ゴトランド 任務。 七周年任務【拡張作戦】任務攻略編成・艦これ二期

「Gotland」戦隊、進撃せよ! 出撃編成例(Fairey Seafox改の入手) | ぜかましねっと艦これ!

ゴトランド 任務

土日はお酒を呑んだりして、だらだら過ごしてたので、ようやく艦これ任務消化再開。 7周年任務はいったん置いて、先に手軽なゴトランドandra任務の1つ目を終わらせました。 2-4 まずは2-4から。 ここは軽めの編成でボスマス固定してチャレンジ。 昔は完全ランダムだったので苦労した2-4ですが、道中撤退が嵩みがちとは言え、道中2戦でボス固定できるとは楽になりました。 昔は10戦連続逸れとかしてたもんな…。 ただ駆逐4編成だと道中の撤退やバケツ使用量が多くなりがちなので、逸れ上等で重めの編成の方が向いてる人もいるかもしれません。 4-2 毎週のろ号&東方任務消化のために来ている海域。 ここのところでは一番回っている海域かもしれません。 普段はゴトランドのところ戦艦やを入れて、補給艦5隻狩れるルートを目指すのですが、今回はゴト旗艦が指定なので最短ルート狙い。 索敵とかは関係ないはずなので、の装備はもっと練れるはずです。 4-4 ここも週1回は来る海域。 結構編成の縛りが緩いので戦果を稼ぎつつ経験値稼ぎも出来る良いMAPですね。 途中潜水艦マスがあるので、対潜装備積んだほうがより安全です。 4-5 ここは普段戦1空2重3とかの重い編成で攻略してるので、駆逐入りの編成がパッと出てこなくて任務のたびに調べています…。 とりあえず軽1駆3を組んでおけば、初手上なら最短ルート、初手下なら大回りルートで攻略できるようです。 ボスが陸上型なので対地装備てんこ盛りで。 ただ火力不足気味なので、ラストの強編成だと苦戦しそうではあります。 報酬とか 燃料弾薬鉄鋼700にボーキ1000が固定な上に、選択報酬が2つと大盤振る舞い! 選択報酬の1つ目は悩ましい選択ですが、7周年任務後段作戦の流れから、左のソーフィ型2機を選択。 2つ目は欲しいものでいい感じ。 ネジと補強増設で悩みましたが、勲章1個分のネジならやっぱり補強増設かなと。 補強増設はイベントで沼ったときに使うよう優先的にとってます。 恒久アイテムだから指輪同様に買ってもよいのですが、買わずに済むならそれの方がいいかと。 ゴトランドandra任務は後段作戦があるので、そちらも頑張ってクリアしていきましょう。 Kircheis-Kancolle.

次の

ゴトランド(艦これ)とは (ゴトランドとは) [単語記事]

ゴトランド 任務

今後この4カ国の艦が増えればそれも入れられるはずです)。 ・1-5 先制対潜4入れて2周するだけ。 さすがに楽勝ですね。 ・7-1 1-5での編成にGマスの水雷戦隊対策のための水上爆撃機ガン積みのゴトランドを投入。 以前は7-1での任務は阿賀野型に水爆(大体晴嵐)を積ませて同じことをしていました。 ゴトランド改二だと水爆キャリアーとしては阿賀野型の上を行くので、これからは7-1を回る用があればゴトランドを連れて行くことになると思います。 ・6-2 1回目の編成 2回目の編成 編成が変わっているのは、コロラドをLV99にするためです。 LV99になる瞬間は、演習などでは味気なく思っており、できれば何かしらの任務やイベント時に99にしたいという個人的なこだわりがあって、ようやくその時が来たので満を持してコロラドを投入しました。 ・6-5 1回目 2回目 普段の6-5と違い、ネルソンタッチが使えないので、Jマスは大破要因のツ級を狙ってくれる事を普段より余計に祈ることになりますが、他はさほどいつもやってることと変わりません。 ボスでの制空は航空隊での敵勢空力を削った後優勢を取れるように調整しておりますが、5%くらいの確率で均衡になります。 確実に優勢を取るなら熊野の瑞雲を水戦に替えることになりますね。 基地航空隊 制空均衡を4回ぶつけます。 出撃回数は3回(内1回はBマスで大破して撤退)でクリアできました。 選択報酬は最近よく要求される熟練搭乗員を選びました。

