フランチャイズ 加盟 募集 ランキング。 加盟店募集(フランチャイズ募集)

加盟店募集(フランチャイズ募集)

フランチャイズ 加盟 募集 ランキング

おすすめポイント 付加価値をプラスすることで確実に集客へと結びつける このランキングの最後に紹介するのは、株式会社プレナスが運営している 「ほっともっと」です。 本来のフランチャイズであった「ほっかほか亭」と袂を分かち、独自のフランチャイズとして立ち上がったことは広く知られています。 「ほっともっと」ブランドが創設されてからまだ10年ほどですが、 同業界の店舗数においてナンバーワンとなっているようです。 当初は早期撤退論もささやかれていましたが、そうしたネガティブな要因を次々とはねのけ、わずか10年で弁当業界のキングと呼べるほどの成長を遂げてしまいました! その強みとしては、天然素材のこだわりやカロリー健康の重視、そしてバラエティ豊かなメニューのタイミングのよい投入等さまざまではありますが、現在でのなお店舗数を増やすため、積極的なフランチャイズ加盟店を募集しています。 お弁当屋というのは薄利多売なイメージがありますが、携帯性に優れており、レストランのように大きな敷地を必要としないので 手軽に出店できるというメリットも持っています。 そうした事情を考慮し、参入のためのハードルも他社と比較するとかなり低くなっています。 コストパフォーマンスという点のみを見れば、かなり優秀な部類に入ると言えるでしょう。 いったいなぜ、ほっともっとはここまで順調な全国展開を行えたか ほっともっとと言えば、今や全国的な手作りのお弁当チェーンです。 ほっかほか亭との関係もあり、当初はあまり長続きせず撤退するという意見も見られましたが、そうした予想を裏切り現在も成長を続けています。 いったいなぜ、ほっともっとがここまで成長を続けているのかというと、それはこの会社が他の弁当チェーンにはないさまざまな特色や特徴を持っているからです。 ほっともっとでのフランチャイズ加盟を検討するにあたって、この会社の強みも知っておきましょう。 ほっともっとがその他お弁当チェーンと大きく異なっている点、それは 「健康」です。 お弁当のチェーン店というのはこれまで多くの人の間で「安かろう、悪かろう」というイメージがほとんど定着しているといってもよい状態でした。 価格を抑えるため、安い食材に着色料や化学調味料を豊富に使用しているため、健康的というイメージからはかけ離れている存在であってのです。 たとえばコンビニで販売されているお手軽なお弁当は、その代表格といってもよいでしょう。 しかし、ほっともっとはそうしたイメージをみごとにくつがえしてしまいました。 ほっともっとが掲げているモットーは 「手作り」。 機械ではなく人の手によってひとつひとつお弁当を手作りし、さらに素材は 天然のものをふんだんに使用。 それに加えて カロリー面でも配慮がなされているため、とくにこれまでお弁当チェーンを避けていた若い女性からの支持を獲得し、今までにないシェアを築き上げました! さらにもうひとつ、 商品ラインナップのユニークさもあげられます。 今までお弁当チェーンというのは、どちらかといえばのり弁やしゃけ弁のような定番メニューで勝負をすることが多かったのですが、そうした戦略は飽きられやすく、いったん客離れがはじまると止まらなくなってしまいます。 しかし、ほっともっとは豊富な 新メニューや 期間限定メニューを定期的に用意することによって 客離れをストップ、なおかつ 固定客の増加につなげています。 そうした取り組みの代表的なものが、DAIGOさんの宣伝でもおなじみの「ご当地弁当」。 「室蘭やきとり重」や「まぐろかつ重」等、さまざまな限定食材を用いたスペシャルメニューは、全国規模で好評だったようです。 こうした、今までの弁当屋になかったユニークな取り組みを多数行うことによって、ほっともっとは弁当チェーンの中でも異彩を放っているというわけなのです。 準備すべき資金がきわめて安価であり、多くの人が開業可能 ほっともっとのフランチャイズ加盟のメリットはさまざまですが、なかでも一番注目したい点が、その参入のしやすさです。 今まで見ていただいた中でもご理解いただけるかと思われますが、飲食店フランチャイズ加盟のハードルというのは、どの業者も決して低いものではありません。 加盟を使用と思えば、数千万単位の開業資金が必要となってくるので、気軽に「この店をやりたい」とはならないのです。 しかし、ほっともっとの場合、そうした参入障壁がかなり低く設けられています。 開業のために必要な準備資金は、 わずか290万円と圧倒的な安さ。 さらに、毎月支払わなければならないロイヤリティーの方も、月8万円と比較的安く抑えられています。 「飲食店フランチャイズに加盟したいけれど資金が不足しているから、まずは簡単に参入できるところを探したい」という方にとって、ほっともっとのフランチャイズは相性がよいと言えるかもしれませんね。 