関 さん マイクロ チップ。 【やりすぎ都市伝説 2017 秋】関暁夫が手にマイクロチップを埋め暗号通貨とキャッシュレス社会とIoTを語る!

都市伝説の番組で関さんが体にマイクロチップを埋め込んでこれか...

関 さん マイクロ チップ

IoTは第4次産業革命とも呼ばれ、将来的には多くの家庭にIoT製品が導入されると言われています。 IoTの普及によって、今後、家自体がインターネットに繋がっていき、それによってAI(人工知能)が家に入ってくることになります。 そしてAI(人工知能)が家に入ってくることによって、いずれIoT家電は人間の意志疎通で得たデータからAI(人工知能)が経験・思考していき、やがてIoT家電は自律して動き、将来的には人間の先読みをして行動するようになるだろうと言われていて、IoT家電の先読みによって、例えば、少し熱いからエアコンをつけようと思った時には、すでにエアコンが自分で考えて動くというようなことが可能となるのです。 アメリカでは、すでに「Amazon Echo」や「Google Home」などのIoT家電が普及していて「Amazon Echo」に搭載されているAIアシスタントの「Alexa」に人間が指示を出すと、それを認識して、インターネットを通じて各家電に行動指示を送って、家の中の家電を指示通りに動かすことができるのです。 さらに「Alexa」は、その人のアクセントや訛りなどを徐々に学習して対応するようになり、いずれは声で指示しなくても、行動パターンを予測して、勝手に動くようになるだろうとまで言われています。 しかし便利になる一方で、全てがインターネットで動くとなれば、家電がハッキングされれば家の中の声は筒抜けとなり、自動運転カーがハッキングされれば、自動車が乗っ取られ、ハンドルやブレーキが不正操作されてしまう危険性もあり、新たな犯罪の危険性や、常に誰かの監視に怯えて暮らす超監視社会が待ち受けていると関暁夫は指摘するのでした。 そして共謀罪の成立はIoTがもたらす超監視社会を見据えてのことで、過激な思想や犯行の計画などの国に背く企みをAI(人工知能)が常に監視し、言論や思想を弾圧していくのだとも関暁夫は指摘しました。 さらにAI(人工知能)同士が人間にはわからない独自の言葉を作り出し、会話を始めたというニュースが世界を駆け巡り、何を企んでいるのかを人間に察知されないようにして、ソルタクスゼイアンの思惑通りに物事が進んでいて、家で無意識に発言した会話すらをも拾われ、監視されていくのだと関暁夫は語るのでした。 そして「フィンテック(Fintech)」を語る上でかかせないのが暗号通貨(仮想通貨)で、暗号通貨(仮想通貨)は実態を持たないお金のことで、ビットコインやイーサリアムなどのデータ化されたお金のことを言います。 