、それまで月に1、2回出演していた番組最多出演者の五木ひろしも放送を最後に出演がなくなり、1980年代には毎週のように出演していたの所属タレントの出演頻度も激減。 若年層に人気のある日本歌謡のジャンルが、・・から・に移行しつつあった時代的背景もあって、若手バンドやロック・アイドル歌手が出演者の大半を占めるようになり、1990年4月18日放送に出演したを最後に純然たる演歌歌手の出演はついに途絶えてしまった。 この事はそれまでの番組のコンセプトである「幅広いジャンルを網羅する」という部分を事実上形骸化してしまった事を意味した。 また、これまでの同番組では全盛期を担当したに象徴されるように放送業界や音楽業界にも絶大な力を持つプロデューサーが一手にキャスティング・曲目選定の決定権限を持ち、これが番組人気の要因であった「歌手や曲目のジャンルの幅広さ」を実現させる生命線として機能していたが、渡邉光男・森正行体制に移行して以降、逆に局側が歌手・レコード会社・芸能事務所に曲目・出演者選定にあたった過剰な配慮をするようになっており、その傾向が『SUPER』改編後はさらに顕著に生放送上でも現れるようになっていた。 例えば、が出演した際には、「歌が苦手なのでを1コーラスのみの歌唱にしてほしい」と放送内で要望し、トーク部分を引き伸ばそうとする行動に出たり(放送)、に配慮して3曲ノーカットで歌を披露させたり(放送)、別スタジオで曲が披露される機会が増えたことなどが挙げられる。 2-3曲を披露するアーティスト(長渕剛・さだまさし・松山千春・甲斐よしひろ・久保田利伸ら)がこの時期には毎回のように最低1組は登場していた。 このような放送内容上・製作上での変容が「番組の影響力が衰えた」との印象を業界内に与える契機となり、出演歌手の幅が狭まる遠因にもなってしまった。 このような変容に相まって、ビッグバンドによる生演奏・手書きテロップの使用・オープニングでのリレーメドレーなど番組の構成、または定式自体が「時代遅れ」という印象を強く持たれ始めたことも視聴者離れにより拍車をかける格好となった。 既にこの時期、を除く民放各局でも生放送式音楽番組の終了が相次いでおり、番組そのものが時代にそぐわない状況となりつつあった。 この低視聴率に危機感を募らせた製作陣は、翌週の5月16日の放送以降、トップバッターに実力派アーティストを置いてかつてのヒット曲を披露させる、トリの位置に実力派に代えて若手のバンドなどを多く起用するといった、それまでの『ヒットスタジオ』が守り続けてきた「様式美」ともいうべき部分にも大胆な変更を加えたが、結局これらの策も番組の人気回復には繋がらなかった。 この深刻な同番組の低調ぶりやその遠因となった1985年以降の番組構成・製作の迷走ぶりを重く見たフジテレビは、1990年9月4日、遂に同番組の打ち切りを正式に決定。 これを受けて、同年9月の放送分3回を「22年ありがとう月間」と題した特別編成で放送したあと、同10月3日、3時間枠での特別番組『』を放送。 この放送をもって、足掛け 22年、放送回数 1131回に亘って放送された『ヒットスタジオ』はその歴史に幕を閉じた。 スペシャル版・特別番組 [ ] 「in 香港」 [ ]• 放送1109回• 放送日時1990年4月25日、22:02~23:25• にある香港前に番組のメインセットを組んで、衛星生中継を行った。 放送に先立ち、出演者やスタッフに向けたレセプションが行われ、香港を代表する女優とから古舘・加賀に花束が贈呈された。 出演者一同は、香港の施設や風習などを事前にレポートしたVTRが放送された。 この回をもって、番組最後の海外からの全編衛星生中継の放送となった。 放送1111回記念と銘打たれたが前述した記録ミスによるもので実際は1109回。 本来の1111回は翌々週の5月9日。 <司会> [ ]• 古舘伊知郎、加賀まりこ <出演者> [ ]• THE ALFEE• 小泉今日子• 少年隊• 田原俊彦• この日は、歴代司会者、主な出演歌手らがスタジオに集合した。 全体進行は「SUPER」時代の古舘・加賀が担当し、各コーナー毎の進行を特別ゲストの歴代の司会者がリレー形式で行う形で放送された(尚、歴代司会者のうち、朝丘雪路と、既に故人となっていた三波伸介は不参加(オープニングではの写真に処理を施した歴代司会者の顔が映されたが、朝丘のみ除外されていた))。 なお、既に歌謡番組としての機能を終えており、ゲストによる新曲などの披露は行わず、膨大なVTRを見ながらのトークを中心とした。 そのためオーケストラボックスにバンドはおらず、代わりに翌年度にフジサンケイグループ各社へ入社が内定している者が招待された。 当日は、フジテレビ系列8局 で電話リクエストを受け付けた。 電話の受付を行う各局スタジオにも各地での仕事のためフジテレビに来られない出演歌手が多数出演した。 また、関東地区では同年11月3日の12:00-14:55に再放送された。 なお、このスペシャルからは2日前にフジテレビ系単独ネット局化したばかりのがネット復帰した。 ヒットスタジオ(派生番組) [ ] 前述の『SUPER』放送当時、同番組とは別に下記の派生番組も放送されていた。 『SUPER』が『DX』を引き継いだ総合音楽番組であるのに対し、こちらは番組ごとにジャンルを限定していた。 のとおり、本来は夜ヒットをジャンルごとに分割する目的で設けられたものであった。 しかし、以上の相違点からも実際には本家からの派生番組という扱いであった。 ちなみにフジテレビ側の公式見解においても、厳密な意味で(いわゆる『DX』の後継番組として)『夜ヒット』シリーズに含まれるのは『SUPER』のみとなっている。 