スポンジ たわし。 台所スポンジよりずっといい!~ 洗剤もマイクロプラスチックも流さない食器の洗い方

たわし・スポンジ等

スポンジ たわし

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア.

次の

清掃用品 【通販モノタロウ】

スポンジ たわし

食器洗いのスポンジ。 使っていると、ボロボロにすり減ってきます。 わが家はむしろ洗剤やごみの観点から、10年以上も前に台所スポンジを卒業していました。 でも、メラミンスポンジは数年前まで愛用していました! びっくりするくらいきれいになるから、最後の小さなかけらまで余すことなく粉々にして……「洗剤も必要ないし、何も残らないからごみにもならないし」と……。 アクリルたわしも、わりに最近まで使っていました。 「アクリル=プラスチック」という発想がまったくなかったのです。 今はそれらをすべて卒業。 でも、何の不都合もありません。 わが家の食器洗いは快適そのもの。 無理も我慢も一切なし。 洗剤フリー&マイクロプラスチックフリーの食器洗いは簡単に実現できます。 標準的なスポンジ・・・ナイロン、ポリエステル、ポリウレタンなど• メラミンスポンジ・・・メラミン樹脂(という種類のプラスチック)• アクリルたわし・・・アクリル(という種類のプラスチック)• マイクロファイバー・・・ナイロンやポリエステルなど すり減ったスポンジのかすは、下水を流れていきます。 粒子が細かすぎて、下水処理センターでも100%は除去されず、海に流れ出てしまいます。 あんなカスでもプラはプラ。 特に海水の中では分解が遅く、数百年から数千年かかるとも言われます。 こう考えると、メラミンスポンジって衝撃的です。 「洗剤が要らないからエコ!」どころではないですよね。 しかも、メラミン樹脂って、ホルムアルデヒドが原料らしいんですけど…。 製造過程でのという情報もあります。 昨今のマイクロプラスチック問題を受けて、既にスクラブ洗顔剤のツブツブや、歯みがき粉のツブツブ(いずれもマイクロプラスチックとなる)をが国際的に出てきていますが、「それを言うならメラミンスポンジだって…」と思ってしまいます (まだメラミンスポンジによるマイクロプラスチック発生の詳しい調査研究はなされていないようです)。 「」・・・洗剤を使わずに食器が洗える木綿100%のふきん。 10年以上愛用• ヘチマスポンジや亀の子たわし・・・フライパンや鍋のほか、根菜の泥落としに。 汚れを気にせずガンガン使える• オールステンレスの金たわし・・・シンクやガスコンロ、鍋の頑固な焦げつきの最終兵器。 スポンジから移行した直後は、手がスポンジに慣れきっていたため、「ややつかみにくいかな…」と感じたのを覚えています。 でもそのうちすっかり慣れてしまい(慣れるってすばらしい)、今は友人宅などでたまにスポンジを使うと、あまりに人工的な触り心地なので「おぉ、近未来…」と感じてしまう自分です。 「つかみにくい」と感じた友人の中には、人もいます。 ほどけないように端を縫うらしいです。 「なるほど!」と感心しましたが、縫い物が苦手なわが夫婦には真似できず。 うらやましい・・・。 びわこふきんさん、小さなサイズの新商品も出してください。 さて、このびわこふきん、何がいちばんうれしいかと言うと、「洗濯機で洗えること」です!!! 食器洗いスポンジって、どことなく不潔な気がするのは僕だけでしょうか? 細かい汚れや食品カスが入り込んでも、洗濯機で洗うことさえできない。 手でギュッと絞っても完全に乾くことはなく、いつもジメジメ。 