ハイライト インスタ 順番。 インスタのハイライトで順番を変える方法

インスタの便利な新機能ハイライト&アーカイブとは?24時間後もストーリーが残せる!

ハイライト インスタ 順番

ストーリーズハイライトとは ストーリーズハイライトとは、複数のストーリーズを繋ぎ合せ 24時間経ったら削除されるストーリーズとは違い、24時間以降も表示されるものです。 ストーリーズとは別で、ストーリーズハイライトを見た人も新たに足跡が付きます。 ストーリーズハイライトを作成するには 1. アーカイブを設定 まずは、設定の画面からこれから投稿するストリーズをアーカイブ 残しておく 設定をします。 まずは、Instagramのアカウントを開き、右上のバーガーボタン 三本線のボタン を押します。 そうすると右下に歯車のマークの設定というアイコンが表示されるので、それを押して下さい。 そうすると、「ストーリーズコントロール」という項目が出てきます。 その項目へ飛ぶと、「アーカイブ」をオンにするのかオフにするのかを選べます。 この「アーカイブに保存」という設定をすることで、 24時間で消えてしまった投稿もInstagram内に保存されます。 ですので、後からストーリーズハイライトを作る時や、 昔の投稿を見直したい時などにも便利です! ストーリーズハイライトに追加したい投稿を選択 ストーリーズハイライトに追加したい過去のストーリーズを選択します。 時系列を気にすることなく、昔の投稿と最近の投稿を組み合わせることも可能です。 ストーリーズハイライトの削除・編集方法 さて、ストーリーズハイライトを作成し、投稿したは良いものの、 やはり削除したい、編集したい、なんて時もあるかと思われます。 そんな時は、対象のストーリーズハイライトを長押ししてみて下さい。 そうすると、削除するか編集するかというボタンが出てきます。 削除する場合はそのまま削除できます。 また、編集する場合は、投稿のタイトル変更やストーリーズの変更が可能です。 Instagramストーリーズハイライト応用 Instagramストーリーズハイライトの投稿の仕方はわかりましたでしょうか? このストーリーズハイライトは様々なことに応用できます。 例えば、お店の商品を紹介したとしても、投稿だとどんどん下に流れていってしまいますよね。 そして、ストーリーズだと24時間で削除されてしまいます。 そんな時に役立つのがストーリーズハイライトです。 紹介したい商品を一旦ストーリーズに詳細のコメントなども含め投稿します。 そしてそれをまとめてストーリーズハイライトにすることで、 流れることなくプロフィールの一番上に表示され続けます。 たとえお店などのアカウントでなかったとしても、友人や家族、恋人との残しておきたいストーリーズを ストーリーズハイライトにまとめておくことによっていつでも見返すことが可能です。 Instagramストーリーズハイライトまとめ ストーリーズハイライトの作成方法をご説明してきましたが、いかがでしたか? 作成すること自体はあまり難しくないかと思われます。 通常24時間で消えてしまうストーリーズを、思い出をまとめてとっておくという感覚でしょうか。 アルバムの作成などに近いかもしれません。 是非、一度作成してみて下さい!.

次の

Instagramのストーリーズハイライトとは?使い方を解説します!

