後ハッピーマニア ネタバレ 7話。 ハッピーマニアの続編『後ハッピーマニア』がやっぱり面白い

ドラマ『モトカレマニア』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

後ハッピーマニア ネタバレ 7話

こんなにも主人公のダメさが突き抜けており、なぜか爽快感と元気をもらえる作品はなかなか無いのではないでしょうか。 しかし重田のダメさは読者にも共感できるところのあるもの。 しかし彼女のように振り切れない読者としては、ダメダメじゃん、と突っ込みながらももっとやれと言いたくなるようなスペクタクル感があるのです。 読者の女性たちの思い出したくないような記憶を、掘り起こしていじくり倒すような本作。 時にはツッコんでもいられないような自分の身にしみる話もあるはずです。 今回はそんな重田のダメっぷりを『後ハッピーマニア』まで徹底解説!自分の身を斬られるようなイタさがくせになること間違いなしの魅力をご紹介します。 ネタバレを含むので未読の方はご注意ください。 街をゆくカップルたちに呪詛の眼差しを送る重田。 そんな彼女の前に今日の占いに書かれていた「理想の彼氏が急接近」という言葉を体現したかのような相手が現れます。 「なんかいい!!」と感じた彼女は熱視線を送り、彼が再びやってくるという翌日には念入りな化粧をして出勤。 来店した彼に「シゲタサンデンワシテクダサイ」と書かれたメモを渡され、有頂天になります。 さっそくその男・高田に電話し、彼の家でやっちゃいます。 展開が早すぎです、重田さん。 幸せを求める割にはインスタントに済ませようとするのが彼女の良くないところです。 幸せを感じる重田はベッドの上で「あたしのこと愛してる? あたしって高田くんの彼女?」と聞きます。 しかし高田は「そういうのナシにしようよ」と言ってくるのです。 それを聞いた瞬間、重田はベッドから降り、真っ裸のまま「あたしがほしーのは彼氏なの!!セフレじゃないの!!」と叫び、恋愛運が上がるからと買ったパワーストーンのローズクォーツを彼に投げつけ、去っていきます。 「本当の恋人はどこにいるの?どうしてあたしはひとりなの?」 夜空にそうつぶやく重田。 彼女の幸せを探す旅はまだまだ続いていくのです。 悲劇のヒロインぶってうざったいところもある彼女ですが、恋愛に関して夢見がちになってしまうのは女性なら誰しもあること。 また、「好きかも!」という本能のままに行動して失敗する様子も女性なら共感するところがあるのではないでしょうか? 少し急展開すぎるところもありますが、その様子には身につまされるものがあります。 『ハッピー・マニア』の見所:やっと出会えた運命の相手!……じゃなかったから余計痛い ある日クラブに遊びにきた重田が出会ったのは、まゆ毛、鼻、体型の全てがどストライクなイケメンDJ。 そして彼に「あたしあのクラブから尾行してきたんです 好きだから」と直球でぶつかります。 そのまま彼の家へ直行しますが、ワンナイトで終わりではなく平和な朝チュンを迎えるふたり。 重田は当たり前の会話、当たり前の食事、当たり前の友人への紹介に涙がでるほど喜びます。 その後バイトをクビになるもウキウキの彼女は再び彼の家へ向かいますが、何とそこには裸の女がいて一気に修羅場に。 一応関係は続くことになりましたが、彼の浮気ぐせは治らず、重田はストーカー化します。 しかし借金取りのように暴れた後、「ひとりで生きていく!」と心に誓った重田は仕事に生きるのだと意気込むのです。 やはりこの作品の良さはやはり主人公のアホさ。 意気込んではいますが、彼女が男に振られたからといって仕事に生きられる訳がありません。 