手作り弁当でありながら、徹底された調理マニュアルと研修でクオリティを統一 ほっともっとはたとえばコンビニ弁当のような工場製のお弁当ではなく、店舗で直に調理する形の「手作り」をアピールしています。 しかし、そうした話を聞いていると「それなら、ほっともっとのフランチャイズオーナーは手作りでお弁当が作れなければならないのか」と心配になられる方もおられるかもしれません。 でも、大丈夫です。 フランチャイズ元も、いきなり自社の手作り弁当を調理できる人材を求めてはいないでしょう。 加盟したばかりのフランチャイズオーナーには、必ず 事前研修を受けさせるようにしています。 この研修によって、弁当屋の運営法等の他、からあげの揚げ方やゴハンの炊き方、総菜の盛り付け方等手作り弁当づくりに必要なあらゆることを学べるようになっているのです。 さらに、長年時間をかけて徹底的にブラッシュアップされた 調理マニュアルも用意されているので、前向きにがんばれば作り方をマスターできるようになっています。 もちろん、簡単に覚えられるというものではありません。 全国チェーンで人気のあるお弁当の調理法を覚えるためには、並々ならぬ努力が必要です。 だからこそほっともっとは、技術習得のためにがんばることのできるフランチャイズオーナーを求めているのでしょう。 参入障壁の低さの一方、場所によっては競争になりやすいという点も このように、他のお弁当チェーンにはない特色を持ち、参入障壁も比較的容易なほっともっとではありますが、だからといって確実かつ楽に利益が出せるというわけではありません。 とくに大変なのが、地方の一部地域での展開です。 弁当屋というのは地方での個人商店がまだ残っており、全国チェーンはそういった業者との競争が避けられず、ほっともっともまた例外ではありません。 「味」がなにより重要視される手作り弁当業界では、 個人のお弁当屋さんに全国チェーン店舗が撤退に追い込まれてしまうということもしばしば。 これはどの業界にも言えますが、決して慢心をもって取り組める事業でないと言えるでしょう。 ほっともっととフランチャイズ契約を結んだ方の口コミ・評判を集めてみました! 今後伸びていく業態で、開業資金も小額で、未経験者でも始めやすいスタイルと感じた。 ほっともっとというネームバリューです。 また、中食産業という今後も伸びていく業態であるのも魅力に感じました。 開業資金が少額の負担で済、開業した際にも既存店での営業を引き継ぐというスタイルであったので未経験者でも始めやすいフランチャイズ本部であると感じました。 低資金で開業を行うことが可能となっており、加盟金や保証金も100万円程度と非常に安価です。 デメリットを挙げるとすれば、どこの地域であっても見かけるという点からも分かるよう 参入障壁が低いという点です。 飲食業フランチャイズの中でも弁当屋のFCは非常に人気が高く、自分が出店した周辺により低価格弁当屋FCが出店してくる可能性も0ではありません。 立地の選定は誤らないよう特に注意が必要ですね。 実際に客入りが分かる店舗の引継ぎ制度に安心して始められる印象を受けた。 店舗を引き継ぐ形での経営ができる制度があるとのことでしたので、未経験でも安心して始められるという印象を受けました。 開業資金の負担が軽くなるのはもちろん嬉しいのですが、それ以上に、実際に客入りなどが分かる店舗の運営というところに魅力を感じます。 ほっともっとでは 営業中の店舗を引き継げる「ユニットFC制度」というものがあります。 これなら、すでに常連さんなどがいる状態のお店でもありますし、売り上げの状況などもあらかじめ知ることができるので安心ですよね。 さらに開業資金も圧倒的に安いので、こちらの投稿者さんのように未経験でも安心して始めることができます。 このような 「敷居の低さ」がほっともっとの魅力であることは間違いないようです。 予想以上に美味かった 【この度の用途】 昼ごはんに利用しました。 【お店の雰囲気】 事前に人数分予約しておけば時間までに出来上がってました。 外国人の店員ばかりで色々手間どってました 厨房は不明。 【注文内容】 特選幕の内と50 0mlのお茶を注文しました。 【味の印象】 煮物、すき焼きが思った以上に美味しかったです。 特にふきの煮物があって、まさか弁当にこんなのが入っているとは思わなかったので、嬉しく食べました。 【ボリューム】 やや少なめかもしれさんが、中年以降にはちょうど良い。 【値段とのバランス】 弁当750円くらいだったかな。 普通です。 【総評】 なかなか美味しかったです。 なぜ健康的と言えるのかというと、他社では着色料や科学調味料を使用していますが、ほっともっとは 手作りであり、素材も天然なものを多く使用 しているからです。 そのため投稿者さんのように予想以上においしいという期待を超える満足度の高い結果になります。 しかし手作りだと大変なのではと思うかもしれませんが、 調理マニュアルが用意されているので心配はいらないでしょう。 ほっともっとの基本情報.

