上沼 恵美子 の おしゃべり クッキング スペアリブ。 上沼恵美子のおしゃべりクッキング

価格.com

上沼 恵美子 の おしゃべり クッキング スペアリブ

大阪あべの辻調理専門学校の先生が女性MCに作り方を教えていた、お弁当のおかずにもぴったりの牛肉料理。 試食したMCは 「おいしいですね、安心する味」 と、絶賛し、ゲストの俳優も喜び笑顔で食べていた。 (3)えのきを牛肉に巻いて、片栗粉をつけて軽く握っておく。 (4)トマトケチャップ、砂糖、ウスターソース、塩、水、レモン汁を混ぜ合わせる。 (5)油をひいたフライパンにえのきを巻いた肉を並べて入れる。 (6)牛肉の油だでて、焼けてきたらいったんフライパンから取り出す。 (7)同じフライパンにさきほどまぜ合わせた調味料を入れる。 (8)調味料が沸いてきたら火を弱めて、水溶き片栗粉を少量すぐに混ぜる。 (まだ流れるぐらいの濃度) (9)ごま油を入れる。 (10)牛肉を入れてタレとからめたら出来上がり。 調理人:宮崎耕一 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 大阪あべの辻調理師専門学校の濱本良司が番組MCCに教えていた、牛肉メニュー。 ミンチ肉を使うことで、簡単にフライパンで調理出来る角煮だという。 試食した男性タレントは、牛肉の角煮を食べて 「角煮ですね」 と、豚肉にも負けない味を楽しんでいた。 (2)ネギ・長イモ・しょうが・にんにく・片栗粉・酒・醤油を加えて、柔らかくふっくらとしたミンチに仕上げる。 (3)タネをクッキングシートの上に乗せて、四角形に成形する。 (4)フライパンに少しの油を入れてよく広げる。 (5)油の上にクッキングシートをひっくり返してフライパンにタネを入れる。 (6)中火でゆっくり焼き上げて、ある程度火が通ったらひっくり返す。 (7)約8分焼いたら火をとめて、温かいまま切ると肉汁が出て型も崩れてしまうので、トレイに取り出してよく冷ます。 (8)四角形の角煮状に切ったら、またトレに戻す。 (9)鍋に、だし・砂糖・みりん・酒・醤油を加えて混ぜる。 (10)混ぜたら牛肉・イチョウ切りのレンコン、インゲンを入れて、崩れないように中火弱で10分煮込んでいく。 (11)10分間煮たら、水溶き片栗粉を入れて味をからませやすくして全体にからませれば完成!適量のからしをつけて食べるとよい。 調理人:濱本良司 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 冬の定番、鍋の後に余りがちな旬の甘い白菜を使って、素材の味を活かしたレシピ。 鶏のしっとりさと白菜の食感をゲストは絶賛していた。 (2)水の入った鍋の中に、長ネギ、しょうが、酒を入れる。 (3)沸騰してきたら鶏肉を入れて、沸騰するかしないかの状態をキープして弱火で15分茹でる。 (4)15分茹でたら鶏肉を取り出し、水で油を洗い流して水分を切る。 (5)半分に切ってから、5ミリ程度の食べやすい大きさに切っていく。 (6)茹で汁を軽量カップに300cc分移す。 (7)葉っぱと軸に分けて5ミリ程度に切った白菜と、切り込みを入れた椎茸を用意。 椎茸は切り込みを入れた後、切り込みと交差するように細かく切る。 (8)長ネギは多めに切り、しょうがと干しえびは細かく切っておく。 (9)味のポイントになる白粒コショウは、粗挽きにして使いたいので包丁の腹やボウルの底で潰す。 (10)油を引いた鍋に、椎茸を入れて中火で軽く炒め、白菜を芯の部分を加える。 (11)白菜の緑の部分がしんなりしてきたら、干しえび・しょうがを加え、白菜の葉の部分とネギを加える。 (12)火を全体に通したら、潰した白粒コショウを入れて、火を強火にし、お酒と鶏の茹で汁を入れる。 (13)汁がグツグツ言ってきたら塩と砂糖で味をつけて、鶏肉・ごま油を入れてからめれば完成!• ・ 大根やこんにゃくと相性バツグンだという「練り味噌」で味わう一品を調理師専門学校の先生が教えていた。 味噌はサバの水煮を使い、コクをつけるという。 「サバが入るとは…これは良いこと聞きました」 と、女性MCは感心していた。 また料理を試食した女性MCは 「これはちょっと…このお味噌、先生売れますね!」 と、再度味噌を褒めていた。 厚めにむくことで中までやわらかくなる。 (2)切り込みを半分ほどの深さまで入れる。 ひっくり返し、今度はそれと直角の向きになるように切り込みを入れる。 (3)こんにゃくに裏表細かく切り込みを入れ、棒状に切る。 (4)こんにゃくを1分ほど湯通し、ザルにあけ水分を蒸気とともに飛ばす。 (5)水に昆布を入れ、だしをとり、薄口しょうゆを入れる。 (6)5に大根、こんにゃくを入れ、落し蓋をして50分ほどことこと煮る。 (練りみそ作り) (7)白みそ、赤みそ、卵黄、砂糖を混ぜる。 (8)混ざってきたところでみりん、酒を少しづつ混ぜていく。 (9)練りみその中にさばの水煮を入れる。 こうすることでコクがつく。 (10)とろみがつくまで中火であたためる。 (仕上げ) (11)具材を上げ、だしをかけ、練りみそをかけ、おろししょうがを加えて完成。 調理人:濱本良司 食物種:ふろふき大根 情報タイプ:レシピ URL:• ・ ジャガイモを使った冬定番のスープ。 寒い時期のスープはとろみがあった方が温かさが伝わるとの事で、ジャガイモを使っているという。 とろみは若干つく程度だが、ホクホク感が出るとの事。 調理師専門学校の先生が手順を教えていた。 試食していたゲストの女性歌手は 「う〜ん、おいしい。 素晴らしい!オニオングラタンスープって普通のスープと違って主菜っていうんですか、パンの魅力、チーズの魅力」 と笑顔で話していた。 ・シンプルなスープなので20分煮込んでいる間はしっかりアクを取る。 <材料> ・玉ねぎ…400g ・ジャガイモ…200g ・ブイヨン…1. 2リットル ・バゲット(1cmの厚さ)…8枚 ・溶けるタイプのチーズ…50g ・卵…2個 ・塩…適量 ・コショウ…適量 ・油…適量 ・溶けるタイプのチーズ…50g <作り方> 1. 玉ねぎを薄切りにし、じゃがいもは1cm角の大きさに切る。 鍋にサラダ油を入れ、あめ色になるまでじっくり玉ねぎを炒める。 (かさが多いときは塩を加えると早く炒めることができる。 ) 3. 十分あめ色になったら、ジャガイモとブイヨンを加え、塩、コショウを入れてアクを取りながら中火弱で約20分煮込む。 バゲットをトースターに並べ、キツネ色になったら取り出す。 スープを器に入れたら、バゲット2つとチーズをのせてオーブンで5分ほど焼く。 最後に溶いた卵をかけて出来上がり。 調理人:若林知人 食物種:オニオングラタンスープ 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 大阪あべの辻調理師専門学校の講師・宮崎耕一が調理しながら教えていた、冬の定番レシピ。 完成品を食べた出演者らは、 「おいしい、どうしてくれるんですか」 「柔らかいし、芯まで味がしみてる」 と大満足だった。 ・スペアリブは照りが出るまで煮つめてコクを出す。 (2)玉ねぎ、にんにく、しょうがを中火で、玉ねぎが透明になるまで炒め、透明になったら麦みそと油を加え炒め、酒を加えひと沸かしさせ、お湯としょうゆ、オイスターソース、砂糖、こしょうを加える。 (3)(2)にさっき焼いたスペアリブをいれ、アクを取りながら中火強で20分煮る。 (4)20分煮たら、長ねぎを入れ、さらに20分煮る。 (5)20分後グツグツいったら、ごま油を入れ、焦げ付きにくくする。 (6)お皿にもって、出来上がり。 (7)トウバンジャンを炒めたものにつけて食べると、また違った味が楽しめる。 調理人:宮崎耕一 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 大阪あべの辻調理師専門学校の講師・濱本良司が調理しながら教えていた、心も体も温まるレシピ。 完成品を食べた出演者らは、 「おいしすぎる〜!」 「おおおおおい!天国の父を呼びたくなりました」 「手から離れませんねぇ」 と大声でしきりに感激していた。 ・さけは80度くらいの湯にくぐらせて、うろこと臭みを取る。 2リットル ・しょうゆ…小さじ1 ・七味唐辛子…適量 <作り方> (1)酒かすをちぎってボウルに入れ、水を加える。 (2)1のボウルにラップをかけ、600Wの電子レンジに3分かける。 (3)さけを食べ易い大きさ(3〜4等分)に切る。 塩辛いさけの場合、酒に2〜3分漬けると塩辛さが抜ける。 (4)沸騰したお湯に水を少し加えて温度を下げ、さけを入れてすぐ取り出す。 (5)取り出したさけを水に入れ、うろこがある場合は取り除く。 (6)大根・にんじんを適当な大きさに切る。 (7)厚揚げを油抜きし、2cm程度の角切りにする。 こんにゃくを適度な大きさにちぎって、熱湯にさっと通す。 (8)しいたけを4等分に切る。 青ねぎをぶつ切りにする。 (9)鍋にだしを入れ、にんじん・大根・厚揚げ・こんにゃく・しいたけ・さけを入れ、中火弱で約10分煮る。 (10)鍋の汁を少し2の酒かすに加えて潰す。 (11)10にみそを加えてさらに混ぜる。 (12)鍋に11の酒かすを入れて混ぜ、5分ほどコトコト煮る。 (13)12に青ねぎ・しょうゆを入れて軽く混ぜたら出来上がり。 お好みで七味唐辛子を加えてもよい。 調理人:濱本良司 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 料理学校の先生が教えていた、子供も大喜びする体を温かくする鍋料理。 チーズフォンデュには通常ホワイトソースは使わないが、ホワイトソースを使って作成難易度を下げているメニューだという。 また、フォンデュをつけて食べるのにバケットは相性がいいので是非用意してほしいと話していた。 (2)熱が通ったらソーセージを取り出す。 他にも、茹でたにんじん・じゃがいも、バケットを一口サイズで用意する。 (3)引き上げたお湯に塩を入れて、ブロッコリーを湯がく。 (4)ブロッコリーを湯がいている間に、ウィンナーを一口サイズに切り、茹で上がったブロッコリーは水気を切るためクッキングペーパーの上に取り出す。 (5)空の鍋に白ワインを入れて、しっかりとアルコールを飛ばす。 (6)アルコールを飛ばしたワインにホワイトソースを加えて、よく混ぜて滑らかにしていく。 (7)滑らかになった温まったら牛乳を加えて濃度を緩める。 後々チーズを入れることを考えて、緩めにする。 (8)溶けるタイプのチーズを加えて、よく混ぜて、具材を皿に盛り付ければ完成。 調理人:若林知人 食物種:フォンデュ 情報タイプ:レシピ URL:• ・ ゲストも初めてという牛タンを使った鍋料理。 大阪あべの辻調理師専門学校の講師・濱本良司が作り方を教えていた。 試食したゲストは、 「おいしいですね!おいしいですね!」 と連呼し、絶賛していた。 ポイント:牛タンはしょうがとにんにくで香りをつける。 (2)厚めに皮をむいたかぶを3mmくらいの薄切りにする。 (3)ほうれん草を5cmくらいのぶつ切りにする。 (4)白みそ・卵黄・砂糖をゆっくりみりんを加えながら混ぜ合わせる。 ポイント:みそだれは調味料を混ぜ合わせてから火にかける。 (6)土鍋にだし・塩・しょうゆ(大さじ3)を入れ、火にかける。 (7)沸いてきたらかぶを入れ、ほうれん草の茎、ほうれん草の葉っぱ、ベビーリーフを順番に入れる。 (8)長ねぎ・七味唐辛子を別皿で添えたら完成。 調理人:濱本良司 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 寒い冬でも体が芯から温まり、辛さが食欲をそそるという料理。 大阪あべの辻調理師専門学校の先生が作り方を教えていた。 ゲストの俳優はこれを食べて 「寒い外から帰ってきてこんなの食べたら、これたまりませんね」 と話していた。 (2)ボウルにトウバンジャン、トウチージャンを入れ、しっかり混ぜ下味をつける。 (3)ゴボウは斜め薄切り、トウフは一口大、ホウレン草は7cmに切り、レタスは一口大にちぎる。 (4)土鍋に油をしき、(2)の手羽先を入れ焼く。 ポイント:下味をつけた手羽を炒めて香りと香ばしさをつける。 土鍋の場合は鍋が温まらないうちから炒める。 (5)赤い脂がでてきたところで、長ねぎ、ゴボウ、しょうがを入れさらに炒め、香りが強くなってきたら酒、水、塩、砂糖、しょうゆ、五香粉を入れ、アクを取りながら約15分煮る。 (6)豚ロース肉、ホウレン草、豆腐を入れ、レタスを添えて完成。 調理人:宮崎耕一 情報タイプ:レシピ URL:•

次の

【上沼恵美子おしゃべりクッキング】スペアリブの照り焼き(2019/8/26)

上沼 恵美子 の おしゃべり クッキング スペアリブ

大阪あべの辻調理専門学校の先生が女性MCに作り方を教えていた、お弁当のおかずにもぴったりの牛肉料理。 試食したMCは 「おいしいですね、安心する味」 と、絶賛し、ゲストの俳優も喜び笑顔で食べていた。 (3)えのきを牛肉に巻いて、片栗粉をつけて軽く握っておく。 (4)トマトケチャップ、砂糖、ウスターソース、塩、水、レモン汁を混ぜ合わせる。 (5)油をひいたフライパンにえのきを巻いた肉を並べて入れる。 (6)牛肉の油だでて、焼けてきたらいったんフライパンから取り出す。 (7)同じフライパンにさきほどまぜ合わせた調味料を入れる。 (8)調味料が沸いてきたら火を弱めて、水溶き片栗粉を少量すぐに混ぜる。 (まだ流れるぐらいの濃度) (9)ごま油を入れる。 (10)牛肉を入れてタレとからめたら出来上がり。 調理人:宮崎耕一 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 大阪あべの辻調理師専門学校の濱本良司が番組MCCに教えていた、牛肉メニュー。 ミンチ肉を使うことで、簡単にフライパンで調理出来る角煮だという。 試食した男性タレントは、牛肉の角煮を食べて 「角煮ですね」 と、豚肉にも負けない味を楽しんでいた。 (2)ネギ・長イモ・しょうが・にんにく・片栗粉・酒・醤油を加えて、柔らかくふっくらとしたミンチに仕上げる。 (3)タネをクッキングシートの上に乗せて、四角形に成形する。 (4)フライパンに少しの油を入れてよく広げる。 (5)油の上にクッキングシートをひっくり返してフライパンにタネを入れる。 (6)中火でゆっくり焼き上げて、ある程度火が通ったらひっくり返す。 (7)約8分焼いたら火をとめて、温かいまま切ると肉汁が出て型も崩れてしまうので、トレイに取り出してよく冷ます。 (8)四角形の角煮状に切ったら、またトレに戻す。 (9)鍋に、だし・砂糖・みりん・酒・醤油を加えて混ぜる。 (10)混ぜたら牛肉・イチョウ切りのレンコン、インゲンを入れて、崩れないように中火弱で10分煮込んでいく。 (11)10分間煮たら、水溶き片栗粉を入れて味をからませやすくして全体にからませれば完成!適量のからしをつけて食べるとよい。 調理人:濱本良司 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 冬の定番、鍋の後に余りがちな旬の甘い白菜を使って、素材の味を活かしたレシピ。 