吉田茂 麻生太郎 家系図。 安倍晋三の家系図が凄い!先祖一族に佐藤栄作や吉田茂?天皇家も親戚だった

大久保利通の子孫と家系図を調査!麻生太郎などの著名人を数多く輩出!

吉田茂 麻生太郎 家系図

吉田茂の家系図 麻生太郎が血を引く歴史上の人物 それでは4人の人物について、簡単に紹介していきますね。 大久保利通 まずは 大久保利通です。 いきなり超大物が来ましたね。 麻生さんの 高祖父(祖母の祖父)にあたるのが、維新三傑の一人である大久保利通です。 2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』では、瑛太さんが演じている役ですね。 大久保は薩摩の下級武士として生まれるも、明治維新では倒幕運動の中心的人物として活躍。 その後は明治新政府の礎をつくった、とんでもなく凄い人です。 大久保利通一人の血を引いているだけでも十分すごいわけですが、麻生さんはそれでだけではありません。 三島通庸 次は大久保利通に比べてしまうとあまり有名ではありませんが、 三島 通庸 みちつねです。 三島通庸は明治時代、福島県令や栃木県令、そして警視総監などを務めた人物。 ・福島事件 1882年、福島県令の三島が自由党員たちを弾圧した事件のこと ・ 加波山 かばさん事件 1884年、栃木・福島の自由党員が栃木県令の三島の暗殺を図るも鎮圧された事件のこと といえば、ピンと来る方もいるかもしれません。 三島通庸も同じく、麻生さんから見たら 高祖父(祖母の祖父)にあたります。 その強引な手法から「鬼県令」と呼ばれることもあった三島通庸。 麻生さんのちょい悪なファッションに、その血が出ているのかもしれません。 笑 牧野伸顕 さて、次は 牧野伸顕です。 牧野伸顕は 大久保利通の次男で、彼の娘・雪子さんの孫が麻生さんです。 ということで、麻生さんから見たら、牧野伸顕は 曾祖父にあたる人物です。 牧野伸顕は外務大臣や内務大臣、さらにパリ講和会議(1919年に開かれた、第一次世界大戦の戦後処理のために開かれた国際会議)では日本の全権を務めています。 しかし軍部からは「 君側の奸 くんそくのかん(君主を思い通りに動かす悪い家臣のこと)」とみなされ、二・二六事件などで命を狙われて政界を引退しました。 吉田茂 そして最後は、日本の第45・48~51代内閣総理大臣を務めた 吉田茂です。 吉田茂といえば戦後、GHQ占領下において現在の 日本の基礎を築いた人物です。 ・サンフランシスコ平和条約 第二次世界大戦終結から6年後に締結された、日本と連合国との講和条約 ・日米安全保障条約 日本とアメリカとの間で締結された、日本の防衛について決めた条約 の締結でも有名ですね。 そんな吉田茂は、牧野伸顕の娘・雪子さんと結婚しています。 二人の娘が麻生さんの母・和子さんです。 麻生さんから見たら、吉田茂は 祖父に当たるということですね。 さて、吉田茂は 「物」について大変こだわりを持っていた人物としても知られています。 例えば、スーツとコートは「ヘンリープール」のものを好んでいたそうです。 またオーデコロンは「ピノー」のもの。 葉巻は「ヘンリー・クレイ」、マッチは「ブライアン・アンド・メイ」というふうに、 一流品の使用を心掛けていたそう。 そんな美意識も、麻生さんに引き継がれているように思えますね。 きょうのまとめ 今回は麻生太郎氏が血を引いている、4人の歴史上の人物について簡単にご紹介しました。

次の

政界の華麗なる一族! 麻生太郎の家系図はロイヤルすごい(墓マイラー中村クミカ巡礼記.2) | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

吉田茂 麻生太郎 家系図

生涯 [ ] (大正4年)、のに生まれた。 父は吉田茂、母は吉田雪子。 両親について(大正8年)パリ、(大正9年)ロンドンに赴く。 ストレタム・ヒルの小学校に通う。 (大正11年)天津に移り、イギリス人小学校に通う。 (大正12年)、夏休みの一時帰国時に大震災があり、以後、家族は東京に残り、父のみ奉天に単身赴任。 なお、1930年15歳の頃から父茂の秘書を務める。 また、母雪子の影響もあり、熱心なの信者となる。 洗礼名は「マリア・ドロテア」。 (昭和9年)10月からの父茂の外務査察使としての欧米訪問に同行。 (昭和11年)のでは、湯河原滞在中に反乱軍兵士に襲撃を受けていた祖父のが和子と祖母の機転によって窮地を脱する。 同年6月の父茂の駐イギリス大使赴任以降、(昭和13年)9月の帰朝命令により外交の一線から退くまでは、母雪子とともに父を助ける。 同年12月に社長の実業家のと結婚する。 子には、、がいる。 (昭和16年)10月、母雪子が亡くなる。 (昭和21年)5月、父茂が総理大臣に就任。 (昭和26年)の締結の会議に、総理大臣の父茂に私設秘書として随行した。 (昭和42年)、父茂の死を看取る。 前日に「富士山が見たい」という父の最後の言葉により、和子は抱き起こしたとされている。 父茂の葬儀は和子ら親族によりで行われ、後に改めてが行われた。 (昭和55年)、夫の麻生太賀吉が亡くなる。 (昭和61年)11月、を受章する。 (平成5年)12月に、著書「父 吉田茂」が、光文社より出版される。 (平成8年)、満80歳で死去。 家族・親族 [ ]• 母方の曾祖父:()• 母方の曾祖母:• 母方の曾祖父:(政治家)• 父方の実祖父:(、政治家)• 父方の養祖父:(実業家)• 母方の祖父:(政治家)• 父:(第45代、第48~51代)• 母:吉田雪子(の長女)• 兄:(、)• 夫:(実業家、政治家)• 長男:(実業家、第92代内閣総理大臣)• 三男:(実業家、アソウ・ヒューマニーセンター代表、社長)• 次女:荒船旦子(理事長)• 三女:• 孫:(実業家)• 孫: 著作 [ ]• 父 吉田茂(光文社、1993年12月、)• 文庫版:光文社 知恵の森文庫、2007年9月、• 文庫版:()、2012年9月1日、 演じた女優 [ ] 映画• (1983年、東宝) -• (1989年、松竹) - テレビドラマ• 吉田茂(1983年、) -• (2009年、) -• (2012年、NHK) -• (2020年〔予定〕、)- 舞台• 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

