お 見舞い の お返し。 お見舞いお返しで完治していない段階の礼状書き方と快気祝い例文

快気祝い・お見舞い返しの時期とマナーについて

お 見舞い の お返し

見舞い返しの時期は? 入院中にお見舞いをいただいた場合は、退院してから10日を目安に「快気祝い」として贈るというのがここ最近の一般的なマナーです。 昔は、見舞い返しは退院後「忘れた頃に」贈ると言ったものですが、今はお見舞いした人に対してきちんと退院した報告をしておかないとまた病院にお見舞いに行ってしまう可能性もあるので早めに行う傾向があります。 本来、快気祝いは内祝いの一種で「自分の病気や怪我が治ってめでたいため、お世話になった人や親しい人へお祝いのお裾分けをする」という意味で、お見舞いをいただいていない人へも贈る習慣がありました。 ですが、現在は「お見舞いに来てもらった人へ退院報告やお見舞いのお礼をする」というように意味が変化しています。 ただ、今はどちらの意味で考えるかは人や地域によっても異なります。 例えば、内祝いの一種と考える場合は、完治していて直ぐに社会復帰できる場合は「お見舞いに来てくださってありがとうございました。 おかげで職場復帰できました。 」と退院してすぐに言えるのですが、 退院はしたけどリハビリ中できちんと職場復帰できていなかったり、完治するかどうか分からない癌のような病気だった場合は退院してすぐにやらなければならないものではありません。 お返しをするとなると品物選びが大変ですし、神経を遣って疲れるものですから、ある程度体調が良くなってから、と考えて少し落ち着いた段階で考えても大丈夫です。 一方、「お見舞いへのお礼」と考える場合は、退院後すぐに贈って区切りをつける方が自分の気持ちがスッキリするから早めに贈るという方法もあります。 また、完治する見込みがない場合でも、本人がお礼を伝えたい、と考えた場合は、「退院した報告」「(退院してなくても)見舞いに来てくれたお礼」という形で贈る方法もあります。 これは、のしの表書きの種類によってどんな意味か判別できるので問題ありません。 次に、のしについてお話ししていきます。 見舞い返し のしはどうするの? 見舞い返しの場合、のしは 紅白結び切りにします。 表書きは、退院後の経過によって次の 1 2 にして、下段は入院していた本人の氏名を記入します。 5000円のお見舞いをいただいた場合、半分だと2500円ですが、半端な場合は3000円でなく、2000円と考えて問題ありません。 そもそもお見舞いやお返しというのはお互いに気持ちのものであり、それを金品に代えて贈り合うものです。 お見舞いする側は入院している人への心配と励ましであり、お返しする側は、お見舞いに対する感謝と治ったことの喜びを伝えるためのもの。 見舞い返しにおすすめの品物は? 見舞い返しの品物としてはゲン担ぎの意味もありますが、 「病気が後に残らない」「病気がきれいに治った」ということで石鹸や洗剤のような水に流す物が相応しいとされていましたが、今の世の中、石鹸や洗剤は好みが様々なのでこれらを選ぶ人は多くないです。 (固形石鹸よりも液体石鹸を好む人が多かったり、エコにこだわったり、香りの好みや洗剤の落ちやすさ、銘柄などに煩い人も多いのですよね。 ) どちらかというと、和菓子や洋菓子で日持ちする物や、ドリップコーヒー、紅茶など、 食べたり飲んだりして消える物がおすすめですし、消耗品ならタオルや、タオルハンカチ類が多いです。 複数名で見舞金額がバラバラな場合は? 連名でいただいたお見舞い金額でバラつきがある場合、基本的には1つ1つ半返しを考えるのでなく、一律で構わないと言われています。 もし一人当たりの金額が多くて一律にするのを躊躇するなら、個別にお返しする方法もあります。 ただ、職場で1人ずつ別の品物を渡すと目立ってしまう可能性があるので次の方法が良いでしょう。 お菓子等と一緒に、いただいた金額に応じて商品券等(金券類)を渡す• 人によっては、カタログギフトや不要な消耗品をもらうよりも喜ばれることも多いです。 