次の

七周年任務【拡張作戦】任務攻略編成・艦これ二期

ゴトランド 任務

「やっぱり、の装はいいでしょう?」 ()とは、「」に登場する()である。 は王立軍の<>。 担当はew、担当は。 うーん、概要かな……?お願い! 開始の「」後段()としてされた。 軍からは初、七大軍以外からも初、に直接参加していないの軍からだって初、類別「軽()」としても初、という初づくしのとなった。 初期段階では 「軽()」だが、「」(要5)ではしの「」となる。 段階での単純なはそう高い部類ではなく、一般的なのと「」の合間程度といったところ。 なにより特徴的なのは「()」にあたる搭載で、だけでなくやカ号観測機までを総数11機搭載可(不可)。 一転、「」としてになると、としては重な第四を得るものの、搭載可(カ号不可)とはいえ各1機まで搭載機数が大幅減。 しかし引き換えにとしては時の防を手にし、専用対も用意されるなど強な防艦として運用できるようになる。 他のでも、一般的な「」に引けを取らない程度までは強化される。 所持兵装はは低いが命中に優れる「ors 15. 2連装 0」と搭載機「S9 」、そして「」では機と名高い「ors mm四連装」。 ボス様々である。 なお、にて々にが予告されている。 の中に「としてのが失われてしまうのは切ない」という記述があるため、では再び「軽()」に戻るのではないかと推測される。 提督、練習艦となった私も近代化改修で侮れませんよ。 引き続き、どうぞよろしくお願いします。 そしての7周年に合わせたにおいて、と共に『 an』の名義(anとはで『第二』の意。 で言うと『』におおよそ相当する)でがされた。 4桁をえる鋼材、におなじみの装設計図、と開発資材に加え、なんと試製甲まで必要とするための装として非常にが、引き換えにに4のという特質は保ったまま、大方の予想通り軽()に返り咲いている。 で大幅に減ってしまった搭載数も回復した。 4に修済みのジーと最高の機 上記のors 15. 2連装0にrs mm四連装機 、さらに修可な2部隊と持参装備が優秀であり、編成定を受けている任務でも様々なを入手できる。 その面でもする価値は十分あるといえる。 で搭載できなくなってしまった回転機は再び搭載可になったが、は相変わらず搭載不可である。 搭載数が増えたとはいえ個々のは一桁に留まることもあり、対火には非常に弱い。 観測機代わりとしてを積む場合のみならず、制補助要員として運用する場合はを始めとした高対艦の動向に注意を払う必要がある。 また、新たに大発動艇含む上陸艇(を除く)を運用可になっており、対地要員や輸送要員としての立場を獲得した。 は非常にが燃費は均的でもあるので、域で運用しない間は4スロの大発搭載艦として遠征部隊に振り分けても優秀な働きを見せてくれる 消費が重くなっているので、遠征での消費資を考慮して他の大発装備と選択したい 撃戦での大も引き続き装備可なので、時代の『第二艦隊に配置して艦載機の損耗を抑えつつPT対策をし、によるも兼ねて装備キャ役になる』という運用も変わらず可でが上がった分順番のが広がっている。 面では対が減して索敵が増したことを除けば、あとは微増、微減があるもののそこまで大きな変化はない。 の微減が少々気になるが装は微増しているのではほとんど変わらず、むしろ前述したを中心とする強なジー補正が乗るので、装備さえ整えば自体は両面で大幅に増していると考えて良いだろう。 対はほとんど装備なので忘れていい。 特殊対も引き続き可だが、に対役を任せるのならという強なが登場したでは、あえて汎用以下であるの特殊で対役を任せる機会はそれほど巡ってこないだろう。 あちらは対潜値が壊滅的だがもあんまり人のこと言えないしそちらはそちらでがな……。 強いて言えば、対CI役と索敵役や制補助、対地あたりを両立させたい場合などか。 そのため特化・対潜特化したと組ませるのが相性が良い。 問題としては対潜値が-2とに減っていること。 わずかな差ではあるがソナーを含む装備込みでに達するかどうかが非常に重要な数値なので、ぎりぎりので運用していたは装備の再考か更なるレベを施す必要がある。 余談だが、に合わせてされた具『の』には どう見ても用のが付属しており、『ついに外を埋めに来た』と物議を醸している。 論他のをにして具だけいただいてしまっても一向にかまわない。 がいなくても買えるし。 作戦完了、艦艇戻りました。 