それを「もったいないから」と、そのまま何カ月も、次第に薄汚れてきて「本当に汚いからこれは捨てなければダメだ!!」となるまで使い続けるのです(もっと早く捨てろという噂もありますが…)。 その点、びわこふきんは、毎日洗濯機でピカピカに洗って、お日様に干せます。 何て清潔! パリッと乾いた新しいびわこふきんを引き出しから取り出して、毎日新しいスタートを迎えられる幸せ・・・ああ、もうスポンジには戻れません。 もちろん、びわこふきんも汚れます。 汚れたら、煮洗いしましょう。 酸素系漂白剤を使うと真っ白になるようですが、わが家はなるべく漂白剤の使用を減らしたいので、ただの煮洗いしかしません。 汚れが目立ってきたら、今度は雑巾として、床拭きに戸棚拭きにと大活躍(プラ製のスポンジさんには真似できない技です)。 骨の髄まで使い切ったら、最後は庭に埋めます(庭のない方はもちろん燃えるごみでOK)。 感謝を込めて、小さく刻んでから埋めれば、早く土に戻ります。 そのすばらしさについてはでさんざん礼賛しましたので、再度礼賛したくなる気持ちをぐっと抑えて割愛します。 汚れたら庭に埋められるので、鍋や根菜の汚れにガンガン使えるのが強みです(びわこふきんだと、織り目の間に食品カスが入り込んでしまうため)。 ただ、「天然の植物そのまんま」なので、やや「へたり」が早いです。 鍋などをガシガシこすっていると、すぐに破れます(破れたら庭へ)。 こんな風にガラス瓶に入れておくと、いつでも使えて便利 重曹ってホントにすごいです。 研磨効果があって、しっかり汚れが落ちます。 消臭効果もあるので、さっぱりさわやかに洗い上がります。 いつも使えるように置いておけば、水筒や茶わんの茶渋や臭いも気軽に落とせます。 スプーンなど全然必要ありません(単に「絵になる」だけ)。 でも! 最近、さらに耳寄りな情報を知人から教えてもらいました。 「米ぬかでどんな油汚れもスッキリ落ちる」というのです。 さっそく試してみると、たしかに! 油汚れの上に直接米ぬかを振りかけてこすると、油汚れが吸収されます。 水ですすげば、もうスッキリ。 ぬかは精米所でただでもらえます。 しかも完全パッケージフリー! 大興奮で調べてみると、「米ぬかで洗える」という情報が出てくること出てくること(たとえばや、参考にさせていただきました)。 古来は、そうです。 昔の人の知恵には驚かされます。 (ぬかのほかにも、灰汁やムクロジの実など。 ワクワクしてきました!) いや、ちょっと待った! 「米ぬかを流すと、川が汚れるんじゃ・・・?」と思った方! 僕も同じ疑問を持ちました。 10年以上前、「米のとぎ汁が川を汚す」って、一時期騒ぎになりましたよね。 調べてみると、そういう部分もあるにせよ、むしろ「無洗米の販売戦略」として情報が流布された感があるようです(参考情報:や)。 なので、「米ぬかが下水を流れる=言語道断の絶対悪」ということではなさそうです(そもそもみなさん、毎日お米を研いで流していると思うし、ぬか漬けを混ぜた手とか、普通に洗ってますよね…)。 もちろん、むやみに流すのはよくないと思うので(水道管も詰まりそうだし…)、油汚れがひどい時に使うにとどめ、汚れをこすったあとは、なるべくこそげ落として生ごみに捨ててから水ですすぐとよさそうですね。 もうひとつ。 重曹も米ぬかも出番を失う「最強兵器」があります。 それはパスタやうどんのゆで汁。 麺類を茹でたら、ゆで汁は絶対に捨ててはいけません。 必ず鍋に取っておき、フタをして保温しておいて、食べ終わった皿にまだ熱いそれをぶっかけます。 あら不思議。 あとは水でこすればスッキリきれい。 