大根 の 葉 ご飯。 大根の葉レシピの人気1位はコレです♪それ以外のおすすめもご紹介!

葉付き大根を通販!大根の葉もおいしいと好評!葉の茹で方もご紹介

大根 の 葉 ご飯

この味を知ったら、食欲の秋 がさらに楽しくなる。 山形は一足先に冬がやってきます。 11月になるとぐっと冷え込み、冬野菜は甘味を増します。 このときの、成熟一歩手前の走りの時期(11月上旬)に収穫できるのが「葉がやわらかい大根」。 品種は、食味が非常によい「福味2号」で、畑には良質なアミノ酸が含まれる有機肥料を使用し、味わいを高めています。 季節限定、ご予約をおすすめします。 通常の収穫期では、葉がごわごわと硬くなりますが、そのちょっと前に収穫するために、 葉はまだ元気でやわらかいことが人気の理由。 この時期だけにしか味わえない特別なものなのです。 この大根の葉は、やわらかいだけでなく、 えぐみが少なく、茎もスジが弱く、しゃきっとして甘味と旨味を感じるほど。 しかも、農薬の使用は幼苗時の病害虫対策のみ。 だから安心して丸ごとお召し上がりいただけます。 大根の葉を使って菜飯、ふりかけ、おひたし、漬物、味噌汁など、今となっては贅沢ともいえい料理をお楽しみください。 幅38cmのノートパソコンの上に置いてみました。 葉っぱがおいしいのはもちろん、根もまだ成熟したサイズになっていませんが、これが、またおいしいのです。 この大根に包丁を入れると、果肉の緻密さを感じます。 やわらかく弾力があり、甘味もあり、あつあつのおでんや鍋、ふろふき大根、皮はきんぴらなど、大根料理を味わい尽くしたくなります。 また、 皮付きのまま調理すると「ほくほく」の食感と旨味が楽しめます。 コンソメやトマトソースなどの洋風料理にもよく合い、ちょっとクセになる味わいが楽しめます。 ぬか漬けにしても、皮の味が楽しめます。 皮を厚めに剥いて「きんぴら」もおすすめ。 オリーブオイルでよく炒めて、塩、胡椒、クミン、メイプルシロップ、そしてバルサミコ酢を加えて、中火で煮詰める要領で仕上げてみてください。 産地直送、通販ならではの鮮度のよい葉付き大根を丸ごとお届けします。 大根の葉っぱの下ごしらえ・茹で方・保存方法 葉付き大根をそのまま保存してしまうと、養分が奪われて、葉はしんなりとして黄色く変色してしまいます。 保存方法は・・・• すぐに茹でて冷蔵・冷凍保存。 水洗いしてから天日干し乾燥。 生の葉を塩水でぴんぴんのまま• 生の葉を浅漬け、塩漬けに。 大根の葉を乾燥させて保存する。 一度湯がいてから調理する。 以降の写真は大根の葉をすべて残して抜いたもの。 お届けする際には周囲3〜4本は折れるため少なくなります。 ただし、それでも葉の量はかなり多いと思います。 大根の葉の茹で方 コツはさっと茹でて急冷する。 大きな鍋にたっぷりの水と塩を2〜3つまみ入れて、沸騰させます。 沸騰したら茎のほうから入れて半分ほど漬かるようにして10秒ほど。 横に寝かせて葉先のほうを菜箸でお湯にくぐらせるようにして10秒ほど。 すぐに取り出して、流水かけ流しで冷まします。 最後に葉先のほうを雑巾を絞る要領で軽く絞ります。 これで大根の葉の下ごしらえ完了です。 大根の葉のレシピ・料理のヒント 細かく刻んで、炒めたり、塩味を加えてご飯に混ぜたり、それをおにぎりにしたり、玉子焼きに混ぜたり、大根葉のペペロンチーノもおすすめ(生・茹でどちらも)。 茹でた大根葉をすぐに冷ますことで彩りがキープできます。 しらすorじゃこを加えて、ごま油で炒めて、白ごまを加えたら簡単ふりかけに。 さっと炒めるとやわらかで、汁気をよく飛ばせば常備菜のように日持ちします。 豚肉細切れ、挽肉などを入れると立派なおかずに。 大根の葉っぱの生での保存方法 毎日少しずつ食べたい(提供したい)という必要があればの保存方法です。 数日の保管なら、2の手順で水気を切って袋に入れて冷蔵庫へ。

次の

大根の葉と皮の美味しい食べ方。【農家直伝】のリピートレシピ

大根 の 葉 ご飯

お、最近話題の 「食品ロス削減レシピ」を目指してるのかなたこ? 大根の葉も食べられるから捨てるのはもったいないたこよ! 今回は茹でた大根の葉を舞茸と一緒に炊いて 「炊き込みご飯」にするたこ。 作り方 材料(2合分)• お米 300g(2合)• 舞茸 80~100g• 大根の葉と茎 50~80g• ごま油 4g(小さじ1)• 作り方(簡易)• 大根の葉と茎を洗い、1cmの長さに切る• 大根の葉と茎を30秒茹で、ざるにあけておく• 舞茸は食べるやすい大きさにちぎる• お米をいつも通りにとぐ• 具材を入れてひたひたにし、ごま油を回しかけていつものように炊く• 茹でた後は、ざるにあけて水気を切っておきましょう。

次の

大根の葉と舞茸の炊き込みご飯/やる気★★★

大根 の 葉 ご飯

普段大根は葉っぱが付いていない状態で売られていることが多いですが、旬の時季は葉付きで売られることが増えてきますので、そちらを買うことをおすすめしますよ。 持ち帰る際にかさばるのがネックですが 大根の葉は捨てることを後悔するほどの栄養価 大根の葉は緑黄色野菜に分類され、栄養価が高いことをご存知ですか? いつもついつい捨ててしまいがちな大根の葉。 胃腸の働きを整え、便秘解消・冷えや 余分なものを排出して健康や美肌に効果があります。 カルシウムの量も小松菜に匹敵するほどで、 最も身近な健康食材でもある「ほうれん草」と 比較するとビタミンCが約5,5倍、 鉄分は約1,5倍、カルシウムは約5. 3倍も含んでいます。 こんなに栄養価が高いとは私も実は知りませんでしたが、今では葉付き大根を見かけると嬉しくて買ってしまいます。 夫の実家では家庭菜園をしていて、葉付き大根を頂く機会が増えたのがきっかけで、大根の葉の食べ方を調べるようになりました。 ワサっとしていますが、調理すると驚くほどカサが減るのであればある程嬉しくなります 笑。 大根の葉をおいしく食べる簡単メニュー きっと皆さまも、大根の葉の栄養価とおいしさを知ってしまったら、今まで捨てていたことを後悔するかと思います 大袈裟。 食べ方も、小松菜などの葉もの野菜となんら変わりはありません! 参考になる調理法をインスタグラムでピックアップしましたのでご紹介します。 塩でもんで漬けるだけ!おつまみにもごはんのお供にも.

次の