デグー 飼い 方。 デグーの性格について知ろう

デグーの寿命を縮める要因とは?

デグー 飼い 方

デグーの紹介 1. 原産地・体長・体重 原産地はアンデス地方の山岳地帯。 平均体長は12.5~19.5cm、平均体重は170~350g。 名前のルーツ・平均寿命 名前のルーツは、学名のOctodon degusの呼び方がルーツといわれています。 平均寿命は5~8年。 野生のものであれば、山脈地帯に生息するため脚力は高いといわれています。 デグーの3つの種類とは 1. チリデグー 2. ペルーデグー 3. フサオデグー 産地により性質・色などが違うといったことがあります。 ペットとして飼われているものは、フサオデグーが多いようです。 デグーの飼育に適している人の4つの特徴 1. デグーの知識がある 温度管理などにより、体調を崩したり突然死してしまったりするので、デグーが快適に生きられる環境を用意できる知識を持っていなければいけません。 時間的余裕 とてもデリケートな動物であり、子どもの頃は付きっきりの世話が必要です。 経済的余裕 デグーが快適に生きるためには、温度管理などで経済的余裕が必要です。 責任感 飼い始めたら、途中でやめることはできないので一生面倒見る責任感は必要です。 デグーを飼う場合の初期費用と方法 デグーは、ペットショップや通販などで2000~20000円程度の値段で売られています。 オスとメスでの値段の違いとしては、メスの方が高いことがあるようです。 子どもか成熟固体、供給の数が少ない種類かで値段は変わってきます。 デグーの飼育に必要な7つのグッズ 1. ケージ 子どもの時は保温性のいい水槽ケージを、成長後は金属製のケージに移してあげるのがおすすめです。 寝床 寝床は、かじることがあるので木製の巣箱がおすすめです。 エサ入れ・水入れ エサ入れはかじることができない陶器製を用意し、水はいつでも新鮮な水を摂取できるように、ウォーターボトルなどに入れて飲みやすい場所に置くようにしましょう。 専用フード 草食動物なので、肥満防止のために専用フードを主食に副食として雑穀を与え、牧草は常に摂取できるようにしましょう。 回し車 運動不足の解消のために、回し車を入れましょう。 かじるので、金属製の回し車がオススメです。 おもちゃ 前歯の伸びすぎを防止するために、かじり木などがおすすめなのでケージに入れてあげましょう。 砂浴び用の砂 デグーは体の皮脂や微生物を取るために、砂浴び用の砂は必要です。 砂遊びをする容器の入れっぱなしは、排泄をしてしまい衛生的に良くないので、砂浴びが終わったら容器は外してあげるようにしましょう。 デグーの飼育で特に大変な3つのこと 1. 医療機関 どの動物病院でも、デグーを診察してくれるわけではないので飼育の前に、デグーを診察してくれる病院がどこにあるのかを調べるのが大切です。 温度管理 気温が暑かったり寒かったりするのは、デグーの健康を損ないます。 一定の温度を保つために、エアコン等による温度管理が必要なので経済的に大変です。 トイレ デグーは、トイレの場所を覚えないのでどこでも排泄してしまいます。 ケージ内の衛生環境を保つためにも、こまめに掃除をしなければなりません。 デグーの餌の主な種類と正しい与え方 1. チモシー 多年草であるチモシーなどに、その他の植物性タンパク質、ビタミン・ミネラルなどを添加したものが主食として一般的です。 飼い主の観察が重要 エサの量やタイミングなど飼い主さんにより異なり、これが正しいというものがはっきりとはないですので、飼い主さんがデグーの状態をしっかり観察及び食事を管理することが飼育しているデグーの長生きにつながります。 デグーに多い5種類の病気 1. 糖尿病 デグーは血糖を調節する機能が弱いため、健康体であっても糖尿病を発症しやすい動物です。 日射病・低体温症・熱中症 汗腺をもっていないので温度管理ができません。 暑さ・寒さにとても敏感で、飼い主が温度管理しなければ死んでしまう可能性があります。 ビタミン欠乏症 体内でビタミンCを生成できないので、エサなどで補給できないと壊血病のように弱っていきます。 骨折・脱臼 脚力が高いため、高いところからの落下などにより骨折・脱臼を起こしやすいです。 ストレス デグーは活発な動物なので、運動不足などはストレスが溜まってしまいます。 ストレスで、自分の毛や尻尾を噛みちぎることがあるのでデグーのストレスのケアは重要です。 デグーの飼育で注意する4つのこと 1. 飼い主・家族への影響 デグーの鳴き声やケージの音などが、家族や近所に対して騒音迷惑になる可能性があるので、注意が必要です。 飼育で使う牧草などから、シラミ・ノミ・ダニなどが発生し迷惑をかける可能性があるのでこまめに清掃する必要があります。 突然死 体調が悪いことを、表に出しにくい動物なので突然死することがあります。 飼育の際は、始めに健康状態をきちんと確認しあまりストレスをあたえないように世話する必要があります。 季節ごとの気温 デグーは、暑い寒いにとても弱く熱中症などで死んでしまう可能性があります。 夏・冬などはエアコン等で、気温を一定にしてあげましょう。 繁殖 デグーの近親交配は、流産・死産・繁殖困難・小型化などの傾向が高くなります。 このような状態は、妊娠中の子どもだけでなく母体であるデグーの健康も悪くなりやすくなり、死に至る可能性があります。 繁殖の必要がなければ、出産によるリスクを考えてオスとメスは別で飼育するようにしましょう。 今回のまとめ デグーの紹介 デグーの3つの種類とは デグーの飼育に適している人の4つの特徴 デグーを飼う場合の初期費用と方法 デグーの飼育に必要な7つのグッズ デグーの飼育で特に大変な3つのこと デグーの餌の主な種類と正しい与え方 デグーに多い5種類の病気 デグーの飼育で注意する4つのこと.

