堂本 剛 突発 性 難聴。 堂本剛が患った突発性難聴はビジネスマンにも起こる

堂本剛が「突発性難聴」で入院!この病気の発症原因がヤバい!?

堂本 剛 突発 性 難聴

Contents• 堂本剛突発性難聴を発症影響と回復は? KinKi Kidsの堂本剛さんが「突発性難聴」を発症したのは、今年の6月です。 左耳の発症でした。 そして、 6月27日に入院し、 7月4日に退院しています。 その影響で、 6月28日のテレビ東京「テレ東音楽祭2017」、 7月1日の日本テレビ「THE MUSIC DAY」 は欠席せざる負えなくなりました。 おりしも今年は、 KinKi Kidsはデビュー20周年の年です。 7月15日に行われたKinKi Kidsのデビュー20周年イベントにも 堂本剛さんはステージに出演することはできず、生中継映像にギターやダンスで参加となりました。 退院後の 7月20日には文化放送の特番「Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~」 に堂本剛さんは生出演しました。 しかし、自身の左耳の状態ついて 「ご覧の通り、特に治っていない。 あと1週間は爆音禁止」 と語っていました。 そこから1週間と少し経ったあとに 去年もSMAPの25周年前に解散といったことやKAT-TUNも10周年前にメンバーが3人になったりとなかなか長くやり続けるというのは難しいものなのですね。 堂本剛さんもこのファンも期待している20周年の年、予定されているイベントになんとか出演とこころみられたことでしょう。 しかし、「突発性難聴」はなかなか順調に回復といったことには至らなかったようです。 体内に入った、音や声の届く過程はこのようになります。 「中耳」は、鼓膜の奥にある空間です。 中耳の中にある3つの小さな骨は、震えを起こして音や声を大きくし効率的に伝える役割があります。 そこから 「内耳」はその奥にあります。 内耳では、リンパ液で満たされた蝸牛(かぎゅう)というカタツムリのような機関があります。 蝸牛(かぎゅう)のリンパ液に伝え、有毛細胞の振動によって脳へ音を伝えています。 そこで音や声が電気信号に変えられているのです。 内耳から奥には脳神経と繋がる「後迷路」と呼ばれる内耳神経があります。 それをへて脳が音や声を認識しています。 難聴は、声や音が脳に伝わる過程で、 「伝音性難聴」外耳や中耳で音の振動がうまく伝わらないことで起こる難聴 「感音性難聴」内耳や後迷路で音を能力になんらかのトラブルが生じることによって起こる難聴 「混合性難聴」伝音声と感音性の難聴が混在した状態 といったものにわけられます。 「突発性難聴」は3つのタイプの難聴の中で「感音性難聴」に分類されます。 外耳と中耳は正常な状態ですが、 内耳の有毛細胞がなんらかの障害を起こしているといったことです。 「突発性難聴」原因として考えられているのは ストレス、 ウイルス感染、 内耳循環障害(血流障害) などです。 しかし現在明確な原因はまだわかっていません。 しかし、突発性難聴を発症した人の多くに、精神的ストレス、睡眠不足、肉体疲労があった時期に発症したケースがあるためストレスと突発性難聴に関係があるのではないかと思われています。 しかし、突発性難聴を起こすと考えられるウイルスは、まだ見つかっていません。 じゃ何故、ウイルス感染が突発性難聴の原因なのだといわれるかというと、突発性難聴が風邪にかかった後になる場合があるからなのです。 そのようなことから風邪のウイルスの存在が突発的な難聴を起こすことも考えられているのです。 また、突発性難聴の治療では、感染症による炎症を抑える(抗炎症)作用をもつステロイド剤を使用します。 これは、抗炎症作用が突発性難聴の治療に効果的であるということです。 そのこともウイルス感染がといわれている要因のひとつです。 血流障害(内耳循環障害)とは、内耳血管で血栓、出血、麻痺などが起こり、そのことが原因で内耳の血流が妨げられて血液が内耳に十分届かず、突発性難聴が起こる可能性があるということです。 しかし、突発性難聴はこの血栓や塞栓、出血症状がおこりやすい高齢者のみでなく若年者にも多く発症します。 しかも、突発性難聴は再発することがほとんどありません。 そのことからも血流障害との関係は説明が明確にはなっていないところです。 突発性難聴と診断されると、 ステロイドホルモンの漸減療法を血漿増量剤の点滴が組み合わせて行われます。 ビタミン溶液、ATP製剤溶液なども同時に加えます。 大体7~10日間、毎日点滴を施行し、自覚症状と聴力検査で評価します。 