嫌 な こと が あっ た 時。 嫌なことがあった時ズルズル引きずらないタメの4つの方法

嫌なことがあって何も手につかない時の対策法

嫌 な こと が あっ た 時

逃げていいです。 逃げるのも一つの選択。 「逃げる」なんて表現すると後ろ向きな感じになりますが、そんなの捉え方でしかないです。 どれもが単なる行動の一つです。 逃げることで、得られるものが多いなら、またそっちのほうが大事なににかを守れるなら、逃げるのはアリだと思いますよ! あなたの言うとおり、それくらいのこと、というのはその人の捉え方です。 あなたにとって、それほどのことならそれでいいんです。 自分の気持ちに自信を持っていいです。 よく、いじめられて自殺してしまう学生の話を聞くと、なんで逃げなかったんだろうととても切なくなります。 なんで学校行くのやめなかったんだろうと。 学校から逃げないことで、死んでしまうなんて。 そんなの逃げたほうがよかったはずです。 逃げてればいつか道は開けるかもしれないんですもの。 それで、自分に自信をもって取り組める何かができたら、その時は本気でやってみる、逃げずに向き合うことも時には必要だとは思います。 でもそれはその時です。 逃げるとき、逃げないで立ち向かうとき、空気になってやり過ごすとき、 全て、自分が幸せになるための選択の一つ。 その時々でいい選択ができるといいですね。 我慢するのが正義ではないですよ。 物事、ケースバイケースです。 私の知人は就職活動中、面接に行く直前に自ら命を絶ちました。 死にたいくらい辛いなら、逃げても良いですよ。 私は彼に死なないで欲しかったです。 あと、人間って、本当に自分の事しか分からないものなんですよ。 質問者さんに「それくらいのこと」「我慢しろ」と言う人は、自分の尺度や感覚でしか物事を捉えられないのです。 それは、その人達だけに言える事ではなくて、別の場面では、質問者さんにも言えるのです。 質問者さんも、全ての人の気持ちにはなれないのです。 ですので、その人達も、別に質問者さんをいじめたくて言っている訳ではなく、苦境を乗り切る事によって人が成長するという、一般論を言ってるだけなのです。 それがうざったく感じる事もあるかとは思いますが、人に自分の気持ちを思いはかってもらう事は期待するものではないと思います。 みんな自分の事しか分からず、それぞれが正しいと思っている事を言うのですから、それはそれとして聞いて、良い意見は受け入れて、その他は受け流すと言いましょうか、全てを正面から受け止めて悩まない事も大事かと思います。