次の

【根拠あり】おすすめフランチャイズランキング:儲かる理由

フランチャイズ 加盟 募集 ランキング

条件から検索する 募集エリア ジャンル 募集対象• 個人 初期費用 こだわりの特徴• 初期費用0円• 1人で開業・個人事業• 自宅開業• 在宅ワーク・内職• 無店舗で開業• 在庫リスクなし• 副業からスタート• 空き時間で稼ぐ• 週末起業• 趣味を仕事にする• 職歴・経験を生かす• 高齢者向けビジネス• 女性向けビジネス• 定年がない働き方• 40歳から独立• 独立支援あり• 未経験から始める• 研修・サポートが充実• 現金商売• 夫婦で独立• 地域密着• 社会貢献• お客様に感謝される• 複数店舗経営で稼ぐ• 土地・店舗活用• 技術が身につく• 商品に自信あり.

次の

ラーメン屋のフランチャイズ・代理店募集一覧

フランチャイズ 加盟 募集 ランキング

近年、長い間信じ続けられてきた「終身雇用」「サラリーマン神話」が崩壊しつつあります。 「サラリーマンになっていれば将来安泰」という時代がウソであったかのように、大企業の景気悪化による大規模なリストラ、さらにはブラック企業による社会的問題の発生等、「ただ会社に勤めて働いてさえいれば大丈夫」という時代は終わりを迎えています。 それでは、現在サラリーマンとして働いている方々は、これからどうしていけばいいのか。 副業や個人事業主等方法はいろいろありますが、私は フランチャイズによる飲食店の運営をおすすめしています。 初期投資もそれなりに必要としますし、技術等の習得に大変そうなイメージはありますが、それでも一定の需要が見込めます。 人間が存在している限り、「食べる」という行為がなくなることはありません。 だから、下手をすると大企業の社員よりも安定した収入を確保できるかもしれないのです。 このサイトでは、そんな飲食店フランチャイズの中でもとくに評判のよいものを5つピックアップし、比較検討してランキング形式で紹介しています。 みなさまのお考えや姿勢に合うものが、きっとこの中に存在しているはずです! フランチャイズ事業を行っている企業が多数ある中で、業種も様々です。 そこで、フランチャイズの業種でも実際に何が人気があるのか独自にアンケート調査を行いました。 調査の結果、「飲食」が34%を占める形となりました。 続いて同率23%で「コンビニ」「買取・リサイクル」が続く形となりました。 コンビニは全国どこでもある今の時代必須のお店ですよね。 しかし、実際は企業本部が運営している数は約1割程度しかなく、あとはほぼフランチャイズでの事業になるそうです。 また、最近では中古の買取やリサイクルショップも昔に比べて増えてきましたね。 こちらも、よく見かける大きい会社が運営しているものになると、フランチャイズ契約で出店しているお店が多いみたいです。 その他様々な業種がフランチャイズ化を進めてきてはいますが、実際に自分がやるとなると、利益率や業務の内容が見えやすいといった理由から飲食業が一番人気になるようです。 これからフランチャイズで何か始めようかと思っている方も、飲食のフランチャイズについて詳しく説明していきたいと思うので是非参考にしてみて下さい。 さまざまな飲食店フランチャイズ業者をリサーチし比較検討した結果、このランキングサイトの1位に輝いたのは 「らあめん花月嵐」です。 「ラーメンは世界に誇る日本のエンターテイメントである」と豪語するこのラーメンチェーンは 25年以上の実績と 国内外230店舗以上を持つ強豪飲食店とも言える存在です。 ただラーメンを販売しているだけでなく、有名ラーメン店主や人気ご当地ラーメンとのコラボ商品の開発を積極的に行っており、話題性にも事欠きません。 そしてこのらあめん花月嵐、全国規模での出店を積極的に推し進めており、フランチャイズ加盟店の大規模な募集を行っています。 この会社のフランチャイズを経由して人気ラーメン店の店主となっていった方の口コミによれば、そのサポートスタイルは「おせっかいな程面倒を見てくれる」とのこと! ただ自己資金だけを受け取ってロクなサポートもしない悪辣なフランチャイズ業者も存在する中で、このらあめん花月嵐のスタイルはその対極にあるきわめて優れたものであると言えるでしょう。 高い確率で利益を出せる独自のプランや、素人でも一流ラーメン店オーナーになれる すぐれた教育制度等、とにかくいたれりつくせりなフランチャイズだと、個人的には考えています。 