トイレつまり ハンガー。 ハンガーを使用したトイレのつまり解消法を紹介

トイレつまり解消の料金相場|適正価格で業者に依頼するには

トイレつまり ハンガー

トイレのつまりの応急処置について まずはトイレのつまりの応急処置にはどのような方法があるのか、とても簡単なのでいざという時に実践してみてください。 道具を使う トイレのつまりの応急処置では道具を使って対処する方法があります。 道具には様々なものがありますが、一般的にはラバーカップなどが一番手っ取り早いでしょう。 とにかくつまりを取りたいのであればラバーカップを使用してください。 他にも硬い針金を使ってつまり部分を押し流すという方法もあります。 異物を流してしまった時は針金を使うと取りやすいので、流しきらずに掻き出すようにしてください。 道具を使わない トイレのつまりは道具を使わず、お湯でも解消することができます。 40度から60度の間のお湯をゆっくりと流し込むと、溶けきれなかったトイレットペーパーが溶けて流れていきます。 トイレットペーパー以外の異物にはお湯では対処できないので、トイレットペーパーが原因の時のみ応急処置として使ってみてください。 またお湯は50度が一番望ましく、沸騰するほどの熱湯は便器が割れる原因となるのでくれぐれも温度には注意しましょう。 トイレのつまりの応急処置で必要な道具 トイレのつまりの応急処置では、道具を使用するととてもスムーズに行うことができます。 どのような道具が使用できるのか、そして必要なのかも確認しておきましょう。 ラバーカップ 誰もが知っているラバーカップは「すっぽん」とも呼ばれている道具です。 ラバーカップならトイレの便器横においておくだけで、いつでもさっと使用することができます。 ラバーカップにもサイズがあるので、ご自宅のトイレの流れていく場所のサイズと合わせて購入するようにしてください。 針金ハンガー トイレのつまりでラバーカップが無い場合、針金ハンガーでも対処することができます。 針金でできたハンガーを分解し長い針金の棒にしてつまった部分に入れていくと、針金ハンガーで押し出したり掻き出したりすることができます。 トイレットペーパー以外の異物を流してしまった時にも使うことができるので、もしもご自宅に針金ハンガーがあれば分解して使ってみてください。 ゴムまたはビニール手袋と雑巾・新聞紙も必要 トイレがつまった時には、トイレのつまりを解消するための道具だけではなく、作業をするための道具も必要です。 特にゴムやビニール手袋で衛生面を保つことも大切です。 また、水が流れなくなるので洗浄水が便器から溢れ出す場合もあり、床に水がたまるため新聞紙や雑巾などで水を吸い取ることも被害を拡大させないためには必要です。 最低限作業に必要な道具もすぐに用意できるよう、まとめて準備しておきましょう。 まとめ トイレのつまりの応急処置には方法が限られていますが、限られているからこそ迷いなくできるのです。 そのためには道具なども必要となるので、万が一の時のためにも用意できるものはトイレの近くに備えておいても良いですね。 ホームセンターや100円均一などでも揃えることができるほど、手軽に手に入れられるものばかりなので、お買い物のついでに用意してみてはいかがでしょうか。 まずは、応急処置の方法もしっかりと覚えて、それから合わせて道具も準備してくださいね。 その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

次の

トイレつまり解消の料金相場|適正価格で業者に依頼するには

トイレつまり ハンガー

トイレつまりのトラブルのおもな症状 以下のような症状がみられたら、トイレがつまっている、もしくはつまりやすくなっている可能性があります。 トラブルをそのまま放置せずに修理を検討しましょう。 まずタンクの中を確認してみましょう。 タンクの中に節水用品など異物が入っていると、水の流れが悪くなる原因になるので取り除きます。 タンク内の水面が水位線より低い場合は水量不足です。 タンクの取扱説明書に従って、水量を調整してください。 水位線まで水があればタンク内の水量が原因ではなく、トイレがつまっているために水の流れが悪くなっていると考えられます。 水を流すと水位が上がってくる 水を流すと水位が上がってくるというトラブルの場合、便器の排水口や排水管がつまっている可能性が高いので注意が必要です。 しばらくすると、水が引いてくることもありますが、つまりやすくなっている状態だと考えられるので、点検や修理など早めに対処しましょう。 便器の中の水が少なく、異臭がする 便器からの異臭トラブルは、便器の排水口のつまり、もしくは排水管でつまりや通気不良が起こっている可能性が考えられます。 >> 異音がする 水を流すときに「ゴボゴボ」という音がする異音トラブルが起こることがあります。 これは排水時に空気も一緒に取り込んでいるためであり、通常は問題ないケースがほとんどです。 ただし、水の流れが悪かったり、以前にはみられなかった音である場合、排水管がつまっていることもあるので注意してください。 >> 2. トイレがつまるトラブルの原因 ではトイレのつまりのトラブルはどのようにして起こるのでしょうか。 