どこにいても考えるのは寂しい、彼氏欲しいということ。 今回の場合は一度は本当に心を許した相手だからこそ余計に深い傷を負った重田。 ワンナイトしてしまう時もあるけれど、本当に求めているのは安心できる恋人なのです。 そんな心の傷を負ったことのある人にもぜひおすすめしたいこの作品。 泣ける漫画で発散するのもいいですが、どポジティブで強すぎる重田の勢いにきっと励まされるはずです。 アホすぎて、夢見がちなのに股がゆるくて、というどうしようもない重田をずっと支えていたのが同じ本屋で働いていた高橋。 しかし彼女は好みではない彼をかなり下に見ていて、振られた時にも泣いて彼の胸に飛び込みつつ「こんなのじゃないの もっとカッコイイ人がいいの」と考えるほど。 それにしてもこのシーンは悲しい、嬉しいという激しい気持ちがありながらもどこか冷静な顔を持つ女性ならではのものです。 怖いなぁと思いつつも誰しも自分の冷静さが怖いと思ったことがあるのではないでしょうか? しかし更に重田は罪深い。 この後のモノローグはこう続けられます。 「あたしみたいな女の子スキになんかならないカッコイイ男の子」 彼女は自己評価が低いことが災いして、自分を好きな男子を見る目がない、好きじゃないと思う傾向があるのです。 なのに、愛し愛されたいという相反する願いを持っているので、常に情緒不安定。 だから下に見つつも高橋という精神安定剤がいないとダメなのです。 しかしある日高橋から言われたのは衝撃の言葉。 「もう重田さんにはあいません」 彼はずっと彼女を幸せにしたいと思っていたが、それをできるのは自分ではなく重田が好きになった男だと気づいたと言います。 下に見ていた相手からのまさかの告白にショック、さらに精神安定剤がいなくなったことでのショック。 重田はこのあとさらに暴走っぷりに磨きがかかっていきます。 『後ハッピーマニア』の見所:さらに女子のハートをえぐってくる!? 前作『ハッピー・マニア』に20代前半女子のダメさを体現した重田が『後ハッピーマニア』として帰ってきました。 現在はまだ単行本化されていない本作ですが、そのさらにエグい見所を少しご紹介させていただきます。 16年ぶりに帰ってきた重田は齢45歳。 彼女の親友のフクちゃんは何と51歳です。 ふたりは登場早々それぞれの見た目についてあーだこーだ言います。 地獄かな……。 はっきりと描かれた目元の小じわなど、流れた年月を感じさせますが、アラフォーアラフィフ女性にはキッツイものがあるのではないでしょうか。 美容に力をいれ、スチーマーなどを定期的に行なっていたフクちゃんだからこそショックが大きいのです。 多少美容を意識している20代、30代女子も背筋がひんやりするのではないでしょうか。 美貌だけが女子の魅力ではないと頭では分かるのですがね……。 しかもさらにキッツイのが、かつては自分のベタ惚れで押しに押されて結婚したとも言える高橋に好きな人ができるというサプライズ。 重田に突きつけられたのは離婚という現実でした……。 本作の魅力が重田のバイタリティにあることはすでにお伝えしましたが、アラフォー女性となった今、体力的にも精神的にもあの根無し草のような生き方は難しいものがあるでしょう。 しかも重田は20代から何も学んでないのか、仕事もせず。 もちろんコロコロ転職していたので専門的な能力もありません。 うん、やっぱり地獄かな……。 女性共感度が高い安野モヨコの作品なだけに、確実にクリティカルヒットを打ってきそうな、何なら1話だけで瀕死にさせられそうな『後ハッピーマニア』。 果たして年を重ねた重田はこれからどう生きるのでしょうか? 『ハッピー・マニア』には、女の生き様アリ!?.

