中華 料理 と 中国 料理 の 違い。 中華料理と中国料理の違いは?

中華料理と中国料理の違いは?

中華 料理 と 中国 料理 の 違い

Contents• 『中華』と『中国』の違い 日本で見る中華料理 出典 日本の中華料理といえばといえば『横浜中華街』だけではなく、神戸や長崎にもチャイナタウンが存在し、本格的な中華料理が味わうことができます。 もっと身近なところだと『餃子の王将』や『バーミヤン』などがあります! 『中華料理』というのは、中国を発祥とする昔から食べられてきた料理や調味料・調理法が日本に伝承され、日本人の口に合うように改良されたものを指します! 歴史的には昔から日本に住む中国人が運営しており、こじんまりとした店先で、値段も手頃な伝統的な家庭料理を日本人の口に合うように改良し提供して、ウケたのがきっかけとされています。 ちなみ『餃子の王将』の創設者は、戦時中に満州へ出兵し、そこで現地の料理を学んで日本に持って帰って創業したと言われています。 日本で見る中国料理 出典 中華料理とは対照的に、日本人の舌など関係なく、これが中国料理だ!と言わんばかりに伝統的な中国料理を提供しています。 シェフも中国出身の本格派が多く、熱烈なファンは中国料理店の方が多い気がします。 街中でも『中国四川料理』など地名を店名に入れるなどして、中華料理店との差別を図っています。 その店名のメニューも中国四大料理である『山東、江蘇、広東、四川』これに『福建、浙江、湖南、安徽、北京、上海』を加えた十大料理のシェフの出身地や出したい地域の料理に一本化されているところが多いです。 一般的には『中国料理』というと、中華料理にない独自のものになるので食材を手に入れる経費などで必然的に値段が高くなり、高級料理のジャンルに入ります。 例えばフカヒレや北京ダックは、そうそう日本のどこででも食べれるものではないですからね! 中華料理の歴史は江戸時代から 日本での中華料理の起源は江戸時代に遡ります。 当時は日本にいた中国人が飲茶や点心などの創作料理を仲間内で提供し出し、やがて日本人に向けた味の改良を行い、日本人にも振舞われていました。 それが京都や東京の地域でも認知され出し人気の料理となりました。 大正の初期には『中華料理』が人々の食文化を変え、大衆料理として食べられるようになりました。 中国発祥じゃない料理 ラーメン 中国明の時代の王朝が、日本の水戸藩主の徳川光圀にラーメンをもてなしたと言われています。 明治時代には『中華麺』をベースとし、個性的な調味料を合わせ、独自のラーメンを完成させました。 時代とともに改良が加えられ、ラーメンは日本の独自の文化として定着しました。 今では麺を渡した中国人も、日本のラーメンを食べたいと観光にやってくる人が大勢いるまでに進化しました。 ここでいうラーメンは、日本人の口に合わせて改良されてきたので『中華料理』に分類されます 日本の文化と言っても過言ではありません。 焼き餃子 中華料理の定番料理であった餃子は、実は日本オリジナルです。 日本では江戸時代に初めて餃子を食べたと言われていますが、第二次世界大戦終了後まで庶民に普及されていませんでした。 日本兵が中国から帰還後に、中国で餡を皮で包む技法を学んでおり、日本でお店を出して売り出しました。 日本の餃子は皮が薄く、餡の作成に重点を置き、ご飯などのおかずとしてタレをつけて食べます。 しかしこれが中国では衝撃的らしいです。 日本の餃子は焼きますが、中国では水餃子や茹で餃子が主流で、スープにタレを入れて主食として食べられています。 これが日本の餃子と大きな違いです。 しかもワンタンや水餃子は皮が分厚く、日本とは真反対ですね! 天津飯 出典 travel 天津飯は『中国の天津市』で作られたから、そう呼ばれていると思っていましたが、実は違うそうです。 中国人に『天津飯』というと、百発百中でドラゴンボールの話題になってしまいます。 そんな料理があることすら知らない様子…。 天津飯は、日本人が考案した中華料理とされています。 日本人が考案したなら日本料理にすればいいじゃんと思っちゃいましたが、発明した人が働いていたのが中華料理屋さんでした。 エビチリ 出典 中華料理のシェフである陳建民が日本で中華料理屋さんを開店させる際に、元の四川料理を改良して作られたのがエビチリとされています。 日本人は辛味に慣れていなかったので、豆板醤の代わりにケチャップを代用して作られました。 ケチャップは市民の家庭にもあったので、エビをケチャップで炒めるというお手軽料理として、一気に日本全土に流行り出しました。 冷やし中華 出典 中国にも冷やした麺を具材と和えて作る料理がありますが、味も作り方も違うとして、日本発祥のものとされています。 日本各地にも地域差があり、時代を超えて進化し続けています。 北海道では『冷やしラーメン』、関西地方では『冷麺』として呼ばれています。 味付けの仕方も異なっており、東海地方ではマヨネーズを添えるそうです! 中華丼 出典 中国にもあんかけご飯は存在していますが、このように多くのさまざまな具材を乗せていないので、少し中華丼より質素です。 中華丼は、ご飯の上に八宝菜を乗せて、中華風の甘煮の餡をかけたものです。 諸説ありますが、中華料理屋さんの賄いで出されたとされています。 また中国のように派手やかな料理にしようと、色々な具材をトッピングしたとも言われています。 サンラータン麺 出典 中国の四川省や湖南省の特色料理で有名なサンラータンで、酢の酸味と唐辛子の辛さを融合させたスープです。 年間を通して飲まれている人気のスープですが、日本ではそこに麺を入れてサンラータン麺として食べることがあります。 これは中国では食べられていない食べ方なので、新しいオリジナルの日本食です!.