ここではトイレの構造やつまりやすい場所、つまりの原因についてお話しします。 トイレはなぜつまる?つまりやすい場所は? トイレはカーブ状の排水路によって、便器内に水が溜まる構造になっており、この「水たまり」が下水管から上がってくるにおいや虫の侵入などを防ぐ「フタ」のような役割を果たしています。 しかし、多量のトイレットペーパーや異物が流れてくると、排水路の急なカーブを上りきれず、特に「せき」の部分などでつまりのトラブルが起こりやすくなります。 また、「せき」の部分など便器側でつまりが起こっている場合もあれば、その先の排水管でつまっているケースもあります。 つまりトラブルを引き起こす2つの原因 トイレのつまりトラブルを引き起こす原因には、大きく分けて次の2点が考えられます。 (1)水に溶けにくいものや異物を流してしまった 大量のトイレットペーパー トイレのつまりトラブルの原因として多いのがトイレットペーパー。 トイレットペーパーは水に溶ける(細かくほぐれる)ようにできていますが、一度にたくさん流してしまうと便器や排水管でつまってしまいます。 ティッシュペーパーや「流せる」シートなど ティッシュペーパーは水に溶けるように作られていませんので、水で流せても排水管などでつまるおそれがあります。 また、「トイレに流せる」とうたわれているトイレ掃除用シートや赤ちゃんのおしりふきなども大量に流すとつまりトラブルの原因になるので注意が必要です。 生理用品・おむつ 生理用品やおむつは吸水性が高い素材を使用しているので、トイレに流してしまうと水分を含んで膨張し、つまってしまいます。 ペット用トイレ砂(猫砂) ペット用トイレ砂の中には水に流せるタイプのものもありますが、大量に流すとつまりトラブルの原因になります。 できるだけトイレに流さず、通常のごみとして処理しましょう。 残飯類(食べ残し) 残飯類(食べ残し)を流すのも控えてください。 食品に含まれる油などが排水管で固まって、つまりトラブルを引き起こすことがあります。 その他異物(スマホやボールペンなどの固形物) スマートフォンや腕時計、財布、ボールペン、カイロ、タバコなどの異物を便器に落としてしまい、トイレをつまらせてしまったというケースも目立ちます。 たとえば、つまようじのような小さなものもNG。 排水管などで引っかかり、そこにトイレットペーパーや汚物が絡んでつまりトラブルの原因になることがあります。 小さなものでも異物は絶対に流さないように注意してください。 >> (2)流す水の量が少ない(洗浄水量の不足) 普段から流す水の量を減らしていたりなど、誤った節水がトイレのつまりトラブルを引き起こすこともあります。 たとえば、トイレで水を流すときは常に洗浄水量を「小」にしている、タンク内にペットボトルや節水用品を入れて水量を少なくしている場合は要注意。 水量不足によって汚物やトイレットペーパーなどが流れ切らず、排水管の中に残ってトイレがつまりやすくなります。 トイレつまりの予防策4つ トイレのつまりを防ぐために次の4点に気をつけましょう。 大量のトイレットペーパーを流さない トイレットペーパーの使用量が多い場合は数回に分けるなどして、一度に流さないこと。 ちなみに、一度に流すトイレットペーパーの量は5m程度が一般的な目安とされています。 流すなら少量にとどめるか、通常のごみとして処理するのがいいでしょう。 異物を流さない 便器の中に異物を落としてしまった場合、そのまま流してしまわないように。 落としたものが便器から見えているなら、ゴム手袋をして手で拾ってください。 食品類もつまりの原因になるので流してはいけません。 トイレットペーパー以外のものはトイレに流さないのが基本です。 誤った節水をしない(水量不足に注意する) 大便時やトイレットペーパーを流すときは洗浄水量を「大」にするなど、使用用途に対して水量が少なすぎないように注意します。 また、タンク内に節水用品を入れるのもやめましょう。 洗浄水量が不足してつまりの原因になるだけでなく、タンクの故障や破損にもつながります。 >> 3. 自分で直す?業者に頼む?判断するポイント トイレのつまりを自分で直せるのか、それとも専門業者に任せた方がいいのか、判断に迷う方も多いはず。 自分で修理するか迷っている方は、次のポイントを参考にしてみてください。 自分でつまりを直せる可能性があるケース つまりの原因がトイレットペーパーである つまりの原因がトイレットペーパーならば、これからご紹介する方法でつまりを直せることがあります。 しかし、流したものがトイレットペーパー以外の異物の場合は自分で修理するのは避け、水道修理業者に依頼してください。 無理に自分で直そうとすると、つまったものをさらに奥に押し込んでしまったり、便器や排水管を傷つけてしまうおそれがあります。 また、つまりの原因がわからない場合は排水管の経年劣化などの可能性もあるので、専門業者に調査してもらう必要があります。 水が少しずつ引いていく場合 便器内の水がゆっくりと引いていく場合は、何かがつまっているものの水の通り道があり、完全につまってはいないため、自分で直せることがあります。 