魔法のようです。 洗剤なんて一切不要。 いつも食器洗いを面倒くさいと思っている自分ですが、パスタの時だけは別。 いつも率先してゆで汁をぶっかけ、一瞬でお皿がきれいになるドラマチックな食後のひとときをたのしみます。 そして妻に感謝されます。 いいことづくめです。 (米のとぎ汁同様、麺類のゆで汁も下水を汚すという情報があります。 気になる人は下水に流さず庭に撒きましょう。 でも・・・みなさんどちらにせよそのまま下水に流してますよね? だったら活用しない手はなし。 ) パスタのゆで汁に限らず、野菜を茹でたあとのお湯もなかなかいいです。 要は「お湯」。 とにかくお湯さえあれば、ほとんどの汚れは簡単に落ちるのです。 その通り。 生肉や生魚などの「もっとも恐るべき汚れ」も、煮えたぎる熱湯さえあれば怖くありません。 最初に熱湯をかけてしまうと、タンパク質が凝固して汚れが落ちにくくなるらしいので、ヘチマなどで軽く汚れを落としてから、熱湯でばい菌を抹殺します(ヘチマにも回しかけてしっかり熱湯消毒)。 安心安全100%です。 プラ製のまな板やプラ製のスポンジだとこうは行きません。 添加剤が漏れ出る危険があります。 自然素材、つくづく最高!です。 実は「びわこふきん」は現在需要過多の模様で、わが家の小さなオンラインショップでも取り扱っているのですが、売り切れになっても「いつでも入荷できる」状況ではありません。 そういう意味でも、「第2、第3のびわこふきん」や「びわこふきんに代わるもの」が必要だと感じています(いい情報をご存じの方はぜひ教えてください)。 実際、コンポストに入れている友人もいます。 やわらかくてさわり心地もいいですが、強く使うとちぎれやすい印象もあります。 「洗剤不要、エコで手作りできる」はずだったアクリルたわし。 障害者の福祉事業でも広く作られていて、その志はすばらしいと思うので、僕自身、障害児を持つ親として、心が痛みます。 ただ、最近、「アクリル」を「コットン」に変えた「コットンたわし」がよく紹介されています。 僕もしたものをいただきました。 美しい! あまりに美しくて、汚すのが心配でガンガン使えないのだけが玉に瑕ですが、 とてもいいと思います。 アクリルたわしを編んでいた方は、ぜひコットンに代えて編んでください。 人気サイト「プラなし生活」さんによるもあります。 雑誌でも詳しい作り方が解説されています。 竹から作られた布ということで、抗菌作用もあり、肌触りもよさそう。 ナチュラルで魅力的! なのですが、ひとつ大きな懸念があります。 市販の竹の布のほとんどは、加工過程(=竹の繊維をパルプとして加工する)で有害な溶剤を使用する「ビスコース法」で作られているそうなのです。 もちろん、できあがった製品が必ずしも有害ということではないと思いますし、竹は基本的に無農薬、しかもどんどん成長する「再生可能」「持続可能」な素材なので、エコな側面もいろいろあります。 むしろ、農薬まみれ、化学染料まみれのコットンと比べたら、こちらの方が遥かによさそうな気もします。 ただ、ビスコース法の問題は、拙訳のほか(p. 117「レーヨン」の項)、優良ブランドの代表格である。 なるほど。 パタゴニアの言葉には力があります(ここまで考えてくれるブランドって、本当に信頼感があります。 エシカルってこういうこと)。 竹は日本にも豊富なので、日本の竹で安心安全な竹の布が作られたら最高だと思うのですが・・・新しい流れに期待したいです。 それでは、話がふくらみましたが、今日はこの辺で! 洗剤もマイクロプラスチックも流さない食器洗い、ぜひ試してみてください。

