仏壇 の 引っ越し。 仏壇の移動・引っ越しをする場合に必要な供養とは?

仏壇の引越し費用・料金相場と荷造り手順【HOME'S

仏壇 の 引っ越し

引っ越しや家の建て替え、部屋のリフォームや片付けなどで、仏壇の移動や運搬をする場合、「どのような法要や供養が必要になるのか?」と言う質問をよく受けます。 「なにか供養をしなければならないのか?」「具体的にどうすればいいのかわからない」という人が多いです。 多くの人にとって仏壇の移動は、一生のうちでもあまり経験することのないことだからです。 さらに、檀家離れなどで、寺院やお坊さんとの付き合いもだんだん希薄になってきており、気軽に供養のことについて、相談できる相手も少なくなってきています。 ただ心配することはありません。 仏壇の引っ越しや移動をする場合は、以下の2点を知っておけばスムーズに進められます。 ポイント1:どんな供養が必要か? ポイント2:供養が必要になる「移動パターン」とは? 今回は、「仏壇の移動・引っ越しをする場合に必要な供養」について解説します。 ポイント1:どんな供養が必要か? 仏壇の引っ越しや移動をする場合、どんな供養が必要になるのでしょうか?これを理解するために、仏教の基本的な考え方を知っておきましょう。 仏教の基本的な考え方 仏教のほとんどの宗派では、仏壇に「魂やお性根を入れる」、または、仏壇から「魂やお性根を抜く」という考え方をします。 最初に仏壇を購入した時に行う儀式を、魂入れ(たましいいれ)・お性根入れ(おしょうねいれ)・開眼供養(かいげんくよう)と言います。 そして、 仏壇を処分をしたり、移動・引っ越しをしたりする際に行う儀式が、魂抜き(たましいぬき)・お性根抜き(おしょうねぬき)・閉眼供養(へいがんくよう)と呼ばれるものです。 これは、もともとお仏壇を買った時に、お坊さんにより魂入れを行ってもらっているからなのです。 したがって、仏様やご先祖様が宿られた状態のままで、仏壇を動かしたり処分したりすることは、仏教の考えではタブーとされているのです。 つまり、 仏壇を移動する際には、お坊さんにお経を上げてもらい、仏壇に宿ったご先祖様の魂を抜いて供養をしてもらう必要があるのです。 魂・お性根を抜くことによって、仏壇はただの入れ物に戻ります。 その後、動かしたり処分したりしてもよいという考え方になります。 ちなみに浄土真宗では、魂・お性根という概念がありません。 その代わりに入仏法要(にゅうぶつほうよう)・遷仏法要(せんぶつほうよう)という考え方があり、仏壇の移動の際には、同じように読経の儀式が行われています。 要は、宗旨宗派が違っても、仏壇を移動する際には、お坊さんにお経を上げてもらうことが必要になります。 ポイント2:供養が必要になる「移動パターン」とは? ひとくちに「仏壇を移動する」と言っても、いろいろなパターンがあります。 大きく以下の4つのパターンが考えられます。 上記4つのパターンをそれぞれ見ていきましょう。 1、引っ越し 引っ越しをする場合は、まず引越し前に魂・お性根を抜く必要があります。 魂・お性根抜きをお坊さんにしてもらった後、仏壇を引っ越し先に移動・運搬し、その後再び、魂・お性根を入れてもらいます。 引っ越しの時間帯や段取り、お坊さんの都合などもありますが、魂・お性根抜きと魂・お性根入れを、一日で済ませてしまう場合もあったり、別日で行う場合があったりします。 このように、魂・お性根抜きと、魂・お性根入れは必ずセットになります。 仏壇を買い換える場合なども同様です。 2、同じ敷地内にある別の建物(離れなどの家屋)への移動 別の建物・家屋への移動は、同じ敷地内であっても引っ越しと同じように考えます。 要は、仏壇を家(建物)から出す場合は、魂・お性根抜きが必要になるということです。 同じ敷地内での移動なので、魂・お性根抜きと魂・お性根入れは、通常一日で済ませることが可能です。 お坊さんには、あらかじめその旨を伝えておくとよいでしょう。 同じマンション棟内での、号室間移動や階数移動は、同じく引っ越しと同じ扱いになります。 3、同じ家屋内での部屋間の移動 家の中での部屋間移動は、供養は不要です。 たとえば、一戸建ての2階から1階へ移動する、和室から洋室へ移動する、などです。 供養は不要ですが、ご本尊さまや位牌などは、白い布や白い紙で包んで移動するとよいでしょう。 目隠しという意味合いがあります。 4、同じ部屋の中で配置を変える 配置換えの場合、供養不要です。 仏壇の位置を少しずらす、横へ移動する、向きを変える、などの場合は何もせずそのまま移動してもオッケーです。 移動以外で、仏壇の供養が必要な場合とは? 仏壇を移動するとき以外で、魂抜き・お性根抜きなどの供養が必要な場合を、参考までに以下に列記します。

次の

3.5万円~1.2mまでのお仏壇の引越しを代行業者涙そうそうが承ります!

