会計士 税務 転職。 【リクナビNEXT】公認会計士、税理士の積極採用中求人・転職情報50選

会計士の転職!志望動機の上手な考え方と効果的なアピール方法

会計士 税務 転職

今回は、公認会計士の独占業務である税務業務について詳しくご紹介します。 ・税務業務とは 税務業務とは、税金に関する業務全般を意味しています。 会社は、毎年稼いだ利益から税金を納めなければなりません。 これが法人税等と言われるものです。 更には、消費者から受け取った消費税も納めなければなりません。 また、個人も収入から所得税などを納めているし、相続税もあります。 このように、我々の生活は多くの税金に囲まれており、様々な税金を納めています。 まず、税務業務の代表的な業務は、税務書類の作成・代理申請です。 税務書類の作成・代理申請とは、会社や個人が、正しく税金を納税できるように、様々なサポートをすることです。 具体的には、個人や会社が、納めるべき税金の金額を算定したり、税務署に提出する各種書類を作成し、代理で申請したりします。 また、様々な税金の相談に対して、適切なアドバイスをする税務コンサルティングがあります。 税務の規定というのは、本当に複雑であるので、同じ状況でも、賢く節税をするかどうかで納めるべき税金の額が倍以上違うことも多いです。 当然、法律に違反して税金を払わないのは、脱税で罰せられるが、法律の範囲内で節税することは、全く問題ありません。 そのため、専門知識を用いて、様々な節税のアドバイスをして欲しいという個人や企業からのニーズは大きいので、税務コンサルティングの必要性は非常に高いです。 これからのIT化社会で、税務申告書類を作成するだけであれば、ITで代替されるようになると思います。 だからこそ、ITでは代替できない、節税のコンサルティング業務など、クライアントにプラスアルファの助言ができることの重要性がより増してくると予想されます。 ・税理士も兼ねる会計士 今、説明してきた税務業務は、日本においては税理士という国家資格の独占業務です。 公認会計士は税理士登録も可能なため、公認会計士も税理士として税務業務を行えるのです。 そもそも、なぜ公認会計士が税理士登録できるのでしょうか。 それは、公認会計士試験の科目には租税法が含まれており、また、合格後に通わなければならない補習所でも、各種税法について、より詳しく学習するからです。 さらに、公認会計士として登録するために合格しなければならない修了考査の科目にも租税法があります。 このように、公認会計士は、税務業務を行うために必要な能力は十分に担保されているので、公認会計士は税理士登録できるのです。 では、国際的には、公認会計士と税理士は、どのような位置付けになっているのでしょうか。 実は、多くの欧米の先進国には、税理士という資格自体が存在しておらず、公認会計士が税務業務も行うというのが国際的には一般的なのです。 また、アメリカにも、一応米国税理士という資格がありますが、米国公認会計士も米国弁護士も、特に米国税理士に登録しなくても税務業務を行える権限を持っています。 このように、公認会計士と税理士の位置付けについて、日本と非常に近い形態を採用している国は、ドイツと韓国のみというのが現状です。 我が国の国内では、定期的に、税理士協会が公認会計士と弁護士が税理士登録をして税務業務を行えるのはおかしいと主張します。 これは、税理士試験を合格していないのに、税務業務を担う能力があるのかということを根拠にしています。 しかし、そもそも、わが国の税理士の半数以上は、試験を受けずに、資格を与えられています。 それは、現在の税理士試験が、税務署のOBや大学院修士を取得すれば、試験の免除規定が設けられているためです。 このように、税理士試験自体に多くの免除規定が設けられていることや、世界全体の公認会計士の位置づけから、日本の公認会計士も税務業務が行えるのは、至極当然と言える。 昨年、税理士会が、公認会計士が税務業務をやるのはおかしいと主張することを今後はしないと表明したので、このような業際問題が生じることはないと思われます。 ・公認会計士を目指すべきか、税理士を目指すべきか よく、公認会計士を目指そうか、税理士を目指すべきか悩んでいる方がいます。 その際に考慮しておいていただきたい点が、合格までに必要な勉強時間はほぼ同じということです。 そのため、学生やお仕事を辞めて勉強に専念できるような方は、公認会計士がお勧めですが、お仕事をされながら週末等でゆっくり時間をかけて合格を目指したい方には税理士がお勧めとなります。 これは、税理士試験が一科目ずつの科目合格を採用しているためです。 逆に、学生などで資格の勉強に多くの時間をつかえる方の多くは、税理士の資格も付与される公認会計士を目指されるのが一般的です。 公認会計士と税理士のどちらを目指すか悩んでいる方は、いつでも当校の各校舎で個別受講相談を実施していますので、ご都合のよい日時にご来校いただければと思います。 公認会計士の業務やキャリアを詳しく知りたい方は下記もご覧ください。

