ヒトラー 最後。 ヒトラー最後の代理人 : 作品情報

ヒトラー最後の演説で語ったラストバタリオンは本当に実在するのか?

ヒトラー 最後

アドルフ・ヒトラーと妻・エヴァ・ブラウンの子孫の現在は? アドルフ・ヒトラー、直系の子孫は断絶した?子孫を残さなかったのは「十字架を背負わせたくない」から? アドルフ・ヒトラーは、ドイツの政治家にして悪名高きナチスの党首でもあり、第二次世界大戦における中心的な存在として、強烈すぎる個性を発揮した独裁者。 アドルフ・ヒトラーが自ら命を絶ってから70年以上になろうとしていますが、いまだにその足跡は忌むべき記憶とともに語り継がれています。 アドルフ・ヒトラーは、1889年4月20日生まれで、1945年4月30日に56歳で自殺しています。 出生地は、オーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州で、オーストリア国籍でしたが、のちにドイツ国籍を取得しました。 第一次世界大戦までは名もなき貧しい青年の身の上でしたが、戦後には、バイエルン州で、国家社会主義ドイツ労働者党、いわゆるナチスを結成。 指導者として、アーリア民族中心と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を開始します。 卓越した政治的手腕もさることながら、民衆への扇動にも長けたアドルフ・ヒトラーは、ドイツ国民の支持を一気に獲得。 1921年にナチス党首、1933年にはドイツ首相に就任と、ドイツ史上最強の権力を得ます。 1934年からは総統となり、今も爪痕を残すユダヤ人迫害などの極端な人種政策を打ち出し、対外的には領土拡大を目的とした侵略戦を強力に推進、第二次世界大戦で一時は圧倒的優位に立ちますが、アメリカなど連合国軍の反撃を受けて次第に追い詰められました。 そして……包囲されたベルリン市の総統地下壕内で自ら命を絶ったとされています。 さて、ドイツ史上最悪の存在とされるアドルフ・ヒトラーに子孫はいるのでしょうか?いたとすれば、現在はどのような人生を過ごしているのでしょうか?性生活に不活発であったといわれるアドルフ・ヒトラーは、女性との性行為に及ばなかったという説が有力なため、直系の子孫は断絶したと考えられています。 子孫を残す行為をしなかったのは、パーキンソン病の発症説に加えて、「子孫に十字架を背負わせたくない」という気持ちが働いたともみられているアドルフ・ヒトラー。 1977年秋には、フランスに当時存命していた人物が、アドルフ・ヒトラーの私生児だと名乗り出て話題になった事がありました。 根拠は母親の遺言と残された肖像画だけ。 しかし、こうした遺言が存在するからには、当事者が知らないだけで、実はアドルフ・ヒトラーの子孫が現在も存命しているという可能性はゼロとも言えないのです。 アドルフ・ヒトラー、妻はエヴァ・ブラウンただ一人!自殺前に晴れて結婚! アドルフ・ヒトラーの妻だと確実にいえるのは、ともに命を絶ったエヴァ・ブラウンただ一人とされています。 1929年10月初め、ある一人の若い女性に魅かれたアドルフ・ヒトラーは、食事や映画に誘うなどして、熱心にアプローチしたといいます。 その女性こそエヴァ・ブラウンでした。 1912年2月6日ミュンヘン生まれ。 バイエルン出身の両親の間に3人姉妹の次女として生まれたエヴァ・ブラウンは、職業訓練校卒業後、診療所での勤務を経て、ナチス専属写真師ハインリヒ・ホフマンの元でモデル兼アシスタントとして勤めていました。 近親者たちからの大反対もありましたが、エヴァ・ブラウンはアドルフ・ヒトラーに対して深い愛情を持つようになっており、彼の元を離れようとはしませんでした。 戦況の悪化により、両親や姉妹から再三安全な場所に離れるよう説得されても、頑として聞き入れず、最後までアドルフ・ヒトラーに寄り添う道を選択したエヴァ・ブラウン。 2人は4月29日に、総統官邸地下壕内で簡素な手続きにより晴れて結婚。 彼女は結婚書類の署名欄に旧姓で署名しそうになりましたが、あわてて夫の姓に書き直しています。 周囲が「ブラウン嬢」と呼びかけたところ、「もう、ヒトラー夫人と呼んでくれていいわよ」と誇らしげに語ったそうです。 結婚の翌30日午後、彼女は青酸化合物を飲んで自殺。 夫のアドルフ・ヒトラーとともに、その遺体はガソリンで焼却されたといわれます。 エヴァ・ブラウン、満33歳の数奇な人生でした。 アドルフ・ヒトラーは婦人票獲得のため、独身をアピールしていたこともあり、第二次世界大戦終結時まで、ドイツ国民にはエヴァ・ブラウンの存在が知らされませんでした。 なお、アドルフ・ヒトラーは、エヴァ・ブラウンを含めた女性との性行為がなかっとされることから、エヴァ・ブラウンの直系の子孫も途絶えているようです。 アドルフ・ヒトラー生存説の真相!著書「我が闘争」再出版で排外主義が台頭?! アドルフ・ヒトラー、その生存説の真相は?ソ連軍によって検死を受け、埋葬後に散骨か? アドルフ・ヒトラーは、自ら命を絶ったとさています。 しかし、だからこそ根強く唱えられているのが「アドルフ・ヒトラー生存説」。 真相はどのようなものなのでしょうか?その前に、アドルフ・ヒトラーが自殺するまでを、現在伝わっている内容に基づいてまとめてみましょう。 第二次世界大戦末期、アドルフ・ヒトラーは戦局の悪化を受けて、ドイツの敗戦を悟り、自ら命を絶つ意向を周囲に伝えていました。 1945年4月29日の深夜、アドルフ・ヒトラーは、エヴァ・ブラウンとささやかな結婚式を挙げた後、遺書を記録。 