安 心して ください 英語。 「癒される」を英語で表現!心が安らいだときに使えるフレーズ11選!

英語で伝える励ましの言葉、相手を気づかう英会話フレーズ

安 心して ください 英語

「お許しください」の意味と敬語 「お許しください」はへりくだって相手の許しを請う表現 「お許しください」は、何か過ちをおかしてしまった場合や、失敗をしてしまった、相手に迷惑をかけてしまったといった場面で、「ごめんなさい」と謝罪の気持ちを述べる場合に「許してください」とへりくだって相手の許しを請う表現です。 「許し」には「 願いを聞き入れること許可すること」「 罪・過失・無礼などをとがめないこと」を意味します。 主に、目上の人や取引先の相手など敬意をはらうべき相手に対して使用し、ビジネスシーンなどでも多く使われているフレーズです。 「お許しください」の敬語は、尊敬語+丁寧語 「お許しください」は、 「許す」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「お」と「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた言葉です。 したがって、尊敬を表す「お(ご)〜ください」という英語表現であるため、目上の人に対して使用することができます。 しかし、「ください」が元々「くれ」という命令形であるといったことから、強い口調に感じてしまう人もいます。 特にビジネスシーで目上の人や取引き先相手方へ謝罪をするには丁寧さにかけるとうのが一般的であるため、使用する場面や相手には注意が必要です。 「お許しください」の使い方と例文 本来打ち合わせや電話で伝えるべき内容をメールで伝える場合 ビジネスシーンでは時間が上手くとれないとき、本来時間を設けて打ち合わせをするべきところをメールで済ませたり、電話で直接伝えるべきことをメールで伝えるといった場面があります。 そういった場面で「 メールでのご連絡をお許しください」といったように、メールで済ませることを申し訳なく思う気持ちを伝えることで、相手に誠意をみせるとができます。 例文 「本来ならば直接お伺いするところですが、諸事情により電話での連絡となりましたことをお許しください」 「本来ならばお電話でお伝えすべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお許しください」 休日や夜分、多忙な時間帯にメールを送る場合 ビジネスシーンでは、休日や夜分、相手にとって多忙な時間帯にメール送ることは避けるというのが相手に連絡をとる上でのマナーです。 しかし、急を要する場合など連絡を入れなければならないといった場合に、「お許しください」と伝え、相手のことも考慮したうえで申し訳ないのですが連絡させてもらいましたという気持ちを言い表すことができます。 メールだけでなく、電話で連絡をとる場合にも使用することができるので、覚えておきましょう。 例文 「大変恐縮ですが、休日にメールを送る失礼をお許しください」 「お忙しい時間帯にご連絡する無礼をどうぞお許しください」 メールの誤送信があった場合 メールのご送信をしてしまった場合は、メールの宛先を間違えるという不手際に対して「お許しください」と謝罪の気持ちを述べます。 その場合は、送信してしまった日時と件名を伝え、不手際をお詫びするとともに誤って送ってしまったメールの破棄をお願いします。 また、メールで添付するはずのファイルを添付するのを忘れて送信してしまたといったミスに対するお詫びにも使用することができます。 メールでの対応にミスがあった場合は迅速に相手に失礼のないよう謝罪をするなど対応をし誠意をみせましょう。 大変恐縮ですが、上記のメールを開封せずに削除していただけますと幸いです。 こちらのミスでお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「先程お送りいたしましたメールにつきまして、資料を添付すると申したのにもかかわらず、添付せずに送信してしまいました。 あらためて、ファイルを添付し送信いたしますので先程のメールに関しましては削除していただけますと幸いです。 こちらの不手際でお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「お許しください」の使用上の注意点 こちらの不手際によるガチの謝罪では使えない 「お許しください」は、「許してください」と許しを請表現なので、 こちらの不手際により相手に対して失礼なことをしてしまった場合などガチの謝罪では使用することはできません。 自分の不手際に対して相手が不快な気持ちになっているのに対して「許してください」と許しを請うのは失礼です。 その場合は、許しを請うのではなく自分の非を認め「大変申し訳ございません」など「謝罪」の言葉を述べるのが常識です。 