次の

スポンジ・たわし・ブラシ

スポンジ たわし

食器洗いのスポンジ。 使っていると、ボロボロにすり減ってきます。 わが家はむしろ洗剤やごみの観点から、10年以上も前に台所スポンジを卒業していました。 でも、メラミンスポンジは数年前まで愛用していました! びっくりするくらいきれいになるから、最後の小さなかけらまで余すことなく粉々にして……「洗剤も必要ないし、何も残らないからごみにもならないし」と……。 アクリルたわしも、わりに最近まで使っていました。 「アクリル=プラスチック」という発想がまったくなかったのです。 今はそれらをすべて卒業。 でも、何の不都合もありません。 わが家の食器洗いは快適そのもの。 無理も我慢も一切なし。 洗剤フリー&マイクロプラスチックフリーの食器洗いは簡単に実現できます。 標準的なスポンジ・・・ナイロン、ポリエステル、ポリウレタンなど• メラミンスポンジ・・・メラミン樹脂(という種類のプラスチック)• アクリルたわし・・・アクリル(という種類のプラスチック)• マイクロファイバー・・・ナイロンやポリエステルなど すり減ったスポンジのかすは、下水を流れていきます。 粒子が細かすぎて、下水処理センターでも100%は除去されず、海に流れ出てしまいます。 あんなカスでもプラはプラ。 特に海水の中では分解が遅く、数百年から数千年かかるとも言われます。 こう考えると、メラミンスポンジって衝撃的です。 「洗剤が要らないからエコ!」どころではないですよね。 しかも、メラミン樹脂って、ホルムアルデヒドが原料らしいんですけど…。 製造過程でのという情報もあります。 昨今のマイクロプラスチック問題を受けて、既にスクラブ洗顔剤のツブツブや、歯みがき粉のツブツブ(いずれもマイクロプラスチックとなる)をが国際的に出てきていますが、「それを言うならメラミンスポンジだって…」と思ってしまいます (まだメラミンスポンジによるマイクロプラスチック発生の詳しい調査研究はなされていないようです)。 「」・・・洗剤を使わずに食器が洗える木綿100%のふきん。 10年以上愛用• ヘチマスポンジや亀の子たわし・・・フライパンや鍋のほか、根菜の泥落としに。 汚れを気にせずガンガン使える• オールステンレスの金たわし・・・シンクやガスコンロ、鍋の頑固な焦げつきの最終兵器。 スポンジから移行した直後は、手がスポンジに慣れきっていたため、「ややつかみにくいかな…」と感じたのを覚えています。 でもそのうちすっかり慣れてしまい(慣れるってすばらしい)、今は友人宅などでたまにスポンジを使うと、あまりに人工的な触り心地なので「おぉ、近未来…」と感じてしまう自分です。 「つかみにくい」と感じた友人の中には、人もいます。 ほどけないように端を縫うらしいです。 「なるほど!」と感心しましたが、縫い物が苦手なわが夫婦には真似できず。 うらやましい・・・。 びわこふきんさん、小さなサイズの新商品も出してください。 さて、このびわこふきん、何がいちばんうれしいかと言うと、「洗濯機で洗えること」です!!! 食器洗いスポンジって、どことなく不潔な気がするのは僕だけでしょうか? 細かい汚れや食品カスが入り込んでも、洗濯機で洗うことさえできない。 手でギュッと絞っても完全に乾くことはなく、いつもジメジメ。 それを「もったいないから」と、そのまま何カ月も、次第に薄汚れてきて「本当に汚いからこれは捨てなければダメだ!!」となるまで使い続けるのです(もっと早く捨てろという噂もありますが…)。 その点、びわこふきんは、毎日洗濯機でピカピカに洗って、お日様に干せます。 何て清潔! パリッと乾いた新しいびわこふきんを引き出しから取り出して、毎日新しいスタートを迎えられる幸せ・・・ああ、もうスポンジには戻れません。 もちろん、びわこふきんも汚れます。 汚れたら、煮洗いしましょう。 酸素系漂白剤を使うと真っ白になるようですが、わが家はなるべく漂白剤の使用を減らしたいので、ただの煮洗いしかしません。 汚れが目立ってきたら、今度は雑巾として、床拭きに戸棚拭きにと大活躍(プラ製のスポンジさんには真似できない技です)。 骨の髄まで使い切ったら、最後は庭に埋めます(庭のない方はもちろん燃えるごみでOK)。 感謝を込めて、小さく刻んでから埋めれば、早く土に戻ります。 そのすばらしさについてはでさんざん礼賛しましたので、再度礼賛したくなる気持ちをぐっと抑えて割愛します。 汚れたら庭に埋められるので、鍋や根菜の汚れにガンガン使えるのが強みです(びわこふきんだと、織り目の間に食品カスが入り込んでしまうため)。 ただ、「天然の植物そのまんま」なので、やや「へたり」が早いです。 鍋などをガシガシこすっていると、すぐに破れます(破れたら庭へ)。 こんな風にガラス瓶に入れておくと、いつでも使えて便利 重曹ってホントにすごいです。 研磨効果があって、しっかり汚れが落ちます。 消臭効果もあるので、さっぱりさわやかに洗い上がります。 いつも使えるように置いておけば、水筒や茶わんの茶渋や臭いも気軽に落とせます。 スプーンなど全然必要ありません(単に「絵になる」だけ)。 でも! 最近、さらに耳寄りな情報を知人から教えてもらいました。 「米ぬかでどんな油汚れもスッキリ落ちる」というのです。 