【100名以上が選んだと言われている「既存店引継ぎ開業プラン」で成功率大幅上昇】 らあめん花月嵐は、数あるラーメンチェーンの中でも最近めきめきとその勢力を伸ばしつつあります。 なんでも、全国チェーンを展開している某大手とんこつラーメンチェーンが「ライバル」としてこのフランチャイズに注目しているのだとか・・・ 【社内大学を利用することで、知識のない素人でもラーメン屋の達人になれる!】 フランチャイズへと加盟するうえで、不安に思われることはなんでしょうか。 一国一城の主となるわけですから、さまざまな気になることがあるのではないかと思われます。 その中でも特に心配なのは・・・ 【30万人以上ものネット会員に対して常時情報を発信できる体制が完備】 いくらラーメンをおいしく作れる職人がいて、接客対応のすばらしい店員がいたとしても、お客さんがたくさん来てくれなければ店舗としては失格です。 こうした「マーケティング」の考えが個人飲食店には抜け落ちている場合が多いのですが・・・ 惜しくも2位のランキングとなったのは 「やよい軒」です。 やよい軒は株式会社プレナスが展開していますが、やよい軒以外にもお持ち帰り弁当で有名な「ほっともっと」も展開しています。 両方とも知名度が高いので、皆さんも一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。 そんな株式会社プレナスは、130年以上に渡って「食へのこだわり」が引き継がれており、 長年の間「おいしさ」を追求してきました。 そのような取り組みから、やよい軒では「焼きたて」、「揚げたて」、「作りたて」のおいしくて、種類が豊富な定食をお客さまに提供することができているのです。 そのような定食を提供しているからこそ、多くのお客さまに親しまれており、 300店舗以上も展開できています。 さらにその店舗は日本だけにとどまらず、タイやシンガポール、オーストラリア、アメリカなどにも出店しており、海外のお客さまにも楽しんでもらっているのです。 このように、幅広く展開しているやよい軒のフランチャイズをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 【おいしい定食を提供しているやよい軒の魅力】 やよい軒では、日本で古くから親しまれてきた、バランスのいい食事である「定食」を提供しています。 季節感や郷土性を取り入れたメニュー、ボリューム感のあるメニューなど・・・ 【初心者でも安心できる充実したサポート体制】 やよい軒のフランチャイズは初心者でも安心して始めることができるように、「店舗貸出型」を取り入れています。 「店舗貸出型」とは、やよい軒が建物や設備を用意して、それらをオーナーに貸し出すというものです・・・ 【安心して開業できるように開業前の5つの研修制度】 やよい軒のフランチャイズは、研修制度が充実しており、研修センターや実際の店舗で、経営のことから、調理技術、接客までを学ぶことができます。 研修期間は開業するまでの約2ヵ月間で・・・ このランキングの最後に紹介するのは、株式会社プレナスが運営している 「ほっともっと」です。 本来のフランチャイズであった「ほっかほか亭」と袂を分かち、独自のフランチャイズとして立ち上がったことは広く知られています。 「ほっともっと」ブランドが創設されてからまだ10年ほどですが、 同業界の店舗数においてナンバーワンとなっているようです。 当初は早期撤退論もささやかれていましたが、そうしたネガティブな要因を次々とはねのけ、わずか10年で弁当業界のキングと呼べるほどの成長を遂げてしまいました! その強みとしては、天然素材のこだわりやカロリー健康の重視、そしてバラエティ豊かなメニューのタイミングのよい投入等さまざまではありますが、現在でのなお店舗数を増やすため、積極的なフランチャイズ加盟店を募集しています。 お弁当屋というのは薄利多売なイメージがありますが、携帯性に優れており、レストランのように大きな敷地を必要としないので 手軽に出店できるというメリットも持っています。 そうした事情を考慮し、参入のためのハードルも他社と比較するとかなり低くなっています。 コストパフォーマンスという点のみを見れば、かなり優秀な部類に入ると言えるでしょう。 【いったいなぜ、ほっともっとはここまで順調な全国展開を行えたか】 ほっともっとと言えば、今や全国的な手作りのお弁当チェーンです。 