ドライブ スルー pcr。 厚生労働省、ドライブスルー方式のPCR検査を実施しない理由を説明/芸能/デイリースポーツ online

【狭山市】新型コロナの検査をドライブスルーで。「狭山市・狭山市医師会PCR検査センター」が始動。

ドライブ スルー pcr

ドライブスルー検査は感染を拡大する 世界的潮流? 武漢肺炎の検査を「ドライブスルー方式」でする、という信じがたいニュースが世界各地で報じられるようになった。 僕自身は専門的な医学知識があるわけではないので、これが直ちに問題があると指摘できはしないのだが、しかし、どうしても信じられない。 韓国で「ドライブスルー検査」 新たに334人感染 2020年2月27日 木曜 午後0:24 新型コロナウイルスが猛威を振るう中国では、新たにスーパーマーケットの混雑緩和を指示するなど、ウイルス対策の徹底が進められている。 一方、感染が急速に拡大している韓国で始まったのは、屋外で車に乗ったまま、検体を採取する「ドライブスルー検査」。 ソウル郊外の診療所では、屋外に設けられたスペースに車が入ってくると、防護服を着た医療スタッフが運転手の問診を行い、発熱やせきなどの症状を確認する。 症状があった場合、車に乗ったまま、ウイルス検査のための検体を採取する。 「FNN PRIME」より これは2月末の記事で、過去に韓国で行われていたドライブスルー検査の様子を報じている。 屋外で防護服を着た医療スタッフが問診をして、車で訪れた人で問題がありそうな方に対して検査をするスタイルで検査をしている様子が示されている。 屋外で検査を行うということは、記事にあるように「室内に入らないため、患者の出入りにともなう消毒を行う必要がなく、待合室や診察室での感染を防ぐ効果も期待されている。 」とある。 確かに病院の待合室で感染するリスクというのは、それなりにあると思われる。 ドイツでもドライブスルー検査が推進される ドイツでもドライブスルー方式の検査は広がっているようで、こちらの記事では動画が紹介されている。 「早くて簡単!」新型コロナのドライブスルー検査、ドイツなど各国に登場 2020年3月11日 15:56 ドイツの小さな町グロースゲーラウでは、ファストフード店だけでなく、新型コロナウイルス検査所もドライブスルーに対応している。 グロースゲーラウ地域病院は、医療スタッフと患者の新型コロナウイルスへの暴露を最小限にとどめるため、ドライブスルー形式の検査所を設置。 急速に広がる新型ウイルスに対処するために医療機関が行っている予想外の取り組みの一つだ。 確かに、手早く検査が出来る点で、優れた方式ではあるのだろう。 グロースゲーラウ地域病院では先週からドライブスルー検査を開始。 感染の疑いがある患者は受診する前に電話し、医師に相談。 対応した医師が、検査を受けるべきかどうかを判断する仕組みだ。 検査が必要と判断された患者は、時間枠を割り当てられ、通用口前で車を止めるよう指示される。 通用口前で頭からつま先まで防護具を身に着けた医師と対面し、車の窓を開けると、口内または鼻孔からサンプルを採取される。 終わればそのまま走り去ればいい。 記事を読む限り、• 医師に事前に相談する• 医師が検査を受けるべきかどうかを判断• 検査が必要だと知らされた患者は、ドライブスルーに車で乗り付ける• 患者は車に乗ったまま、口内または鼻孔からサンプルを採取される• 患者は車から降りること無く検査を終え、終わればそのまま走り去る という流れのようだ。 僕が懸念していたのは、診察を受けること無く検査をするのでは、それこそ手当たり次第の検査になってしまう点であったが、そこはある程度の基準でクリアしている様に思われる。 日本がドライブスルー方式の検査を採用しない理由 こうした取り組みは、日本では行われていない。 ドライブスルー方式のPCR検査が韓国、米国などでも行われていることを受け、厚労省は「『ドライブスルー方式』のPCR検査が、いくつかの報道で紹介されています」とツイート。 そして「新型コロナウイルス感染症にかかっているのではないかと心配される方が、PCR検査を受けるためには、医師の診察が重要です。 『ドラブスルー方式』では、医師の診察を伴わないことが多いため、我が国では、実施しておりません」とつづった。 「yahooニュース」より その理由を、厚生労働省が説明している。 この説明自体は筋が通っているようにも思えるが、しかし、上で紹介したように、他国のドライブスルー方式の検査は電話口ででも医師と相談を行った上で検査を行っているようだ。 すなわち、無秩序に検査をしているわけでは無いということは解る。 