武井 咲 ドラマ。 武井咲、子育てに夢中すぎて “仕事放棄” 状態に…!所属事務所の憂鬱(週刊女性PRIME)

武井咲、子育てに夢中すぎて “仕事放棄” 状態に…!所属事務所の憂鬱(週刊女性PRIME)

武井 咲 ドラマ

写真 テレ朝動画サイトより 武井咲主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)のスペシャル版の制作が決まったと、7月14日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。 記事によると、子育て優先で仕事をセーブしていた武井は、当初オファーを頑なに断っていたが、所属するオスカープロモーションからの説得もありどうにか制作にこぎつけたようだ。 結婚発表の時点で妊娠3カ月だったということもあり、結婚を許してくれないオスカーをねじ伏せるための妊娠だったとさえ言われていますよ。 そういった経緯もあって、武井はつねに家族の時間を大切にしたいと考えているんです。 実際、産休後は映画『るろうに剣心』の撮影には参加したものの、それ以外に目立った仕事はしていないですからね」(芸能記者) 今回の『黒革の手帖』の撮影は、8月くらいに行われると見られているが、ドラマ制作会社関係者は次のように語る。 「連ドラではないので、撮影期間はそんなに長くはないでしょうが、これが終わったらまた武井は子育て中心の生活に戻るみたいです」 大看板女優だった米倉涼子に退社されたオスカープロモーションとしては、次なる看板女優である武井に活躍してもらいたいところだろう。 しかし、だからといって武井のスケジュールを仕事で埋めることもできないままでいる。 「武井はかなり意思が強く、ヘタにプレッシャーを与えると、何をしでかすかわからない。 それこそTAKAHIROとの結婚も、事務所の意向を押し切っての決断でしたしね。 オスカー的には、米倉に続いて武井までいなくなるのは最悪の展開ですから、どうにか武井のご機嫌をうかがいながら、少しずつ仕事をしてもらっているという状況です」(前出・芸能記者) また今回、人気シリーズである『黒革の手帖』に出演することで、武井の立場がさらに強くなりそうなのだという。 「オスカーやテレ朝としては、米倉の『ドクターX』のようなドル箱企画を確保しておきたい。 ここで武井に『黒革の手帖』のイメージが定着すれば、新たなドル箱シリーズになるかもしれない。 一方で、オスカーもテレ朝も『黒革の手帖』をやってほしさから、武井がより働きやすい環境を整えるしかなくなる。 本来はオスカーが武井をコントロールしなくてはならないのに、武井がオスカーをコントロールしているような状況です」(前出・ドラマ制作会社関係者) 米倉涼子が去ったオスカーでは、武井咲が新たな女帝として君臨しそうな気配だ。

次の

TVドラマ「咲

武井 咲 ドラマ

武井咲 「自宅近くのスーパーでよく買い物している姿が目撃されていますし、今は子育てが楽しくてしかたないみたいですね」(スポーツ紙記者) '17年9月にのと結婚し、翌年に出産。 現在はCMには出演しているものの、仕事をセーブ中の。 そんな彼女が、あの人気作品でドラマ復帰を果たすという。 「'17年に放送されたテレ朝系の連ドラ『黒革の手帖』のスペシャルドラマで、引き続き主演を務めることが決まりました」(テレビ朝日関係者) これまで計6回テレビドラマ化され、'04年版で主演したの当たり役としても知られる名作だ。 「銀行の元契約行員が立場を利用し、架空名義の口座から大金を横領。 それを元手に銀座にクラブをオープン。 武井さん版の連ドラでは、経営するクラブに警察が踏み込んだところで終わりました。 武井が所属するオスカープロモーションは米倉涼子をはじめ、、忽那汐里など人気タレントの退社が相次いでいる。 しかし連ドラより拘束期間の短いスペシャル版ということもあり、どうにか事務所が説得して出演することになりました。 8月に石川県内でクランクイン予定です」(前出・テレビ朝日関係者) テレビ朝日にスペシャル版の制作について確認したが、 「把握している者がいない」 とのことだった。 彼女が子育てを理由に仕事を断りかけたのは今回が初めてではない。 昨年、7か月以上にわたって撮影された映画『るろうに剣心』最終章2部作でも、こんなことがあった。 しかし結婚前に続編への出演契約を結んでいて、降板となると多額の違約金が発生するため、事務所はなんとか説得。 出演することになったのですが……。 「『黒革の手帖』撮影後は、またしばらく仕事をセーブするとか。 看板女優の武井さんがほとんど働いてくれないため、事務所も頭を抱えていますよ」(芸能プロ関係者) 武井に代わる新しいスターを、早急に育てるしかない?.

次の

武井咲 出演ドラマ(一覧)ランキング

武井 咲 ドラマ

武井咲 「自宅近くのスーパーでよく買い物している姿が目撃されていますし、今は子育てが楽しくてしかたないみたいですね」(スポーツ紙記者) '17年9月にEXILEのTAKAHIROと結婚し、翌年に出産。 現在はCMには出演しているものの、仕事をセーブ中の武井咲。 そんな彼女が、あの人気作品でドラマ復帰を果たすという。 「'17年に放送されたテレ朝系の連ドラ『黒革の手帖』のスペシャルドラマで、引き続き主演を務めることが決まりました」(テレビ朝日関係者) これまで計6回テレビドラマ化され、'04年版で主演した米倉涼子の当たり役としても知られる名作だ。 「銀行の元契約行員が立場を利用し、架空名義の口座から大金を横領。 それを元手に銀座にクラブをオープン。 武井さん版の連ドラでは、経営するクラブに警察が踏み込んだところで終わりました。 今回はその後が描かれるそうです」(テレビ誌ライター) 交通費でギャラが吹き飛んだ!? 武井が所属するオスカープロモーションは米倉涼子をはじめ、岡田結実、忽那汐里など人気タレントの退社が相次いでいる。 しかし連ドラより拘束期間の短いスペシャル版ということもあり、どうにか事務所が説得して出演することになりました。 8月に石川県内でクランクイン予定です」(前出・テレビ朝日関係者) テレビ朝日にスペシャル版の制作について確認したが、 「把握している者がいない」 とのことだった。 彼女が子育てを理由に仕事を断りかけたのは今回が初めてではない。 昨年、7か月以上にわたって撮影された映画『るろうに剣心』最終章2部作でも、こんなことがあった。 しかし結婚前に続編への出演契約を結んでいて、降板となると多額の違約金が発生するため、事務所はなんとか説得。 出演することになったのですが……。 「『黒革の手帖』撮影後は、またしばらく仕事をセーブするとか。 看板女優の武井さんがほとんど働いてくれないため、事務所も頭を抱えていますよ」(芸能プロ関係者) 武井に代わる新しいスターを、早急に育てるしかない?.

次の