次の

もう嫌だ!仕事が嫌になったときに視点が変わる9つの考え方

嫌 な こと が あっ た 時

スポンサーリンク 嫌なことを忘れる方法 嫌なことを忘れるには夜更かしせずに早めに寝る 夜というのは、どうしても感情が高ぶりやすいということを御存知でしょうか。 何もない時ですら、夜になると、昔の悪い記憶がよみがえってきてしまうのだそうです。 なので、ましてや、嫌なことがあった時は、尚更気が滅入ってしまいますね。 そのため、嫌なことを早く忘れるためには、夜更かしせずに早く寝るのが1番です。 「悩みやすい時間帯」に起きていれば起きているほど、どんどん深みにはまっていってしまうのです。 又、夜遅くまで起きていると、体が疲れます。 体が疲れている時というのは、どうしてもマイナス思考になりやすくなるのです。 嫌なことがあったらまず体を休め、マイナス思考を助長させる夜の時間帯は寝てしまうことがオススメです。 1度思いっきり泣いてすっきりする 「号泣セラピー」というものを御存知でしょうか。 とりあえずわーっと泣いてしまうことで自分の感情を解放し、すっきりさせてしまうというものです。 これを、嫌なことがあった時にやってみるとすっきりします。 どうしても泣けなかったら、泣ける映画やドラマを見て、「泣く」というシチュエーションを作りましょう。 そして、とにかく涙を流して、感情のデトックスをします。 気が済むまで泣いてしまうと、「あれ? 」というくらいすっきりするものです。 但しこの方法は、周りに他の人がいると落ち着かなくなるので、1人でやることをオススメします。 スポンサーリンク 友達と会って、楽しく過ごすのが嫌なことを忘れる方法 嫌なことがあったら、友達と会って楽しい時間を過ごし、気分転換をしましょう。 この「楽しい時間を過ごす」というのがポイントです。 友達に会っても、ずっと愚痴ばかり言っていては、かえって嫌な時間になります。 それを聞いている友達も、気分は良くありません。 なので、「大事な友達と会っているこの時だけは、楽しく過ごそう」と意識し、愚痴を言うのはどうしても我慢できなくなった時だけにしておきましょう。 笑いに溢れた楽しい時間は、いつの間にかつらい気持ちを癒してくれるはずです。 嫌なことを思い出さないようにする 嫌なことがあると人に話して聞いてもらったり、思い返して嫌な気分になったりすることもあります。 何度も繰り返し話したり、思い出したりていると暗示のように記憶にすり込まれてしまいます。 まるで小学生の頃に九九を何度も繰り返して覚えた結果、何歳になっても忘れないようにです。 また、繰り返し話しているうちに自分を守るため、事実とは違う話しに置き換えたりもするのです。 すると人間の記憶は自分に都合のいい方を事実とは違って覚えてしまいます。 そうすることができるので余計に嫌な気持ちになります。 嫌なことを思い出しそうになったら趣味や娯楽など、他のことに気を向けたり、そんなことがあった、と自分で区切りをつけると思い出しにくくなります。 スポンサーリンク 嫌なことを忘れる方法として目の前のことに集中する 嫌なことがあっても時間は過ぎていきます。 今、何をするべきかを考えましょう。 くよくよするより、同じ時間で対策を考えた方が気持ちは前向きになります。 まず、現状を把握して他に方法はなかったか、どうすれば今の状況が解決できるのかを真剣に考えます。 対策は沢山あった方がいいので沢山考えます。 そうしているうちに、嫌なことはただの経験になってゆきます。 解決方法を知っていれば次に同じような事があっても自信を持って対処できるので嫌ではありません。 規則正しい生活をする 考えてばかりいると眠れなくなり、やる気も起きなくなります。 そのうち食べることさえ面倒になってきます。 そうなる前に少しずつ規則正しい生活をしていくことが大事です。 毎日決まった時間に起きる、食事をする、決まった時間に眠るようにしていれば体は健康で入られます。 体が健康ならば心も健康になれます。 ひどく疲れてしまってからでは前向きになんてなれません。 一度の嫌なことが、この先の人生にまでずっとついて回るのは時間の無駄、過ぎたことは良い経験と、前向きに考えましょう。 そうすることで嫌なことは忘れられます。 スポンサーリンク 「嫌なこと」の内容を紙に書いて、破って捨てる 人間心理というのはやっかいなもので、「嫌なことを忘れよう」と思えば思うほど、その嫌なことに心を囚われてしまい、ますます忘れられなくなってしまいます。 ですから、嫌なことを忘れるためには、そのことから逃げないで、一度正面から向き合ってみるといいでしょう。 正面から向き合った上で、そのことと決別するようにするのです。 では、具体的にはどうしたらいいのか。 