日本では検査をするケースでは概ね陰圧室にて検体を取り扱うような指導がなされているが、しかし、そうした施設を持っている医療機関は多く無い。 日本で検査が積極的に行えていない理由は、その辺りにあるのだろう。 もう一つの問題としては、日本では防護服を着たスタッフが検査を行う事としているが、検査毎に防護服を着替えるように指導されている。 つまり、今のやり方ではドライブスルー方式の検査を実施することは不可能なのだ。 韓国式のドライブスルー検査だと、防護服処か手袋すら交換していない様子が報道されていたが、流石にその後は対応しただろうと思われる。 屋外で検査をするメリットは本当にあるのか? さて、そうするとメリットとデメリットを考えて「実現出来るか?」を考えるべきなのだが……。 前提としてPCR検査そのものの信頼性が低い点をまず指摘しておかねばならない。 正確な数字は出ていないが、6割とか7割とかそんなところだという報道もある。 仮に9割の信頼性があるとして(実際には「感度」と「得意度」という基準で判断される。 2回連続して検査すれば間違って反対される確率は1割以下だとされている)も、10人検査したら1人は誤診が生じてしまう。 ココで簡単に確率の計算をしてみよう。 武漢肺炎に対するPCR検査は感度95%、特異度95%という、精度の高いものであるとする。 実際には感度は70%以下だろうといわれているが……。 まあ、想定上の数字ということでご理解頂きたい。 ・4000人の母集団がいるとして、そのうち2割の人が武漢肺炎に感染していたと想定すると800人が感染しているという事になる。 (擬陽性が160人) 今のところ、感度100%の検査も特異度100%の検査も存在しないので、遍く検査手法でこうした検査ミスが生じる。 このうち偽陰性40人が野に解き放たれることは恐ろしいことだ。 もちろん擬陽性160人も隔離されることによって、本来隔離が必要の無い人を隔離する事になるので、医療施設を圧迫することになる。 したがって、日本の多くの病院では肺炎の所見があるかどうかという、画像診断による肺の状態を確認するなどの手法でPCR検査の信頼性を高めている。 肺のCTスキャン画像を使って検査精度を上げる試みは、支那の武漢で実際に行われていた。 しかし、その試みは一時期だけだったようだ。 その実態が目で確認出来るグラフがある。 それがこちら。 この突出した数字は、検査手法を切り替えた日のデータである。 そして数日その手法で検査が行われた様だが、再びその指標は用いられなくなったと聞いている。 何が言いたいかというと、支那では本来「陽性」と判断される必要のある患者が支那には大勢いたため、検査手法を切り替えた途端に非常に大勢の未発表だった患者が表に出てくる事になった。 統計学的に、統計のデータ基準が切り替えられてしまったことで、それまでのデータとこれ以降のデータは切り分けて考える必要が出来てしまった。 そして更にその後、統計のデータ基準が切り替えられたために、更にその信頼性が失われることに。 支那のデータが信用出来ないというのはそういう意味も含まれる。 ドライブスルー方式の検査では、或いは電話相談による判断には自ずと限界があるのだ。 PCR検査は「安心を得る為」の検査では無い そんな訳で、僕はドライブスルー方式の検査を行って欲しくは無いと思っている。 世界的潮流で、PCR検査を特に持ち上げる傾向にあるのだけれど、実際には恒常的に行われているインフルエンザの検査だって、その信頼性は「そこそこある」程度の話でしか無い(感度50~70%、特異度90%以上)。 では、インフルエンザでは何故その様な検査が行われるかといえば、特効薬があるからだ。 つまり、検査をやって診察に説得力を持たせて、迅速に薬を服用することで「症状を緩和」する事ができるのである。 しかし、武漢肺炎においてはそうした目処すら無い。 基礎疾患があり、状況が悪化しそうな方を特に重点的に検査をするという手法を選ぶ事で、検査の信頼性をあげているのが今の日本の姿であり、今のところはそれなりの抑制効果を上げていると言える。 そうだとすると、少なくとも日本国内で積極的に検査態勢を変える必要性を感じない。 少なくとも、ドライブスルー方式の検査は不要なのだ。 外国ではそれぞれの国の事情に合わせたやり方はあるのだろうから、その点について敢えて指摘する積もりは無いが、それでもアメリカはちょっと早計な判断だったのでは無いかと思う。 「医療スタッフを守るという観点からドライブスルー方式の検査を選択した」といわれれば、そういう判断はアリかもしれないが……、その後のことを考えていないよね?アメリカの医療体制だと、心配ではある。 