一般 社団 法人 アニメ ツーリズム 協会。 アニメツーリズム白書2019

アニメツーリズム白書2019

一般 社団 法人 アニメ ツーリズム 協会

目的 [ ] 「アニメ」を88か所選定することでオフィシャル化し、「アニメ聖地」をつなぐ広域周遊観光ルートを官民連携のオールジャパン体制で造成することと、「アニメ聖地」を海外・国内の・コンテンツファンへ様々な手段で発信し、観光客とアニメ聖地をつなぎ、インバウンド等、新たな送客を促進させること。 「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」選定基準 [ ] アニメ聖地88は、国内外のアニメファンを対象とした投票結果をもとに、権利者、地方自治体等との協議を協会事務局が行い、その結果を基に理事会で総合的に判断し決定している。 「アニメ聖地88」候補は作品の舞台、モデルとしてファンに一定の認知を得ていることを前提とし、漫画ミュージアム等の施設やイベントも対象としている。 『日本のアニメ聖地88(2019年版)』の場合、2018年6月1日から8月末までの3ヶ月間、全世界の日本のアニメファンを対象に行ったアニメ聖地Web投票の結果をベースに、コンテンツホルダー、対象となる地域の自治体等とアニメツーリズム協会が協議を重ね、2018年10月に選定・発表した。 組織 [ ]• 会長 富野由悠季• 理事長 (取締役会長)• 副理事長 石川和子(理事長)• 専務理事 鈴木則道• 理事 大場肇(専務取締役)• 理事 坪井泰博(取締役)• 理事 長尾裕(代表取締役社長)• 理事 夏目誠(代表取締役社長)• 理事 藤田直志(代表取締役副社長)• 理事 村瀨茂高(WILLER代表取締役)• 理事 (やまとごころ代表取締役)• 理事兼事務局長 寺谷圭生• 監事 上住敬一(ビズアドバイザーズ税理士事務所代表) アニメツーリズム首長サミット [ ] とはアニメ作品を活用した旅行者の誘客に積極的に取り組んでいる先進的地域(地方自治体)の首長(知事、市長)と、作品の作り手側であるアニメの制作会社の代表が登壇し、"アニメツーリズム"の現況と課題、今後の展望、アニメの作り手側と舞台になった地域の連携など、交流人口の拡大に向けて"アニメツーリズム"の可能性を検証する目的でアニメツーリズム協会主催で開催しているイベントである。 2019年12月1日、アニメ聖地88にも認定され、北九州ポップカルチャーフェスティバルや、等、漫画やアニメのイベントを積極的に実施しているで初開催された。 札所 [ ] アニメ聖地を訪れる際の拠点として、「札所」を設置している。 0番札所 -• 1番札所 - 富士見ビル(に移転予定)• 88番札所 - 脚注 [ ] [].

次の

全世界のアニメファンが選んだ 『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2020年版)』発表

一般 社団 法人 アニメ ツーリズム 協会

目的 [ ] 「アニメ」を88か所選定することでオフィシャル化し、「アニメ聖地」をつなぐ広域周遊観光ルートを官民連携のオールジャパン体制で造成することと、「アニメ聖地」を海外・国内の・コンテンツファンへ様々な手段で発信し、観光客とアニメ聖地をつなぎ、インバウンド等、新たな送客を促進させること。 「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」選定基準 [ ] アニメ聖地88は、国内外のアニメファンを対象とした投票結果をもとに、権利者、地方自治体等との協議を協会事務局が行い、その結果を基に理事会で総合的に判断し決定している。 「アニメ聖地88」候補は作品の舞台、モデルとしてファンに一定の認知を得ていることを前提とし、漫画ミュージアム等の施設やイベントも対象としている。 『日本のアニメ聖地88(2019年版)』の場合、2018年6月1日から8月末までの3ヶ月間、全世界の日本のアニメファンを対象に行ったアニメ聖地Web投票の結果をベースに、コンテンツホルダー、対象となる地域の自治体等とアニメツーリズム協会が協議を重ね、2018年10月に選定・発表した。 組織 [ ]• 会長 富野由悠季• 理事長 (取締役会長)• 副理事長 石川和子(理事長)• 専務理事 鈴木則道• 理事 大場肇(専務取締役)• 理事 坪井泰博(取締役)• 理事 長尾裕(代表取締役社長)• 理事 夏目誠(代表取締役社長)• 理事 藤田直志(代表取締役副社長)• 理事 村瀨茂高(WILLER代表取締役)• 理事 (やまとごころ代表取締役)• 理事兼事務局長 寺谷圭生• 監事 上住敬一(ビズアドバイザーズ税理士事務所代表) アニメツーリズム首長サミット [ ] とはアニメ作品を活用した旅行者の誘客に積極的に取り組んでいる先進的地域(地方自治体)の首長(知事、市長)と、作品の作り手側であるアニメの制作会社の代表が登壇し、"アニメツーリズム"の現況と課題、今後の展望、アニメの作り手側と舞台になった地域の連携など、交流人口の拡大に向けて"アニメツーリズム"の可能性を検証する目的でアニメツーリズム協会主催で開催しているイベントである。 2019年12月1日、アニメ聖地88にも認定され、北九州ポップカルチャーフェスティバルや、等、漫画やアニメのイベントを積極的に実施しているで初開催された。 札所 [ ] アニメ聖地を訪れる際の拠点として、「札所」を設置している。 0番札所 -• 1番札所 - 富士見ビル(に移転予定)• 88番札所 - 脚注 [ ] [].