トイレのつまりを直す6つの方法 では、ここからは水回りのプロがおすすめする、トイレのつまりを直す方法6つをご紹介します。 ラバーカップなどの道具を使う方法はもちろん、そうした道具を持っていない方でもできる方法もありますので、ぜひお試しください。 また、濡れた手で電源プラグに触らないようにしてください。 感電のおそれがあり、大変危険です。 修理作業中も電源プラグに水がかからないように注意しましょう。 止水栓を閉める 止水栓を閉めて、水が出ないことを確認してください(止水栓はマイナスドライバーで右回りにまわすと閉まります)。 止水栓を閉めずに修理作業を行うと、何らかの拍子でレバーが動いたときに、水が流れて便器からあふれてしまうおそれがあるので、必ず閉めてください。 止水栓は給水管でタンクとつながっており、壁や床に付いています(温水洗浄便座の止水栓と間違えないように注意してください)。 トイレつまりの直し方(道具なしできる方法) 直し方その1:バケツで水を流す バケツ(ペットボトルでも可)を使い、便器の排水口に向けて水を流し込むことで水の流れや水圧によって、つまりを解消する方法です。 1 少し高めの位置から排水口にピンポイントで水を流します。 このとき、一度に大量の水を流してしまうと、便器から水があふれる可能性があるので注意してください。 2 スムーズに排水され、水位が正常に保たれるようになるまで、これを数回繰り返します。 直し方その2:お湯を流す トイレットペーパーのように本来水に溶けるものがつまっている場合に有効です。 お湯を入れることでトイレットペーパーを溶けやすくして、つまりを取り除きます。 1 便器の排水口に向けて、バケツでお湯を流し込みます。 2 数回にわたってお湯を流したら、1時間ほど置いて様子を見ます。 その後、バケツで水を流し、スムーズに排水されるか、水位が正常に保たれるようになったかを確認します。 【注意!】熱湯はNG 多くの便器は陶器でできているので熱湯をかけると便器が傷んだり、割れてしまうことがあります。 直し方その3:重曹や酢(クエン酸)を使う 重曹や酢(クエン酸)による洗浄力でつまりを取り除く方法です。 重曹や酢(クエン酸)を混ぜると炭酸ガスの泡が発生し、便や尿石などの汚れやぬめりを落とす効果があるため、トイレに流すことでつまりが解消されることがあります。 ただし、つまりの症状がひどいケースや、スマートフォンや子どものおもちゃなど固形物がつまっている場合は効果がありませんので注意しましょう。 1 便器の排水口に重曹をふりかけます。 2 次に、酢(またはクエン酸)を入れます。 3 お湯を入れて泡立ってきたら、そのままの状態で1時間ほど置きます。 4 バケツで水を流し、スムーズに排水されるようになれば、つまりが解消された証拠です。 トイレつまりの直し方(道具を使う方法) 直し方その4:ラバーカップを使う トイレつまりの解消法として最も一般的なのが、ラバーカップ(吸引カップ)を使う方法です。 ラバーカップは「スッポン」などの通称でも呼ばれている、長い柄にゴムでできたカップ状の吸引器具が付いた道具で、トイレやキッチンなどの排水口のつまりを解消するのに使います。 軽度のつまりならラバーカップで解消できるケースが多いので、お持ちでない場合は用意しておくことをおすすめします。 ラバーカップは、ホームセンターなどで1000円前後で購入できます。 ラバーカップの選び方 ラバーカップは用途や便器のタイプによって、種類が異なります。 おもに3種類に分けられ、カップの底が平らになっている和式トイレやキッチンなどの排水口用、カップの底が出っ張っている洋式トイレ用のほか、節水型トイレなどの形が複雑な排水口にもフィットするように「ツバ」が付いたタイプもあります。 ラバーカップを購入するときは事前によく確認し、ご家庭のトイレに適した種類を選ぶことが重要です。 1 便器の水位を確認する 出典: 便器の水位が高い状態でラバーカップを入れると、汚水があふれるおそれがあります。 灯油ポンプなどを使って水を排出し、水位が便器の上面から10㎝程度低くなるようにします。 反対に、水が少なくてもラバーカップの効果が出ませんので、水位が低い場合はバケツで水を足しておきます。 ビニールシートの中心に穴を開け、ラバーカップの柄を通したら便器をビニールシートで覆います。 3 ラバーカップを排水口に押し込む 出典: 便器の排水口にラバーカップをゆっくり押し込んで密着させたら、勢いよく引っ張り上げます。 スムーズに排水されるようになるまで、これを数回繰り返します。 4 バケツで水を流す 出典: つまりが取れたようであればバケツでゆっくり水を流し、スムーズに排水されるか確認しましょう。 このとき、いきなりタンクの水を流さないようにすること。 タンクからだと水量を調節できず、一気に水が流れるので、つまりが解消されていないと、便器から水があふれてしまう可能性があるので注意してください。 水が流れるようにであれば、つまりが解消されたと考えられます。 >> 直し方その4:真空式パイプクリーナーを使う ラバーカップよりも吸引する力が強力なのが真空式パイプクリーナーです。 吸引カップにポンプが付いており、強い吸引力と押し下げる圧力でつまりを解消します。 