返信いただけると幸いです 英語。 英語のビジネスメールで返事を催促したい!丁寧な表現を覚えよう!

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

返信いただけると幸いです 英語

「ご返信」の意味 「返信」の意味 「返信」の意味は「返事の手紙やメールを送ること」です。 「返信」は、 送られてきた手紙やメールに対して返事を返すことを表します。 「メールの返信」「LINEの返信」「ハガキの返信」などと日常的にも使ったり聞いたりすると思います。 「返」は音読みだと「ヘン」、訓読みだと「かえす」と読みます。 「返」は「元に戻す」「跳ね返る」ことを意味しています。 「信」は音読みだと「シン」、訓読みだと「まこと」と読みます。 「信」は「嘘のないこと」「疑わないこと」「帰依すること」を意味しています。 「返信」の「信」は、「文字や図を使った昔の通信手段」を意味する「電信」の「信」から来ているそうです。 「ご返信」には敬語の「ご」が付いているので相手に返信を求める際に使うイメージがありますが、自分が返信をする場合にも使えるのでしょうか? 敬語の接頭語「ご」について 「ご」は敬語を表す接頭語です。 尊敬語または謙譲語のどちらにも当てはまります。 つまり、 ・「尊敬語」として、目上の人の行為に対しても使える ・「謙譲語」として、目上の人に対する自分の行為に対しても使える 相手に行為や所有物に対して使う場合は、「ご」は尊敬語になります。 例えば「ご指摘がありました通り」などの「ご」は尊敬語になります。 自分の行為でも目上の人に対する行為の「ご」は謙譲語になります。 例えば「ご案内します」「ご説明」などは謙譲語になります。 このように接頭語「ご」が付く場合は、基本的にどちらかに当てはまります。 「ご返信」の「ご」は使い方次第で尊敬語にも謙譲語にもなりえます。 「ご返信」の使い方 返信をお願いする時の表現 ・ご返信ください ・ご返信お待ちしております ・ご返信のほどお待ち申し上げます ・ご返信いただければ幸いです ・ご返信お願いいたします ・ご返信のほどお願いします ・ご返信いただけますでしょうか ・ご返信賜りますようお願いします ビジネスメールにおいて必ず返信が欲しいという状況は多々あります。 そんな時には上記のフレーズを書くのが良いでしょう。 目上の人に対して「返信してください」「返信待っています」などと伝えると、上から目線なニュアンスになり、だいぶ失礼な印象を与えてしまいます。 そこで「返信」に「ご」を付けて「ご返信」とすることで、相手に丁寧な印象を与えます。 返信がしばらくなく待っている旨を伝える表現 ・ご返信をお待ち申し上げます ・ご返信いただけると幸いです ・ご返信いただきたく存じます ・ご返信いただけますようお願いします ・ご返信のほど何卒よろしくお願いいたします ビジネスメールをしていると時々相手から返信がなく、しばらく待っている状態ということがあります。 そんな時は相手に返信を待っているということを伝える必要があります。 「至急、ご返信ください」「ご返信ください」といった強い表現はなるべく避け、「ご返信」の後には敬語表現を繋げるようにしましょう。 例えば、「ご返信お待ち申し上げます」「ご返信いただきたく存じます」などは「ご返信」の後に謙譲語が続いているため、自分を謙った表現となり、やんわりと返信を待っているということを伝えられます。 返信不要であることを伝える表現 ・ご返信には及びません ・ご返信をいただくには及びません ・ご返信はお気遣いなく ・ご返信はお気にされませんように ・ご返信は不要です ・ご返信は不要でございます ・ご返信は無用です ・ご返信は無用にお願いします 取引先の人や上司とメールでやり取りをしているとき、相手が忙しくしている状況のときは、確認のみだけで良いといったように、メールの返信を必要としていない場合があります。 そんな時にただ「返信不要」と送ってしまうと、素っ気ない、丁寧さに欠けている、または連絡は取りたくないのかと誤解を招いてしまいます。 そこで上記のような言い回しを使います。 ちなみに「ご返信は無用です」の「無用」は、「いらないこと」を意味しています。 「心配ご無用」といったように「ご無用」とすると、「相手を軽く敬い、その配慮はしなくていいと相手の好意や心遣いを断る」という意味になります。 