あつ森 かどまん。 【あつ森】道のアスファルトID紹介

【あつ森】「いらない花が捨てられない」の巻 / 第6回「あつまれ どうぶつの森」日記

あつ森 かどまん

いや、アンケートとか調査とかしたわけじゃなく……俺のカンによるベスト3です!! 「そんな序列に、なんの意味が!? w」 と戸惑われても、いっさい無視して発表いたします! まず、第3位!! ガーデニング デター!! w マイホームの中だけでなく、島そのものをガーデニングで彩ってしまおうという、ある種、天地創造的なゴッドな遊び!! コレをやり出すとキリがないッ!!! (テンション高いな) 続けて第2位!! マイデザイン デマシターーー!!! ww プレイヤーが任意で、好きな柄のコスチュームやらラグやらをデザインしちゃおうという第二次産業的なお楽しみ!! その手法は、懐かしのドット!! いま世界に、にわかドット職人が増殖中ときたもんだッ!! はぁはぁ。 そして…… 気になる1位はもちろんコレ!! 釣り やっぱりキターーーー!!! www 『どうぶつの森』シリーズの普遍的な遊び要素のひとつ!! 季節や天気によって、釣れる魚はさまざま! スーパーレアなお魚も稀に釣れることがあるので、SSR好きのギャンブラーやコレクターは、もう釣りしかしていない! 全国の『あつ森』プレイヤー、オール魚紳さん化!! オール阪神魚紳!!! 釣りの魅力 そんな釣りだが、御多分に漏れず、俺も大好きである。 川釣りオンリーだったけどさ。 なので『あつ森』においても、俺のプレイスタイルはかなり釣りに寄ったものになっていると思う。 一部の人が熱狂しているマイデザインについては、まだ一度もやっていない。 それくらい、『あつ森』の釣りは楽しい。 何が楽しいかって、前述の通り季節などの条件によって釣れる魚が変わってくることだ。 とくに……雨の日。 その日、俺は必勝の決意を胸に浜に出ていた。 」 雨の日を狙って海に出るのは……今回で何度目だろうか。 とっとと決着をつけてやるぜ!! スズキさん 俺は、大きめの魚影を見つけるたびに釣り竿を振るった。 するとまもなく……! 「お!! キタキタ!! フィッシュオン!! 」 さっそく目的達成か!? と色めき立っていたものの。 スズキ~~~ん……w 「なーんだ、スズキか。 こいつも魚影が大きいから、よく間違えて釣れちゃうんだよね^^;」 そっかそっか、仕方ない仕方ない……とつぶやきつつ、スズキを優しくリリース。 さあ、つぎだつぎだ。 するとまもなく、2匹目の大物もフィッシュオンする。 「おし!! 今度こそ本命だろ!!! 」 期待を込めて見つめていると……! スズキ~~~ん……www 「あれ。 またオメーかよw いいんだよ、スズキさんはw」 3投目。 スズキ~~~ん……wwww 「ちっ……。 連続スズキか。 もういいっちゅーねんw」 4投目……。 スズキ~~~~ん……wwwww いい加減、やさぐれてくる。 「おいおい……! もういいわ! もうスズキはいいから!! ちょっと海の底でおとなしくしてろや!!」 そして、5投目……。 スズキ~~~~~ん……wwwww 「うわああああああ!!! この海、鈴木(鱸)しかいねぇぇえええ!!! 」 その後も、釣りも釣ったりスズキばっかり15匹^^;;; ポケットをパンパンに膨らませるスズキの大群を見て、俺は小さくつぶやいた。 大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中 大塚角満(おおつか・かどまん) 1971年9月17日生まれ。 元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。 著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。 株式会社アクアミュール代表。