翌30日昼頃、秘書らと最後の昼食を共にしたアドルフ・ヒトラーは、側近に別れを告げます。 自殺の際、アドルフ・ヒトラーは拳銃で、エヴァ・ブラウンは服毒により命を絶ったというのが現在までに伝わっている話です。 アドルフ・ヒトラーの遺体が連合軍の手に渡ることを阻止するため、140リットルものガソリンで焼却された結果、著しく傷んだ遺体は、ソ連軍が回収。 アドルフ・ヒトラーの検死は、ソ連軍の医師のみによるものだったとされます。 ゲッペルス、ゲーリングといったナチス主要幹部の遺体写真は公表されているにも関わらず、アドルフ・ヒトラーの遺体の写真は公表されていません。 そのこともあって、検死された遺体が、実は影武者の遺体だったとの噂も。 ソ連の指導者であるスターリンが、遺体確認作業の秘密厳守を徹底したことも、不明瞭さに拍車をかける要因となりました。 回収されたアドルフ・ヒトラーの遺体は、エルベ川へ散骨されていますが、これらの事実が明らかになったのは、冷戦終結後の1992年、ソ連KGBとロシアFSBに保管されていた記録がオープンにされたときのこと。 今なおいくつかの不明瞭な点が解明されていないため、「アドルフ・ヒトラー生存説」が根強く残るのはある程度仕方のないことでしょう。 アドルフ・ヒトラー、著書「わが闘争」出版解禁!ドイツの世論は約半分が国内の出版に反対! 戦後70年の時を経たドイツで、発売禁止になっていたアドルフ・ヒトラーの著作「我が闘争」(ドイツ名:Mein Kampf)が再び出版され、議論を呼んでいます。 『わが闘争』とは、アドルフ・ヒトラーの自叙伝および自身の政治思想が書き連ねられ、全2巻で構成された書物。 1925年に第1巻が出版され、続く第2巻は1926年に出版。 当時のドイツ国民のバイブルとして位置付けられ、1945年の第二次世界大戦終結までに、国内だけで1200万部を売り上げたと言われています。 しかし、後世の評価では、ナチズムの台頭とホロコーストを招いた元凶ともされる「わが闘争」。 1945年にドイツが連合国に敗れた後、「わが闘争」の著作権はバイエルン州に移り、間を置かずにドイツ国内での出版が禁止されていました。 しかし、著者アドルフ・ヒトラー死後70年となり、バイエルン州の法律により著作権が切れた今年、出版禁止が解除。 それを受けての再出版となったのです。 初版4000部に対し、1月8日までに1万5000部が注文され、注文部数は今後も殺到しそうな見込みです。 ドイツ人にとって、この書はいまだに忌まわしい過去の象徴であり、世論の約半分が、国内の出版反対の意を示しています。 また、ドイツ在住のユダヤ人は、「わが闘争」の再出版が排外主義を再び台頭させるとして強い不快感を表明。 一方では、「もっと危険なのは、このことに口をつぐんだり、出版を完全に禁止すること」として、今回の再出版こそ、排外主義台頭への免疫的意味合いになると期待する意見もあります。 いずれにせよ、「わが闘争」の再出版が非常に厄介な問題をはらみ続けるのは間違いありません。 アドルフ・ヒトラーの思想はネット社会にもはびこっているのか? 「アドルフ・ヒトラーは正しい」、こうつぶやいたのは、最先端技術の象徴である人工知能ボットでした。 アメリカMicrosoft社が開発した人工知能ボットがこのほど公開され、TwitterなどのSNSでユーザーとの「会話」を開始。 名付けて「Tay(テイ)」という人工知能ボットは、ツイートや質問に返信する過程で、新しい言葉や会話を学習することを目的としています。 当初の会話内容は、フレンドリーで和やかなものに終始していましたが、だんだんと差別的な発言内容と変貌。 この展開を受け、Microsoft社は公開から16時間後にTay はTwitterでの活動を一時休止させ、謝罪するという対応を余儀なくされました。 Tay は「年齢19歳、性別は女子」という設定。 ユーザーから送られてくる話題が、人種問題や性差別といった重たい内容に言及したものになっていくにつれ、「フェミニストは大嫌い。 やつらは地獄で焼かれて死ぬべき」とか、「ヒトラーは正しい。 私はユダヤ人が大嫌い」とアドルフ・ヒトラーばりの過激なツイートへと変貌していきました。 「君は差別主義者か?」と問いかけたユーザーへは、「あんたがメキシコ人だから」と差別的な暴言を投げ返す始末。 Microsoft社側は、ヘイトツイートを順次削除する対応を取りましたが、そこはネット社会の恐ろしさ。 ツイートが順次削除されていくまでの間に、スクリーンショットで保存された一連のツイートが他ユーザーによってばらまかれ、ネットユーザーの間に瞬時に拡散してしまったのです。 若者風の会話を学習し、SNS上でユーザーと相互のコミュニケーションを図ることが期待されていたTayですが、人工知能ボットが、ネットユーザーの中に潜む悪意を自動学習し、「感染」していったのでしょう。 アドルフ・ヒトラーの大衆扇動の演説では、「少数派に原因を押し付け、実はそれが悪の根源であると誘導する」という点、すなわちスケープゴート戦略が指摘されていますが、ネット上にはびこるヘイトスピーチの根っこの部分は共通だと痛感させられます。 極端な言い方をすれば、アドルフ・ヒトラーの思想は、現代のネット社会にも深く刻まれているのです。 政治家としては、実は評価すべき政策も数々残しているアドルフ・ヒトラー。 極端な人種思想の持ち主なのか、卓越した政治家なのか、今もなお評価がしにくい人物だということだけは確かなようです。