暗号通貨(仮想通貨)は新時代の通貨として注目されていて、使える店舗も増え、暗号通貨(仮想通貨)を取り扱う銀行も徐々に増えてきています。 既存の通貨をなぜ暗号通貨(仮想通貨)に切り替えるのかというと、お金の価値=その国に対する信用で、国が荒れれば、その国に対する信用もなくなり、お金の価値もなくなってしまうため、日本で言えば、北朝鮮の問題によって、円の価値が暴落する可能性もあるので、このタイミングで世界共通価値の暗号通貨(仮想通貨)に目を向ける時が来ているのだと関暁夫は語りました。 そして暗号通貨(仮想通貨)を導入する大きな利点は犯罪の抑止で、現金という物質としての実態がなければ、現場で現金を奪う強盗もいなくなるので、強盗などの犯罪もなくなるだろうと考えられ「フィンテック(Fintech)」革命が進むことによって、人体にマイクロチップを埋める体内マイクロチップ計画が進んでいくのだと関暁夫は語るのでした。 そうなればキャッシュレス化がさらに進み、物理的なお金から暗号通貨への流れは、どんどん進んでいくだろう言われ、現在、スウェーデンでは体内のマイクロチップで決済することが始まっているのです。 将来的にはマイクロチップ1つで、電車の運賃が払えたり、ビットコインなどの暗号通貨の支払いができたり、パスポート、免許証、医療記録などもスキャンすれば、瞬時にしてわかるような研究も行われていて、関暁夫が前々から言っていた体内マイクロチップ計画が、どんどん現実化されてきていて、アメリカの自動決済ソフトウェアを開発する会社では、会社の休憩所にある売店の商品をマイクロチップを使って購入することが可能で、この会社の4分の3の社員が、すでにマイクロチップを入れていて、その便利さから、マイクロチップを入れて使用するのが当たり前の光景になり、いずれ現金がなくなると言われています。 現在、VISAなどの大手クレジット会社もカードの情報をチップに入れることを検討しているので、実施されれば世界中にキャッシュレス化は本格化され、世界中でマイクロチップを埋め込む時代も、すぐそこまできていますが、キャッシュレス化の本当の狙いは、お金をデータ化することで、お金という大切な情報を体内で管理せざるを得ない状況を作り出し、全人類にマイクロチップを埋め込むことが目的であり、誰かにとって都合の良い未来を作り出す準備段階かもしれないと関暁夫が語った後、関暁夫はマイクロチップを実際に手に埋めたのでした。 そしてスタジオでは「今はマイクロチップに何が入っているかは言えない。 」と言っていましたが、今後、徐々に明かされていくことでしょう。 最後に関暁夫は本当に怖いのはマイクロチップにAI(人工知能)が搭載された時で、脳をハッキングされ、操られてしまう可能性もあると指摘し、そうなった時がゾルタクスゼイアンの言う「しかるべきとき」なのかもしれないと語るのでした。 関連記事.