仏壇 の 引っ越し

【質問】お寺さんとの関係について 我が家には以前より長くお付き合いをしているお寺さんがございます。 お彼岸やお盆、年末は家におつとめに来ていただいてお経を唱えてもらいます。 これは嫁いだ時からのことですし、ごく当たり前の行事のように考えておりました。 この度、引越しをすることになったのでお仏壇も移動しなくてはならないのですが、お仏 壇の引越しには決まりがあると知りました。 それも、おつとめの後にお茶を飲みながら話している時にご住職から教えていただき ご先祖の為にも行ったほうが良いと提案がありました。 普通に移動して良いものだと考えておりましたので、抜魂、入魂の儀式があることも、その 度にお寺さんにお願いすることも知りませんでした。 友人などに聞いたところ、お布施の金額もけっこうかかるそうです。 私もお金に不自由していなければきちんと形式通り行いたいのですが、年金で暮らしており 余裕がありません。 だからといって、お寺さんとの関係を壊すようなことはしたくないと思っております。 これから息子の代になっても長く続いていく関係ですし、狭い地域ですので何か噂され ても嫌だなと思います。 断らずにお願いしたほうがよいのでしょうか。 金銭的に困難な旨を相談しても失礼にはならないでしょうか。 アドバイスをお願いいたします。 ただでさえ大きいですし、普通の家具と違って先祖を祀っているものなので粗末にできません。 仏壇の引っ越しに関して、絶対にこうしなければならないという決まりはありません。 宗教活動があまり盛んでない日本でもたくさんの宗教がありますね。 一番多いのは仏教徒だと思いますが、同じ仏教でもたくさんの宗派があります。 仏壇の引っ越しに関しても宗派ごとに考えが違います。 また、住職さんによっても変わったりします。 なので、檀家となっているお寺やお世話になっているお寺に相談するのが手っ取り早いですが、 ここでは一般的な仏壇の引っ越しの概略をご紹介します。 仏壇の引っ越しでは、仏壇を動かす前にまず「魂抜き」をしてもらいます。 この儀式が終わると、先祖の魂は一旦仏壇から離れます。 新居に移ったら、今度は「魂入れ」をしてもらいます。 この儀式が終わると、先祖の魂は再び仏壇に戻ります。 宗派によって、「お精抜き」「お精入れ」と呼んだり、「お性根抜き」「開眼法要」と呼んだり さまざまですが基本的な考え方はこのような感じです。 宗派によっては、引っ越しの際、まず最初に仏壇を運び出し、新居には最初に 仏壇を入れるというところもあるようなので、お寺に確認してみるといいでしょう。 浄土真宗には「魂」という概念がないため、魂抜き等はないと勘違いされることがあります。 確かに「魂抜き」「魂入れ」は行われませんが、代わりに「閉扉法要」「遷座法要」などの 儀式をします。 (呼び方は浄土真宗内でもいろいろあります。 ) ただ、「閉扉法要」は略すことが多いと僧侶の方もおっしゃっていますし、浄土真宗は 厳格ではないのかもしれません。 いくら包めばよいかわからない場合は思い切ってお寺に聞くのが確実な方法です。 相場は1~3万円程度で別途交通費等が必要になります。 この金額はあくまで相場で、金額は檀家となっているお寺やお住まいの地域により異なります。 参考までに、以下の二つのお寺のお布施金額をご紹介します。 ・ある浄土真宗のお寺 「お精抜き」「お精入れ」合わせて1~2万円 ・ある臨済宗のお寺 閉眼法要 2万円 (開眼法要は別途) 参考になさってください。 また急に引っ越しが決まった場合ですと、事前にお寺に依頼をし、 引っ越し前に来ていただく時間を作るのは大変でしょう。 魂抜きは絶対にしなければならないのでしょうか? 最近ではこういった儀式はあまり行われていないようです。 遠方への引っ越しの際はされる方も結構いるようですが、近隣への引っ越しの場合、 省略される方が多いようです。 魂抜きや魂入れをしなかった方全員に祟りが起きた、罰が当たったということは聞きません。 では、お金も時間もかかるのになぜ魂抜きをする方がいるのでしょうか? 理由の一つとして、信仰心が強いなどの宗教的理由が考えられます。 また、先祖代々やってきているからという理由もあるでしょう。 実は多い理由が、お寺との関係を悪くしたくないという理由です。 一度檀家になったらそうそう変えることはできませんので、長い付き合いになります。 仏教のいろいろな決まりは住職さんに教えていただくことになりますから、 住職さんに引っ越しするなら魂抜きと魂入れが必要だと言われたら断りにくいですよね。 何も言わずに引っ越しをしても、いつかは仏壇にお線香をあげにきていただくことになります。 後から引っ越ししたことが伝わってもなんだかお互い気分が悪いですよね。 このように、お寺との関係を良好に保ちたいならば魂抜き等を行った方がいいでしょう。 お布施は気持ちと言われていますので、例えばお金をキャッシングで借りてまで 相場の金額を払う必要はないのです。 お寺もこちらの懐事情は十分に理解してくださると思いますよ。 ただわざわざ出向いていただくわけですので、お車代はしっかりと出した方がいいかと思います。

次の

仏壇の引っ越しは必ず、お経をあげてもらってから移動しないといけませんか?