ただ……、アメリカは流石に韓国の検査キットを使う積もりは無かったようだね。 当面は「非常用にも韓国の検査キットを使いたくない」というのがアメリカの立場のようで。 とうとう厚労省、狂ってしまいましたね。 ここまでしてpcrをやりたくないんですね。 — 上 昌広 KamiMasahiro ただこの人、何をそんなに必死になっているのか。 僕には理解出来ない。 SBIファーマ株式会社という医薬品を取り扱う会社の取締役であることと関係しているのかな? なお、ソフトバンクの孫氏が検査キットに言及した際に、炎上して騒ぎになったが、SBIファーマ株式会社はSBIホールディングス株式会社の子会社であり、かつてSBIホールディングスはソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたという経緯がある。 よってこれら一連の人々がグルになっているのでは?という疑惑を持たれたものの、現在のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクとの関係を解消しつつある立ち位置にはあるようだ。 したがって、「明確な資本関係に無いからデマだ」と騒ぐ人もどうかと思うが、かといって無関係とも言えないだろう。 もう一つ言及しておくと、SBIファーマ株式会社がPCR検査の検査キットを作っているという事も無いようだ。 したがって、明確に上氏の発言の裏を勘ぐる必要はないのかも知れない。 ただ、上氏は他にも株式会社アインファーマシーズとの関係も指摘されていて、上氏が利益目的でPCR検査の促進を訴えているという疑惑は晴れない。 「じゃあ何故?」ということを、上氏もその点を明確に説明できないようだ。 追記 厚生労働省のtwitterを紹介し忘れたので、貼り付けておく。 こういったことを踏まえ、現在我が国では、感染者との接触の有無や症状を踏まえた医師の判断に基づき、PCR検査を実施することとしています。 「ドライブスルー方式」のPCR検査を実施しない理由について】「ドライブスルー方式」のPCR検査が、いくつかの報道で紹介されています。 新型コロナウイルス感染症にかかっているのではないかと心配される方が、PCR検査を受けるためには、医師の診察が重要です。 「ドライブスルー方式」では、医師の診察を伴わないことが多いため、我が国では、実施しておりません。 発熱した方が受診された場合、医師は診察で、患者の既往歴、年齢、症状、検査所見などを踏まえ、新型コロナウイルス感染症を疑うのか、他の疾患を疑うのかなどを総合的に判断して、新型コロナウイルス感染症を疑った場合に、PCR検査を実施します。 インフルエンザ等で発熱を起こす他の疾患も多いので、医師の診察を伴わない場合は、PCR検査の陽性的中率が低下します。 また、新型コロナウイルスに感染している方が、誤って「陰性」と判断されてしまうケース 「偽陰性」と言います も一定程度発生し、感染を拡大させてしまう可能性があります。 こういったことを踏まえ、現在我が国では、感染者との接触の有無や症状を踏まえた医師の判断に基づき、PCR検査を実施することとしています。 木霊さん、おはようございます。 無責任極まりないWHOはここにきて「とにかく検査しろ」、という南朝鮮方式を無責任に叫んでいますねェ~。 僕は科学的な見地に立った各国の事例毎に深刻度を判定し、対処方を考えるべきじゃないかなと思っています。 (さらにアタリかまわずの買占めパニックで国内混乱状態) そして日本です。 (亡くなられた方達には酷な話ですが) マスク&消毒剤不足は一向に解消されませんが(医療機関に優先配布されているのでしょう=これで正解です)、トイレットペーパーパニック以外は国民は何とか冷静な対応をしています。 過剰過ぎるとか非難される休校やイベント自粛などは、「自分が移されるではなく、自分が移す可能性あり」とした時、見た目が健康な陽性感染者が他の人に移さない為には今はやむ得ないと考えます。 マスク着用や手洗い消毒も自己防衛と同時に「自分が自覚症状のない陽性感染者だったら、他人に移してはいけないから」という、国民の人に迷惑を掛けないという自覚&それが国を守る最善という防衛本能が働いているからじゃないかな。 元々、極端なほど清潔好きな国民性が幸いしてるのかもです。 イタリア&欧州の感染事例の解明と同時に、その防御&治癒対策が大きなポイントになるやもです。 P.S. トランプ大統領が「支那ウィルス」と名指しで攻撃を始めた様です。 気持ちは判るし僕はこれが間違いなく正論と考えますが、今は幼稚な口喧嘩してる場合じゃないと思う。 とはいえ、支那の姑息な責任転嫁は絶対に許してはなりません!!.