洗面台などの排水口やトイレなど用途によってサイズが異なる場合があるので、購入時によく確認してください。 洋式トイレに使うなら大型タイプを選びましょう。 真空式パイプクリーナーはホームセンターなどで2000円程度で購入できます。 1 ラバーカップと同様に、便器に水がある状態で使います。 水の量が多ければ灯油ポンプなどで水を捨て、少なければバケツで水を足して、吸引カップが隠れる程度に調節します。 2 便器の中に入れる前に、空中でパイプクリーナーのハンドルを押します。 3 すき間ができないように排水口にカップを密着させたらハンドルを勢いよく引きます。 4 一度でつまりが取れない場合はこれを数回繰り返します。 水の中でハンドルを押すと水がはねるので、ハンドルを押すときは水の外に出してからゆっくり押すようにしてください。 直し方その5:ワイヤー式トイレクリーナーを使う ワイヤー式トイレクリーナーとは排水管の内部を掃除する道具です。 ワイヤーの先端で汚物や異物を押し流したり、引っ掛けてつまりの原因を取り除きます。 ワイヤー式トイレクリーナーは2000~3000円程度で購入できます。 1 排水口に先端部を差し込み、ハンドルを回しながら押し下げていきます。 2 ワイヤーが入りにくくなったら、つまりが発生している部分だと考えられます。 無理に押し込まず、ハンドルを回して、ワイヤーの先端部を回転させます。 汚物なら押し流し、異物であれば先端部で引っ掛けて取り出します。 一般的な家庭用の液体パイプクリーナー(排水口用洗剤)は、浴室や台所などの排水口のヌメリやにおい、つまりを防止するためのものです。 髪の毛などのタンパク質は分解できますが、トイレットペーパーなどを溶かす作用ななく、トイレのつまりを解消する効果はありません(そもそも、水道修理業者が使う業務用のパイプクリーナーとは薬品などが異なります)。 また、パイプクリーナーの中には熱を発することで物質を溶解するタイプがありますが、便器や排水管などを傷めるおそれがあるので使用するのは控えましょう。 このような場合、自分で直すことはできません。 つまりがすぐに直らない、または原因がわからない場合は、早めに水道修理業者などプロに任せるのが確実で安心です。 失敗しない水道修理業者の選び方 いざ業者に修理を依頼しようとしても、どこに頼めばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは信頼できる業者を選ぶポイントや注意点についてお話しします。 業者の選び方5つのチェックポイント 信頼できる業者を選ぶために、次のポイントをチェックしておきましょう。 修理前に見積りを出してくれるか。 各自治体が認定する「水道局指定工事店」か。 「給水装置工事事業者」などの資格を持っているか。 こんな業者は要注意! 水道修理業者の中には悪質な業者も多くいます。 次のポイントに当てはまる場合は要注意です。 水道局の職員や水道局からの依頼と称して工事を行い、修理代を請求する。 業者とのトラブルを防ぐための注意点 トラブルを防ぐために、業者に修理を依頼するときは以下の点に注意しましょう。 修理前に必ず正確な見積りを出してもらう。 工事内容や料金をしっかり確認する。 高額だと思う場合は他社に聞いたり、見積りを比較するなど契約は慎重に。 不審だと感じたら、水道局や各自治体の消費者センターなどに相談する。 費用や時間はどれくらいかかる? では実際に業者に頼むと費用や時間はどれくらいかかるのでしょうか。 以下に目安となる費用や価格をまとめました。 ただし、業者やつまりの症状によって費用や時間は変わってくるので、申込時によく確認しましょう。 修理費の目安 トイレつまりの修理を業者に依頼した場合、基本料金+作業費+材料費といった費用がかかり、基本料金は5000~8000円が相場となっています。 便器の取り外し・交換といった大掛かりな工事になると、数万円かかります。 また、業者によっては見積り料、出張費、夜間休日料金が別途かかるケースもあるので注意しましょう。 修理にかかる時間の目安 修理にかかる時間はつまりの症状や程度によって変わりますが、軽度であれば30分~1時間程度で済む場合も。 一方で、便器の取り外しや排水管の修理など大がかりな工事になると、数時間はかかってしまいます。 トイレつまりの修理なら水道救急センターが安心! 便器のつまりなどトイレのトラブルでお困りの方は、水道救急センターにぜひご相談ください。 スピーディーな対応と安心の料金設定、豊富な技術と経験でトラブルに対応いたします。 水道救急センターが安心な9つの理由 安心の理由1 お見積り無料 お見積り・点検、出張費は無料。 もちろんお見積りに納得いただけなければ、その場でキャンセル可能です。 安心の理由2 年中無休24時間365日受付 トイレのつまりなど急なトラブルにいつでも対応できるよう、24時間365日年中無休でご依頼を受け付けております。 安心の理由3 最短30分・即日修理が可能 急なご依頼もお任せください。 各エリアに配置した担当者が最速30分で現場に駆けつけ、修理いたします。 安心の理由4 納得の安心価格 作業前に料金や工事内容を丁寧に説明し、お客様がお見積りに納得いただいてから作業に入ります。 