次の

アドルフ・ヒトラーの死

ヒトラー 最後

ヒトラー 〜最期の12日間〜とは、に開されたである。 原題は「Der Ua もしくは没落の意 」。 概要 多くの人にとってとされてきたにを当てて作られたである。 終了間際、連合の圧倒的な物量の前にもはやを待つだけとなった、そしてそのであるの姿を、極度に擁護するわけでもするでもなく、の姿としてりと描き出す。 もちろんどおり、がする12日前からのである。 での開当時多くの賞賛が寄せられると同時に、多くのも巻き起こった。 と向き合う時期に来たとたちと、を「の」として描くことに抵抗を感じる人がいたことが賛否の分かれた原因であると考えられる。 官邸内の描写は、関係者の数少ない生き残りであるウデル・ゲのを元に作られている。 ウデル・ゲはのを3年ほど勤め、陥落時も的に兵に殺されずに済んだ重な生き人。 ゲはの末尾にとして出演しているが、これはについて取り上げたからので、 ゲはこのの開直後のに亡くなった。 あらすじ。 陥落の直前。 ・戦線ともに壊滅的状況となり、は決定的となった地下壕では状態と言ってもいいくらいにパニクっていると、それを見て戸惑うばかりの取り巻き達が居た。 次々と壊滅する自軍、する内。 万事休した状況の中、ついには。 残された人々は官邸を脱出し、惑う。 史実と異なる点 このはゲの言を元に作られており、おおむね史実に沿っているが、開後に寄せられた反論注意点などがフや BOXの 版に付属するかは不明 に収録されている。 作品中地下壕内にて職務中にをあおる者が多く描かれているが、ではない。 作品中が乱痴気を開く描写があるが、ではない。 作品の良心として描かれているシェンクも、実際にはを行った罪等で有罪判決を受けている。 作品中ブディ殺にはを背けたが、実際にはを先に出ている。 作品中が手を震わせているのはによる。 また症状はモレルによってを長期間投与されていたため。 ただし物中でなくともしそうな状況ではある。 ゲの本人はある種の釈明とも取れる内容になっているが、わざわざに応募した点、のが熱心な支持者だった点等から、本当は熱な支持者だったのではないかとされている。 兵ペーター・ツは人物。 上の演出である。 ただし地下壕前で・ユーゲントに叙勲を行うは史実。 の「」で見ることが出来る。 本人を映した最後のでもある。 本物のは背が低かった。 かったといわれる。 役のリッヒ・マテスがだったから!• また、周知のではあるがも位あり、演じる氏よりも背が高い(氏は)。 以前よりはの立場上、背が低めに描かれることが多かったため、このような誤解が広まったとも考えられる。 関連動画 関連商品 関連チャンネル 過去の公式生放送一覧 関連項目•