以上の治療で、聴力が回復しない場合は「難治性の突発性難聴」と考えられ、特殊な治療方法として、高圧酸素療法や星状神経節ブロックなどを検討されます。 ステロイド治療により血糖値が上昇し、糖尿病が急性に増悪することがあるので、糖尿病と言われた、あるいは糖尿病治療を受けている場合には、内科の医師による血糖値のコントロールを同時に行うことが大切です。 一般的には発症してから、つまり聞こえなくなったと自覚した時点から、約48時間以内に適切な治療を開始するかどうかが重要といわれています。 そうした時間内の治療であれば聴力が改善する方が多いからです。 しかし1週間を超えると、治療をしても改善が困難な場合が多くなってきます。 また、1か月あるいはそれ以上経過していると、きわめて治療困難だといわれます。 といったように、治療開始が早ければ早いほど、その後回復に大きな差異が出るといったことになります。 そういったことからも、耳が聞こえにくいなどの症状を自覚した場合は設備の整った病院や耳鼻咽喉科専門医の診断を少しでも早く受けることが重要ですね。 急に「聞こえが悪くなった」、「急に耳鳴りがしだした」といった場合、絶対に放置しないでできればその日のうちに耳鼻咽喉科専門医を受診した方がいいということです。 堂本剛さんがどれぐらい自覚症状から時間がたっての診断だったのかきになりますね。 といったことから完全な予防法というのないといったのが現状です。 ただ病態は解明されています。 内耳の血液循環不全が突発性難聴の病態です。 ですので、血液循環が悪くならないように注意するこが予防につながります。 栄養のバランスのとれた食事 十分な睡眠 極端に熱い入浴や長い入浴は避ける、 耳に大きすぎる刺激を与えない などですね。 とくに突発性難聴の予防といったことだけではない内容ばかりですが、 それに 過労やストレスが加わるときに 突発性難聴の発症が多く見られます。 そういったことで精神的な安静も重要です。 突発性難聴なった他の芸能人は完治したのか? そういった突発性難聴を発症した芸能人は他にも多くおられます。 浜崎あゆみさん スガシカオさん 坂本龍一さん 相田翔子さん ハウンドドック 大友康平さん エレファントカシマシ 宮本浩次さん サカナクション 山口一郎さん 小川載子さん 千原ジュニアさん 桑田真澄さん GENKINGさん 柏木ひなたさん など有名な方だけでもこんなにおられるのですね。 その方たちは完治はされたのでしょうか? 突発性難聴は、治療によって必ず治る病気というわけではありません。 治る場合と治らない場合があります。 統計的には、適切な治療を行っても難聴が完治するのは患者のうちおよそ3分の1だそうです。 あと3分の1は改善はするものの 難聴や耳鳴りなどの後遺症が残る。 そして、残りの3分の1は改善しない。 と言われています。 特に高音部の難聴は治療しそうです。 突発性難聴は、内耳の血液循環不全が病態です。 ですので手術など外科治療による聴力改善は望めません。 ですのでやはり、過去に突発性難聴になった芸能人全員が完治したわけではないようです。 スガシカオさんは7、8割の回復はしたが完治はしていない。 大友康平さんは、手術もしたものの完治しなかったようです。 サカナクションの山口一郎さんツアーの最中に突発性難聴が発祥したので放置していた期間が長く、右耳が聞こえない状態のままだそうです。 やはり、治療開始が早い方が治りやすいと言われる突発性難聴といったことですので、それぞれの治療までの期間にも完治はかかわっているようです。 ま と め KinKi Kidsの堂本剛さんが「突発性難聴」の影響でサマソニの出演とイナズマロックフェスの出演を見送られました。 その病気である「突発性難聴」症状と原因と治し方や他の「突発性難聴」になった芸能人は完治したのかなど調べてみました。 両フェスとも「アーティスト本人の強い希望もあり、治療の経過を待って出演の調整を行っておりましたが、ライブを行うまでの回復に至らず、担当医師の判断により、やむを得ず出演を見送らせていただくことになりました」 と発表されています。 突発性難聴が思うように治らない場合、突然の失聴は精神的負担は極めて大きいものです。 しかも堂本剛さんのように自身を待っているファンがいるといったことなどでさらに深刻なストレスと精神的苦痛があることも考えられます。 9月1~3日には京都・平安神宮でソロライブが予定されそうですのでそれまでに回復を望みますが、無理はしてほしくないですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の

