スーパー ライト ショアジギ ング。 ライトジギングのタックルは代用も可!?ショアとオフショアの異なる選び方

スーパーライトジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン|初心者必見

スーパー ライト ショアジギ ング

ただ巻きベースの釣りの場合、タイラバタックルを使うことが多いのですが、タイラバの場合圧倒的にベイトリールとベイトロッドの展開が多いからです。 あとはベイトリールの方が使いやすい、パワーが有るという理由もあると思うのですが、あくまでもこのへんは個人的な主観が大きく影響しているので、なんとも言えません。 重いジグを使ったジギングの場合、僕もベイトリールのほうがいいと感じていますが、タイラバTGベイトだったら、スピニングでも十分です。 ありがたいことに、ブログやSNSなどのDMなどでスピニングを買いたいけど、スピニングのメリットはなにか?どんなスピニングを使えばいいのか?という話をちょくちょく話題に上がるので、簡単に書きたいと思います。 先日、ラインの話でも有りましたが、あくまでも僕の気持ちの話ですので、異論等はあると思いますが、こんな考え方もあるのだと参考程度に読んでいただければと…。 スピニングリールのメリット スピニングリールでスーパーライトジギングをする最大のメリットは、フォールの速さです。 真鯛の釣り方の復習の記事でも書きましたが、僕はカヤックフィッシングにおいて、魚探を見ながらTGベイトを落として釣りをすることが多いです。 真鯛がその場でじっとしているとは限らない、すぐに移動してしまうかもしれないという中なので、できる限りフォールを早くする方が良いと考えています。 ベイトリールの場合、どうしてもテンションが掛かってしまいますが、スピニングリールでは、スプールが完全フリーになるのでベイトと比較すると少し早いです。 ほんの少しですが、早く落ちてほしいのでスピニングを使っている次第です。 スピニングリールを使うと、ベイトリールと比較して着底時の動作が遅くなると思われる方も多いのですが、落ちるタイミングが想定できれば特に不自由することは有りません。 ラインをフリーにして、終始ぼ〜っとしているのであれば、あれですがマーク付きのラインと、それと魚探さえあれば、いつ着底するのか想定できます。 なので、僕としてはあまりそのデメリットはないです。 ベールをめくるのが手間ということも僕的には感じないので、今に至っています。 あとは、僕自身あまり手が大きくないので、スピニングリールのほうががっちり持てるので安心感はあります。 サイズは4000番程度が無難 最終的には、ロッドとのバランスを合わせるのが一番ですが、一般的なスーパーライトジギング用のロッドであれば、4000番程度のリールが無難だと思います。 ただ、3000番でも構いません。 3000番の方が小さく軽いので、釣りをしていて楽に感じるかもしれません。 僕が子供の頃は、3000番台でもかなり大きく、4000番台だとめちゃくちゃでかくかった記憶がありますが、最近では技術も進歩しておりモノコック構造も増えたことから、4000番でもかなり軽量でコンパクトになっています。 4000番台の方が、ドラグ力が大きなものもあるので、大きめを選んでおくと不意の大物でも落ち着いて対処することができるでしょう。 ノーマルかハイギアか? 僕は、縦の釣りにおいてベイトリールはハイギアを使っているのですが、スピニングリールではローギア?パワーギア?ノーマルギアをしています。 ハイギア系のリールは、巻き上げが早くなる一方で、パワーが少なく巻いていて重さを感じやすいです。 ただ、ベイトリールの場合は不思議と重く不自由に感じません。 中深海でやることを考慮してもハイギアにしてよかったと感じています。 一方で、スピニングリールの場合、ハイギアのリールを巻いていると結構重いです。 ただ巻きしているスピードならあまり気にならないのですが、回収巻きをしていると顕著にあらわれます。 ただ、ハイギア系のほうが回収は早いですよね。 あと、ちゃんとしたジギングならハイギアのほうが便利なことも。 あくまでもTGベイトのただ巻き用です。 現在1軍のスピニングリール 現在、使っているのはダイワのセルテートLT4000-Cです。 マグシールドには賛否両論あるのですが、現状1年間かなりの頻度で使っていますが、シャリ感もなくいまだになめらかな巻き心地を維持しています。 現在キャスティング港北店の凄腕カヤックフィッシャーマンにおすすめしてもらって予約購入しましたが買ってよかったと思っています。 以前までのセルテートというと、頑丈さを売りにして多少の重さは目をつむっていた感じですが、LT化させて一気に軽くなりました。 頑丈さと軽さが同居しているのは不思議な感じですが、使っていて実感しているので驚きです。 あと、ローターが意外なほどしっかりと強いので、大物がかかった時もローターがたわんだりして力が逃げてしまうことがありません。 以前使っていたスピニングリール 19セルテートを購入する前に使っていたのが、シマノのバイオマスターSW 4000XGです。

