ご足労いただきありがとうございました。 「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

「ご足労」とは?意味と使い方!類義語や読み方、目上の人に使えるのかまで!

ご足労いただきありがとうございました

「ご足労いただき」はビジネスメールで使っても大丈夫? 「ご足労いただき」は口頭だけではなく メールでも使用可能です。 取引先と会う約束をするときや会ってくれたことに対して、メールでお礼を述べる際に使うことができます。 「ご足労いただき」を使った例文 ここからは「ご足労いただき」をビジネスシーンで使う場合の例文をご紹介します。 相手との関係や来てくれた日の天候など、 相手を迎えたときの状況に合わせた使い方を確認しましょう。 「ご足労いただき」の基本の形として、口頭でもメールでも使用可能です。 訪問したシチュエーションに合わせて前後の言葉を変えて表現できます。 」 天気が悪い日の訪問に「お足元の悪い中~」という表現もありますが、【足の状態が悪い人に対しての差別表現】と受け取られる恐れがあります。 こういう場合は言い換え表現として「ご足労」を使用しましょう。 相手に出向いてもらうことを前もってお詫びするときに使用します。 」 「ご足労いただき申し訳ございません」はあまり使われない表現 「ご足労いただき」は訪問してもらったことを丁寧に表現した言葉ですが、あまり一般的な言葉ではありません。 来てもらったことに対してお詫びを強調するのであれば、 「ご足労いただき」よりも「ご足労おかけして」とするのが適切です。 相手が遠いところからきた場合や雨や雪の日などの天候が悪い日など、出向くのに一苦労するときにこそ、来てくれた相手に使用するのが適切です。 ・Thank you for your struggle the other day. ・Despite being far away, I am deeply grateful for your struggle. ・I am sorry to have made struggle, but thank you for your consideration. ・I am sorry to disturb you while busy, but I sincerely hope for your hard work.

次の

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

ご足労いただきありがとうございました

つまり、先方が自分のところへ来てくれたときに使う言葉なのです。 「本来は自分のほうから出向かなければならないところ、わざわざお越しいただいてすみません」というニュアンスが込められています。 相手を敬う言葉ですから、目上の人や取引先の相手に使ってもまったく問題ありません。 社外の人に「自分たちよりも、同じ会社の人間に気を使っている」と不快感を与えてしまいます。 その場に同席している人との関係を考えて、例えば上司と自分だけになったときなどの適切なタイミングを捉えて使うのが、効果的です。 これから来てもらうときには「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」のように使えばいいですし、実際に会った時には「ご足労おかけしました」と挨拶の言葉として使うといいでしょう。 また後日「先日はご足労をおかけし、ありがとうございました」のように過去形で使うのも構いません。 「わざわざ足を運ぶ」という意味を持つ「ご足労」を、相手に「してほしい」と期待するような使い方は、失礼な印象を与えます。 [NGな表現の例]、 ・当日は弊社にまでご足労ください ・ご足労、お待ちしております ・ご足労、よろしくお願いします などはNGな表現の典型で、まず使いません。 ご足労という言葉には、「いただく」あるいは「おかけする」などの言葉をセットで組み合わせるように心がけると、失敗しません。 ・ご足労頂くことになり、大変恐縮です。 ・遠いところご足労おかけして、申し訳ございません。 ・打ち合わせの際には弊社までご足労くださり、大変感謝しております。 ただし、どちらかと言えば文章で伝えるときによく使う言葉です。 話し言葉としては、かなり固い印象を与えます。 話し言葉では、例えば「本日は弊社までお越しいただき、ありがとうございます」のように、「お越しになる」「ご来社」などに言い換えるのが一般的です。

次の

「ご足労」の意味とは?気をつけたい上の人へ使い方と例文

ご足労いただきありがとうございました

「ご足労いただき」の意味 「ご足労いただき」の「ご足労」とは、「足を労働させる」または「足を労わる」という字を書きます。 文字通り「足を働かせる」、転じて「足を運ばせる」という意味の言葉なんです。 さらに「ご足労いただき」と丁寧な敬語表現が付いていますね。 つまり、「ご足労いただき」とは相手を敬う形で、「わざわざ来てくださって」という感謝を表す表現ということになります。 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は上で述べた通り、「わざわざ来てくださって」という意味なので、相手に自分の会社や集合場所などに 来てもらったときに使います。 感謝の気持ちを表す言葉なので、「ご足労いただき」の後には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を続けましょう。 相手がお見えになったときの挨拶として「ご足労いただきありがとうございます」と使います。 また、最後に「ご足労いただきまして、ありがとうございました」と使うのもいいでしょう。 「いただき」の代わりに「くださり」などを使うこともあります。 【例文】• お足元の悪い中、ご足労いただきまことにありがとうございます。 先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。 本日はご足労くださり、大変感謝しております。 類似した表現 「ご足労いただき」によく似た表現として、 「ご足労おかけして」という言い方があります。 似ているので、深く考えずに同じように使いがちですが、 実はこの2つは少し使い方が違うんです。 「ご足労いただき」は感謝の表現で、後に「ありがとうございます」などが続きます。 それに対し、「ご足労おかけして」は「おかけする」という言葉が入っていますよね。 「おかけする(かける)」は「迷惑をかける」「手間をかける」「面倒をかける」などのように、相手に何か不都合な思いをさせてしまうというニュアンスの言葉です。 つまり、「ご足労おかけして」は感謝よりも恐縮、お詫びといった意味の強い表現になるわけなんです。 なので、「ご足労おかけしてありがとうございます」ではなく、「ご足労おかけして申し訳ございません」「ご足労おかけして恐縮です」などと使うようにしましょう。 「ご足労いただき」よりも、相手に迷惑をかけながらわざわざ来てもらっているような時に、恐縮する気持ちを込めて使うことができますね。 間違った使い方 「ご足労いただき」(または「ご足労おかけして」)は、今まで見てきたように、「相手にわざわざ来てもらって」という場面で使う言葉です。 ですので、「ご足労」を勧めるような言い方は不適切です。 【例文】• ご足労いただきますようお願い申しあげます• ご足労お待ちしております• ぜひご足労くださいませ このような使い方をしてしまうと、相手に対して失礼に当たります。 あくまでも「わざわざ来てもらってすみません、ありがとうございます」という意味であることを忘れないようにしましょう。

次の