次の

デグーの飼育方法まとめ!安全に飼育するならココに注意!

デグー 飼い 方

チェックポイント• 毎日お世話をしてコミュニケーションを取れますか?• デグーが懐かなくても一緒に暮らしていけますか?• デグーと暮らせば電気代が上がります。 大丈夫ですか?• 飼育費用が毎月かかります。 経済的な面で問題ありませんか?• いざというとき、飼育をお願いできる方はいますか?• デグーが怪我・病気になったとき、動物病院に連れていける時間を作れますか? 毎日デグーのお世話ができる? 当たり前ですが、「 毎日きちんとお世話をすること」が必要になってきます。 デグーはコミュニケーションを取る動物です。 触れ合う時間を取らないと、寂しさから齧り癖がついてしまうこともあります。 デグーは自分一人では餌をとることができません。 飼い主が餌を用意してあげないと、生きていくことができないということです。 毎日の牧草・フードの交換・水替え・こまめな掃除など、細かいお世話が必要です。 排泄したら自分で片づけることもできません。 決まったところに排泄をしないので、ケージ内の糞や尿をこまめに掃除する必要があります。 不衛生な環境はデグーのストレスにもなるので注意してください。 (参考:) 飼い主が仕事や学校が忙しかったり、体調不良になったりすることも考えられます。 それでもデグーの世話は休めません。 「 毎日きちんとお世話ができるかどうか」「 最後までちゃんとお世話ができるかどうか」を考えてみてください。 デグーはなつかない場合も!それでも一緒に暮らせる? 懐きやすいと言われるデグーですが、個体によってはそうでないこともあります。 ベタ慣れに憧れて飼育をはじめる方も多いと思います。 しかし、実際に なつかないデグーをたくさん見てきました。 (参考:) 「デグーは人に懐く!って聞いたから楽しみにしていたのに、うちに来た子は臆病で懐いてくれない」。 こんなことは普通にあります。 もともと臆病なところがある動物なので、すべての個体が懐くわけではありません。 懐かないデグーでも、最後まで家族の一員として大切に面倒をみてあげられるか考えてみてください。 飼育費用は大丈夫でしょうか? デグーと暮らしいくには毎日与える牧草やフードを購入することも必要です。 「ケージ・フード入れ・給水器・敷材」など、デグーの飼育に必要なグッズも必要です。 健康状態によっては動物病院にかかることもあり、 「病気・ケガ」をしたら診察費がかかります。 健康診断代や治療費も頭に入れておきましょう。 意外と出費が増えるのは光熱費です。 アンデス山脈出身のデグーは、湿気も暑さも寒さも苦手です。 デグーが快適に生活できるように、室温や湿度を調節するのでエアコンを使うことが多くなります。 夏場は一日中冷房をかけていたり、冬はエアコン+ペット用ヒーターを使ったりします。 我が家は高いほうかもしれませんが、今より電気代がかかることを知っておきましょう。 (参考:) ライフイベントが起きてもずっと飼える? 「引っ越しをする」「進学や就職をする」「結婚をする」「子供が生まれる」など、人生には様々なライフイベントがあります。 どんなライフイベントがあっても、デグーと一緒にいられるか考えておきましょう。 「ペットが飼えないマンションに引っ越しをするから飼えなくなった」。 こんなことは間違ってもないようにしましょう。 デグーと暮らして「良いこと」とは? 動物と暮らして良かったと思えることはたくさんあります。 それはデグーも同じで、 「癒されること」「良かったと思えること」はたくさんあります。 それでは具体的にどんなことがあるのでしょうか。 比較的懐きやすので、とにかくかわいい! 