ウォン安ドル。 ウォン安ドル高で1ドル=1300ウォン台間近…石油・航空業界「本当につぶれる」|韓国経済.com

ドルウォンレートの推移、1200突破でどうなる!?(2020年)

ウォン安ドル

韓国経済、【全くのデタラメ】急激なウォン安ドル高も…韓国政府が積極介入しない理由 記事要約:韓国政府は今の為替状況,ウォン安を容認しているとか、意味不明な発言が飛び出してきた。 明らかに今のチャートを見れば1200に到達させないように介入しているとしか思えないのに、積極介入してないそうだ。 それで騙せるのはチャートを見ていない人間だけだ。 毎日、チャートの動きを追っている当サイトでは一瞬で嘘だとわかるという。 しかし、よくもこんなデタラメを記事にしているよな。 > 最近、1ドル=1200ウォン目前までウォン安ドル高が進んでも韓国政府が積極的に動かないのは、最近の景気を勘案しているという解釈が出ている。 ある通貨当局関係者は「最近は輸出が良くない状況であるため、『この程度は大丈夫』という共感がある」と伝えた。 ウォン安になれば輸出品価格が下がるからだ。 物価上昇率が4カ月連続で0%台という状況で「デフレーション(物価下落による経済沈滞)」を防ぐ効果もある。 ウォン安になれば輸入物価は高くなるのが一般的だ。 財政投入や人為的な市場介入なく政策効果を期待できるという意味だ。 韓国の輸出企業にとって確かにウォン安は有利だが、このままウォンが安くなれば原材料価格は上がる。 特に原油高の状況なのに通貨安とかになれば、それだけでウォン安のメリットが相殺されてしまうんじゃないか。 ウォン安になれば輸出品価格は下がる。 でも、輸入品の価格はあがる。 そもそも、デフレを防ぐとかあるが、デフレの原因が国内にあるのに、為替レートで調整するのは無理があるんじゃないか。 そもそも、韓国は本当にデフレなのか?食べ物の値段はどんどん上がっているんじゃないか。 デフレというより、スタグフレーションだとおもうぞ。 どちらにせよ。 為替レート容認とか、真っ赤な嘘という。 > ソシエテジェネラル(SG)のオ・ソクテ・エコノミストは「現在の為替レートは政府が介入するほどの水準ではないとみる」としながらも「通貨危機やグローバル金融危機当時にウォン急落で経済が悪化したトラウマがあるだけに、労働・規制改革のような経済体質改善を通じてウォン安による衝撃を減らさなければいけない」と助言した。 今月17日、1ドル=1195.7ウォンまでウォン安ドル高が進んだ。 すると20日、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相が「金融市場の過度な動きで変動性が拡大する場合、適切な措置を通じて市場安定を維持する」と述べた。 22日現在1ドル=1192.8ウォンと、1200ウォンを目の前に停滞している。 洪副首相のこうした発言について為替実務を担当する企画財政部国際金融局の関係者は「現在の状況に対する原則を強調した水準であり、口先介入とは見なしがたい」と述べた。 これに先立ち13日には李昊昇(イ・ホスン)企画財政部第1次官が「(ウォン安は)周辺国と比較して行き過ぎた水準ではない」と評価した。 韓国政府がウォン安を容認しているという分析が出ている。 政府の市場介入は間接介入・直接介入に分かれる。 現在は十分な間接介入(口先介入)水準というのが市場の見方だ。 韓国銀行(韓銀)出身のある研究員は「口先介入にも段階がある」とし「政府が最近『鋭意注視している』という信号を送っているが、これは『現在の市場は非正常』『為替レートの不安定な動きを座視しない』と警告するよりは一段階下」と説明した。 