スラック メンション。 GitHub のメンションを Slack へ通知する

Slackでメンションを付けつつ通知しない配慮isジャポネーゼ

スラック メンション

Slackを始めたら覚えておきたい使い方Best10 まずは、Slackを使い始める上で知っておいて欲しい使い方Best10を紹介します! これらが押さえられていれば、なにも恐れずにSlackを使えると思いますよ! 第1位 プロフィール画像を変更する 第1位は「プロフィール画像を変更する」です。 Slackを使い始めたら、まずプロフィール画像を変更してください! なぜなら、Slackの初期のプロフィール画像、とてもよく似ているんです。 プロフィール画像は、メッセージを送る度にメッセージの左上に表示されます。 デフォルトは、Slackで用意された画像が設定されています。 特にグループチャンネルで利用する事が多い方は、他のメンバーと見分けを簡単につけるために、自分のプロフィール画像を設定しておくと便利です。 早速、次のメッセージを送る操作に移りましょう。 第3位 トークを始める チャットを送りたいメンバーを選んだら、実際にメッセージを送ってみましょう。 これは簡単操作です! 開いている個別チャット画面の一番下にある枠(『Message (相手の名前)』と表示されています)に、メッセージを入力 PC(英語版)の場合は Enterを、日本語版PC、スマホの場合は右下の 『Send 送信 』をクリックするだけです。 まずは気軽に送ってみましょう。 第4位 メンションを活用する 第4位は「メンションの使い方」です。 メンションとは、特定の相手にメッセージを送るための機能です。 メンションは、特に複数のメンバーが参加しているグループチャット環境で絶大な効果があります。 というのも、通常グループチャットでメッセージを投稿すると、相手が画面を見ない限り、メッセージは相手に読んでもらえません。 しかしメンション付でメッセージを投稿すると、投稿と同時に、該当の相手に『あなた宛のメッセージが届いていますよ』と、 各デバイスのプッシュ通知機能がメッセージの存在を知らせてくれます。 Slackには、複数のメンション機能があります。 中でも覚えて欲しいのが3種類。 しかし、もし相手が通知設定を変更している場合、通知されない場合もあるため、どうしてもすぐ伝えたいものは、できるだけメンションを付けておくほうが良いでしょう。 上記メンションの文字列は、 メッセージの冒頭でも、最後でも、どこにつけても色が変わっていれば、機能します。 操作に慣れてきたら、メッセージ欄にカーソルを合わせてから半角文字として 『 』をキーボードで入力してみてください。 上記ボタンと同じ操作が可能です。 第5位 送ったメッセージを編集する Slackは、送ったメッセージをあとから編集することができます。 早速編集してみましょう。 ・ダイレクトメッセージ:一対一でチャットができます。 ・パブリックチャンネル:誰でも自由に参加・脱退ができます。 ・プライベートチャンネル:限定された人しかそのチャンネルに参加できず、存在を知ることもできません。 それぞれのチャンネルは用途が違います。 自分が送りたいメッセージに合わせてチャンネルを正しく選択しましょう。 第9位 チャンネルに参加する チャンネルには、 ・パブリックチャンネル ・プライベートチャンネル がありました。 プライベートチャンネルに参加するには、メンバーから招待してもらう必要があります。 メンバーにお願いしてください! そこで、今回はパブリックチャンネルを探し出し、参加するまでの操作をご紹介します。 必ずチェックを入れる チェックをいれないと以下の画像のような返信になり、グループメンバーは返信内容の把握ができにくくなります。 それだとグループ内でチャットをする意味がありません。 そのため、特定の相手への返信 相手に通知がいく ができますし、グループメンバーも見やすくなります。 スレッド返信はわざわざメンションしないで特定の1人に対して返信することができるので、非常に便利ですが、こういう落とし穴があるので要注意です! 15. 簡単にテキストを囲い、装飾する Slackメッセージでは、PCからでもモバイルからでも簡単にテキストを装飾することができます。 以下例示します。 過去の投稿をリンクで引用する 「Copy Link」という機能を使用すれば、過去の投稿のリンク先を取得して、メッセージに貼り付け・引用することができます。 覚えておくと便利な使い方《環境設定編》 今までは、ちょっと便利なトークの機能について説明してきました。 これからは、Slackをさらに使いこなすために設定しておくべき環境設定について説明していきます。 Slackでの業務がさらに効率的になること間違いなしです! 17. プロフィールのフルネーム表示を変更する 表示名(DisplayName)を最初の登録段階で設定しない場合、このように自分のフルネームが表示されます。 ビジネスで使っているとは言え、フルネーム表示が嫌だなという場合、表示用の名前(DisplayName)を設定すると便利です。 このような遊び心も、社内SNSでご利用の場合には面白いかと。 続いて、今度は同じワークスペース内のメンバー同士で一対一の個別チャットをする際の基本操作を見ていきましょう。 ログイン状態を変更する ログイン状態とは、自分がSlackを見ているか、見ていないかを表す記号です。 自分好みの画面に1つ1つ細かくカスタマイズしていくのが面倒な方は、あらかじめ設定されているテーマを選ぶのがおすすめです。 好きなテーマが見つからなかった場合や自分好みに細かく設定したい方は、画面下にスクロールするとカラーコードの入力欄があります。 ここから、文字の色や背景などのカラーを細かく設定することができます。 Slack全体の通知設定を変更する 全てのチャンネルから通知がくると、うっとうしいもの。 タスク管理をする 「Wunderlist」とは、共同タスク管理アプリです。 「さっきまで覚えていたのに…」「今日はこれをしなければいけなかったのに…」など、仕事が忙しいと、いろいろなタスクを忘れてしまいがちです。 「Wunderlist」は、物忘れが原因で起こるうっかりミスを減らしてくれるアプリです。 うっかり物忘れしてしまうことが多い方には、特におすすめです。 Slackと「Wunderlist」を連携させることで、スラッシュコマンドを使っての素早くシンプルな操作が可能になります。 それでは、「Wunderlist」の使い方を詳しく見ていきましょう。 天気予報を確認する 天気予報を届けてくれるbot 「Forecast」を利用すれば、Slackで予定を調整しているときなどにも素早く天気を確認することができます。 「Forecast」は、数ある天気予報botの中でも、特に使い方や連携方法が簡単なのが魅力です。 まずにアクセスし、「Add to Slack」をクリック。 「許可する」のボタンをクリックして、Slackと連携させます。 「@forecast Tokyo」など、「@forecast」プラス「場所」を入力すれば、素早く天気予報が確認できます。 関連記事: 関連記事: 28. Humble botを使って必要事項を通知する 「Humblebot」とは、Slackにおけるメンバー同士のチームワークをより深めてくれるボットです。 フレンドリーなロボットが、毎朝メッセージを送ってくれるのも魅力的です。 さらに、チームメイトにお礼や挨拶するのを忘れないように合図をしてくれる機能なども備わっています。 使い方はとても簡単です。 へアクセスし、登録するだけです。 完了すると、Slack画面の左にあるサイドバーに「Humblebot」が追加されます。 まとめ いかがでしたか? 最初は、1つ1つの操作が不安かもしれませんね。 しかし、コミュニケーションを重ねると、操作に慣れてきますし、操作に慣れてくると、さらにコミュニケーションが楽しくなりますよ。 まずは実践あるのみ。 ぜひ、トライしてみてはいかがでしょうか。