小型げっ歯類のなかでも、デグーは懐きやすい動物です。 もともと小さな群れを作って生活しているため、社会性やコミュニケーション能力が高いという特徴があります。 飼い主のことも群れの一員としてみなしてくれるので、比較的慣れやすい動物です。 こんなこともしてくれます• フードやおやつをおねだりするようになります• 撫でてあげると喜ぶ顔が見られます• 手やひざの上に乗ってきたりするようになります• よく慣れると、後ろ足で立ってクルクル回るなどの芸を教えることも もし懐かなかったとしても、一つ一つの仕草がかわいいので、見ているだけでも飽きません。 や表情が豊かなことに驚くかもしれません。 喜怒哀楽がハッキリしているので、長く一緒に暮らしているとデグーの伝えたいことがわかってきます。 (参考:) 昼行性だから人の生活リズムに合う デグーは基本的に昼間活動して夜は寝る動物です。 そのため、 人と生活が合わせやすいというメリットがあります。 夜中に騒いだり、暴れたりすることがほとんどないので、飼い主はぐっすり眠ることができます。 新しい環境に慣れるまでは夜行性な部分もあります。 ただ、少しずつ慣れてくれることが多いので、最初のうちは飼い主の我慢が必要なこともあります。 デグーたちが群れる姿に癒やされます デグーは群れで生活する動物なので、環境次第で多頭飼いも可能です。 デグーが寄り添って眠る姿、鳴き声でコミュニケーションを取り合う姿にも癒やされます。 どちらを選ぶかは、飼育環境やどのようにデグーと接したいかで別れるところです。 デグーと一緒に暮らすということ SNSでデグーの質問をいただく機会が増える中、「デグーと暮らしてみたいけど、大変ですか?」「学生で一人暮らしをしています。 一緒にいられる時間は少ないですけど大丈夫ですか?」という質問を受けたことがあります。 背中を押してほしい方もいるかもしれませんが、私のスタンスとして、今回の記事にある理由から安易に飼うことをオススメしていません。 学生で一緒にいられる時間は少ないですけど大丈夫ですか?どのくらい一緒にいれば大丈夫なのでしょう? 結論からお伝えすると、あまり賛成はしません。 ただ、一人暮らしでも飼育されている方はたくさんいます。 一人暮らしでもコミュニケーションをたくさん取れるのであれば問題ないと思います。 デグーはかなりデリケートな動物なので、小まめな対応が必要です。 一番注意すべき点は「 気温管理」です。 時期によっては一日の温度差もあり、ヒーターとクーラーを使い分けたりすることもあります。 「外出時、急激な冷え込みに対応できなくてデグーが弱ってしまった。 」 「熱中症で亡くなってしまった。 」 そういった話しを聞くことが本当にたくさんあります。 家族と一緒に暮らしていて、協力を得られる環境であるなら問題は軽減されますが、「 一日に一緒にすごせる時間」がどのくらいなのかは、ペットをお迎えするときに考えるべきポイントになるのではないでしょうか。 良いことも大変なことも含めて大切な家族と思えるか デグーがそばにいる生活は、楽しく心癒される日々です。 一方でどんなに飼い主が疲れていても毎日のお世話が必要ですし、経済的な負担もあります。 病気になれば病院に連れて行き、看病もしてあげないといけません。 今回紹介した内容が難しいと感じなければ 「デグーは一人暮らしでも簡単に飼育できる!」といっていいかもしれません。 ただ、そんなふうに感じたかたは少ないのではないでしょうか。 デグーを飼うということは、 大切な家族が一人増えることと同じといえます。 デグーに限らず、 動物を飼うということはそれだけ「責任を伴う」ということを心にとどめておきたいものです。 torus1.

