かごめ の 歌 意味。 かごめかごめ

夜明けの晩 意味・解釈 かごめかごめの謎

かごめ の 歌 意味

いろは歌を7字で区切ると、「とがなくしてしす。 イエス」 7は神の数字と言われています。 かごめ歌を6字で区切ると「にせキリスト」があらわれます。 6は悪魔(にせキリスト)の数字と言われています。 いろは歌の暗号を7文字区切り いろは歌を7字ずつ区切ると。 いろはにほへ と ちりぬるをわ が よたれそつね な らむうゐのお く やまけふこえ て あさきゆめみ し ゑひもせ す 各行の最後の文字をつなげると。 いろは歌の暗号は 「とが なくて しす。 咎無くて死す」となる。 「とが」とは「罪」という意味。 「とが人」=「罪人」という意味。 世界の常識では「とが なくてしす」って言ったら、 いゑすキリストのことですよ。 かごめ歌の暗号を6文字区切り かごめ歌を六文字ずつ区切って、よあけのばんを、夜明けの晩(日+免)に変えます。 左側を縦に読んで、踵つける。 踵のない悪魔に踵をつけて、悪魔でないように見せかける。 偽キリストの誕生。 右上から斜めに読んで、メカイヤ乗る。 偽キリストがピラッミドの頂上(サミット)に乗る。 右側を縦に読んで、目の威圧す。 何者かが世界を威圧する。 左上から斜めに読んで、籠貼るにす。 何者かに、籠を貼って、その力を封印する。 かごめ歌・いろは歌・ダビンチコードの暗号• いろは歌と忠臣蔵の赤穂浪士• 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