次の

ライトジギングのタックルは代用も可!?ショアとオフショアの異なる選び方

スーパー ライト ショアジギ ング

オフショアジギングに使用する仕掛けはショックリーダーとジグの2種類となります。 ショックリーダーは耐摩耗性に優れていて、強度の強いフロロカーボン製がおすすめです。 近海で釣るライトジギングの場合、ショックリーダーは15~30lb前後の太さで、メインラインとして使用するPEラインより少し細いサイズを選びましょう。 長さは根の高さにも寄りますが、約1. 5m前後あれば十分です。 ジグは40~80g前後から、水深が深かったり潮の流れが速い場所では重めを、比較的穏やかな場所では水深通りの重さを選択すると良いです。 水深が100m以上ある場合、ショックリーダーは60~80lb前後の太さでライトジギング同様、使用するPEラインよりワンサイズ下の太さを使いましょう。 長さは5~10m前後を根の高さに合わせて調整します。 ジグは5キロ前後のサイズなら100~150g前後、10キロ超えの大物を狙いたい場合は200gまで揃えておきましょう。 オフショアジギングで釣れる魚種はイワシなどの小魚を食するため、ジグの色はブルー系が定番です。 日中、水の中で反射しやすいシルバー系も揃えておくと良いでしょう。 水深が深い場所は暗くなるためグロー系も持っておくと魚に効果的にアピールすることができます。 ショアジギングは狙う魚種によって仕掛けスペックを変える必要があります。 10~20gと軽めのジグでアジやサバなど比較的小さめの魚種を狙う場合、フロロカーボン製のショックリーダー8~12lbを、メインラインとなるPEラインと合わせて選びましょう。 長さは1~1. 5m前後で根魚を狙う場合は長めに、アジ・サバ・シーバスなどを狙う場合は1m前後と使い分けましょう。 50~80g前後のジグを使うライトショアジギングでは、0. 8~1. 5号のPEラインを使うことが多いため、ショックリーダーは20~30lb前後の太さを選びましょう。 長さは1. 5~3m前後を飛距離や根の高さに応じて調整するのがポイントです。 100g前後のジグを使って大物を狙う場合は、40~60lb前後の太いショックリーダーを使いましょう。 釣れる魚の重さが5キロ前後であれば40~50lb、10キロ近くの大物が狙える場合は50~60lbがおすすめです。 青物はフッキングした後に走って根に逃げてしまうことが多いため、長さは2m前後で仕掛けを作ると良いです。

次の

2020年最新版!スーパーライトジギング【SLJ】で本当にオススメのロッドはこれ!|ジギングマニア

スーパー ライト ショアジギ ング

状況次第かな。 攻め方を分けることもあります。 5号) ・14ステラC3000SDH(0. 5号) ・18ステラ4000(0. 使いやすいのはシマノならノーマルギアの3000番。 最大巻上長が80cm未満のモデル。 ハイギアもしくは最大巻上長が80cmを超えてくると、セットするロッドとの相性に影響が出易い気はします。 18ステラ4000番が典型的でした。 7fのロッドなら差ほどでもないですけど、オフショア用で6. 3fとか一般的なレングスになると、限られたレンジでの細かい攻めをするには合わなかったです。 タングステンは少なからず、鉛よりジャーク間のフォールも早いモノが多いので、ピッチ幅の微調整が必要になるかもしれないです。 こればかりは人それぞれ癖もあるし、あくまで私の場合の使用感。 一応、14ステラと15ツインパはエギング・ティップランからの流用です。 リーダーは4号。 60cmくらいのシイラも取れるし、40cm程度のシオ(カンパチの幼魚)も取れています。 同船者とのオマツリ回避や手返しがUPするので釣果が伸びます。 5号+リーダー6号なら十分すぎるくらいになります。 でも、やりこむほど、細かい点が見えてくるようになると思います。 余談が多くなりましたけど、地域性を考慮しての判断にはなると思うけど、選択肢からだと4000(PG?)が無難だと思います。 ツインパは4000PG(現行)は30mくらいまでのポイントなら楽しめると思います。 ただ、T字ハンドルは手が痛くなると思います。

次の