ナレッジタワー。 グランフロント大阪ナレッジキャピタル

ナレッジSについて、タワー投資顧問は保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.15]

ナレッジタワー

物件問合番号 UME-537-002 種別 事務所 住所 大阪府大阪市北区大深町3-1 交通• JR環状線 大阪 徒歩2分• 御堂筋線 梅田 徒歩4分• 阪急全線 梅田 徒歩5分• 四つ橋線 西梅田 徒歩8分 構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造) 地上38階建 築年数 2013年2月 面積 14. 81坪 48. 24時間使用可• 光ファイバー• エレベーター こだわり条件• 駅近オフィス 駐車場 備考 ・定期建物賃貸借契約(自動更新なし) ・通信費:6,000円/月(通話料別途) ・時間外空調費(平日8:30〜19:00以外)30分:2. 2円/? 最初のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131.

次の

グランフロント大阪

ナレッジタワー

物件問合番号 UME-537-002 種別 事務所 住所 大阪府大阪市北区大深町3-1 交通• JR環状線 大阪 徒歩2分• 御堂筋線 梅田 徒歩4分• 阪急全線 梅田 徒歩5分• 四つ橋線 西梅田 徒歩8分 構造 SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造) 地上38階建 築年数 2013年2月 面積 14. 81坪 48. 24時間使用可• 光ファイバー• エレベーター こだわり条件• 駅近オフィス 駐車場 備考 ・定期建物賃貸借契約(自動更新なし) ・通信費:6,000円/月(通話料別途) ・時間外空調費(平日8:30〜19:00以外)30分:2. 2円/? 最初のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131.