次の

「かごめかごめ」の本当の意味とは?実は怖い「かごめかごめ」の都市伝説について解説

かごめ の 歌 意味

地元の小さな書店に雑誌を買いに入り、ふと見ると棚に童謡・唱歌のCD10組が980円で売っていました。 見ると「かごめ歌」が入っていましたので、なんとなく買って来ました。 買って来て、かごめ歌を聴くと、私が知っている歌詞とは一部が違っているのです。 ???。 通常知られている「かごめ」歌は かごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出ある。 夜明けの晩に 鶴と亀がすべった。 後ろの正面 だあれ。 ところが、その歌詞は かごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出ある。 夜明けの晩に 鶴と亀が出おうた。 後ろの正面 だあれ。 「すべった」と「出おうた」では、意味が完全に違って来るのです。 この「かごめ」歌は、神霊世界に関わっている方でしたら異口同音に 予言歌であると言われるかと思います。 無論、最近のスピリチュアルではそうしたことすら言わないと思いますが。 私が子供の頃に臨んだ声は、【旧約聖書は私の書ではあるが秘め書であって、その意味は解読しないと解らない様にしてある。 私の教えは、この日本の昔話や民話、そして「わらべ」歌などにいれてある。 一番重要なわらべ歌は「かごめ」歌であり、そこにこの神の仕組みがある。 】と告げられたしだいです。 だが、その意味は教えてはくださいませんでした。 常に自分で解読せよです。 この「かごめ」歌が大切な予言歌であるということは、精神世界に関わる方でしたら守護霊さんから告げられたと言われる方達も多々ありまして、そうした方達はその意味を解読しようとされているわけです。 かごめ かごめ の【カゴメ】はダビデの紋章のことであるはことは、ほぼ一致した見解のようです。 日本では、伊勢外宮の豊受神の神紋として知られています。 豊受の神が丹後の与謝宮から伊勢の外宮に迎えられるのですが、それまで鎮座されていた神社は元伊勢と言われる丹後一宮【籠神社】。 籠目(かごめ)の籠(こも)神社です。 だが、世間一般の方は、かごめ(籠目)徴を見ないから、違った解釈をされるわけです。 何故、六芒星が籠目なのかは 六芒星を組み合わせた籠の目を見れば解るでしょう。 その籠の中の鳥とは、【不死鳥という方もあれば、鳳凰とか火の鳥】という方もあります。 何れにしても、その鳥が「カゴ」から出れば、新しい時代がやって来ると言う予言歌とするわけです。 それが出るのは夜明けの晩(みろくの世の前)となるのです。 この辺は「かごめ歌」を予言歌と見る方は一致していると思います。 その前の「鶴と亀」がすべったが謎で、解釈がバラバラになったわけです。 御承知の様に、鶴は千年、亀は万年を意味します。 その鶴と亀が滑った(すべった)では、今の世が終わることを意味します。 それに対して、それは「滑った」ではなくて、「統べった、すべったに変化したのであって、鶴(千年)と亀(万年)が統べったで統一されるという意味であるとの説があるわけです。 この統一とは、統原(高天原を統一する)であり、すばる(統原)としますので、星で言えば【昴(すばる)】とするわけです。 スピで言うならば昴星(プレアデス星団)となるのです。 別名「スマル」とも言います。 〇の中に黒点を打って、〇に「ス」とか「マルス」とも言えるわけです。 現在の地上神界の高天原は統一などされた状態ではない為に、世界の宗教がその教えで覇権を争い収拾がつかなくなっているわけです。 後ろの正面とは、当然に【鬼】で、鬼で表現されるのは【国常立尊】様となるわけです。 創造神です。 ところが【鶴と亀が出あった】となると、意味がガラリと変わるのです。 鶴はイエスで説かれた聖書の「千年王国」。 亀は龍宮の乙姫で説ける「万年王国」を意味して来ます。 すると、イエスと龍宮の乙姫様が出会われたのかとなりますが、この千年王国の方はイエスではなくて、大本教の演技で世に出された【日之出神】のことなのです。 大本教では出口王仁三郎聖師さんの実娘であるところの三代教主出口直日(直日と名乗る前はあさの)さんを龍宮の乙姫として、その娘婿である方の日出麿さんを日之出神としたわけです。 だが、これがニセ者で、霊界物語第十三巻の信天翁に、 いま大本にあらはれた 変性女子はニセものだ まことの女子が現はれて やがて尻尾が見えるだろ 女子の身魂を立直し 根本改造せなくては 誠の道はいつまでも 開く由しなしさればとて それに優りし候補者を 物色しても見あたらぬ 時節を待ってゐたならば いづれ現はれ来たるだろ みのか尾張の国の中 変性女子が分かりたら モウ大本は駄目だらう 前途を見こして尻からげ 一足お先に参りませう 皆さまあとからゆっくりと 目がさめたなら出て来なよ 盲目千人のその中の 一人の目明きが気をつける なぞと慢神してござる 王仁はこの言聴くにつけ お気の毒にてたまらない こんな判らぬ奴ばかり 盲目ばかりがささやけり この歌を各自のことに誤解して 罪をかさぬる曲人もあり この女子とは、本当は【龍宮の乙姫】たる魂を持った女子のことなのです。 大本教三代教主である直日さんのことではないのです。 しかしながら、大本教神芝居の中で三代教主を「龍宮の乙姫」様とし、三代教主補の出口日出麿さんを「日之出神」とする神芝居は曲がりなりにも出せたのです。 こうしたことが大本教は予告編で、本番はこれからと言われるわけです。 この日出麿さんの最大の功績は、「九ラ式」を別の形で出せたことなのです。 日出麿さんにしても、日月神示の岡本天明さんにしても、二人とも出身地が【倉敷】なのです。 私は「みのか尾張」の国の中からで、国道41号線で九つ花が「九良式」であることを解きましたが、「倉敷」としても出せるわけです。 龍宮の乙姫様の相方の【日之出神】とは、伏見稲荷山などに行きますと、日之出神と書かれたお塚が多数ありますが、そうしたお塚に祭られている日之出神のことではないのです。 日之出神とは、単に通称名で新しい「日の出」の働きを言っているのであって、正式の神名ではないと思われます。 みろくの世における新しい「真性天照大御神」様に当たる存在を言うのでしょう。 なお、大本教で言っている龍宮の乙姫様とは、日本神話の「豊玉姫」とは別の存在です。 神界レベルでは、もっと高い存在です。 故、金井南龍師は「母なる神」の徴をもった存在で、神界の機密とも言われ居ます。 天橋立の籠神社と龍宮とがどう結びつくのかの指摘はあろうかと思いますが、舞鶴沖にあります冠島は国常立尊様の御引退場所とされており、この冠島に龍宮があるとされるわけです。 その龍宮の出先が籠神社であるとするわけです。 では、鶴と亀が出あったの「かごめ」歌を聴きたい方は。 これら全てを仕組んでおられる神は「国常立尊」様なので、後ろの正面は「鬼」と言います。 大本教神典では、日之出神と龍宮の乙姫様は夫婦としますが、すっきりとは揃わないとあります。 だが、「出おうた」でいいのであれば、おそらく出会っていると考えられます。 それを紐解く鍵は、「豊受」神にあるのです。 日本では単に「五穀の神」としての扱いだけなのですが、世界の神話を見ていけば、別の要素が出て来るからです。 私は「みろく世の人の命は一万年と出て来たのですが、では、どこまで続くのかが見当がつきませんでした。 日之出の神の鶴は1000年。 龍宮の乙姫の亀は万年で掛けると「1000万年」となります。 それならば永遠の世と言ってもいいでしょう。 世界をまたにかける神芝居が行われようとしているのです。 ただ、これらも言葉の仕組みの解説であって、現実にそうなるという話ではありません。 不思議な仕組みだと言うことです。 この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。 selected entries• 6 recommend.

