きゅうり の キュー ちゃん レシピ 少量。 自家製きゅうりのキューちゃん(漬物)★ by yamita 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

きゅうり5本の分量。きゅうりのキューちゃん レシピ・作り方 by signup.schoolbook.org|楽天レシピ

きゅうり の キュー ちゃん レシピ 少量

夏野菜といえばきゅうり。 家庭菜園できゅうりを育てている方は多いですよね。 一度採れ始めると次から次へと採れるきゅうり。 大量のきゅうりの消費に困っていませんか? 他にも、ご近所さんから巨大きゅうりをいただいたりして食べるのに困っているかもしれません。 我が家の場合、旦那の実家が農家なので、夏になると袋にいっぱいの大量のきゅうりをいただきます。 大量の巨大おばけきゅうりの消費は、きゅうりの漬物がおすすめ! 市販品のきゅうりの漬物と言えば、きゅうりのキューちゃん。 甘辛くてポリポリした食感で人気の漬物です。 ご飯のお供やおつまみに、知らない人はいないほどのロングセラー商品ですよね。 でも、市販のきゅうりのキューちゃんは中国産のきゅうりを使っているらしいので、安心してたくさん食べるには、やっぱり手作りが一番です! 辛いものが食べられない子どもや薄味にしたいといった味の調整もできるので、きゅうりを大量消費できる簡単に手作りできるきゅうりのキューちゃん漬けの作り方をご紹介します。 きゅうりのキューちゃん手作りレシピ 材料• きゅうり 1kg(大きめのきゅうり7~8本)• 塩 小さじ1• しょうゆ 300cc• 砂糖 200cc• 酢 50cc• しょうがを千切りにする。 常温に戻ったら完成。 冷蔵庫で一晩おくと味がよくしみこみます。 漬かり過ぎるので好みの味の濃さで汁から取り出してください。 辛いのがお好きなら、鷹の爪をしょうがと一緒にいれます。 辛さは調整してください。 今回は、1回目に冷ました後、鍋を二つに分けて、一つの鍋に鷹の爪を入れました。 手作りきゅうりのキューちゃんの賞味期限 瓶に入れて密閉しておけば1ヶ月くらい、ふつうにタッパーに入れた状態なら2週間くらいはもちます。 もちろん冷蔵庫で保管してください。 冷凍保存もできますが、パリパリ感がなくなり、味も落ちるため、できれば食べきってしまったほうがいいです。 手作りきゅうりのキューちゃんを食べた感想 まず、パリパリとした食感がいいですね! きゅうりにしみ込んだ醤油のタレが噛めば噛むほどしみだしてきて、ピリッと効いたしょうがの風味が食欲をそそります。 暑くて食欲がない時も、このきゅうりのキューちゃんがあればついついごはんを食べすぎてしまうほど。 5歳の次男は、しょうがのピリッとした感じが苦手なのですが、この手作りきゅうりのキューちゃんはおいしい!といってパクパク食べてくれます。 もうちょっと辛みが欲しい場合は、鷹の爪をお好みで入れるとさらに食欲をそそります。 また、辛いキューちゃんはおつまみにもぴったりで、ビールのお供にしています。 まとめ きゅうりが大量に採れた、きゅうりが大きすぎて食べ方に困っている、近所の人から大量のきゅうりをもらって困っている。 そんな悩みをお持ちの方は、簡単に大量消費できる手作りきゅうりのキューちゃんを作ってみてはいかがでしょうか。 あまりのおいしさに病みつきになりますよー!!.