ほっかほか亭との関係もあり、当初はあまり長続きせず撤退するという意見も見られましたが、そうした予想を裏切り現在も成長を続けています・・・ 【準備すべき資金がきわめて安価であり、多くの人が開業可能】 ほっともっとのフランチャイズ加盟のメリットはさまざまですが、なかでも一番注目したい点が、その参入のしやすさです。 今まで見ていただいた中でもご理解いただけるかと思われますが・・・ 【手作り弁当でありながら、徹底された調理マニュアルと研修でクオリティを統一】 ほっともっとはたとえばコンビニ弁当のような工場製のお弁当ではなく、店舗で直に調理する形の「手作り」をアピールしています。 しかし、そうした話を聞いているとそれなら、ほっともっとのフランチャイズオーナーは手作りでお弁当が作れなければならないのか」と心配になられる方もおられるかもしれません・・・ 4位にランクインしたのは、 「コメダ珈琲店」です。 コーヒーハウスと言えばこれまではスターバックスやドトールなどでしたが、ここ数年の間で知名度が向上し、出店数も増加しつつあります。 いったいコメダ珈琲店の何が高い評価を受けているのか? それは、他のコーヒーハウスと比べて 「品質」の面にかなり重きを置いているからでしょう。 これまでチェーン店のコーヒーハウスというのは個人事業のお店に勝てないと言われ続けていましたが、コメダ珈琲店が勢力を伸ばしはじめてからその常識が変わりはじめてきました。 コメダ珈琲店が提供している世界中から激選されたコーヒー豆を使用したオリジナルブレンドは、他のどのようなコーヒーハウスですら出せない、格調高い味わいをウリとしています。 また、 スイーツもコメダの主力商品と言えます。 コメダのスイーツは決して甘すぎず、かといって薄みでもないちょうどよい味として、若い女性のみならず男性からも好評のようです。 こうしたさまざまな魅力を武器に、コメダ珈琲店は順調に成長し続けています。 今後さらなる全国展開を続けるために、フランチャイズオーナーを積極的に募集しています。 個人、法人双方募集中です。 【地域に合わせた経営戦略を重視しており、自由度の高い経営が可能!】 みなさんはフランチャイズ元に対して、どのようなニーズやリクエストをお求めでしょうか。 「しっかり利益を上げられるようにしてほしい」というのはもちろん誰もが求めること。 もっとも重要なのは・・・ 【ただの飲食店とは一風異なる、コーヒーハウスの魅力とは】 コメダ珈琲店はその名前からもわかる通り、喫茶店やコーヒーハウスの部類となります。 スイーツや軽食も扱ってはおりますが、主力はコーヒーや紅茶といった飲み物となるでしょう。 こうした比較的単価の安い商品を扱う飲食店というのは・・・ 【フランチャイズとしてはかなり長い部類に入る、70日間の集中研修】 先ほど、「コメダ珈琲店は地域の事情に合わせた戦略を求めており、そのために経営の自由度が高い」と述べました。 充実のセットメニューはもちろん・・・ 【ダイニングイノベーションの展開する飲食店ブランド】 上述したように、ダイニングイノベーションでは焼肉ライクを始め複数の飲食店ブランドを展開しています。 どの店舗もオープンすれば間違いなく集客が見込める人気外食チェーンなので、いかにしてお客さんに来てもらうかを試行錯誤する手間をかけることなく・・・ まずは、このサイトへご訪問いただいた方に向けて、あいさつをしなければなりませんね。 飲食店経営において「いらっしゃいませ」等のあいさつは何よりの基本ですから。 私(とくにHN等は決めていません)は東京都内に住む40代の男性で、妻と二人の子どもを養っています。 現在は一応会社に勤めてはいるものの、定年まで居座るつもりはありません。 近い将来、飲食店のフランチャイズに加盟し、オーナーとして独立しようと考えています。 ちなみに、私の会社は決して超大企業というわけではありませんが、ひょっとするとみなさんも知っているかもしれない、そこそこの知名度を誇る会社です。 そんな会社の正社員の座を降りてまで、飲食店フランチャイズのオーナーを目指す理由は何か。 それに関して、この項目で説明を行っていきましょう。 まずひとつめの理由は、企業の正社員、すなわちサラリーマンという立場に むなしさと焦りを感じているという点です。 今でこそ業績は安定しているわが社ではありますが、かつて20年ほど前、倒産するかしないかとまでの瀬戸際に立たされたことがありました。 