胎動 食後。 【まさか、赤ちゃんにも味覚が!?】妊娠中に甘いものを食べると胎動が激しくなるってホント!?

【激しすぎる!?】胎動が夜になると活発になる理由

胎動 食後

でも、甘いものを食べすぎると体重増加が怖いので、いったんセーブ。 そうすると、また胎動が優しくなるんです。 笑 あからさまに「甘いものが好きだよ~!」とアピールしてくれてます。 ここで疑問に思ったのは、「赤ちゃんって味覚があるのかな?」ということ。 それよりも、「いや・・・待って。 好きっていうよりも、苦しんでたらどうしよう!?」と不安にさえなりました。 そこで、赤ちゃんがどうして甘いものを食べた後に胎動が激しくなるのか調べてみました。 妊娠中でも赤ちゃんに味覚はあるの?胎動が激しくなる理由とは? 妊娠中でも赤ちゃんに味覚があるのか調べてみると・・・ 実は「赤ちゃんは甘いものが好き」ということが分かりました。 酸味や苦味、辛味などの味覚はハッキリと感じられないけれど、甘さだけは好む感覚が早い時期からあるそうです。 だいたい妊娠7~8か月頃には甘いものを欲しがる感覚があるとのこと!確かに、胎動がしっかりと感じられるようになった妊娠6ヶ月頃から、甘いものを食べる前や食べた後にはボッコボッコ動いてました。 (笑) 食べ物はママが食べた1時間半~2時間で赤ちゃんに届きます。 甘いものを食べた後に赤ちゃんの反応が1時間~2時間後であれば、赤ちゃんが甘いものに反応している証拠と言えます。 病院の検査でも甘いものを活用することがある! 病院のNTS検査(赤ちゃんの胎動回数やお腹の張りを検査するもの)を受けた時のこと。 検査に向かったのは夕方の4時頃。 ご飯を食べて3時間以上経っていました。 すると 看護師さんから「ちょっと病院のカフェか売店に行って、甘いもの食べてきてね」と言われました。 ママが食べ物を食べた後は胎動が起こりやすいので、検査に必要なんだとか! 特に甘いものを食べたときには動きやすいから、看護師さんにはチョコレートを勧められました。 産後気づいたんですが、母乳もかなり甘いんですよね。 生まれた時に飲むものも甘いってことは、赤ちゃんは生きていくために甘いものを好むようになっているのかもしれないですね。 赤ちゃんは甘いものに反応する!ママたちのリアクション 私以外にも、赤ちゃんが甘いものに反応しているママさんたちがいるようです。 うちのおチビちゃんは、ご飯を食べると胎動が激しくなり、甘いものを食べると祭りが始まります。 特に甘いものに反応している時の赤ちゃんの動きって激しい。 (笑) よく言われている動きは、次のような動きです。 動きを想像するだけで、超絶可愛いですよね。 私はよく肋骨をグ〜っと押す動きをされていたので、妊娠後期は鈍痛が苦しくて息ができなくなることもありました。 そして生まれた後にオッパイをあげていると、赤ちゃんの足がピーーーンと伸びていたんです。 その足がまさに私の肋骨を押していたんだとピンと来ました。 (笑) 「この足か〜!」と、ついつい写メに収めましたよ。 適度に食べる分には問題ないとされています。 ただし、食べ過ぎると問題になることがあるので、あくまでも適度に食べることが大切。 (それがかなり難しいんですけどね・・・。 苦笑 ) 妊娠中に甘いものを食べすぎると、次のようなリスクが高くなります。 どれも赤ちゃんやママの命の関わるものなんです! もし発症したら・・・と、想像するだけで怖いですよね。 こういった病気のリスクは「甘いもの」の食べ過ぎで発症することがあるので要注意!妊娠中期、後期に糖尿病は検査があるのでドキドキですよ〜。 特に妊娠後期になると、妊娠初期や中期とは比べ物にならないくらいの食欲が襲ってきます。 「そんな、言い過ぎやろ〜」 ・・・と、私も思ってました。 しかーーーーし!! 言いすぎじゃなかったです。 妊娠後期に入った頃は体重管理のおかげで急激な変化はありませんでした。 それが妊娠後期に入って、1ヶ月に2kg単位で増えていったんです。 ほんと、空気を吸っても体重が増えるって感じです。 なので、早いうちから食事で体重コントロールをすることが理想的。 甘いものも食べたいけど、適量にしておくべきだと心からアドバイスします! 赤ちゃんの胎動を確認したいときだけ、甘いものを食べるのが良し! 甘いものを食べすぎると、妊娠中に命に関わる危険があるから気をつけないといけません! でも、赤ちゃんに動いてほしくて、ついつい甘いものを食べたくなってしまうのも問題です。 笑 そんな時だけ甘いものをちょっとだけ食べるっていうのが手だと思います。 あとは、適度にストレスがたまらない程度に食べるとか。 自分自身でどうすれば上手に付き合っていけるのか見つけてみるのがオススメです! 私は間食で甘いものを食べすぎていたので、間食で無駄なカロリーや糖分を取らないように「」を取り入れました。

