見えない目撃者 ネタバレ。 見えない目撃者 感想【ネタバレなし】

映画『見えない目撃者』ネタバレ・あらすじ・評価。吉岡里帆最強演技vs高杉真宙 vs浅香航大はベストキャスト。森淳一監督は原作を凌駕した。

見えない目撃者 ネタバレ

解説 2011年の韓国映画「ブラインド」を日本でリメイクし、吉岡里帆が視力を失った元警察官役を演じるサスペンススリラー。 警察学校の卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ。 自身も失明し警察官の道を諦めた彼女は、事故から3年経った現在も弟の死を乗り越えられずにいた。 そんなある日、車の接触事故に遭遇したなつめは、車中から助けを求める少女の声が聞こえてくることに気づき、誘拐事件の可能性を訴える。 なつめは少女を救うべく奔走し、事故現場で車に接触したスケボー少年を探し出す。 やがて女子高生失踪が関連づけられ、連続誘拐事件の存在が判明。 なつめは事件の闇へと切り込んでいくうちに、弟の死とも向き合うことになる。 監督は「重力ピエロ」「リトル・フォレスト」の森淳一。 韓国映画のリメイクのようですね。 サイコスリラーとして良く出来ている作品と感じました。 元警官としての矜持、女性を助けたいという良心、本気にしない警官への苛立ち、そして時間との闘い。 犯人の目星が付く迄は、ストーリー展開も秀逸で、緊迫感もあって目が離せません。 ただ、そこからクライマックスはかなり無理がある展開が多く、心の中で突っ込みが入り始めます。 ラストにしろ、地下鉄のシーンにしろ、取りたいシーンが決まっていて、他の都合が悪いことは全部無視してしまったように感じられました。 特にクライマックスは、良質のサイコサスペンスが低俗なスプラッター映画になった印象で、かなり残念に感じられました。 演出が上手である。 日本映画では珍しいと思う。 テレビでも蛇のひとや破門やミスシャーロックなど、おやと思わせるものを撮っている。 映画は寡作だがリトルフォレストの監督でもある。 手堅くて、妙なクセがなく、有り得なさが、気にならない。 あまり感心できる了見ではないが、そういうものだ。 そこへ、事故死にたいする良心の呵責と無力感が加わって、暗い主人公を一層魅力的にみせる。 それは映画的で、リメイクの旨意はよく解る。 すべて諦観しているとはいえ、彼女には、まだ微かに、生き続けることへの執着、警察官になれたことへの矜持が残っている。 その有り得なさを、うまく抑えていた。 キムハヌルの映画より、Don't Breatheや聾のHushを思わせる感じもあり、対決は武士の一分のようでもあった。 が、決定的な瑕疵はないけれど、小さくまとまっている。 真面目な女優が真面目に演じているのがよく解るが絶望や自虐がもっと荒々しいほうがよかった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 聴覚障害者が音を頼りに周囲の物事を判断する様子をうまく映像化してるとおもう反面、ヒロインや介助犬がいくらピンチになっても死なないのがわかるご都合展開がどうしても馴染めなかった。 介助犬つれて目の見えない人が、はじめてくる地下鉄をガンガン階段下りたり地下道を走ったりというのはなかなかできないとおもう。 犬を先に逃すかと思いきや呼び止めちゃって結果として犬刺されちゃうくだりは、ひどすぎる。 あとあの犯人が「逃走中」のハンターばりに悠々と歩いて追いかけてくるのも不自然。 そここそ走れ。 被害者が目が見えないから油断してるのかしらないが、サイコキラーが対象の力を甘く見るっていうのはありえない。 全力でいくでしょ。 相手はもう自分が連続殺人犯と気づいてるのに、バレることを恐れずその場に放置するのも変なはなしだ。 そりゃ主人公は死ななくて当たり前だけど、いくらなんでも無敵すぎる。 警察が何人も刺されて死んでるのに犬はケロッと蘇ったり、総じてバランスが悪い。 それなら犬も殺されてなきゃおかしい。 犬に危害が及ぶ描写は生理的にダメなのでその時点でアウトですが。 被害者たちは「羊たちの沈黙」ばりにグロい殺され方しているのに。 ハリウッドにしてもなんにしても物語上、犬さえ殺さなきゃ人間は死んでもいいみたいな逆転現象がおきててまんまそれに当てはまる作品だった。 細かいディテールや生死の部分をあやふやにしちゃうと、それだけで興醒め。 儀式殺人のくだりは20年くらい前のアナザヘブンや沙粧妙子のようで、 中2くささはあるが 良くできているだけに残念。

次の

見えない目撃者(映画)日本版のあらすじやネタバレ!キャストやロケ地情報まとめ!