次の

【後ハッピーマニア】 [感想] [ネタバレ] ハッピーマニアの続編が16年の歳月を経てフィーヤンでスタート! 3ページ目

後ハッピーマニア ネタバレ 7話

この記事は 後ハッピーマニア5話 ネタバレです。 フィールヤングで『後ハッピーマニア』が連載されています。 「コミックシーモア」で単話ごと配信され始めました。 \コミックシーモアで試し読みができる/ ネタバレは読みたくなよって人はここまでで 。-人-。 ゴメンネ 「後ハッピーマニア」の全話ネタバレはこちらです。 安野モヨコ先生のおすすめ作品も併せてお楽しみくださいね。 後ハッピーマニア5話ネタバレ【寿子の男を虜にする方法が気持ち良すぎてヤバい】 ヒデキの愛人の寿子との出会い。 フクちゃんとは違った魅力ある寿子にハマったヒデキ。 寿子は若いころの魅力ではなく、年上の魅力の使い方をよく知っている人でした。 フクちゃんより、寿子を選んで出ていったヒデキ。 ヒデキとは別れず、明るく何も気にしない翔太に救われたと。 場面は変わり、詩織の過去のトラウマの話が出てきます。 忘れられないストーカーの恐怖。 それが邪魔して、気にいなる高橋を受け入れられない。 しかし、恐怖はまだ終わっていなかった。 ストーカーに襲われる詩織をタカハシが助けて、けがをした。 カヨコは、タカハシのけがの知らせを受けて病院へ駆けつけた。 そこでカヨコが見たのは、詩織がタカハシを看病する2人の姿。 結局、カヨコは詩織にタカハシを任せて、別れを告げました。 後ハッピーマニア5話の詳しいネタバレ より詳しいネタバレです。 若さを失ってもそれ以上の魅力 フクちゃんのヒデキの愛人、50代の女性の視点から始まった。 若さと美しさを失っても愛されるテクニック。 母のように優しく包み、かいがいしく世話をする。 たまには付き合いたての恋人のように甘え、夜は言うことをきかないギャップで堕とす。 彼女の人生の中で悟ったこと… 「選ばれる女になること」もそうだけど「選ばれた後」の方が大切。 彼女の名は寿子(ひさこ)。 寿子とヒデキの出会い 寿子とヒデキの付き合いはそろそろ1年になる。 出会いはワインスクール。 ヒデキは、フクちゃんからワインスクールに通うよう言われてきました。 最初は若い子狙いだったヒデキですが、まんまと寿子の魅力にはまる。 今までモテてきたヒデキも年配になりました。 若くて独身の浮気相手は、結婚したがって大変なときもある。 若くない寿子はそれがわかっているので、オトナの「安心感」を武器にして堕とすのだ。 寿子にハマるヒデキ 寿子のかいがいしい世話と居心地の良い空間づくりにハマるヒデキ。 自宅に帰ってきても、寿子と一緒に過ごしたときのくせが出てしまいます。 靴は脱ぎっぱなしでそろえない。 スーツもかけずに脱ぎっぱなし。 フクちゃんはヒデキに小言をいいます。 「自分のことは自分でやれ」と言わんばかりの態度のフクちゃん。 ヒデキがお風呂に入っているところにフクちゃんがきて、冷水を浴びせます。 しかし、今までコレでやってきたのに、ヒデキはフクちゃんに言い返しました。 不穏な空気になる家庭。 ヒデキの女に気が付くフクちゃん ヒデキの態度が急に変わったことで、フクちゃんは気がつきました。 女がいる。 ワンナイト的ではなく家に行ってるやつだと。 泳がせて証拠を押さえて、相手を突き止める!と決意したのでした。 フクちゃんと寿子の違い 寿子の家に行くと、寿子は家庭的。 家に入る時には「おかえり、お疲れ様」 すでにお風呂は用意されていて、お風呂に入っている間に脱いだ服を片付けてくれて、お風呂から出たら料理が準備されている。 ヒデキは比べてはいけないと分かっているのです。 会社の経営をしていて忙しいフクちゃん• サロンオーナーとは名義だけで他の人にまかせている寿子 時間も体力も余裕も全く違う2人。 でも、快適すぎて帰れない! ヒデキはかゆいところに手が届くほど行き届いた寿子から離れることができなくなりました。 フクちゃんがヒデキに制裁 ヒデキが自宅に帰った時、電気は付いておらず、突然のフクちゃんのパンチ。 殴る蹴る…。 フクちゃんはヒデキの愛人を、興信所で調べました。 最近、連泊するヒデキに大怒り! ヒデキは、殴られてネクタイを引っ張られながら自分の気持ちを確かめます。 気の強いフクちゃんが好きで合わせるのが日常になっていた。 何も不満はないと思っていたけど、寿子と出会って変わってしまった。 ヒデキが下した決断 ヒデキは、フクちゃんに謝りました。 フクちゃんが「女と別れて」とヒデキに言いますが、ヒデキは「無理」と言って出ていってしまいました。 フクちゃんと翔太 ヒデキが出ていった経緯を聞くカヨコは叫ぶ! 「なぜ行かす!?」 今は楽しい話しか聞きたくないというカヨコ。 