麻生太郎の家系図がすごい?!安倍首相は親戚?!学歴や経歴もまとめてみました!!

吉田茂 麻生太郎 家系図

大久保利通の子供はどんな人物?家系図から読み解く! 大久保利通には正妻・満寿子との間に4人の息子と1人の娘、愛人・おゆうとの間に4人の息子、 計8男1女の子供がいました。 当時の権力者である上流階級の男には、正妻の他にも妾 愛人 がいることが多かったようです。 上の画像が大久保家の簡単な家系図になりますが、黄色く表記されている要職を歴任した人物に絞って紹介しようと思います。 長男・大久保利和 政治家・実業家として活躍 利和は生涯、 貴族院議員、実業家として活躍しました。 1878年、父・利通の国に対する貢献が認められ、長男・利和が 華族に列せられます。 その後、大蔵権少書記官となり、大蔵省主計官も務めます。 また、実業家としては、1881年に 岩倉具視とともに日本初の私鉄である日本鉄道を設立し、その後は 甲武鉄道の副社長、社長を務めました。 次男・牧野伸顕 天皇から信頼された政治家 大久保利通の子供の中では、政界で最も大きな影響力を持った人物です。 伸顕も兄と同じく、一生を政治家として活躍しました。 生まれてすぐに大久保利通の親戚に預けられたため、「牧野」という苗字になった経緯があるようです。 伸顕は政治家のエリートコースを突き進み、最終的には 第1次山本内閣で外務大臣を務め、兄と同じく貴族院議員としても活躍することになります。 また、薩摩出身として政界、外交界、宮中において幅広い人脈を持ち、 伊藤博文との関係も深く、大正天皇からも大きな信頼を寄せられていたと言います。 ちなみに 牧野伸顕の娘・雪子は吉田茂の妻となり、その吉田茂の孫は麻生太郎です。 つまり、現代でも続く政界の中心人物は、ある意味この牧野伸顕の子孫から誕生しているということでもあるのです。 長女・大久保芳子 夫が外務大臣の伊集院彦吉 長女の芳子は政治家の 伊集院彦吉に嫁ぎます。 伊集院彦吉は大正時代の日本の外交官で、 後に第2次山本内閣で外務大臣を務める人物です。 八男・大久保利賢 銀行の頭取に 利賢は愛人・おゆうとの間にできた子であり、大久保家の末っ子です。 東京帝国大学 現・東京大学 を卒業後、明治36年に横浜正金銀行 現・三菱東京UFJ銀行 へ入行します。 ロンドン支店支配人なども経験し、昭和11年に 頭取まで登りつめます。 ちなみに、利賢の子である大久保利春も 商社・丸紅の取締役専務まで登りつめた人物ですが、大規模汚職事件であるロッキード事件に関わったとして逮捕されています。 牧野伸顕の娘・雪子は吉田茂の妻 大久保利通の子供たちはそれぞれ出世して立派な人生を送っていますが、特に次男・牧野伸顕に続く子孫からは、現代でも有名な政治家が輩出しています。 その人材の流れは、牧野伸顕の娘・雪子が、後の大政治家・ 吉田茂と結婚したことから始まります。 吉田茂は、歴代最多で5回も内閣総理大臣を歴任し、サンフランシスコ講和条約、安全保障条約を結んだことで、戦後の日本の行く末を決定づけた人物です。 なんとあの麻生太郎は吉田茂の孫!? そしてご存知の方も多いかもしれませんが、 あの有名な麻生太郎は先に紹介した吉田茂の孫なんです。 麻生太郎は第92代総理大臣を歴任し、現・安倍政権で外務大臣を務める大物政治家です。 世間一般からはお金持ちのお坊ちゃんというイメージが強いようですが、実は両親の教育方針によって小さい頃から質素な生活をしてきたようです。 かなり意外ですよね。 麻生太郎の父・太賀吉は実業家 麻生太郎の父・太賀吉は 麻生商店を立ち上げ、その関連企業である 麻生セメントを一代で築き、財を成した人物です。 サンフランシスコ講和条約を締結する際には、義父に当たる吉田茂のために奔走し、貢献したといいます。 太賀吉、のちに九州電力の会長に就任し、九州財界のトップに君臨することになります。 麻生太郎の妹は日本の皇族へ 麻生太郎の妹は旧名を信子と言い、太賀吉の三女として生まれます。 16歳の時に皇族の寬仁親王から求婚され、その8年後に結婚。 三笠宮寛仁親王妃信子さまとして、皇族入りをされました。 皇族まで誕生しているとは、麻生家はものすごい家系であることが分かりますね。 大久保利通の親族もすごい! 直系の子孫ではありませんが、大久保利通の親族には他にもたくさんの著名人がいます。

次の