見えない目撃者 ネタバレ

チャン刑事らによる捜査が始まるが、住民らは風評を怖れ協力を拒む。 サンフンはその犯行の目撃者ともなるが、やはり通報せず、彼女の生存を信じる夫にも言えない。 サンフンはついに妻に事態を打ち明け証言に踏み切る。 運転していた男は、帽子を目深にかぶり、派手な音楽をかけ、窓の隙間から札を差し出し、店員はすぐ作業を始めます。 車のトランクには、暴行され拉致された女性が閉じ込められ、店員が物音に気づきますが、男は音楽でごまかし逃げ延びます。 その後、男は森の奥で穴を掘り女性を埋めようとしますが、トランクが開いた瞬間、女性は男を殴りつけて悲鳴を上げ、素足で逃げ出します。 その日の昼間、EG損保のベテラン社員ハン・サンフンは、交通事故被害者ソユンの母の話を聞いていました。 彼女はサンフンの妻スジンの友人で、保険屋の彼を頼り「警察は加害者の話を鵜呑みにしてまともに検証しない!再検証して欲しい!」「ソユンは失明するかもしれない」と懸命に話しますが、サンフンは曖昧に頷き、示談を勧めます。 彼のモットーは「他人事に首を突っ込むな」で、警察に頼っても無駄だと知っていたからです。 その夜は、サンフンの新居祝いの飲み会で、彼は居酒屋の店先からスジンに電話してその件を言い「同僚のパクにも聞いてみる」と話します。 スジンは納得し、同僚を自宅に連れて来ないでと文句を言っただけでした。 ハン夫妻は山裾の広いマンションを購入し入居したばかりで、幼稚園児の娘ウンジと子犬のピッピと共に幸せに暮らしていました。 飲み会は盛り上がり、彼は酔った勢いで同僚を誘いもしますが、結局バスで一人帰宅する事に。 その頃逃げた女性は、山裾にあったマンション群の中庭にたどり着きます。 酔ったサンフンはエレベーターに飛び込みますが、中には買い物帰りの405号の住人ソヨンがいて、驚かせた事を謝り、一緒に上がって行くことに。 途中、ソヨンは「悲鳴を聞いた気がする、聞こえませんでしたか?」と言いますが、サンフンには覚えがありませんでした。 女性はその間も必死で助けを求めていましたが、マンションは静まり返り、明かりは全て消えていました。 ハン一家の部屋は6階の606号室で、玄関ドアはナンバー式の電子ロック、玄関は人感センサーのライトが点き、ピッピだけが尻尾を振って出迎えます。 サンフンは、寝室で寝ていたスジンとウンジを起こさず、薄明りのリビングで缶ビールを開け、ベランダから外を眺めます。 その時、外から悲鳴が聞こえて見下ろすと、男が中庭の立木の根元で、泣きわめく女性の頭部をハンマーで何度も殴りつけていました。 サンフンは慌てて身を隠し、警察に電話しようとしますが、スジンが起き出して煌々と灯りを点けたため、驚いてスマホを落とし、壊してしまいます。 男はその部屋を見上げ、彼は慌てて明かりを消し、スジンには言わずに終わります。 男はしばらく部屋を見上げていましたが、やがて動かなくなった女性を置き去りにして、彼の棟の階数を数え、その棟に向かって歩き出します。 サンフンは玄関に座り込み、金属バットで襲撃に備えますが、男は現れませんでした。 朝未だ来、女性が気づいて、なんとか指先でスマホを操作し警察に電話しますが、男が戻ってスマホを取り上げ、切ってしまいます。 女性は虫の息で「助けて…下さい…」と呟いていましが、男は「手間がかかるな」とこぼしてとどめを刺します。 