次の

ドライブスルー方式でPCR検査、京都検査センター29日に運用開始|社会|地域のニュース|京都新聞

ドライブ スルー pcr

Contents• なので、「 私ならこうする」という方法を書いておきます。 あくまでも、 私見です。 何故ドライブスルー検査が必要か?などはやなどをご覧ください。 その中で、PCR検査を何が何でも数多くするべきだという人がいます。 しかしながら、 新型コロナウイルスのPCR 検査の感度は高くて70%程度です。 つまり、 30%以上の人は感染しているのに「陰性」と判定され、「偽陰性」となります。 検査をすり抜けた感染者が必ずいることを、決して忘れないでください。 さっさとドライブスルー方式の検査をすればよいという人がいます。 その手技の途中で、 手袋や保護服を一つひとつ交換しているのでしょうか。 (略) テレビなどのメディアに登場する人は、 本当のPCR検査の実情を知っているのでしょうか。 そして、 専門家という人は実際にやったことがあるのでしょうか。 などといってますが、 彼こそRTPCRはしたことないでしょう。 ちなみに、 私はたくさんやってきました。 どちらを信用するかは自由です。 必要なもの ドライブスルー検査を行うにあたっては、検査依頼をまとめる オペレーター、 駐車場などの 広い空間と 検査を行うための 仮設テント、 検体を採取できる 医師、検体からのRNA抽出のできる 臨床検査技師、RTPCRができる 技師、それらに付随する 機材や用具、試薬などが必要です。 新型コロナウイルスは、 RNAを抽出してしまえば感染力を失うため、その後の RTPCRは臨床検査技師でなくても可能です。 検査対象者に対しては、必ず 連絡のつく携帯電話番号が記載できる問診票や、 検査結果が出るまでの自宅待機要請へのサイン、 陽性であった場合のその後1か月間の隔離生活への同意書、 違反者への罰則規定、 陽性者への支援規定なども必要となるでしょう。 陽性だった場合の支援策について 陽性の無症状または軽症の患者には自宅待機もしくはホテルなどでの待機が必要となります。 この場合、きちんと 自宅待機できていた場合には毎日1万円を支給するなどの支援が必要となります。 万が一、 自宅待機できなかった場合には罰則も必要となります。 ひと月に30万円の現金支給があるとなれば、ほとんどの日本人なら外出を自ら規制するでしょう。 1万人の陽性患者が出た場合でも30億円で済みます。 費用対効果としては非常に安いでしょう。 また、 容態が悪化した場合には病院に搬送されますが、すでに新型コロナ陽性の患者なので病院側も対応しやすいと思われます。 PCR検査数 現在行われている新潟のドライブスルー検査などは、一日2時間で計120人までなどの制限があるようです。 病院においても、駐車場まで医師が出向いて検体を採取するところも出てきておりますので、時間を決めて検体採取専用の場所を設けるのはそんなに難しくはないと思います。 でも言いましたが、今回書く方法ですと、 PCR機二台を用いて、一日当たり最大940人の検査が可能ですが、 検体採取を940人分行うほうがしんどいと思われます。 120人程度であれば、小規模で実施可能です。 PCR検査の依頼 新型コロナウイルスに感染しているかどうかをチェックして欲しい人は、まずドライブスルー検査場に電話をかけます。 オペレーターがそれに対応し、検査場所と日時、交通手段、検査費用などを説明します。 検査費用 検査費用は20万円くらいが妥当だと思います。 現在、PCR検査は保険対応となっているので、寄附や検査場の維持費などの名目で徴収すればいいと思います。 検査を行い、 陽性だった場合は後日返金のうえ、保険適応とすることできちんと対応できると思います。 20万円くらいの高額設定をしておかないと、大都市の場合、たくさんの人が殺到して余計に感染拡大させてしまう可能性がありますので、検査人数を絞るうえでも高額設定が必要だと思われます。 検査当日のチェック 検査場は当然全員PPE(Personal Protective Equipment)フル装備です。 1人検査するごとに手袋は変えます。 可能であればマスクも変えます。 検査当日は、検査費用の振込確認と問診票のチェックを受付で行います。 その後、医師が検体の採取を行います。 実際の手順 検体採取 検体採取は1分もかかりませんので、5分ごとに行った場合、一人で一時間に12人、3人体制なら一時間で36人の採取が可能です。 その地域の規模によって、変えればいいと思います。 そんなに医師がいるわけない!ってところは、現役を引退した医師などを募集すればいいと思います。 現場の医師が感染するのを防ぐための措置ですので、協力しない医師はいないと思います。 医師は、一人から 鼻と喉からそれぞれ1検体づつ、計2検体採取します。 ドライブスルーでの検体採取は車の窓越しに行います。 2検体採取するのが大事です! 追記20204. 27 フナコシのへ検体を懸濁すれば、ウイルスは不活化されますので、臨床検査技師でなくてもRNA抽出やRTPCRが可能です。 現段階ではこれを使用するのがベストだと思います。 