オペ ナーシング。 オペナースになるには?手術室看護師を目指す人へのアドバイス

OPE NURSING|メディカ出版

オペ ナーシング

病院における活用• 看護手順の更新・マニュアル整備の 稼働を削減 コンテンツは定期的にアップデートされるため、看護手順更新の稼働を削減します。 コンテンツを編集・追加することが可能なため手順以外のマニュアル類を一元管理できます。 効果的な新人看護師教育を実現 動画で実践イメージを掴み、手順の根拠と共に看護技術を学習できます。 管理者はチェックリストやテスト機能を使って個々のレベルを効率的に管理できます。 時間・場所・場面を選ばず活用可能 スマートフォンやタブレットからもアクセス可能です。 看護補助者教育など院内多職種でご利用いただけ、復職支援、医療安全、感染対策の学習ツールとしてもご利用いただけます。 学校における活用• 看護技術を根拠と視覚で学習可能 根拠や注意点も詳細に記載された手順と動画を用いて、確かな自己学習を実現します。 学内演習・臨床実習を強力にサポート 事前に動画で確認することで、手技のイメージをもって演習や実習に臨むことができます。 実習病院の指導者と手順・チェックリストを共有することで、指導・評価基準を一致させることができます。 時代に合った学習・教育環境を提案 インターネットがつながれば施設外(スマートフォンやタブレットから)でもアクセスできます。 教員は学生の学習状況やテスト結果を簡単に確認・管理ができます。

次の

オペナースが教える!手術室で行われている仕事内容について

オペ ナーシング

手術室に入って何をされるんだろうと考えただけでも想像がつかないので、恐怖を感じてしまいます。 事前の関わりが安心へとつながる 手術当日に見知らぬ手術室に入り、緊張して恐怖を感じている中で 治療への協力を得ることは難しいです。 術前に担当看護師が訪問をして説明を行うことで、 不安の緩和に努めることができます。 事前に説明を受けていることで当日は安心して手術に臨むことができます。 また、手術室に入った時に、 知っている人の顔があることで安心感にも繋がります。 術前訪問は少ない時間ですが、限られた時間で患者さんと信頼関係を築くことが、 手術を安心して受けるためのポイントになります。 手術の意思確認と治療への協力を得る 稀に当日のオペや同意書がまだ揃っていない時があるので、同意書は必ず確認をしておきましょう。 患者誤認などの取り違えを防止する 手術室では手術の日程、時間、患者さんの氏名、年齢、カルテの内容は分かりますが、 患者さんの顔は会うまでは分かりません。 違う患者さんが入室して名前も同じだった場合、 本当に本人かどうかという判断に時間がかかってしまうことがあるのです。 手術部位にも左右などがあるため、右の予定だったが間違えて左の手術をしてしまった、という アクシデントも過去に起こっています。 そのような患者誤認や患者さんの取り違えを防止するためにも、 術前訪問で実際に会って、顔を確認し、手術部位も確認を行うのです。 中にはコミュニケーションが難しく本人確認が困難な場合は、家族に協力をしてもらうこともあります。 効果的な術前訪問を行う3つのアドバイス 手術室ナースが効果的な術前訪問を行うための、 3つのアドバイスを見て行きましょう。 事前の情報収集は必ず行う 術前訪問は自分の業務の合間に行くことが多いですが、担当手術で忙しく事前情報を取らずに行く人もいると思います。 術前訪問は、 患者さんに手術室看護師から一方的な説明をするための機会ではありません。 業務で忙しく時間がないという状況も分かりますが、 最低限の情報収集は必ず行ってから訪問するようにしましょう。 最低限押さえておきたい情報は以下の通りです。 既往歴、手術歴の有無• 【手術歴】手術部位やその後の経過• 【既往歴】治療方針と現在の状態• 手術当日に家族がいつ来るか• 手術に関して受けている説明内容• 手術に関して不安に感じていること• 手術当日に手術室への希望など 前回の手術の様子などを聞いておくことで、 手術に対する考えなどを把握することができます。 前回の手術で怖いイメージがある人などは、 不安に感じた部分をヒアリングして不安の緩和に努めましょう。 そして、手術を行う上で大切な情報としては、家族やキーパーソンがいつ来るのかという情報です。 安全に手術を進めるためには、 家族や付き添いと すぐに連絡が取れる状況が必要なのです。 病棟の看護師は付き添いに来る人を把握していますが、手術室にまで情報が降りてこないこともあるため、可能であれば患者さんに聞いて把握しておきましょう。 手術当日に手術室への希望というのは、不安や緊張から入室時に好きな音楽をかけてほしい、子どもであれば麻酔がかかるまで一緒に入室させてほしいなどの内容です。 手術室への要望があれば、聞いておくこともポイントです。 当日の流れに沿って説明を行う 新人ナースの中には、 患者さんの元に行って 何を話せば良いかわからない人もいるかもしれません。 術前訪問では、 当日の流れをわかりやすく説明しましょう。 入室から麻酔導入までの流れは説明を聞いていても、実際に手術室に入室すると緊張から何をしたら良いのかわからない、と感じる患者さんが多いです。 当日は看護師がサポートをするということを伝えて、 不安の緩和に努めます。 また、手術室ならではですが、患者さんが入室する手術当日は、スタッフはマスクに帽子を着用しているので、 患者さんから見て誰かわからない状態です。 可能であれば、マスクと帽子を術前訪問に持参して、 当日出迎える姿を見てもらうことも患者さんの安心につながります。 効果的な術前訪問を行うために 術前訪問は患者さんとの直接的な関わりになりますが、手術を受ける患者さんは 不安を抱えています。 手術室で働く私たち看護師だからこそ、 患者さんの不安を理解し寄り添うことが大切です。 術前訪問は患者さんと接する貴重な機会です。 患者さんの生の声は、 自分自身を成長させてくれる経験になります。 術前訪問の勉強にオススメ.

次の

オペナース養成講座

オペ ナーシング

メディカパスポート• 領域ページ• 医療スタッフ• 看護教育• 知る・楽しむ• メディカ出版の商品・サービス• 商品カタログ• 専門誌ページ• メディカ出版について• サポート情報・お問い合わせ• ポリシー・規約• その他• , Ltd. All Rights Reserved.

次の