次の

中華料理の種類と特徴!四川、上海、北京、広東の違いを解説!

中華 料理 と 中国 料理 の 違い

中国と日本をよく知る著者による、日中食文化比較の新連載。 そのそれぞれにジャンル名をつけて区別していることに、著者は日本人に独特の気質を見出す。 日本で暮らし始めて、もうかれこれ10年以上が経った。 仕事やプライベートで日本の各地を訪ねる機会が多いのだが、そのたびに感じるのは日本のフードサービス業の発達だ。 大都市の繁華街に限らず、地方都市でも随所に各国の料理店が軒を連ねている。 食べる側としては、おいしい料理をさまざまに賞味できて喜ばしい。 そんな中でも目立つのは、やはり中国発祥の料理を提供する店の多さだ。 そこで私は気づいたことがある。 これは単なる文字の違いだけなのか、それとも、そこには何か特別な意味が込められているのだろうか。 「中華」と「中国」一文字の違いで全く別な料理店 デパートのレストラン街にある中国料理の看板 街角の中華料理店の看板 「中華料理店」のほうは、さまざまな立地にたくさんある。 これは、一般に個人経営の小さな店舗が多く、どの店でも必ずと言っていいほど、ラーメン、チャーハン、焼きギョーザが人気メニューになっている。 日本人はこれらのメニューをこよなく愛している。 周りの日本人と一緒に食事や飲み会に行くと、私はそのことをよく感じる。 日本人は、焼きギョーザとビール、麻婆豆腐とご飯をたべるときに、いつも「この世にこんなにおいしい食べ物があるのか」と、ずいぶん感動しているように見えるのだ。 これらの料理がいかに日本人の味覚にフィットするかが分かる。 ただ、日本を訪れた中国人からすると、いずれも、調理法も味も本場のものとはかなり違う。 それは、中国発祥の料理が日本に上陸して現在の定番メニューにまで成長する長年にわたるプロセスの中で、徐々に日本人の口に合うような味にアレンジされ、変貌してきたためだろう。 では、より本場中国の味に近い料理を食べたいときはどうすればいいか。 そこでは、俗に言う「中華料理」ではなく、少し値の張る、本格的な中国料理を楽しむことができる。 これは表で比較を示してみるとわかりやすい。 中国料理 中華料理 イメージ 高級レストラン 庶民の店 値段 高い 安い メニュー フカヒレ、北京ダック、飲茶…… ラーメン、チャーハン、回鍋肉…… シェフ 中国人が多い 日本人 規模 大きい、会社経営 小さい、個人経営 テーブル 丸い 四角 たとえば、食卓一つをとっても違いは明確だ。 「中華料理店」では、いわゆる大衆食堂でおなじみの長方形のテーブルが主流だが、「中国料理店」では、本場と同じ丸テーブルである。 また「中華料理店」は、日本全国、住宅地や商店街の片隅にでも見つけることができ、庶民がいつでも手軽に足を運ぶことができるが、「中国料理店」は、主に、デパートのレストラン街、都会の主要なビジネス街などにあり、時には予約しなければ入れないような高級料理店も多い。 「中国料理店」では腕のよい中国人シェフを雇っているところも多々あるが、「中華料理店」では、威勢のいい日本人のおじさんが中華鍋を片手に抜群の手さばきを披露していたりするものだ。 「中華料理店」で出された料理はもちろん本場と大きく変っていた。 中国では主食のひとつである水餃子は、日本では、「焼きギョーザ」へと改変され、おかずの一種になった。 また、具も日本人に合うものに限定されてきた。 麻婆豆腐もあまり辛くない。 出されるメニューの種類も、中国の家庭料理と比べ、かなり絞られている。 そうやって時間と手をかけ、日本人は自分たちの口に合う料理へと調整を重ね、本場とはかなり異なった「中華料理」なるものをこの国で根付かせてきたのだ。 こうして、ラーメン、チャーハン、ギョーザなどはどっぷりと市民権を得て、日本の国民から絶大な支持を得る定番メニューへと変身したのである。 「中国料理」への敬意と「中華料理」の地位 ともに中国発祥でありながら、なぜこのように2つのジャンルに分かれたのだろう。 とくに、「中国料理」とは違う「中華料理」はなぜ生まれたのだろう。 そこを考えて気づくのは、日本人の特徴だ。 料理に限らずさまざまな分野においても、日本の人々は、お客の好みに合うように世界中のさまざまなものを改造し、改良を重ねる。 本場のものとは異なる「中華料理」の発生は、その日本人の特徴的気質と関連すると考えている。 中国の料理は、日本以外の国・地域でもやはり多くがその国・地域の大衆に好まれる味へと改変されてきた。 しかしそれでも、日本での「中国料理」と「中華料理」のように、本格と現地化(ローカライズ)したものとを区別して呼ぶことは、まずない。 英語なら「Chinese food」一つだ。 私は、日本人のこの呼び分けをとても好意的に受け止めている。 そこには、本格は「中国料理」として敬意を払い、そして、自分たちで現地化したものは、「中華料理」としてそれなりの地位を守るための、繊細な配慮のようなものを感じる。 また、物事をきちんと分類するという日本人の真面目さや優しさも見られるかとも思う。