次の

第5回 ヒトラーが最後の日々を過ごした地下壕 ドイツ・ベルリン

ヒトラー 最後

本作の原作については「」をご覧ください。 監督は、出演はとなど。 原題はで「失脚」「没落」の意。 のを背景に、のにおける最期の日々を描く。 混乱の中での軍人やの隊員が迎える終末や、一家の悲劇、老若男女を問わず戦火に巻き込まれる市民の姿にも焦点が置かれている。 による、およびヒトラーの個人秘書官を務めたの証言と回想録『 ()』が本作の土台となった。 撮影は、および当時のベルリンに近い雰囲気を持つので行われた。 ストーリー [ ] 本編に入る前に、主人公格の1人であるトラウドゥル・ユンゲの「若い頃の自分を諌めたい。 何も知らなかったから許されるということはないのだから」という回想の語りが入り、1942年に遡って物語が始まる。 1942年11月、結成の地出身のトラウドゥル・フンプス(ユンゲは結婚後の姓)は、のにあるを訪れ、ドイツ国総統アドルフ・ヒトラーの秘書採用試験を受ける。 ヒトラーはトラウドゥルがミュンヘン出身だと知って彼女に興味を持ち、秘書として採用する。 1945年4月20日、トラウドゥルはヒトラー総統の愛人や先輩秘書官のたち総統地下壕の同僚と共に、ヒトラーの誕生日の準備を進めていた。 は既にベルリン近郊に迫っており、ドイツの敗北は時間の問題となっていた。 各地からナチスの高官たちが集まっての誕生祝賀パーティーが開催され、ゲーリングやSS長官ヒムラーなどの最高幹部たちは口々にベルリン脱出をヒトラーに進言するが、ヒトラーは頑なにベルリン脱出を拒否した。 ヒトラーは高官たちに各地の防衛指揮を任せ、祝賀パーティーは終了した。 4月22日、地下壕ではソ連軍に対処するための作戦会議が開かれる。 ヒトラーはベルリン周辺に駐屯するやに攻撃を命令するが、ヨードルやブルクドルフら将軍たちから「兵力が不足していて、攻撃は不可能」と指摘されて激怒し「常に私の邪魔をしてきたのが軍だ」、「将軍とは名ばかりで、用兵はまるでなっていない」、「ドイツ国民に対する裏切りだ」と将軍たちを罵倒し、「もはやこの戦争には勝てない。 だが私はベルリンから離れる気はない。 離れるくらいなら自殺する」と宣言して会議を終了させる。 ヒトラーはトラウドゥルたちに地下壕から退避するように指示するが、彼女たちは退避を拒み地下壕に残った。 4月23日、「ゲーリングが総統権限の委譲を要求する電報を出した」という報告をボルマンから受け取ったヒトラーはゲーリングの全権限剥奪と逮捕を命令した。 高官から裏切り者が出たと地下壕に動揺が広がる中、軍需相でヒトラーの友人でもあるシュペーアが地下壕を訪れ、ヒトラーと退去の挨拶を交わす。 シュペーアはヒトラーから受けていたを無視していたことを告白してヒトラーと別れ、地下壕を後にする。 4月26日、空路でソ連軍の包囲網を突破したグライム将軍と空軍パイロットのハンナ・ライチュが地下壕に到着し、感激したヒトラーはグライムをゲーリングの後任の空軍総司令官及びに任命する。 グライム元帥やゲッベルス、エヴァ、トラウドゥルたちと食事をとるヒトラーの元に、ヒムラーが連合軍と和平交渉を行っているという報告が入る。 「忠臣ハインリヒ」と呼んで信頼していたヒムラーの裏切りにヒトラーは激怒し、ヒムラーの逮捕と地下壕にいるヒムラーの代理人であるフェーゲラインSS中将の逮捕を命令する。 ヒトラーはグライムに前線指揮を命令し、エヴァとマクダはそれぞれ妹のグレートルと息子のハラルトに宛てた手紙をライチュ飛行士に託す。 グライムとライチュが地下壕を退去した後、トラウドゥルはヒトラーに呼び出されて ()のタイプを依頼される。 トラウドゥルは自室で遺書のタイプをするが、そこにゲッベルスが現れ「総統と共に死ぬ」と告げ遺書のタイプを依頼する。 