上のケースのように、連名でいただいて金額がバラバラな場合で個別に半返しを考えたいのであれば、商品券やクオカードのような金券類で調整するのは便利ですし、小さいパッケージなので手渡す際に目立ちにくいです。 また、数万円という高額なお見舞いをいただいた場合は、数千円のお菓子の詰め合わせと一緒に商品券を贈る方法もあります。 さいごに お見舞いのお返しはマナーとしては退院後10日以内に、といわれていますが、完治していない場合ではまだ落ち着いて贈る気分でないかもしれません。 お返しは確かに災害見舞でなければ「するのが当然」という風潮はありますが、見舞い返しは本来、喜びや感謝という気持ちの表れなのです。 体調が芳しくない場合は無理せず、体がもう少し良くなってから、と考えても相手に失礼なことではありません。 まずは体をしっかり養生しましょう。 ただ、「区切りをつけたい、お見舞いしてもらったのにいつまでもそのままではいかない」と義理人情を大切にしたい気持ちがあれば、いったん「治っていませんが退院の報告と感謝の気持ちを伝えたい」ということで快気内祝を贈る方法もあります。 どちらも間違いではありませんし、誰かに非難されるものでもありません。 ご自身の気持ちをじっくり考えて時期を選び、見舞いにきてくれた人々へ感謝の気持ちを伝えましょう。 お返事が遅くなってすみません。 お父様のこと、残念でしたね。 お問い合わせの件については、 入院中のお見舞いというのは相手がお父様を気遣う気持ちを形にしたものであり、それに対して絶対に半返ししなければならないという性質のものではありません。 特に、お亡くなりになられたのでお礼というのは考えなくてよいでしょう。 ただ、葬式で香典とお見舞い(お見舞い品、ご霊前に捧げる品でしょうか)をいただき、入院中のお見舞いも含めて「沢山いただいてしまって感謝しているけど、ちょっと多すぎて心苦しい」というのであれば、四十九日法要のあたりで考える香典返しで、通常よりも少し多めの金品を選べば良いと思います。 その際、のしは「志」か「満中陰志」としてください。 輝男さん コメントありがとうございます。 お母様のお体の具合は如何でしょうか。 お見舞いのお返しについては、記事中でも書きましたが、 完治していない場合は無理にお返しをしようと考えなくても大丈夫です。 ただ、完治までに時間がかかるので、お見舞いしてくれた方へ 何らかの連絡をしておく方が気持ちがスッキリする、と お母様や輝男さんが感じていらっしゃるのでしたら 「お見舞いへのお礼」ということでお礼の品を贈って 一区切りつけるのも良いと思います。 この場合、品物の熨斗は「御見舞御礼」「謝 御見舞」などで。 お礼状には、 「お見舞いに来て下さってありがとうございました」 というお礼とともに、 退院した旨と、その後療養継続中であることを 簡単に書いておくと良いでしょう。 お礼状についてはの記事に文例があります。 (ただ、若干内容が異なるので、輝男さんのお母様の状況に合わせて 上のような内容を盛り込んでアレンジする必要があります。 ) 参考になれば幸いです。 お母様のお体が良くなりますよう心よりお祈りいたしております。 涼子さま コメントありがとうございます。 お見舞いに対するお礼や快気内祝いは、「いつしなければならない」という厳密な決まりごとはないのでご自身のお気持ちで決めていただくのが良いと思います。 涼子さんのご主人の手術内容などが分からないし、どんな関係の方からどの程度のお見舞いをいただいたのか分からないのですが、 「お返しした方が自分の気が済む」のであれば、退院したということで内祝いで良いと思います。 「再手術のことがとても気掛かりで」というのであれば、とりあえずは退院報告お礼状だけにして、再手術後に改めて快気祝いというのが良いのかもしれません。 (お礼状についてはを参考にしてください。 ) ただ、「再手術しても完治するか不明だし、そこで快気祝いや快気内祝いを贈ることができるか分からない」であれば、やはり今の 時点で「御見舞御礼」として贈るのが良いかもしれません。 いずれにせよ、お返ししないと相手から文句を言われるようなものではないので、あまり負担に思わずご自身の気の済むよう考えてみて下さいね。