堂本剛が突発性難聴との戦いを語る

堂本 剛 突発 性 難聴

堂本剛が突発性難聴に!? 出典: 堂本剛さんは 突発性難聴に悩まされています。 2017年の夏頃、自身のラジオ番組で 6月末頃から入院をしていたことを明かし 急に水中に潜った感じで 両耳が全く聞こえなくなって。 右耳だけかろうじて 陸に上がったみたいな感じがした。 例えば紙をこする音の 周波数だけがやたらと聞こえてきて めちゃくちゃ耳について 痛くて頭が響く感じで と、その症状を明かしていました。 最初は両耳が 聞こえなくなってしまったのですね。。 すぐに入院するように お医者さんから言われたそうですが 仕事があったためそれから 1週間経って入院したという堂本剛さん。 ストレスは相当なものだったようで ご飯も食べられない時も あったのだとか。。 どうやら、自分が ご飯を噛んでいる音が 『ホワンホワン』と鳴ってしまい その音で疲れてしまったようです。 堂本剛がヘッドホンをする理由は? 堂本剛さんは ヘッドホンを装着する理由を 自身のラジオで説明していました。 ある一定の周波数の音があると ワンワン響いて歌えないなとか いろいろあるんで。 ピアノの鍵盤のね、ファの音に 何か全部変換されたりするんですよ。 ある一定のミッド・ハイの辺りとかになると 音楽なんか聴いてても、 全部そのキーに変換されちゃうから こっちは塞ぎたくなるんですよね。 塞げば塞ぐほど、鼓膜に近ければ近いほど その音が鳴ってくるから 鼓膜から離した状態で耳を塞ぐってことで ヘッドフォンっていうものを選んだんですけど それでも、歌いやすいかっていうと 全然歌いにくいですけどね。 で、今右耳に過度な負担をかけた状態で 音楽をやることになるんで 右耳も休めなきゃいけないんですよ。 でも、キンキの音楽を 続けて行かなければいけないという中で 無理をするしかないですね とのことで、かなり大変な状況で 堂本剛さんは歌い続けているのですね。。 しかし、こんな状況でも 堂本剛さんはこんなことを言っていました。 あとは、こうなったことによって 良くも悪くもいろいろ考えるじゃないですか。 そんな中で生まれる 新しいものがあればいいなとか また発見があればいいな、 なんて思っています すごいプロ意識ですよね・・・ 堂本剛のヘッドホンのメーカーは? 堂本剛さんが使用している ヘッドホンのメーカーは BOSEのものです。 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック を使用しているようですね。 このヘッドホンの ノイズキャンセリング機能で 周りの音を聞こえなくして 耳に届く音をクリアにしているのだとか。 さらに、左耳に綿を入れて 耳栓をして音を遮断。 右耳はそのままにして ヘッドホンを通した音に 集中しているようです。 堂本剛さんは 僕は今、 (左耳では)真ん中の音が 重症で聞こえてなくて 下の音があんまり聞こえてません。 上の音は正常で聞こえているのが左耳の状態。 鼓膜の一番近くに綿を詰めて 20デシベル音圧を下げる耳栓をして 左耳は音をカット。 ヘッドホンをして、 右耳だけで歌っています。 そういう状況をとらないと 頭の中で音がフワーって ハウリングしちゃうんですよ。 自分の声も、歌っていても 頭蓋骨でビービービービー響くので 聞いている音がかき消されていく 状況がでてくる と話していました。 そんな大変な状況で 歌っているなんてわからないほどの 見事な歌唱力でした。 本当に、すごいですよね。 堂本剛にネットの反応は 今年自分も難聴を患った身として堂本剛のプロ精神には本当に驚いてる。 例えヘッドフォンで痛い音域をカットしても結局骨伝導やその時のタイミングで吐き気にも近い不快感が襲うから。 それも含めて声を張って一定の水準のパフォーマンスを提供するということの厳しさ、それを実行する強靭さは見習いたい — m. 本人曰く「耳はおそらく今後もこのままだろう」とのこと。 音が正確に拾えず、常人ならば歌うどころではない重い障害です。 …どうか見守ってあげてください。 — ちー chiakinki ヘッドホンがひとつのアイテムとして「堂本剛おしゃれやな」として浸透しつつあって、それはそれで良いと思う。 ファンがしっかり分かっていればそれで。 その立ち姿が違和感なく受入れられるのは、今までファッションリーダーとして一線にいた証拠でもあり、歌声が素晴らしいという事だから。 ファンじゃない人に何でヘッドフォン?って思わせるんだから。 関連記事:.