そのときに行われた対策として、多くの社員の退職勧告措置、すなわち リストラが行われたのです。 その際、新卒まもない新入社員であった私はターゲットにこそなりませんでしたが、今まで会社のために身を粉にして働いてきた人々が、まるで「いてはいけない存在」のように退職を迫られるのを目にし、複雑な心境となったのを覚えています。 そして、現在私は40代。 今のところは何もありませんが、いつまた大規模な不景気が発生し、かつてのようにリストラが行われるかもしれません。 その際はおそらく、私もその対象となってしまう可能性があります。 そのときにジタバタしても、もはや遅いでしょう。 また、 自分の時間をコントロールしたいという願いもありました。 サラリーマンとして働いていくにつれ、それほど給与は上がらないにも関わらず責任は重くなり、会社に拘束される時間が長くなっていくという 負のスパイラルを実感するようなことがたびたびありました。 独立をすれば、そうしたジレンマにがんじがらめにされず、子どもの成長を見守りながら自分の裁量で自由に働くことができるでしょう。 そして最後は、知り合いの人間の 「脱サラ」を間近で体験したということです。 その知り合いはわが社のエリート社員的な立場の人間であり、重役からもその将来を大きく期待されていました。 ところが、ある日突然自主退職を行い、会社から去ってしまったのです。 いったいなぜなのか、私が理由を訊いたところ彼は「自分だけのラーメン屋をやりたい」と教えてくれたのです。 そのときは正直言って「失敗するに決まっている」と思っていました。 大企業の社員からラーメン屋だなんて、頭がおかしくなったとすら思えるほど無謀に感じられたのです。 しかし数年後、店に招待された私が見たのは、彼の店の前にできた行列でした。 彼の店はいわゆる「行列のできる店」として、有名なグルメ雑誌や口コミ系サイトで高評価を獲得できるほどに大成功したのです。 そのラーメンはとてもおいしく、厨房で働く彼の顔は今までに見せたことがないまぶしいものでした。 そのときはじめて 「自分も飲食店を持ち、彼のような人生を送りたい」と思えるようになったのです。 飲食店を目指すならば、フランチャイズがもっとも近道 そうして私はいつ崩れるかわからない正社員の道から、飲食店オーナーの道へと飛び出す決意を固めました。 とは言ったものの、彼のようにラーメンに対する豊富な知識も、またスキルも持ち合わせていなかった私は、さっそく暗礁に乗り上げてしまいました。 これまでお店を経営したこともなく、また料理に関する知識や技術もない私がいきなり飲食店をオープンするなんて、それこそ無謀きわまりないことだったからです。 そんなとき、ハッと思いついたのが 「フランチャイズ」という事業形態でした。 大手チェーンのフランチャイズに加盟し、事前に研修を受けた上で出店を行えば、裸一貫で独立するよりもはるかに成功率が高まります。 店舗経営スキルも飲食物に関する知識もない私にとっては、これがもっとも有効な手段だと考えました。 さっそくリサーチを行ってみると、とてもたくさんのフランチャイズ元を見つけることができました。 ラーメン屋やカレーハウス、コーヒーハウスにファミリーレストラン等、よくもまあこれだけの飲食店が日本にあるものだという驚きすら感じてしまいました。 私はこうした店舗に関し、WEB情報のみならず電話での問い合わせや資料の送付に説明会参加等さまざまな方法でリサーチを行い、自分のスタイルともっとも相性のよいフランチャイズ元を探しました。 これには実に数か月もの長い月日がかかってしまいましたが、そのかいあってようやくもっとも相性のよいフランチャイズ元を見つけることができました。 すでに企業と事前に何度か話し合いを行い、近々会社をやめてそのフランチャイズに加盟し、飲食店のオーナーとして独立する予定です。 そうした私の経験を、他の独立希望者にも役立ててほしい。 このサイトは、そうした考えの元作成しました。 フランチャイズの加盟というのは高い初期投資が必要となるため、決して失敗できません。 だからこそ、このサイトをはじめ多くの情報源にあたり、リサーチを行うことが必要不可欠。 みなさんのフランチャイズ選び、心より応援しています。 飲食店のおすすめフランチャイズ情報一覧 さて、本サイトではおすすめの飲食店フランチャイズを比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。 