返信が遅れたときのお詫びの表現 ・ご返信が遅くなってしまい申し訳ありません ・ご返信が遅くなり申し訳ございませんでした ・ご返信が遅くなってしまったことについては深くお詫び申し上げます ・ご返信の遅れましたことを重ねてお詫び申し上げます 自分が返信することを遅れてしまった場合にはしっかり謝罪をすることが重要です。 また謝罪をするときは言い訳をせずに、お詫びの言葉のみを送ります。 返信が遅れたことの理由などは特に書く必要はないので気をつけましょう。 また目上の人に対して謝罪するときは「すみません」「ごめんなさい」をなるべく使用しないようにします。 こちらから返信することを伝える表現 ・ご返信いたします ・ご返信差し上げます ・ご返信申し上げます ・ご返信します 自分が返信をすることを伝えるときは、「ご返信します」の前に状況に合ったクッション言葉を入れます。 例えば「大変恐縮ですが、明日までにはご返信いたします」「お待たせして申し訳ありませんが、後日ご返信します」といったように使います。 「ご返信します」や「ご返信いたします」だけだと自分勝手なイメージになりますが、クッション言葉を入れるだけで文の印象が良い方向へ変わります。 「ご返信」の類語との違い ご返答 「返答」は 「問いに対して答えること。 また、その答え」を意味しています。 「返答」は、例えば「Aさんがどこにいるか知っている?」「隣の部屋にいるよ」といったように質問に答えることを指しています。 主に口頭で使用する言葉です。 「ご返信」と同様に、敬語の「ご」が付くことによって丁寧な表現となります。 「ご返答」の使い方としては、 ・ご返答の程〜 ・ご返答いただければ幸いです ・ご返答お待ちしております ・ご返答いたします といったようになります。 2つとも似ているので間違わないように気をつけましょう。 例文 ・恐縮ではございますが、折り返しご返答いただきますようお待ち申し上げます。 ・ご多忙中にもかかわらず、期限内にご返答をいただき、誠にありがとうございます。 ご返事 「返事」は 「呼びかけに対して答える言葉」「返答の手紙」を意味しています。 「ご返事」は「ご返答」とほぼ同じ意味になりますが、「ご返事」の方が少しカジュアルな印象の言葉になります。 また「ご返事」は「お返事」とも言うことができます。 どちらかというと「ご返事」の方が改まった言葉です。 「お返事」はやや柔らかい響きになるので女性が多く使用すると言われています。 「ご返事」の使い方としては、 ・ご返事ありがとうございます ・ご返事お待ちしております ・ご返事が遅くなってしまい申し訳ありません といったようになります。 「ご返信」と「ご返事」の違いは以下のようになります。 ・歓迎会の出席についてのご返事について、お待ちしています。 ご回答 「回答」は 「質問・要求などに答えること。 また、その答え」を意味しています。 「回答」は「こちらのアンケートについての回答をお願いします」といったように使われます。 ちなみに同じ読みの「解答」は、「問題を解いて答えを出すこと」と意味は全く違うので、間違わないように気をつけましょう。 「ご回答」の使い方としては、 ・ご回答お願いします ・ご回答します ・ご回答申し上げます ・ご回答いたします といったようになります。 「ご返信」と「ご回答」の違いは以下のようになります。 例文 ・先ほどの質問についてのご回答をお願いいたします。 ・明日までにご回答いただけると、大変助かります。 ・先日の件についてのご回答を申し上げます。 返信に対するお礼の表現 返信の返しとしては、しっかり確認して読んだということを伝える文章を送るのが良いでしょう。 相手から返信をもらったときに、ただその内容について返すだけだと返信をもらったというただの報告になります。 返信に対しては、「メールをいただきありがとうございます」などと感謝を述べるのが良いでしょう。 また「ありがとうございます」などと感謝を述べる前に、「お忙しい中」「ご多忙中にもかかわらず」などと言葉をつけることで、相手に感謝している気持ちをより強く表現することができます。 返信をもらった際は、相手に再度の返信を要求しないよう気を使うことも忘れないようにしましょう。 お礼の表現の例 ・お忙しい中、メールをいただき誠にありがとうございます。 ・ご多忙中にもかかわらず、迅速にご返信していただきありがとうございます。 ・メールを拝見しました。 誠にありがとうございます。 ・ご多忙にもかかわらずご丁寧な返信をいただき、恐れ入ります。 ・早速お返事をいただき、大変助かります。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