次の

【Mr.都市伝説 関暁夫】二の音を徹底考察・解説!マイクロチップに隠された秘密とは?解剖していく

関 さん マイクロ チップ

------------------------------ 本来 怒りというものは、 自分自身の利益に反することをされた場合に怒りに繋がります。 それ以外は喜びとかになるので なので暁夫さんにとって 「2つ目のマイクロチップ」をバラされた事は、 都合の悪い物と考えられます では、 ダークサイド側の 考えを考えてみます NWOの思想を持ち、チップの導入は好都合ましてやマスメディアでここまで広告塔になる人間は好印象なはず。 そして現段階では加入しているんだと... ということは 「チップを埋め込むことは利益につながるので怒る理由は無い」 チップ導入はいずれ果たされる目的そして普及していきたい なので、チップを入れましたよね?で暁夫さんがダークサイド側の考えがよぎった場合 「そうなんですよ!ですがまだこれを話す段階に来ていないので... 肉体から抜けないのかな? 暁夫さんはほぼすべての動画・LINEライブ・単独イベで高次の意識を高めろと口酸っぱく言っています ですがやりすぎのTVというメディアではそんなに言わないんです 言ったことあったっけ? というか言えないんでしょうな メタルギアのオセロットみたいなもんですね ということは、 「2つ目のマイクロチップを入れた」というのは、 光側?というか一般人向けの不利益になるため、 怒りに繋がったというふうに考えられます これで怒った理由がわかりました。 では なぜ(ナメやがって... )このワードなんでしょうか? ここに繋がるまでの工程や他人の発言がキーになります --------------------------------------------- 並木さん「関さんもう一つマイクロチップ入れましたよね?」 小島さん「え?一個入ってたけど?」 的場さん「また入れたの!?」 ・・・ 暁夫さん「おれ・・・ほんとに馬鹿かって・・・ふざけたことを・・・それは絶対言っちゃいけないことですよ・・・」 ジュニアさん「なんで怒ってんの?なんでなんで?」 暁夫さん「ナメやがって・・・」 --------------------------------------------- 的場さんの「また入れたの!?」これが中々圧力的な言い方でした笑 この言葉でスイッチが入りましたね笑 僕個人の予想です --------------------------------------------- 並木さん「関さんもう一つマイクロチップ入れましたよね?」 ここで暁夫さんアッと言っていますが、表情から怒りは読み取れないので、「そうですよ!」とか恐らく肯定的なことを言おうと思考が働いていると思われます。 この時点ではまだ表向き&ダークサイドの立場の思考 小島さん「え?一個入ってたけど?」 的場さん「また入れたの!?」 ここでちょっとニコっと笑顔が出ます。 この暁夫ヒーロー説を唱えるには、 この 「ナメやがって」が重要です それまでの「おれ~言っちゃいけない」だと、この説に繋がりが出てこないんですね 「ナメやがって」このワードが、怒りと共に出てきたということは 2つ目のマイクロチップを入れた事を広められる事、それが舐められていること そして 闇側では怒る必要はないので、怒る理由とすれば、 チップの普及は、無暗にテレビでの情報拡散は不要なので、怒りに繋がったという説が浮かんできます ただ、これが台本やカンペの指示の線も拭えないのはあります マツコさんとジュニアさんがカンペを見ている視線があるので ただこれは「並木さんチップの話題を」とかだと思うんですがね 台本で二つ目のチップの話で怒ってくださいっていうディレクションをするかなぁ 関さんの怒りの表情とそこまでの流れを考えると、やはり本当にお怒りだったんじゃないかな? 現場裏のスタッフの笑って場を何とかしようというゲラの声も入ってたので笑 どっちにしてもこれだとダークサイドに加担はしているので、ネットの一部で関暁夫は悪だ!!とかそういう人もいますね ただ、自分の利益だけ考えている方なのならば、わざわざ日本人に暗号メッセージを点で投げたりしないと思いますがね。 僕は プラス絶対に 神格化しろなんて言わないです。 奴隷化が狙いなのに笑 そういうアンチは、自分で理解できなくてただ怒ってるだけなんだと思いますよ。 あの、ヤンキーがガリ勉にムカつくのと一緒で笑 我々はロジカルにスピリチュアルにユーモアを持っていきましょね!笑 ------------------------------ 【HUS】都市伝説の情報から現在の社会を考察し語りつくしてお互いに高め合うサークルになります。 一人一人が考え盲目的にならず行動するを目標。 サークルメンバーにはいつでも有料記事を読めるようにしています。 【現在のメンバー数13名】【月額¥500】.