次の

胃と腸が胎動のように動きます。 何かの病気ですか?

胎動 食後

赤ちゃんのお腹の中での動きは? 妊娠8週ごろ~ ・跳び上がる ・しゃっくりをする ・前転や左右に回転する 妊娠10週ごろ~ ・手や足の伸ばしたり曲げたりする ・子宮壁に触れた時、蹴り返す 妊娠12週ごろ~ ・指しゃぶりをする(私は定期健診のモニターで確認できました。 ) ・羊水を飲む ・おしっこをする 妊娠15週ごろ~ ・まぶたの下で目が動く お母さんが気づいてないだけで赤ちゃんはお腹の中でさまざまな動きをしています。 胎動の種類は? では、胎動の種類について、紹介していきますね^^ これを読んだら、胎動が今まで以上に愛おしく感じれらますよ^^ 赤ちゃんがビックリする動き 赤ちゃんの聴覚や皮膚が発達することにより、赤ちゃんがお母さんの感覚を受けてビックリして動くことがあります。 赤ちゃんのしゃっくり 「ピクッピクッ」っとした痙攣のような胎動を感じることがあります。 初めて知ったときは驚きましたが、これは赤ちゃんのしゃっくりなのです。 赤ちゃんはお腹の中で結構な頻度でしゃっくりを繰り返しています。 規則的に続くため驚く妊婦さんも多いのですが、よくあることなので心配する必要はないようです。 赤ちゃんがしゃっくりをする理由は、横隔膜を動かして生まれてきてからの肺呼吸の練習をしているのです。 ただ、このしゃっくりの振動については頻繁に感じる妊婦さんと、まったく感じない妊婦さんがいます。 赤ちゃんの回転 赤ちゃんは羊水の中で回転します。 私の赤ちゃんもちょうど定期健診でモニターを見ていたら、勢いよく回転していました。 ゴロンという感覚です。 赤ちゃんが手足を伸ばす、曲げる お腹が「グニュ~」といった感覚があります。 先輩妊婦さんたちはよく腸の中が「ぐにゅ~」っと動くような感じと表現していますね。 これは赤ちゃんが手足を伸ばしたり、曲げたりしている動きです。 赤ちゃんのキック また、赤ちゃんが成長して大きくなると、手・足を活発に動かすようになり「ボコッ」と蹴られるような感覚を味わうことがあります。 よくドラマで「あっいま蹴った!」というシーンですね。 赤ちゃんが成長してきた証拠なのですが、あまりにも活発な赤ちゃんだとこれがなかなか痛い・・ 赤ちゃんのおしっこ 赤ちゃんがおしっこをすると、「ブルブルッ」っと震えるような胎動を感じます。 赤ちゃんは羊水を飲んで呼吸の練習をしています。 そのあと、飲んだ羊水はおしっことして排泄しますが、そのおしっこがまた羊水となります。 スポンサーリンク まとめ 赤ちゃんはお腹の中でただジッとしているのではなく、生まれてきてから外の世界に対応できるように お腹の中で一生懸命練習しているんですね。 胎動が激しい赤ちゃんだと痛かったりして眠れないときもあります。 しかし、それは赤ちゃんが元気に育っている証拠です。 ストレスがたまることもあるかもしれませんが、生まれてきて胎動がなくなると寂しいですよ。 笑 今だけですから胎動を思いっきり楽しみましょう。 スポンサーリンク.

