アストラル チェイン 感想。 【アストラルチェイン】ストーリーの評価は悪いと感じる?主人公が一切喋らないのも違和感

Switch『アストラルチェイン』クリアー後 感想 ※ネタバレあり

アストラル チェイン 感想

こんにちは!ナイーヴです。 先日、Nintendo Switchで発売されている「アストラルチェイン」をクリアしました。 簡単な感想は以前にも書いたので、下に載せておきます。 購入したのが9月の初め頃だったので、大体1ヶ月半ほど費やしたことになる。 週2回の休みの日に2時間くらいプレイするといった感じ。 大体20時間でクリアした。 僕は、サイドクトなどの寄り道はせず、どんどんとメインストーリーを追っていくタイプなので、隅から隅までやり込むタイプの人だと、50時間から60時間はかかるんじゃないだろうか。 で、ちゃんとクリアしたので、もう1度感想を書き直したいと思う。 このゲームは 「良ゲー」です。 どういう所が「良ゲー」? 先程「良ゲー」と書いたけど、良ゲーの基準は人によって様々なので、僕の良ゲーの基準を書いていきたいと思う。 ます、これが第一条件です。 僕はとても飽きっぽい性格。 おまけに集中力もないため、ゲームを途中で放置してしまうことが多い。 「せっかく買ったんだからクリアしないと。 」という気持ちがないわけでもないが、ラストまで到達できるゲームは、購入量に比してとても少ない。 で、このアストラルチェインだけれど、そんな僕でもラストまで到達できたのだから、それだけで良ゲーといえる。 まず、ストーリーの長さだけれど、メインストーリーを追うだけなら、20時間ほどのボリュームなので、社会人でも、通勤時間や休憩時間、寝る前などにプレイするだけでも十分クリアが可能だ。 ストーリーもとてもテンポよく進行し、探索の舞台も頻繁に変わるため、飽きがこなかった。 僕はストーリー展開が遅いゲームは退屈に感じ放置してしまう傾向にある。 あの名作と名高い「ブレスオブザワイルド」でさえ、夢中になれずに放置している状態だ。 そんな良ゲーなアストラルチェインだが、不満点がないわけではない。 それは「いつでもどこでも任意でセーブができない」ということだ。 任意でセーブができるのは、警察署内の自分のデスクのみだ。 オートセーブがあるからそれでいいのかもしれないが、オートセーブされる前にプレイを中断したい時ってあるじゃないですか・・・。 それに僕はオートセーブをあまり信用していないんで、どんなゲームでも必ず任意でセーブをしてから終了したい。 なので、携帯モードでプレイすることの多いSwitchということもあり、いつでもどこでもセーブできるようにして欲しかった。 僕は、長年「」のようなしかプレイしてこなかった。 時々、「」のようなもプレイするが、アクションゲームよりのバイオ5やバイオ6は未プレイだ。 そんな僕でも、このゲームは難易度を下げるとサクサクと攻略できた。 アクションの難易度が高くて攻略できないと、ストーリーが進まなくなってしまうから本当に苦痛だ。 残念だった所 次に、このゲームの残念だった所を書いていきたい。 登場するキャターたちにあまり魅力を感じなかった。 とくにこのゲームの主人公(男を選んだ場合)。 などのように喋らないタイプのキャラなんだけど、表情の変化はほぼなく、いつも眉間にシワを寄せて「しかめっ面」をしているビジュアルが受けつけなかった。 他のキャラとの絡みもあまりなく、それぞれのキャラの掘り下げなども特になかった。 主人公とそこそこ関わりのあるキャラとしては、主人公の双子の片われ(ゲーム開始時に選ばなかった方の性別)がいるんだけど、終始、上から目線でモノをいうタイプの性格であまり好きにはなれなかった。 僕の場合は男キャラを選んだので、双子の片われは女キャラだったんだけど、気の強い女だった。 そういうのが好きな人ならば全然問題はないだろうけど。 あと、物語の中盤くらいからは「ハル」という男キャラが登場し、彼は主人公と行動をともにすることが多くなる。 気の弱い性格の彼は主人公をナビゲートする役どころである。 このキャラには好感が持てた。 他にも、主人公が所属する「ン」という部隊には、仲間がたくさんいるんだけれど、彼らはストーリーの途中から、ほぼ関わり合いがなくなってくるため、まったく感情移入もできず、愛着も持てなかった。 これは、僕の理解力が足りないからかもしれない・・・。 ラスボスの最終目的はいったい何だったのか・・・? 日本のゲームにありがちな、「抽象的な言葉」を並べ立てて、 「結局このキャラはいったい何が言いたいの・・・?」的な状態。 ラスボスとのバトルで、意味もなく「」に飛ばされてそこで戦う、みたいな展開も僕はあまり好きではない。 何で、日本のゲームってこういう抽象的なセリフや、ラスボスで「」に飛ばされるといった展開が多いんだろうね。 結局「買い」なの? キャラに魅力がない、ストーリーのラストが少し意味不明など、悪い点もあげたけれど、僕にとっては「良ゲー」だった。 星5つが満点だとすると4点はつけられるかな。 街の探索などは面白かったし、ストーリーのテンポも良くて先が気になる。 サクサク進むので、ストレスなくプレイできる。 20時間ほどのプレイだったが、クリアした時の満足感はある。 「えっ、もう終わり?」という感じはしなかった。 クリア後にデータをロードすると、クリア後の世界がプレイできる章があるので、まだプレイしたい人は引き続き楽しめそう。 僕はいったん終了しますが。 なので、このゲームは、どちらかというと「ライトゲーマー」の人に向いているんじゃないかな。 サクサクとテンポよく進めて、ストーリーを追ってクリアして、それで満足できる人なら購入してもイイと思います。 逆に「ダークソウル」や「SEKIRO」のように時間をかけてじっくりプレイするタイプのゲームが好きな人には物足りなく感じるかも。 Switchのゲームソフトはなかなか値下がりしないから悩むところですね。 これからも「ペルソナ5ザロイヤル」や「3」、「」など、期待のゲームソフトが続々と発売されるので、それらのゲームよりもオススメということはないけれど、これからも特にやりたいゲームがないという人は買ってもイイんじゃないかな。 そんな感じです。 それでは!.