次の

堂本剛が抱える重い病気パニック障害等、光一に支えられてのKinkikids20周年!突発性難聴で入院した病院はどこ?原因はストレスなのか

堂本 剛 突発 性 難聴

堂本剛は現在も耳が聞こえていない? KinkiKidsの堂本剛さんの現在の耳の状態に注目が集まっています。 まずは、堂本剛さんの現在の様子を見ていきましょう。 歌唱時はヘッドホンを装着 2017年6月に突発性難聴を発症し、担当医師の判断によりライブなどの出演は見送っていた堂本剛さん。 その後、2017年10月29日開催の音楽フェス『テレビ朝日 ドリームフェスティバル2017』で音楽活動を再開させました。 151日ぶりにKinKi Kidsが復活したステージとなりましたが… 堂本剛さんの耳には ヘッドホンがつけられていました。 2017年9月中旬に医者から診断を受けた際には 「日常生活には全く支障なく、音楽活動も再開して問題ない程度に回復した」と伝えられたと言います。 この時は剛さんも「お医者様とも相談をし、音楽活動を再開させていただくことに至りました」と報告していました。 ステージ復帰された堂本剛さんでしたが、2018年に出演した歌番組では全ての楽曲でヘッドホンを装着されていました。 2019年はヘッドホンを外すシーンも? 2019年6月26日放送の『テレ東音楽祭2019』では、堂本剛さんが 一部楽曲でヘッドホンを外した状態で歌唱するシーンがありました。 以前に比べて良くなっているのかな?…と思いましたが、こちらは 機材トラブルへの咄嗟の対処だったようです。 この時、一曲目の「フラワー」から堂本剛さんはヘッドホンをつけていましたが、冒頭から音が届いていない様子が見受けられました。 剛さんは耳をかばうためのヘッドホンを少しずらしながら周りの音を聴いて歌い出しました。 その後もスタッフに合図を送っていましたが、改善されず。 さらにハウリングが聞こえてしまうハプニングも発生し、剛さんはヘッドホンを外してしまいました。 二曲目の『薄荷キャンディー』でも音響状態は変わらず、ヘッドホンを外したままの完走となりました。 その後の音楽番組でもヘッドホンをつけていますので、以前と状態は変わっていないと言えますね。 通常時も補聴器をつけている? 突発性難聴の影響から、歌唱時にはヘッドホンをつけている堂本剛さん。 2017年7月21日に出演した『 ZIP! 』では、 補聴器のようなものをつけていることが話題となっていました。 この時はまだステージ復帰もしていない時期でしたが、通常時も何もない状態では厳しいことが見て取れ、病状の深刻さが見えた気がしました。 耳鳴り防止で耳栓使用していた 補聴器をつけているのではないかと言われていた堂本剛さん。 ZIP出演時の画像を詳しく調べてみると、どうやらこちらは補聴器ではなく 耳栓のようですした。 ステージに上がる際は、左耳の鼓膜の近くに綿を詰めて20デシベル音圧を下げる耳栓をして音をカットしているとのことです。 耳栓の効果について、ご本人は過去のインタビューでこう語っています。 今の段階では完治するのは難しい状況で。 長い付き合いをしなきゃいけないのは確実なんだよね。 それは間違いない。 ただそうなると、今後自分が作る音楽も変化せざるを得ないだろうね。 (引用:) すでに、病気と生涯付き合っていく覚悟をしているようです。 2017年12月には 医学的な治療がないという宣告もされたそうです。 完治は難しいということで、今後もヘッドホンを装着したパフォーマンスが定着しそうです。 どうか無理だけはせずに、楽しく活動を続けて欲しいですね。 堂本剛のヘッドホンのメーカーはBOSE! 堂本剛さんがステージ上で使用しているヘッドホンのメーカーはBOSEです。

次の