相手の怒りを鎮める場合も不適切 自分の不手際や失礼な行動により相手を怒らせてしまったという場合にも「お許しください」を使用するのは不適切です。 相手に怒りを鎮めるには「許してください」と許しを請うのではなく、「弁解の余地もございません」「面目もございません」といった謝罪の言葉を使用してお詫びをすることが必要です。 「お許しください」の類語 失礼いたします 「失礼いたします」は、 「失礼します」という言葉を「する」の謙譲語の「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた言葉で、目上の人や取引先相手に敬意をしめす表現として使用することができます。 「失礼します」をさらに丁寧にしたものが「失礼いたします」です。 「失礼」は、 うっかり迷惑をかきたときに相手に謝る言葉で、相手にに迷惑をかけそうなときも前もって「失いたします」と述べることができます。 例文 ・まずは取り急ぎ、メールにてご報告失礼いたします。 ・突然失礼いたしますが、詳しく事情を教えていただきないでしょうか。 ご容赦ください 「ご容赦ください」の「容赦」は「 ようしゃ」と読みます。 「容赦」の意味は「 許す、大目に見る」です。 そのため、「ご容赦ください」は 「許してください」「大目に見てください」の尊敬語になります。 「ご容赦ください」は、尊敬語の「ご」+「許す」を意味する「容赦」+丁寧語の補助動詞「ください」が組み合わさってできた表現で、「自分の失敗や過失をどうか許してください」のように申し訳ない気持ちを表現できます。 また、こちらからお願いをする際にも「ご容赦ください」をつけることで、「このお願いをお許しください」「このお願いを受け入れてください」といった気持ちを伝えることもできます。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 何卒ご容赦ください ご諒恕(りょうじょ)ください 「ご諒恕」は「 ごりょじょ」と読みます。 「諒恕」は「 事情を思いやってゆるすこと」を意味しています。 謝罪をする場面で使用する言葉で、「ご諒恕を請う」や、「ご諒恕を賜りたく」などと使います。 「ご諒恕」は「ご寛恕」と同じ意味で使用される言葉ですが、使用頻度は低いです。 例文 ・今回の一件については、何卒ご諒恕ください。 ご勘弁ください 「ご勘弁ください」は、過ちや間違いをしてしまったときに 「許してください」というニュアンスで使用される言葉です。 「勘弁(かんべん)」には、「 過ちや不都合を許すこと」という意味があり、尊敬を表す接頭語の「お」と「ください」という丁寧語を使用して目上の人に使用できる敬語表現にしています。 例文 ・度重なるご無礼をどうかご勘弁ください。 ・開封後の返品返金は致しかねますのでご勘弁ください。 ご寛恕(かんじょ)ください 「ご寛恕」は「ごかんじょ」と読みます。 「寛恕」の意味は、「度量広く、おもいやりの深いこと」「ひろい心でゆるすこと」で、「ご寛恕」は「 ひろい心で許してください」「 大目にみてください」という意味で使用されます。 「ご寛恕」には尊敬を表す接頭語「ご」が付いているので、相手の「広い心持ち」に対して使います。 つまり、相手からお許しをいただきたい場面である謝罪・お詫びのシーンで使うのが一般的です。 とても堅い表現なので、日常会話で使用することは極めて稀で、ビジネスシーンで使うのが普通です。 例文 ・今回の失態については、何卒ご寛恕くださいますようお願いいたします。 ご海容(かいよう)ください 「ご海容」は「 ごかいよう」と読みます。 「海容」は「 海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと」を意味します。 「ご海容」は主に、手紙で用います。 「ご海容」は「ご寛恕」といった言葉とほとんど意味は一緒で、同じように使うことができます。 例文 ・ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません、何卒ご海容よういただきますようお願い申し上げます。 ・今後はこのような過ちを起こさないよう、細心の注意を払っていく所存です。 どうかご海容ください。 ご宥恕(ゆうじょ)ください 「ご宥恕」は「 ごゆうじょ」と読みます。 「宥恕」の意味は、「 寛大な心で罪を許すこと。 許して咎めないこと」「 見逃してあげること」で、「被害者が加害者の行為を許容すること」という意味も含まれます。 「ご宥恕」は「ご宥恕賜りたく存じます」「ご宥恕いただきありがとうございます」などと、相手に 損害を与えてしまったときに使う言葉です。 例文 ・ご宥恕を賜りたく、連絡した所存です。 ・この度の過失をご宥恕いただきありがとうございます。