ハイライト インスタ 順番

すっかり定着したInstagramストーリーズですが、まだまだ使いこなせていないという企業の担当者の方も多いのではないでしょうか? Instagramストーリーズは、ハイライト機能を使うとさらに活用の幅が広がります。 今回は、Instagramストーリーズとハイライト機能の特徴と、両機能をうまく活用している企業の事例を解説していきます。 勢いが止まらないInstagramストーリーズ• Instagramストーリーズ&ハイライトを活用している企業事例• まとめ 1. 勢いが止まらないInstagramストーリーズ Instagramストーリーズとは、フィード投稿とは別に、写真・動画の投稿やライブ配信ができる機能のことです。 投稿は通常24時間後、ライブ配信の場合は配信終了後に自動で消滅するのが大きな特徴です。 によると、Instagramストーリーズを使用する1日のユーザー数は2億人を超え、この機能の人気の高さが分かります。 また、Instagramストーリーズは通常投稿のフィードと同じく表示順にアルゴリズムが働いています。 ユーザーが普段からよく見ている、いいねやコメントなどのアクションをしているアカウントのストーリーは、ホーム画面上部のより左側に表示されるのです。 ユーザーの興味関心合った内容や、更新されるたびに見たくなる有益な情報などを投稿していけば、ストーリーへのエンゲージメントが増加し、上位表示、閲覧数のさらなる増加に繋がります。 投稿内容の検証や改善によって成果を高められるので、ぜひ注力していきたいところです。 ストーリーハイライトを使うと、活用の幅が広がる! さらにInstagramストーリーズにはハイライト機能があります。 ハイライトとは、残しておきたいストーリーを任意の組み合わせでプロフィールに保存できる機能です。 ユーザーは、ハイライトに保存されたストーリーをまとめてチェックすることも可能になっています。 ハイライトを使えば、企業としてまとまった情報を提供したり、商品ジャンルごとのハイライトを作ったりできます。 いろいろな活用方法ができるので、Instagram活用の幅がさらに広がることでしょう。 またストーリーは、1画像(動画)ごとにリンクをつけられるため、リンク先への誘導も簡単にできます(ただし、ストーリーへのリンク設置ができるのは公式アカウントや1万人以上のフォロワーがいるアカウントなど、制限があります)。 ユーザーにとっての利便性の向上やリンク設置による効果を得られるという点以外にも、ハイライトを活用するメリットがあります。 Instagramは、「アカウントの評価のために500以上のスコアを設定している」と発言しており、そのスコアの一部に「Instagramの複数の機能を活用できている」という要素も含まれているようです。 つまり、ストーリーやハイライト、その他の機能を含めてどんどん活用していくことが、Instagram内での高評価につながるといえます。 もちろん、「アルゴリズムから評価されるためにハイライトを使う」というのは本質的ではないのでおすすめしません。 しかし、ユーザーからのニーズがあるから機能として実装されているのは事実。 そういった機能を活用することがユーザーへの提供価値を高めることにつながり、ひいてはアカウントの評価に繋がるのです。 参考: Instagramストーリーズ&ハイライトを活用している企業事例 事例1:ロフト 文房具からコスメ、キャラクター雑貨やインテリアなどを幅広く取り扱う生活雑貨の専門店「ロフト」。 ストーリーに登場する商品もバラエティに富んでいます。 ハイライトでは「Stationery」「Lifestyle」「Beauty」の3ジャンルの投稿をそれぞれまとめています。 このように、ジャンル別に商品紹介をまとめるのは、もっともスタンダードなハイライトの使い方といえるでしょう。 自分が欲しい情報・商品を見つけやすく、ユーザーにとっての利便性も高いです。 一つひとつの投稿は、動画と背景を組み合わせたクリエイティブが美しく、インスタ映えもばっちりです。 事例2:東急ハンズ 家電やインテリア、生活雑貨、キッチン用品からパーティグッズまで、多くの商品を取り扱う東急ハンズ。 ストーリーは純粋な商品紹介だけでなく、お客様が商品をどのように使っているかの紹介や、ユーザー参加型のキャンペーンに関する投稿など、バリエーションに富んでいます。 定番商品の活用事例をまとめた「CLIPBOOK」というハイライトでは、特定商品をさまざまに活用しているお客様の事例を紹介しています。 ライブ配信で紹介したアイテムをまとめた「LIVE配信紹介アイテム」では、配信中に気になったアイテムをあとから探せるようになっています。 その他「ヒントマガジン」というメディアのまとめや、商品を使ったコンテストの入賞作品のまとめなどにもハイライトを活用しています。 