次の

会計・税務の転職・求人情報

会計士 税務 転職

個人情報の取り扱いについて 当社では、お客様の個人情報を取扱うにあたり、当社が定める個人情報保護方針に従い、ご提供いただいた個人情報の保護に努めます。 個人情報取扱い事業者の名称 株式会社TACプロフェッションバンク 個人情報保護管理者 氏名又は職名 CS事業部 部長 所 属 株式会社TACプロフェッションバンク 連絡先 03-3518-6775 利用目的 「事前予約」でご入力いただいた個人情報は、当該イベントの参加申し込み受付・管理および、イベントに関する重要なお知らせ等の連絡のために適切に利用し、この他の目的には一切利用しません。 第三者提供について 法令等により開示を求められた場合以外で、お客様の同意なしに第三者に開示、提供することはありません。 個人情報の取扱いの委託について お預かりした個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲内において、業務の一部を外部に委託する場合があります。 個人情報の処理を外部に委託する場合、十分な個人情報保護水準を確保していることを条件として委託先を選定し、機密保持契約を結んだ上で委託します。 情報の開示等 個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止についてのご依頼を受けた場合は、当社の手続き規定に従ってすみやかに対応します。 詳しくは下記の窓口までご相談ください。 個人情報提供の任意性 お客様は、ご自身の個人情報を、自らの責任において当社にご提供いただいたものとみなして取扱いいたします。 また、お客様がご自身の個人情報をご提供いただけないか、削除される場合は、該当するサービスが受けられないことがありますので、予めご了承ください。 個人情報に関するお問い合わせ 個人情報の取扱いに関するお問合せは、下記までお願いいたします。 jp 管理 お客様からご提供いただいた個人情報は、安全かつ厳密に管理いたします。 また、外部からの不正なアクセスまたは破壊、改ざん等の危険に対して、合理的な安全対策を講じます。 SSLの採用によってご利用の皆様に関する大切な情報が盗まれたり、故意に書き換えられたりされることを防止しております。 アクセスログはサイトの保守管理や利用状況に関する統計分析のため以外の目的で利用することはいたしません。 また、本セキュリティポリシーは、当サイトに関してのみ適用され、当ウェブサイトからリンクされている他のウェブサイトにおけるセキュリティ情報の取扱基準・内容に関しての責任は負いません。 最終更新日 令和2年6月19日 「個人情報の取り扱い」に同意いただけましたら、「同意する」をご選択ください。 同意する 会員登録がまだの方.