ウイルスは不活化してるので、その後のRNA抽出、RTPCRは普通の技師にやらせます。 医師が検体を採取したスワブは、臨床検査技師ができるだけ早くやアイソジェンの中で懸濁し、vortexします。 医師がそのまま懸濁してもいいかもしれません。 クリーンベンチを使用したほうがいいかもしれませんが、どうせ検体採取は車の窓越しに行われるので、そのまま懸濁が一番感染率が低くなると思われます。 RNA抽出にかかる時間はリンスまで入れても20分程度でしょう。 新型コロナウイルスはRNA状態だともう感染しませんので、臨床検査技師以外の技師さんでも研究者さんでも誰でも取り扱えます。 これ以降はTaqManを使用するのか、電気泳動法を使用するのかでやり方が変わってきます。 電気泳動法を使用する場合 1人あたり 2検体x2プライマーセットの4サンプルのチェックを行います。 こうすることにより、99%以上の精度を保つことが可能です。 必ずスペシフィックプライマーを使用しましょう。 ランダムプライマーとかオリゴdTを使用しなければ!とかいう人は素人です。 プライマーは私が設計しました。 感染研のよりも特異度が断然高く、スメアもラダーも出ないと思われます。 誰か検証してくれたら助かります。 参照 PCRの反応条件は下記の通り これで96穴のPCR機二台で940人分のPCRができます。 所要時間は約90分 PCR反応の終了後、8つまとめて電気泳動をします。 約10分。 もし、368番目の人と705番目の人が陽性だった場合 もし、368番目の人と705番目の人が陽性だった場合は、PCRは、赤丸の部分だけかかります。 一列まとめて電気泳動すると、下図のようになります。 まとめた一列を個別に電気泳動してさらに絞っていくと、361~370番目の誰かと、701~710番目の誰かが陽性だとわかります。 再PCR 361~370番目の誰かと、701~710番目の誰かが陽性だとわかったら、陽性の人は20人の中の2人に絞られました。 ここで、20人分だけ再度RNAからRTPCRをかけます。 そして、電気泳動をすると、368番目の人と705番目の人が陽性だと確定します。 この方法だと、 940人分のチェックがPCR三回で可能です。 リアルタイムPCR機を使用する場合 プローブを使用したやり方だと、機器が1000万円くらいするのですが、96穴x4=384サンプルを30分ほどで解析可能です。 のように蛍光インターカレーターを用いた場合には電気泳動が必要なくなります。 規模や予算に合わせたやり方で行うとRTPCRに十分な精度が保て、かつ、短時間で結果を出すことが可能です。 また、を用いても30分ほどで解析可能です。 感度は陽性一致率90%陰性一致率100%なので、 偽陰性なんかは出ません。 偽陽性が出るとか言っている人は、無知な人です。 陽性一致率が90%の場合、4サンプル処理したら、99%以上の確度です。 偽陰性も偽陽性もほぼ無視できます。 というわけで、実際のやり方を書いてみました。 もっといいやり方があるよ!っていう人は教えてください。 どんどんアップデートしていきます。 遺伝子工学系のラボ出身で、今は製薬会社で研究職をしているものです。 PCRもRT-PCRもかなりの数こなしてきました。 大変勉強になりました。 今はキットも増えてきたので、思考停止でキットをなぞるだけの人も多く、複数のサンプルを混ぜてPCRをするとか頭を使った柔軟な発想ができないんだと思います。 感染研のプロトコルを作成された方はRNA抽出やプライマー設計の一つ一つの手順の意義をどれだけ熟知しているのかなと思いました。 一見ソフトを使えば簡単なプライマー設計ですが、突き詰めると奥が深いですよね。 そのための検査キットも大量購入する方法もありました。 なお、ロシュのコバスシリーズは世界的な取り合いになっているようですが、新規購入はできずとも既に日本にも20台くらいはあるようですので保有機関から供出させればよいだけです。 今の東京都は陽性率が高いので10サンプル混合だと、結局多くの画分を2回目に個別に検査しなければならなくなってしまいますが、検査がより広範に行われれば陽性率が下がるので良いということでしょうか(あるいは混合サンプル数を3-4に減らすとか)。 あとご提案の方法ですが、10サンプル混合がサンプルの取違いしやすく嫌がりそうなので、RNA抽出後は感染力ないですからこういうところこそ自動分注機みたいなもので分注、混合させればよいのかなと思います。 はじめまして。 専門的な知識もなく、医療従事者でもない、ただのおっさんです。 離れて暮らす大学生の子供がいます。 その大学でコロナで陽性の方が出て、それをきっかけに、コロナのことや特にPCR検査の正しい知識を得たいと思いました。 テレビは途中から違和感を感じたので、ネットで、身元のわかる方や、利害関係とは無縁そうな方の、お医者さんや大学教授などの意見を片っ端から見て、正しい知識を判断しようとしました。 そこでいいなさんのコメントを目にしてこちらのブログを拝見させてもらいました。 自分としてはやっと真実にたどり着いたって感じがしてます。 