秋葉 剛男。 秋葉剛男外務事務次官から孔鉉佑駐日中国大使への申入れ

私大出身初の新事務次官は日本の恥 特技は“肛門にロウソク”

秋葉 剛男

外務省の秋葉剛男事務次官が19日就任し、新体制がスタートした。 若くして将来の次官候補と目され、日米同盟重視と厳しい対中観で共鳴する安倍晋三首相の信任も厚い。 日中関係改善の兆しが見える中で秋葉氏の手腕が問われている。 「今の中国を10年前、われわれは予測していただろうか。 10年後、20年後の日本のために働かなければならない」 秋葉氏は19日に外務省で行われた次官交代式で軍事・経済両面で大国化した中国についてこう述べ、省員らに長期的な展望の重要性を訴えた。 秋葉氏は昭和57年に入省し、総合外交政策局長や政務担当の外務審議官を歴任。 平成18年には省内幹部の強硬な反対を受けながらも、中国語専門の「チャイナ・スクール」以外では異例の中国課長に就任した。 強みは、強硬な交渉も辞さない手腕と国際法や安全保障に関する豊かな知識だ。 中国課長時代は東シナ海ガス田開発をめぐり中国側に一歩も譲らず、20年6月の日中合意につなげた。 首相が18年に訪中した際は「戦略的互恵的パートナーシップ」の名称を考案し、前の小泉純一郎政権で冷え込んだ日中関係の立て直しに努めた。

次の

外務省・秋葉剛男次官体制スタート 安倍晋三首相と対中観共鳴…問われる手腕(1/2ページ)

秋葉 剛男

2018年3月29日 木 主張 「沖縄に核」発言 非核三原則揺るがす重大問題 核軍縮を模索したオバマ前米政権による「核態勢見直し」 NPR の策定時に、米議会の諮問機関が日本政府の意見を聴取した際、在米大使館の秋葉剛男公使(当時)らが核兵器の削減に反対し、沖縄への核貯蔵施設の建設にも肯定的な発言をしていたことが本紙入手の文書で判明し、大問題になっています。 秋葉氏は現在、外務省事務方トップの事務次官です。 河野太郎外相は秋葉氏らの発言内容を否定していますが、日本の国是である「非核三原則」を揺るがす事態であり、徹底究明が必要です。 核兵器の削減にも反対 米議会の諮問機関「戦略態勢委員会」は2009年2月、秋葉氏ら大使館関係者から意見を聴取しました。 本紙が入手したのは、秋葉氏が示した「米国の拡大抑止に関する日本の見解」と題した日本側文書とその際のやりとりの概要を委員会関係者がまとめた米側メモです。 米国の「憂慮する科学者同盟」 UCS のグレゴリー・カラーキー氏から提供されました。 米側メモによると、秋葉氏とは別の日本側出席者が「低爆発力の地中貫通型 核 兵器は拡大抑止の信頼性を強める」と述べ、小型核兵器を後押ししたとしています。 さらに、戦略態勢委員会のシュレジンジャー副議長が「沖縄への核貯蔵施設の建設」について見解を聞いたのに対し、秋葉氏は「そのような提案は説得力がある」と答えたことを明らかにしています。 「われわれが聞いたことはショッキングだった」と委員の一人が語っていたと米側メモに記されているように、唯一の戦争被爆国の代表として許し難い発言です。 加えて重大なのは、日本共産党の井上哲士議員が26日の参院予算委員会で指摘したように、秋葉氏がカラーキー氏との面談で、米国と同盟国が核兵器を共有する「ニュークリア・シェアリング」が「日本にとって唯一の効果的な核抑止の選択肢」だと述べたとされていることです(UCSの報告書、2013年11月)。 「ニュークリア・シェアリング」とは、米国が持ち込んだ核兵器の管理を危機に際して同盟国に引き渡すというものです。 秋葉氏は「中国と北朝鮮は(核)使用を決定するのは米国の役目ではなく、日本であることを知る必要がある」とまで語ったといいます。 意見聴取の翌年から、米国の核抑止政策の調整などを行う「日米拡大抑止協議」が始まり、秋葉氏は同協議も担当していました。 事態の全容を明らかに トランプ米政権は今年2月、新たなNPRで、退役した核巡航ミサイル・トマホークに代わる海洋発射型巡航ミサイルの追求など核戦力の全面的な強化を打ち出し、安倍晋三政権は「高く評価」しています。 秋葉氏らの発言は決して過去の問題ではありません。 事態の全容を明らかにするため、日本側記録の提出や米側に関連資料の開示を求めることが不可欠です。

次の

内閣総理大臣補佐官 秋葉 賢也 (あきば けんや)

秋葉 剛男

永田町界隈では、「高木(毅・復興相)と言えばパンツ」で、「杉山と言えばロウソク」である。 こう符丁で呼ばれるのが、他ならぬ杉山晋輔外務審議官(63)。 何のことはない、料亭で肛門にロウソクを立て、火をつけ座敷を這い回る特技の持ち主だ。 そんな外務省ナンバー2の事務次官就任が内定。 外国に顔向けできぬ日本の恥である。 *** 外務省 6月に入れば官僚たちの人事の夏が始まる。 城山三郎著『』の主人公は、上着もネクタイもつけず、ワイシャツの襟ボタンを外し、両腕の袖をまくるキャリア通産官僚。 一方で杉山審議官は両手に指輪、香水の強い匂いを振りまく。 ともあれ、官邸スタッフに経緯を解説してもらおう。 「斎木さん(昭隆次官)がポストに就いたのは、ちょうど3年前。 余人をもって替えがたいと先延ばしになってきましたが、5月末の伊勢志摩サミットを花道に交代が確実です」(同) 外務省関係者が後を受け、 「後任は77年入省の杉山。 ライバルの秋葉(剛男・総合外交政策局長)が次官になると斎木さんと6年も年次が違うから、幹部だけでも100人の異動が見込まれる。 となると一時的に外交の停滞は避けられません」 では、省内事情も手伝ってトップに立ちそうなナンバー2の、恥ずかしい過去に立ち入って行こう。 「杉山は93年8月から、当時の斎藤次官の秘書官を務めました。 彼は次官に目をかけられていたから、幹部らが領収書や請求書を杉山に託すと、次官の名で簡単に決済が下りる。 つまり機密費を意のままに動かせた。 幹部もツケ回しのために重宝がって、杉山の名から『S基金』と呼んでいました」(別の関係者) その立場に乗じ、決済に関与した金額は2億円を下らない。 具体的な使い道は、 「料亭やクラブでの飲み食い、タクシー代の多額請求といったもの」(同) そのうえ、鈴木宗男元内閣官房副長官の『闇権力の執行人』にも、こうある。 鈴木氏と共に、航空便の乗り換えでソウルに立ち寄った際のエピソードを披露してくれる。 入国してから公用車を飛ばして向かった先は、ソウル市内の高級焼肉店。 「オバマ米大統領の『5月広島訪問』実現のため、彼はかなり汗もかいた。 それが国益のために発揮されることを祈っています」 ナンバー2はこれまで、一連の疑惑を口酸っぱく否定してきた。 そして今回も現認証言を認めなかったが、ロウソクはクロとウソから成る。 外交という権謀術数を巡らす世界に、腹黒さと嘘は不可欠に違いない。 「ワイド特集 酸っぱい経験」より• あわせて読みたい関連本•

次の