事前に料金が明確にわかるので安心! また、夜間休日料金も発生しませんので、いつでもお気軽にご依頼ください。 >> 安心の理由5 34万件の豊富な実績 作業実績は34万件以上! 高い技術力と丁寧なサービスで多くのお客様にご満足いただいております。 安心の理由6 信頼の「水道局指定工事店」 当社は各自治体の水道局から認定された「水道局指定工事店」です。 適切な水道工事を行える業者として認められており、なおかつ会社の身元が明確なので安心してご利用いただけます。 また、国家資格である「給水装置工事主任技術者」や「一級建築士」の資格も保有しており、水回りのトラブル全般に対応できます。 >> 安心の理由7 笑顔で丁寧な対応、清潔でマナーあるスタッフ 丁寧な対応や笑顔、清潔感といった接客マナーを心得た、経験豊富なスタッフがお伺いします。 安心の理由8 PL保険加入店 お客様に安心・安全なサービスをご提供するため、万が一のアクシデントをカバーする「PL保険(生産物賠償責任保険)」に加入しております。 安心の理由9 アフターフォローも万全 修理後も安心してお使いいただけるよう、メンテナンス方法などをご案内し、トラブル再発防止までサポートいたします。 <参考>• 「ラバーカップの使い方」テラモト• 「トイレの便器の詰まり」DIYCITY• 「悪質な水道修理業者にご注意を!!」東京都水道局 くらしと水道• 「トイレのトラブル解決」TOTO• 「トイレがつまったときは」一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会• 一般社団法人 日本レストルーム工業会• 「便器が詰まったとき」Panasonic•

次の

トイレつまりで道具なしならペットボトルやハンガーで直してみよう!

トイレつまり ハンガー

トイレつまりのトラブルのおもな症状 以下のような症状がみられたら、トイレがつまっている、もしくはつまりやすくなっている可能性があります。 トラブルをそのまま放置せずに修理を検討しましょう。 まずタンクの中を確認してみましょう。 タンクの中に節水用品など異物が入っていると、水の流れが悪くなる原因になるので取り除きます。 タンク内の水面が水位線より低い場合は水量不足です。 タンクの取扱説明書に従って、水量を調整してください。 水位線まで水があればタンク内の水量が原因ではなく、トイレがつまっているために水の流れが悪くなっていると考えられます。 水を流すと水位が上がってくる 水を流すと水位が上がってくるというトラブルの場合、便器の排水口や排水管がつまっている可能性が高いので注意が必要です。 しばらくすると、水が引いてくることもありますが、つまりやすくなっている状態だと考えられるので、点検や修理など早めに対処しましょう。 便器の中の水が少なく、異臭がする 便器からの異臭トラブルは、便器の排水口のつまり、もしくは排水管でつまりや通気不良が起こっている可能性が考えられます。 >> 異音がする 水を流すときに「ゴボゴボ」という音がする異音トラブルが起こることがあります。 これは排水時に空気も一緒に取り込んでいるためであり、通常は問題ないケースがほとんどです。 ただし、水の流れが悪かったり、以前にはみられなかった音である場合、排水管がつまっていることもあるので注意してください。 >> 2. トイレがつまるトラブルの原因 ではトイレのつまりのトラブルはどのようにして起こるのでしょうか。 ここではトイレの構造やつまりやすい場所、つまりの原因についてお話しします。 トイレはなぜつまる?つまりやすい場所は? トイレはカーブ状の排水路によって、便器内に水が溜まる構造になっており、この「水たまり」が下水管から上がってくるにおいや虫の侵入などを防ぐ「フタ」のような役割を果たしています。 しかし、多量のトイレットペーパーや異物が流れてくると、排水路の急なカーブを上りきれず、特に「せき」の部分などでつまりのトラブルが起こりやすくなります。 また、「せき」の部分など便器側でつまりが起こっている場合もあれば、その先の排水管でつまっているケースもあります。 つまりトラブルを引き起こす2つの原因 トイレのつまりトラブルを引き起こす原因には、大きく分けて次の2点が考えられます。 (1)水に溶けにくいものや異物を流してしまった 大量のトイレットペーパー トイレのつまりトラブルの原因として多いのがトイレットペーパー。 トイレットペーパーは水に溶ける(細かくほぐれる)ようにできていますが、一度にたくさん流してしまうと便器や排水管でつまってしまいます。 ティッシュペーパーや「流せる」シートなど ティッシュペーパーは水に溶けるように作られていませんので、水で流せても排水管などでつまるおそれがあります。 また、「トイレに流せる」とうたわれているトイレ掃除用シートや赤ちゃんのおしりふきなども大量に流すとつまりトラブルの原因になるので注意が必要です。 生理用品・おむつ 生理用品やおむつは吸水性が高い素材を使用しているので、トイレに流してしまうと水分を含んで膨張し、つまってしまいます。 ペット用トイレ砂(猫砂) ペット用トイレ砂の中には水に流せるタイプのものもありますが、大量に流すとつまりトラブルの原因になります。 