それぞれ人気のフランチャイズで、オーナー募集にも力を入れている飲食店ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。 各飲食店フランチャイズの詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。 一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。 やはり注目すべきは開業資金の違いや特徴といったところでしょう。 また、おすすめのフランチャイズとして、研修制度が整っているのは大前提ですが、その仕組や開業前・開業後のサポートにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあったフランチャイズを選び、飲食店のオーナーとして躍進していただければと思います。 飲食業におけるフランチャイズの特徴 フランチャイズに加入すると本部か営業中の実店舗で研修を受けるのが一般的です。 商品やオペレーションなど基本的な営業方法を学ぶことができます。 加入後の 事前研修は非常に重要です。 飲食業の店舗では、忙しい時間帯などがほぼ決まっています。 実際に開業した場合と同じような状況で研修を受けることで、 短期間のうちにノウハウを学ぶことができます。 個人店の場合は店舗が完成してからでないとトレーニングを行うことができません。 また開業してもトレーニングが不足しており、忙しい時間帯に対応できない場合があります。 フランチャイズに加入すれば、開業後も スムーズに営業を行うことができます。 お客さんから信頼を得ることができれば、リピーターの獲得につながります。 飲食業のフランチャイズは一般的に 長期的に安定した利益を確保できる仕組みになっています。 本部もしっかりとした仕組みを作らないと利益を得ることができません。 本部と加盟店は 一蓮托生の関係にあります。 そのため開業後は 手厚いサポートを期待することができます。 フランチャイズの選び方について フランチャイズの選び方としては、まず本部を知る必要があります。 契約を締結して加盟店になり独立開業する場合に、 本部選びは非常に重要です。 雑誌や新聞、インターネットなどで調べれば様々な加盟店の募集広告を見ることができます。 飲食業について深く掘り下げて記載されている 特集記事は、本部を選ぶ際の参考になります。 東京や大阪のような大都市では定期的に 加盟希望者を集めたセミナーなどが開催されています。 様々な媒体やセミナーを利用すれば効率的に情報を集めることができます。 飲食業のフランチャイズには様々な 種類があります。 最適なものを選ぶために、必要となる予算や準備できる自己資金について調べることが重要です。 また継続的に事業を行うため 成長性やサポート体制なども調査する必要があります。 実際に営業している他の加盟店の情報を入手するのも有効な方法です。 加盟店の利益率や経営効率を調べることができます。 さらに本部を実際に訪問すると社内の雰囲気や社員の質などが分かります。 詳細な情報を集めることが信頼できるフランチャイズを選ぶための鍵です。 フランチャイズにはたくさんのメリットがある さて、フランチャイズという事業形態について、まだあまり多くのことを知らないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。 そうした方のため、まずはフランチャイズへの加盟がどういったメリットを持つのか、自分で独立するよりも何がお得なのかを解説いたします。 フランチャイズ加盟の最も大きなメリットは 「ブランド力」の獲得です。 たとえば自分一人で飲食店を立ち上げたとしても、その際のブランド力というのは0に等しいものです。 知り合いを除きほとんどの方が店名を知らないので、遠くからわざわざお客さんがやってくるということもありません。 宣伝効果もないに等しいと言えます。 このような状況を改善するには宣伝を行わなければなりませんが、それにもまた決して少なくないお金がかかってしまうのです。 その一方、フランチャイズ加盟店であれば、全国規模のチェーン店の名前を借りてオープンするので、当初から 高いブランド力と知名度が期待できます。 また、宣伝に関してもフランチャイズ元が積極的に行ってくれるので、苦心させられることはありません。 また、スキルに関しても有利な点があります。 