事例3:ソフトバンクセレクション スマートフォンアクセサリーのトータルブランドである「ソフトバンクセレクション」。 ハイライトを「実用的」に使っているのが特徴的です。 実用的な投稿とは、「渋谷」「六本木」など、店舗案内のストーリー。 世界観の統一が重要になるInstagramの通常投稿では、こういった実用的な投稿はしにくいものですが、プロフィールに残らないストーリーならできますね。 店舗紹介をハイライトとして残しておくことで、ユーザーの来店を促し、利便性を高めています。 また店舗紹介とは別に、「GLIDiC」では動画を使った商品紹介もしています。 ストーリーの縦型動画を活かした商品紹介です。 事例4:じゃらん 日本の旅先を紹介している「じゃらん」のアカウントです。 ストーリーでは特定のハッシュタグをつけて投稿されたユーザー投稿をリグラムのように紹介しており、UGCを活用した運用になっています。 ハイライトでは、ユーザー投稿を紹介したハイライトをテーマごとにまとめています。 ストーリーは本来24時間で消えてしまいますが、ハイライトにすることでUGCが長期的に利用可能です。 事例5:肌ラブ 美容情報Webサイト「肌らぶ」の公式Instagramアカウントです。 いくつかあるハイライトから2つご紹介します。 「LUNASOL」は、新作商品やシーズンの新作をまとめて閲覧できるハイライトです。 このストーリーやハイライト自体はPRではないと思われますが、通常投稿ではなくInstagramストーリーズを使ったPRを考える良い例になるでしょう。 そしてユーザーからの質問に回答する「Q&A」では、事前に「質問を受け付けるスタンプ」を使った投稿で質問を集め、それに回答したストーリーをまとめています。 一つひとつの質問に回答するだけではなくハイライトに残しておくことで、あとからユーザーが確認しやすくしています。 事例6:ラッシュジャパン 自然派のコスメやスキンケアアイテムを扱うブランド「ラッシュ」の公式アカウントです。 ラッシュは、ストーリー+ハイライトで「肌診断」ができるというユニークなコンテンツを作っています。 画面の指示に従って進むと肌診断(正確には肌色診断)ができるようになっており、新しいファンデーションのカラーバリエーションの中から、自分に最適なものがわかります。 画像の「アンダートーン」ではベースのカラータイプがわかり、さらにそれぞれのタイプ向けのストーリーをまとめたハイライトでは、そのタイプの中のどの色番が自分の肌色に近いかを診断できます。 事例7:キレイキレイ これは、日用品メーカーのライオンが展開するハンドソープブランド、「キレイキレイ」のアカウントです。 同アカウントには、「メイキング」や「#キレイキレイゲーム」などのハイライトがあります。 なかでもゲーム感覚で楽しめる「#キレイキレイゲーム」は、画面が遷移するInstagramストーリーズの仕組みを利用した、楽しいコンテンツになっています。 事例8:パナソニッククッキング 「パナソニック」の調理家電を使ったおすすめのレシピやキャンペーン情報を発信するアカウントです。 「ホームベーカリー」や「Creative!」などのハイライトがありますが、特に「土用の丑の日」というストーリーハイライトでは、ストーリーのアンケートボタンを活用し、画像は「うなぎ」と「ちくわ」のどちらかを当てる、クイズ形式の楽しい内容になっています。 事例9:ポカリスエット スポーツドリンク「ポカリスエット」のアカウント。 キャンペーンをストーリーでも投稿し、参加方法やアカウント情報、アクセスタグをなどを1画面で見やすく掲載しています。 「気を付けてお嬢さん 砂山で」などのように、何種類かの異なるタイトルとCM動画に、キャンペーンの解説を加えています。 事例10:cohina 155cm以下の小柄な女性向けのファッションアイテムを扱うECサイト「cohina」のInstagramアカウント。 ユーザーからのレビューやコメントを紹介している「レビュー集」では、Instagramの投稿をただ載せるだけではなく、加工やコメントなどで演出し、かわいくて楽しいストーリーに仕上げています。 小柄で服選びに苦労している人の共感を呼ぶようなレビューを多く紹介し、コメントをつけることで、ユーザーとコミュニケーションをとっています。 まとめ 国内のアクティブユーザー数が2,000万人を超え、40~50代の利用者も増加率が高くなっているなど、今や若い女性だけでなく、幅広い世代に人気が波及しているInstagram。 新しい表現方法でマーケティングを展開できるInstagramストーリーズ、そしてハイライトは、企業のInstagram活用の有用性をさらに高めてくれることでしょう。 本記事を参考に、ぜひ独自の活用方法を見つけてください。 合わせて読みたい記事.