放送期間(統合後):1990年4月6日 - 9月28日、金曜日深夜(土曜未明)。 全国のライブハウスからオススメのミュージシャンを紹介する「インディーズ情報」(バブルガム・ブラザーズ、戸川純時代は「We Love ROOKIE」のタイトルで放送)や、新譜情報を紹介する「MUSIC PRICE」などのコーナーもあった。 放送期間:1989年10月6日 - 1990年9月28日(1990年4月6日からは『コンプレックス』第1部)• 放送時間:金曜日 深夜0時40分 - 26時(土曜日午前2時)• 古舘伊知郎、(1989年10月6日 - 1990年3月30日)• (1990年4月6日 - 9月28日)• (1990年4月6日 - 7月6日、9月7日 - 9月28日)• (1990年7月13日 - 8月31日) 【古舘伊知郎時代】• 下記のとおり、他の派生番組以上に『SUPER』との関連性が高かった。 司会は『SUPER』と同様に古舘が務めていた。 出演者自身の曲ではあるが、オープニングメドレーが行なわれた。 1989年10月13日深夜の生放送で、率いるがを非難する「FM東京」を歌い、を連発した。 フジテレビ側では放送を中断せず曲の一部始終を流した(地方局の録画放送も同様。 後年のの再放送では歌の放送禁止用語の部分にを被せることで対処。 その後、フジテレビ側はザ・タイマーズを3年間の出入り禁止処分にした。 【バブルガム・ブラザーズ時代】• オープニング形式が以下のように変更され、番組構成も『夜ヒット』とは大きく異なる形式が採られた。 出演者は冒頭からいわゆる「板付き」の状態で横一列に並ぶ。 そこに司会のバブルガム・ブラザーズと戸川が別々に登場し、軽いトークをする。 すぐに最初の歌手の曲を紹介する。 ヒットスタジオInternational [ ]• 放送期間:1989年10月6日 - 1990年9月28日(1990年4月6日からは『コンプレックス』第2部)• 放送時間:金曜日 深夜2時30分 - 3時30分• 司会:(1990年4月6日 - 9月28日)• 現地(海外)演出担当: ヒットスタジオ演歌 [ ]• 放送期間:1989年4月 - 1990年3月• 司会:• 演奏:三原綱木とザ・ニューブリード 『オレたちひょうきん族』との関係について [ ] 『DELUXE』時代は、『』(ひょうきん族)のスタジオ収録日とちょうど重なり、『ひょうきん族』の出演者が『DELUXE』に飛び入り出演することがしばしばあった。 は「タケちゃんマン7」の中での悪役キャラクター「パーデンネン」の変装をしている最中、局内で芳村真理から毎週のように「さんまちゃん、派手ね〜」と言われたという。 さんまは、1985年9月18日放送で、1988年3月2日にはの応援ゲストとして出演したが、ひょうきん族のコントの撮影中だったため、コントのキャラクターの衣装とメイクのままであった。 その一方で、は、1986年11月5日放送で『IEKI吐くまで』を披露している。 また、真偽は不明だが芳村や疋田プロデューサーとの関係で生じた珍事件がさんまやビートたけし、島田紳助らにより多く紹介されている。 番組終了後の復活スペシャル版 [ ] 「夜ヒット」の終了後も、様々な形で特別番組などが放送された。 夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル [ ] 『 年末リクエスト総決算』• 1990年12月26日(21:00-23:25)• 最終回で紹介しきれなかったVTRを中心に、出演した常連歌手らがスタジオで思い出を語った。 <司会>• (フジテレビアナウンサー、当時) <主な出演>• ・SUE CREAM SUE()• 他 『青春時代編』 [ ]• 1991年4月3日(21:30-23:25) <司会>• (フジテレビアナウンサー、当時)• 徳光和夫初のフジテレビ本格出演。 2日前に開局したもこの番組からネットされている。 <出演>• 中森明菜• 工藤静香• (はソロ、はとしても出演) 島原救済緊急特別番組・夜のヒットスタジオスペシャル [ ]• 1991年7月3日(21:20 - 23:30)• 噴火の被災者救済ののために復活。 生放送開始から終了後も電話による募金を受け付けた。 <司会>• 古舘伊知郎• (フジテレビアナウンサー、当時) <出演>• 中森明菜• 田原俊彦• <中継出演>• CHAGE and ASKA• フジテレビ系列27局とでネットされた。 夜のヒットスタジオ RETURNS SPECIAL [ ]• 1993年3月31日(21:00 - 23:05)• 最後のネット番組。 <司会>• 井上順• 田原俊彦• (フジテレビアナウンサー、当時)• <出演>• 田原俊彦• 中森明菜• 閣魔堂 '94夜のヒットスタジオ超豪華秋SPECIAL [ ]• 1994年10月12日(21:00 - 23:05) <司会>• 井上順• (フジテレビアナウンサー、当時) <出演>• 田原俊彦• 中森明菜• 芳村真理 '94夜のヒットスタジオ 超X'masデラックス [ ]• 1994年12月24日(19:00 - 20:55) <司会>• 関口宏• 中井美穂(当時フジテレビアナウンサー) <出演>• SMAP• 内田有紀• ASKA & 14カラット・ソウル• 少年隊(中継)• 工藤静香• 松田聖子(中継)• 小泉今日子• 久保田利伸(中継)• 中森明菜 '95夜のヒットスタジオ・グレートアーティスト・超豪華!春のスペシャル [ ]• 1995年4月5日(20:00 - 23:15) <司会>• 中井美穂 <出演>• 郷ひろみ• 田原俊彦、• 中森明菜、• 和田アキ子• 米米CLUB• Dreams Come True• SMAP• 内田有紀• 1996年4月3日(21:00 - 23:10)• さんまもTHE ALFEEの伴奏で「My Sweet Home Town」を歌唱。 <司会>• (当時フジテレビアナウンサー) <出演>• 中森明菜• THE ALFEE• 他 '95夜のヒットスタジオ 純白のX'masスペシャル [ ]• 1995年12月23日(19:00 - 20:55)• 寿退社が決まっていた中井美穂にとっては、この特番がフジテレビの局アナとして最後の仕事となり、エンディングでは夫のがお祝いに駆けつけた。 <司会>• 中井美穂(当時フジテレビアナウンサー) <出演>• 松田聖子• 小泉今日子• 中森明菜• 中山美穂• 少年隊• SMAP• trf• globe• 内田有紀• 鈴木蘭々 '96夜のヒットスタジオ 超X'masデラックスin NY [ ]• 1996年12月25日(22:30 - 0:10)• 全編からの衛星生中継 <司会>• 明石家さんま• 中井美穂 <出演>• 中山美穂• ASKA• Dreams Come True• globe• TRF• 華原朋美• 小沢健二• hitomi• dos FNS888スペシャル! 夏休み! 祭りだ! ワッショイ! [ ]• 1996年8月8日• 記念特番の中で放送。 記念特番が放送された第6スタジオのメインセットの隣に夜ヒットのセットが設置され、総合司会のさんまと内田が童謡(『』)に合わせて入場、中森明菜、工藤静香、篠原涼子以外は、歌手本人になりきった がメドレーを熱唱、画面下には出演歌手または元ネタ歌手の当番組出演映像がワイプされた。 記念特番のスタッフには、総合プロデューサー・演出として渡邉、演出に平野が関わった。 <司会>• 明石家さんま• 内田有紀• (当時フジテレビアナウンサー) <出演>(カッコ内は披露した歌)• 中森明菜(『』)• 工藤静香(『』)• 篠原涼子(『』) <ものまねタレント>(カッコ内は披露したものまね)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• (『』) 夜ヒット関連の特番 [ ] [ ]• 1997年3月31日(19:00 - 21:25)• フジテレビ新社屋移転記念特番として放送。 新社屋との衛星生中継の二元構成。 『夜ヒット』のメインセットを完全再現した最後の特番となった。 開局を翌日に控えた、でも試験放送にてオンエアされた。 <ロサンゼルス> 司会• 明石家さんま• 中井美穂 出演• 松田聖子• 中森明菜• 内田有紀• 工藤静香 <フジテレビ> 司会• 露木茂• 八木亜希子 出演• 安室奈美恵• 2018年6月16日(19:00 - 20:55)• クイズ! 脳ベルSHOWの2時間スペシャルとしてにて放送。 セットや演出など往年の「夜ヒット」を再現したわけではなく、通常の「脳ベルSHOW」の形式のままだった。 <司会>• (フジテレビアナウンサー) 通算出演回数 [ ] 番組最多出演歌手はで222回。 女性歌手では、初代マンスリーゲストでもあるが最も多く、145回にわたり出演している。 『夜ヒット』の出演枠については事務所のいわゆる「力関係」が大きく作用しており、特に1970年代までは(ナベプロ)、1980年代についてはやが当番組と強いパイプを持っており、新人歌手の番組初出演などにつき優遇的な扱いを受けていた。 例えば、バーニングプロのはデビュー2日目となる1978年3月27日に初登場をした。 このほか、・・についても、前述の3事務所ほどではないがある程度番組出演枠については優遇される立場にあった。 下記のリストでは、・・・はナベプロ所属、・はバーニング所属、・はジャニーズ所属、・・がホリプロ所属、・・が芸映所属、・がサンミュージック所属、といった具合である。 については及びとしての出演、についてはとしての出演回数を通算した回数及び出演期間で表記してある。 ・・・・・については放送の引退特集番組「サヨナラ」にも出演しているが、山口以外の歌手は「友情出演」という扱いでの登場であったため、上記の出演回数には含めていない。 CSでの再放送・映像の保存頻度 [ ] より(旧フジテレビ721)にて当番組のが行われている。 当初は『DELUXE』版よりスタートし、月曜時代のものについては翌夏より再放送を開始した。 2011年4月よりに放送チャンネルを移した(チャンネル編成の再編に伴うもの)が、2011年12月末で本番組の再放送が一旦打ち切られ、当面の間休止することになった。 また、旧フジテレビ721時代にはカットされていたエンドタイトルもそのまま放送されるようになった。 月曜時代の本編の放送時間は提供表示部分とCMのみのカットで概ね46分間だが、内容によってはさらに一部の本編部分もカットされるケースもある。 一部の本編部分でエンディング部分のスタッフ、制作クレジットがカットされる場合は本編部分の最後に現行のロゴマーク(は表示しない場合あり)を編集時に挿入している。 以前は、ほぼ完全な形で局に現存している第400回(1976年7月5日放送)以降が対象となっており、1974年以前の放送で現存が確認されているのが・・、、・・(第300回記念)・の計8回分のみ(2008年現在)であることや、の親族が生前の映像使用の許可を出していないことが要因とされていた。 過去の総集編企画等でも大半のパートを第400回以降の映像が占めていた。 1000回記念では前田武彦・三波伸介時代の映像も多数放送されたが、それ以降は井上順以降の映像が大半を占めた。 また、当時の出演歌手の版権上の問題や過去映像に対する解釈により、完全な形での再放送は実現していない。 