できるだけトイレに流さず、通常のごみとして処理しましょう。 残飯類(食べ残し) 残飯類(食べ残し)を流すのも控えてください。 食品に含まれる油などが排水管で固まって、つまりトラブルを引き起こすことがあります。 その他異物(スマホやボールペンなどの固形物) スマートフォンや腕時計、財布、ボールペン、カイロ、タバコなどの異物を便器に落としてしまい、トイレをつまらせてしまったというケースも目立ちます。 たとえば、つまようじのような小さなものもNG。 排水管などで引っかかり、そこにトイレットペーパーや汚物が絡んでつまりトラブルの原因になることがあります。 小さなものでも異物は絶対に流さないように注意してください。 >> (2)流す水の量が少ない(洗浄水量の不足) 普段から流す水の量を減らしていたりなど、誤った節水がトイレのつまりトラブルを引き起こすこともあります。 たとえば、トイレで水を流すときは常に洗浄水量を「小」にしている、タンク内にペットボトルや節水用品を入れて水量を少なくしている場合は要注意。 水量不足によって汚物やトイレットペーパーなどが流れ切らず、排水管の中に残ってトイレがつまりやすくなります。 トイレつまりの予防策4つ トイレのつまりを防ぐために次の4点に気をつけましょう。 大量のトイレットペーパーを流さない トイレットペーパーの使用量が多い場合は数回に分けるなどして、一度に流さないこと。 ちなみに、一度に流すトイレットペーパーの量は5m程度が一般的な目安とされています。 流すなら少量にとどめるか、通常のごみとして処理するのがいいでしょう。 異物を流さない 便器の中に異物を落としてしまった場合、そのまま流してしまわないように。 落としたものが便器から見えているなら、ゴム手袋をして手で拾ってください。 食品類もつまりの原因になるので流してはいけません。 トイレットペーパー以外のものはトイレに流さないのが基本です。 誤った節水をしない(水量不足に注意する) 大便時やトイレットペーパーを流すときは洗浄水量を「大」にするなど、使用用途に対して水量が少なすぎないように注意します。 また、タンク内に節水用品を入れるのもやめましょう。 洗浄水量が不足してつまりの原因になるだけでなく、タンクの故障や破損にもつながります。 >> 3. 自分で直す?業者に頼む?判断するポイント トイレのつまりを自分で直せるのか、それとも専門業者に任せた方がいいのか、判断に迷う方も多いはず。 自分で修理するか迷っている方は、次のポイントを参考にしてみてください。 自分でつまりを直せる可能性があるケース つまりの原因がトイレットペーパーである つまりの原因がトイレットペーパーならば、これからご紹介する方法でつまりを直せることがあります。 しかし、流したものがトイレットペーパー以外の異物の場合は自分で修理するのは避け、水道修理業者に依頼してください。 無理に自分で直そうとすると、つまったものをさらに奥に押し込んでしまったり、便器や排水管を傷つけてしまうおそれがあります。 また、つまりの原因がわからない場合は排水管の経年劣化などの可能性もあるので、専門業者に調査してもらう必要があります。 水が少しずつ引いていく場合 便器内の水がゆっくりと引いていく場合は、何かがつまっているものの水の通り道があり、完全につまってはいないため、自分で直せることがあります。 トイレのつまりを直す6つの方法 では、ここからは水回りのプロがおすすめする、トイレのつまりを直す方法6つをご紹介します。 ラバーカップなどの道具を使う方法はもちろん、そうした道具を持っていない方でもできる方法もありますので、ぜひお試しください。 また、濡れた手で電源プラグに触らないようにしてください。 感電のおそれがあり、大変危険です。 修理作業中も電源プラグに水がかからないように注意しましょう。 止水栓を閉める 止水栓を閉めて、水が出ないことを確認してください(止水栓はマイナスドライバーで右回りにまわすと閉まります)。 止水栓を閉めずに修理作業を行うと、何らかの拍子でレバーが動いたときに、水が流れて便器からあふれてしまうおそれがあるので、必ず閉めてください。 止水栓は給水管でタンクとつながっており、壁や床に付いています(温水洗浄便座の止水栓と間違えないように注意してください)。 トイレつまりの直し方(道具なしできる方法) 直し方その1:バケツで水を流す バケツ(ペットボトルでも可)を使い、便器の排水口に向けて水を流し込むことで水の流れや水圧によって、つまりを解消する方法です。 1 少し高めの位置から排水口にピンポイントで水を流します。 このとき、一度に大量の水を流してしまうと、便器から水があふれる可能性があるので注意してください。 2 スムーズに排水され、水位が正常に保たれるようになるまで、これを数回繰り返します。 直し方その2:お湯を流す トイレットペーパーのように本来水に溶けるものがつまっている場合に有効です。 お湯を入れることでトイレットペーパーを溶けやすくして、つまりを取り除きます。 1 便器の排水口に向けて、バケツでお湯を流し込みます。 2 数回にわたってお湯を流したら、1時間ほど置いて様子を見ます。 