文化学部。 国際文化学部|学部・大学院|鹿児島国際大学

カリキュラム

文化学部

さらに視点を変えれば、速さや便利さを追い求めるライフスタイルがある一方で、LOHAS(ロハス)という言葉に代表されるスローなライフスタイルを求めている人もいます。 その一つ一つが「文化」であり、私たちが生きる社会はさまざまな文化が入り混じることで成り立っています。 もちろん、文化間の関係は良好なものだけではありません。 世界に目を向ければ、民族間や宗教間の争いがあります。 異なる文化を背景とする人々とのより良い共生社会は、どうすれば実現できるのでしょうか。 現代文化学科は、現実社会の文化について理解を深めながら、その先に広がる未来の社会を見つめていきます。 ここでの学びを通じて得られるのは、これからの社会を形作ってくための前向きな力です。 人と向き合っただけでその性格を言い当てたり、抱えている迷いや悩みにアドバイスをしたり、遠い将来のことを明言したり……。 いわゆるスピリチュアル・カウンセラーと名乗る人たちが提供する「癒し」は、宗教が提供するそれと同じなのでしょうか。 もし、そうであるならば、スピリチュアルは宗教と呼んでもいいのでしょうか。 「宗教社会学」の授業では、そんな疑問に取り組みます。 キリスト教やイスラム教、仏教をはじめ、新興宗教やカルト、スピリチュアルについても取り上げ、理解を深めていきます。 宗教と、そうとは言えないもの。 その境界線上にある文化を分析することで、現代に生きる私たちがどのようなものを生き方の指針、精神的なよりどころとしているのかを探っていきます。 世の中の深遠な思想から少し怪しいものまで横断的に理解することで、たくさんの新しい発見があることでしょう。 氏名 研究領域 リンク 阿部 治(2021年3月退職予定) 持続可能な開発のための教育(ESD)、環境教育 石井香世子 国際社会学、エスニシティ論 石井 クンツ 昌子 家族社会学、ジェンダー研究 木村 自 文化人類学、ディアスポラ研究、地域研究(中華圏) 小池 靖 宗教社会学、心理主義論 小泉元宏 文化社会学、文化政策研究、現代芸術論 水上徹男 グローバル社会論、マイグレーション論 太田麻希子 グローバル都市とジェンダー 貞包英之 消費社会論、歴史社会学、現代社会論 関 礼子 環境社会学、地域環境論 高木恒一 都市社会学、住宅社会学 豊永耕平 教育社会学、社会階層論 吉川侑輝 エスノメソドロジー、相互行為分析、音楽.

次の

文化学科

文化学部

さらに視点を変えれば、速さや便利さを追い求めるライフスタイルがある一方で、LOHAS(ロハス)という言葉に代表されるスローなライフスタイルを求めている人もいます。 その一つ一つが「文化」であり、私たちが生きる社会はさまざまな文化が入り混じることで成り立っています。 もちろん、文化間の関係は良好なものだけではありません。 世界に目を向ければ、民族間や宗教間の争いがあります。 異なる文化を背景とする人々とのより良い共生社会は、どうすれば実現できるのでしょうか。 現代文化学科は、現実社会の文化について理解を深めながら、その先に広がる未来の社会を見つめていきます。 ここでの学びを通じて得られるのは、これからの社会を形作ってくための前向きな力です。 人と向き合っただけでその性格を言い当てたり、抱えている迷いや悩みにアドバイスをしたり、遠い将来のことを明言したり……。 いわゆるスピリチュアル・カウンセラーと名乗る人たちが提供する「癒し」は、宗教が提供するそれと同じなのでしょうか。 もし、そうであるならば、スピリチュアルは宗教と呼んでもいいのでしょうか。 「宗教社会学」の授業では、そんな疑問に取り組みます。 キリスト教やイスラム教、仏教をはじめ、新興宗教やカルト、スピリチュアルについても取り上げ、理解を深めていきます。 宗教と、そうとは言えないもの。 その境界線上にある文化を分析することで、現代に生きる私たちがどのようなものを生き方の指針、精神的なよりどころとしているのかを探っていきます。 世の中の深遠な思想から少し怪しいものまで横断的に理解することで、たくさんの新しい発見があることでしょう。 氏名 研究領域 リンク 阿部 治(2021年3月退職予定) 持続可能な開発のための教育(ESD)、環境教育 石井香世子 国際社会学、エスニシティ論 石井 クンツ 昌子 家族社会学、ジェンダー研究 木村 自 文化人類学、ディアスポラ研究、地域研究(中華圏) 小池 靖 宗教社会学、心理主義論 小泉元宏 文化社会学、文化政策研究、現代芸術論 水上徹男 グローバル社会論、マイグレーション論 太田麻希子 グローバル都市とジェンダー 貞包英之 消費社会論、歴史社会学、現代社会論 関 礼子 環境社会学、地域環境論 高木恒一 都市社会学、住宅社会学 豊永耕平 教育社会学、社会階層論 吉川侑輝 エスノメソドロジー、相互行為分析、音楽.

次の

高知県立大学文化学部

文化学部

さらに視点を変えれば、速さや便利さを追い求めるライフスタイルがある一方で、LOHAS(ロハス)という言葉に代表されるスローなライフスタイルを求めている人もいます。 その一つ一つが「文化」であり、私たちが生きる社会はさまざまな文化が入り混じることで成り立っています。 もちろん、文化間の関係は良好なものだけではありません。 世界に目を向ければ、民族間や宗教間の争いがあります。 異なる文化を背景とする人々とのより良い共生社会は、どうすれば実現できるのでしょうか。 現代文化学科は、現実社会の文化について理解を深めながら、その先に広がる未来の社会を見つめていきます。 ここでの学びを通じて得られるのは、これからの社会を形作ってくための前向きな力です。 人と向き合っただけでその性格を言い当てたり、抱えている迷いや悩みにアドバイスをしたり、遠い将来のことを明言したり……。 いわゆるスピリチュアル・カウンセラーと名乗る人たちが提供する「癒し」は、宗教が提供するそれと同じなのでしょうか。 もし、そうであるならば、スピリチュアルは宗教と呼んでもいいのでしょうか。 「宗教社会学」の授業では、そんな疑問に取り組みます。 キリスト教やイスラム教、仏教をはじめ、新興宗教やカルト、スピリチュアルについても取り上げ、理解を深めていきます。 宗教と、そうとは言えないもの。 その境界線上にある文化を分析することで、現代に生きる私たちがどのようなものを生き方の指針、精神的なよりどころとしているのかを探っていきます。 世の中の深遠な思想から少し怪しいものまで横断的に理解することで、たくさんの新しい発見があることでしょう。 氏名 研究領域 リンク 阿部 治(2021年3月退職予定) 持続可能な開発のための教育(ESD)、環境教育 石井香世子 国際社会学、エスニシティ論 石井 クンツ 昌子 家族社会学、ジェンダー研究 木村 自 文化人類学、ディアスポラ研究、地域研究(中華圏) 小池 靖 宗教社会学、心理主義論 小泉元宏 文化社会学、文化政策研究、現代芸術論 水上徹男 グローバル社会論、マイグレーション論 太田麻希子 グローバル都市とジェンダー 貞包英之 消費社会論、歴史社会学、現代社会論 関 礼子 環境社会学、地域環境論 高木恒一 都市社会学、住宅社会学 豊永耕平 教育社会学、社会階層論 吉川侑輝 エスノメソドロジー、相互行為分析、音楽.

次の