再放送不可能なのが確認できるのは、主だったところでは所属タレント(ら元所属タレントを含む)、、、、来日アーティストら(、など一部放送可能なアーティストもいる)。 、についても途中から再放送されなくなった。 の出演回の再放送に際しては、当初は通常通り放送されていたが、途中から彼女たちの顔にがとられた。 については当初「」を歌った1976年10月25日分が再放送され、その後リストから外されていたが、フジテレビTWOにチャンネル名変更になってからの再放送で再び可能となった。 『SUPER』の再放送は、近年まで5回分程度にとどまっていた。 2008年にそれまで再放送のなかった4回分が新たに追加されたが、再放送の充分でない状況に変わりはない。 ラッキーテレフォンのコーナーでは、個人情報保護のこともあり、CS再放送時には当選はがきにぼかしをかけている(住所や電話番号が書かれているため)。 2008年にはがデビュー20周年記念ライブとなった「」ツアーにおいて、B'zの過去を振り返るコーナーで当番組出演時の映像が使用され、この公演を収録したDVDにもその映像が収録されている。 2009年4月開始の再放送で放送可能だった山口百恵の出演回が2010年1月リストから外されるようになる、 同年6月に百恵出演の全てを収めたDVD-BOXが発売。 ピンク・レディーについても2009年4月以降の再放送ではリスト落ちしている。 2009年4月開始の再放送は1980年6月分までを放送して2012年1月以降長期の休止中。 余談 [ ] 初代司会のは司会当時、当番組の映像を数多く家庭用VTRに保存していたが、司会解任時にテープを全て廃棄してしまったという。 ネット局 [ ] 系列は放送当時(打ち切り時はネット打ち切り時)のもの、太字は放送開始当初からの放送局。 福島テレビは、当時TBS系列メインの編成でありながら1971年10月に福島中央テレビとネット交換をして以降も最終回まで同時ネットを継続させた。 このためTBS系列とのクロスネット時代は『』のネットは行っていない。 なお、『月曜ロードショー』の非ネットはテレビ山口も同様であった。 1985年4月に2時間枠の『DELUXE』となり放送曜日も水曜日に変更されたことで、クロスネット局や系列外局で放送が打ち切られたが、打ち切られた放送局では視聴者から抗議の投書が相次ぐ一方、遅れネットの放送枠が確保できずに、放送再開の要望に応える事ができない状況となった(青森放送の例外はあるが)。 ネット局のロールスーパーでは略称の横にあるカッコ枠に放送局の所在地である都道府県名が表記されていた。 ただし、仙台放送(OX)は「仙台」、東海テレビ(THK)は「名古屋」、山陰中央テレビ(TSK)は「山陰」と表記されていた。 セット [ ] 基本的には22年間の放送期間全期を通じて、左側にビッグバンドの演奏スペースを、右側に本編では歌手・司会者の待機場所として使用される通称「大階段」セットと円形の小階段セットを、スタジオの上部には丸みを帯びた菱形の連なった飾りを両スペースにそれぞれ配置するという基本コンセプトは一切変わらなかったが、放送時期によって若干のマイナーチェンジがなされている。 この番組セットのデザインは初代美術担当のが手掛けたものである。 初代(1968年11月 - 1969年3月) [ ]• セットデザインの模様がカラー放送開始以後のそれとは異なり、線のはっきりした菱形模様が伸縮したようなデザインが使用されていた。 コーラスは指揮者の隣に配置された1本のリボンマイクロホンで歌に参加する手法が採られていた。 スタジオの背景色は基本的には紺色であった。 2代目(1969年4月 - 1973年) [ ]• セットデザインが擦れかかった菱形模様の伸縮したようなデザインへと変更。 このデザインは放送終了時まで変更されなかった。 ビッグバンドもストリングスとブラスの配置が逆となり、これも以降放送終了時まで変更はなかった。 コーラスもこのころより、大階段セットと一体化している円形階段の最上段で歌に参加することが多くなった。 スタジオの背景色はその回によってまちまちで、白背景や紺背景の場合も1970年ごろまではあった。 その後は青背景に統一され、以後この部分での変更は番組終了まで行われなかった。 1969年秋頃に一時曲名テロップが縦書きのものに変更されたが、短期間で元の横書き形式のものに戻されている。 1971年(具体的な時期は不明)より司会者のMCスペースとして1ヶ所、指揮者の指揮スペースとして1ヶ所、歌手の立ち位置として計3ヶ所(正面とメインセットの円形階段最上段およびビッグバンドの演奏スペースのストリングス・ピアノ演奏者の配置している箇所)に円形のシートが敷かれるようになった(但し、セット正面側の歌唱スペース用シートについては前田武彦の降板の頃に、円形階段最上段の円形シートについても1976年夏以降、このスペースに季節の花や植物を常時設置するようになったのを機をそれぞれ撤収されている)。 この中のデザインは当初は丸みを帯びた菱形を1つだけ大きく描いたものが使用されていたが、前田降板後の1973年秋以降は黒を基調に白いが複数輪を描くようなデザインに、次いで1975年4月からはスタジオ上段の飾りのデザインと同様の丸みを帯びた菱形模様が輪を描くようなデザイン(黒基調、菱形模様が白)が使用された(尚、この菱形模様への変更当初のころはビッグバンドの演奏スペース側の歌手の立ち位置に敷かれた円形シートに限り、その下にこの円形シートよりも更に大きいサイズの番組タイトルロゴが等間隔で小さく描かれた赤い円形シートが敷かれていたが、井上順の司会就任間もなくの頃に赤の大型円形シートに関しては撤収されている)。 