返信いただけると幸いです 英語

記事の目次• 返信をするようリマインドしたい時 返事が返ってこない時に使える催促フレーズをご紹介します! I would like to remind you that I still have not received your response about the below email. 下記のメールに対しまして、まだお返事が頂けていないことをご連絡申し上げます。 (下記のメールに関しまして、まだお返事が頂けていないことをご連絡申し上げます。 お返事をお待ちしていることを、念のためご連絡申し上げます。 先ほどの英語フレーズに比べて、もう少し柔らかい印象になるのがコチラ。 取引先と友好的な関係を築きたい時に便利なビジネスフレーズです。 I would be grateful if you could let us have your answer concerning this matter. この件に関してのご回答を頂けますと幸いです。 We look forward to your response to our email sent on March 21. 3月21日にお送りしたメールに対してのご返事を、お待ちしております。 こんな言い方で催促もできますね! I look forward to hearing from you soon. (もうすぐお返事が頂けることを楽しみにしております。 ) I have been waiting to hear from you. (お返事をお待ちしております。 ) I am still expecting your response regarding this issue. この件に関してのお返事を、引き続きお待ちしております。 I would appreciate if you could response to my below email. 以下のメールにご返信頂けますと幸いです。 これを使うことで「幸いです」のニュアンスを出すことができます! 早めに欲しい時は、こんな言い方でも! I would appreciate if you could response to my email at your earliest convenience. (ご都合がつき次第、メールにご返信頂けますと幸いです。 スポンサーリンク 状況確認をしたい時 返事が来ない相手に対して、今の状態がどうなっているのかをチェックしつつ催促したい時に便利な英語表現をご紹介します! I was wondering if you had received my email sent last week. 先週お送りしたメールをお受け取り頂けましたでしょうか? 「きっと見ているはず」と思っていても、あえてメールを見ているかどうかの確認をするのがビジネスパーソンのやり方!ちゃんと読んでもらえたかどうかの状況をチェックしつつ、遠回しに返信を催促できる丁寧フレーズです。 see below こんな言い方も! I wonder if the email I sent on October 1 ever reached you. (10月1日にお送りしたメールは届いておりますでしょうか?) もっとストレートに確認するならこちら! Did you get my last message sent on February 15? (2月15日にお送りしたメールを受信頂けましたでしょうか?) Could you please confirm that you have received my email sent on November 11? ビジネスシーンで欠かせないワードです!これを使うことで、実際にメールを受け取っているかをチェックすることができます。 そろそろ確定事項を頂けないかと思い、ご連絡しております。 そのため以前は不明確な内容であったものに対して、しっかりとした確定事項を聞き出したい時にピッタリの催促フレーズになります! 「お答え」に置き換えてもいいですね。 I was wondering if you could now give us your answer concerning this matter. (この件に関してのお答えをそろそろ頂けないかと思い、ご連絡しております。 ) Please let us know the current status regarding the below email. 以下の件に関しまして、現状をお伝え頂けますでしょうか。 前回送ったメールに被せる形で使えば、返信をするように催促をすることが可能!「お返事をお待ちしております」という一言がなくても、状況報告をお願いすることで相手から返信を期待できますよね。 同じフォーマットで、いつメールの返事をもらえるかを聞くことも! Please let us know when we can receive a response regarding the below email. (以下の件に関しまして、いつ頃ご返信を頂けるかお伝えくださいますでしょうか。 ) Could you please let me know if you have any updates on this matter? スポンサーリンク 早急に返事が欲しい時 至急対応をして欲しい時や、すぐ返事が欲しい緊急時に使える催促フレーズを見ていきましょう! Your early reply will be greatly appreciated. お早めにご返事頂けますと幸いです。 あえてこの形を使うことで、ビジネスライクな英語表現が可能です! こんな言い方でもOK! Your prompt reply is highly appreciated. (お早めにご返事頂けますと幸いです。 ) 緊急性を出したいならこちら!少し強い命令口調のような英語になります。 Your prompt reply is urgently requested. (お早めのご返事をお願い申し上げます。 ) We are in a big hurry for the below issue. 以下の件について、至急にお願い申し上げます。 必死である様子が伝わりますね! I would appreciate your immediate attention to this matter. この件に関しまして、迅速にご対応頂けますと幸いです。 つまりこの件に早急に向き合って欲しいというシチュエーションで使える催促フレーズなのです! こんな英語表現でも! I would appreciate if you could take this issue on your urgent consideration. (この件に関しまして、至急ご対応頂けますと幸いです。 ) I would be grateful if you get back to us as soon as possible. 至急ご返信頂けますと幸いです。 おわりに いかがでしたか? 丁寧に接しなければいけないビジネスシーンで催促をするのは難しいことですが、やり取りとしては一定のパターンをマスターすれば簡単に対応が可能になります。 今回ご紹介したフレーズは、どれもすぐに使えるものばかり!キレイな表現を使いつつも、確実に自分の要求を英語で伝えられるようにしましょう!.