そこで1つだけ府に落ちないことがあるので、もしよければ教えて頂きたいのです。 それはダイヤモンドクルーズでRCR検査を行った自衛隊中央病院の田中格さんの報告書です。 報告には、退院確認後のPCR検査で、1回目は陰性だったのに2回目は陽性となる症例を数多く経験した、と。 これらの経験からPCRの感度はそんなに高くない、体感で70%くらい、と。 僕は最初にこの情報はかなり信頼度が高いと思いこんでました。。 また同じようなことを言ってる方も数多くいらっしゃったのは周知のことだと思います。 いいなさんの言うように、感度も特異度もほぼ100%だとすると、何故このレポートのようになったと思われますか? このレポートの結果をどのようにとらえれば良いのかが分かりません。 もし良ければ、いいなさんの見解を教えて頂ければ幸いです。 ご存知かと思いますが田中格さんの報告書のリンク貼って起きます。 これからも記事楽しみにしてます。 いいなさん早速の返信ありがとうこわざいます。 こんなド素人の質問に分かりやすく丁寧に答えてくださり恐縮です。 水と氷の例え、大変分かりやすかったです。 RNAの取り扱いは専門的な知識が必要なのだと言うことがよく分かりました。 ありがとうございます。 例の自衛隊中央病院の報告書には、検査の面で国立感染症研究所に協力してもらったとの、記述がありました。 僕は検査の精度よりも、この国で検査の方向性や実務を仕切ってる おそらく? 機関や、従事者の方が、その程度のレベルであったことに、むしろ不安を感じました。 いいなさんのブログの中にも、現在のマニュアルに、不要と思われる工程があったり、適切な温度で扱われなかったり、と、言うのを見て、余計に心配です。 結局自衛隊の件は、検査そのものの精度が高くて、しかも採取する検体の数を増やすことで、より精度を高めても、RNAの取り扱いの知識がない為に、正しい結果が得られなかった、と言うふうに思ってます。 もし間違ってるところがあれば、ご指摘頂けると幸いです。 そう言う従事する人の能力、特にRNAを採取してる方の能力って、今現在の現場はどうなのでしょうか? 個人的にはそこが1番気になります。 RNAの取り扱いには免許が必要なのですね。 今回の報告書のような結果になるのは、免許を与える機関そのもののレベルが低いのでは?とも、邪推してしまいます。 そうだとすれば今現在の現場でも低いレベルで、RNAの取り扱いをしてる可能性が高いのでは?と、疑問に感じました。 今後検査を受ける可能性のある立場としてはかなり不安です。 いいなさんのブログにあるSmart Amp法というのは、時間効率の面、検査の難易度、精度の面、全てにおいて優秀だと感じました。 この検査なら、一市民としては安心して検査出来るなと、僕個人は感じました。 これは今後普及していく流れなのでしょうか? 富士フイルムが新しい検査キットを開発したので、今後量産する予定との記事を読みましたが、これはSmart Amp法なんでしょうか? またお暇なときにブログの中ででもご教授頂ければ幸いです。 今後もいいなさんのブログを参考にさせてもらい、正しい知識を素人なりに勉強したいと思います。 いいブログだと感心しています。 ただ理解力が乏しくよく分からないところがあります。 不活性化の件で教えてください。 1感染研が不活性化での輸送を認めないのはなにか理由があるのでしょうか。 2フナコシのRnashieldを使って不活性化した時、その後のRnaの抽出等に影響があるのでしょうか。 また活性化したままでの検査と不活性化した検体の検査では差が生じるのでしょうか。 検証したデータ(新型コロナでの)は存在するのでしょうか。 3いま検査技師の方でPCR反対派の人が専門の技師が不足しておりPCR検査の拡充は無理と声高に叫んでいます。 しかし、不活性化した検体で全自動検査機を使えば、この不足の問題は解決できますか。 4不活性化した検体の搬送の場合は、感染研が指定いるような厳重な梱包はいるのでしょうか。 5海外のPCR検査ではどちらが使用されているのでしょうか。 このへんがわかると、いま言われている反対派の話の是非がわかるのですが。 よろしくお願いします。 ドライブスルーで検体採取がいとも簡単だと言われますが、貴方は実際に行ったのでしょうか。 韓国の動画はデモンストレーション用の映像ですから、簡単にできるように見えます。 私は10年前まで内科クリニックでインフルエンザ検査の鼻咽頭からの検体採取をしていましたが次のような注意が必要でした。 患者さんに天井を見るように顎をやや上げる姿勢になっていただき、綿棒を鉛筆を持つように持ち水平位で鼻孔から挿入し、鼻咽頭粘膜に達したら5mmほど引き、患者さんに「もうすぐ終わりますよ~」と言いながら綿棒を3回ゆっくり回転させてから抜いて検体を採取しました。 ドライブスルー方式では被検者はできるだけ上半身を外を見るように回転し、検者に相対するような姿勢になったほうが、検者は綿棒を鼻孔に挿入しやすいと思います。 それでも検者はベテラン医師でないと被検者に苦痛を与えないようにできないでしょう。 小嶺 幸弘 さん: 村中璃子について一言。 