次の

童謡・「かごめかごめ」に隠された本当の意味とは(都市伝説)

かごめ の 歌 意味

かごめ唄 かごめ歌、日本のわらべ歌、江戸時代には普通に唄われていました。 いつから唄われていたかと言うと、どこまで遡るのは難しいのですが、地方により歌詞が異なります。 かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀 と滑った 後ろの正面だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀 が滑った 後ろの正面だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀が統べった 後ろの正面だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に つるつる滑った 鍋の鍋の底抜け 底抜いてたもれ• 籠目籠目 加護の中の鳥居は いついつ出会う 夜明けの番人 つるっと亀が滑った 後ろの少年だあれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出会う 夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だぁれ?• かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出会う 夜明けの番人 鶴と亀が滑った 後ろの少年だあれ? なお、文献では、このかごめかごめは江戸中期以降に現れます。 「後ろの正面」という表現は、明治末期以前の文献では確認されていなません。 さらに、「鶴と亀」「滑った」についても、明治以前の文献で確認されていないのです。 かごめ唄の不可解な表現 「夜明けの晩に鶴と亀が統べった」なんでしょうかこの表現は。 夜明けなのか、晩なのかがはっきりしていません。 不思議です。 「鶴と亀が統べった」、「後ろなのか正面なのか」どちらなのでしょうか。 「真後ろ」という表現なのでしょうか。 このかごめ唄は、どれを信じていいのかわからないくらいに、いろんな説がネットで飛び交っています。 どれを信じていいのだろうかと迷うほどの情報としては、有名どころで徳川の埋蔵金などが挙げられます。 日光東照宮のある重要な場所には、「鶴と亀の像」があるのです。 かごめの唄は、「ユダヤの予言」ではないのとか、色々な言われ方をしますが、実はこれを仕掛けた人がいます。 広めるように仕掛けたのです。 意味深なことがいっぱいあり、暗号で歌われています。 一体誰がつくって広めたのでしょうか。 かごめトマトジュース 鍵はかごめにあります。 かごめトマトジュースというのがありますが、昔は本当に六芒星だったようでした。 かごめトマトジュースを中東で売り出した時に、イスラム教からボイコットされた経緯がありました。 そのため、かごめのマークを変えたと言う逸話があります。 かごめのマークの本来の形は、ダビデの星につながるダビデのマークなのですから。 韻を踏むかごめ唄 鬼は目を隠して中央に座り、その周りを他の子が輪になって歌を歌いながら回る。 歌が終わった時に鬼は自分の真後ろ(つまり後ろの正面)に誰がいるのかを当てる。 各地方で異なった歌詞が伝わっていたが、昭和初期に山中直治によって記録された千葉県野田市の歌が全国へと伝わり現在に至った。 野田市が発祥地といわれることから、東武野田線の清水公園駅の前に「かごめの唄の碑」が建立されている。 被差別部落を扱っている歌だとされるため、東京では放送できるが大阪では放送できず排除される形となっている。 ウキペディア かごめかごめかごめ籠の中の鳥と韻を踏んでいます。 「さいた、さいた桜が咲いた」と同じ感じです。 「籠の中に鳥がいる」という表現は、「籠は遊女じゃないか」と言う説もありますが、他に籠といえば、籠の名前をを持つ神社があります。 籠神社と書いて、「この」神社と呼びます。 元伊勢、京都の天橋立の付け根にある神社です。 ここの系図は海部氏につながりますが国宝ではありません。 そのため、籠神社は、神社本庁から派遣された方が神職となるのではなく、籠神社ができた時から代々海部氏と言う一族が、神職を担ってきました。 今は海部光彦氏が宮司を務めています。 海部光彦宮司に取材して話を聞きましたが、本当のかごめ唄は一般に流布しているかごめ唄と一部違うとのことです。 元伊勢は、三重県伊勢市に鎮座する伊勢神宮が、現在地へ遷る以前に一時的にせよ祀られたという伝承を持つ神社・場所。 ウィキペディア (参考:ムーチューブ「かごめ唄」ここで「取材した」のは、この雑誌社です) 実は、かごめ唄は、籠神社の暗号の唄なのです。 暗号を正しく読み解かれた情報とまだ巡り会えていません。 様々な情報があります。 籠神社の社紋は六芒星です。 この唄の本当の意味とは一体なんなのでしょうか。 まとめ かごめ唄は、籠神社の暗号の歌 Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の