次の

ペット人気急上昇中のアンデスの歌うネズミ!デグーの特徴や毛色、飼い方を解説

デグー 飼い 方

デグーはコミュニケーション能力が高く、他の齧歯類 モルモットやハムスター等 よりも知能が高いため、最も人間に懐きやすい齧歯類であると言っても過言ではありません。 しかし、知能が高い故に臆病な性格をした個体も多いため、ベタ慣れ 凄い懐いている 状態にするには時間をかけてデグーとの信頼関係を築いて行く必要があります。 齧歯類 齧歯類であるデグーは生まれた時から寿命が尽きるその時まで、生涯に渡って前歯が伸び続けます。 デグーの寿命 デグーの寿命 5-10年 テグーの寿命は環境 自然下と飼育下 によって大きな差があります。 自然下にはテグーの天敵となる動物が非常に多いため、テグーの平均寿命は約3年以下と短命になる傾向にありますが、安全な飼育下での寿命は約5-8年と比較的長く生きることができます。 また、テグーに適した環境で飼育することによって中には10年以上生きた個体も確認されています。 デグーの値段 デグーの値段 5000-50000円 デグーの値段は種類 毛色 によって大きな差があります。 デグーの原種であり流通量の多い「 ノーマル」は約5000円と比較的安価で販売されていますが、流通量の少なく希少性の高い「 パイド」はノーマルの数倍、数十倍以上の値段が付くこともあります。 デグーの種類 色変わり ノーマル デグーの飼育に必要な道具 飼育用品• ケージ• スパイラルパーチ• 回し車• 齧り木• ペットヒーター• 食器・給水ボトル• 砂・砂浴び用容器• キャリーケージ ケージ デグーを飼育するにはケージ内で十分に運動できるように高さのある専用のケージが必要です。 ケージの大きさは最低でも横幅奥行き共に40cm以上、高さ50cm以上のケージを用意しましょう。 デグーを多頭飼いする場合は40x40x50cmのケージでは少し狭いため、60x60x50cm以上のケージを用意する必要があります。 資金的に余裕がある場合は80cm以上の大きなケージがオススメです。 また、専用ケージの中には「 チンチラ用」や「 リス用」と記載されている製品もありますが、他の動物用のケージとデグーのケージに明確な違いはないため、特に気にする必要はありません。 スパイラルパーチ スパイラルパーチとは、簡潔に伝えると止まり木 パーチ のことです。 スパイラルパーチは種類 製品 によって大きさや形状に大きな違いがあるため、デグーの飼育に使用するケージに合ったサイズのスパイラルパーチを選びましょう。 巣箱 デグーには暗い巣の中で眠る習性があるため、安心して熟睡できるように巣箱を用意しましょう。 巣箱には木製の一般的な物からハンモックのように空中に設置する物まで、沢山の種類がありますが、デグーが巣箱として使えるサイズであるならば見た目は好きな物を選んで問題ありません。 回し車 デグーは運動量が多い動物であるため、運動不足を予防するためにも回し車が必要になります。 回し車のデザインや形に特に拘りがない場合は、デグーの飼育に多く使用されている「 メタルサイレント25」や「 メタルサイレント32」がオススメです。 齧り木 デグーは生涯にわたって前歯が伸び続けるため、齧り木を使い前歯を適度に削る必要があります。 ニッパーを使い定期的にデグーの前歯をカット出来るのならば齧り木は必要ありませんが、デグーの前歯には神経が通っているため、動物の歯を切ることに慣れていない方にはオススメできません。 デグーが快適な温度• デグーが夏眠や冬眠している状態、いわゆる仮死状態になってしまうとそのまま死亡してしまう可能性が非常に高いため、季節によってはエアコンやヒーター等を使い快適な室温を保ちましょう。 定期的に砂浴びさせる デグーには砂を使って砂浴びを行う習性があるため、定期的に砂浴びをさせる時間を作りましょう。 砂浴びをさせる頻度は1週間に1回を目安にしてください 毎日行っても問題はありません。 尾切れ・尾抜け デグーを飼育する際に最も気を付けなければいけないことは「 尾切れ」と「 尾抜け」です。 尾切れは尻尾が切れてしまった状態をいい、尾抜けは尻尾の毛皮が抜けた 取れた 状態をいいます。 デグーの尻尾は繊細であり、わかりやすく例えるのならばトカゲの尻尾のように切れやすい構造になっているため、尻尾を踏んづけてしまったり掴んだりしてしまわないように注意しましょう。 また、尾切れ 尾抜け の状態が軽度であっても感染症のリスクは少なからずあるため、必ずいつもとは違う清潔なケージに移して様子を見ましょう 心配な場合は動物病院への相談がオススメです。 デグーの飼育は少し難しそうに思えますが、夏場と冬場の室温をキチンと管理することができれば簡単に飼育することができるので、興味のある方は是非飼育にチャレンジしてみてくださいね。

次の