次の

アストラルチェインのレビュー!売上・声優・続編・関連商品まとめ!

アストラル チェイン 感想

アストラルチェインの感想を雑多に書きます。 ネタバレはないです。 これまでに男女が選べる作品は遊んだことがあるが、もう片方はいなかったことにされたり、出てきてもおまけ程度の扱いが多かった。 (ポケモンシリーズで似た試みは見たことがあったが、それも個性を薄めたキャラクター性で見せ場などもほぼないものだった) そんな中で、アストラルチェインは相棒が確固とした人格を持つばかりでなく、物語の深く中心になる部分に関わっていて、とても新鮮に感じた。 また、アメコミ調のトゥーンレンダリングで描かれたグラフィックは美しく、桂正和氏のイラストを完全に3D化していて、これもまた見たことのない驚きと喜びがあった。 物語の圧縮率、密度が高く、飽きさせず、次から次へシームレスに展開していくさまは圧巻で、最後までのめり込むことができた。 ゲーム体験そのものの感想として、アクションは二者一体のスピーディかつ爽快感のあるものとなっていて、初心者にはオートモードがあるなど、設計も親切だった。 個人的に今年最も熱中したゲーム。 「不満点」 ものすごく楽しく、ボリュームに本来なら申し分はないのだが、ニーアオートマタを製作したプラチナゲームズの新作ということで、複数ルートを期待していたために、ラストに関して物足りなさを感じてしまった。 物語は綺麗にまとまっていたし、あれより冗長になってもそれはそれで良さが損なわれる可能性もあったが、私自身がアストラルチェインの世界観にすっかりのめり込んでしまったために、限定版のアートブックにあった年表の空白部分がとても気になってしまった。 File12で主人公に独白をさせたのならば、「アキラ」をどう思っているか、どのようにむきあっているのか、日常シーン(というていで物語中で冒険したマップをただぶらついて写真を撮ったりできるインスタモード)が欲しかった。 (というか欲しいです。 DLCで実装ありませんか!? お願いします!!!!) 「要望」 追加コンテンツで後日談というか、一時的に平穏の訪れた町中を双子と(二人で行けなかった場所を含めて)あるきまわって一緒に写真を撮りたいです。 あと、評価ポイントが無駄にたまっていくので、File12をクリアさせてほしいです。 どっちにしてもFileのクリアはできない気がします).