次の

【Slack(スラック)】メンションとは?使い方と全員に通知する方法

スラック メンション

【Slack スラック 】のメンションとは「 (ユーザー名)」のこと! チームメイトに連絡を取る場合、もちろんダイレクトメッセージから直接個人的にメッセージを送ることもできます。 しかし、 「 (ユーザー名)」を使うことで、チャンネルの中から特定の人物に向けて呼びかけ+通知することができます。 これをSlackでは、 「メンバーにメンションする」といいます。 ちなみに、メンションをIT用語辞典によると以下のように定義されています。 メンション 別名:@関連【英】mention メンションとは、「ちょっと触れる」や「名を挙げる」といった意味の英語であるが、IT用語としては、主にTwitter上で用いられる「 (ユーザー名)」の形式を含んだツイートのことである。 ツイートが「 (ユーザー名)」の形式から始まる場合は、「リプライ」(返信)と呼ばれる。 それ以外の「 (ユーザー名)」の形式は全てメンションに該当する。 リプライとメンションの違いとしては、リプライは返信相手ユーザーのみがツイートを受信できる機能であり、メンションは一般的なツイートと同様、フォロワー全員が受信する(タイムライン上に表示される)といった点を挙げることができる。 weblio. そのため、極秘の内容やその人と個人的なやり取りをしたい場合は、ダイレクトメッセージからコンタクトをとりましょう! 【Slack スラック 】メンションの使い方:パソコン編 メンションの使い方はとても簡単! 「 (ユーザー名)」を文頭に入れるだけ! 手順は2つだけでOKです!• 「@」をクリック• 操作は以上です! 後は送りたいメッセージを入力して送信するだけでOK! ちなみに、 1人だけでなく、呼びかけたい相手は何人でも選択可能です。 【Slack スラック 】メンションの使い方:スマホ編 次に、スマホでメンションを使う方法について説明していきます。 ここでの手順も2つだけ!• 「@」をタップする• 「@ユーザー名」を繰り返して、複数人に呼びかけることも可能です。 まとめ 今回は、「【Slack スラック 】メンションとは?使い方と全員に通知する方法」と題してお送りしました。 Slackのメンションとは、簡単にいうと「呼びかける・通知する」ことです。 そのやり方は、パソコンでもスマホでも同じ! 「@」をクリックしてい、メンションする相手を選択するだけ! 簡単にマスターできますので、ぜひ参考にしてみてください!.

次の

Slackを使う時のマナー!企業で導入時に心得たい11個のコト

スラック メンション

シンジです。 cloudpackのSlackチャンネルは700近くあり、メンバーも120人近くなりました。 Slackの機能として特定の相手にメッセージをプッシュ通知する「メンション」という機能があるのですが、今日はこのお話です。 全体メンションは2種類 ここでは channel メンションを使っています。 これは休憩室は綺麗に使おうね、っていう話を、115人全員に向けてプッシュ通知した様子です。 デスクトップアプリでも、スマホアプリでも通知が来ますし、その場で見なくても通知されたことが残るので、周知能力が高い使い方です。 次はちょっと違う使い方 今度は here メンションを使っています。 こちらも同様に全体通知するのですが、「いまオンラインの人だけに通知する」という特性を持っています。 オンラインであればデスクトップだろうがスマホアプリだろうが関係無く通知され、オフラインの場合は通知されません。 とはいえ通知はうるさい と、思う事があるので、付ける側も躊躇してしまうようになったんですね。 これってプッシュ通知してまで書くことかな、、、ってなかんじで。 通知しないけどメンションしたい気持ちが結果こうなった アットマークが前段に付いてるとプッシュ通知のメンション扱いになるのですが、アットマークは付けるけど、存在しないアカウント名(ここではあだ名や通称)を使ってメンションを付けている風を装うことで、まるでメンションが付いている風を装うことが出来るのだ!(ぇw 結構各所で利用されている これが日本人の配慮精神なのか 伝えたい宛先を書きつつも、メンションは飛ばさない。 Slackの使い方もいろいろあるなぁ.

次の