次の

きゅうりの漬物 自家製キューちゃん

きゅうり の キュー ちゃん レシピ 少量

薄く切ると味が馴染みやすくすぐに食べれます。 厚く切るとシャキシャキ感が残ります。 きゅうりを薄く切ったときは30分。 厚く切ったときには1時間くらい置くと良いでしょう。 これが最大のポイントです。 一度にたくさん絞ろうとせずに、両手で包めるほどの量を、きゅうりが割れない程度の力加減でなるべく水分を絞るようにします。 両手で絞った後に、さらにキッチンタオルなどで絞るとよく水が切れます。 鍋で合わせ調味料を温める 調味料を沸騰させてからキュウリを入れます。 この時点では下の写真のように、きゅうりが調味料に全部漬かりませんが、時間とともにしんなりしてちょうどよくなります。 再沸騰したら火を止めて蓋をする 合わせ調味料の量が少ないので、すぐに沸騰します。 沸騰したら火を止めてから、全体をひと混ぜして蓋をします。 1時間くらいして、鍋の粗熱がだいたい取れたら鍋ごと冷蔵庫に入れます。 このとき、きゅうりを軽くひと混ぜして全体的に調味料と混ぜ合わせておきます。 *冷蔵庫のスペースがないときは小さめのお皿に移します。 だんだんと漬かってきてタレに染み込んでいくのがわかります。 もう1度、火にかけて沸騰させる ひと混ぜしたら、再び火にかけ沸騰させます。 沸騰したら火を止めて、 蓋をして粗熱を取ります。 鍋の粗熱が取れたら、きゅうりを軽くひと混ぜして再び冷蔵庫に入れます。 粗熱を取ったら・・ 保存容器に移して、一晩たったら美味しい自家製キューちゃんの完成です! 上の写真は、漬かり具合の変化がわかるように鍋のまま冷蔵庫で一晩おいた状態です。 自家製キューちゃんを簡単に作るコツ 美味しい自家製キューちゃん は、 「シャキッとした食感なのに、しっかりきゅうりに味が染み込んでいること」。 そのためには、• きゅうりに塩を振って水抜き• 冷蔵庫で冷やす この二点が上手に作るコツです。 作ったことがある方ならわかると思いますが、水抜きをしてない きゅうりの浅漬けって、ほとんど味が染み込みませんよね。 自家製キューちゃんにも同じことが言え、最初にきゅうりの水抜きをすることで、味を染み込みやすくします。 水抜き時間は30分から2時間ほど。 時間が長いほどきゅうりがしんなりして緑色の水分が出できます。 このあたりはお好みで。 水抜きが終わったらきゅうりを絞ります。 大事なとこなのでもう1度、書きます。 一度にたくさん絞ろうとせずに、両手で包めるほどの量を、きゅうりが割れない程度の力加減でなるべく水分を絞るようにします。 両手で絞った後に、さらにキッチンタオルなどで絞るとよく水が切れます。 *多少割れたって大丈夫。 きゅうりのたたき風でさらに味が染み込みやすくなります。 冷蔵庫で冷やす 自家製キューちゃんのレシピでは、• 調味料を沸騰させる• きゅうりを入れて冷やす• 冷えたらきゅうりを取り出す の順番で、1,2,3の工程を何度か繰り返す手法もありますが・・ それよりも 粗熱がとれたキュウリを鍋ごと冷蔵庫で冷やす方が簡単です。 *冷蔵庫に鍋を入れるスペースがないときはお皿に移して。 これを利用します。 この手法は時間がかかりますが、なにより簡単! 「きゅうりの水抜き」といったひと手間はかかりますが、あとは特別に難しいことはありません。 きゅうりのキューちゃん、ご飯のお供にもお酒のつまみにも。 パリッとした食感と和風の味付けが癖になる一品です。 自家製キューちゃんの賞味期限 賞味期限の目安としては1週間以内に食べきることが望ましいでしょう。 清潔な保存容器に入れておけば2週間は食べられますが、保存環境が悪かったり、使用済みのお箸で取り出すなどすると賞味期限が短くなります。 自家製キューちゃんのひと手間 きゅうりを板摺 いたずり すると触感がUPして青臭さが取れます。 漬け込みが浅いうちは青臭さが残ってるので、すぐに食べたいときは板ずりするとよいでしょう。 皮をピーラーで3か所くらい向くと、見た目がよくなり味も染み込みやすくなります。

次の

きゅうりのキューちゃん&煮汁のおいしい活用法レシピ!|kemcy〈けむしー〉こころおどる日々とエンターテインメント

きゅうり の キュー ちゃん レシピ 少量

夏野菜といえばきゅうり。 家庭菜園できゅうりを育てている方は多いですよね。 一度採れ始めると次から次へと採れるきゅうり。 大量のきゅうりの消費に困っていませんか? 他にも、ご近所さんから巨大きゅうりをいただいたりして食べるのに困っているかもしれません。 我が家の場合、旦那の実家が農家なので、夏になると袋にいっぱいの大量のきゅうりをいただきます。 大量の巨大おばけきゅうりの消費は、きゅうりの漬物がおすすめ! 市販品のきゅうりの漬物と言えば、きゅうりのキューちゃん。 甘辛くてポリポリした食感で人気の漬物です。 ご飯のお供やおつまみに、知らない人はいないほどのロングセラー商品ですよね。 でも、市販のきゅうりのキューちゃんは中国産のきゅうりを使っているらしいので、安心してたくさん食べるには、やっぱり手作りが一番です! 辛いものが食べられない子どもや薄味にしたいといった味の調整もできるので、きゅうりを大量消費できる簡単に手作りできるきゅうりのキューちゃん漬けの作り方をご紹介します。 きゅうりのキューちゃん手作りレシピ 材料• きゅうり 1kg(大きめのきゅうり7~8本)• 塩 小さじ1• しょうゆ 300cc• 砂糖 200cc• 酢 50cc• しょうがを千切りにする。 常温に戻ったら完成。 冷蔵庫で一晩おくと味がよくしみこみます。 漬かり過ぎるので好みの味の濃さで汁から取り出してください。 辛いのがお好きなら、鷹の爪をしょうがと一緒にいれます。 辛さは調整してください。 今回は、1回目に冷ました後、鍋を二つに分けて、一つの鍋に鷹の爪を入れました。 手作りきゅうりのキューちゃんの賞味期限 瓶に入れて密閉しておけば1ヶ月くらい、ふつうにタッパーに入れた状態なら2週間くらいはもちます。 もちろん冷蔵庫で保管してください。 冷凍保存もできますが、パリパリ感がなくなり、味も落ちるため、できれば食べきってしまったほうがいいです。 手作りきゅうりのキューちゃんを食べた感想 まず、パリパリとした食感がいいですね! きゅうりにしみ込んだ醤油のタレが噛めば噛むほどしみだしてきて、ピリッと効いたしょうがの風味が食欲をそそります。 暑くて食欲がない時も、このきゅうりのキューちゃんがあればついついごはんを食べすぎてしまうほど。 5歳の次男は、しょうがのピリッとした感じが苦手なのですが、この手作りきゅうりのキューちゃんはおいしい!といってパクパク食べてくれます。 もうちょっと辛みが欲しい場合は、鷹の爪をお好みで入れるとさらに食欲をそそります。 また、辛いキューちゃんはおつまみにもぴったりで、ビールのお供にしています。 まとめ きゅうりが大量に採れた、きゅうりが大きすぎて食べ方に困っている、近所の人から大量のきゅうりをもらって困っている。 そんな悩みをお持ちの方は、簡単に大量消費できる手作りきゅうりのキューちゃんを作ってみてはいかがでしょうか。 あまりのおいしさに病みつきになりますよー!!.

次の