次の

監査法人(会計士)を辞めたい!監査法人から転職したい公認会計士におすすめの転職先とは|キャリズム

会計士 税務 転職

公認会計士は、ストレスの多い職業だといわれています。 多くの株主がいる大企業の会計監査業務などでは、自分たちが出した財務諸表に基づいて株式の取引が行われるため、その企業の株価だけではなく、株式相場全体にも影響を与えます。 さらに日頃から多忙で、特に繁忙期には長時間労働が増え、休日出勤を余儀なくされることもあります。 責任の重い仕事に多忙な労働環境と、会計士の仕事は心身ともにストレスを感じやすい条件がそろっていて、転職希望者も多く存在します。 ほかの職業と比較すれば、確かに年収面では恵まれている部分もありますが、キャリアアップをするためには常に勉強が欠かせず、ワークライフバランスもとりづらいのが実情です。 そこで、公認会計士によくある転職理由をポジティブなものとネガティブなものに分けながら、いざ転職するときにはどんな転職先があるかについてご紹介します。 現在、監査法人では会計士の積極的な採用トレンドが続いています。 IPO(新規公開株)の伸びや日本版の内部統制報告制度(J-SOX)の導入、四半期決算の導入など、監査法人に対する新たなニーズが高まりを見せているためです。 しかし、大手監査法人では、必要な人材確保が終わったことや、離職者の減少、さらにはAI(人工知能)の発達などを受けて、人材獲得の動きは少し鈍化しています。 また、大手監査法人は、待遇や職場環境などが整っているため離職率が低く、採用を控える法人がある一方、積極的な採用を続けている法人もあり、採用の姿勢にも大きな違いがあります。 そして中堅監査法人では、常に会計士の採用に積極的な傾向があります。 大手監査法人の出身者を管理職待遇で迎え入れるケースも増加傾向にあるため、30代後半~40代の転職希望者には狙い目ともいえます。 会計士試験に合格した当時、監査法人は採用氷河期にあたり、一般事業会社の経理ポジションにて就業した会計士のケースです。 その後、会計士としての専門性を活かしたキャリアを形成していきたいという理由から、監査法人への転職にチャレンジし、見事に第一志望から内定を受けました <転職成功のポイント> この会計士はマイナビ会計士を活用し、面談の中でキャリアの棚卸をすることで、自分のキャリアパスが明確になったことがポイントになりました。 キャリアアドバイザーからの助言により、入社後のイメージを持って応募法人を絞り込んだことで、志望理由も明確になりました。 内定を獲得してからも、スムーズに最終的な入社の決断をすることができました。 ケース2 Big4監査法人から一般事業会社に転職し、内部から成長を支援 Big4と呼ばれる大手監査法人で、法定監査業務や内部統制報告制度の監査、財務デューデリジェンス業務に従事したというキャリアを持つ会計士のケースです。 会計知識や経験を活かして、企業の内側からその成長を支援したいと思うようになり、一般事業会社での転職を希望しました。 その結果、最終的に一般事業会社の経理や経営企画等を行う、管理部門への転職に成功しました。 <転職成功のポイント> 一般事業会社での勤務は未経験であり、前職が大手監査法人だったことで、大幅な年収ダウンや仕事になじめるのかといった不安が強くありました。 しかし、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの助言により、これまで培ってきたスキルや知識を活かすポジションに絞り込めば、新しい仕事も早期にキャッチアップでき、経験やスキルに対する高い評価から年収ダウンの幅も小さくて済むということがわかりました。 最終的には経理や経営企画等の管理部門に応募を絞り込んだことで、未経験ながら内定を獲得でき、年収ダウンも想定の範囲内に収めることができました。 ケース3 税務のスペシャリストとして、会計事務所の法人責任者候補に転職 会計事務所、監査法人、コンサルティングファーム、一般事業会社と一通りの経験があり、直近6年間は上場企業でのCFO候補、上場準備企業での財務部長といった経験のあるハイキャリアな会計士のケースです。 40代でしたが、税務を会計事務所で学び直した上で、スペシャリストになりたいという思いから転職を希望していました。 税務業務については、ブランクがあることから即戦力での入社が難しく、税務業務のみに従事する場合は年収が大幅ダウンしてしまうという課題がありました。 しかし、マイナビ会計士のキャリアアドバイザーの助言で、これまでのコンサルティングの実務経験を活かした上で、税務業務に携われる中堅規模の会計事務所の採用に応募し、見事内定を得ました。 <転職成功のポイント> 税務実務だけにフォーカスするのではなく、これまでのすばらしい経験を絡めながら転職活動をしたことが成功のポイントになりました。 結果としては年収がダウンするどころか、現職を上回る条件での転職となりました。 それが可能になったのは、マイナビ会計士の経験豊富なアドバイザーが、通常の人事経由による応募ではなく、法人代表者へのトップアプローチを図ったことによります。 転職したいという方の中には、明確な理由がなく、ただ漠然と違う働き方をしてみたいという理由から転職を希望し、活動を始めてしまう方もいます。 しかし、大切なのは自分の転職理由をきちんと見極めることです。 そして、転職を成功させるには、応募先に理解してもらえるだけの明確な志望理由が必要です。 それが明確でないと、成功する転職にはつながりません。 転職理由や志望動機を明確にする一番の近道は、マイナビ会計士などの転職エージェントを活用することです。 キャリアアドバイザーとの面談の中で、自分のキャリアの棚卸をすることでキャリアプランが明確になったり、自分では知らなかった多様な選択肢に気付いたりすることもできます。 公認会計士としてキャリアアップし、転職を成功させるためには、年代を問わず、積極的にマイナビ会計士をご活用ください。

次の