私は子宮頸がんワクチン問題で、何人もの神経内科教授が副作用説を担ぐ中で、ほとんど唯一の神経内科医として、彼女には無理な科学的解説ブログを書いてきました。 彼女はWHO経歴を生かして新型コロナウイルス解説に乗り出していますが、できないことを実現する研究者でではなく、文献を読んで判断するだけです。 今回、通説に従って「多くが軽症」「若者にはたいしたことない」「PCR検査で医療崩壊」と言って来ました。 しかし、彼女が利用する本庶先生がPCR検査増を言い出して、ヒステリックに「PCR検査増」論議する番組に不買運動をするようになっています。 通説で誤ったことは非難しませんが、そこで思考停止して4月末からの自己保身図る言動は、科学者でも言論人でもありません。 小嶺 幸弘 さん: Mooさんに返信。 内容が詳しく、質問にも丁寧なiina-Kobeさんに代わって、「安心して油断させる」について、臨床医としてお答えします。 陰性の結果を伝えるときに「(良かったですね)検査には見逃しもあるので、今後も体調に注意し、感染対策はしましょうね」と指導しています。 これで問題ないです。 検査しないで見逃された陽性者が不安のまま自己隔離続けるということは実証されていません。 「検査は陽性者を」について、間違いではありませんが、前項と対立するものではありません。 iina-Kobeブログを知るまえから、私もブログで科学的解説をしています。 blog. fc2. html 「PCR検査増医療崩壊」空念仏医師たちに具体的数字を上げて崩壊像を示すように言っていますが、誰ひとりとしてできていません。 まな さん: 平易なことばで図示も多く、とても勉強になります。 ありがとうございます。 貴方の書き込みは科学的根拠に基づかないものですので、スパムだと申しております。 すでに論文で、どの時期にどの部位にどれくらいのウイルス量があるのかは出ておりますのでそれをふまえてやれば問題ないです。 それは貴方にそのままお返しします。 すでに、この論文では、鼻腔からの検体によるRTPCR検査の陽性割合が発症日で94. 39%となっております。 もう少し精度と検査による検出率の違いについても勉強されたほうが良いかと。 ここにもあなたの陥っている勘違いについて書いております。 hun さん: 反論に対してスパム扱いするのは、仮にも科学に携わるものとして恥ずべきことではないでしょうか。 「新型コロナウイルスのRTPCR検査の感度と特異度と精度の違いを簡単に説明してみた」を読んでみました。 研究室におけるPCR検査のやり方にはお詳しいようですが、やはり「臨床検体」を用いた検査について知識が不足しておられるようです。 検体採取を行う医師や検体を扱う技師の熟練度については言及しておられますが、そもそも検体採取を行う部位のウイルス量が少なければ、たとえ本当の感染者に対して熟練の医師が検体採取を行ったとしても、偽陰性は免れません。 素人の方は、感染者の感染部位には常に多量のウイルスがいて容易に採取できると誤解されていることが多いですが、臨床においては理屈通りにいかないことが多々あります。 もう少し医療現場や臨床医学についての理解を深められてはいかがでしょうか。 また、上で挙げられた感染研の資料について解説しますと、これは「検体内に一定量のウイルスが含まれているか否か判明している検体(陽性検体と陰性検体)」を対象として、複数の検査キットでPCR検査を行い、その陽性・陰性一致率(正答率といった方が分かりやすいでしょうか)を比較したものです。 つまり、これは「検査キットの感度・特異度」を調べたものであって、「検体採取~cDNA増幅」という検査全体の感度・特異度を調べたものではありません。

次の

ドライブスルーPCR検査の誤解:積極疫学調査と行政検査

ドライブ スルー pcr

新型コロナウイルスに関して名古屋市と新潟市でドライブスルーでのPCR検査が行われることになりましたが、誤解が多いようですので整理します。 名古屋市と新潟市でドライブスルーでのPCR検査 3月19日の複数記事でドライブスルーでのPCR検査が取り上げられています。 ここでは名古屋市と新潟市に関する記事を紹介します。 () 市によると、 対象は症状の出ていない職員ら約50人。 現在は職場復帰に向けて自宅待機中。 個別に検査を受ける場合に必要な保健所への連絡などを省略でき、検査時間を大幅に短縮できる。 () 複数の関係者によると、 ドライブスルー方式で検体を採取するのは、利用者らの感染が相次いだ市内の高齢者デイサービス事業所の職員ら約50人。 市内医療機関の駐車場で、職員らは車に乗ったままの状態で、窓越しに鼻やのどから検体を採取される。 いずれも症状がない人たちで、職場復帰に向けて陰性を確かめるために行う。 新潟市によると、感染患者の濃厚接触者数は702人(18日現在)で日々増加している。 一方、帰国者接触者外来や、民間協力病院を合わせた新潟市の検体採取は1日10件程度が限界という。 こうしたことから、 新型インフルエンザの際にも行なったドライブスルー方式で、 濃厚接触者の検体採取を始めた。 市では、このドライブスルーを含め、1日平均20〜30件の検体採取を行なっているという。 