3代目(1973年 - 1976年3月) [ ]• ビッグバンドの演奏スペースと、大階段と円形階段のセットが切り離された。 通常オーケストラの配置に組み込まれているレギュラーで出演していたコーラス3名も、階段状セットに配置されていた円形のひな壇の上でコーラスを担当する形となっていた。 歌手の座る椅子の置場は、円形階段のところではなく、大階段セットの端の部分に置かれるようになった。 公開放送のスタイルを採ったことから、スタジオの裏に観客が座るベンチが置かれた。 人気歌手が出るときには用意していたベンチに収まりきらず、立ち見をする観客もいたという。 4代目(1976年4月 - 1985年3月) [ ]• ビッグバンドの演奏スペースと、大階段と円形階段のセットが再び直結。 演奏スペースが広くなったためか、このころから適宜、演奏補助者(シンセサイザー、ギター、コーラスなど)がスペースの隅(ピアノ伴奏者の左隣)に座れるスペースが用意されるようになり、1978年からは、長方形型の補助者用のスペースがセット右端に常時配置されるようになった。 また、コーラス担当者も上段のストリングス演奏者のスペースの左隣に常時スタンバイする形となった。 ビッグバンドの譜面台のデザインも、それまでは演奏バンドであるニューブリード専用のもの(中央に「NEW BREED」と書かれたもの)や当時のフジテレビのロゴマークであるを描いた、同局の音楽番組共通のものが使用されていたが、1978年5月22日放送分からは番組限定の白を基調に、丸みのある菱形の下半分を黒く描いた柄が使用されるようになった。 1976年7月からは、円形階段の最上部にその時折の季節の花や植物が常時配置されるようになり、これに併せてオープニングの司会者登場シーンも最初はこの階段上に飾られた花・植物をまず大写しにした後にメインの階段セットを下りてくる司会者を映すというカメラ割りが1988年に芳村真理が司会を勇退するまで定番化されるようになった。 1979年10月からは、大階段側のほうにあった上部の菱形の飾りが上下に昇降できるようになり、歌の間はスタジオの最上部に隠されるようになった。 これによって、大掛かりなセットや演出が階段の上にも行えるようになった。 スタジオ床に当初4箇所あった円形のスペースは、1976年以降は中央の歌手の立ち位置のスペースがまず撤去され、1978年以降はオープニング時以外はMC用のスペースについても撤去されるようになり、指揮者用とビッグバンド側の歌手用スペースの2ヶ所だけが残された。 また1980年からは指揮者用のものを除き、上記の複数の菱形が円弧を描くデザインの配色が白黒逆転したものに変更された。 5代目(1985年4月 - 1990年9月) [ ]• 『DELUXE』へのリニューアルに伴い、基本コンセプトは維持しつつも、セットを全て新調。 階段状のセットおよびビッグバンドの演奏スペースにはが付けられ、スタジオ上部の菱形模様も立体的なものとなり、それぞれの菱形の中央に電飾が一つずつ付けられた(ただし、1989年夏ごろからは番組短縮が決定したことに伴い以前と同様に平面的なものに切替えられた)。 また、ブラスバンドの譜面台もデザインはそれまでと同様であるが若干縦長のものとなり、演奏中には白光するようになった(これは大階段と円形階段のセットも同様)。 ブラス担当が4名減り、その代わりに打楽器担当(木琴など)の演奏場所が配置されるようになった(1988年3月で撤去)。 1988年3月以降、司会者が男性のコンビになったことも影響してか、演奏スペース側にも階段セット(ブラス担当者が座っているスペースの2段目の部分に階段セットを接着させたもの)が追加された。 1989年に第6スタジオの床が張り替えられたことから、それまで指揮者用、歌手の立ち位置としてそれぞれ1ヶ所ずつバンドの演奏スペース側に配置されていた円形のスペースは全編を通じて撤去された。 オープニング映像とテーマ音楽の変遷 [ ] 『夜のヒットスタジオ』(月曜)時代 [ ]• 番組開始 - 1969年3月24日、1970年(時期不明)- 1975年10月27日• ドット抜きされている番組ロゴが現れ、徐々にドットが埋まっていき、ロゴが現れる。 1969年3月31日 - 1970年(時期不明)• 火の玉のような模様が画面の四隅を円弧状に移動した後、その模様が破裂して複数の火花のような模様と共に影が付いた番組ロゴが現れる。 カラー放送移行と同時に使用を開始したが、約1年ほど使用されたのち再び上記の映像に戻された(当該映像が短期間の使用に留まった理由は不明)。 1975年11月3日 - 1983年3月28日• 画面右下と左下から多数の白い斜めの太線が出てきて、画面全体の線での埋まりと線が回転し、番組ロゴに変形する。 1980年10月13日放送からオープニング映像自体に縁取りが付くようになった。 1983年4月4日 - 1985年3月25日• 模様が現れ、徐々に模様が細かくなり、光の筋のような線に変形してドットが埋まっていき、番組ロゴが現れる。 を使用。 オープニング映像に関しては、一貫して本番前のスタジオ風景(夜をイメージしてスタジオ全体を薄暗くさせ、星をイメージした照明、オーケストラが待機している光景)を俯瞰したものになっていた。 ただし、1975年10月20日の広島からの放送時は広島市内の夜景、また公開放送時代には観覧席を映したものなど、放送回数によって一部異なっていることがあった。 オープニング・エンディングに使用された作曲のオリジナルのテーマ音楽は、番組開始から1969年3月までの半年間は、アレンジが後年1985年3月まで使用されたものと異なっていた。 