その後、バケツで水を流し、スムーズに排水されるか、水位が正常に保たれるようになったかを確認します。 【注意!】熱湯はNG 多くの便器は陶器でできているので熱湯をかけると便器が傷んだり、割れてしまうことがあります。 直し方その3:重曹や酢(クエン酸)を使う 重曹や酢(クエン酸)による洗浄力でつまりを取り除く方法です。 重曹や酢(クエン酸)を混ぜると炭酸ガスの泡が発生し、便や尿石などの汚れやぬめりを落とす効果があるため、トイレに流すことでつまりが解消されることがあります。 ただし、つまりの症状がひどいケースや、スマートフォンや子どものおもちゃなど固形物がつまっている場合は効果がありませんので注意しましょう。 1 便器の排水口に重曹をふりかけます。 2 次に、酢(またはクエン酸)を入れます。 3 お湯を入れて泡立ってきたら、そのままの状態で1時間ほど置きます。 4 バケツで水を流し、スムーズに排水されるようになれば、つまりが解消された証拠です。 トイレつまりの直し方(道具を使う方法) 直し方その4:ラバーカップを使う トイレつまりの解消法として最も一般的なのが、ラバーカップ(吸引カップ)を使う方法です。 ラバーカップは「スッポン」などの通称でも呼ばれている、長い柄にゴムでできたカップ状の吸引器具が付いた道具で、トイレやキッチンなどの排水口のつまりを解消するのに使います。 軽度のつまりならラバーカップで解消できるケースが多いので、お持ちでない場合は用意しておくことをおすすめします。 ラバーカップは、ホームセンターなどで1000円前後で購入できます。 ラバーカップの選び方 ラバーカップは用途や便器のタイプによって、種類が異なります。 おもに3種類に分けられ、カップの底が平らになっている和式トイレやキッチンなどの排水口用、カップの底が出っ張っている洋式トイレ用のほか、節水型トイレなどの形が複雑な排水口にもフィットするように「ツバ」が付いたタイプもあります。 ラバーカップを購入するときは事前によく確認し、ご家庭のトイレに適した種類を選ぶことが重要です。 1 便器の水位を確認する 出典: 便器の水位が高い状態でラバーカップを入れると、汚水があふれるおそれがあります。 灯油ポンプなどを使って水を排出し、水位が便器の上面から10㎝程度低くなるようにします。 反対に、水が少なくてもラバーカップの効果が出ませんので、水位が低い場合はバケツで水を足しておきます。 ビニールシートの中心に穴を開け、ラバーカップの柄を通したら便器をビニールシートで覆います。 3 ラバーカップを排水口に押し込む 出典: 便器の排水口にラバーカップをゆっくり押し込んで密着させたら、勢いよく引っ張り上げます。 スムーズに排水されるようになるまで、これを数回繰り返します。 4 バケツで水を流す 出典: つまりが取れたようであればバケツでゆっくり水を流し、スムーズに排水されるか確認しましょう。 このとき、いきなりタンクの水を流さないようにすること。 タンクからだと水量を調節できず、一気に水が流れるので、つまりが解消されていないと、便器から水があふれてしまう可能性があるので注意してください。 水が流れるようにであれば、つまりが解消されたと考えられます。 >> 直し方その4:真空式パイプクリーナーを使う ラバーカップよりも吸引する力が強力なのが真空式パイプクリーナーです。 吸引カップにポンプが付いており、強い吸引力と押し下げる圧力でつまりを解消します。 洗面台などの排水口やトイレなど用途によってサイズが異なる場合があるので、購入時によく確認してください。 洋式トイレに使うなら大型タイプを選びましょう。 真空式パイプクリーナーはホームセンターなどで2000円程度で購入できます。 1 ラバーカップと同様に、便器に水がある状態で使います。 水の量が多ければ灯油ポンプなどで水を捨て、少なければバケツで水を足して、吸引カップが隠れる程度に調節します。 2 便器の中に入れる前に、空中でパイプクリーナーのハンドルを押します。 3 すき間ができないように排水口にカップを密着させたらハンドルを勢いよく引きます。 4 一度でつまりが取れない場合はこれを数回繰り返します。 水の中でハンドルを押すと水がはねるので、ハンドルを押すときは水の外に出してからゆっくり押すようにしてください。 直し方その5:ワイヤー式トイレクリーナーを使う ワイヤー式トイレクリーナーとは排水管の内部を掃除する道具です。 ワイヤーの先端で汚物や異物を押し流したり、引っ掛けてつまりの原因を取り除きます。 ワイヤー式トイレクリーナーは2000~3000円程度で購入できます。 1 排水口に先端部を差し込み、ハンドルを回しながら押し下げていきます。 2 ワイヤーが入りにくくなったら、つまりが発生している部分だと考えられます。 無理に押し込まず、ハンドルを回して、ワイヤーの先端部を回転させます。 汚物なら押し流し、異物であれば先端部で引っ掛けて取り出します。 一般的な家庭用の液体パイプクリーナー(排水口用洗剤)は、浴室や台所などの排水口のヌメリやにおい、つまりを防止するためのものです。 髪の毛などのタンパク質は分解できますが、トイレットペーパーなどを溶かす作用ななく、トイレのつまりを解消する効果はありません(そもそも、水道修理業者が使う業務用のパイプクリーナーとは薬品などが異なります)。 