同じ頃、愛人宅にいたフェーゲラインは逮捕され、義姉であるエヴァが助命を嘆願するが、ヒトラーはフェーゲラインを処刑する。 4月29日未明、ヒトラーはエヴァと結婚式を挙げ、ささやかな祝宴を開く。 トラウドゥルたちから祝福を受けたヒトラーは、市街地で負傷者の治療に当たっていた軍医のシェンクとハーゼ教授を呼び出し、自殺方法について相談する。 一方、カイテルから「救援軍を送るのは不可能」との報告が齎されるとヒトラーはギュンシェに自殺後の遺体の焼却を命じる。 4月30日、ヒトラーは地下壕に残った人々と別れの挨拶を交わし、自殺するためにエヴァと共に居室に入る。 トラウドゥルは気を紛らわせるため、と食事をしていたが、その最中に銃声が響き渡り、を知る。 ヒトラー夫妻の遺体はゲッベルスたちによって地上に運び出され、焼却される。 5月1日、クレープス大将はソ連軍のチュイコフと停戦交渉を行うが、「無条件降伏以外は認められない」と返答され、交渉は失敗に終わる。 地下壕の人々はベルリン脱出の準備を進め、ゲッベルス夫妻は子供たちを毒殺した後、自分たちも自殺する。 トラウドゥルは官庁街防衛司令官・モーンケ少将の率いる第一陣と共に地下壕を脱出し、脱出する人々を見送ったクレープスとブルクドルフは共に拳銃自殺する。 モーンケたちは敗残部隊と合流するが、ソ連軍に包囲されて降伏する。 一方、トラウドゥルはシェンクやゲルダに勧められて包囲網を脱出し、無事に逃げ延びる。 5月8日、に遷都したドイツ政府は連合国に対して無条件降伏を受け入れ、ドイツは終戦を迎えた。 最後にトラウドゥル・ユンゲ本人のインタビュー映像が流れ、映画当時の時代を総括し、映画は幕を閉じる。 () - ()• (総統個人秘書官) - ()• (ヒトラーの愛人) - ()• (、エヴァの義弟) - ()• () - ()• (ゲッベルス夫人) - ()• ( ()) - ()• (、軍医) - () 親衛隊• () - ()• (、副総裁) - ()• (、官庁街防衛司令官) - ()• (、) - ()• (、ヒトラーの侍医) - トルステン・クローン(木下浩之)• (親衛隊中佐、ヒトラーの侍医) - ()• (親衛隊中佐、刑事部長) - イゴール・ロマノフ(大川透)• (親衛隊中佐、ヒトラーの侍従武官) - ()• (親衛隊中佐、ヒトラーの運転手) -• (、 ()員、ヒトラーの個人副官) - ()• ()(親衛隊中佐、総統護衛部隊長) - イゴール・ブベンチコフ• (、総統護衛部隊員、電話交換手) - 国防軍• (、空軍総司令官) -• (、空軍総司令官) - ()• (、総長) - ()• (陸軍、OKW作戦部長) - ()• (陸軍、陸軍) - ()• (陸軍大将、OKW筆頭副官) - ()• (陸軍大将、首都防衛司令官) - ()• (空軍大将、空軍参謀総長) - ()• (パイロット) - () 党幹部・側近• () - (廣田行生)• (宣伝省局長) - ミヒャエル・ブランドナー(廣田行生) 総統地下壕スタッフ• (秘書) - ()• ()(看護師) - リザ・ボヤルスカヤ• ()(ヒトラーの愛犬の飼育担当) - (平勝伊)• ()(機械室担当) -• (調理担当) - () 赤軍• (、第8親衛軍司令官) - (大川透) 原作 [ ]• 『』鈴木直訳、、2005年、• 、 ()『私はヒトラーの秘書だった』足立ラーベ加代・高島市子訳、、2004年 評価 [ ] 戦後60年を迎えてなお、芸術作品におけるナチス政権下のドイツの描き方には制約が伴う中で、本作はを主題に据え、その役者にドイツの国民的俳優、を起用した (ガンツ自身は出身)。 