1969年4月からは、ダン池田とニューブリードの演奏による音源に変わったが、1978年10月のステレオ放送開始に伴い、演奏とアレンジが再び変わり速度も少し早まっている、また、テーマ音楽ではないが、塚田が構成を担当していた時期における節目の回(1977年11月7日の10周年記念特別編成、1982年10月4日の15周年記念スペシャル、1985年3月25日の月曜放送最終回など)のエンディングでは、塚田が作詞した『』が出場ゲスト全員で歌われるのが恒例であった。 番組スポンサーの提供読みの場面では、番組終了時まで無音であった。 これは、『DELUXE』時代における21時台と22時台の提供スポンサーの転換時でも同様であった。 尚、オープニング・エンディング時の提供クレジット表示は番組開始当初はブルーバック表示だったが、前田・芳村司会時代の後期の頃にオープニング映像同様にスタジオ風景を背景とした白地テロップの表示に変更され、以後最終回までこのクレジット表示の形式が継続された。 『DELUXE』時代 [ ] 1985年4月3日 - 1989年9月27日• 宇宙空間をサーキットで走っていき、薄暗いスタジオ風景(夜の星空をイメージしたもの)にワープし、ロゴが現れるもの。 を使用し、制作には数千万円かかったといわれる。 1987年12月30日(スーパーDELUXE)放送では、提供クレジット表示中に、カメラの前に人が横切るハプニングがあった。 時期によって、ロゴのカラーリングに変更があるほか、特別番組の時はロゴの上に千社札(1988年3月30日放送など)や特別版のロゴ(1988年2月3日放送のロンドン、1989年3月29日放送のパリ中継放送時など)が付いた。 また、開始当初は、番組ロゴが四方八方に散っていくものであったが、すぐ静止した状態のものに変更になった。 オープニングのテーマ音楽の作曲は、DELUXE時代が。 SUPERになってからは広瀬が音楽監修として、編曲、アレンジをが担当、大村は番組の音楽アレンジも兼任したほか、番組にも数回出演している(1985年5月8日放送など)。 エンディングでも、DELUXE時代の1年間は広瀬健次郎作曲のテーマ音楽を使用されたが、1986年4月から『DELUXE』終了までは、番組専属のバッグダンサー「Dee-Dee」のレコードデビューに併せて、『You've got a name〜愛を信じて・・・』が使用された。 このオープニング映像は『』『』「」のコントなどで、出演者がに乗っているように見せる合成映像として使われることも多かった。 出演者が「何で夜ヒットなんだ? 」と慌てたり、「(芳村)真理さーん! 」と呼びかける様子が視聴者の笑いを誘った。 『'94夜のヒットスタジオ超豪華秋スペシャル』以降ではこの映像の最後に「サーキットに銀球が登場し爆発する」カットが追加されたオープニングが使用された(『'95夜のヒットスタジオ 純白のX'masスペシャル』からはこれら一連の様子を時期に合わせて新規作成した映像が流れた)。 『SUPER』時代 [ ] 1989年10月18日 - 1990年9月19日• さまざまなポーズをとった多数のCGイラストが回転し、シンセ音で「come It's Me」と2回声を発し、それらが消え、ロゴが現れる。 オープニングのテーマ音楽の作曲は、。 放送開始前のオープニングトークやエンディングは、また別のアレンジが使用されていた。 前述の通り、最終回となった1990年10月3日のみ専用のオープニングCGとテーマ音楽が使われた。 その他 [ ]• DVD『中森明菜 IN 夜のヒットスタジオ』には、月曜時代の2・3、DELUXEおよびSUPER時代のOP(及び『夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル』〜『'95夜のヒットスタジオ 純白のX'masスペシャル』のオープニング)が、『沢田研二 IN 夜のヒットスタジオ』には、月曜時代の1・2、DELUXEおよびSUPER時代のOPが収録されている。 番組内でのテロップ表記の変遷 [ ]• 番組開始から終了まで全期間を通じて曲名表示が、曲名が手書き、その他が石井太丸ゴシック体()の形式を堅持していた。 人物紹介 なども、1987年6月までは基本的に手書きのテロップであったが、プロデューサーが疋田から渡邊・森に交代した7月以降は写真植字機を用いたテロップ(フォントは石井太ゴシック)に代わっている。 番組で使用するテロップの制作に主に携わっていたが年に数回休暇を取ることがあり、その際にはあらかじめ定式化されたテロップを代用することもあった。 なお、藤井は、番組開始から終了までの約22年間一貫してテロップ制作を担当した。 1974年3月までは、オープニングでの司会者名・歌手名テロップを始め、CMに入る直前に画面右端に表示される番組タイトルロゴ、曲名テロップなど、番組内で表示されるテロップは全て白色のものに統一されていた。 同年4月の芳村・朝丘・三波司会体制に移行して以降、オープニング時の歌手名テロップは黒く縁取られた黄色のテロップを、曲名テロップも同様に黒縁付きの色つきのものにそれぞれ変更された。 なお、時期や回によっては、黒縁の太さが異なっている。 1975年11月から、OP時の司会者名テロップも黒縁付きの黄色のテロップに変更されたほか、上記のCM入り前の番組タイトルロゴも黒縁付きの色付きテロップに変更(当初は緑色に統一されていたが、1977年からは影付きのものに変更されたため、そのCMに入る直前に披露された曲のイメージを考慮した色が使用されるようになった)された。 また、曲名テロップについても作詞者・作曲者名が併記されるようになった。 1981年1月の放送より、曲名テロップのフォントサイズが縮小。 