新型 肺炎 国内 感染 者。 新型コロナウイルス感染速報

新型コロナウイルス感染速報

新型 肺炎 国内 感染 者

画像は「Change. org」スクリーンショット 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、高須クリニックの高須克弥院長らは16日、中国人などの入国を禁止するよう政府に求める署名を開始。 賛同者が1日経たずに1万人を超えた。 署名では、新型肺炎の感染拡大について「感染源中国の一部地域のみからの入国禁止に限定した措置」が大きな原因であると指摘。 無症状であっても日本に入国している中国人の中に「保菌者がいる可能性が高い」「日本の感染者数は増えていく危機感を抱く必要がある」として、「中国人及び2週間以内に中国渡航歴がある外国人の日本入国禁止措置」を求めている。 この署名には17日11時時点で1万1124人が賛同。 コメント欄には「政府は国民を守るつもりはあるのですか?」「観光だろうが労働だろうが入国禁止すべし」といった声が寄せられている。 集まった署名は「武漢肺炎火消し組」が日本政府へ提出するとしている。 署名が殺到して重くなってご迷惑をおかけしております。 面倒な署名をしてくださっている皆さんに感謝しております。 武漢熱が一刻も早く終息しますよう。 高須克弥 — 高須克弥 katsuyatakasu 「中国」をもっと詳しく.

次の

【新型肺炎】国内にいる感染者は400人超え 上海や北京より多いという事実|バボ|note

新型 肺炎 国内 感染 者

発表などによると、男性は中国人で、武漢市に滞在していた今月3日に発熱を訴え、6日に日本に帰ってきた。 同日中に神奈川県内の医療機関を受診し、10日から入院した。 すでに回復し、15日に退院している。 国立感染症研究所(感染研)による検査の結果、15日に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。 これまで中国で確認されている患者の多くは、武漢市中心部の「華南海鮮卸売市場」の関係者だったが、男性はこの市場に立ち寄っていないという。 ただ、男性は厚労省の調査に対し、中国滞在中に肺炎患者と一緒に生活していたと説明。 この肺炎患者が新型コロナウイルスに感染していたかどうかは分かっていないが、同省は「男性はこの患者から感染した可能性もある」としている。 感染研によると、12日現在、中国では41人から新型コロナウイルスが検出され、男性1人が死亡し、6人が重症と診断されている。 またタイでも中国人への感染が確認されたほか、香港、シンガポール、台湾などでも感染の疑いのある事例が報告されている。 厚労省結核感染症課によると、人から人に感染が続いていく状況は確認されていないといい、同課の担当者は「武漢市から帰国・入国した際にせきや発熱などの症状がある人は速やかに医療機関を受診してほしい」と呼びかけている。 政府は16日午前、関係省庁連絡会議を開催し、情報収集を進めるとともに、検疫などの体制に万全を期すことを確認した。

次の

【厚労省】新型肺炎、国内初の感染者‐30代男性からウイルス検出|薬事日報ウェブサイト

新型 肺炎 国内 感染 者

しかし、 沖縄では2700人が下船して、実際に乗客と接触したタクシーの運転手が感染している。 数字のごまかしなどして、何の意味があるのだろうか・・・。 そのようなまやかしに力を注ぐより、現実に拡大を阻止する施策、指導を徹底すべきなのにできていない。 2月12日までは湖北省しばりがあったため、感染の疑いがある患者が検査できなかった。 その湖北省縛りがとかれた2月13日以降、次々と感染者がみつかり国内で流行の兆しをみせている。 参考: 実際、2月12日前では、感染の疑いがある患者がいて医者が検査を要請しても、保健所が湖北省と関係がないからと、検査をつっぱねていた。 それどころか、「風邪にしておいてくれ」と指示したそうだ。 NHK・BSの番組で報道されていた。 検査の処理能力が低いのは明らかだが、それならば、自宅隔離をして様子を見させるべきであろう。 感染の拡大を防ぐことが仕事なのに、場当たり主義的に処理できれば良いという考えで、もはや職務を放棄している言わざるを得ない。 3次感染が濃厚な20代の千葉の男性は、2月13日に新型肺炎と確認された。 真偽定かではないが、ネット上では本人が書き込みをしたと言う情報も流れている。 定かでないので、リンクだけはっておく。 参考: ソースの真偽が不明なので詳しく取り上げないが、40度の熱で一週間苦しみ2つの病院では水運補給ができているから大丈夫と突っ放されたそうだ。 3つ目の病院の医者が親身になり保健所と交渉して、やっと検査できたという。 ネットなどで色々調べているが、湖北省と関係ない、接触した証明ができないと言われ、検査できなかった人が多くいるのは判明している。 だから、この件に関しても、ありそうな話なのだ。 この男性は首都圏に電車で通っていたから、他の乗客に感染していれば大変なことになるだろう。 感染の疑いがある場合、自宅隔離して他の家族にうつさないなど、もはや自己防衛しないといけない時期にきていると言えそうだ。 症状が少しでもある人は、マスクをしてうつさないよう努めていただきたい。

次の