彼女が最期に見たのは、静まり返った高層マンションの暗い窓でした。 7時半過ぎ、スジンが起き出しますが、サンフンはベランダにいて、中庭に駆けつけた警官やヤジ馬たちを見降ろしていました。 女性の遺体は既に運ばれ、生々しい血溜まりだけが残されています。 スジンはゾッとして見に行こうと言いますが、サンフンに止められます。 サンフンはスジンに「幼稚園への送り迎えや戸締りに気をつけろ」としつこく言い、びくびくしながら家を出ますが、1階の出入口にある集合ポストで突き飛ばされ、郵便物は見知らぬ青年が集めて持ち去ってしまいます。 殺害されたのはユン・ヒウォンという女性で、ベテランのチャン刑事と若手のウミン刑事が担当となります。 その中庭はハン一家の棟と向いの棟の間にあり、どちらからも丸見えでしたが、通報はありませんでした。 サンフンはヤジ馬のフリをして、血溜まりと自宅のベランダを見ていましたが、その姿を誰かが写真に撮っています。 遺体は殺害当時のまま放置されていて、駐車場の防犯カメラの解析が進み、ヒウォンが住民では無い事から、金銭目的という線が消えます。 捜査チームのリーダー=チェ班長は「まずは聞き込みで目撃者を探せ、住民感情を刺激するな!特におまえだ!チャン刑事!」と檄を飛ばします。 聞き込みでは、住民が口を揃えて「ここの住民は皆高学歴でモラルもあるが、他人事には関わらない」と言う中、女子高生のイェスルから「深夜2時頃、悲鳴を聞いた。 外を見ようとしたが、母親に電気を消された」との証言が出ますが、母親は知らないと言い張り、それ以上の証言は得られませんでした。 一方、サンフンは昼のニュースを見て怯え、空き時間にスジンに電話してウンジの無事を確認し、様子がヘンだと言われます。 また同僚のパクには「イマドキ暴言を吐いたら何をされるかわからない」と言われ、ソユンの交通事故の件は「可哀想だが早く手を引け」と言われます。 彼女は「被害者がマンションの住民でない以上無関係だし、コトが大きくなればマンションの資産価値が下がる」というのです。 サンフンは「山崩れの防災工事には消極的なくせに、人が死んだら協力するのが道理だろ!殺人犯には好都合だな!」と憤慨しますが、スジンに「価値が下がってもいいの?犯人に顔を見られても通報する?」と言われ言葉に詰まります。 その夜、彼はネットから匿名で通報しようとしますが、家族の事を思い、できませんでした。 翌日、チャン刑事は裏山で何かを引きずった痕跡を発見し、チェ班長に「新聞配達の男が『午前2時頃、走る男を見た』と証言した」「被害者の死亡推定時刻の午前4時に、彼女の携帯から無言の通報があった。 彼女は午前2時頃襲撃され、その後2時間、生存していた可能性が高い」と報告します。 しかし犯人が2時間の間に何をしていたかは謎でした。 またチャン刑事は、他の目撃情報が無く「責任を追及されなくてよかった」と漏らしたチェ班長に「目撃者の通報があれば女性は助かったかもしれないのに、よかったとは何事だ!」と食って掛かります。 その夜、その事をニュースで知ったサンフンは愕然とし、自宅には無言電話が複数回掛かってきます。 またピッピがいつの間にかいなくなり、夫妻で敷地内を探しますが、犯人に見られている事には気がつきませんでした。