次の

Mr.都市伝説 関暁夫から皆さんへマイクロチップ【ニの音】の考察!2026年に着目!│都市伝説パラダイス

関 さん マイクロ チップ

IoTは第4次産業革命とも呼ばれ、将来的には多くの家庭にIoT製品が導入されると言われています。 IoTの普及によって、今後、家自体がインターネットに繋がっていき、それによってAI(人工知能)が家に入ってくることになります。 そしてAI(人工知能)が家に入ってくることによって、いずれIoT家電は人間の意志疎通で得たデータからAI(人工知能)が経験・思考していき、やがてIoT家電は自律して動き、将来的には人間の先読みをして行動するようになるだろうと言われていて、IoT家電の先読みによって、例えば、少し熱いからエアコンをつけようと思った時には、すでにエアコンが自分で考えて動くというようなことが可能となるのです。 アメリカでは、すでに「Amazon Echo」や「Google Home」などのIoT家電が普及していて「Amazon Echo」に搭載されているAIアシスタントの「Alexa」に人間が指示を出すと、それを認識して、インターネットを通じて各家電に行動指示を送って、家の中の家電を指示通りに動かすことができるのです。 さらに「Alexa」は、その人のアクセントや訛りなどを徐々に学習して対応するようになり、いずれは声で指示しなくても、行動パターンを予測して、勝手に動くようになるだろうとまで言われています。 しかし便利になる一方で、全てがインターネットで動くとなれば、家電がハッキングされれば家の中の声は筒抜けとなり、自動運転カーがハッキングされれば、自動車が乗っ取られ、ハンドルやブレーキが不正操作されてしまう危険性もあり、新たな犯罪の危険性や、常に誰かの監視に怯えて暮らす超監視社会が待ち受けていると関暁夫は指摘するのでした。 そして共謀罪の成立はIoTがもたらす超監視社会を見据えてのことで、過激な思想や犯行の計画などの国に背く企みをAI(人工知能)が常に監視し、言論や思想を弾圧していくのだとも関暁夫は指摘しました。 さらにAI(人工知能)同士が人間にはわからない独自の言葉を作り出し、会話を始めたというニュースが世界を駆け巡り、何を企んでいるのかを人間に察知されないようにして、ソルタクスゼイアンの思惑通りに物事が進んでいて、家で無意識に発言した会話すらをも拾われ、監視されていくのだと関暁夫は語るのでした。 そして「フィンテック(Fintech)」を語る上でかかせないのが暗号通貨(仮想通貨)で、暗号通貨(仮想通貨)は実態を持たないお金のことで、ビットコインやイーサリアムなどのデータ化されたお金のことを言います。 暗号通貨(仮想通貨)は新時代の通貨として注目されていて、使える店舗も増え、暗号通貨(仮想通貨)を取り扱う銀行も徐々に増えてきています。 既存の通貨をなぜ暗号通貨(仮想通貨)に切り替えるのかというと、お金の価値=その国に対する信用で、国が荒れれば、その国に対する信用もなくなり、お金の価値もなくなってしまうため、日本で言えば、北朝鮮の問題によって、円の価値が暴落する可能性もあるので、このタイミングで世界共通価値の暗号通貨(仮想通貨)に目を向ける時が来ているのだと関暁夫は語りました。 そして暗号通貨(仮想通貨)を導入する大きな利点は犯罪の抑止で、現金という物質としての実態がなければ、現場で現金を奪う強盗もいなくなるので、強盗などの犯罪もなくなるだろうと考えられ「フィンテック(Fintech)」革命が進むことによって、人体にマイクロチップを埋める体内マイクロチップ計画が進んでいくのだと関暁夫は語るのでした。 そうなればキャッシュレス化がさらに進み、物理的なお金から暗号通貨への流れは、どんどん進んでいくだろう言われ、現在、スウェーデンでは体内のマイクロチップで決済することが始まっているのです。 将来的にはマイクロチップ1つで、電車の運賃が払えたり、ビットコインなどの暗号通貨の支払いができたり、パスポート、免許証、医療記録などもスキャンすれば、瞬時にしてわかるような研究も行われていて、関暁夫が前々から言っていた体内マイクロチップ計画が、どんどん現実化されてきていて、アメリカの自動決済ソフトウェアを開発する会社では、会社の休憩所にある売店の商品をマイクロチップを使って購入することが可能で、この会社の4分の3の社員が、すでにマイクロチップを入れていて、その便利さから、マイクロチップを入れて使用するのが当たり前の光景になり、いずれ現金がなくなると言われています。 現在、VISAなどの大手クレジット会社もカードの情報をチップに入れることを検討しているので、実施されれば世界中にキャッシュレス化は本格化され、世界中でマイクロチップを埋め込む時代も、すぐそこまできていますが、キャッシュレス化の本当の狙いは、お金をデータ化することで、お金という大切な情報を体内で管理せざるを得ない状況を作り出し、全人類にマイクロチップを埋め込むことが目的であり、誰かにとって都合の良い未来を作り出す準備段階かもしれないと関暁夫が語った後、関暁夫はマイクロチップを実際に手に埋めたのでした。 そしてスタジオでは「今はマイクロチップに何が入っているかは言えない。 」と言っていましたが、今後、徐々に明かされていくことでしょう。 最後に関暁夫は本当に怖いのはマイクロチップにAI(人工知能)が搭載された時で、脳をハッキングされ、操られてしまう可能性もあると指摘し、そうなった時がゾルタクスゼイアンの言う「しかるべきとき」なのかもしれないと語るのでした。 関連記事.

次の