仏壇 の 引っ越し

【質問】仏壇の引越しの際のお布施について この度引っ越しをするにあたり、お仏壇も動かすことになりました。 お仏壇の引越しにも細かいしきたりなどがあるそうで、うちもお世話になっているお寺の ご住職にお精抜きと、お精入れをお願いすることにいたしました。 実家の母に聞いても、仏様に関することなのでお寺さんの言うとおりにしておきなさいとの ことだったので、先日旦那とご住職のところへ相談に行ってきました。 気になっていたお布施のことについても、聞きにくいながらも尋ねてみました。 ご住職は、お布施について特に決まりはないので、あくまでも気持ちを包んでくれれば良い とおっしゃられていたのですが、一般的にはだいたいいくら位お包みするものなのでしょうか。 我が家は真宗大谷派ですが、宗派によっても決まりなどはあるのでしょうか。 義父の法事の時は3万~5万ほどお渡ししたように記憶がありますが、同じくらいの金額 で考えた方がいいのではないかと考えております。 旦那はもう少し少なくてもいいと言っているのですが、大丈夫なものでしょうか。 同じ宗派の方や、お仏壇の引越しを経験されている方に意見をいただき、参考にさせて 頂きたいと思っております。 また、引っ越しが終わった後には、新居で「魂入れ」「お精入れ」という儀式をし、 先祖の魂を再び仏壇に戻します。 しかし、浄土真宗では「お精抜き」や「お精入れ」という言葉は使用しません。 もっとも、これと似たことは行われていて、一般に「お勤め」と称します。 お勤めでは、仏壇から魂を抜いたり再び入れたりということが行われるのではなく、 新しい仏壇を購入した際には、お敬い報恩の心で「お入仏のお勤め」を行い、 仏壇を洗濯に出す前などには、お礼報謝の心で「お別れのお勤め」を行います。 これは祟りが怖いから、慣習になっているからではなく、自発的なものです。 ですので、仏壇の引っ越しの際は家族皆で『正信偈』のお勤めをし、 お世話になっている住職がいるならその住職と共にお勤めをされるといいのでは、 と真言大谷派のある僧侶は言っています。 親鸞の著作である『教行信証』の二巻目である『行の巻』の巻末に収められています。 ここには主に以下の二つのことについて書かれています。 さらに仏教ではお布施を以下の三つに分けています。 なので、お寺からお布施の金額を指定することもおかしな行為なのです。 お寺さんはお布施が多かろうと少なかろうと頼まれたら来てくださいます。 お布施は金額の問題ではなく、亡き人や仏様への御恩報謝の気持ちを表すものと捉えましょう。 少なくてももちろんお寺さんは文句を言ってくるわけではないと思いますが、 参考程度にお布施の金額の例をご紹介します。 ある大阪にお住まいの方の場合です。 お入仏のお勤め(いわゆるお精入れ) お布施3万円、お車代と御膳料で1万円 計4万円 ちなみにそのほかの仏事では、 四十九日 お布施3万円、お車代と御膳料で2万円 計5万円 月命日 お布施5千円、お車代と御膳料なし 年忌法要 お布施3万円、お車代と御膳料で2万円 計5万円 この方はお寺の方に訊いたそうですが、これは少し高めの金額ではないかと思います。 地域やお寺によって相場の金額は結構変わります。 相場が知りたい方はお世話になっているお寺に直接確認するのが確実だと思います。 また、相場の金額はとても無理だという方もいらっしゃると思います。 その場合でも仏事はしていただけますし、不安ならばお寺に相談してみるといいでしょう。 まず表書きですが、浄土真宗の真言大谷派でははっきりとした取り決めはありません。 (お寺によっては決まっていることがあるので確認してみましょう。 ) 法事の前に渡す場合は「御布施」、法事の後に渡す場合は「御法礼」が無難かもしれません。 また、「御霊前」「回向料」「御読経料」「上」等は絶対に表書きとして使用されないことは 覚えておいて損はないと思います。 水引も色も細かく指定されているところもありますが、一律に黄色でいいでしょう。 ある僧侶さんによると、裏書きを見せながら渡してくる方がいらっしゃったそうです。 お布施は気持ちの問題ですので、金額を見せつけるような行為は絶対にやめましょう。

次の