おすすめの方法は、「嫌なことを紙に書いて、捨てる」というやり方。 心の中を占領している嫌なことについて、それはどんなことなのか、紙に書いてみましょう。 紙に書くことで、嫌なことが整理でき、正面から向き合うことができるわけです。 その後で、紙に書いた嫌なことを何度か自分で読み返し、「さよなら」とつぶやいてから、そのメモを破って捨ててしまいましょう。 燃やしてしまってもOK(火の取り扱いには要注意)。 一種の「おまじない」のような儀式ですが、こうすることによって、心を占領している嫌なことから離れられるのです。 心を悩ましている「嫌なこと」の話を人に聞いてもらう 人に話をすることで、気持ちが楽になったり、軽くなったりすることがあるでしょう。 相手の人からアドバイスをもらえなくても、話をするだけで、気持ちがすっきりすることが、誰にでもあるものです。 ですから、嫌なことがあって、それを忘れたいのに忘れられないという場合は、ぜひ、誰かに話を聞いてもらいましょう。 友達でもいいですし、家族でもかまいません。 話しやすい人を選んで、「どんな嫌なことがあったのか。 今、自分はどんな気持ちでいるのか」を、できるだけ詳しく話すのです。 ポイントは、話をする前に、「話をする目的」を、はっきり相手に伝えること。 「嫌なことを忘れられなくて困っているから、話を聞いてもらうことで、気持ちをすっきりさせたい」という目的を、キチンを伝えてから話をするのです。 相手に「ただ、話を聞いてもらうだけでいいですよ」と伝えるわけです。 そうしておけば、相手によけいな精神的負担をかけることなく、話を聞いてもらうことができるでしょう。 スポンサーリンク 「良かったこと日記」をつける あなたを悩ましている「嫌なこと」は、すでに過ぎ去ったことです。 その「嫌なこと」が起きた後で、「良いこと、うれしいこと」も起こっているに違いありません。 良いことも起こっているにも関わらず、たった一つの「嫌なこと」に心が囚われているため、楽しい気分、うれしい気持ちになれないでいるわけです。 ですから、ぜひ、「日々起こっている良いこと、うれしいこと」に目を向けてみましょう。 おすすめしたいのが、そうしたプラスの出来事を記録するというやり方です。 どんな小さなこと、ささやかな出来事でもかまいません。 「今日はこんなポジティブなことがあった」という出来事を、日記の形で記録していきましょう。 そして、折に触れて、その日記を読み返すようにするのです。 そうすることによって、ポジティブな出来事に目が行くようになり、しだいに「一つだけの嫌なこと」から離れられるはずです。 次の休日のための楽しいプランニングをする 過去の嫌なことに心を奪われていると、どうしても前向きな思考ができません。 繰り返しますが、それはすでに終わったことなのですから、終わったことよりも、これから起きることを考えたほうが賢明です。 前向きに「未来」を考えるには、「次の休日の過ごし方」を考えるのが効果的なやり方です。 ぜひ、「今度の休日はどんな風にして楽しもうか」というプランニングをしてみましょう。 大好きな友達や恋人と過ごすとか、趣味を思いっきり堪能するとか、一人で自由な時間を謳歌するとか、とにかく「自分にとってもっとも楽しい休日の過ごし方」を考えるのです。 それを考えている間は、嫌なことから離れていることができますし、実際にその「ベストプラン」を休日に実現することで、さらに嫌なこととの距離は広がるのです。 そして、そのように休日を楽しんだら、再び「次の休日の過ごし方」を考えましょう。 これを繰り返せば、いつしか嫌なことが頭の中から消えているに違いありません。 嫌なことを忘れる方法は恋愛にも応用が効く いかがでしょうか。 嫌なことを忘れる方法はいくつかありますが、どれが効果的なのかはその人次第のところがあります。 なので、自分なりの方法を見つけるためには一通り試してみるしかありません。 とはいっても、そんな嫌なことばかりが続く毎日にはうんざりしてしまいますよね。 そうであれば、嫌なことを忘れる努力をするよりも、さっさと環境を変えるために努力したほうが後々報われるでしょう。 また、今回ご紹介した方法は仕事などだけでなく、恋愛にも十分効果を発揮します。 仕事と同様、恋愛でも嫌なことは良く起こりがちなので、早い段階でいろいろとトライしてみて、あなたなりの嫌なことを忘れる方法を身につけておくようにしましょう。 一度、見つけるとどんな時でも活用できるようになりますので、周りに振りまわれたり、余計なストレスを抱えることがない生活ができるようになります。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