次の

【アストラルチェイン

アストラル チェイン 感想

個人的な感想! アストラルチェインは、最初は購入する予定は なかったのですが、動画を見ているうちに 何だか欲しくなってきたので、発売日に購入を決断しました。 また、ヴァンキッシュやスターフォックスゼロなど、 開発元のプラチナゲームズさんの作品も 以前、楽しんでいたのでそれも購入の決め手の一つになりました ・独特なアクション! アクションは独特な感じですね。 慣れるまでは少し時間がかかる印象です。 ただ、チュートリアルなども丁寧に用意 されているので、その点は安心だと思います (最初に結構丁寧なチュートリアルがありました) ・ストーリーや世界観 個人的にはなかなか良い感じだと思います。 最終的なストーリーがどうなるのかはまだ 分かりませんが、世界観も良い感じですね。 独特の世界観が出来上がっていると思います。 ・自由に行動 自由に行動できる場面もありますね。 序盤では警察署内を自由に移動できました。 サブイベントのようなものもしっかりと用意 されているので、そういった部分も楽しめます。 ・やりこみ やりこみ要素もそこそこありそうです。 クリアしたステージをもう一度遊ぶことも できるので、後からじっくりもできる感じですね ・動作など フレームレートは快適ですね。 こちらは、ゲーム自体の内容は同じですが、 アストラルチェインのソフトと、それに加えて 特典がセットになっているパッケージですね。 通常版の価格が7980円+税 コレクターズエディションが9980円+税となっており、 税抜きで考えると2000円ほどの差になります。 付属特典としては ・ASTRAL CHAIN Platinum Artworks ・ASTRAL CHAIN Platinum Sound Selection の2つになっています。 アートブックとサントラCDのセットということになります。 スポンサーリンク 声優一覧 アストラルチェンの出演声優は下記の通りです。 今後、追加で判明しましたら、追記していきます。 主人公(男) …島崎信長 主人公(女) …安済知佳 ヨゼフ・カルヴァート …土師孝也 マクシミリアン・ハワード …三宅健太 ジン・ウォン …武内駿輔 アリシア・ロペス …恒松あゆみ オリーヴ・エスピノーサ …和氣あず未 ブレンダ・モリノ …喜多村英梨 マリー・ウェンス …田中あいみ ハル …山下大輝 ジェナ・アンダーソン …甲斐田裕子 このほかのキャラクターについては 判明次第、追記していこうと思います。 売上予想と売上結果 〇売上予想 アストラルチェインは 完全な新規タイトルとなりますから 売上の予想は非常に困難なタイトルと言えます。 同じプラチナゲームズの完全新作として 発売された「ヴァンキッシュ」や「ベヨネッタ」と 比較しても良いのですが、それらはPS系統に 発売された作品ですし、発売から年月も 経過してしまっています。 そのため、参考となるデータはあまりありません。 ある程度の注目は集めている (ファミ通の期待ランキングにもいる)のは事実 だと思いますが、ニンテンドースイッチの メインターゲットから逸れる上に、 未知のタイトルであることも事実です。 一番参考になるとすれば 同じく任天堂発売、開発プラチナゲームズによるソフト 「ザ・ワンダフルワンオーワン」でしょうか。 これはWiiUで発売のタイトルで ターゲット層も違いますが初週は5000本前後でした。 ニンテンドースイッチであること、 このワンダフルワンオーワンよりも注目度はある程度 高そうなことから アストラルチェインの初週売上は2~3万本程度と予想します 〇売上結果 アストラルチェインの初週売上は 32236本でした(ファミ通調べ) 大体個人的な予想と同じ売上本数でしたね。 ダウンロード版は含まれない数値となり、 カタログチケットなどもあるので、 両方合わせると大体5万本程度というところになりそうです。 