また、パイプクリーナーの中には熱を発することで物質を溶解するタイプがありますが、便器や排水管などを傷めるおそれがあるので使用するのは控えましょう。 このような場合、自分で直すことはできません。 つまりがすぐに直らない、または原因がわからない場合は、早めに水道修理業者などプロに任せるのが確実で安心です。 失敗しない水道修理業者の選び方 いざ業者に修理を依頼しようとしても、どこに頼めばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは信頼できる業者を選ぶポイントや注意点についてお話しします。 業者の選び方5つのチェックポイント 信頼できる業者を選ぶために、次のポイントをチェックしておきましょう。 修理前に見積りを出してくれるか。 各自治体が認定する「水道局指定工事店」か。 「給水装置工事事業者」などの資格を持っているか。 こんな業者は要注意! 水道修理業者の中には悪質な業者も多くいます。 次のポイントに当てはまる場合は要注意です。 水道局の職員や水道局からの依頼と称して工事を行い、修理代を請求する。 業者とのトラブルを防ぐための注意点 トラブルを防ぐために、業者に修理を依頼するときは以下の点に注意しましょう。 修理前に必ず正確な見積りを出してもらう。 工事内容や料金をしっかり確認する。 高額だと思う場合は他社に聞いたり、見積りを比較するなど契約は慎重に。 不審だと感じたら、水道局や各自治体の消費者センターなどに相談する。 費用や時間はどれくらいかかる? では実際に業者に頼むと費用や時間はどれくらいかかるのでしょうか。 以下に目安となる費用や価格をまとめました。 ただし、業者やつまりの症状によって費用や時間は変わってくるので、申込時によく確認しましょう。 修理費の目安 トイレつまりの修理を業者に依頼した場合、基本料金+作業費+材料費といった費用がかかり、基本料金は5000~8000円が相場となっています。 便器の取り外し・交換といった大掛かりな工事になると、数万円かかります。 また、業者によっては見積り料、出張費、夜間休日料金が別途かかるケースもあるので注意しましょう。 修理にかかる時間の目安 修理にかかる時間はつまりの症状や程度によって変わりますが、軽度であれば30分~1時間程度で済む場合も。 一方で、便器の取り外しや排水管の修理など大がかりな工事になると、数時間はかかってしまいます。 トイレつまりの修理なら水道救急センターが安心! 便器のつまりなどトイレのトラブルでお困りの方は、水道救急センターにぜひご相談ください。 スピーディーな対応と安心の料金設定、豊富な技術と経験でトラブルに対応いたします。 水道救急センターが安心な9つの理由 安心の理由1 お見積り無料 お見積り・点検、出張費は無料。 もちろんお見積りに納得いただけなければ、その場でキャンセル可能です。 安心の理由2 年中無休24時間365日受付 トイレのつまりなど急なトラブルにいつでも対応できるよう、24時間365日年中無休でご依頼を受け付けております。 安心の理由3 最短30分・即日修理が可能 急なご依頼もお任せください。 各エリアに配置した担当者が最速30分で現場に駆けつけ、修理いたします。 安心の理由4 納得の安心価格 作業前に料金や工事内容を丁寧に説明し、お客様がお見積りに納得いただいてから作業に入ります。 事前に料金が明確にわかるので安心! また、夜間休日料金も発生しませんので、いつでもお気軽にご依頼ください。 >> 安心の理由5 34万件の豊富な実績 作業実績は34万件以上! 高い技術力と丁寧なサービスで多くのお客様にご満足いただいております。 安心の理由6 信頼の「水道局指定工事店」 当社は各自治体の水道局から認定された「水道局指定工事店」です。 適切な水道工事を行える業者として認められており、なおかつ会社の身元が明確なので安心してご利用いただけます。 また、国家資格である「給水装置工事主任技術者」や「一級建築士」の資格も保有しており、水回りのトラブル全般に対応できます。 >> 安心の理由7 笑顔で丁寧な対応、清潔でマナーあるスタッフ 丁寧な対応や笑顔、清潔感といった接客マナーを心得た、経験豊富なスタッフがお伺いします。 安心の理由8 PL保険加入店 お客様に安心・安全なサービスをご提供するため、万が一のアクシデントをカバーする「PL保険(生産物賠償責任保険)」に加入しております。 安心の理由9 アフターフォローも万全 修理後も安心してお使いいただけるよう、メンテナンス方法などをご案内し、トラブル再発防止までサポートいたします。 <参考>• 「ラバーカップの使い方」テラモト• 「トイレの便器の詰まり」DIYCITY• 「悪質な水道修理業者にご注意を!!」東京都水道局 くらしと水道• 「トイレのトラブル解決」TOTO• 「トイレがつまったときは」一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会• 一般社団法人 日本レストルーム工業会• 「便器が詰まったとき」Panasonic•

次の