艦についての詳細は「 」を参照のこと。 軍が4年に就役させた。 基準4、15. 26門と、一般的にはの艦艇だが、で初めて多数のを運用・整備するを持つとして建造されたことで知られる。 ただし、搭載機数8機(最大11機)に対し専用機S9. は6機しか配備されなかった。 就役後、時にあってはしばしば季恒例の訓練遠征の担当艦を務め、回にわたり洋各所を訪問している。 大戦期には中立を保ったの沿で警備につき、11年にはで<>らがからに進出するのを察知している。 軍からこのを得たは艦隊を出動させ、以後の峡戦や<>の戦没の端緒となった。 年ごろには装などをし、mm多数を配備した防艦へと装。 にもや追加の対兵装などを搭載する装を受けたが、に退役した。 まあ、私の故郷の艤装ってモノがいいし。 称は「」。 した薄のを持ち、同色の瞳はやや小さく気味。 前で合わせた上着や「」でのなどしっかりした厚着の装はらしく基調で、上着の裏地など各所にが使われている。 お淑やかそうな見たではあるが、実際の性格は損傷を受けると奇をあげるなど時に妙に。 はできるようだが、とはが作るなど分担している。 生まれらしく、の短さにも言及する。 あと ならスOK。 他のとの関係では、そこそこのの を持つ軍だけに、小さい にはちょっと驚いた模様。 地元ではガングートとも顔見知りで、態度の大きさを摘している。 暇になると、つながりなのかにちょっかいだそうとする。 そして を推されている。 持参品であるS9 のさんと一緒に描かれているっぽいのようなナは、故郷・原産の「プ」がにされていると考えられている。 やものまわりにも配置されていて、「プ」と呼ばれるようになっている。 前述の具でも下のにすっ収まって顔を出している。 入渠にすっ隠されてしまっているが。 という前例もあるので何か起きるのかと期待半分にすべてのを消すと、そこに降ってきたのはなんとプだった。 の頭に乗っかるプ。 まぁ、降ってきたきたものは仕方がない。 いや待て、意味が分からんぞ。 そう、何の説明もなく唐突に始まるこいつこそが同日された 『飛べ! プ(名称)』である。 肝心の操作方法だが、プをして投げ飛ばすと 飛ぶ。 そして みたいに弾む。 あの一体何で出来ているんだ……。 そして画面狭しと跳ね回るプが 並み居る敵艦載機を次々と撃墜していく。 最初はの編隊だが、が進めばこれまでさんざん辛をせられてきた に、果てはからに至るまで容赦なく殲滅していく。 高得点を取るには中で追加のして推を与え、地面で弾ませずに撃墜し続けてをつなぐことが必須になる。 しのプ、の勢いのまま結構なで飛び回る上に艦載機のがを隠し、も変化するわけではないのでプの位置をしにい。 加えて判定もシビアなので少し油断するだけですぐに着地してしまう。 が出現するェンス2へ移行するには0が必要なのだが、では操作方法をするのに手間取ることもあり点ほど、慣れてきても最初のうちは点台後半でまぁ頑ったねという感じである。 画面がパになっていれば多少はが低下するようだが……。 ちなみにこのプ、体当たりして敵艦載機を撃墜しているように見えるが、どうやら 艦載機を喰って撃墜しているらしい。 か何かか、は。 内ののが「・の」「かなり気心知れた長い付き合い」感にあふれた物であったため、達の間で「は」だの「今まで頑ってこれたのはのおかげ」だのと言われ、選択画面やと紹介する雑誌などの 駄に出来の良いが出回り、仕舞いには「のを変して自らをとしてねじ込んだ系」とまで扱われているの感の近さに由来するである。 およびにいてこのを使用した作品には、「データリンクエラーを起こす提督たち」「最新鋭」等のがに使用されている(本記事編集時点では個別記事はなく、本記事への)。 の「第二期が始まって以降最初の」域でのなので、かなり広義で見ればをと見るのも間違いではない…のかもしれない。 (狭義で言えばがする域の前に波、域突破報酬としての、マレが居るので厳密にいうとたちも含まれる事になる) この扱いに関して一部不快に感じるも居るのでとするのも慎重に行いたい。 不快に感じる側のも上記によるをする等しよう。 が大事。 楽しんでいる人達の中に入って不快だと騒ぐのは悪手である。 提督、なに?関連動画、探してるの? そ、そこは、ニコニコの関連静画なんです。 そ、関連商品もいいんだよ?今度紹介するね。 よし、私の関連項目!なーににしよっかなー?• ラタン• 初 『』 : : : :.

次の