次の

【胎動の種類まとめ】あなたの赤ちゃんの胎動はどれ?

胎動 食後

胎動が激しいのは赤ちゃんが苦しいの? 胎動が激しいと、もしかして、赤ちゃんが 苦しいのでは?と不安に思ってしまいますよね。 ですが、妊娠中期頃は羊水の量が一番多く 赤ちゃんがとても動きやすくなっています。 もし、赤ちゃんが苦しかったり、何か異常が あった場合は胎動が激しくなるのではなく 胎動が弱くなったり、感じられなくなる事です。 胎動が激しいのは、赤ちゃんが元気な証拠 なので安心してくださいね。 食後の激しい胎動の原因は? 胎動はお母さんが、リラックスしている時に 感じやすいです。 食後は、お母さんも、 食事をして落ち着いているため、いつもより、 胎動を感じやすい状態になっています。 よく、胎動が激しい時は、何か動いて 気を紛らわしてみてと言われますが食事の 後の胎動は、動いていてもポコポコと 動いているのが分かるくらい激しい事も あります。 それは、お母さんが、食事をしたことで 血糖値が上がる事によって、赤ちゃんに 栄養や酸素が送られて、活発になると 言われています。 赤ちゃんも、栄養が送られてきたことで 元気に動いているんだと分かるといっぱい 栄養を取って、大きくなってねと思います よね。 激しい胎動を和らげるには? 私も、食事の後は胎動が激しくて、痛い くらいでした。 洗い物をしても、途中で 「痛い、痛い…」と中断するくらい激しい 胎動がありました。 そんな時に、試してみたことが 胎教の一つでもある音楽を聞く事でした。 私はオルゴールが好きだったので オルゴールを流すと、最初はボコボコと 激しかった胎動もポコ、ポコと胎動が 落ち着きました。 オルゴールを聞いている分、私も リラックスしている状態でしたがお腹の 赤ちゃんも聞いていて落ち着いてるのかな? と思うととても愛おしくなりました。 また、主人に胎動が激しい時に触って もらって声をかけてもらうと、不思議な くらい胎動が治まりました。 主人は落ち込んでいましたがいつも 聞いている私の声と違う声で赤ちゃんも 「ん?」と思っているのかもねと話しを して笑っていました。 食後の激しい胎動が治まらない時は? これもぜひ試してもらいたい方法なの ですが私が、どうしても、胎動が落ち着かない 時にしていたのが抱き枕を使用でした。 大きめの抱き枕を、抱いて抱き枕の下の部分を、 お腹の下に敷くように横になると胎動の衝撃が 和らぎました。 注意点は、お腹が床などに直接 当たらないようにしてくださいね。 衝撃が直接お腹にきてしまって余計に痛みを 感じてしまいます。 抱き枕はとても便利で、 臨月まで使っていました。 また、よくネットで見かけるのですが胎動が 激しい時に、赤ちゃんの位置を変える方法として お腹を抱えて少し揺さぶってみたり 優しく上下左右にお腹を振ってみましょう。 とありますが、やりすぎてしまうと お腹の張りや、破水などの原因にもなって しまう恐れがありますのでもし、やって みたいと言う場合はかかりつけの産婦人科に 相談をしてやり方を聞いて行うのが一番です。 激しい胎動は元気な証拠 赤ちゃんが何かあった時は、胎動が弱かったり、 感じない場合です。 胎動が激しいと言う事は、 赤ちゃんが元気いっぱい、育っている証拠です。 お母さんは痛かったり、苦しかったりして 大変な思いをする事もありますが、胎動を 感じられる時期は決まっています。 音楽を 聞いたり抱き枕を使用したりして、胎動を 和らげてみてくださいね。

次の