嫌なことがあった時、効果的に気分を改善する方法【再現性あり】

嫌 な こと が あっ た 時

『嫌なことがあったら、どうする?』• 仕事であった「嫌な出来事」をいつまでも引きずってしまう• 他人から言われた悪口や批判を、ずっと根に持ってしまう• 「気分を切り替えること」が苦手だ• いつまでも「他人に対する恨み」を忘れることができない• 「過去の失敗」をいつまでも引きずっている 会社員として仕事をしていると、 嫌な気持ちになったり、ストレスがたまることが多い。 会社とは、様々な人間の 「立場」「利害関係」「都合」「思惑」が交錯する場でもある。 態度だけデカい上司、高圧的な先輩、生意気で言うことを聞かない部下。 それぞれの利害がぶつかり合った結果「腹立たしい」「理不尽」だと感じたり、 人間関係のトラブル、行き違い、すれ違い等、人と関わっていく中で「不愉快な思い」「嫌な思い」をすることもある。 しかし、いつまでもそういった「嫌な気持ち」を引きずって毎日を過ごすのは、ものすごく 「 もったいないこと」だといえる。 「怒り」「恨み」「イライラ」といった気持ちを持ち続けたからといって、 何か状況がよくなるわけでもない。 むしろ悪化するだろう。 自分自身の大切な「人生の時間」を、そういった「嫌な気持ち」に引きずられ、 ストレスを生み出し続けていくことに、何の「ゴール」があるだろう? 上手な「気持ちの切り替え方」を身につけよう 長い人生を生きていると、様々なことが起こる。 「辛いこと」を、何もかも避けて生きていける人はいない。 どんなに前向きで幸せに見える人でも、気分が落ち込むような出来事はある。 それでも「嫌な気持ち」を引きずらずにサッと切り替えて、 毎日を楽しみながら生きる人達がいる。 失敗しても「次はもっと上手くやろう」と切り替えて、進み続ける人がいる。 「イヤな気分」をうまく手放す 「引きずる人」と「引きずらない人」の違いは何だろう? 引きずらない人は、上手な「気持ちの切り替え方」 「気持ちを切り替えるコツ」を心得ている。 嫌な気持ちを引きずることなく、素早く切り替え、うまく手放すことが出来ている。 そしてそれは、そんなに難しいことではない。 「自転車に乗ること」と同じで、練習すれば誰にでも出来ることなのだ。 今回は 「嫌な気持ち」を切り替え、ストレスフリーで生きる 為の8つの方法をお伝えしていこう。 「嫌な気持ち」を切り替える8つの方法 「嫌な言葉」を受け取らない 嫌な気分を引きずっている人の大半が、具体的に何を引きずっているかというと、 他人から言われた「嫌な言葉」を引きずっているのである。 他人の「自分勝手」「不満」「傲慢な心」から発せられた、 「心無い悪口」「嫌味」「誹謗中傷」「理不尽な言いがかり」 それらを「真実」だと信じて受け取ってしまい「自分の価値」と結び付けてしまうから、 傷付いたり、嫌な気分を引きずってしまう。 「自分の存在価値を否定された」と感じたから、嫌な気分になってしまうのだ。 しかし、ここで断言させていただくが、 「他人の心無い言葉」と、 あなたという存在の「価値」は、何の関係もない。 他人を執拗に口撃する人間の根底にあるのは 「弱さ」である。 口では大きな事を言っていても、本当は自分で自分の事を評価していない。 自信がない。 自分が抱えている「不満」や「問題」から目を逸らすために、他人を下げる事で「心の安定」を保とうとする。 それだけなのだ。 大体、嫌な言葉を投げ付けてくる人間は、あなたにとって「大切な、尊敬できる人」だろうか? この質問をしたら、ほぼこういった答えが返ってくる。 「いいえ、全く尊敬できません!信頼もしていません!」 では、なぜそんな「くだらない人間」の言葉を受け取るのだろうか ? 相手にする必要など、ないのだ。 相手が同じ職場の人間であっても、問題ない。 仕事で関わる必要があっても「心の距離」は自分で設定できるし、 相手の言葉に反応しなければ、相手もつまらない。 くだらない相手に「自分の価値を決める権利」を明け渡す必要はない。 「自分の価値は自分で決める!」という気概を持とう。 自分の「やるべきこと」に集中する 身も蓋もない事を言ってしまえば、 「嫌な気持ち」を引きずっている人は、ある意味「ヒマな人」である。 仕事やタスクなどの「やるべきこと」があったとしても、 意識はそこに集中せずに、過去の「嫌な気持ち」の方に向いてしまっている。 そういった、身体は動いていても「精神的にヒマな状態」だと、 人は「どうでもいいこと」「嫌なこと」ばかり考えてしまうもの。 