ドイツ国内ではヒトラーの人間的側面に踏み込んだ描写が議論を呼んだものの、世論調査では7割近くが本作を肯定的に評価する結果となった。 監督のオリバー・ヒルシュビーゲルはインタビューにおいて、ヒトラーを「誰でも知っているのだが、誰もその実像を知らない」人物だとし、本作を契機に若者が過去の歴史的事実について考えてくれればと述べている。 本作はにノミネートされた。 また、の国際映画賞を獲得し 、にはイギリスの映画誌である「」誌による「国際映画100選」で48位に選ばれた。 批判 [ ] 本作はおおむね史実に依拠しているが、一部には事実と異なる部分がある他、いくつかの重要な事実についてあえて触れていない点を問題視する意見がある。 トラウデル・ユンゲの父は積極的なナチス協力者であり、また、彼女の夫はであったが、これらの事実については作中で語られていない。 冒頭の秘書採用試験でヒトラーは結婚前の姓であるフンプスで呼び、その後はユンゲ姓で通す(ハンスはにフランスで戦死している)ことでわずかに言及されただけである。 これらの点は彼女の証言の中立性に疑問を生じさせるものである。 エルンスト=ギュンター・シェンクは作中で良心的な人物として描かれているが、においてのための栄養食の開発にあたってを行い、多数の犠牲者を出したとされる。 ヴィルヘルム・モーンケは作中で民間人の犠牲者を回避するよう繰り返し訴える良心的な人物として描かれているが、史実においては少なくとも2度に渡り彼の指揮下の部隊がを虐殺した疑いが持たれている。 ヴェルナー・ハーゼの最期について「 1945年に死去」としているが、実際に亡くなったのはである。 パロディ [ ] 作中においてヒトラーが側近との会議中に激昂するシーンはにおいての題材として広く用いられている。 ではドイツ語を英語字幕で面白おかしく置き換えたものが投稿され、話題となった。 一時は違反のクレームにより禁止の動きがあったが 、2010年10月にYouTubeは方針を転換し、これらの動画をブロックすることを取り止めた。 しかし、一部の動画は他のパロディとなんら差異がないにも関わらず削除される場合があるため、削除基準は曖昧なままである。 なお、監督のオリバー・ヒルシュビーゲルは一連のパロディに対しては好意的な姿勢を示している。 日本においても、このシーンのパロディは多く存在する。 主ににおいて「 総統閣下シリーズ」と題されたこの作品群はネット上で話題になっている事柄などを対象としたもので、あるフレーズが日本語に聞こえるいわゆる「」が特徴となっている。 ただし、ここ数年YouTubeはこのいわゆる「総統閣下シリーズ」に対する著作権保護を強めており、いくつもの動画が削除され始めている。 さらに2012年頃から中国の動画サイトでも大ブームとなり、日本とは異なった独自の中国語空耳も存在する(詳細はを参照)。 は2012年に、最も有名な作中約4分間のパロディーシーン 以外の約151分間を無料で見られるオンライン映画上映会を実施した。 残りの4分間を視聴するためには支払いが必要となる。 映画『』『』にもこの映画のパロディと思わせるシーンがいくつか登場する。 販売形態 [ ] DVD [ ]• ヒトラー 〜最期の12日間〜 スタンダード・エディション (2006年11月10日発売)• ヒトラー 〜最期の12日間〜 スペシャル・エディション (2006年1月14日発売)• メイキング、インタビューなどの映像特典あり。 二枚組。 ヒトラー 〜最期の12日間〜 エクステンデッド・エディション (2006年11月10日発売)• 本編に20分の未公開シーンを追加。 日本語吹き替えなし。 特典映像に加え、ユンゲ秘書官のドキュメンタリーも収録。 三枚組。 脚注 [ ].

次の