浮気は許せないから浮気をするというフクちゃんに、カヨコが「翔太がかわいそうだ」と。 フクちゃんは冷静にいいます。 かわいそうじゃない。 ちゃんと愛してるし、大切にしている。 元気で明るいから救われた。 フクちゃんが機嫌が悪くてもいつも上機嫌なところが良い。 ヒデキはフクちゃんと似ていて、空気を読む。 カヨコ「お互い自分と近いタイプと結婚して、逆のタイプと浮気するってとこまで似てるわー。 」 ふくちゃん「あっ、そうか。 だからタカハシは自分の真逆のアンタと結婚して女タカハシと浮気を?」 なんやかんや言い合うカヨコとフクちゃんでした。 で、結局どーすんの? 女タカハシ詩織のトラウマ 薬剤師の詩織は、職場の人と話しています。 高橋から着信が。 若い男性の職員が「狙われやすいタイプですよね。 俺がガツンと行きますよ」と言う。 詩織は思い出す。 この同僚のような一見学生ノリの男にトラウマになるほどストーカーされていたことを。 当時、詩織の言うことは信用されず、人気者の男の言うことを信じた。 「笑いかけたら誤解するよ」 「はっきり言わないのが悪い」とか。 そうやって詩織の方がいわれて来たので、男性には絶対自分からは話しかけないようにしていました。 もうずっと1人と決めていた詩織ですが、高橋のことを思い出します。 詩織(ああいう人でも待ち伏せするんだな) 必死ということは、それだけ強い思い…怖い。 まるで… 公園でお弁当を食べていた詩織が、ふいに顔を上げると、そこには詩織をストーカーしていた男が! 男は詩織の目の前に立ち、声をかけます。 あまりの恐怖に声も出ず動けなくなった詩織。 精神的に限界がきて嘔吐。 無理やり連れて行かれる詩織。 誰か助けて!! 詩織を助けたのは高橋 詩織を無理やり連れて行こうとする男に体当たりしてきたのは、高橋でした。 男を抑えて、詩織を逃がそうとしますが、詩織は恐怖で立ち尽くしたまま。 高橋は男ともみ合いになります。 それを見ていた周りの人たちが警察に通報してくれて助かりました。 でも、高橋はケガが酷くて、骨も折れていたので救急車で運ばれることに。 カヨコが詩織とご対面 カヨコは、タカハシがケガをしたと連絡がきて病院へ駆けつけます、 ヨリがもどるかもしれないことを期待してきたカヨコの目の前に、タカハシと詩織の姿が。 詩織は驚き、カヨコに深くお辞儀をしながら謝ります。 そして、ストーカーから助けてもらったことを告げると、カヨコは一瞬絶句。 しかし、カヨコは詩織にタカハシの看病をお願いします。 詩織は驚き戸惑い、ニヤけるタカハシ。 それを見てより決心が固まったカヨコは、タカハシに別れを告げるのでした。 カヨコ「あばよ」 そして、カヨコの一人旅がまた始まったのです。 次回へ続く \コミックシーモアで試し読みができる/ 後ハッピーマニア 5話 見どころ みどころ• 寿子の愛し方• 似たもの同士の結婚• 真逆同士の結婚• 詩織の過去• カヨコの決断 今回の見どころとして、寿子の愛し方には賛否両論ありそうだと思いました。 すっごくわかるんですけどね! 今回の話で、寿子・フクちゃん・カヨコ・詩織・翔太・ヒデキ・ストーカー男・取り巻く人たちが出てきましたね。 全然、性格が違った人たち。 この人たちの思い・行動がすごく奥が深い。 納得がいく。 つじつまが合う気がします。 漫画にすると短く感じますが、今回の話しは男を虜にさせる方法が満載でした。 後ハッピーマニア前回のあらすじは? 4話のあらすじネタバレ。 カヨコは、どうしても夫・高橋の好きな女性が知りたくてたまりません。 フクちゃんに忠告されたにもかかわらず、高橋と女性がデートした店で張り込みをすることにしました。 そこで、出会ったのは昔の男で・・・。 後ハッピーマニア5話感想【寿子の男を虜にする方法が気持ち良すぎてヤバい】 \コミックシーモアで試し読みができる/ 寿子とフクちゃんの真逆な愛し方。 あのヒデキの気持ちがすごくよくわかるんですよね。 私も仕事して家庭がある身なので、ヒデキくらいの年になると昔のようなスリルよりも温泉のように癒してくれるものに魅力を感じます。 ましてや、1人でなんでもしてきた男があの気楽さ、居心地の良さを知ってしまえば虜になるのは仕方ない。 寿子は、年配と言ってもお金持ちだし、おそらく昔はべっぴんでおモテになっていた人だと思います。 少し中年太りしてますが、実際にいたらキレだと思うし。 まーこれはしゃーないわな。 お風呂に入ってるときに冷水シャワーは無いと思いました。 また、詩織に関してはムゴイと思いますけど、どうしてか読んでるとイライラしちゃうんですよね。 このはっきりしないところとか。 やっぱり私は、カヨコのあっけらかんとした男らしさが気持ち良い!.