次の

インスタストーリーのハイライトとは?追加や編集方法など使い方まとめ|インスタグラム使い方

ハイライト インスタ 順番

もくじ• それぞれのアイコンは 過去に作成した「ストーリーズ」がまとめられています。 ハイライトの役目や意味としては、• 24時間限定のストーリーズを半永久的に表示できる機能• 自分を代表するストーリーズをプロフィールに掲載し続ける機能 という意味合いを持ちます。 ストーリーズの「ハイライト」の注意点:『足あと』が付く ユーザーが作成したハイライトを閲覧した時の注意点としては、その ストーリーズが作成されたのが24時間以内だった場合、閲覧者として足跡がつく点です。 通常、ストーリーズは24時間以内に消滅してしまうコンテンツですが、それを閲覧すると足あとが付きます。 それはハイライトに設定されたあとも同様で、ハイライトを閲覧する際は 足跡がつく可能性があることを認識しておきましょう。 ただし、 24時間経過した後は足跡がつきません。 また、24時間以内に閲覧して足跡がついたストーリーズでも、ハイライトに設定されていて 24時間以上経過した後は足あと情報が削除されますので、投稿者がそれを確認することをできません。 ストーリーズ『ハイライト』の始め方・使い方 プロフィール画面上で自分自身を表現するストーリーズをまとめた 「ハイライト」。 そのハイライトも自分のプロフィール上でどのように設定していくかを紹介します。 できたてのストーリーズを『ハイライト』に設定する まず作ったばかりのストーリーをハイライトに設定する方法をご紹介します。 ハイライトはプロフィール画面上でストーリーズをまとめる機能を持ちますが、 「ストーリーズ用のフォルダ」のような見方をすることができ、ここで 作成したストーリーズをどのフォルダに格納するか、のような感覚で作成済みハイライトを選択すると良いでしょう。 もし作成したストーリーズが自分的に新しいジャンルのコンテンツであれば、 +新規のアイコンから新しいハイライトを作成しましょう。 プロフィール画面から新規の『ハイライト』を作成する ハイライトの新規作成はプロフィール画面から行うことができます。 アーカイブに保存されているものを『ハイライト』に設定する 常にストーリーズとして作成済みのものを、プロフィールに表示するための『ハイライト』として設定することができます。 ストーリーズ『ハイライト』の編集・削除の方法 簡単に作成できるハイライトですが増えすぎてしまった場合編集や削除が必要になります。 時点ではハイライトの配置変更のみを行うことはできません。 もしそれぞれのハイライトの位置を変更したい場合は、一番左に位置させたいハイライトに新しいストーリーズを追加することで、場所の移動・配置変更を行うことができます。 『ハイライト』の表紙(カバー)の変更方法 それぞれのハイライトには表紙となるアイコン(カバー)が設定されています。 そのカバー画像も変更することができます。 『ハイライト』のタイトル(名前)を変更する方法 ハイライトのタイトルを変更することもできます。 ハイライトの中の写真を削除する方法 ハイライトに格納されている写真は適時削除することできます。 プロフィールに表示されているハイライトのアイコンを長押しし ハイライトを編集をタップ。 元々ストーリーズはアーカイブという機能の中に格納されていますので、ストーリーズ自体を削除したことにはなりません。 ハイライト自体を削除する方法 使用する目的がなくなったハイライトはそれ自体を削除することができます。 ハイライトに設定しているストーリーズをダウンロード保存する方法 ハイライトは24時間以降も表示ができるストーリーズですが、他のユーザーが作成して設定しているハイライトも自分がダウンロード保存することもできます。 他人のハイライトをダウンロード保存する方法 他のユーザーが作成したハイライトをダウンロード保存する方法は、まず「PhotoAround」というアプリを使用します。 自分のハイライトをダウンロード保存する方法 自分が作成してハイライトに設定したコンテンツをダウンロード保存する方法は、2通りあり、• 「アーカイブ」に自動保存されている場合、アーカイブからいつでもダウンロード可能• 「アーカイブ」に保存されていない場合、自分でハイライト上のストーリーズを再生・保存 という手順になります。 PhotoAroundを使用すれば、自分のハイライトも簡単・一度にダウンロードすることができます。 ハイライトのストーリーズをシェアする方法 作成したハイライトは誰かに見てもらうために、シェアすることもできます。 URLリンクを他のアプリで送信する方法 ハイライトはその一つ一つが URL を持っているページですので、その URL を共有する形で自分のハイライトをシェアすることができます。 ハイライトの変更後、フォロワーに通知される? 自分のハイライトを構成したい変更した時にフォロワーに通知がされるかどうかですが、基本的には いかなる変更を行った時でも自分のフォロワーに対して通知は行われません。 ハイライトの変更をフォロワーに知って欲しい時は、上記で記載したシェアする方法などを使って友人と共有するのが良いでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は Instagram のハイライトという機能について詳しくご紹介いたしました。 今では Instagram のインサイトという機能を使って自分のプロフィールページにどのくらいのユーザーがアクセスしたかを常に確認することができますが、その プロフィールページで真っ先に表示されるハイライトは 常に新しいもしくは自分をより表現しているものを設置したいものです。 上記でご紹介したハイライトに関する機能を参照していただき、今のフォロワーに伝わるハイライトの使い方を試してみてくださいませ!.

次の