今、自分のやるべきことに集中し、適度に忙しくしていれば、 「嫌な気持ち」を引きずることはない。 こんな例がある。 「レッドツェッペリン」という、70年代を代表するロックバンドがいた。 その活動の全盛期に、ボーカルのロバート・プラントは、 不慮の事故で、幼い娘を亡くしてしまうという不幸に遭遇する。 絶望と悲しみに打ちひしがれたロバートが何をしたかというと、 彼は、始まったばかりのバンドのアルバムのレコーディングに、 ひたすら鬼気迫るような気迫と集中力を持って取り組んだ。 他のメンバーに「もっと仕事をくれ!」と発破をかけ、 自身の過去を振り払うかのように、目の前の作品作りに没頭した。 そしてその結果、傑作アルバム「プレゼンス」が生まれた。 アルバム全編に漲る異常なテンション、緊迫感、そして圧倒的な完成度。 彼は自らに降りかかった不幸を「ロックという表現」に昇華したのだ。 (この記事の最後にあるYoutubeの動画は、プレゼンス収録の「アキレス最後の戦い」という曲) シンプルに考える 「引きずるタイプの人」は、 「人間関係」や「目の前の問題」を、やたらと複雑に捉えて考える人が多い。 「問題の原因」「他人の責任」をとことん追求しないと気が済まない。 そういった思考の癖を持った人は、 物事を「シンプルに考えること」を心がけてみよう。 引きずらない人は、他人の話を充分に聞いていても、 過度に 深読みしたり、 裏を読んだり、 邪推したりすることはない。 相手の話の内容を分析し「適度に聞き流す」のが上手である。 そもそも、いくら相手の心を読んだり想像しても、 最終的にそれが真実かどうかは、 「相手にしかわからない」ということを忘れてしまっていないだろうか。 「想像」と「妄想」は、紙一重である。 相手の言うことを、あれやこれやと考え過ぎて「妄想の世界」に陥らないように、 常に自分の心を客観視するように努めていきたい。 適度な運動をする 一定の速度、リズムで呼吸を行うウォーキング、 スロージョギングなどの有酸素運動など、 適度な運動をすることで「嫌な気分が晴れる」ことは、 科学的にも証明されている。 適度な運動は、精神を安定させる脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促し、 即効性のある「気分転換」になる。 いつまでもくウジウジ、クヨクヨと不毛な時間を過ごすくらいなら、 外に出てジョギングしよう。 お気に入りのシューズ、ウェアを揃えるのも楽しい。 ちなみに、カラオケもある種の運動であり、 効果的な「気分転換」となる。 歌を唄うことで「コルチゾール」というストレスホルモンが低下することは、 科学的に証明されている。 日本でカラオケが生まれ、一大産業に発展したのは、 「ストレスフルな日本社会」という背景があったからだといえる。 良質な睡眠をとる 睡眠は、メンタルを整える上で必須の行動だが、 間違った睡眠のとり方をしてしまうと、翌日も嫌な気持ちを引きずってしまう。 「嫌な気持ちを引きずらない為のコツ」があるのだ。 人間の脳は「寝る直前」に考えていたことや、感情を強く定着させてしまう。 「嫌なことは寝て忘れろ」とよく言われるが、 「嫌な記憶」を何度も思い出しながら睡眠をとると「嫌な記憶」が脳に定着してしまう。 したがって、寝る前には「ポジティブなイメージ」を数多く脳にインプットし睡眠をとる。 そうすることで「新しい情報」が上書きされる。 ワクワクするような「嬉しいこと」「楽しいこと」を想像しながら寝よう。 人を裁くこと(ジャッジ)をやめる 嫌な気持ちを引きずる人は、 相手を責めていたり、恨んでいる状態を継続している。 自分の「価値観」から外れた相手の言動、行動が許せない。 心の中で、相手を裁いている(ジャッジしている)のだ。 責める相手が「自分自身」の場合もある。 「こんな失敗をした自分はダメだ」 「こんなこともできない自分が情けない」 この「ジャッジ」という思考はしんどい。 「ジャッジの世界」「ジャッジの人生」を生きる人は多いが、 そういった人は、顔を見ればすぐにわかる。 年齢を重ねる毎に深いシワが刻まれ、どこか苦しそうな、 苦悶するような人相になっていってしまう。 人が幸せに生きるには、 「ジャッジ」という価値観から卒業する必要がある。 ちなみに、私も昔は人を裁いて攻撃するような人間だった。 とことん利己的で狡猾な人間だったが、もうそれはやめた。 理由は単純で 「人から裁かれたくないから」である。 