次の

『見えない目撃者』パンフがネタバレ!鑑賞後に読むべし。かっこいいネタバレ防止冊子カバーなどパンフレット紹介

見えない目撃者 ネタバレ

C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 警察官として将来を有望視されていた浜中なつめは、交通事故によって同乗していた弟を死なせてしまい、自らは失明してしまいます。 なつめは警察官を依願退職し、盲導犬のパルと共に生活をしています。 そんなある時、なつめは帰り道で車の接触事故に遭遇します。 車は急いでその場を離れますが、車の中からかすかに助けを呼ぶ女性の声を聞き、警察に相談するも取り合ってくれませんでした。 しかし、なつめの鋭い推理・洞察力によって犯人に徐々に近づき、犠牲者も増えていく中で警察と協力をして犯人を追い詰めていきます…。 映画「見えない目撃者」のネタバレ感想 久々に質の高い邦画を見た!原案は韓国映画の『ブラインド』 C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 映画を見終わった後は「邦画でここまで面白いの作品は久々見た!」と思ったのですが、調べてみると韓国映画の「ブラインド」という映画が原案になっているみたいですね。 「ブラインド」のあらすじを見てみるとストーリーが全く同じというわけではないようで、引き逃げ事故に居合わせた盲目の女性が命を狙われ、女子大生失踪事件を解決していく内容になっていました。 主人公が盲目の女性、目撃者が二人いる、女性が狙われている事件(見えない目撃者では女子高生がターゲット)という部分は共通しているものの、細部の展開は違っているようなので、きっと「ブラインド」を観た方でも楽しめるのではないでしょうか。 逆に今作が面白かったので、原案の作品も見てみたくなりました! 吉岡里帆の目の見えない演技がスゴイ C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 映画「」などに出演する吉岡里帆さんですが、今作では目の見えないキャラという難しい役柄だったのにも関わらず、めちゃくちゃ演技が上手で、本当に目が見えないんじゃないかと錯覚させる程の演技力でした。 序盤では、自分の運転する事故で弟を失くしてしまい自分は失明。 そして警察官として働くことを諦めるという、人生の絶望の淵に立たされ、心に闇を抱えた暗い雰囲気を感じさせます。 中盤から終盤にかけては「事件を解決して女子高生を救いたい」という強い想いが感じられました。 顔も分からない見ず知らずの人間の命を、何が何でも救いたいという気持ちが感じられ、まさに警察官のお手本のような人物でしたね。 また、盲目ということで、手を伸ばして指で物を探りながら自分のいる場所を把握したりする必要がありますが、その演技についても違和感を感じることはありませんでした。 こちらは吉岡里帆さんが実際は目が見えることを知っているので、手の動作や歩幅など、目の見える人と変わらない動きをしてしまうと「実際は見えている」という演技をしてる感が前面に出てしまい、映画の良さや面白さが損なわれてしまうと思うのですが、それを感じさせることはありませんでした。 駅のホームで犯人から逃げるシーンでは、後ろから犯人が迫ってきているのが見えていました。 それだけでもかなりの恐怖なのですが、なつめは犯人の姿を見ることができないので、それ以上の恐怖を感じているハズです。 その恐怖感が吉岡里帆さんの演技から伝わってくるような感覚でしたね。 それくらい上手くて驚きました。 【解説】犯人の正体が日下部というのは分かりやすいかも?でもそこからが面白い C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 女子高生連続殺人事件の犯人は日下部でしたが、犯人については予想しやすかったかもしれません。 登場人物がそこまで多くなかったので、日下部でなくても警察の中に犯人がいるんじゃ?と予想した方は多いのではないでしょうか。 個人的には、木村が署内で食事をとりシュウマイを後輩(日下部)にあげるシーンのくだりが長かったので少し怪しいなと思いましたし、目撃者が二人いることをわざわざ話す必要がないのにも関わらずあのシーンを描き、その直後に春馬が犯人に車で襲われるという展開だったので、犯人が日下部であることは分かりやすかったですね。 しかし、日下部の顔がしっかりと描かれる描写が少なかったので、終盤まで犯人がどんな顔だったけ?と思いながら見進めることができたので、犯人が序盤で分かっても問題なく楽しめます。 また、レビューサイトをみてみると「犯人が分かりやすすぎる!(という理由で低評価)」なんてレビューもちらほらありましたが、この映画は犯人の解明や事件の推理に重きを置いている映画ではなく、連続殺人事件を起こした殺人鬼との戦いをメインに描いていると思います。 なのでこの映画は事件の謎を解いていくミステリー映画ではなく、公式の紹介にあるようなスリラー映画(観客の不安や緊張感を煽っていく映画)なので、犯人が分かった後でもしつこく迫り来る犯人に息を呑み、恐怖を感じる映画なのです。 【解説】死亡フラグ回収しすぎ!木村と吉野の単独行動を止めてくれ!! C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 先ほど吉岡里帆さんの演技について触れましたが、他の出演者の方々も演技が上手でした。 