完全新規タイトルとしては、そこそこかなぁ、という印象ですね。 関連商品情報!攻略本やサントラは? アストラルチェインの関連商品情報を まとめていきます。 ・攻略本は? 現時点ではアストラルチェインの攻略本が 発売される予定はありません。 が、ゲームのジャンル的には充分発売される可能性も あるかとは思います。 もしも発売が決定したら追記していきます。 ・サントラは? サウンドトラックCDとして発売される予定は 現時点ではありませんが、 コレクターズエディションに一部楽曲を収録した ASTRAL CHAIN Platinum Sound Selectionが収録されています。 なお、ファミ通のインタビューでは「サントラの発売予定はない」と 断言されています。 サントラではありませんが、ボーカル曲4曲のみ、 デジタル配信で発売されています。 ・その他の書籍は? ファンブックの類は現時点では発売予定はありません。 コレクターズエディションに、アートブック ASTRAL CHAIN Platinum Artworksがついているぐらいですね。 他の関連商品の展開も 今のところはありません。 何かありましたら、追記していきます。 ネタバレ情報 アストラルチェインのネタバレ情報をまとめます。 ・ラスボスは? ラスボスは「ノア」。 ヨゼフがレギオニスから生みだした力を取り込み 怪物化した姿で、複数の形態が存在します。 ・作中の犠牲者は? 〇マクシミリアン・ハワード 序盤でアストラル世界に入り込んだ際に 主人公や他の隊員を逃がすために、その場に残り犠牲に。 〇ダグラス 情報屋。 ジェナと会話したのちに自ら命を絶つ。 〇ジェナ・アンダーソン 主人公たちとの激闘の末に敗れ去り、 最後は暴走した主人公の攻撃を受けて消滅する。 〇ヨゼフ・カルヴァート ノア計画を実行に移し、怪物・ノアと化す。 最後は主人公の力を前に敗れ去り、消滅した。 ・クリアまでの時間は? アストラルチェインのストーリークリアまでの 時間はサブイベントなどの達成状況にもよりますが 大体20時間~30時間程度と思われます (私は23時間程度)。 全てのやり込み要素をプレイすれば、 50時間は軽く超えるボリュームになっていると思います スポンサーリンク アストラルチェインの続編は? アストラルチェインの続編に関しては 現時点では発表されていません。 構想としては3部作どころかそれ以上作れる、 という趣旨の発言を開発スタッフがしていることから 構想だけはあるようですが これが実際にかたちになるかどうかは 不透明ですし、 セールス面など、いろいろな部分が 判断材料となってくるのでしょう。 同じプラチナゲームズ開発のタイトルで 考えると、PS3やXBOX360で発売された ヴァンキッシュや、WiiUのザ・ワンダフルワンオーワンは 続編が登場しておらず、 特にヴァンキッシュのほうは続編を匂わせるような 発言もありましたが結局出ませんでした。 ベヨネッタシリーズぐらいでしょうか。 そういった意味では、アストラルチェンの続編が 発売される可能性としては、今のところ それほど高くないのではないかと思います。 PS4版やPC版アストラルチェインは出るの? 一部サイトでは「その可能性が~」などと言われていますが 「ほぼ0」と断言しても良いです。 アストラルチェインの発売元は任天堂です。 つまり、ニンテンドースイッチを発売しているメーカーです。 アストラルチェインがPS4やPCに出る、というのは マリオがPS4やPCに出る、というぐらい あり得ない話になります。 PCであれば任天堂が参入する可能性も0ではありませんが PS4は無理でしょう。 ちなみに、開発元がプラチナゲームズの任天堂作品は 「スターフォックスゼロ」「ベヨネッタ2・3」 「ザ・ワンダフルワンオーワン」とありますが いずれも他機種に移植はされていません。 PS4版を待つなら スイッチ版を買ってしまった方が、早いです。

次の