次の

グランフロント大阪

ナレッジタワー

うめきたSHIP 南館 [ ] グランフロント大阪・南館 施設情報 所在地 状態 完成 着工 (平成22年) 竣工 (平成25年) 開業 2013年 用途 、 地上高 屋上 179. 5 各種諸元 階数 地上38階、地下3階、塔屋1階 敷地面積 10,571 延床面積 187,846 構造形式 、、 関連企業 設計 、、 施工 、 地上38階地下3階(高さ179. 5 )、オフィス・商業エリア。 タワーA(旧A棟)• このうち73店舗が初出店であり、97店舗がや近畿でのである。 出店テナントの一覧・詳細情報は公式サイト「」を参照。 から見た南館 オフィス棟の主な入居企業• 37F• (、、、) 36F• レイスグループ 36F• 35F• 34F• 33F• グループ 32F• 30-31F• 29F• 25-26F• 24F• 24F• 22-23F• JPモルガン・アセット・マネジメント 22F• 21F• 18-20F• 15F• 15F• 14F• (13F)• 12F• タワーB(旧南棟)-地上38階地下3階(高さ175. 3 m)、オフィス・商業・ナレッジ・キャピタル• タワーC(旧北棟)-地上33階地下3階(高さ154 m)、オフィス・ホテル(が進出)・商業・ナレッジ・キャピタル• 開発事業者: 、NTT都市開発、積水ハウス、阪急電鉄、三菱地所、、ナレッジ・キャピタル開発特定目的会社、、 ナレッジ・キャピタル [ ] 北館(旧Bブロック)低層階には、『世界の「感性」「技術」を持ち寄り、交わり、コラボレーションすることで新たな価値を生み出す』ことをコンセプトに掲げ 、国内外のの「知」の交流を目指す知的創造拠点「ナレッジ・キャピタル」があり、延べ床面積は8万8000 m 2と役所庁舎と同規模の広さで、企業や研究者・が集まる拠点としてオフィスを7フロア設けている。 このうち半分は大阪市が借り、短期間・小規模で賃貸が可能な「コラボオフィス」や会議室を併設することで、・、などの分野でを促している。 また、同じくナレッジ・キャピタルの中核施設「ナレッジプラザ」では、ナレッジ・キャピタルと連携したイベントやプレゼンテーションなどが行われたり、来館者がさまざまな最新製品のプロトタイプ(試作品)を直接触れることができる「The Lab(ザ・ラボ)」や380席ある多目的劇場や、国際会議や大型展示会を開催できる3000人収容のコンベンションセンターも設けている。 には、や、、大学院など多数の企業や研究機関が入居している。 ナレッジオフィス• 一般財団法人アジア太平洋研究所• インサイトテクノロジー• NTT西日本• NTTスマートコネクト• 大阪市 - 「 」• -「 関西大学うめきたラボラトリ」• -「 慶應大阪シティキャンパス」2013年5月21日に移転・開設。 公益財団法人都市活力研究所• パナソニック• アクティブラボ• ウエストユニティス• グリーンロードモータース• 独立行政法人・情報通信研究機構• デジタルファッション• VisLab OSAKA• マッスル• フューチャーライフショールーム• -「 アシックスストア大阪」• -「 AppBank Store」• -「 スイーツ・ラボ」• グループ -「 エナレッジ」• 「 近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」 - などの養殖魚専門料理店• -「 au OSAKA」• -「 好日山荘グランフロント大阪店」• -「 コカ・コーラウエスト ハピネスラボ」• サントリー -「 SUNTORY WHISKY HOUSE」• -「 SUMUFUMULAB」• -「 フーハ大阪」• -「 サブウェイ野菜ラボ」• HDC大阪• ピーロート・ジャパン -「 World Wine Bar by Pieroth」• -「 ボーネルンドあそびのせかい」• -「 」• -「 YCHメディカルサロン」• -「 Smart Campうめきた」• - 「 SHIMANO SQUARE」• その他• - を開設• コングレコンベンションセンター オフィス棟(タワーB)の主な企業 [ ]• AIG 日本法人 27, 35-37F• AIGジャパン・ホールディングス 37F• AIGパートナーズ 37F• AIGビジネス・パートナーズ 27, 35, 37F• 27, 35, 36, 37F• アイル(情報システム企業) 34F• 33F• グループ 31-32F• 30-31F• 29F• 28F• グループ 24-26F• 24F• 23F• 22F• 日本法人 19-21F• Aiming 18F• 16-17F• 14F• 13F• 12F• 京都きもの学院 11F ホテル [ ] 詳細は「」を参照 旧Cブロックは地上48階地下1階(高さ174. 2 m)の超高層マンション「グランフロント大阪オーナーズタワー」である。 開発事業予定者:南館(旧Aブロック)と同じ 広場・歩道空間 [ ] グランフロント大阪の各所にはそれぞれのエリアを結ぶだけでなく、人の交流や賑わいを創造するやが整備されている。 地区を南北・東西に貫く大通りを「軸」と称し、地区を南北に貫く「賑わい軸」には歩道に並木を、東西に貫く「シンボル軸」には歩道に並木を配置し歩道空間に賑わいや四季折々の自然を提供している。 また、A・Bブロックの中層階の屋上に緑あふれる庭園が、BブロックとCブロックとの間に「自然軸」と呼ばれるがある。 さらに、(JR西日本)大阪駅のアトリウム出口とAブロックとの間に約10,000 m 2の巨大な駅前広場を設置し、人々が自由に集い、憩い、楽しめる空間を造り、また広場の地下階では多彩な情報を発信するイベントが行われている。 広場の名称は「うめきた広場」と名付けられ、2階建ての「うめきたSHIP」が併設されており、1階にはカフェが、2階には約270 m 2の多目的ホール「うめきたSHIP HALL」が開設された。 UMEGLE-CHARIの貸出・返却ポート 鉄道 [ ]• () 路線バス [ ]• (エリア巡回バス) グランフロント大阪を含め、を循環するである。 停留所は12箇所あり、グランフロント大阪内には北館前と南館前にそれぞれ1箇所が設置されている。 毎日10時から21時まで、10分間隔で運行されている。 運行はが担当しており、専用車両は同社に在籍している。 運賃は100円(小人は50円)で、や、などのでも乗車できる。 レンタサイクル [ ]• UMEGLE-CHARI 梅田地区で利用できる。 うめきた広場の貸出・返却ポートで借りることができる。 料金は最初の1時間200円 、以降1時間毎100円。 貸し出しは8時から20時の間 、返却は24時間可能 で、最大3日間まで利用できる。 現在の保有台数は30台 で、15台はである。 支払いにはPiTaPaや各種が利用できる。 将来計画・構想 [ ] 止まりとなっているを、阪急電鉄まで延長((仮称))し、北ヤード中央に新駅((仮称))が設置される計画である。 合わせて阪急電鉄が免許を保有している(十三 - 間)と合わせて一本の路線として整備することも検討されている。 また、旧・梅田貨物駅西側の地上を走っているを地下化する際にルートを大阪駅に近付け、との交点付近に(北梅田駅(仮称))を設置、特急「」や「」等を停車させる計画がある。 2016年10月には新駅完成に向けての事業に着手し、(令和5年)春の開業を目指して工事が進められている。 2018年度中に全線開業予定のは新大阪駅付近で梅田貨物線の線路に入ることから、おおさか東線の列車が乗り入れることも想定される。 この他、新大阪 - 北梅田間で梅田貨物線と路線を共用する(北梅田以南は・)の計画もある。 脚注 [ ] [] 出典• 2013年1月6日. 2014年1月31日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年1月12日閲覧。 2011年10月7日. 2011年10月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年10月10日閲覧。 うめきたに来春開業「グランフロント大阪」の衝撃 SankeiBiz-2012. ホームページ)• 梅田経済新聞(2013年2月22日)• 株式会社. 2018年4月26日閲覧。 JR西日本ニュースリリース 2016年10月12日 関連項目 [ ].

次の