次の

東京消防庁が「ボウサイ島」に移住? 人気ゲーム「あつ森」で防災啓発

あつ森 かどまん

またこれに伴い、Nintendo Switch本体の販売台数もうなぎのぼりで、3月だけでじつに、83万6094台を記録。 プレイステーション4が6万4000台ほどなのでいかに売れているかがよくわかるが、一方で店頭在庫が少なくなってきて、品切れのお店が目立ってきたと聞く。 新型コロナウイルスの影響で自宅待機を余儀なくされている人も多いので、場所を選ばずゲームで遊べるNintendo Switch(と、『あつ森』)の需要にブーストがかかっているのだろうが、これに供給が追い付いていないのは何とも歯がゆい話。 1日でも早く欲しい人にいきわたって、ゲームの中だけでもほがらかなスローライフを堪能してほしいなぁ……と思う次第である。 さてそんな『あつ森』を、俺も毎日のようにプレイしている。 ……んにゃ、正直に言おう。 とくに急ぎでやることもないのに、気が付けばNintendo Switchのスリープモードを解除して、パタパタと島の中を走り回っている。 本当に、ただ走っているだけ。 もちろん、ときには魚釣りをしたり木材を拾ったりもするけど、それほど資材に困っているわけでもない。 ただ走ることが目的。 俺、48歳のおっさんなのに。 本当に自由なのか それにしても、なんで『あつ森』はこんなに人を惹きつけるのだろうか? しかも、ふだんからゲームに親しんでいるコアなファンだけじゃなく、そういったものとは縁遠かった女性や年配の方にまでプレイヤー層を広げて。 確かに、『あつ森』の物量は凄まじい。 俺なんて早くも、「出てくるアイテムを網羅するのは……あきらめた^^;」と匙を投げているくらいで、「よくぞまあ、これだけのデータをブチ込んだなぁ……」とプレイするたびに呆れているレベルだ。 でも、実際に深く遊んでいると、ところどころで「おや?」と思うシーンがある。 そして、 「それほど……自由というわけじゃないな」 と感じさせられてしまうのだ。 素材を集めて任意で道具や家具を作れる……という機能だけど、よく壊れてしまうスコップや釣り竿なんかは、10本とか20本の単位でまとめて作ってしまいたくなる。 これらは序の口で、じつは要所で、 「ここ、もっと便利にできるのになー」 と思わせられるポイントがある。 「うーむ。 コレがわからぬ開発陣が、こんなスゴいゲームを作れるわけがない」 道具を1個1個作りながら、俺は考えた。 そして、ハタと気づくのである。 「まあでも、手作業でスコップ100個をまとめて作るなんて、不可能だもんな」 「材料を収納にブチ込んだままじゃ、作業に入れないよな」 と……。 そこはかとないリアルさと、モノ作りの手触りを演出するために。

次の

「完璧な過ごし方」 世界に広がる「あつ森」現象を解説 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

あつ森 かどまん

新型コロナウイルスの影響で休校となり、家で過ごす日々がつづく子どもたちはまだまだ多い。 そんななか、ライター井口エリの姪(小学校3年生)はNintendo Switch用ゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』内で起業をした。 子どもたちは今、『あつ森』の世界でいったい何を学んでいるのだろうか。 それぞれの楽しみ方を見つけられる『あつ森』 『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)は、任天堂から2020年3月20日に発売されたNintendo Switch用のゲームソフト。 ゲーム情報誌『ファミ通』の発表によると、『あつ森』は5月11日には国内での累計売上本数が389. 5万本を突破した。 この数は、ざっと計算して 12とか13世帯に1世帯が『あつ森』を遊んでいることになる。 すごいことだ。 島の中に家具を配置したり、花を育てたり、好きな服に着替えたり、自由度が高い 『あつ森』は「何もないから、なんでもできる」のキャッチコピーどおり、人それぞれ自由度高めに楽しむことができる。 日がな一日、魚釣りや虫取りをするもよし。 住民との交流を楽しむもよし。 「マイデザイン」の機能でオリジナルデザインを作って全世界に公開してもよし。 今作で実装された「島クリエイター」では、自分専用のフィールドである島を切り崩したり埋め立てたりして地形を変えることができる。 何もないところから川を生み出すのは、まるで神さまにでもなった気分だ。 自由度が高いからこそ、それぞれの楽しみ方を見つけられる。 なので、アイデア次第で 小学生がゲーム内で起業することもできるのだ。 小学3年生の姪が「まきエサ屋」を始めた 姪が起ち上げたお店は、「まきエサ屋」だ。 「まきエサ」(サカナのまきエサ)は目の前にある水場に魚影を呼ぶことができるアイテムだが、ゲームの進行に必須となるアイテムではない。 しかし、「桟橋」「崖の上の水辺」といった 出現場所が限られる魚を釣りたい人や、 魚のコンプリートを目指す人が重宝するアイテムである。 そして、この 「まきエサ」はDIYで作ることでしか入手できない。 砂浜でアサリを掘り出しひとつずつ作るのだが、これが地味にめんどくさいのだ。 まとめて作ることはできず、ひとつずつDIYしなくてはならない 『あつ森』は島の整備をしたり、家のローンの返済のために高額なお金を稼ぐ必要があったりと毎日やることがあり忙しい。 ゲームする時間が限られる人などにとっては、「まきエサ」は多少割高でも購入したいアイテムなのだ。 なので、姪の考案した「まきエサ屋」は、 忙しい『あつ森』ユーザーの需要を汲み取った商売といえる。

次の