『DELUXE』からは、司会者が階段から降りてくるシーンに演奏している楽曲と放送回数(左が番組開始から、右が『DELUXE』開始から通算の放送回数)を表示するようになった。 『DELUXE』初期(1985年4月 - 6月頃)は、曲名テロップの下にこれまで併記されていた歌手名テロップがなぜか省略されていたが、すぐに元の(上段から)手書きの曲名・作詞及び作曲者名・歌手名の表記に戻された。 パロディ・オマージュなど [ ] 「夜ヒット」の放送終了後20年以上経った現在でも、比較的頻繁に・が見受けられる。 以下、番組としてはフジテレビ系列で放送されたものを主に記載する。 フジテレビ『』(2002年8月14日、19:00 - 21:00)• 司会:、。 出演:、、、、、、他、中継ゲストに、、、(北島ファミリーとして出演)。 最初にオープニングメドレーを行い、その後『夜ヒット』総集編のVTRを見つつ、ゲストの新曲や懐かしの曲が歌われた。 スタジオバンドはとザ・ニューブリードが夜ヒット同様に担当した。 なお、この特番の続編として2003年10月12日(19:58 - 20:54)に『』が放送された(録画放送)。 フジテレビ『』:コント「」に、本番組を模した架空の歌番組『ごっつええスタジオ』が登場する。 司会は浜田雅功が務めている。 タイトルロゴの「スタジオ」は本番組からの流用である。 『』(1994年7月23日 - 7月24日)• 深夜企画として「夜のチョットスタジオ」が行われた。 司会はとが務めた。 一部、本家のスタジオセットが使用された。 フジテレビ『FNS888スペシャル夏休み! 祭りだ! ワッショイ! 』(1996年8月8日)• 司会:明石家さんま、内田有紀。 番組の1コーナーとして「ものまねヒットスタジオ」が行われ、フジテレビの人気特番『』に出演のものまねタレントらが人気歌手らに扮装してメドレーを披露した。 こちらも本家のスタジオセットを使って行った。 この特番のオープニングの「音楽」を振り返るシーンには、「DELUXE」のテーマ音楽のアレンジ版が使用され、コーナー担当プロデューサーにきくち、演出に平野、総合プロデューサー兼演出を渡邉が担当するなど、夜ヒットに携わったスタッフが担当していた。 フジテレビ『』:番組レギュラーであるが、をモチーフにした歌手「研Z(ケンズィー)」としてデビュー。 研Zのの撮影に監督()を迎え、本番組のパロディ「夜のウッドスタジオ」を舞台に歌っているビデオを制作した。 フジテレビ『』:木曜日の企画として「」と題した名曲披露コーナーが存在した(詳細は「朝のヒットスタジオ」を参照)。 フジテレビ開局50周年特別企画『秘蔵映像すべて見せます・名曲で綴るフジテレビ〜ボクらの心に流れる歌』(2009年2月27日、19:00 - 23:22)• 司会:、(フジテレビアナウンサー、当時) 詳細は「」を参照• 1980年代末期には、当時の人気が出演する正月特番『』では「春のヒットスタジアム」という、がボールを投げながら演奏する企画が行われたことがある。 『』では、水曜日のコーナーとして「ご主人様の素顔を暴露! 昼のペットスタジオ」というコーナーがあった(2010年4月 - 9月)。 関連商品 [ ] 書籍• 夜のヒットスタジオ ぼくのスター名鑑(前田武彦著、1969年、)• 芳村真理の夜のヒットスタジオDELUXE(芳村真理著、1988年、フジテレビ出版)• どんどんクジラの笑撃人生(塚田茂著、1991年、)• DVD• 山口百恵 in 夜のヒットスタジオ(フジテレビ、AVBD91791、2010年6月30日) が歌唱したシーンなどを6枚組に収録。 ピンク・レディー in 夜のヒットスタジオ(フジテレビ、PCBC-61679、2011年5月27日) が歌唱したシーンなどを4枚組に収録。 ただし『DELUXE』以降の司会である古舘伊知郎・柴俊夫・加賀まりこに関する映像は一切収録されておらず(歌唱時のバックに写り込んでいる場面はある)、『DELUXE』期・『SUPER』出演時(1990年2月21日放送回)収録のディスク6には歌唱シーン(オープニングメドレー含む)のみ収録されている。 また以前に発売された夜のヒットスタジオDVDでは番組本編以外にも他のフジテレビの番組映像が収録されていたが、沢田の場合はDVD収録の番組映像が1975年〜1990年の15年分(102回)に及ぶため か他番組映像の収録は一切ない。 THE ALFEE 40th Anniversary スペシャルボックス(ポニーキャニオン、PCBP-62039、2014年9月3日) のCD+DVD-BOX。 DVD2枚組にTHE ALFEE出演・歌唱時の映像を収録している。 脚注 [ ] [] 注釈• ただし、「<構成>塚田茂 スタッフ東京|木崎徹」と分けた表記を使用していた。 に近いスイッチングなど。 月曜時代は基本的に伴奏のみで、『DELUXE』初期は混声合唱、後期はDee-Deeの歌唱が入った。 司会が柴に交代してからは古舘・柴・Dee-Deeで演奏に合わせて踊るシーンがあった(後述する板付きはそのため)。 童謡の演奏と司会者登場のシーンは『SUPER』でも最終回の10月3日で復活した。 司会者を含む出演者の過去の秘蔵写真・映像をターゲットとなる出演者のみ事前告知しない状態で放送するもの。 オープニングメドレー時に出演歌手たちにハガキが入ったボックスから1枚ずつを抜き出してもらい、その中から1枚だけを抽出して記念品を贈呈する内容のプレゼントコーナー。 『』と兼任。 『』と兼任。 5桁のスロットマシーンで下4桁の電話番号を抽出し、その番号に該当する視聴者に対して応募を告知、翌週にその番号に該当する応募者から送られたハガキの中から司会者・歌手が無作為に選んだ一人に対して、スロットではじき出された数字に相当する額の現金をプレゼントするというもの。 