鶏のしっとりさと白菜の食感をゲストは絶賛していた。 (2)水の入った鍋の中に、長ネギ、しょうが、酒を入れる。 (3)沸騰してきたら鶏肉を入れて、沸騰するかしないかの状態をキープして弱火で15分茹でる。 (4)15分茹でたら鶏肉を取り出し、水で油を洗い流して水分を切る。 (5)半分に切ってから、5ミリ程度の食べやすい大きさに切っていく。 (6)茹で汁を軽量カップに300cc分移す。 (7)葉っぱと軸に分けて5ミリ程度に切った白菜と、切り込みを入れた椎茸を用意。 椎茸は切り込みを入れた後、切り込みと交差するように細かく切る。 (8)長ネギは多めに切り、しょうがと干しえびは細かく切っておく。 (9)味のポイントになる白粒コショウは、粗挽きにして使いたいので包丁の腹やボウルの底で潰す。 (10)油を引いた鍋に、椎茸を入れて中火で軽く炒め、白菜を芯の部分を加える。 (11)白菜の緑の部分がしんなりしてきたら、干しえび・しょうがを加え、白菜の葉の部分とネギを加える。 (12)火を全体に通したら、潰した白粒コショウを入れて、火を強火にし、お酒と鶏の茹で汁を入れる。 (13)汁がグツグツ言ってきたら塩と砂糖で味をつけて、鶏肉・ごま油を入れてからめれば完成!• ・ 大根やこんにゃくと相性バツグンだという「練り味噌」で味わう一品を調理師専門学校の先生が教えていた。 味噌はサバの水煮を使い、コクをつけるという。 「サバが入るとは…これは良いこと聞きました」 と、女性MCは感心していた。 また料理を試食した女性MCは 「これはちょっと…このお味噌、先生売れますね!」 と、再度味噌を褒めていた。 厚めにむくことで中までやわらかくなる。 (2)切り込みを半分ほどの深さまで入れる。 ひっくり返し、今度はそれと直角の向きになるように切り込みを入れる。 (3)こんにゃくに裏表細かく切り込みを入れ、棒状に切る。 (4)こんにゃくを1分ほど湯通し、ザルにあけ水分を蒸気とともに飛ばす。 (5)水に昆布を入れ、だしをとり、薄口しょうゆを入れる。 (6)5に大根、こんにゃくを入れ、落し蓋をして50分ほどことこと煮る。 (練りみそ作り) (7)白みそ、赤みそ、卵黄、砂糖を混ぜる。 (8)混ざってきたところでみりん、酒を少しづつ混ぜていく。 (9)練りみその中にさばの水煮を入れる。 こうすることでコクがつく。 (10)とろみがつくまで中火であたためる。 (仕上げ) (11)具材を上げ、だしをかけ、練りみそをかけ、おろししょうがを加えて完成。 調理人:濱本良司 食物種:ふろふき大根 情報タイプ:レシピ URL:• ・ ジャガイモを使った冬定番のスープ。 寒い時期のスープはとろみがあった方が温かさが伝わるとの事で、ジャガイモを使っているという。 とろみは若干つく程度だが、ホクホク感が出るとの事。 調理師専門学校の先生が手順を教えていた。 試食していたゲストの女性歌手は 「う〜ん、おいしい。 素晴らしい!オニオングラタンスープって普通のスープと違って主菜っていうんですか、パンの魅力、チーズの魅力」 と笑顔で話していた。 ・シンプルなスープなので20分煮込んでいる間はしっかりアクを取る。 <材料> ・玉ねぎ…400g ・ジャガイモ…200g ・ブイヨン…1. 2リットル ・バゲット(1cmの厚さ)…8枚 ・溶けるタイプのチーズ…50g ・卵…2個 ・塩…適量 ・コショウ…適量 ・油…適量 ・溶けるタイプのチーズ…50g <作り方> 1. 玉ねぎを薄切りにし、じゃがいもは1cm角の大きさに切る。 鍋にサラダ油を入れ、あめ色になるまでじっくり玉ねぎを炒める。 (かさが多いときは塩を加えると早く炒めることができる。 ) 3. 