特に好きだったキャラが田口トモロヲさん演じる木村です。 木村は定年間近ということもあってか、始めはそこまで事件についてクビを突っ込むようなことはしませんでしたが、なつめの被害者を救いたいという熱意もあり、中盤から正義の警察官としての情熱を取り戻したかのような人物に変化しているように感じられました。 そして、なつめから警察官の中に犯人がいることや調書を管理していたのが日下部であることから、犯人が日下部であることを確信します。 そこで木村は単独行動にでるんですよね。 木村は一人で日下部の自宅を訪れて車を調べようとしますが、後ろから日下部が登場します。 もうここからが映画のお決まり展開というか、結末が想像できてしまうんですよね。 警察官が一人で犯人と戦おうとすれば、大体やられてしまうのが目に見えていますから…。 しかもそこで木村は「定年後は引退を考えていたけど、悪と戦う警察官として仕事に復帰するんだ」的なことを言ってしまいます。 完全な死亡フラグです。 「オレ、戦争が終わったら結婚するんだ」と発言する人物が絶対に死んでしまうようなあれですね。 そして、想像した通り木村は日下部に刺されて死んでしまいます。 親身になって捜査をしてくれる警察官の鏡のような人物が死んでしまうのは、かなりショックで悲しいシーンでした。 あの時点で日下部が限りなく黒に近かったので、最低でも吉野を連れていけばなんとかなった気もするんですけどね…。 また、犯人が日下部であることが確実に分かり、なつめと春馬、吉野は日下部がいるであろう洋館を訪れます。 そこでも「何で3人だけで行くんだよ!」とツッコミを入れたくなるシーンでしたし、無線で応援を要請して待機してくれと言われているのにもかかわらず、吉野は「警察官が正義の味方ってことを証明してやる」的なことを言って一人で洋館に入っていきます。 これもまた結末は分かってしまうような感じでしたが、吉野はあっさりやられてしまいます。 ここも吉野だけでなく、春馬と一緒に行けば2VS1に持ち込めるわけですからね…。 1人で立ち向かってやられてしまうという最悪な展開を迎えます。 とは言っても、立ち向かう人が次々に殺されてしまう描写は日下部の狂人ぷりを描くには充分すぎるくらいでした。 この後、春馬も殺されてしまうんじゃという恐怖を感じさせてくれる恐ろしいシーンでしたね。 盲導犬のパルが可愛い!パルが生きてたのは救い C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 「見えない目撃者」で被害者となる女子高生は、家出をしても親に通報されることもない女子高生たちでした。 こういった親や大人たちから見向きもされないような子供たちが被害にあってしまうのは現実でもありますよね。 家出をしたままどこに行ったか分からないなど、捜索願を出すようなケースもありますが、居なくなったことすら気づかないケースもあるのかもしれません。 年齢を偽って風俗店で働くような人たちもいるので、殺人事件に巻き込まれるまではいかなくても、こういった負の部分は実在していることです。 そして、未成年でまだまだ子供ということで、ネットの中で都市伝説となっている「救様(きゅう様)」を信じてしまうというのもありえそうな内容でした。 警察官であっても大人は「救様」を誰一人として知りませんでしたし、学生の中だけで話題になっているモノってよくありますよね。 学生の間だけで流行っている世界は大人には知り得ない部分ですから、事件に巻き込まれてしまうということも考えられますね。 犯人役・日下部翔を演じた浅香航大の怪演がスゴイ! 映画「」などに出演する浅香航大さんですが、人を殺すことに全く躊躇しない様子や、用意周到でサイコパス的な演技がとても上手でした。 被害者が目や鼻、口、耳といった身体のパーツが切り取られてることから、儀式殺人だと思われていましたが、儀式殺人でありながらも死体を見たいという気持ちからただ人を殺すことに快感を覚えるような人物でしたね。 警察官になったのも「死体を見る」という理由でしたし、警察官であれば捜索願の出されていない人を狙うことができるので、ただ犯人がサイコパスだったというよりも、警察官がサイコパスな犯人だったこの展開はかなり怖いものがありました。 ラストの洋館での無音シーンは緊張感MAX C 2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ C MoonWatcher and N. 物語のラストでは、なつめが残された一人を助け出すため洋館に残ります。 なつめと日下部戦いはクライマックス!音を立てないように日下部は靴を脱ぎ、そろりそろりとなつめに近づいてきますが、なつめが弟から貰った音のなるストラップ(?)を床に起いてあることに気づかず、日下部はストラップを踏み音がなります。 その直後、なつめは拳銃を発砲して日下部を殺すことに成功します。 この1,2分間のシーンが全くの無音になるので、劇場内にいた全ての人が息を吸うのも唾を飲み込むのも止めて居た感じはありました。 このシーンの緊張感といったらすごいものがありました。 また、日下部は防弾チョッキを着ていましたから、銃弾が顔面に当たらなければ殺すことはできません。 目が見えていても的に当てるのは難しいですが、しっかりとなつめは銃弾を当てます。 さすが、将来を有望視されていた警察官なだけありましたね。 R15指定なだけあって過激でグロテスクな描写もあるけど邦画としては最高レベル.

次の