次の

「お許しください」の意味とメールでの使い方、類語と敬語、英語とは?

安 心して ください 英語

「お許しください」の意味と敬語 「お許しください」はへりくだって相手の許しを請う表現 「お許しください」は、何か過ちをおかしてしまった場合や、失敗をしてしまった、相手に迷惑をかけてしまったといった場面で、「ごめんなさい」と謝罪の気持ちを述べる場合に「許してください」とへりくだって相手の許しを請う表現です。 「許し」には「 願いを聞き入れること許可すること」「 罪・過失・無礼などをとがめないこと」を意味します。 主に、目上の人や取引先の相手など敬意をはらうべき相手に対して使用し、ビジネスシーンなどでも多く使われているフレーズです。 「お許しください」の敬語は、尊敬語+丁寧語 「お許しください」は、 「許す」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「お」と「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた言葉です。 したがって、尊敬を表す「お(ご)〜ください」という英語表現であるため、目上の人に対して使用することができます。 しかし、「ください」が元々「くれ」という命令形であるといったことから、強い口調に感じてしまう人もいます。 特にビジネスシーで目上の人や取引き先相手方へ謝罪をするには丁寧さにかけるとうのが一般的であるため、使用する場面や相手には注意が必要です。 「お許しください」の使い方と例文 本来打ち合わせや電話で伝えるべき内容をメールで伝える場合 ビジネスシーンでは時間が上手くとれないとき、本来時間を設けて打ち合わせをするべきところをメールで済ませたり、電話で直接伝えるべきことをメールで伝えるといった場面があります。 そういった場面で「 メールでのご連絡をお許しください」といったように、メールで済ませることを申し訳なく思う気持ちを伝えることで、相手に誠意をみせるとができます。 例文 「本来ならば直接お伺いするところですが、諸事情により電話での連絡となりましたことをお許しください」 「本来ならばお電話でお伝えすべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお許しください」 休日や夜分、多忙な時間帯にメールを送る場合 ビジネスシーンでは、休日や夜分、相手にとって多忙な時間帯にメール送ることは避けるというのが相手に連絡をとる上でのマナーです。 しかし、急を要する場合など連絡を入れなければならないといった場合に、「お許しください」と伝え、相手のことも考慮したうえで申し訳ないのですが連絡させてもらいましたという気持ちを言い表すことができます。 メールだけでなく、電話で連絡をとる場合にも使用することができるので、覚えておきましょう。 例文 「大変恐縮ですが、休日にメールを送る失礼をお許しください」 「お忙しい時間帯にご連絡する無礼をどうぞお許しください」 メールの誤送信があった場合 メールのご送信をしてしまった場合は、メールの宛先を間違えるという不手際に対して「お許しください」と謝罪の気持ちを述べます。 その場合は、送信してしまった日時と件名を伝え、不手際をお詫びするとともに誤って送ってしまったメールの破棄をお願いします。 また、メールで添付するはずのファイルを添付するのを忘れて送信してしまたといったミスに対するお詫びにも使用することができます。 メールでの対応にミスがあった場合は迅速に相手に失礼のないよう謝罪をするなど対応をし誠意をみせましょう。 大変恐縮ですが、上記のメールを開封せずに削除していただけますと幸いです。 こちらのミスでお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「先程お送りいたしましたメールにつきまして、資料を添付すると申したのにもかかわらず、添付せずに送信してしまいました。 あらためて、ファイルを添付し送信いたしますので先程のメールに関しましては削除していただけますと幸いです。 こちらの不手際でお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「お許しください」の使用上の注意点 こちらの不手際によるガチの謝罪では使えない 「お許しください」は、「許してください」と許しを請表現なので、 こちらの不手際により相手に対して失礼なことをしてしまった場合などガチの謝罪では使用することはできません。 自分の不手際に対して相手が不快な気持ちになっているのに対して「許してください」と許しを請うのは失礼です。 その場合は、許しを請うのではなく自分の非を認め「大変申し訳ございません」など「謝罪」の言葉を述べるのが常識です。 相手の怒りを鎮める場合も不適切 自分の不手際や失礼な行動により相手を怒らせてしまったという場合にも「お許しください」を使用するのは不適切です。 相手に怒りを鎮めるには「許してください」と許しを請うのではなく、「弁解の余地もございません」「面目もございません」といった謝罪の言葉を使用してお詫びをすることが必要です。 「お許しください」の類語 失礼いたします 「失礼いたします」は、 「失礼します」という言葉を「する」の謙譲語の「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた言葉で、目上の人や取引先相手に敬意をしめす表現として使用することができます。 「失礼します」をさらに丁寧にしたものが「失礼いたします」です。 「失礼」は、 うっかり迷惑をかきたときに相手に謝る言葉で、相手にに迷惑をかけそうなときも前もって「失いたします」と述べることができます。 例文 ・まずは取り急ぎ、メールにてご報告失礼いたします。 ・突然失礼いたしますが、詳しく事情を教えていただきないでしょうか。 ご容赦ください 「ご容赦ください」の「容赦」は「 ようしゃ」と読みます。 「容赦」の意味は「 許す、大目に見る」です。 そのため、「ご容赦ください」は 「許してください」「大目に見てください」の尊敬語になります。 