スロットの数字がすべて0となった場合にのみ最高額の10万円が送られる。 1985年12月31日にも放送されているが、こちらは『』の特別企画として放送されている。 但し、オープニングでの司会者登場時におけるBGMに童謡が恒常的に選曲されるようになったのはカラー放送に移行して以降の事であり、モノクロ放送時代は音楽担当の、及び当時の演奏バンドのバンドマスターであった・が作・編曲をしたアメリカンポップス調の番組オリジナルBGMが使用されていた。 22時台という(1960年代の感覚でいえば)深夜に程近い時間帯の生放送番組であったために、一部レコード会社や芸能事務所の間で万全のコンディションで歌手が歌を披露できない恐れがあるとして同番組の出演を控えるケースがあったほか、当時の歌手は週末に地方での営業・興行を入れる代わりに週明けの月曜をオフ日に宛てる者も多く、この事も出演者集めに苦慮する要因となった。 なお前田は、その後1986年7月9日に『』のに出演するまでフジテレビと10年以上絶縁状態になった。 「バンザイ事件」発生後の両司会者の処遇については、当初、前田・芳村の同時降板案のほかに、芳村のみを残留させて新たなパートナー役を起用する形で軌道修正を図る案もあったが、初期番組スタッフの中には構成の塚田を筆頭に前田と古くから関わりを持つ人物も多数おり、仮に後者の案を採った場合、前田シンパの番組スタッフの多くが露骨な「マエタケ外し」に反対して番組制作から一斉に離れてしまう危険があったこと、また既に大物司会者の域に達していた前田のプライドを不用意に傷つける虞があったこと、長年前田のパートナー役を務め、公私共に親しい間柄にも関わらず、突然何の脈略もなく「万歳」を前田が採ったことに対して、芳村がその真意を汲み取ることができず適切なフォローをしなかったことが「バンザイ事件」を重大化させた端緒であるとして、芳村の責任を問う声も局内に少なからずあったこと等の事情から、最終的には前田サイドには極秘に「芳村には半年ないし1年の間は代替の新番組の司会をやってもらい、機が熟したら即座にヒットスタジオに戻ってきてもらう」という既定路線を敷いた上で、1973年秋の改編での前田・芳村(芳村に関しては事実上の一時出演休止)の同時降板という形で収拾が図られたとされる。 この時期は、オープニング時の司会者登場の演出も、まず芳村と朝丘が大階段セットから降壇し、両者がトークを始めて少し経ったタイミングで三波が両者の間に割って入ってくるという変則的な形となっていた [ ]。 例えば大磯ロングビーチでの第300回記念放送(1974年8月5日放送)の時は「大磯へ 大磯がしい(お忙しい)のに 良く来たね」。 なお芳村最終日となる『DELUXE』時代の1988年2月10日放送分で、三波の相方だったが出演した時は、伊東が「天国で 三波な様(皆々様)に ありがとう」と、三波の川柳を再現した [ ]。 「ゆくゆくは歌手・歌重視の演出手法に変えたい」という当時の番組スタッフの方針から、幅広い人気を得ている歌手(または歌手業も活発に行っているタレント)を司会に置きたいという意向が働いたことに加え、当時まだ29歳の若さながら、既に1970年代初頭から『ゴールデン歌謡速報』(フジテレビ)、『』()、『』(NET、現・)などゴールデン・プライム枠の歌謡番組の司会経験が豊富であったこと、更に前述の前年夏に行われた沖縄海洋博会場からの野外中継時にスケジュールの都合でリハーサルを欠席した三波の代わりを井上が急遽務めた際、芳村と丁々発止のやりとりを繰り広げ、急な悪天候により極度の混乱状態に陥ったスタッフや他のゲスト歌手、また中継に協力する博覧会関係者たちを和ませた事を製作サイドが高く評価したことが決め手となって井上の司会起用が決定した。 尚、この司会交代により、『ヒットスタジオ』を去る事となった三波への懐柔策として木曜20時枠で彼をメイン司会者(キャップ役)に起用しての新番組『』が同番組スタッフにより立ち上げられた [ ]。 厳密には井上の司会起用後も制作側は急な番組カラーの変化による視聴者離れを避ける目的から、従来からの歌謡バラエティ要素も残しながら、徐々に音楽番組としてのカラーを強めてゆく方向で当面の放送を続けてゆく構想を立てていたため、「歌謡ドラマ」はそのまま継続されたほか、新たに「スター家庭訪問」コーナー(放送当日の出演歌手のうち数組の自宅を井上が訪問し、歌手本人やその家族・関係者にインタビューを試みるというもの)が井上の起用に併せて設けられたが、「歌謡ドラマ」は井上の司会起用からわずか数回のうちに打ち切られ(この「歌謡ドラマ」終了による代替コーナーとして1976年6月までの期間限定の形で心理学者の監修による新方式での「コンピューター恋人選び」が臨時に編成された)、当初は毎週放送されていた「家庭訪問」も1976年夏頃には不定期のコーナーに格下げされた上、1976年末の段階で自然消滅。 1977年以降は「他人の歌オープニングメドレー」「ラッキーテレフォンプレゼント」「ご対面」を除き、ほぼ全編を司会者と歌手とのトークと歌だけで構成する総合音楽番組路線へと転換した [ ]。 京都でのコンサートを終え、電話リクエスト会場となっていた名古屋の東海テレビのスタジオに駆けつけて中継した際、井上順から「ヒットスタジオでの思い出、何かある? 」との問いに答える形で。 正式なコーナー名は 「対決! ただし、実際の放送上でこのコーナー名を司会者が用いることはほぼ皆無に均しかった。 特に以外の化粧品メーカー(、など)のCMソングはCMのオンエア終了後しか披露できなかった。

次の