次の

中華料理と中国料理の違いは?実は「味」なんですって。

中華 料理 と 中国 料理 の 違い

四川料理 しせんりょうり• 広東料理 かんとんりょうり• 山東料理 さんとんりょうり• 江蘇料理 こうそりょうり• 淅江料理 せっこうりょうり• 安徽料理 あんきりょうり• 湖南料理 こなんりょうり• 福建料理 ふっけんりょうり 四川料理 しせんりょうり 四川料理は、中国四川省の郷土料理のことです。 麻婆豆腐やエビチリ、火鍋など、香辛料を使った辛い料理が代表的です。 広東料理 かんとんりょうり 広東料理は、中国広東省の郷土料理のことです。 飲茶 ヤムチャ と呼ばれる、中国茶を飲みながら点心を食べる習慣が有名です。 山東料理 さんとんりょうり 山東料理は、中国山東省の郷土料理のことです。 北京料理の発祥とも言われ、水餃子や北京ダックが代表的な料理です。 江蘇料理 こうそりょうり 江蘇料理は、中国江蘇省の郷土料理のことです。 上海料理の原型とも言われ、甘みの強い味付けが特徴的です。 代表的な料理は八宝菜です。 淅江料理 せっこうりょうり 淅江料理は、中国浙江省の郷土料理のことです。 海鮮物と野菜を多く使うのが特徴的で、叫花鶏 ジャアホワジー と呼ばれる鳥の蒸し焼きが有名です。 安徽料理 あんきりょうり 安徽料理は、中国安徽省の郷土料理のことです。 山菜や川魚などを使うのが特徴的で、スッポンを使った料理などが有名です。 湖南料理 こなんりょうり 湖南料理は、中国湖南省の郷土料理のことです。 唐辛子を使った料理が多く、中国料理の中で一番辛いことで有名です。 酸辣湯 サンラータン は湖南料理の代表的な料理のひとつです。 福建料理 ふっけんりょうり 福建料理は、中国福建省の郷土料理のことです。 魚介を使った料理が有名で、甘めの味付けが特徴的です。

次の