あなたが人を裁いている限り、あなたも人から裁かれる。 選択するのは、自分自身である。 大切なのは「善・悪」「常識・非常識」「良い・悪い」といった、 極端な「0か100か」「黒か白か」思考ではなく、 どちらにも偏らない位置、 「中道」を意識することである。 意識の視野を広げ、全てを冷静に見渡す為には、 右にも左にも偏らず、その「真ん中」にいること。 「価値観の多様性」を認め、バランスを取ること。 思いっきり片方に寄ってしまうと、 それ以外の価値観を、一切認めることができなくなるのだ。 「自分の正義」を盾に、他人を攻撃する人間になっていないだろうか? 全てを受け止め冷静に分析できるのは「中道」にいる人間である。 真ん中、中心を意識せずにいると、 「目の前のこと」をフラットな視点で見ることが出来なかったり、 物事の本質を見失ってしまいがちになる。 常に心の状態を、どちらにも偏らない「中道」に置いておきたいものだ。 好きな人と会話する 人との会話では、たくさんの「新しい情報」が生み出される。 楽しい会話をすると、「エンドルフィン」という脳内ホルモンが分泌され、 精神的な心地よさを感じることが出来る。 自分を励ましてくれたり、元気付けてくれる「前向きな人」と会話しよう。 話す相手が「ネガティブな人」だと、かえって不毛なことになるので注意。 誰かの「悪口大会」で一時的に盛り上がっても、幸せにはなれない。 日常生活においても「自分が使う言葉」には気を付けよう。 あなたが使う言葉が、あなたの思考を決めている。 前向きな人生を生きたいなら、 「ネガティブな言葉」を出来るだけ使わないように心がけよう。 あなたの大切な時間を「嫌いな人」「尊敬できない人」のために浪費するくらいなら、 自分にとって「大切な人」「尊敬できる人」と時間を過ごそう。 言い訳をやめる いつまでも自分を正当化して 「言い訳」をしている限り、 あなたの心の中で、ずっと「その出来事」が終わらない。 引きずらないためには、さっぱりとあきらめて、謝ってしまおう。 素直に謝ってしまうことで、不満やもやもやを断ち切ってしまえば、 引きずることもない。 もちろん、自分に非がない場合は話が別だが、思い当たるふしがあるなら、 言い訳をして無意味な抵抗をするよりも、 明るくあきらめて謝ってしまうほうが、 切り替えて次に進めるというものだ。 他人に、何より「自分自身」に言い訳をせず、 今、目の前のことに誠実に、真摯に向き合おう。 いかがだっただろうか? 「嫌な気持ちを切り替える方法」についてお伝えしてきたが、 練習すれば、誰にでも修得できるものである。 マインドの性質や仕組みを理解した上で取り組めば、そこまで難しいことではない。 ただ、人それぞれ「状況・環境」「抱えている悩み」は違うもの。 「自分一人の努力では難しい・・・」と感じているかもしれない。 そんな時は、 メンタルトレーナー木下空にご相談を。 今なら、期間限定で「LINE 無料人生相談」を行なっています。 腐敗した体質の元国営企業で、管理職として300人以上の部下をマネジメントした経験を持つ私から、 直接アドバイスを受けることができます。 「仕事のストレス」「職場の人間関係の悩み」「劣等感」を解決したい方は、ぜひご相談を。 30代会社員、管理職、 経営者が抱える「仕事のストレス」「事業のプレッシャー」「人間関係の問題」「折れやすいメンタル」を最短1回〜6回のセッションで解消し、「現場のマネジメント能力」「仕事で圧倒的な結果を出す能力」「目標達成能力」を修得させるメンタルトレーナー。 自身も元国営企業に17年間在籍。 大企業特有の腐った体質、政治的な駆け引き、弱肉強食の人間関係の中をゼロから這い上がり、異例のスピードで管理職に昇進。 300人以上の部下をマネジメントした経験を活かし、メンタルトレーナーとして活動を始める。 コーチングの世界的権威から学ぶなど、これまで自己投資に使った金額は1500万を超える。 あらゆる自己研鑽を重ねた末に完成させた『マネジメンタルコーチング』は、会社員が抱える悩みやコンプレックスを解消し、劇的な成長を手に入れる『唯一無二の技術』として定評がある。 よく読まれている記事• 8,800件のビュー• 6,600件のビュー• 6,300件のビュー• 6,300件のビュー• 5,600件のビュー• 3,500件のビュー• 3,300件のビュー• 2,900件のビュー• 2,100件のビュー• 2,100件のビュー カテゴリー• アーカイブ•

次の