個人で飲食店を立ち上げる場合、料理のスキルというのはオーナーであるあなた自身にほぼ100パーセント依存します。 だから、「おいしくない」と不評があっても改善することがなかなか難しいです。 それに加えて経営ノウハウも一から自力で勉強を行う必要があり、そうした点で多くの方が行き詰まってしまっています。 ほとんどのフランチャイズ元は、加盟したオーナーに向けて長期間の事前研修を行っています。 これによって、 料理のスキルや経営に関するノウハウをじっくりと学ぶことができ、失敗するリスクを減少させることができるのです。 加えてオープン後も、SV(スーパーバイザー)による店舗訪問やアドバイスを受けることができ、問題点を速やかに解決できるようになっています。 さらに、意外と知られていない重要なポイントが、 銀行との関係性についてです。 飲食店を立ち上げるにあたっては莫大なお金が必要となるので、必ずといってよいほど銀行をはじめとする金融機関から融資を受けなければなりません。 しかし、無名の個人飲食店の場合、このハードルがかなり高いです。 成功するかどうかわからない、名前も聞いたことのない飲食店に対して、銀行はなかなか重い腰をあげてくれません。 その事業が成功するか失敗するか、まったくわからないからです。 そのため、詳細なデータや資料を持ち寄り、矛盾のない説明を行えるだけのスキルが必要となりますが、これが多くの人にとっては困難に感じるでしょう。 その一方、フランチャイズ加盟店はすでに全国展開している大企業と関係があるため、銀行側も好印象をもって迎え入れてくれます。 いざという際の融資にも快く応じてくれる可能性があるのです。 こうしたさまざまなメリットをふまえた上で、フランチャイズ選びを行っていくとよいでしょう。 安定した利益が見込める!飲食系フランチャイズの魅力とは? フランチャイズとは、お店をやりたい人がお店を運営している企業の看板を借りて、そのお店の加盟店として営業する事です。 未経験の人がいきなりお店を始めようすると、沢山のハードルがあります。 そこで本部が、開業に必要な物をまとめてパッケージにして貸す事で成功出来るようにします。 加盟した場合は、本部にロイヤリティを払う必要がありますが、その分色々とメリットがあるというのがフランチャイズの特徴です。 飲食店のフランチャイズの開業資金の目安はどれくらい? 独立してお店を持とうとするとき、考えないといけないのは必要なお金です。 最初にいくら用意しておかないといけないのか知っておけば、いくら貯めたらいいのかが分かるでしょう。 この記事では開業資金の目安について記載しているので参考にしてみてください。 フランチャイズでの飲食店開業は儲かるの?平均年商を分析! 有名な飲食店では、フランチャイズを行い店舗展開を広げているところがたくさんあります。 マクドナルドやCoCo壱番屋など有名な飲食店のブランドネームを借りることにより、儲かる店舗経営が出来そうなイメージがありますが、実は意外と難しい点もあります。 簡単ではないフランチャイズ店舗の経営について、詳しく調べてみました。 フランチャイズ加盟による飲食店の開業で注意することは? フランチャイズの飲食店への加盟は、有効に利用すれば商売を行う上で便利な方法ではありますが、実際に加入を行う前にいくつかの注意すべき点があります。 契約後に快適に経営を行うためには事前にきちんと把握しておく必要があります。 飲食業のフランチャイズの選び方とは?比較するポイントをご紹介! 飲食業のフランチャイズの選び方は、最初に比較サイトを利用して飲食業に特化したフランチャイズを比較することです。 そしてある程度サイト上で比較した後は、イベントや説明会に参加して、フランチャイズ毎に展示ブースがありますので会場に足を運ぶことで雰囲気をつかむことができます。 会場には無料の相談室がありますので、そこで不明点などを相談するとよいでしょう。 まとめ 個人経営は全て自由に店舗経営ができる反面、ブランド力もない状態からサポートなしで立ち上げていかなければいけません。 既にフランチャイズのメリットをお伝えしましたが、個人的には研修やサポートを受けながら人気飲食店のオーナーとして経営できるフランチャイズはとても魅力的だと思います。 飲食店経営を成功させるためにも、本サイトのランキングや、各記事を参考にしていただき、フランチャイズの強みを存分に活かしてみてはいかがでしょうか。

次の