劣化 しない 女優。 韓国芸能人の整形事情!失敗例と成功例をビフォーアフター画像と共にご紹介します

AV女優紗倉まな「老化=劣化ではない」

劣化 しない 女優

()に続き、驚きの研究成果を発表します。 いつの間にかカラカラ 「膣は使っていないと廃用性萎縮が起こります。 分かりやすく言うと、運動しないと身体のあらゆるところの関節が固まりますが、あれと同じことが膣にも起こる。 使わないと身体は鈍って劣化しますよね。 膣も同じなんです。 だから、セックスまたはマスターべーションで、女性ホルモンを多く分泌してケアしてあげることが大切。 セックスは相手が必要なので、難しい点もありますが、マスターベーションならいつでもできるはず。 それもしていないとなれば、劣化して当然です」 こう語るのは産婦人科医の早乙女智子氏だ。 膣や外性器は粘膜なので、潤いが失われると、当然干からびる。 熱いセックスやマスターベーションに伴う愛汁で膣の定期メンテナンスを行っているのであれば問題はない。 しかし、そんな人は決して多くはない。 本の著者である原田さん自身も20年以上のセックスレスで、マスターベーションも数年やっていないという枯れっぷりだった。 「私はもう60歳も過ぎているし、『そういうことは卒業した』と周りに言っていましたが、本音を言えば、いい人がいたらセックスをしてみたい、セックスぐらいしようと思えばいつでもできると思っていましたね」 しかし原田さんの根拠のない自信は数十年振りに果たした膣とのご対面で、脆くも崩れさる。 鏡でじっくり観察してみると、確かに間違いなく、原田さんの外性器は小さくなっていた。 昔はふっくらぽってりしていた大陰唇はいつのまにか厚みを失って、ぺったり、のっぺり。 大陰唇の奥の、肉厚の花びらのようだった小陰唇も、厚みを失い、小さく縮こまってクシュっとなっている。 長年、ほったらかしにされていた原田さんの膣は完全に枯れ果てていた。 膣内に指を入れるのも痛くて難しいほど、硬く、カラカラになっていたという。 前出の松峯氏が語る。 「50歳を過ぎ、更年期後期に差し掛かると、女性ホルモンの減少が顕著になってきます。 女性ホルモンが少なくなってくると、膣の粘膜がどんどん薄くなり、潤いもなくなっていく。 そうすると、ちょっとこすれても血が出るようになったりして、膣に指を入れるのにも痛みが走る。 快感なんて言ってられなくなります」.

次の

ビビアン・スーはナゼ劣化しないの!?過去と美容法がヤバい

劣化 しない 女優

結婚して、お子さんを2人も産んでいるので、毎日忙しい日々を過ごしていると思うのですが。。 子育てをしながらあの美をどうやって保っているのか。。 謎ですよね。。 しかも、子育てだけではなく、女優業、モデル業をこなしているので、1日24時間じゃ足りないんじゃないいかな。。 短期大学を卒業後、OLとしてお仕事をされましたが、半年ほどで退職し芸能界にはいりました。 元々グラビアアイドルとして活躍していた井川遥さん。 その頃の印象としては丸みのあるラインで癒し系といったイメージでした。 その後は雑誌のモデル、テレビドラマや映画といった女優活動もされています。 たまりません。。 井川遥さんは、もちろんグラビアアイドル時代からとても人気でしたが、結婚し、出産を経験してからますます美しくなったように思います。 子育てをしながら芸能活動もこなす井川遥さんに、男性だけではなく、 30代、40代の女性から抜群の人気を誇っています。 お刺身や煮つけなどの魚料理に豆腐が定番メニュー。 ひじきや切干大根の煮物も常備しているのだとか。。 そして玄米や十穀米やお味噌汁は毎日食べているそうです。 朝起きたら、顔を触って肌やむくみの状態を確認します。 そして井川遥さんの美容法で一番大事 なのが、 1日1回発汗することです。 岩塩を含んだ 伯方の塩 を、1/6袋ほど湯船に入れて溶かすのだそうです。 時間がない時は、肩甲骨と股関節をほぐして大きな筋肉を動かすようにしているのだそうです。 ジムには、多いときは週3回くらい行って、2~3時間トレーニングをするそうです。 有酸素運動のアクアビクスやランニングを30~40分します。 そして筋トレやボクササイズもします。 スニーカーをはいて、ウィンドウショッピングをしながらたくさん歩くようにしています。

次の

女性編集者が猛反省…チツは放っておくとどんどん「劣化」する(週刊現代)

劣化 しない 女優

()に続き、驚きの研究成果を発表します。 いつの間にかカラカラ 「膣は使っていないと廃用性萎縮が起こります。 分かりやすく言うと、運動しないと身体のあらゆるところの関節が固まりますが、あれと同じことが膣にも起こる。 使わないと身体は鈍って劣化しますよね。 膣も同じなんです。 だから、セックスまたはマスターべーションで、女性ホルモンを多く分泌してケアしてあげることが大切。 セックスは相手が必要なので、難しい点もありますが、マスターベーションならいつでもできるはず。 それもしていないとなれば、劣化して当然です」 こう語るのは産婦人科医の早乙女智子氏だ。 膣や外性器は粘膜なので、潤いが失われると、当然干からびる。 熱いセックスやマスターベーションに伴う愛汁で膣の定期メンテナンスを行っているのであれば問題はない。 しかし、そんな人は決して多くはない。 本の著者である原田さん自身も20年以上のセックスレスで、マスターベーションも数年やっていないという枯れっぷりだった。 「私はもう60歳も過ぎているし、『そういうことは卒業した』と周りに言っていましたが、本音を言えば、いい人がいたらセックスをしてみたい、セックスぐらいしようと思えばいつでもできると思っていましたね」 しかし原田さんの根拠のない自信は数十年振りに果たした膣とのご対面で、脆くも崩れさる。 鏡でじっくり観察してみると、確かに間違いなく、原田さんの外性器は小さくなっていた。 昔はふっくらぽってりしていた大陰唇はいつのまにか厚みを失って、ぺったり、のっぺり。 大陰唇の奥の、肉厚の花びらのようだった小陰唇も、厚みを失い、小さく縮こまってクシュっとなっている。 長年、ほったらかしにされていた原田さんの膣は完全に枯れ果てていた。 膣内に指を入れるのも痛くて難しいほど、硬く、カラカラになっていたという。 前出の松峯氏が語る。 「50歳を過ぎ、更年期後期に差し掛かると、女性ホルモンの減少が顕著になってきます。 女性ホルモンが少なくなってくると、膣の粘膜がどんどん薄くなり、潤いもなくなっていく。 そうすると、ちょっとこすれても血が出るようになったりして、膣に指を入れるのにも痛みが走る。 快感なんて言ってられなくなります」.

次の