次の

快気祝いのお返し 品物とマナーの専門店[お見舞い返しドットコム]

お 見舞い の お返し

スポンサーリンク お見舞い返しのマナー お見舞い返し「快気祝い」は、 病気やケガが治った後、 入院中にお見舞いに来てくれた方に 「治りました。 」と報告をかねて お見舞いのお礼をすることです。 また、全快ではないけれど、 自宅療養、リハビリ施設入所・転院などに 切り替わるという場合に一区切りとして 「快気祝い」ではなく 「御見舞御礼」とする場合があります。 まずは退院の報告 お見舞いに来て頂いた方が 退院を知らずに、 再びお見舞いに来ていた という事態をさせるためにも、 先に電話や手紙で お見舞いのお礼、退院の旨を伝えましょう。 「メール」や「ライン」で行う方も増えてきましたが、 ごく親しい友達には大丈夫でも、目上の方や親戚には まだまだ失礼と思われるので、手紙や電話で報告します。 お見舞い返しを贈る時期 お返しは 退院してから 10日後ぐらいの落ち着いてから が目安とされています。 いつまでにお返ししなくてはならない という決まりはありませんが、 元気になったのなら、 早めに報告を兼ねてお礼をするのがいいですね。 我が家は父が入院した際に 年金暮らしの祖父が気を遣って30万も。 我が家は困窮していたのと、 心配しているだろう祖父の気持ちを そのまま受け取り お返しに祖父の好きなお酒を送りました。 親しい親族の間では一般的な相場外の お見舞い金がある場合もあるかと思います。 家庭の状況を知っているようでしたら 素直に受け取る、好みのものを送って返す。 その子供や孫に向けてお返しする等 ケースバイケースの時もあります。 水引・のし・表書き 水引・のし 紅白の結び切り、熨斗付き 表書き 「快気祝」 「内祝」 全快ではなく 自宅療養、リハビリ施設入所・転院などの場合 表書きは 「御見舞御礼」または「御礼」とします。

次の

快気祝い・お見舞い返しの時期とマナーについて

お 見舞い の お返し

お中元のお返しっているの? 「そもそもお中元のお返しって返さなくてもいいから暑中見舞いで返す必要がない?」 とネットの情報ではありましたが実際どうなのでしょうか?コレは色々勘違いされている結果そういう情報になってしまったと思われます。 『お中元に対するお返しとして品物を何か贈る必要がない』 という部分がお返しをしなくてもいいという解釈に変わっているのです。 お中元を貰ったらそのままにせずに御礼状や電話でお礼を言うのはマナーです。 「何も贈らなくていい」という言葉が「お礼を言わなくてもいい」という言葉にすり替わってしまい、このような情報になってしまったのだと思います。 お中元のお礼として、電話なりお礼状を贈るのはマナーだと私は思います。 お中元のお礼状として暑中見舞いで返すのはOK? これはOKです。 相手にお中元をもらったことへの感謝の手紙を送りたいときは時期的に暑中見舞いがベストだと思います。 また暑中見舞いを送る時期はだいたい晩夏の期間だと言われています。 晩夏とは小暑(7月7日頃)から立秋の前日(8月6日頃)までです。 それを過ぎた場合は今度は残暑見舞いとして送るのがいいと思います。 お中元のお礼状として暑中見舞いを送る場合の簡単な文例は? 残暑お見舞い申し上げます。 立秋とは名ばかりの猛暑が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 このたびは暑中お見舞いをいただき、ありがとうございました。 おかげさまで家族一同は元気に過ごしております。 平成28年 晩夏 メールで返すのはOK? 私なら暑中見舞いがはがきで来たのなら、できるだけはがきで返します。 やはりメールよりもはがきの方が風情があって良いと考える方は多いと思います。 相手がわざわざはがきで暑中見舞いをくれたのですからできる限り同じ形式で返したいと思います。 しかしメールできた暑中見舞いに対しては、はがきで海水よりもメールで返した方が適切です。 基本的には同じ方式で返すことを心がけると良いと思います。

次の