次の

後ハッピーマニア5話ネタバレ【寿子の男を虜にする方法が気持ち良すぎてヤバい】 | MARI'S BLOG

後ハッピーマニア ネタバレ 7話

目 次• 渋谷金魚 7巻 ネタバレとあらすじ 襲われた隠れ場で自分名前を呼び、 口から人間の 手を生やした謎の金魚に出会った初。 その後 金魚は 意味不明の言葉を発し、口を開けて初を食べようとします。 そこに警察官、西園寺が助けに現れました。 しかし更に 口から 足を生やした金魚も現れ、追いつめられる初たち。 しかも今度の金魚は何故か 再生能力を持っており、みるみる傷が回復していきました。 絶体絶命の初たちでしたが、そこに自衛官の 壬生 ミブが助けに現れます! ライフルでは金魚を倒せないのを悟った壬生は、そこで奥の手だった手榴弾を使い、金魚を倒すことに成功しました。 その後、今後の事を話しあう初たち。 宇田川町を脱出する計画を考えていると、 何人もの避難者の体の中から金魚が発生し人を襲う事態に… 意味不明な状況に周りは大混乱。 しかししばらくすると、突如発生した金魚たちは突然死してしまいました。 そして、 宇田川脱出作戦が始まります。 学校のある北部はまだ状況が把握できていない地域。 手足が口から生えている金魚に出会うと、金魚が体の中から発生する可能性があるため一番警戒しなければなりません。 後は生ごみでにおいを消して、視力の弱い金魚を割けようとする作戦です。 そうして作戦は始まりました。 しかし作戦を怖いと言いながら、笑みを見せる壬生に初はどこか不安を覚えます。 進んでいく一行。 途中までは問題なく進んでいくも、雨が降り生ごみの臭いが消え、更に突如として手足がある金魚が襲ってきました! 周りは混乱に落ちいりました。 そんな中、壬生は銃を乱射し笑顔で応戦します。 車を爆発させ、変温動物の金魚を撃退し、そうして何とか一行は地下の喫茶店に逃げることが出来ました。 その後は、怪我のない人間のみで学校に行く計画になります。 手足の生えている金魚に恐れている避難者に、しゃべる金魚の方が怖いと言う壬生。 それを聞き、初も改めて金魚について疑問がわいてきました。 そして出て行ったメンバーを見送る西園寺は、携帯に残った以前の留守電を聞きながら不安がよぎります。 会話の中で「しゃべる金魚」について言及する内容。 そしてその電話を送った吉井という人物に会う約束だったのが 事件の起こった3月3日だった事を含め、金魚の謎は更に深まりつつも脱出作戦は進んでいくのでした。。 そして衝撃の7巻ラストのシーンは、、 教室の一番うしろの席に座る不気味な「しゃべる金魚」 その発した言葉とは、、、 ただいま、お母さん。。。

次の