さっそく試してみると、たしかに! 油汚れの上に直接米ぬかを振りかけてこすると、油汚れが吸収されます。 水ですすげば、もうスッキリ。 ぬかは精米所でただでもらえます。 しかも完全パッケージフリー! 大興奮で調べてみると、「米ぬかで洗える」という情報が出てくること出てくること(たとえばや、参考にさせていただきました)。 古来は、そうです。 昔の人の知恵には驚かされます。 (ぬかのほかにも、灰汁やムクロジの実など。 ワクワクしてきました!) いや、ちょっと待った! 「米ぬかを流すと、川が汚れるんじゃ・・・?」と思った方! 僕も同じ疑問を持ちました。 10年以上前、「米のとぎ汁が川を汚す」って、一時期騒ぎになりましたよね。 調べてみると、そういう部分もあるにせよ、むしろ「無洗米の販売戦略」として情報が流布された感があるようです(参考情報:や)。 なので、「米ぬかが下水を流れる=言語道断の絶対悪」ということではなさそうです(そもそもみなさん、毎日お米を研いで流していると思うし、ぬか漬けを混ぜた手とか、普通に洗ってますよね…)。 もちろん、むやみに流すのはよくないと思うので(水道管も詰まりそうだし…)、油汚れがひどい時に使うにとどめ、汚れをこすったあとは、なるべくこそげ落として生ごみに捨ててから水ですすぐとよさそうですね。 もうひとつ。 重曹も米ぬかも出番を失う「最強兵器」があります。 それはパスタやうどんのゆで汁。 麺類を茹でたら、ゆで汁は絶対に捨ててはいけません。 必ず鍋に取っておき、フタをして保温しておいて、食べ終わった皿にまだ熱いそれをぶっかけます。 あら不思議。 あとは水でこすればスッキリきれい。 魔法のようです。 洗剤なんて一切不要。 いつも食器洗いを面倒くさいと思っている自分ですが、パスタの時だけは別。 いつも率先してゆで汁をぶっかけ、一瞬でお皿がきれいになるドラマチックな食後のひとときをたのしみます。 そして妻に感謝されます。 いいことづくめです。 (米のとぎ汁同様、麺類のゆで汁も下水を汚すという情報があります。 気になる人は下水に流さず庭に撒きましょう。 でも・・・みなさんどちらにせよそのまま下水に流してますよね? だったら活用しない手はなし。 ) パスタのゆで汁に限らず、野菜を茹でたあとのお湯もなかなかいいです。 要は「お湯」。 とにかくお湯さえあれば、ほとんどの汚れは簡単に落ちるのです。 その通り。 生肉や生魚などの「もっとも恐るべき汚れ」も、煮えたぎる熱湯さえあれば怖くありません。 最初に熱湯をかけてしまうと、タンパク質が凝固して汚れが落ちにくくなるらしいので、ヘチマなどで軽く汚れを落としてから、熱湯でばい菌を抹殺します(ヘチマにも回しかけてしっかり熱湯消毒)。 安心安全100%です。 プラ製のまな板やプラ製のスポンジだとこうは行きません。 添加剤が漏れ出る危険があります。 自然素材、つくづく最高!です。 実は「びわこふきん」は現在需要過多の模様で、わが家の小さなオンラインショップでも取り扱っているのですが、売り切れになっても「いつでも入荷できる」状況ではありません。 そういう意味でも、「第2、第3のびわこふきん」や「びわこふきんに代わるもの」が必要だと感じています(いい情報をご存じの方はぜひ教えてください)。 実際、コンポストに入れている友人もいます。 やわらかくてさわり心地もいいですが、強く使うとちぎれやすい印象もあります。 「洗剤不要、エコで手作りできる」はずだったアクリルたわし。 障害者の福祉事業でも広く作られていて、その志はすばらしいと思うので、僕自身、障害児を持つ親として、心が痛みます。 ただ、最近、「アクリル」を「コットン」に変えた「コットンたわし」がよく紹介されています。 僕もしたものをいただきました。 美しい! あまりに美しくて、汚すのが心配でガンガン使えないのだけが玉に瑕ですが、 とてもいいと思います。 アクリルたわしを編んでいた方は、ぜひコットンに代えて編んでください。 人気サイト「プラなし生活」さんによるもあります。 雑誌でも詳しい作り方が解説されています。 竹から作られた布ということで、抗菌作用もあり、肌触りもよさそう。 ナチュラルで魅力的! なのですが、ひとつ大きな懸念があります。 市販の竹の布のほとんどは、加工過程(=竹の繊維をパルプとして加工する)で有害な溶剤を使用する「ビスコース法」で作られているそうなのです。 もちろん、できあがった製品が必ずしも有害ということではないと思いますし、竹は基本的に無農薬、しかもどんどん成長する「再生可能」「持続可能」な素材なので、エコな側面もいろいろあります。 むしろ、農薬まみれ、化学染料まみれのコットンと比べたら、こちらの方が遥かによさそうな気もします。 ただ、ビスコース法の問題は、拙訳のほか(p. 117「レーヨン」の項)、優良ブランドの代表格である。 なるほど。 パタゴニアの言葉には力があります(ここまで考えてくれるブランドって、本当に信頼感があります。 エシカルってこういうこと)。 竹は日本にも豊富なので、日本の竹で安心安全な竹の布が作られたら最高だと思うのですが・・・新しい流れに期待したいです。 それでは、話がふくらみましたが、今日はこの辺で! 洗剤もマイクロプラスチックも流さない食器洗い、ぜひ試してみてください。

次の