十分あめ色になったら、ジャガイモとブイヨンを加え、塩、コショウを入れてアクを取りながら中火弱で約20分煮込む。 バゲットをトースターに並べ、キツネ色になったら取り出す。 スープを器に入れたら、バゲット2つとチーズをのせてオーブンで5分ほど焼く。 最後に溶いた卵をかけて出来上がり。 調理人:若林知人 食物種:オニオングラタンスープ 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 大阪あべの辻調理師専門学校の講師・宮崎耕一が調理しながら教えていた、冬の定番レシピ。 完成品を食べた出演者らは、 「おいしい、どうしてくれるんですか」 「柔らかいし、芯まで味がしみてる」 と大満足だった。 ・スペアリブは照りが出るまで煮つめてコクを出す。 (2)玉ねぎ、にんにく、しょうがを中火で、玉ねぎが透明になるまで炒め、透明になったら麦みそと油を加え炒め、酒を加えひと沸かしさせ、お湯としょうゆ、オイスターソース、砂糖、こしょうを加える。 (3)(2)にさっき焼いたスペアリブをいれ、アクを取りながら中火強で20分煮る。 (4)20分煮たら、長ねぎを入れ、さらに20分煮る。 (5)20分後グツグツいったら、ごま油を入れ、焦げ付きにくくする。 (6)お皿にもって、出来上がり。 (7)トウバンジャンを炒めたものにつけて食べると、また違った味が楽しめる。 調理人:宮崎耕一 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 大阪あべの辻調理師専門学校の講師・濱本良司が調理しながら教えていた、心も体も温まるレシピ。 完成品を食べた出演者らは、 「おいしすぎる〜!」 「おおおおおい!天国の父を呼びたくなりました」 「手から離れませんねぇ」 と大声でしきりに感激していた。 ・さけは80度くらいの湯にくぐらせて、うろこと臭みを取る。 2リットル ・しょうゆ…小さじ1 ・七味唐辛子…適量 <作り方> (1)酒かすをちぎってボウルに入れ、水を加える。 (2)1のボウルにラップをかけ、600Wの電子レンジに3分かける。 (3)さけを食べ易い大きさ(3〜4等分)に切る。 塩辛いさけの場合、酒に2〜3分漬けると塩辛さが抜ける。 (4)沸騰したお湯に水を少し加えて温度を下げ、さけを入れてすぐ取り出す。 (5)取り出したさけを水に入れ、うろこがある場合は取り除く。 (6)大根・にんじんを適当な大きさに切る。 (7)厚揚げを油抜きし、2cm程度の角切りにする。 こんにゃくを適度な大きさにちぎって、熱湯にさっと通す。 (8)しいたけを4等分に切る。 青ねぎをぶつ切りにする。 (9)鍋にだしを入れ、にんじん・大根・厚揚げ・こんにゃく・しいたけ・さけを入れ、中火弱で約10分煮る。 (10)鍋の汁を少し2の酒かすに加えて潰す。 (11)10にみそを加えてさらに混ぜる。 (12)鍋に11の酒かすを入れて混ぜ、5分ほどコトコト煮る。 (13)12に青ねぎ・しょうゆを入れて軽く混ぜたら出来上がり。 お好みで七味唐辛子を加えてもよい。 調理人:濱本良司 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 料理学校の先生が教えていた、子供も大喜びする体を温かくする鍋料理。 チーズフォンデュには通常ホワイトソースは使わないが、ホワイトソースを使って作成難易度を下げているメニューだという。 また、フォンデュをつけて食べるのにバケットは相性がいいので是非用意してほしいと話していた。 (2)熱が通ったらソーセージを取り出す。 他にも、茹でたにんじん・じゃがいも、バケットを一口サイズで用意する。 (3)引き上げたお湯に塩を入れて、ブロッコリーを湯がく。 (4)ブロッコリーを湯がいている間に、ウィンナーを一口サイズに切り、茹で上がったブロッコリーは水気を切るためクッキングペーパーの上に取り出す。 (5)空の鍋に白ワインを入れて、しっかりとアルコールを飛ばす。 (6)アルコールを飛ばしたワインにホワイトソースを加えて、よく混ぜて滑らかにしていく。 (7)滑らかになった温まったら牛乳を加えて濃度を緩める。 後々チーズを入れることを考えて、緩めにする。 (8)溶けるタイプのチーズを加えて、よく混ぜて、具材を皿に盛り付ければ完成。 調理人:若林知人 食物種:フォンデュ 情報タイプ:レシピ URL:• ・ ゲストも初めてという牛タンを使った鍋料理。 大阪あべの辻調理師専門学校の講師・濱本良司が作り方を教えていた。 試食したゲストは、 「おいしいですね!おいしいですね!」 と連呼し、絶賛していた。 ポイント:牛タンはしょうがとにんにくで香りをつける。 (2)厚めに皮をむいたかぶを3mmくらいの薄切りにする。 (3)ほうれん草を5cmくらいのぶつ切りにする。 (4)白みそ・卵黄・砂糖をゆっくりみりんを加えながら混ぜ合わせる。 ポイント:みそだれは調味料を混ぜ合わせてから火にかける。 (6)土鍋にだし・塩・しょうゆ(大さじ3)を入れ、火にかける。 (7)沸いてきたらかぶを入れ、ほうれん草の茎、ほうれん草の葉っぱ、ベビーリーフを順番に入れる。 (8)長ねぎ・七味唐辛子を別皿で添えたら完成。 調理人:濱本良司 情報タイプ:レシピ URL:• ・ 寒い冬でも体が芯から温まり、辛さが食欲をそそるという料理。 大阪あべの辻調理師専門学校の先生が作り方を教えていた。 ゲストの俳優はこれを食べて 「寒い外から帰ってきてこんなの食べたら、これたまりませんね」 と話していた。 (2)ボウルにトウバンジャン、トウチージャンを入れ、しっかり混ぜ下味をつける。 (3)ゴボウは斜め薄切り、トウフは一口大、ホウレン草は7cmに切り、レタスは一口大にちぎる。 (4)土鍋に油をしき、(2)の手羽先を入れ焼く。 ポイント:下味をつけた手羽を炒めて香りと香ばしさをつける。 土鍋の場合は鍋が温まらないうちから炒める。 (5)赤い脂がでてきたところで、長ねぎ、ゴボウ、しょうがを入れさらに炒め、香りが強くなってきたら酒、水、塩、砂糖、しょうゆ、五香粉を入れ、アクを取りながら約15分煮る。 (6)豚ロース肉、ホウレン草、豆腐を入れ、レタスを添えて完成。 調理人:宮崎耕一 情報タイプ:レシピ URL:•

次の

朝日放送テレビ|上沼恵美子のおしゃべりクッキングレシピ印刷用ページ|

上沼 恵美子 の おしゃべり クッキング スペアリブ

先に柔らかく茹でて失敗知らずのスペアリブ料理! (出典:) 材料 (2人分) スペアリブ 800g 青じそ 10枚 いりごま(白) 適量 油 適量 [照り焼きのたれ] 酒 80ml みりん 80ml しょうゆ 40ml 柚子こしょう 6g 今回のポイント ・スペアリブは中火で20分下茹でする。 ・照り焼きのたれに柚子こしょうを加える。 作り方 [ 下ごしらえ] 青じそ:せん切りにして水に落とし、水気をきる 1.鍋にスペアリブを入れ、水をひたひたに入れる。 2.沸騰させてアクを取り、中火で20分茹でる。 3.ざるに上げ、水気をきる。 4.[照り焼きのたれ]の酒・みりん・しょうゆ・柚子こしょうを混ぜ合わせる。 5.(2)の鍋を拭き、油(適量)を熱し、スペアリブを中火で焼く。 6.焼き目がついたら、[照り焼きのたれ]を加え、煮詰めながらからめる。 7.器に盛り、いりごまを散らし、青じそをのせる。 まとめ・感想 今日は「スペアリブの照り焼き」。 スペアリブって時々安くなってるので多めに作っておいて作りおきするのもいいですね。 タレにゆず胡椒を入れてちょっぴり大人風。 青じそが爽やかでいいですね。 これでビールを飲みたい! 前回のレシピはこちら!.

次の