次の

アニメツーリズム協会(あにめつーりずむきょうかい)とは

一般 社団 法人 アニメ ツーリズム 協会

アニメツーリズム協会と連携し、インバウンド向け「公式アニメ聖地巡礼ツアー」を共同開発 2019年10月より第1弾として3作品の聖地巡礼ツアーをリリースし、順次作品ラインナップを拡大 ~アニメツーリズムを通じ、インバウンド旅行者の旅行体験向上と地域観光の振興に貢献~ インバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービスを運営するotomo株式会社(所在地:東京都文京区/代表者:平塚 雄輝、以下「当社」とします)は、一般社団法人アニメツーリズム協会(所在地:東京都千代田区/理事長:角川 歴彦、以下「協会」とします)と連携して、アニメ作品の舞台となった土地を巡る公式の聖地巡礼ツアープランを共同開発し、インバウンド旅行者を対象にプライベートツアーとして専属のガイドがご案内します。 まず第1弾として、3作品(「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」「氷菓」「涼宮ハルヒの憂鬱」)の公式聖地巡礼ツアーを2019年10月にリリースし、今後作品ラインナップを順次拡大する予定です。 当社と協会は、インバウンド旅行者の多様化するニーズに応え、旅行体験の向上を図るとともに、アニメツーリズムを通じた地域観光の振興に貢献することを目指します。 海外から日本を訪れる旅行者は年々増加し、2018年には3,100万人を超え、旅行者のニーズも多様化しています。 そのなかで、アニメファンがアニメ作品の舞台となった土地を巡る「聖地巡礼」が話題となり、多くの旅行者が各地の聖地を訪れています。 しかしながら近年、聖地を訪れる旅行者と地域住民とのトラブルも目立つようになり、「観光公害」が懸念されていました。 「持続可能な観光」の実現が求められるなか、当社と協会は、地元自治体をはじめとする地域や作品の協力のもと、聖地巡礼の公式ツアープランを開発して、専属のガイドが旅行者を案内します。 この取組みを通じて、聖地巡礼の受け入れ態勢を整備し、海外のアニメファンに聖地巡礼を楽しんでいただくとともに、持続可能な地域観光の振興に取り組みます。 第1弾の公式聖地巡礼ツアーの紹介(2019年10月予約受付開始) 公式聖地巡礼ツアーでは、専属のガイドがアニメ作品に登場する実際の場所や建物を案内して、作品の舞台となった地域を巡り、聖地だけではなく地域の魅力的な観光スポットも紹介します。 また、ツアーに参加するインバウンド旅行者は、ツアー限定の作品グッズをツアー中に訪問する「聖地」で受取ることができます。 5時間)• 0時間)• 5時間) 一般社団法人アニメツーリズム協会とは アニメの舞台やモデルになった地域やアニメに関する博物館、美術館、施設などから「アニメ聖地」を88か所選定し、さらに組織化、広域観光ルートを造成することで、観光資源の掘り起こしや訪日観光客のエリア送客を促進する官民連携の協会です。 otomoとは 当社は、インバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービス「otomo」を運営しています。 地域の観光資源を活用したオリジナルのツアープランの組成と、地域のガイド人材の育成を通じて、高品質なツアーサービスを外国人旅行者へ提供しております。 英語・中国語・韓国語をはじめとする各言語に対応し、2019年9月時点で全国15都道府県にて700名以上のガイドが登録し、合計300種類以上のツアープランを提供しています。 ツアー予約サイト: <会社概要> 社 名:otomo株式会社(otomo Inc. ) 所在地:東京都文京区本郷3-13-3 三富ビル3階 代表者:平塚 雄輝(代表取締役) 設 立:2017年4月 資本金:107,000,000円(資本準備金含む) 事 業:インバウンド旅行者向けプライベートツアー事業、デザイン・コンサルティング事業 登 録:東京都知事登録旅行業第3-7570号 URL: <本件に関するお問い合わせ> otomo株式会社(担当:北川・大谷) [MAIL] [TEL]03-6876-6003.

次の