しかし「それでも十分な口先介入と見ることができる」と話した。 過去の政府は積極的に市場介入をした。 李明博(イ・ミョンバク)政権の初代経済チームを率いた姜万洙(カン・マンス)企画財政部長官がそうだ。 為替レートは国益に合うべきだと信じていた姜長官は「どの国も為替レートを市場に任せる国はない」として常に市場に介入し、「為替レート主権論者」と呼ばれた。 政府がドルを売買するなど直接介入する手段もある。 しかし米国の圧力が強まり、露骨に介入しにくい状況だ。 企画財政部の関係者は「輸出競争力を高めるために人為的に介入するのはいけないが、市場の安定のための微細調整(スムージングオペレーション)は国際社会で十分に容認される」とし「しかし今は直接介入については全く考慮していない」と述べた。 最近、1ドル=1200ウォン目前までウォン安ドル高が進んでも韓国政府が積極的に動かないのは、最近の景気を勘案しているという解釈が出ている。 ある通貨当局関係者は「最近は輸出が良くない状況であるため、『この程度は大丈夫』という共感がある」と伝えた。 ウォン安になれば輸出品価格が下がるからだ。 物価上昇率が4カ月連続で0%台という状況で「デフレーション(物価下落による経済沈滞)」を防ぐ効果もある。 ウォン安になれば輸入物価は高くなるのが一般的だ。 財政投入や人為的な市場介入なく政策効果を期待できるという意味だ。 しかし急激なウォン安は警戒する必要がある。 為替レートが国の経済体力と対外信用度を評価する対外「成績表」という側面でだ。 オン・キグン崇実大経済学科教授は「韓国ウォンが急落すれば外国人資金の離脱につながり、景気低迷の中で物価が上がるスタグフレーションになりかねない」と懸念を表した。 ソシエテジェネラル(SG)のオ・ソクテ・エコノミストは「現在の為替レートは政府が介入するほどの水準ではないとみる」としながらも「通貨危機やグローバル金融危機当時にウォン急落で経済が悪化したトラウマがあるだけに、労働・規制改革のような経済体質改善を通じてウォン安による衝撃を減らさなければいけない」と助言した。 ソウル共同発。 韓日議員連盟の姜昌一会長は、日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り「駐韓日本大使や日本の議員たちが『韓国が(解決に向けた)ジェスチャーを見せれば、日本企業の被害者への賠償を妨害しない』と話している」と発言。 為替介入の件もこの件も、どうしてこう都合のいい嘘ばかり書けるのか。 それでいて文在寅「正義を持って日本の誤りを正す」などと舐めた事を言う。 だがしかし、冷静に考えれば、嘘と捏造で露骨な反日活動をしてくれるので、少々のビジネス的な旨みがあっても韓国から撤退しようと判断する企業が出てくれて助かる。 建国以来、中国にはへりくだっても日本はなんとか見下ろそうとしてきた朝鮮民族のDNAが黙っていないのだろう。 嘘を繰り返す事で己すら欺き続けるのが朝鮮人の遺伝子的パターン。 世界中の他民族では稀有か皆無だが朝鮮人のみでは圧倒的に多いという特徴。 これは個人の習慣ではなく民族・集団の「慣習」であり、近親相姦繰り返した遺伝子破損の結果であり、孫や曾孫の代程度では修復は見込めない。 まさに霊魂から生まれ変わっても修復改善は見込めない。 南朝鮮の為替介入は過去にその手口まで詳細に米国に晒されて指摘されてきた。 一定の数字の防衛ラインまで介入してそれを繰り返すという、HFが仕掛ける場合稼ぎやすい幼稚な為替介入の手口は今回も健在のようだ。 学習という事が難しく、同じ手口を繰り返すのもOINK。 もうドル結構溶かしているだろう?.