次の

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

返信いただけると幸いです 英語

Contents• 返信の際に送る、書き出しの一文は重要! ビジネスで相手からメールをもらった時、書き出しに悩んだことはありませんか? 書き出しに戸惑ってしまうと後のメールがうまく続かないこともよくあるでしょう。 しかし日本語の返信と同様にいくつか使える英文メールの表現をストックしておくと、いざという時に便利です。 今回は短い表現からよく使えるフレーズまで、一文ごとに散りばめながら書き出し表現をマスターできる構成にいたしました。 ぜひ参考にしてみてください。 英文メールの返信に使える返信の例文集21選 Thank you for your reply. 訳:ご返信、ありがとうございます。 こちらの一文は、英文メールの返信に使えるベーシックな表現です。 まずはこの一文からしっかり覚えましょう。 Your quick response is much appreciated. 訳:早めにご返信をいただけますと助かります。 丁寧な英語の表現でよく使われるので、覚えておきましょう。 I am glad to receive a feedback from you immediately. 訳:フィードバックをすぐにいただけると嬉しいです。 I am deeply honored to receive your response immediately. 訳:すぐに返信をいただけると、大変助かります。 I want to thank you for sending me an immediate response. 訳:早速お返事いただき、ありがとうございます。 ややカジュアルな表現になりますが、親しみを込めた感じのニュアンスを伝えることができます。 I truly appreciate your urgent response about the email I sent to you last time. 訳:先日メールをさせていただいた件で、すぐにお返事をいただき感謝しております。 このようによく登場する表現は、フレーズ単位で覚えておくと、便利です。 I would like to express my gratitude for your immediate attention and response. 訳:すぐにお返事、関心をいたただけましたことについて心より感謝申し上げます。 丁寧な英語表現として、ぜひ覚えておいてください。 proceed with our transaction, apply some changes in our business proposal. 訳:(私たちの業務を遂行するために/ビジネスの提案で変更をお願いするために)早急なご返信をいただけますと幸いです。 Your immediate response on this matter will be greatly appreciated. 訳:あなたからすぐにお返事いただけますと助かります。 I am looking forward to get a response from you soon. 訳:お早めのご返信をお待ちしております。 文頭に強調表現をもってくるか後ろにもってくるかは文章のバランスによりますが、文末にもってきて締めることで、やや柔らかい文章になります。 I would like to get your confirmation immediately if possible. 訳:可能でしたら、すぐに確認書をいただけると助かります。 I would truly appreciate your urgent response on this matter. 訳:この案件に関して、早急にお返事いただけますと大変助かります。 強調表現として効果的ですし、文章にリズムが生まれるので、ぜひ使ってみてください。 I am requesting to get a reply from you as soon as possible. 訳:できるだけ早くお返事をいただけますよう、お願いいたします。 Please send me your response as soon as you read this email. 訳:メールをご覧いただけましたら、なるべくお早めにお返事いただけますと幸いです。 I am sorry for my late response regarding the email that you sent me last time. 訳:あなたが先日お送りいただいたメールに対してのご返信が遅くなり、失礼いたしました。 I apologize for sending my reply on a later time. 訳:お返事が遅くなってしまったこと、お詫び申し上げます。 I apologize for any delay in my response. 訳:お返事が遅くなり申し訳ございません。 こちらの一文は短文ながら、ややや応用表現となります。 My apology for the latency of my reply. 訳:お返事が遅れている件があり、申し訳ございません。 英文メールではよく登場する表現です。 Please excuse my late response on this matter. 訳:本件に関してメールが遅れており、申し訳ございません。 表現の幅を増やす中で、少しずつ慣れていきましょう。 I am truly regretful for sending a late reply regarding the email I received from you. 訳:あなたから頂いたメールの返信が遅れておりまして、申し訳ございません。 少し長文になりますので一見複雑に見えますが、これまでご紹介してきたフレーズが一文のところどころに散りばめられているので、実際にはさほど難しくはありません。 基礎表現を積み上げて、このような文章が自然に出てくるように頑張っていきましょう。 訳:お返事が遅くなり申し訳ございません。 次回以降このようなことがないよう、くれぐれも気をつけます。 一文をカンマで区切った表現。 まずメールの返信が遅れていることをお詫びした上で、カンマ以降は「次回はそのようなことがないよう気をつけます」と自身を戒めています。 あらゆるシーンで使えます。 まとめ 以上、今回は英文メールの返信に使える返信の例文集21選をご紹介いたしました。 短い文章からちょっと長めの文章までさまざまでしたが、英文メールを作成する際「この一文のどこを強調しようか?」と考えながら作成するクセをつけると、文章力がぐんとアップします。 文頭から意図を伝えるのか、文末に強調表現を添えるのか、あるいは副詞で文中に入れるのかなど、その時によってポイントは変わりますが、常に意識しながら作ることで表現のバリエーションが増えていくことでしょう。

次の