「ご容赦ください」は、尊敬語の「ご」+「許す」を意味する「容赦」+丁寧語の補助動詞「ください」が組み合わさってできた表現で、「自分の失敗や過失をどうか許してください」のように申し訳ない気持ちを表現できます。 また、こちらからお願いをする際にも「ご容赦ください」をつけることで、「このお願いをお許しください」「このお願いを受け入れてください」といった気持ちを伝えることもできます。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 何卒ご容赦ください ご諒恕(りょうじょ)ください 「ご諒恕」は「 ごりょじょ」と読みます。 「諒恕」は「 事情を思いやってゆるすこと」を意味しています。 謝罪をする場面で使用する言葉で、「ご諒恕を請う」や、「ご諒恕を賜りたく」などと使います。 「ご諒恕」は「ご寛恕」と同じ意味で使用される言葉ですが、使用頻度は低いです。 例文 ・今回の一件については、何卒ご諒恕ください。 ご勘弁ください 「ご勘弁ください」は、過ちや間違いをしてしまったときに 「許してください」というニュアンスで使用される言葉です。 「勘弁(かんべん)」には、「 過ちや不都合を許すこと」という意味があり、尊敬を表す接頭語の「お」と「ください」という丁寧語を使用して目上の人に使用できる敬語表現にしています。 例文 ・度重なるご無礼をどうかご勘弁ください。 ・開封後の返品返金は致しかねますのでご勘弁ください。 ご寛恕(かんじょ)ください 「ご寛恕」は「ごかんじょ」と読みます。 「寛恕」の意味は、「度量広く、おもいやりの深いこと」「ひろい心でゆるすこと」で、「ご寛恕」は「 ひろい心で許してください」「 大目にみてください」という意味で使用されます。 「ご寛恕」には尊敬を表す接頭語「ご」が付いているので、相手の「広い心持ち」に対して使います。 つまり、相手からお許しをいただきたい場面である謝罪・お詫びのシーンで使うのが一般的です。 とても堅い表現なので、日常会話で使用することは極めて稀で、ビジネスシーンで使うのが普通です。 例文 ・今回の失態については、何卒ご寛恕くださいますようお願いいたします。 ご海容(かいよう)ください 「ご海容」は「 ごかいよう」と読みます。 「海容」は「 海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと」を意味します。 「ご海容」は主に、手紙で用います。 「ご海容」は「ご寛恕」といった言葉とほとんど意味は一緒で、同じように使うことができます。 例文 ・ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません、何卒ご海容よういただきますようお願い申し上げます。 ・今後はこのような過ちを起こさないよう、細心の注意を払っていく所存です。 どうかご海容ください。 ご宥恕(ゆうじょ)ください 「ご宥恕」は「 ごゆうじょ」と読みます。 「宥恕」の意味は、「 寛大な心で罪を許すこと。 許して咎めないこと」「 見逃してあげること」で、「被害者が加害者の行為を許容すること」という意味も含まれます。 「ご宥恕」は「ご宥恕賜りたく存じます」「ご宥恕いただきありがとうございます」などと、相手に 損害を与えてしまったときに使う言葉です。 例文 ・ご宥恕を賜りたく、連絡した所存です。 ・この度の過失をご宥恕いただきありがとうございます。

次の

Weblio英会話コラム(英語での言い方・英語表現)

安 心して ください 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 24• 研究社 新和英中辞典 30• Weblio Email例文集 61• Weblio英語基本例文集 5• 場面別・シーン別英語表現辞典 25• 浜島書店 Catch a Wave 3• Eゲイト英和辞典 16• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 66• 日本語WordNet 32• EDR日英対訳辞書 54• Tanaka Corpus 70• Gentoo Linux 3• PEAR 1• 愛知県総合教育センター Classroom English(教室英語集) 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 65• 官公庁発表資料• 特許庁 6• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 3• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 3• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 1• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 2• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Landor『カール・マルクス Interview』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Wells『タイムマシン』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 4• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 2• James Joyce『恩寵』 1• James Joyce『遭遇』 1• James Joyce『死者たち』 3• James Joyce『レースの後に』 1• James Joyce『母親』 2• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 2• John Stuart Mill『自由について』 1• Chesterton『少年の心』 1• Plato『クリトン』 1.

次の