また症状の重い人が医療機関で採取を行うこともあるが、濃厚接触者の検体採取のほとんどをドライブスルー方式で行なっているという。 にいがた経済新聞は3月19日の記事ですが、既に3月1日から新潟市ではドライブスルー検査を行っているということです。 ドライブスルー検査による検体採取それ自体は問題ない 名古屋市について共同通信は上記記述ですが、非常にミスリーディングです。 朝日新聞でも「 症状が無い人に職場復帰に向けて陰性を確かめるために行う」という記述があり、SNS等で独り歩きしています。 しかし重要なのは クラスターの元患者・濃厚接触者らに限定しているということです。 新潟も濃厚接触者に限定していますし、 新型インフルエンザの流行の際にも行われているとあり、この方法自体が問題であるということではないのが分かると思います。 ドライブスルーPCR検査それ自体は、 病院内で感染者が出て病棟閉鎖するリスクを減らすことができます。 「検査のやりすぎで感染拡大する」という心配をしている人がいますが、それはいろいろと状況が異なるものを混同していると思います。 — The Voice of America VOANews 映像では5秒程度しか映っていないので、はっきりしないが、これがいわゆる decontamination shower room だと思う。 — Jean Piaget interleukin111 韓国のドライブスルーPCR検査で「手袋の交換がされていない」映像が出回り、問題視する人もいましたが、多くの実態は別のカバーをかけていたり汚染除去ルームで全身を消毒しているようでした。 実際にドライブスルー検査が原因で感染が拡大したというニュースは知りません。 また、医師によっては手袋の頻繁な交換はそれ自体が感染リスクであるという指摘をする者もおり、運用方法は一概には言えないということが伺えます。 防護服については専門家にすら誤解がありますが(着脱してない人は特に)、着脱事態が感染リスクなんです。 だから、検査のたびに脱ぎ着は現実的でないばかりか安全でもありません。 手袋すら脱ぎ着は感染リスクです。 対象者に触らなければ検査対象者の感染リスクはありません。 — 岩田健太郎 Kentaro Iwata georgebest1969 韓国のドライブスルーPCR検査は全体のPCR検査数の増加と陽性患者の増加に寄与したと思います。 それによって無症状・軽症患者らによって病床が圧迫され、大邱(テグ)の一部病院では医療崩壊しましたが、2月最終週から3月頭あたりから方針転換して軽症者までは自宅療養を促してからは死者数の増加も抑えられています。 厚労省のドライブスルー方式のツイートも修正されている 【「ドライブスルー方式」のPCR検査】 3月15日に投稿した「ドライブスルー方式のPCR検査を実施しない理由」と題するツイッターで、ドライブスルー方式を導入しない理由として、「医師の診察を伴わないことが多い」との記載をしていました。 その上で、世界においてどういう運用をしているかはどうでもいい話であり、日本国におけるドライブスルー検査が適切に行われていれば何も問題が無いわけです。 既に新潟市ではクラスターの濃厚接触者らに対してドライブスルーでのPCR検査をしていますし、誤解を与える投稿だったでしょう。 クラスター等を把握する積極的疫学調査と行政検査の混同 どうやらドライブスルー検査に関するメディアの記事から【 積極的疫学調査】と【 行政検査】を混同している方が多いようです。 新潟市で行われているもの、名古屋市で行われようとしているものは 感染症法15条に基づく積極的疫学調査のためのものです。 これは患者クラスター=患者とその濃厚接触者らを把握するために行われているものです。 当初はここも同一視していましたが訂正します。 対して、「37. 訂正します。 チャーター機やDP号の報道で「何でこの人たちに対しては症状が無い人にも行われているのに、他の国民は症状が無いとダメなのか?」と疑問に思った人が多かったと思いますが、それはそういう事です。 まとめ:偽陰性・偽陽性の問題はあるが なるほど、その限定した意味なら少し安心しました。 — MM 手を洗う開業医による医院開業話・医師のキャリア medpractitioner• 新潟市や名古屋市のドライブスルーPCR検査は積極的疫学調査• 対象を限定しているので「検査に群がる」という事は起こり得ない• ドライブスルー検査それ自体に「感染拡大リスクがある」という誤解がある• ドライブスルーPCR検査は医師が検査の要否を判断した上で行われていることが多い 「ドライブスルー検査」という字面からは、まるで「一般市民が誰でもアクセス可能」というイメージがありますが、そうではないということです。 それでも偽陰性・偽陽性の問題はありますが、 医師が検査の要否を判断した上で行うのであれば事前確率は高くなるのであって、それは現在行われている行政検査とまったく同じ方法によるものです。 そうであるならば、むしろ病院外で行うために病院内で感染者が発生し、病棟閉鎖をするリスクを減らす方法であると言えます。 以上 Nathannate.

次の