次の

ドルウォンレートの推移、1200突破でどうなる!?(2020年)

ウォン安ドル

写真=iStock. com/Ca-ssis しかし、第2波はどの国でも想定されており、第2波による経済への悪影響は韓国に限ったことではありません。 進行するウォン安はコロナとは別軸で考える必要があります。 つまりこのウォン安は、韓国経済そのものに対して、成長性を感じられない海外投資家による「韓国売り」なのです。 韓国経済は、1965年の日韓基本条約をバネに成長した背景があります。 日本の賠償や借款など数億ドルに及ぶ「資金」により経済発展の基礎を固めつつ、さらに、日本からの「技術援助」で国際競争力を付けることができたのです。 その結果、韓国は輸出特化の経済戦略を築いてきました。 しかし、この輸出競争力にいま、陰りが出ています。 それは、中国からの追い上げです。 韓国はなぜ、置き去りにされたのか。 それは、韓国自身が日本を基盤にして近代化してきたという認識の欠如から、いまの状況に陥っていると言えます。 5%にすぎない半導体自給率を25年までに70%に引き上げるという計画を示しています。 5G、半導体、IoT、自動運転、EV(電気自動車)、AI(人工知能)の全ての分野で中国は主役になることを計画しています。 その未来は、もう目の前に迫っています。 しかし、韓国はこの全ての分野で出遅れています。 基幹産業である半導体ですら、中国に取って代わられるところまで来ています。 なぜ、韓国はテクノロジーの進化が遅れたのでしょうか。 そこには「反日」が関係しています。 李明博大統領時代から朴槿恵大統領の時代、そして現在の文在寅政権でも日本に対しては厳しい姿勢を取り続けています。 特に、李氏は竹島上陸と日本の天皇への謝罪を要求し、朴氏は慰安婦問題で日本の政府への謝罪要求を行いました。 さらに、米中対立の最前線となった香港をめぐっては、中国が香港での反政府デモなどを取り締まる「国家安全法」の導入を決定したことを受け、米中の対立はさらに深まる見通しです。 韓国は対中輸出が約26%を占めており、中国依存度が高い構造になっています。 さらに、GDPの70%強を輸出が占めるほど貿易依存度が高い国にとって、世界の2大大国である米中の対立の激化は韓国基幹産業である、「機械と電子部品」「輸送機」への打撃が大きい点も「韓国売り」を加速させているのです。 『朝鮮日報』(2019月12月18日)「韓国1世帯当たり家計債務が8000万ウォンに肉薄」では、韓国統計庁、金融監督院、韓国銀行が発表した「2019年家計金融・福祉調査結果」によると、19年3月時点での韓国の1世帯当たりの家計債務が前年比3. 2%増の7910万ウォン(約744万円)となり、8000万ウォンの大台に迫っていると伝えています。 債務の増加ペースは可処分所得の伸びの2. 7倍にもなりました。 韓国は、不況の影響で高所得の自営業者による所得が減少しています。 実際に、00年代後半から、一生懸命に働いても、月額10万円も稼げないという、最低限の生活を送るための収入を得ることができないワーキングプアが問題になります。 韓国の格差社会が生まれたきっかけは、1997年後半に韓国を襲った「IMF危機」がきっかけです。 97年はアジア通貨危機が起きた年で、この通貨危機の原因は米国が短期金利であるFFレートを引き上げたことによって、新興国に向かっていた世界の資金が一斉に米国に戻り始め、韓国も通貨危機に陥りました。 財政破綻の危機に直面した韓国政府が、IMFから多額の資金援助を受けるため、国家財政の主権をIMFに譲り渡したのです。 そこから、這い上がるために、1998年2月に就任した金大中大統領は、IMF体制からの早期脱却を目指しました。 ここで、資本市場の開放、公企業の民営化、そして労働市場の柔軟化およびリストラ強行など、新自由主義的な政策を行うことによって、2001年8月には韓国はIMFから借り入れた資金を早期に返済し、経済主権を取り戻しています。 しかし、その過程で中産階級が崩壊してしまい、国内の格差が進んでしまったのです。 その結果、韓国では中小企業は成長が見込めない状態になっています。 9兆ウォンから2017年には67. 5兆ウォンに43. 6兆ウォンも増加しています。 一方、統計庁19年2月が発表した「2018年第4四半期家計動向調査」によると、所得下位20%世帯の1カ月名目所得は123万8200ウォンで1年前と比べて17. 7%も減少したことが明らかになったとしています。 中小企業やベンチャー企業、また大企業の企業内起業がイノベーションを起こすことで、経済は活性化されます。 韓国は財閥だけが利益を得る構造から抜け出すことができずに、イノベーションが生まれる土壌が育っていないのです。 さらに、韓国には深刻な人口問題があります。 現在の韓国は、日本以上の少子高齢化が深刻化する可能性があるのです。 韓国統計庁のデータによれば、早ければ19年の5165万人をピークに韓国の総人口は減少に転じる見通しです。 本格的な労働力不足による時代が迫っているのです。 持てる者と持たざる者の間に広がる格差をどのように縮めるか、韓国政府が真剣に向き合わなければならない問題なのです。 IMFのデータを元にフィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議の調査によると、2月から3月にかけて外貨準備高の減少が大きかった国・地域は、ブラジル(193億ドル)、トルコ(156億ドル)、インドネシア(95億ドル)、韓国(90億ドル)、香港(78億ドル)などでした。 総じて脆弱な新興国は、外貨準備高を大幅に減少させてしまったように見えます。 一方、外貨準備高の増加が大きかった国は、日本(1810億ドル)、ドイツ(428億ドル)、フランス(255億ドル)、イタリア(121億ドル)、スペイン(104億ドル)などです。 外貨準備高の変動を見ても、あらためて、明暗が別れたことがおわかりでしょう。 ---------- 馬渕 磨理子(まぶち・まりこ) テクニカルアナリスト 京都大学公共政策大学院を卒業後、法人の資産運用を自らトレーダーとして行う。 その後、フィスコで、上場企業の社長インタビュー、財務分析を行う。 ---------- (テクニカルアナリスト 馬渕 磨理子) 外部サイト.

次の

ウォン安ドル高で1ドル=1300ウォン台間近…石油・航空業界「本当につぶれる」|韓国経済.com

ウォン安ドル

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の